« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

すばらしい韓国の食事678 やはり美味しい麻浦屋のソルロンタン

424

 行ったことがある方ならおわかりかと思いますが、やはりビルの壁に大きく書かれた「マポオk」の文字は無くなっています。最終日、やはり食べておこうと思って5号線で行ってみました


425

 このビルなのに、2階の厨房、明るくなったのでしょう。


426


427

 今回はマンチョノンの普通。それでもクンムル(汁)は一緒ですのでほんの少しケモノの匂いがする美味しいスープを味わえます。朝の担当の丸い目玉のちょっとくぼんだ感じのアジュマ、すでに覚えてくれていて「おひさしぶりですね」と、向こうから挨拶してくれました。昨年11月に同級生、先輩ご夫妻を連れて行ったきりですので5ヶ月ぶりかな?日本の歯科パクサニムでわかります。何だか普通なのに、肉がチャドルペギの端の小さいけど分厚い部分だったような・・・気がします。

 写真では味はわかりませんが、いい朝食になりました。もちろん底が見えるまで完食です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事677 新村のマクドナルドで朝メニュー

154

 行き先も宿も決めないでの今回の旅行、雨模様だったのでソウル定着。ゲストハウスを紹介してもらって、その晩は大人しくテレビ。翌朝には気持ちよく晴れたので、でも、遠出は時間的に難しいので江華島へと出発。できれば江華で朝飯をと思っていましたが、バスターミナル消滅事件のため、思わぬ時間を使ってしまい、結局新村ロータリーの北側にあるマクドナルドで食べました。日本同様に、朝は朝専用のメニューのよう。あまりファストフードを食べないので、言葉はできるつもりでも、どうも戸惑ってしまいます。


155

 結局、絵にあったやつを注文。コーヒーとハッシュドポテト、日本ではなくなったと思う、ばらばらのソーセージとバターたっぷりのバンズ、スクランブルドエッグのセットです。


156

 値段は4600W.この日のレートで350円というところ。日本だと200円メニューがいくつかあったと思いますが、最低3000Wとなっていました。


157

 大通りに面した席で、3000番のバスを目で追いながらの朝飯でした。どうもできたてでなく、かなり冷めたセットで、でも腹が減っていたので美味しかったです。日本だともう少し出すものの管理、きっちりやっていそうですが、ま、ケンチャナヨでしょう。

 さて、休日の午後5時です。ビール!ビール!ビール!(木更津キャッツアイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3747 新村から江華島方面へ行くバスの乗り場

162

 少し前の記事に書いたように、新村の江華島行きバスの小さなターミナルが昨年なくなり、江華島行きのバスは普通大通りの停留所から乗るようになっていました。ロータリーの一角のマクドナルドで朝ごはんを食べていると3000番の赤白のバス(オレンジ白?)が前を通ります。よしよしわかったぜ、と思って食べた後、島式の幹線バスの停留所へ行ったらば、今思えばあれは回送なのか、素通りです。伊那谷のおじさんたちがスズメバチの巣を探す如く、過ぎ去ったバスの後を追うと、遠くに停車したのを確認。また歩くのか・・・・と思いつつしょうがないので歩きます。この1枚目、島式停留所の端の横断歩道のとこですが、右手ずっと前方にいるバスがその3000番座席バスです。


163

 私が好きな旧道の遺構を観察しつつ数百m。



164

 やっと見つけました。江華島江華邑ターミナル行きの3000番は15分おきくらい。どんどん来ます。金浦市から西へ分かれて新しい橋を渡ってマニ山登山口のスド面だったかに行く3100番は下記のように、平日はかなりの間隔。土日は少し登山や観光の人のために増発という感じ。新しい橋の金浦側にある大明港、大明浦口へはこのバスで行き、橋の手前、「デミョンポグ入り口で降りれば、港と直販場m刺身屋村のあるデミョンポグはすぐわかります。歩いて10分くらいでしょう。


165

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記568 歩いて護摩堂山登山に行きました

040

 うちのゴールデンウィーク初日、家内にことわって、またウォーキングです。今の歩数計の数値は47975歩、5時過ぎに新潟市の自分の家を出て、ずっと歩いて田上の護摩堂山に上ってきました。

 新潟市の自宅から越後石山駅、亀田駅前、、二本木の山崎パンの新潟工場。旧新津市中野からは土手の上のバス道路を避け、土手下の曲がった旧道で新津駅。新津市内から旧403号、403号を古津、矢代田、田上と歩き上の写真の場所、登山口の手前、ごまどう湯ったり館の駐車場まで6時間弱です。こんなに長いアプローチは19歳のときに葛温泉入山で、えんえん歩いて湯俣から北鎌尾根に入った日以来かもしれません。


043

 こちらは268mの護摩堂山山頂からの新潟平野。春の午後ということで遠望はあまりでしたが、かなりのハイキングの人がいました。新潟を朝5時に出てずっと歩いてきたというと驚かない人はいません。


050

 写真は新津駅のベンチでのもの。登頂後はさっさと下山して田上駅。帰りも歩けば先々週の52キロ柏崎ウォーク以上の歩行距離になりますが、あのときのマメがまたぶり返したり足も痛くなったので帰りは電車。途中、新津駅で降りて前にも紹介したおばな家の長崎皿うどん(長崎で言う皿うどん太麺)を食べ、また電車で越後石山駅。歩いて自宅、それで47975歩、36.82Kmです。

 前にも書いたように、この護摩堂山、新潟市の小学校低学年が遠足で行く場所で、登山自体は往復1時間半くらい?登山というほどのものでもありませんが、今回は新潟市から全部歩いて登山口まで行っての登山。アプローチが6時間、25キロ以上。行きだけが歩きなので「行ってきました」とはいえませんが、年間何万人も登山する人がいる中で、新潟市からずっと徒歩で山頂まで行く人はまずいないはず。何だか誰にもできない(やらない)快挙のようで嬉しいです。

 

 シャワーを浴びてさっぱり。でも足はやはり痛いです。明日は普通に仕事、その後、水曜から土曜日まで休みで、6日日曜は仕事、そんなです。長岡方面に墓参りに行くほかは時に予定はなし。できれば一日、また運動の日を作りたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

普通の韓国を探して3746 ホテルイビス(イビスホテル)インサドン(仁寺洞)来年夏開業

474

 この写真でどこだかわかったらかなりのソウル通でしょう。鍾路区の古い町、ウニ洞。ここでも何度か写真をアップしている有名料亭「梧珍庵」の跡地の工事現場です。まだやっているのかな?やはり伝統ある料亭である都園の並びです。

 最終日の午前、チェックアウト前の鍾路裏路地散策のときの1枚ですが、こんな工事用フェンスに囲まれて基礎工事をやっていました。


475

 フェンスの工事許可証なんかの脇のプレートですが、結構大きなビルが建つみたい。


476

 文字の部分を拡大すると、「ホテルイビス(IBIS?)インサドン(仁寺洞)」とあります。工事期間は来年、2013年の7月まで。7月18日完工予定で、ここに363室を持つホテルイビスインサドン10階建てができるみたい。 王宮とかに近い場所なので、十階というのは高さ制限でもあるのかな?と思いますが、363室の大ホテル、こんな雲泥洞の中にできるとは驚きです。観光韓国ならではじゃないかな。たぶん観光公社の格付けでは特2級クラス?しかし前の道もそんなに広くないし、安国キルまでは敷地はないし、前の写真の絵はあくまで想像図? その余波でこの辺いったい全部が再開発されて道が広くなるとかだと、、、ちょっといやだなぁと思います。

 

 清渓2街にはサットンホテルなんて新しいのができていたし、観光客向けのきれいな宿、観光立国を目指す韓国ですので、どんどんできそうです。インサドンに来年できるイビスホテルの話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 キップダ!!嬉しい黄金週間です

432

 

 日曜は仕事が終われば早上がり。もう風呂に入って一杯やっています。昨日今日仕事でしたが、うちのゴールデンウィーク、始まりです。嬉しいことに、今週前半は天気がよさそう。火曜日は仕事ですが、明日は休みですので、またウォーキングに出かけようと考えています。

 韓国行き同様に、直前まで行き先がわからない私の運動。今考えて地図を見ているのが護摩堂山という300mくらいの低山へのハイキングです。南蒲原郡田上町かな?加茂市の手前の自治体にある山。新潟市内の小学生1年生の最初の遠足で行く場所でもあり、駐車場から大人の足なら40分くらいの歩行で山頂まで行けます。 車や電車で行くのは当たり前すぎて面白くないということで、またも歩きマラソンで行くと面白いかと。どちらかといえば新潟市内では田上に近いほうに位置する我が家から、登山口までは5時間か6時間。登山は登り40分で下り20分もあればできるでしょう。で、また帰りが5~6時間。合わせて13時間(休憩含まず)あれば行けそうです。足が痛くなったら、信越本線にほぼ並行した道ですので、いつでもエスケープ可能です。自転車で登山口まで行って、というのは月並みですので、歩いて護摩堂山登山、やってみようかと考えています。

 バナナはあるし、甘栗もあるし、VAAMは冷凍庫で凍らせてあるし、早く寝て、ごくごく軽装で行きます。前回の大河津から柏崎はスタート地点まで1時間10分も電車に乗ってのもの。今回は自宅出発ですので、早いスタートが可能。歩行距離は前回の52キロを越えそうですが「ハミョンデンダ(やればできる)」、「シジャギパニダ」の韓国精神で何とかやり遂げる生覚です。

 我が家→越後石山→亀田→二本木→新津→古津→矢代田→田上→護摩堂山登山口。ちょっと車が多い道ですが、まぁ、せっかくの休日、行ってみましょう。

 写真は先々週の柏崎、日帰り温泉で入浴後、一気に疲れが出た足で駅まで歩く途中、夕食をとった店での1枚です。ご褒美に餃子、そしてあまり食べないラーメンをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3745 新村の江華島行きバスターミナルが無くなった

147

 ちょっと空いてしまいました。写真、どこだかお分かりですか?新村ロータリーから漢江の方へ少し下ったあたり。何でここへ行ったかというと江華島へのバスに乗るためなのでした。ちょっと肌寒い、でもよく晴れた朝、歩いて行くと、確かこの辺だよなぁ、というあたり。しかしバスターミナルらしき建物はありません。そのうちあの貨物線の跡が見えてきて、おかしいなぁと思い、そこらに住んでいそうなアジュマに尋ねたら、無くなったという答え。新村ロータリーへ行ってムロボセヨという回答です。

 

 江華島、近いのでいつでも行けると思い、なかなか行かないでいた場所ですが数年前に訪問。「大韓国人」という書とそれを書いた安重根義士の手形の印刷されたステッカーを買ったのでした。当然あるものとばかり考えていたのがなくなったのはちょっとしたトラブルです。しょうがないなと思いつつ、新村へ。あまりにお腹がすいていたのでマクドナルドで朝メニューを食べてからバス乗り場探しです。

 幸い、3000番のバスがあの大通りを普通に通るのはマクドナルドの中からも見えたので、その後、すぐに乗り場を見つけることができました。変化の早い韓国、そんな事知ってるよ、と思っていてもこんなことがあるのには注意しないといけません。

 この冬、ここで紹介した仏光洞の小さなターミナルもごく一部の緩行の路線があるだけになって、幹線の座席バス、ブルーバスなどは普通に島式の停留所から乗ります。ソウル市内の小さなターミナル、廃止の動きがあるのは明らかなようです。

 注意:新村の3000番のバスは何故か島式じゃなくて道路っぱたに乗り場がありました。近日中に江華行きの記事、アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3744 이런 것도 한국어공부가 됬다.

