« 普通の韓国を探して3706 釜山 チャガルチ散歩6 | トップページ | すばらしい韓国の食事659 全州駅前「ソウル会館」でビビムバッp »

2012年3月31日 (土)

普通の韓国を探して3707 뉴천지관광호텔 2度目の宿泊でした

026 027 028 029 030 031

 旧東大門運動場駅のそば、KT乙支路支店の脇をちょっと入った場所にある2級の観光ホテルです。90年代にも飛び込みで一度だけ泊まったことがあり、当時は入口も別の場所でフロントは2階でした。かなり大きく改装したようです。 

  ニュー天池ホテル、1枚目がウルチ路から入って行く道から、見えてきたところ。5階建ての小さめのホテルです。5枚目がホテル前の駐車場。この辺、昔からけっこう飲み屋があります。日本でいう運転代行、韓国式では代理運転で帰る人も多いのでしょう。夜は車がたくさんです。6枚目は南方向、食堂、飲み屋には不自由しません。

 2~4枚目が部屋の様子ですが、なんと窓の無い部屋にあたってしまいました。話には聞いていたけど日本のホテルでは許されないはず。過去に、今は亡き田豊観光ホテルで経験があります。2枚目の窓のように見えるのはダミーで、灯りは蛍光灯なのでした。

 清掃状態等は100点満点とは言えませんが、まぁまぁ。部屋もそこそこ広く、ここでダメな人は外国旅行には向いていないと言えましょう。

 しかしここ、95年だったか、初ソウルの時、検討したことがあるのです。安売り航空券を買った近所の旅行社で、安いホテルについて聞きました。どこも10000円以上。世界のホテル、みたいな小冊子を見せてもらって自分で探したらここが唯一1万円以下。でも、旅行社のお姉さんは「初めての韓国で、ここはちょっとお勧めできません」という話。素直に従った私ですが、結局金浦の案内所で紹介、予約してもらった駅三洞のモテルに1泊29000Wで2泊したのでした。

 その後の旅行でも、観光客が入らなかったシティパレス、田豊、大和、サムホ、ビクトリア、この天池。そんなところに飛び込みで何度も泊まっています。しかし時代は変わるもの。2000年頃からの韓国ブームで、そんな安いホテルにもどんどんツアー客が行くようになりました。さらには、個人旅行者が増加し、観光サイトでの紹介、予約もどんどん広がっています。

 80年代、90年代、男性が小遣いをたんまり持って、精一杯のおしゃれをしてソウルへ行き、料亭でアガシを選んでそのエスコートで旅行する。そんな時代とは大きく変わってきています。普通の韓国が好きになった方もたくさんおられることでしょう。嬉しい私です。

|

« 普通の韓国を探して3706 釜山 チャガルチ散歩6 | トップページ | すばらしい韓国の食事659 全州駅前「ソウル会館」でビビムバッp »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54354099

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3707 뉴천지관광호텔 2度目の宿泊でした:

« 普通の韓国を探して3706 釜山 チャガルチ散歩6 | トップページ | すばらしい韓国の食事659 全州駅前「ソウル会館」でビビムバッp »