« 普通の韓国を探して3604 野菜にも毛布を掛ける真冬の韓国 | トップページ | 普通の韓国を探して3606 京畿道パジュ市広灘面の邑内 »

2012年1月19日 (木)

普通の韓国を探して3605 鍾路1街早朝散策3

107 108 109 110 111 112

 1、2枚目の斜めに走る路地、鍾路区庁前の通りから清進洞へ抜ける道の一つです。昔は複数あったのが、再開発でここしか残っていません。2枚目、クルビペクパンの朝食を紹介したことがある食堂は健在でした。

 3枚目は清進洞の通りです。ヘジャンクッコルモクだったのが残るは興進屋のみ。その他の食堂も廃業、もしくは移転してしまってます。懐かしいと感じる方も多い通りでしょう。

 4~6枚目は美都旅館のある小路。ここでも何度か紹介しているクルビペクパンの南原食堂はまだがんばっていました。でもこの先、左側(鍾路側)は再開発工事中です。

 ソウルで一番古い繁華街、朝鮮時代からのソウルの中心地である鍾路もどんどん姿を変えつつあります。この鍾路1街は半分くらい。2街の里門ソルロンタンあたりもすでに移転、再開発街。割合古い街並みが残る鍾路3街も時間の問題かもしれません。

|

« 普通の韓国を探して3604 野菜にも毛布を掛ける真冬の韓国 | トップページ | 普通の韓国を探して3606 京畿道パジュ市広灘面の邑内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/53771627

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3605 鍾路1街早朝散策3:

« 普通の韓国を探して3604 野菜にも毛布を掛ける真冬の韓国 | トップページ | 普通の韓国を探して3606 京畿道パジュ市広灘面の邑内 »