5411

 帰りの飛行機の機内です。「テルスインヌンデロ アpチャリ、トンgノチョゲソ。(できるだけ前の席、通路側に)」と頼んだらビジネス席との隔壁前、一般席最前列になりました。小さい子供連れの人がいない日で、早めに行けば取れるのでしょう。前の席の背もたれが無いので前方が広々、足もいくらでも伸ばせます。欠点は食事の際のテーブルが折り畳み格納式でやや不安定なことかな。

 ポケットに見えてるのが私の大学ノートB4版。いつも持っているこの韓国語ノートに記録を整理したり、新聞のためになる文章をメモしたりするのですが、そこに見える案内を読んで知らない単語がありましたので、それの意味を周囲の文脈から推定する勉強を始めました。その、知らなかった単語は「제자리」。

 

 이착륙과 활주시에는 모니터를 제자리에 넣어 주십시오.

とありますが、「離着陸」、「滑走時」、「モニター」、「入れる(収納・収容する、収める)」はわかります。제자리は何だかわかりませんが、「離着陸と滑走時はモニターをチェジャリに収納して下さい」ということです。以下、ノートのメモですが、自分なりに考えた제자리の説明を書きだしてみました。

원래  있는 곳  있었던 곳   있어야 하는 곳

본래

元来 ある場所 あった場所  あるべき場所

本来

 帰宅後も辞書を引いたりはしませんでしたが、大人の韓国語工夫、こんなで充分です。はたして今、小学館の事典を見たら「もとの場所」、「あった場所」とあります。なかなか学びにくい固有語も、ある程度の基礎ができてくるとこんなふうに周囲の話から類推できるようになる、中級者からの話ですが、自然に韓国語の語彙が増えていく、そんなレベルに来ることができたのはこの上ない喜びです。 一番前の座席に座れて、一つ韓国語の単語を覚えることができました。生きた韓国語という表現がありますが、生きた勉強という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事676 行きも帰りもタッコギ料理

352

 3月22日のKE764便、機内食です。新潟空港を離陸して水平飛行に移るころ、座席ベルト着用サインが消えると、まずはビジネスクラス席との間をカーテンで塞ぎ、上級クラスのお客さんからサービスが開始されます。一般席はその後です。

 小型の737の時は前の方の席の私たちなどもずうずうしく前の化粧室を使えましたが、大型の777だと何だか区別が厳しくなった感じがします。ビジネス席があって、さらに前にはファーストクラスもあるためかもしれません。お金をたくさん払った人がいいサービスを受けられる、それが船と飛行機なのでしょう。客室乗務員さんに「後ろを使ってください」、と制止される韓国通イルボンアジョシがけっこう見かけられました。


353

 

 開けてみると鶏肉料理です。ミックスベジタブルを添えたチキンソテーというところでしょう。よくあるメニューの一つです。

777

 こちらは3月22日のKE763便。果物とチャンアチ(しょうゆ漬けなど、キムチではない漬物)が添えられるのが特徴です。


776

 と、またも鶏肉料理。でも、こちらはグリルという感じ。しっかり焼かれた焦げ目がついた鶏で、初めてかもしれません。こちらのほうが美味しかったかな。ご飯は黒ゴマご飯ですね。ちなみに最近お決まりのようになったドールのパイナップル、甘くない時もあるけど、賞味期限間近のものは甘くておいしいです。子供のころは缶詰をたまに、という感じの貴重品だったパイン、生のなんてよほどのお金持ち以外食べたことなかったと思います。日本も豊かになったし、韓国も豊かになりました。

 宗教上の理由で豚がダメ、牛がダメという外国人も多いからか、鶏肉の料理が半分くらい、のこり25%は魚、25%が牛か豚。豚が一番少ないような気がする大韓航空の機内食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3743 한국말 배우자.

648

チャガルチを行き来して朝ごはんは前に紹介した焼き魚定食。今度は大通りを越えて南浦洞を歩きました。わからない人にはただの棒の羅列にしか見えないハングル、読めればそのまんま発音もほぼ一緒の漢字語だったりします。旅行の回数を自慢する人がいますが、回数よりも内容。自分で歩いてという方のが旅行を楽しめていたりします。それにはまず、ハングルの読みができることが条件です。タイトルは「韓国語を学ぼう」ですが、実際の街歩き、また、こんな写真からでも読みの練習はできます。自分で読んで、自分で歩く、旅行ってそれが基本ではないでしょうか?


649

 1、2枚目、ぐるっと往復して結局お昼を食べたミルミョンの店のあたりです。絵のある看板を見れば何とかわかりますが、食べたいものを探すにもハンブルが読めるに越したことはありません。


650

 昔のガイドブックには必ず出ていた有名店です。今はガイドブックを買わないのでわかりませんが、評判ほどではなかった記憶があります。


651

 中華の店はシンボルカラーが赤。チャンポン専門とありますが、韓国の食堂でいう専門という意味は「お勧め」という程度です。


652

 豚肉料理、テジクッパプもあるみたい。


653


654

 リード無しの小型犬の散歩は普通です。


655


656

 ハングルですが、「オニギリとギュードン」とあります。日本式の丼ご飯の店、ごく軽食的ではありますがこの2~3年、韓国でかなり増えています。人気はどうなのでしょう?キムチは付くのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記567 歩きマラソン11 小木ノ城駅

131

 何か写真の順番がおかしくなってしまいました。3,4,5,2,6,7というのが正しい順番です。出雲崎の次の駅は小木の城駅。通ったことはありますが、ここは外から見るのが初めてです。途中、3枚目のような、昔の道と旧国道の分かれ目なんかがいくつかあり、4枚目のような自然のままの川もありますが、かなり短い間隔で5枚目、小木の城駅です。駅の入り口には記念碑。碑の銘文は郵政大臣田中角栄とありますので、初めて大臣になった時のものです。

 

 駅舎はごく簡単なもの。もしかしたら田中角栄さんに頼み込んで新しく駅を作ってもらったのかな?とも思いました。小用をと思い化粧室へ行くと、今時珍しいコンクリ造りのもの。60年代の市場とかはこんなだったよなぁ、と思いつつ使わせてもらいました。

 この先、西山町石地との間は駅の間隔も長く、ちょっとした峠越えになっています。越後線の電車でもちょっと寂しい山の中という区間です。今回の歩きマラソン、まだ半分も来ていませんが、最大の難所にさしかかるという感じです。 つづく


130



127



128


129132


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

2012年4月28日  韓国映画「KOREA」は見たいです

397

 場所は忠武路、退渓路南側の大韓劇場ビルの側面にあった映画の広告ポスターです。特に見るつもりもなく歩いていましたが、ふとこの1枚に気付きます。「ん?!」と思ってよく見るとハジウォンさんが大きく写っています。前に話したけれど、何故かよく見ないでも気づく「韓」という字のように、好きなものには視線が無意識に引き寄せられる、そういうの、あると思いません?

 特別すごい美人系というわけではありません。額があまり無くて、その下の顔はやや長め。男っぽいような表情も持つ女優さんであるハ・ジウォンさん、かなり好きなんです。石油怪獣のやつは荒唐無稽すぎて少なくとも私にはハズレでしたが、今回の作品は対する主役がペドゥナさんで、こちらも好きな女優さん。きっと映画館へ見に行きたい、そう思ってます。

 

 土曜の午後、順調に進んで、5時からの予約で最後です。よく遊びよく働く、といきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記567 ムーツのMTB

202

 江華島へ行く3000番座席バスからの1枚です。平日でしたが、MTBが一台、後ろからきて信号で並びました。なんかスゴそうなライダーだとピンときました。


201

 望遠で1枚。足が太くて、大分鍛えた感じです。


203

 

 発車してもう1枚。MOOTSとあるのはムーツというブランド。トライアスロンの人が好むということで、レーサーのフレームは日本でもたまに見ますがMTBのほうは韓国でしか見ていません。フレームだけでも最低3~40万はするので、それだけがんばってる選手なのでしょう。ツルんとすね毛を剃っているのも本格派の特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記566 歩きマラソン10 出雲崎から小木の城へ

116

 初めての休憩らしい休憩をした出雲崎駅、出発です。メモを見ると9時48分到着、10時出発となっています。座ってバナナを食べて化粧室で小用、あまり休むと体が冷えてしまうので10分ちょっとで十分です。歩き始めが6時15分、ここまでの歩数計はちょうど24000歩でした。次の駅は小木の城(おぎのじょう)、どんな駅でしょう?


117

 さすがは江戸期からの町、あまり広くない平地に家がたくさんあります。この交差点は新しいもので、まっすぐが柏崎、海岸の本当の出雲崎で、左は長岡への道です。


119

 長岡方面の峠に向かう道。踏切の先に新しいバイパスが走っています。


120

 私が行く柏崎はこっちの道。


121

 すぐに右へ、これも峠越えで海岸にある本来の出雲崎へ行く街道が分かれます。


123

 これは多分天然ガスの井戸。新型のようで、古い、ただの土管みたいなのは新潟市内でも農家の庭先なんかに残っています。今も使っているのは新潟では少なそう。でもここらへんは旧西山油田、ガスが出ているのかもしれません。


124

 何百メートルか離れて並行する新しい国道です。地元の人以外はみなあっちの早くてまっすぐな道へ行ってしまうのでしょう。旧道はほとんど車が来ません。そんなのがここを歩きマラソンのコースとして選んだ理由です。


125

 同じ位置からの望遠写真。GSのむこうの山の上にあるレーダー基地のある山頂が確か小木の城という名前の山だったと思います。林道があるので自転車でも行けそうですが、坂に弱い私は300mも上るなんてのはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事675 絶品 大型ハゼの干物 金浦市大明港

270_2

 ここでも何度か書いていますが、韓国、かなりの大きな魚までも干物にしてしまいます。分厚い大型のエイ、カレイ、有名なクルビ(いしもち)、やはり冬の珍味であるサンマの生干しであるクヮメギ、そしてうらやましいハゼクチ、ハモ、まぁ、余ったらなんでも干してしまうのかもしれません。前に仁川の蘇来浦口の大型のハゼクチの干物の写真をアップしていますが、今回の1枚目は大型のマハゼ。でも、30センチ越えのハゼクチも混ざっているみたい。頭と内臓を取り、雌の卵はできるだけ残して干しています。空気が乾いていることと、寒いことなんかも韓国の干物文化の発達に関係あるのでしょう。黄色く見えるのはメスのお腹の中いっぱいの卵です。


