« 普通の韓国を探して3655 この作物は何でしょう? | トップページ | 普通の韓国を探して3657 ソウルの夜 孔陵洞から清涼里へ »

2012年2月24日 (金)

普通の韓国を探して3656 馬山 魚市場あたり

Img_8239 Img_8240 Img_8241 Img_8242 Img_8243

 昌原市馬山シリーズの最後ですが、魚市場の前、無人のレンタサイクル設備がありました。順天では電動アシスト付きだったり、、、どうも韓国、どんどんこんなのが普及してきています。大田、順天、馬山、それぞれ、「いいと思うことはまずやってみる」、そんな韓国の行政のいい所が現れています。わが新潟もあるにはありますが、ちょっと手続きが面倒くさいよう。貸し出す自転車の保管場所と手続きの場所が離れていたり。かえってJRの駅レンタサイクルのが借りやすいイメージがあります。ぼやぼやしてると自転車社会の充実でも、韓国に追い越されてしまうかもしれません。

 車無し生活は1カ月を越え、徐々に脚も慣れて、丈夫になってきました。でも、自転車の楽ちんさ、効率のよさも痛感しています。雪が消えたら自転車には乗るでしょうが、歩きも続けます。

 話題が逸れてしまいましたが、この後、またタクシーで市外バスターミナルへ戻り、ハプチョン、高霊と田舎歩きを続けました。

|

« 普通の韓国を探して3655 この作物は何でしょう? | トップページ | 普通の韓国を探して3657 ソウルの夜 孔陵洞から清涼里へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54061447

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3656 馬山 魚市場あたり:

« 普通の韓国を探して3655 この作物は何でしょう? | トップページ | 普通の韓国を探して3657 ソウルの夜 孔陵洞から清涼里へ »