« 2012年3月10日 本日は早仕舞いです | トップページ | 普通の韓国を探して3681 ソウル 鍾路 夏の朝 »

2012年3月11日 (日)

普通の韓国を探して3680 高霊の町の中心部へ

1182

 町の入り口でバスを降り、少し戻って池山洞の古墳群のある尾根を下から見学。普通の家の家庭菜園的畑をじっくり見て、また戻ってきました。市外バスでも、大きめの町だとターミナルのほかにもいくつか停留所が町中にあったりします。外国人旅行者には降りるのは簡単、乗るのは難しい、そんな感じです。


1183_2
 だんだん町の中心に近づいたのか、建物、商店、そんなのが増えてきます。これは何を撮った1枚なのかなぁ?今の時点では小さくて見えませんね。

1184

 さらに町の中心と思われるほうへ歩きました。飲食店が増えてきます。


1185

 もう少しで中心部?というあたり、道路の真ん中に大昔の旗竿の支柱、「タンガン支柱」が保存されています。普通は寺の址とかにあるもの。ここは伽耶国の時代、寺だったのでしょうか?

 このコリョン、昔からその名に惹かれて行ってみたかった場所です。何だかしっとり落ち着いたいい町です。ここの前に行ったハプチョンがあまり面白くなさそうなただの田舎町だったのに比べ、何と言ったらいいのかなぁ?やはり遠く三国時代のころからのこの辺の中心地だった、風格みたいなものがあると思いました。

 この後、時間があればやはり名前に魅力を感じて行ってみたかった星州へも足を延ばしたかったのですが、大邱に出て、昌寧経由の釜山行にのってしまいました。かなり前に行って、とても気に入った昌寧では、火旺山がよく見えて嬉しかったので良しとしないといけません。

 アップして2枚目、見てみました。上にも書いたバスの停留所と待合所を撮ったのだと思います。こんな風にしっかりした売票所(切符売り場)があればわかりますが、何もない停留所でも大事な場所、お客さんの多い場所には何か所か停車するのです。イチゴが名産なのかな?待合所にでっかいイチゴがありますね。

 4枚目、右寄りの赤い看板は「万里長城」とあります。韓国でよくある韓式中華カゲの名前ですね。「~飯店」という名前も多いけど~城というのも多いかもしれません。

|

« 2012年3月10日 本日は早仕舞いです | トップページ | 普通の韓国を探して3681 ソウル 鍾路 夏の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54195943

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3680 高霊の町の中心部へ:

« 2012年3月10日 本日は早仕舞いです | トップページ | 普通の韓国を探して3681 ソウル 鍾路 夏の朝 »