272

 直販場はずらっと鮮魚、貝、干物、ワタリガニ専門、そんな店が並んでいます。刺身は持ち帰れないし、一人には大過ぎ。そこで、珍しいそのハゼの干物を買うことにしました。大きさ、オスメスにより値段が違います。一番高いのがこれ、大型のメスの卵入り。キロ3万だったと思いますが15000w分、頼みました。ゴム手袋はアジュマの手です。隣の干しエビもここの産なのかな?とにかく韓国の西海岸の直販場、魚好きには天国です。


289


290

 

 宿に持ち帰って撮影です。日本ではなかなか釣れない25センチクラスがたくさん。一番いいクラスだけあって、見事です。食べ方は少しあぶって醤油かコチュジャンでと言っていたけれど、生で1尾食べてみました。味は北海道の本物のシシャモのメスに似ています。

 大きいのに骨が柔らかいのはハゼの特徴でしょうか?歯の丈夫な人なら(私)全部食べられます。何もつけなくても少しの塩味。奥の方の卵でちょっとにちゃっと、乾ききっていない部分があり、お腹は大丈夫?とちょっと心配しましたが、大丈夫。日本で「ハゼの干物」で検索しても、何か、アニメの話、マハゼでない魚の開きの干物が出るくらい。小型のハゼを焼き干しにしてだしに使うのは知っていましたが、こんな大型のハゼの干物は韓国の西海ならではでしょう。蘇来のが交通が便利かもしれませんので、また買ってきたいと思っています。なかなか市場には出ないので知らない方も多いでしょうが、ハゼはとても美味しい魚です。機会があれば自分で釣って揚げても非常に美味しい魚ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3742 대명포구へ行ってみた

263


 韓半島の東西は海。ここの所「東海」という名前を国際的な海図に併記するかしないか、日本でも、また、韓国では国を挙げての話題になっていましたが、韓国の食という点からは西の海のが絶対豊かです。韓国の方と何度も話していますが、広大な干潟のある干満の差が世界一の海です。大げさに書かなくても、仁川空港からソウルへ行く空港高速を通ったことがあるかたならきっと見ているあの干潟のある海がすごい海なんです。

 食べ歩きが好きなのは韓国人も一緒。最近は観光サイトでも紹介されていますが、そんなのの前から仁川市の蘇来浦口、4号線で行く烏耳島。海の道ができる済扶島、泰安半島の万里浦。泥んこ祭りをやる保寧市の大川。仁川空港のある島の西側、安山市の月串浦口だの、一人で歩いていた私ですが、今回のデミョン(大明)浦口は初めてでした。

 江華島の中心は江華邑。島のかなり北にあります。ですので、江華島への橋は最初に北の端のあたりにできました。その後できた新しい橋は江華島の南の端近く。金浦市のデゴン面から島への橋です。空港高速で永宗島へ渡り始めるあたりでも遠くに見えるのに、昨日気づきました。その橋の金浦市側のたもとにある小さな港がデミョン港です。

 写真はそのデミョンポグ。やはり干潟が発達した海です。ちょうど引き潮なのか漁船が泥の上に斜めになって停泊しています。右手に見えるのは最重要の獲物、コッケ(わたりがに)を獲る籠です。直販場では見事なコッケがものすごい量、売られていました。向こう側の山は江華島の一部になります。珍島なんかとともに、韓国を代表する大きな島の一つです。

 初日が雨だったため地方歩きは中止。でも、このデミョンポグ、行ってよかったと思います。それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月27日 (金)

2012年4月27日 韓国カッタワッソヨ

248

 変更が相次ぎ、珍しく金曜が空いてしまいました。切符を買ったのは土曜日。777-200という大型機が飛んでいるこの春、前もって買ったら5万弱というはずの安売り航空券、例外的な直前の購入のがかなり安くなりました。同じスタッフ、機材、燃料代なら安くても1人でも多く乗せたほうがいいですものね。

 

 25日は珍しく韓国での雨。仁川から直接全州?瑞山?光州?なんても考えていましたが宿泊場所も決めない訪問、カバン抱えて歩いて雨の中の宿探しは大変なので、ソウル定着に決めました。95年の初ソウルと同じで、空港のホテル案内所ではなく、普通のインフォメーションで安宿を紹介してもらいました。

 空港鉄道の孔徳乗り換えで、5号線の鍾3、初めてのゲストハウスです。裏が銀色の韓国傘は防水が弱くなり水もれ。靴はびしゃびしゃ。チョットメゲつつ部屋に入り、その日は大人しく寝ました。やはり旅行は「どこへ行くか?よりも誰と行くか?のが大事」といいますけど、天候も大事です。

 幸い26、27日はほぼ晴天。どこへ行ったか?何を食べたか?は、また稿を改めます。明日は予約ぎっしり。日曜も午前は一杯。時間があれば、新しい記事をアップします。それでは、おやすみなさい。

 写真はソウルの禁煙アパート。ソウルの中心部、鍾路区、中区とかは基本的に公共の場所、歩道、道路上はみな禁煙という感じです。でもケンチャナヨでどこでも喫煙してるのが韓国の男性ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

とうちゃんの自転車日記565 歩きマラソン9 やっと出雲崎、3分の1来たかな

109

 

 出雲崎の町に入りました。江戸期からの古い町。でも、本来の出雲崎は山を一つ越えた海岸にあります。


111

 

 もうすぐ出雲崎駅。この辺のローカル牛乳は良寛牛乳というみたい。県内あちこちにそんな小さな牛乳の会社があります。


113


114

 駅前です。昼間は電車は3時間おきくらい。バスはもう少し頻繁に近くの大きな街、長岡へと走っています。ここでのエスケープも考えていましたがまだまだ元気です。柏崎まで行けるかな?


112

 行動食のバナナです。食べやすく、すぐにエナジーになりそうないい食品です。


115

 長岡から来たバス。終点の出雲崎の海岸の町へと最後の力走です。このあたり、車で、自転車で、何度も走っていますが、歩いてくるとは思いませんでした。もっとも自転車でも、例えば長岡に初めて行ったときには、まさか自転車で長岡の町を走るとは・・・と感じたものです。ソウル、もしくは韓国の田舎を自転車で走ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3741 全羅南道珍島郡珍島邑の中心部へ

1081

 珍島の市外バスターミナルです。事前に大体の地理は掴んでいますので、町の中心の方へ歩き始めます。少し前にアップした歩道を占拠した服の露店はこの先にあります。


1084

 やはり田舎です。のどかに続く用水路。やはり新潟に住んでいると全羅道の田舎が何だかしっくりきます。この珍島も大きな島で、真中には平野もあり、まるで佐渡のよう。島にいるという感じは全くしません。


1086


1087

 ここが街の真ん中の交差点のよう。近所の村を行き来する郡内バスがけっこうたくさん走っています。まっすぐ行った山の麓に郡庁だの、公共機関が集まっているはずです。


1088

 信号はあまりなく、車も少なめ、どこでも横断できる。まぁこれは地方の町では普通です。この時は急ぎ足での2度目の訪問。いつかゆっくり珍島を歩きたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

2012년4월24일 내일은 휴일 . 어디 갈까?

1083

  안녕하세요?  어늘은 한가해요.  저녁 때 족음  예약 있는 것 뿐만.

이런날도 있지?  돈 많이 있어도 불행한 사람도 만고  돈 별로 없어도

행복한 사람도 있다. 난 후자 같이 살고 싶다.   나이 먹으면 별로 원한

물건도 없고  해마다 5,6번 한국을 방문할 수 있으면 그냥 행복. 골프도

치지 안고  옷은 다 유니크로의  싼 옷. 학생 같은 옷자림로 사는 내 인생.

아주 행복해요. 

성경에 실리는 말. 경기도 장호원읍 음내에 있는 식댱에서 본 말.

항상 기뻐하라.

어떤 처지에서등지 감사해라.

늘 기도하라.

떠 하나 있었지만 잊어버렸다.  난 기독교도 않아서 기도는 안해요.

그렇지만  주위사람들에 감사하며 기쁜 마음로 사는 것은 중요하다.

제가 기도 하려고 하면......

세계 여러 나라의 작실한 사람이 다 안전하게 편안하게 살 수 있는 것을

기도하겠습니다. 그리고 될 수 있으면  나의 로토복권 대박도 부탁해요.

많이 성금을 내니까. 나머지는 한일우호때문에 잘 쓸께요 하느님.

                                                        ↑를 위해?のが正しい

사진은 전남 진도군 진도읍  진도 시외버스터미널 앞. 한국 가고싶다.

저는 발음만 괜찮은 아저씨.  문법등 기조가 안되요. 그냥 아는 말로 적으면

이런 정도에 실력입니다. 읽어 주신 분. 감사합니다. 좋은 하루 되세요.

 草野球という言葉がありますが、私の韓国語は黄鶴洞のポジャンマチャあたりで鍛えられた草韓国語で、文法、語彙などにまだまだ弱点だらけ。でも、前は日記のように韓国語でメモというか記録をつけていました。まぁ、これで何とか通じるものです。明日明後日は決まった休診日。どこへ行こうか?楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3740 所変われば・・・ 飼料のはなし

1053

 

 「熊印」とありますが、飼料の店です。場所は全羅南道の海南郡。珍島へ渡る珍島大橋の本土側の取り付け部分に近い町での写真です。

 

 韓国の田舎を歩くと、農薬の店、ネットとかビニールなど農業資材の店、肥料の店、そんなのがしばしば見かけられますが、ここのガラス戸に書かれた広告、「アワビの飼料」というのは初めて見ました。さすが韓半島南端の海岸の町だなぁと思ってバスの窓から1枚です。

 

 何度かここでも書いていますが、韓国人もアワビは大好き。やはりかなり高い食べ物で、最近は養殖も盛んです。辺山半島、格浦の話で書いたように、養殖のアワビ、飼料の関係で殻が緑色になるのです。また、小さい貝になるまで養殖、その後放流されたものも、殻の中心部はもとのまま、人工飼料による緑色の部分は一生残るのです。これは日本でも一緒。アワビを見かけたら、殻の側、くるっと巻いている中心(全体の中心ではなく、巻き始め部分、わかりますよね?)を見て、緑色だったら養殖・放流もの、ということになります。

 実際、何度か韓国でも自分で買って食べていますが、やはり多くは殻の巻巻部分は緑色。完全に天然のものはかなり少ないのではないかと思っています。「鮑の飼料」の店の話でした。

 本日は近くの小学校の学校歯科健診。小さい1年生もいれば、大きな6年生もいますので立ったり座ったり、本業よりも足腰を使います。先週の52キロウォーキングで少しは鍛えられたかな? 午後はのんびり働いて明日は休みです。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事674 日式カゲのツキダシより

711

 こんなのもイルシクのコースの最初に出てきます。左上の人工着色の茎わかめもいろんなところで見かけますが、よくある、多分既製品のおかずです。かなり酸っぱくて苦手です。右上の海藻はそのまんまなので美味しかった。タシマ(昆布)、ミヨk(わかめ)、海苔、その他にも韓国、いろんな海藻を食べます。平均すると日本以上でしょう。日本でもよくある刺身のツマなんかになる海藻類、塩漬けで結構韓国から輸入されていると思います。コムピも食べたかったけど、この冬はご無沙汰でした。


713_2

 らっきょうにタクアンにガリ。なぜか刺身屋ってラッキョウが出るんですよね。ガリは日本同様、多くは中国産でしょう。少し前に紹介した京東市場の地下市場の食堂アジュマが言っていましたが、中国産だから悪いとは言えないというのに同感。また、中国産の野菜がないとやっていけないとも言っていました。韓国がいいかげんだという悪口はよく聞かれますが、それ以上と思われる中国。でも、中国を無視してはやっていけませんし、何とか、少しずつでもよい国になってほしいと考えています。思考方式が違うの?と、ここ10年くらいに起きているいろんな食品とかに関する事件で思っています。

 タイトル、「~カゲ」としましたが、「チp」の方がいいのかな?「カゲ」=店、「チp」=家ですが、後者も「店」という意味があります。その辺の使い分け、まだまだ分かっていません。

オッカゲ=洋服店

コギッチp=焼肉屋

パンチャンチp=おかず屋

パンチp=パン屋

あとは何があったかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3739 昌原サッカーセンターで

700

 釜山大の講師の先生に連れて行ってもらった昌原のサッカーセンターです。ロンドン五輪の2次予選、ゲーム開始まではまだ時間があります。講師の先生と一緒に会場を探検です。これは入り口。


712

 

 東西両側にある入場口。売票所があります。汽車でもバスでも、切符の事は「票」と言い、切符売り場は「売票所(メッピョソ)」と言います。



713

 報道用の中継車が集まっています。


714

 この昌原市、少し前に鎮海、馬山と合併し、全部が昌原市になりましたが、古い街は馬山とか鎮海のほう。旧昌原は数十年前に新しく開発された工業都市で、古い家は全くありません。道路も計画的に作られたので、広く、工業団地、住宅地区、それぞれきっちり別れていますし、慶尚南道の行政機関もこの昌原にけっこうあるのです。新潟韓国教育院で韓国語を教えてくれた呉世現先生。帰国後はこの昌原の教育研究機関でしたが、その後栄転されて高校の校長先生になったと聞いています。昌原か?それともお家のある晋州か?ともかく、今回の中央日報掲載の件、奥様を通じて連絡してあります。見ていただけたかな?


716

 新しい年の新しいサッカー場です。ここのほかに、昌原総合運動場にもサッカー場があるので、最初はそっちだとばかり思っていました。


717


718

 

 再掲になりますが、応援に来た女子高校生とお話です。韓国語ができてよかったなぁと思う瞬間です。偶然、金泳三さんと会った時と同じシャツでした。この冬に、ぼろぼろになったので捨ててしまいましたが、韓国で買った韓国のブランドの服、けっこう愛用しています。鼻の下、、伸び気味でしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記564 歩きマラソン8 妙法寺から出雲崎へ

085

 旧116号線、昔車で何度も走った道ですが、新しいバイパスがかなりの区間でできていて、旧道は日中はほとんど車が走っていません。数年前に自転車でも走っている道、のんびり歩きます。自転車でもそうですが、行く道の長さにめげてしまうのが困ります。歩いていれば(こいでいれば)いつか行ける、と信じて歩くだけです。これは道路わきの酒屋さん。今は営業していない様子です。


086

 道路わきの神社です。まだまだ歩かないといけませんので石段の下で参拝。この手前で農作業の準備をしていたおじさんに道を尋ねました。まぁわかっている道ではありますが、旅の中のスパイスです。すると、「ゼンリンの方ですか?」なんて聞かれました。地図帳と地形図を持っていたからでしょうか? 日頃学生見たいだの言われる私ですが、ちゃんとした会社の人に見られたような気がして嬉しかったです。


087

 

 こういう道は、車道を歩かないといけません。


088

 左が旧116号。右は、多分、その前の116号。もしかしたら国道の名前はなかったかもしれませんが、富山街道の旧道です。こういう分岐、何回もありました。時には旧道を選んで歩いたりもします。しかし車が少ない道です。サイクリングにも最適でしょう。


091

 実はこの日、新しい詳しい地図帳の他に、ずいぶん前に亡くなった家内のお父さんのかたみの地形図、昭和35年のものを持っていきました。この旧116号もなかった時代の地図です。この写真も旧旧道と旧116の合流点ですが、すぐ先に見える小高い森の部分も旧旧道は左へ、森を南へ巻くようにして曲がって走っていたようです。車が通るには十分ですが、擦れ違いには狭い道、今は集落の人だけの道になっています。


094

 しかし車が走っていません。


102

 

 昔は1ケタ国道の8号線と並ぶ幹線だった旧116号です。


103

 いざというときにエスケープを考え、バス待ち小屋の中の時刻表を見ました。日に3本しかありません。こりゃぁ、自力で歩くしかなさそうです。次の町は出雲崎、島崎に続き、割合大きな町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

2012年4月23日 安寧におやすみください

440

 2番線を特急列車が通過します。


441


442


443


444

 明日は学校歯科検診。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事673 日式チプのケランチム(茶わん蒸し)

710

 

 李準圭先生に連れて行ってもらった瑞草洞、南部ターミナルそばの日式の店「漁夫」の一品です。韓国の茶碗蒸し、小さめのトゥッペギで、2~3人分一緒に作ったものがいろんな店のおかずでサービスされていますが、1人用の小さな器でというのは初めてかもしれません。まぁ、「イルシク」というのもちょっとした高級料理のコースですのであまり経験はありませんが。

 ケラン=鶏卵という漢字語、チムは「蒸す」というような意味です。韓国では日本のもののような繊細さはなく、気軽にスッカラッkでぱくぱく食べる料理ですが、私は韓国式の方が好きです。だし汁に凝って、具にもユリ根だなんだと工夫をして、みつばをのっけて蓋をして・・・でも、どうしてもチマチマしてしまう日本のよりも、一つの器に仲間同士スプーンを突っ込んでざくざく食べる韓国のケランチムがいいなぁ。

 

 右上にちょこっと見えているのは今回、中央日報、「外国人が惚れた韓国」に掲載された原稿です。まだ採用されるかどうかはわからないんだけど、とことわって読んでもらいました。韓国語が読める方、お時間があれば以下の住所をご覧ください。

http://news.zum.com/articles/2156774?c=02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記563 歩きマラソン7 島崎を過ぎ、妙法寺駅へ

071

 旧和島村島崎を抜けて行くと海側の山の中を直進してきたバイパスと合流します。ちょっと徒歩旅行者には困ることですが、まぁ、しょうがありません。旧道の中でも使える部分は使おうということでしょう。この先、ドライブインの前を右へ折れてバイパスです。


072

 左右に走るのが新しい道。ブルボンの工場は昔からありますね、ここ。左へ、車が多い道をしばらく行かないといけません。

073

 旧道とバイパスが一緒の部分です。左手に見えるコンビニで一休み、飲み物を補給しました。


074

 右手の山裾にはこれも昔と一緒、小さな酒蔵があります。


078

 

 車の多い(と言っても都会からみれば少ない)道を1キロ弱歩いて、もうすぐ旧道が分岐です。新しい道は山をぶち抜いて一直線。左へ別れて行くのが旧116号です。


080

 

 バイパスから分かれて、またほとんど車の通らない道になりました。この先の集落は妙法寺駅前の町です。


082


084

 妙法寺駅でまた休憩。このあたりで気づいたのですが、今は商店もほとんどない田舎の無人駅が並ぶこの越後線。でも、理髪所か美容室は駅の周囲にきっとあるのです。

 駅舎の中には自販機と椅子が少し。朝夕の通勤通学の時間以外は3時間おき、そんなダイヤですので、ほとんど乗客には会いませんでした。寺泊(旧大河津)からここまで、いくら分歩いたのでしょうか?

 アップして写真を見てきました。寺泊、桐原、小島谷、妙法寺、まだ200円分しか歩いていません。この先、柏崎までは570円もします。まだまだ先は長そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3738 やっぱりチャガルチはいいなぁ

582

 やっとアップですが、チャガルチ埠頭に停泊して、その後全部出港していったけっこう大きな漁船です。後部に網を引き揚げるゲートがあり、黄色い部分が開いて漁網を引き揚げる斜面が表に出るようになっています。


567


564

 外側の船から出発。押し船が後方から押していて、少しずれると前方の埠頭側から舳先を押し、外海側へ船首を回転させます。


581

 釜山港とカモメ(カルメギ)、いったいいくつの歌に登場したのでしょう。


572

 

 急斜面が港に迫る釜山の古い町です。昨年は確か3回は行っていますので10回くらい訪問しているかな?でも、大きな街なので、まだまだ知らないところばかり。山の町を歩くのはくたびれそうですね。でも、上の方から港を見てみたい、そう思います。お手軽なのは龍頭山タワーですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

普通の韓国を探して3737 撤去民問題

245

 退渓路5街だったか、4街だったか、ちょうど片付け中のデモというか示威行動を見かけました。「撤去民」という言葉、まだまだよくわかっていませんが、再開発や軍の施設建設、そんなので、強制的に退去させられ、住む場所、生活の場所を無くした人たちのことのよう。竜山駅前の火事の事件、ここでも前にちょっとだけアップした江南は大母山の麓の九龍マウル、平澤のほうでのアメリカ軍レーダー基地の話。南大門に放火したハラボジもそんなのの不満からだったような気がします。

 

 なるべく事を荒立てないようにという傾向がある日本。韓国はもうちょっと行政側が強引なのかもしれません。だからこそ今の発展があったのかもしれませんが、まだまだ新聞の全部を読む力がない私にはよくわかりません。


246

 何とか市場の問題?反対運動する側も韓国の人、日本人よりも頑張るというか、派手というか、強硬なのかもしれません。似ているけど違う国って感じる一件です。この先すぐに退渓路。右へ行けば忠武路駅の交差点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 朝から4時間ばかり町歩き 午後は留守番です

438

 今月から就職した次女の服を買いにということで午後は家内が外出予定。8時前から12時前まで新潟市を歩いてきました。天候は曇り,降ってはいませんがものすごい風です。家から旧49号線を通り新潟駅方面へ。万代橋を渡って新潟島。古町を上へ行って白山神社にお参り。また古町を歩いて中心部。帰りは伊勢丹に寄ってお使いをして戻りました。

 休みの日、家にじっとしているのが苦手な私ですが、午後は留守番です。強風は相変わらず続いています。買い貯めた本でも読むとしましょう。皆様、良い休日をお過ごしください。写真は先週水曜夕刻の柏崎駅。越後線は行き止まりホームの0番線からの発車ですので、こんな写真が撮れました。午後6時半くらいの微妙な光がなかなかきれいに表現できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記562 歩きマラソン6 旧和島村の島崎へ

211

 和島村の中心部に入っていきます。左は山を越えて与板へ向かう道、急16号は道なりに右へ曲がり、踏切があります。


212

 ちょっと拡大トリミングしたのですが見えるかな?踏切の名前「富山街道踏切」となっていました。大昔の新潟から富山へ行く道、今の国道8号線よりもこちらがメインだったようです。


213

 振り返って、弥彦山のほう。弥彦は雲がかかって見えませんが、遠くの丸い山が五合庵のあった、、、えーと、、、国上山(くがみやま)です。良寛さんが住んでいたという山です。晩年、そんな山暮らしをやめて、この島崎の町に住んだという話ですが、お金持ちの援助を受けて暮らしていたとか。江戸時代とか、お金持ちが絵描きや文化人、そんなのの世話をするとかが多かったのでしょう。


214


216


221


224

 このあたりの農業、商業、交通の中心地が島崎でした。今は大河津分水ができて島崎川は小さくなってしまいましたが、昔は船が行き来したという水運の町でもあります。川に下る階段がそんな時代の名残なのでしょう。 良寛さんの記念施設がいくつかある島崎、訪れる価値がある町だと思うのですが、町自体も歴史好きには面白いと思います。

 かつては大型トラックがたくさん通った国道も今はがらがら。でも、この町の先で振動とまた合流するのです。車が多い道はあんまり歩くのには適していませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

とうちゃんの自転車日記561 歩きマラソン5 このあたりは和島村でした

047

 

 まだまだ歩き始めて1時間ちょっと。元気です。急に近くの踏切の警報機が鳴り始めました。どっちから来るのかな?とデジカメのスイッチを入れて待ちます。


048

 下りの吉田行きでしょうか。思ったより長い115系の電車が小島屋方向からやってきました。小島谷だったかな?間違ってたらごめんなさい。後で調べます。


049

 バイパスとの交差点が近づくと左手に2軒の食堂があります。いずれも元気に営業中のようですが、やはり新しい道ができて交通量が激減。韓国のバスターミナルや駅の移転とモテルの関係みたいなもので、身軽に動けない商売は大変でしょう。


050

 新しい道の下をくぐっていきます。向こうからはけっこう車が来ますがみな左のバイパスへ入る道に行ってしまいます。


051

 島崎の町が見えてきました。浅く広い谷の真中に広がるかなりの大きさの町です。


052

 もうすぐ島崎の入り口。この先、旧116号は右へ曲がって島崎の町へ入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

すばらしい韓国の食事672 料理の前にお粥

709

 

 無粋にボールペンなど写っていますが李準圭先生の診療所を見学した後の会食です。しっかりメモを取りつつの食事になりました。場所は南部ターミナルそばの「漁夫」という日式の店です。連れてきてもらうのは2度目。一昨年の11月に一度、某大統領直属の政府機関の方との会食以来の訪問です。

 

 いろいろな本、サイトで韓国の「日式」についての紹介はありますが、何といったらいいのかな?魚中心の旅館の夕食、もしくは宴会のコースという感じです。きっと出るのが刺身盛り合わせ(モドゥムフェ・フェモドゥム)。あとは、焼き魚あり、てんぷらあり、でも、そこに刺身屋のお決まりであるコーン炒めが鉄板の上にのって出てきたり。まぁ、面白い食事です。

 最初に出てくるのがこんなお粥。酒を飲む前に粥を食べると胃の粘膜を保護してくれるという能書きを聞いていますが、まぁ、すきっ腹に飲むのはよくないというのをカバーする効果はありそうです。この時は黒胡麻の粥でした。李先生は車で盆塘のお宅へ帰るので形だけビール。私はビールをやって焼酎を1本。そんなふうに飲み食いしながら韓日の歯科事情から外国の話まで、楽しく食べて、話す、そんな食事のスタートです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3736 韓国の学生街 どこも似た感じ

667

 

 行ったことがある方なら、ここ、すぐにお判りでしょう。駅の出口、階段上からの写真。北口ですね。明日は休みですが、今日は忙しいです。昼休みなどに続きを書きます。


668

  比較的安い洋服店、靴店、化粧品専門店、そして屋台。あとは何かなぁ?ここもソウルの梨大アpとかに共通するそんなカラーがあります。

669


670


671


672

 美容室なんかも多いんでしょうね。 午後早目の写真、何故か女子学生が目立つ街です。最近は市外にも新しいキャンパスができたという国立釜山大学校前の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記560 歩きマラソン4 最初の駅、桐原駅

040

 寺泊駅の次の駅、桐原駅です。このあたりの越後線、ほとんどが無人駅ですが、小さな駅舎にもトイレがあります。旧国道から近い駅、格好の休憩場所になります。この桐原駅も道路から50mも離れていない場所です。


042


041

 ホームの様子と、待合室の時刻表。もしも歩けなくなったときにはエスケープルートとしての電車があります。この時の私、できるだけ日常から離れるべく、腕時計をしていきませんでした。強いて言えば、携帯の時計、万歩計にも時計が入っていますが、速さ遅さを気にしないで、とにかく目的地まで楽しんで歩こうというのが歩きマラソンの趣旨でした。

044


045

 また、旧116号に戻り歩き始めるとこんなお宅が。もしかして、中国人花嫁さんとかがおられる家なのかな?と思いつつ通過です。


046

 先ほど別れたバイパスです。左手の山から出てきて旧道の上を右へ。今度は海寄りの山の中を突き抜けます。新しい国道の高架で見えにくいですが、このあたりから遠くに今までとは違う規模の集落が見えてきます。良寛も住んだという島崎です。米の集散地でもあり、水運の基地でもあった江戸期に栄えた町です。古い町の人々、鉄道を嫌ったのか、越後線の駅、小島屋はかなり旧道から離れた山裾にあります。もう少し進んで、越後線は山裾を直進。旧国道というか昔の街道は右へ、川の方へと曲がるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

普通の韓国を探して3735 閉店→転売→別の名でオープンが多いナイトクラブ

418

 

 バスの中からの1枚です。大昔にも紹介したことがあったような気がするスユリのナイトクラブ(ディスコ)「エムパイア」です。高いのがパーキングタワー。その向こうの四角っぽいちょっと変わった建物がナイトクラブです。

 韓国のナイト、ちょっとした都市にはきっとあるし、ソウルみたいな大都市には繁華街ごとに、たくさんあります。でもしばしば見られるのが新装オープンのポスター広告。一部に小さく「旧○○ナイトクラブ」と書いてあることがよくあります。やはり人気商売、たくさんお客が来ないと悪循環でどんどんダメになる業種ですので、しょうがないのでしょう。

 でもここ、ソウル市の北東部の繁華街、スユリにあるこの「エンパイアナイト」は、私がこのへんに行き始めた90年代後半からずっとずっとあります。通りの向かい側にあるモテルに泊まった朝、遊び疲れた男女が明るくなる頃出てきたり、周囲にそんなお客を相手にするポジャンマチャがあったり、まだよく知らなかった時期、どんな場所なのだろう?と想像を膨らませたものです。

 

 入場料はビール数本プラス果物一皿で数万W。洋酒基本は20~30万Wでしょうか?一度だけ「一人ナイト」をやりましたが、いたって健全。大人が踊る場所でした。ブッキングもやってみてソウルから来た町内会のアジュマのグループに加えてもらったり、まぁ、いい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記559 歩きマラソン3 旧116号へ

033

 忘れてしまわないよう、ちょっとスピードをアップして書いていきます。カラスが車に割らせて食べたあとと思われるクルミの殻、歩道にたくさん落ちています。輸入物とか、菓子用に栽培されているものとは違い、天然のクルミ、とても殻が厚く堅く、食べるところはちょっとしかありませんが、味は濃く、美味しいものです。


034

 この先、標識が示すところが新しい116号と旧116号の分岐です。旧道は右へ入ってゆく道です。新しい道はまっすぐ山を突き抜けて進みます。


035

 旧道に入り、島崎川が流れる平原の南端を進みます。前にも島崎の町の様子、ここで紹介しましたが良寛さんが晩年を暮した古い町で、昔は水運で栄えた場所。今もその雰囲気を残すいい場所です。


038


039

 わざわざ車が通るのを待っての撮影です。新しいまっすぐな国道ができてから、この道は地元の人が使うくらい。しかし朝の出勤時間のためか、7時台は思っていたよりも車が通ります。最後の1枚は昔バス停があったと思われる道が広くなった部分。今はバス路線もなくなったのか、その名残だけです。田舎の家、とうちゃんもかぁちゃんも兄ちゃんも姉ちゃんも、各自車を持っているなんてのが珍しくないでしょう。でも、交通弱者と言われるお年寄りだけの世帯など、大変そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 晴れ いい天気です

095


 月末の始まり、院長は給与手続なんかで普通に出勤です。今年は介護保険料が上がる年、健康保険と一緒に徴収されるのですが、歯科医師会の担当の方が出張で不在とのこと。しょうがないので、今まで通りの計算で支給して5月以後に調整することになりそうです。そんな事務を終えて、これから銀行、そして早めのお昼かな?

 今朝、ふと思い出したのが麗水万博の事。最近、こちらを訪れてくれる方の検索キーワードに「麗水ビーチホテル」だの、「順天ロイヤルホテル」だのが多いので気づいたのです。最近は韓国の地方を個人で旅行する人も増えてきて、そういう方の役に立っていれば嬉しいですよね。

 ヨース、ソウルから遠いのですが、できれば大好きな韓国の一大行事。入場者の一人として私も行ってみたいと考えています。時期は今調べたら5月12日から8月12日までの3か月。ソウルから麗水の往復を考えると、最低3泊4日は必要。ただ、宿泊施設が、韓国の地方、本当に大丈夫なのかな?とも思います。いざとなれば順天でもどこでも。ちょっと離れた場所のモテルがあるでしょうが、慣れない人は大変かも。まぁ、ぼちぼち準備をしていきましょう。今月は学校検診があったりで休みが作れず。来月も連休は切符が高いし、混むだろうし・・・ できれば5月の後半にでもいい季節の韓国、行ってみたいですが3泊はどうも無理。となると麗水万博訪問は7月の連休あたりでしょうか。まぁ楽しみです。

 さぁて、銀行だの、外出です。本日は自転車出勤ですが、近場は歩きましょう。2日目に出る中高年の筋肉痛もほとんど無く、まめが痛いくらい。52キロ歩けて、ちょっと自信がつきました。ファイティン!>自分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記558 歩きマラソン2 テレビでは見ていたけど

022

 寺泊駅から裏道を通り、自動車学校の脇を歩いて国道116号に出たところです。片側2車線の広い道で、国道8号線よりも立派な部分が多いのです。なぜかというと、とっくに亡くなった田中角栄さんの影響だという話です。はたして柏崎まで歩けるか?ちょっと心配しつつの出発でした。


023

 

 私が主に歩く旧116号線はあの小高い山の向こう側、霧に煙って見える感じの島崎川の流れる盆地を走っています。もう少し先で右へ別れる道です。


025

 

 歩いていると、すぐ後ろでカラカラカラという音。道路に転がったのはよく見ればクルミです。何でくるみが降ってくるの?と思うとすぐそばの電線の上にカラス。もしや!?テレビでは見て知っていたけど、賢いカラスは堅いものを車の通る道に置いて、車に割らせて中身を食べるという、、、あれかな?と思って観察です。 すぐに車が通り、カリッと音がしたと思ったら、そのカラス、案の定、道路に飛んできてつぶれたクルミを拾って・・・


026

 歩道に運んで食べ始めました。話では聞いていても目の前でそんなシーンが見られるとは?これも歩きの効果でしょう。まだ目的地は40キロ以上先。不安だった気持ちも少し和らぎ、楽しみながら行けるところまでいけばいいや、と気が楽になった一件でした。


030


031

  このあたり、野生のクルミの木が多いのか、歩き始めてもたくさん割れた殻が歩道に落ちています。最後の写真でもいくつか見えています。カラスは賢いというけれど、どうやって覚えるのでしょう?ニホンザルが芋を洗って食べるのは群れの大人がやっているのを見て真似をして覚えるといいますが、カラスもそんなふうに、誰かがやってるのを見て真似をするのでしょうか?全くもって面白い出来事でした。

 

 この話には続きがあって、この後の12時間くらいの歩行中、あと2回、カラスが道路にくるみを置いて、というのを見ました。一度は失敗の様子も見ました。落とした場所が真中過ぎで車がみなまたいで過ぎ去ってしまいます。どうするのかな?と見ていると数台通過してもダメなのを見た当のカラスは、再度クルミをくわえてどこかへ飛び去って行きました。

 こういうのも「持っている」ってやつかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事671 慶福宮の生カルビ

407

 知り合いの食堂アジュマとの遅めのお昼でしたが、ちょっと豪快に生カルビ。1人前33000Wです。やっと肉の写真になりますが、かなり美味しかったです。


408

 昔からの漬けだれに入れて甘めの味付けをしたのはカルビ、もしくはヤンニョムカルビと呼び、この20年くらいでしょうか、味付けをせず、そのままの味で塩などをつけていただくものを生カルビと言います。少し肉の質がいいのを使うためか後者のが少し高めのことが多いです。33000Wの点心(お昼ご飯のこと)、ちょっと贅沢ですが1人だと食べられない焼肉に奮発しました。右手、小さな一切れは重さをそろえるためのものだとのこと。案外仕事には律儀な韓国です。

410

 一度だけ、ひっくり返します。


413

 焼けたらはさみで切って火の弱い周辺部に移動。焼け過ぎを防ぎつついただきます。

416


414

 肉もかなり美味しかったけど、ほっとするのがご飯とテンジャン。テンジャンチゲはサービスですが、ご飯は、1人前5万とかの高級店でも別なんですよねぇ。冷麺とか食べる人もいるからでしょうか?韓国のフシギです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3734 公開空地は喫煙場所

393

 ソウル特別市道峰区倉洞、議政府へ行く大通りに面したビルの敷地の一角に公開空地がありました。


391

 日本でもよくありますよね。ビルの好意で一般公開しますという表示です。


394

 ビルの中の会社に勤務する人が案外出入りしています。


392

 どうもここ、ビルの中の人たちの喫煙場所のようです。ホテルソンビなんかでも、前のビルの非常階段でそこに勤務する人たちがたばこを吸いに出ているのをよく見かけますが、このビルも全館禁煙なのかもしれません。喫煙者はしょうがなく、ここまで出てきて一服しているのでしょう。最近ではアパート丸ごと禁煙というのもソウルではあるそうです。どうやってでも、取り締まるのかな?って思いますが、後日そんなのも紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記557 歩きマラソン1

017

 

 朝の寺泊駅です。昔は大河津駅だったのに、有名な観光地の名前に変わってしまっています。何だかなぁ・・・って思います。

 新潟駅を5時に出る越後線の一番電車に乗り、吉田駅。すぐに接続の柏崎行に乗りかえ、この寺泊駅は6時11分。ほぼ定刻に到着です。


018

 駅前の様子です。ずいぶん前から無人駅になっています。昔は長岡市の西長岡から与板経由で寺泊海水浴場までの越後交通の電車がありましたが、乗ったことがありません。前に折り畳み自転車を持ってここからスタートしたことがありますが、今回は歩きです。多少の不安な気持ちを持ちつつも国道116号目指して出発です。


019
 

 と、自転車で来た時には気づかなかった鉄道遺跡を発見。前期、越後交通線の線路が一部ですが残っていました。ちょっと嬉しくて1枚。

278

 ずっと飛んで夕刻の柏崎駅。ゴールはここでした。


279

 歩数計の数値は、こんな。もちろんこれを買ってからの最高記録です。山岳部時代にはもっとハードな山行があったと思いますが、単なる歩きで、というのでは多分今までの人生でも最高記録でしょう、、、と思ったら95年の初ソウルで、70000歩歩いたことがありました。でもま、すごいでしょう? 途中ではなかなか面白いこともあったし、ぼちぼち紹介してまいります。よろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

すばらしい韓国の食事670 慶福宮のパンチャン、続き

272

 これ、いったい何なのでしょう?個室担当のアジュマに尋ねればよかったです。大昔、安東の両班料理の店に行ったことがありますが、まったく赤くないものばかりでした。そんな中にありそうな上品な一品ですが、春雨でもない、葛きりでもない、ほとんど味のしない麺に細切りのお上品な野菜がちょこっと。


273

 海苔まで細切りでほんのちょっと。


279

 これは、ダイコンとケンニプを一緒につけたチャンアチ(=漬物、しょうゆ漬け)、何もかも、かっこつけですなぁ。でも、ここ、肉はかなり良かったです。この次に肉とテンジャンをアップして慶福宮のカルビランチ33000Wはおしまいにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月19日 午前は留守番です

445

 

 いい天気です。朝、1時間半ばかり自転車でゆっくり走ってきました。今日の休み、車の定期点検とタイヤ交換のため、家内が外出、私はお昼過ぎまで留守番です。

 昨日は「歩きマラソン」。42.195キロ走るには、最低同じ距離を歩けないと始まりません。ということで、車の少ない田舎道を50キロ弱、歩いてきました。電車に乗って田舎へ移動。6時15分ころのスタートです。午前中は曇り、お昼から晴れたけれど、気温は低め。長距離ウォークにはまぁまぁの日でした。

 もう成功は99%確実というあたり、ゴールの手前で、日帰り温泉で入浴。さっぱりすっきりしましたが、風呂に入ってちょっと休んだら、気が抜けたというか、緊張が取れたというか、一気に疲れが出た感じでした。 ゴールインしたら、ご褒美にご馳走食べて、酒でも飲んで、と思っていましたが、そんな状態で酒を飲むと帰れなくなりそう。結局軽く食べて、予定より早く9時ころに新潟に戻りました。

 日ごろ運動しない私。たくさん歩いて、足にマメができてしまいました。痛いです。筋肉痛は思ったほどではありません。でも、明日かな?出てくるのは。まぁ、休みすぎないで徐々に歩くようにしていかないといけません。午後はちょっと出かけようかな?

 写真は目的地から帰途につく電車に乗る直前です。○番ホームを特急が通過しますので気をつけて、というアナウンス。おかしいな?特急はみな停まるはずの駅なのに、と思って待っていたらこれでした。地べたビューですが、夕暮れ時でいい感じのブレが出ています。鉄道好きの方なら、この車体と列車名、色でわかりますよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

2012年4月17日 オープンデイ

018_2


 どうしても今日に、という方の予約があと1つ入っていますが、研究日、のんびり、でも有意義に過ごすことができました。午前中は雨が降りましたが、午後はずっと曇り、路面は乾いています。一応明日の天気予報は曇りのち晴れとなっていますが、歩きマラソン、どうしましょう。暑くなるとそれはそれで大変だし、運動には今頃が一番かも。しかしどうせなら天気のいい日にと思うのです。「やるぞ」とここで書いたけど、別に義務ではなし。まぁ、明日は一日出かけるよ、と家内にも言ってあるので有意義に体を動かせればそれでオーケーでしょう。

 

 写真は東急蒲田駅の立ち食いそば。わざわざ入場券を買って構内に入って食べました。美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3733 慶尚南道昌原市 昌原蹴球センター競技場

701

 

 釜山大学校正門前で待ち合わせして、昌原の大学の講義に行くという釜山大の講師の先生の車で昌原市、昌原サッカーセンターへ行きました。2日前の晩に釜山大の大学院生2人とチャガルチで刺身で一杯。その後は電話で連絡を取り合い、結局その院生二人は仕事で別に行動。私だけその上司の先生の車に便乗で昌原まで送ってもらう手筈です。 しかし韓国らしいのは、その乗せてもらう予定の講師の先生は私は一度も会っていません。顔も知らないし、わかるのは携帯番号と名前、そして待ち合わせ場所です。

 前に、これはごくごく初期に、李準圭先生の紹介でソウル大学校歯科大学矯正科を見学させてもらったことがありますが、その時も電話を入れてくれて、あとは名刺の裏に「よろしく」とかなんかメモしたものを渡されただけ。それでも、ソウル大の矯正科、3人いる教授が出てきてあれこれ見学させてもらえました。韓国では「信用できる関係の知人の紹介」というのが、非常に大きな意味を持っているのだなぁ、と思います。

 

 1枚目の写真はこれは記者さんとかの出入口。カメラとかもここから入るのかな?ちょっと見せて、と頼んだらやっぱり駄目でした。


706

 正面に回ります。当たり前ですが、サッカー場、でっかいです。ロンドン五輪の予選で国家代表若手チームが出るのですから大事なゲームなんでしょう。一日だけなのに、飾りがたくさんです。


704


705

 

 これは選手たちの専用バス。国家代表選手専用バスなのかな?絵がかいてありますが、わかるのは朴智星選手くらいなぁ。チャドゥリ選手も描いてありましたっけ?


708

 ここはなんか、店になっています。ここをホームにしているチームのものがいろいろ売られていました。チャンウォンFCって書いてありますね。


709


711

 

 さらに西へ回るとスタッフが準備中。またテレビの中継車も準備をしています。この日は9月下旬。昼間はよかったのですが、暗くなるにつれ、かなり寒い日になりました。9月の旅行ということであまり服を持って行かなかったのですが、ほぼ毎年行ってる9月で、21年間の一番寒い日になりました。競技場の中はまたあらためて紹介します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記556 世田谷区駒沢で見かけた馬頭観音

1085

 

 国道246号線がこの辺のメインストリート。上に高速道路ができてからは何だか狭苦しく、少し暗い通りになってしまいました。この道はその北に並行する古い道ですが、久しぶりに歩いてみました。知らない街を歩くのが好きな私、同じ道を歩くのはあまり面白くありませんので、一つ手前の駅で地下鉄を降り、少し長めに歩いて家へ向かった時の写真です。少し曲がっているのが古い道の証拠です。


10841

 すると、とある道の角の小さなお堂の中にこんなのがありました。小学生時代、中学生時代、何度も歩いていた道なのに特に気にも留めなかったこういう昔のものに気が付くのはやはり年を取ったせいかもしれません。でも、いい方向での変化です。石仏、石塔に興味を持ち始めて数年になりますが、特に勉強もしていません。でもこれ、額のあたりに馬の顔があるのですぐに馬頭観音だと気づきました。ふふふ・・・って思いました。

10861

 このあたりは駒沢。室町時代だか鎌倉時代の関東の武士の時代の地名だとされていたはずで、駒=馬ということになっていますが、駒=高麗で、渡来人の土地、という話も多く聞かれます。養蚕もやっていた可能性が高いので、もしかしたら・・・とも思ってしまうのは韓国ファンの大きすぎる思い入れかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事669 やはり韓食の基本はテンジャンかなぁ

750

 ちょっと前の記事、露店食堂の大皿に盛られたおかずの中にはボウルが仕込まれてる話の場所です。何度か歩いてはいましたが食べるのは初めての場所、京東市場の地下市場の食堂街でした。注文したのはテンジャンチゲ。値段表がありませんが、こんな観光客が来ない場所、ボられるわけはありません。99.9%、ボる店は無いのが韓国じゃないかな。注文と同時にこんなパンチャンがすぐに出てきました。美味しそうです。


751

 青い葉っぱ、何だったかな?ちょっと忘れてしまいました。あとはダイコン、コサリ(わらび)と、真中奥の野菜はなんだかわかりません。コサリもそうですが、乾燥野菜を戻してナムルにしたもののよう。ちょっと苦みがあります。


752

 お決まりと言っていい白菜のキムチ。もちろんお代わりできます。


753

 これも、何度も食べていますが小型の葉っぱの白菜?ごくごく浅漬けのコッチョリっぽいもの。水気もあります。


754

 あれこれ、世間話、市場の話をしているうちにテンジャンとご飯登場。それが普通なのですが、ぐらぐら煮立った状態で、写真がうまく撮れません。長いこと韓国へ通っていて、何食食べたかわかりません。最初はソルロンタンばかり食べていましたが、どっちかと言えば、面白くないメニューだと気づき、スンデクッとかテジクッパプに変わりました。しかし豚骨スープもたくさん食べているとちょっと面白くなくなります。一人で食べることができて、どこでもあって、ハズレが少ないもの・・・結局テンジャンチゲに落ち着いた感じです。

 

 日本の食事も、韓国の食事も、基本はご飯と汁物、そして漬物もしくはキムチ。とても似ています。にんにく、唐辛子の多用という差はありますが、日本人の舌にやさしい、日本人がとっつきやすいのが韓国の食。この5月の連休でも一番多い海外旅行先は韓国だとか。いろんな楽しみの中で、食べやすい、おいしい食事も韓国人気の大きな要因だと思っています。韓食研究、一生のテーマです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3732 夜のソウル 乙支路6街の裏通り

419

 

 この写真、かなり多くの方がすぐにどこだかわかるかと思います。ドゥーサンタワーが見えますので旧東大門運動場駅のへん。いわゆる日本人観光客が行く東大門市場のあたりです。先回の宿はこの辺の裏通り、乙支路6街のKT乙支路支店の脇を入ったニュー天池ホテルでした。


421


423


424


425


426

 

 周囲にはけっこう食堂や飲み屋があります。さらにここから東大門歴史文化公園でしたっけ?地下鉄の駅の方へ行けば朝までネオンがこうこうと灯る歓楽街と言ってもいいような街もあります。夜ともなれば、夕食の時に少し飲んで、あとはコンビニで少しだけ酒を買って宿に戻り、テレビで聞き取り練習をしながら飲む、そんなことが多かった私ですが、少しだけ宿の周囲、細い道を選んで歩いてみました。

 先日の東京出張で感じたのですが、大都会は明るいです。若い人が多く、また大家族が少ないため税収がたくさん。地方の田舎はほとんど税金を払っていない高齢者が多く税金が集まりません。そんな差が街の明るさに関係していると思います。 ソウルは、、、場所によっては東京より明るいけど、街灯の少ない暗い街もあります。この辺もやはり印刷関係の工場が多め。夜になれば仕事も終わる、そんな町は概して暗めです。ちょっと旧式のソウルの街灯がそんな暗い工事に灯る様子、案外つやっぽくて好きなんですよ。

 

 カメラの手振れ防止機能に期待しての写真が多いですが、ご覧いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

2012年4月16日  今週こそ歩きたい 42195m

094

 家から新潟駅まで約2500m。新潟駅発5時の越後線普通列車で吉田5時54分着。5時56分発の柏崎行きに乗り換えて、寺泊駅(昔はこんな名前じゃなかったはず)6時11分着。

 

 時刻表での越後線の営業キロ、柏崎から寺泊駅までは39.0Kmですので、帰りの新潟駅から家まで歩く分を入れれば確実に42.195Kmは超えるでしょう。鉄道に沿った旧国道を歩きますから線路で39キロの行程でももっと長いはずですし。

 時速4キロで歩いて、単純計算で、10時間で40キロ。途中、昼飯を食べたり、休憩したり、2時間は休みそうです。はっきりした歩き始めは寺泊駅の6時15分頃。12時間を足すと18時15分。途中、柏崎市内に入ったあたりで日帰り温泉でさっぱりして最後のゴールへと考えていますから、なんだかんだで午後8時までに柏崎駅へ着けばオーケー。

 

 美味しいもの食べて20時53分発の普通列車で長岡乗換え、新潟着は23時14分。で、駅から家まで最後の2.5キロ。うん、いい計画です。吉田から柏崎の間の私が歩く時間帯での普通列車は7本。3時間くらい電車が来ない時間がありますが、エスケープも何とか可能でしょう。別に失敗しても大した問題ではないし、まずは始めてみることが大事です。天候を見て、今度の休みにやってみようと思っています。

 

 新潟からの国道116号線、分水あたりまでは交通量の多い道ですが、寺泊駅から先はかなりの部分が新しいバイパスになっています。そのため、昔からの旧116号線は地元の人しか通らない、いい感じの田舎道。椎名誠さんの言葉ですが「正しい日本の田舎」みたいな風景の中を通っています。ほぼ全部が自転車でも走っている道ですので、土地勘もあるし。あまり寄り道はできそうもありませんが面白いものがあれば寄り道も可。万歩計の数値も楽しみです。

 写真は常磐線の快速電車。15両編成という、地方では考えられない東京近郊の電車線です。本文とは関係ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事668 日本人は間違っちゃう名前のキノコ

411

 

 まぁ、だれでも知っているエリンギです。昔は「アワビ茸」なんて名前でも売られていたような気がしますが、別のものがありましたっけ? で、この比較的新しい栽培キノコ、韓国では「新松茸」に該当する名前、「새송이버섯」なんですよね。 「慶福宮」カルビチプのおしゃれなパンチャンの中の一つ、「新松茸のチャンアチ(漬物、醤油漬け)」です。

 韓国観光掲示板とかの記事で、この「セソンイポソッ」をそのまんま「新松茸」と翻訳して表記してしまうと、何も知らない日本の王初歩観光客の中には「新鮮な(もしくは、その年のはしりの)松茸」って解釈してしまう人がきっといそう。 外国なのですが、言葉も、食べ物も文化も、まぁ、遺憾なる日帝時代の名残もありますが、かなり似ている韓国ですので、お互いこんな細かい勘違いというか理解しにくい部分はたくさんあると思います。

 尊敬する先輩でもあり、一番の親友の一人である九州男児、前畑満雄先生の言葉によれば「細かいこと気にしていると立派な人物にはなれない。」というのは当たっています。観光旅行掲示板でも韓国の悪口ともいえるような話がたくさん。もっと裏っぽい掲示板では韓国、朝鮮、そして在日の人たちへの悪口がたくさんある日本のネット。でも、韓国でもこれは多くの日本人が知らないだけで日本の悪口、日本人の悪口を載せている掲示板はたくさん。「五十歩百歩」であり、韓国式には「布巾か雑巾」です。

 前にもここに書いたことがありますが、韓国の悪口を書く日本人の多くは韓国をよく知らない人だと思うし、日本の悪口を書く韓国人の多くも日本をよく知らない人だと考えています。両国が金を出し合って、一度も訪韓、もしくは訪日をしたことがない国民に、換金不可の往復航空券をプレゼントすればいいのにな、と思う私です。行ってみれば、そりゃぁ完璧な人がいないように、長所もあれば短所もある国ですけどきっと理解も深まると思うのですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3731 타로 & 사주

681

 타로???って思いましたが、次の사주で、すぐにわかりました。日本語で書くと「タロット&四柱」です。

 

 場所は釜山の北部、釜山大前です。昨年9月、ロンドンオリンピック2次予選、韓国対オマーン戦を昌原蹴球センターへ観戦に行った時の待ち合わせ場所です。 前に紹介した「釜山大名物三段トースト」もこの辺。似たような店が数件ありました。

 占いが好きな韓国の人たち、老若男女、占いをするのかな?普通の住宅街にもそんな占いの先生の事務所があったりしますし、繁華街に小さな占いの部屋が並ぶ場所があったり、時にはテントの占いの場所があったり。黒田福美さんの本でも彌阿里の占いコルモクが紹介されていたり、日本人には考えられないほど、日常的なものなのかもしれません。私娼街を舞台にした映画「大韓民国憲法第1条」でも、選挙戦(これがまた日本では考えられない大騒ぎ。もちろん、映画としての脚色もありますが、実際もかなり派手です)の参謀としてオカマみたいな占いの先生が出てきて(これも韓国の人に聞くと、本当らしいです)、いろいろ支持をする場面がありました。また大きな事業をするとき、子供の名前を決めるとき、結婚を考えているとき。韓国人の人生のかなりの大事なポイントで占いが登場するのでしょう。

 店頭には友人が占ってもらってるのを待つ人?それとも、自分が占ってもらうのを待っている人?女子学生が多数。ソウルの繁華街の占い村なんかでは高校生がたくさんだったりもしますが、とにかく韓国人、特に女性?占いが好きなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3730 たまには失敗もします

377

 

 写真はソウル、忠武路駅の近くの交差点、中部市場は右前方、まっすぐ行くと乙支路4街の家具商街の交差点です。背中側は中区区庁。前に古いソウルの地図の写真をアップした場所です。ここで、大失敗をしてしまいました。

 

 仁川空港からソウル市内。光化門駅から鍾閣駅手前まで歩いてちょっとした用事。その後はタクシーで乙支路6街。KT乙支路支店前で下車してニュー天池ホテル。荷物を置いて、ちょっと約束があった倉洞方面へ出かけました。ソウルバス路線案内の本でバスの番号を調べておいたので100何番かのブルーボスでスユリ、サンムン洞方面へ行くつもりでした。

 宿を出てマルンネキル。西へ中部市場の南側、釜山カルビとか冷麺の有名店が並ぶ道を中区区庁前。ここからバスに乗るつもりだったのですが、なんと写真の通り、ここ、南の退渓路南山方面への一方通行なのでした。北へ向かうバスの停留所はあるわけありません。

 

 あわててバス路線案内を再度見てみると確かに「中区区庁」というバス停はあるけれど、それは南向きの路線だけ。たくさんの停留所名が列記してある下に、ソウル市内中心部での別の路線がちゃんと書いてあります。確か、北行きの路線は明洞の東側、2街の通りを北上するのだったと思います。

 ソウルのバス、停留所や車内の路線案内を見ると終点、起点付近、また市内中心部では上り下りで違う経路を走ること、よくあるのです。方向転換が難しいことなどから効率の良い走り方をするためにそうなっているのでしょうが、文字だけの路線案内で簡単に見ただけだったため、このあたりで走行経路が違うのに気づかなかったのです。

 結局考えた方法は走って忠武路駅へ行き、4号線で行くことでした。「もうソウルのバスは大丈夫。全路線の経路が載ってるソウルバス路線ガイドもあるし。」と思っていたのですが、失敗です。結局目的地へは、スユ駅で降りてすぐにバスにまた乗り換えて、ほんの少し遅れたくらいで行くことができましたが、生き返りで違う道を通るソウルのバス、まだまだ注意が必要だなと感じた一件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

普通の韓国を探して3729 おかずの山の中はボウルだった

747

 ソウルの下町、とある地下にある市場の一角の食堂街というか、四角くなった客席のある地下屋台街みたいなところでの写真です。すいている時間、ぶらぶら入っていくとあちこちから声がかかります。でも、目的の店は一つ。前にもここで書いたことがありますが、お盆を頭に載せて店へ戻る配達アジュマのあとについてこの地下食堂街へ来たので、そのアジュマが戻った店へ行きました。毎日市場の人が忙しく働く間に配達でご飯を食べる、そんな店、まずハズレはありませんから。

 席について、注文。トゥッペギ(陶器の小鍋)を火にかけ、いろいろ材料をぶっこんだ後、アジュマがしたのはこんなふうに食卓の前に大皿に盛り上げてあるパンチャンの盛り付け仕事なのですが、ちょっと驚いたことがありました。

 写真を撮っておけばよかったなと今思うのですが、日本人だらけの広蔵市場とかでも、いろんな野菜、おかず類、こんな風に丸く盛り付けてあるでしょう?いかにも韓国の市場って感じで、それがまた食欲を誘い、お客を呼ぶ要因でもあるのですが、これ、上げ底なのです。また、これは一般家庭でもそうで、冷蔵庫に密封容器やビニル袋で予備の分、前日の余り分を保存しているのをこういう風に皿に盛り付けるのですが、まずは大皿の真ん中にあまり大きくないステンレスのボウルを伏せておいて、その上にこういう野菜、おかず類を丸く大きく盛り上げるのです。

 思わず、アジュマに尋ねてしまいましたが、どこでもこうやって上げ底にしているという話。要はたくさん丸く盛り上げてディスプレイしてあった方が美味しそうに見えるから、ということでした。もちろん、全部の店がそうしているかはわかりません。客の多い市場の露店とかは全部無垢の、中身までおかずや野菜が盛り上げてある店もあるのかもしれませんが、「美味しく見えるようにボウルで上げ底にして盛り付ける」、韓国生活(旅行)1年近い私も初めて知りました。

 前はもっともっと長かった営業時間も今は不景気で市場自体の客も減り・・・なんて愚痴を聞きながらの朝ごはんでしたが、美味しかったです。確かに他のお客さんはモリコギで焼酎をやっているハラボジ1人でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3728 山が見える街 ソウル

283

 前に掲載した写真かもしれませんが新しくトリミングを加えました。ソウルの北東部、双門洞からの北漢山です。旧市街は旧ソウル城壁を囲む6つだったかな?山に囲まれていますし、少し郊外に出たこちらでも、北漢山、道峰山、仏岩山、水落山。江南でも冠岳山はじめ、ソウルってどこにいても山が見えます。わが新潟市は広大な沖積平野の真中。一番近い新津の山まで15キロか、、、山らしい角田山までは20キロ以上あります。ビルや家、アパートの間で暮らしているよりも、自然の山が見える生活、心が落ち着くような気がします。なんとなく「自然に守られている気分」、そんなのが感じられます。


285

 別の1枚をトリミングしました。日本では見られないような岩でできた山、北漢山。山好きにとってもソウルの街、魅力的です。剣とか、穂高とか、岩山と言えば岩山ですが、ごつごつでこぼこ。北漢山、道峰山のようなつるんとした岩の峰は日本ではどうも思い浮かびません。やはり韓国、大陸の一部なのでしょう。地層が古いのかな?

 何度もここで書いているように江南よりもソウル旧市内の古い街が好きな私ですが、こんな岩山が見えるアパートなら、新しいところでもいいかもしれません。天気のいい日に山の見えるアパート高層階でのんびりしてみたいものです。

 追加ですが、左に見える黄色い看板の店、日本人に大人気の「ウォンハルモニポッサム」ですね。サンムン店っていうのかな?

 今日も午前中は忙しいです。更新は簡単に。皆様よい休日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3727 釜山 チャガルチ 漁船の出港

574

 同じような写真ですみませんが、実際見ていると本当に面白いものです。大型の漁船が埠頭に横付けになっていると、素早く方向転換できないのか、小型の押し船(プッシャーボート)が寄ってきて古タイヤのクッションがついた舳先で漁船の横腹を押すのです。1枚目はバックをし始めた漁船の横に押す船が寄ってきたところ。


575

 漁船の横について押し始めます。


576

 自分でも方向を変えながら、前の方へ回り込んで押します。


577

 漁船の前の方から、てこで回転させるように押します。


579

 押しているところ。漁船のへさきはだんだん外海方向へ向いてゆきます。


580

 90度回転して大型の漁船の舳先が港の出口を向いたら、お仕事終了。漁船は自分の力で前進し始めます。

 日本の漁港でもこんな風景を見られる場所があるのでしょうかねぇ。後日、船の写真をアップしますが後部に大きな網を引き入れる門のような設備があるかなり大きめの船です。何を獲りに行くのでしょうか?九州と韓半島の間、豊かな海なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

普通の韓国を探して3726 うれしかったこと

1232

http://news.zum.com/articles/2156774?c=2

 お暇な方、上記住所をご覧ください。韓国側の担当者さんから公開オーケーの連絡をもらいました。全部韓国語です。4月13日、北韓の人工衛星失敗と同じ日の掲載でしたが、まだ実物は私も見ていません。

 2月末から3月初めに少し書いた「原稿仕事」はこれでした。多少加筆というかほんのほんの少し話が大きいかな?というところもありますが、韓国ファンとして光栄(栄光)なことです。きっとこれからいいことがある、そう思っています。

 写真はソウル市、仏光洞の西部市外バスターミナルそばのタバンの入り口です。裏の旧道と新しい大通り、両側から入れる地下の店のようですが、狭いのが珍しくて1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3725 운전기사님은 괴로워요(技士さんはつらいよ)

492

 

 日本人なら誰でも知っている山田洋二監督、渥美清主演の映画、「男はつらいよ」シリーズがありますが、90年代の韓国映画にも「男はつらいよ」=「男子는 괴로워」という映画があったのです。VHSの中古ビデオを清渓川8街の中古ビデオカゲで買って持っていました。主演は名優アンソンギ、名女優、、、え~と、「タチャ」のあの人、ドクターボンのあの女優さんも出ていたでしょうか?でも、内容は私にはあんまり面白くなく、韓国でもあまりヒットしなかったのだろうと思っていますが、つらい=ケロpタです。

 なんでそんなタイトルかというと、韓国のバス技士ニム、やはり労働時間がきついのです。ソウルなどの市内バスでも朝早くから夜遅くまで、かなりの長い乗務のようですし、市外バスでも、たまたま乗務予定表を見つけたのですが、かなりきつい仕事です。

 1枚目は全羅北道の茂朱のターミナル。ここから全州へ向かうバスです。正面の行先表示は「安城(京機道安城市とは別)」、「長渓」、「鎮安」、「全州」。錦山から来たのか、東大田から来たのか、この時点ではわかりませんが、全北の山の中を走って全州まで行くバスです。


493

 

 これが運転席にあった乗務予定表。時間と場所から判断して、この技士ニムの今日の乗務は10番です。読めますか?

 南原6時40分発  長水7時20分発  長渓7時40分発  安城8時発

 茂朱8時30分発  東大田9時40分発  茂朱 10時35分発  安城11時発

 長渓11時25分発  鎮安11時55分発  全州13時40分発  益山14時20分発

 空港(群山?)15時30分発  益山下車(長い休憩でしょうか?)  全州19時09分

 直行で南原   20時半くらいかな?

 まぁ、拘束13時間以上、こんな乗務です。はたして何日に一度休みがあるのでしょう?週に1日だとしたら、かなりきつい仕事と言えます。


498

 

 これは運転席側最前部の客席。足をのせるなという表示と安全ベルトをする交通先進国なんて標語が見えます。行先札は最初はたくさん。左に見える錦山は東大田を出るときには表示していて、錦山に着いたときに片づけてここに置くのです。

 いろんな本でも、またここでも書いていますが、あちこちの地方の都市、町を走る中長距離の市外バス、かなり飛ばします。前から気づいていたのですが、「早く次のターミナルに着けば、少しでも長く休める」という理由があるのです。たばこを吸ったり、化粧室に行ったり、少し食べたり飲んだり、仲間とスダチギ(おしゃべり)したり。ですので、渋滞して遅れたりするとイライラしてしまったり、休憩時間がゼロになるのですから、その理由、よくわかります。週休2日、実際の乗務は拘束時間の半分くらい、そんな日本の条件がいかに恵まれているか?わかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事667 을지로6가 홍보석

369

홍보석は「紅宝石」、ルビーのことでしょうか? KT乙支路支店脇を入った道にある韓式中華の店です。間口も結構広く、前には配達用のバイクが数台。何度か書いているようにデパ地下のフードコートなどではハズレがあることもありますが、そこらの街角の中華の店で、けっこう長くやっている感じで、配達用バイクが複数置いてあるような店ではまず確実に美味しいのが韓国の国民食ともいえるチャジャン麺です。


766

 

 少し高い三鮮チャジャンを注文。7000Wだったか8000W。コエックス地下なんかだと10000Wとかもありますが、円高の今なら安いものです。最初にタクアン(タンムジ)とチュンジャン(甘い味噌)が出てきて、割合早くチャジャン麺も出てきます。


767

 

 ソースの拡大。この店、材料はおごっててエビ、イカ、干しナマコ、ふんだんに使っています。美味しそう。


768

 麺です。グリーンピースはいらないくらいですが、太めの手打ち麺、おいしそうです。


769

 あんを麺の上にかけて、全体が均一な色になるまで混ぜてからいただきます。やはり、レトルトでは出せない、韓式中華の古い店でしか味わえない美味しさでした。

 「チャジャンミョンを知らずして韓食を語るな」という名言がありそうなくらい、一般的な、そして美味しい韓国の食事の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012년4월14일 안녕하세요. 그리고 감사합니다.

663

  항상 우리 브로그를 봐 주시는 분.  어제 중앙일보의 기사를 보셔서 봐 주신 분.

감사합니다.  한국을 사랑하는 하나의 일본사람으로서 이번의 기사는 아주

기쁘고 영광스러운 일 이었습니다.  앞으로도 이 가까운 두 나라의 민간 외교의

자근 도우미가 되면 좋다고 생각하며 계속하겠습니다. 

오늘은 토요일  우리 교정전문의는 아주 바쁜 날.  코멘트 답장과 새 기사는

점심시간이나 오후의 있는 빈 시간에 적을 예정.잠시만 기다리세요. 

이번에 기사에 대해 여러가지 도와주신 한국반문의 해 위원회의 박상아 씨

그리고  89년부터 친구인 이준규 형. 다시 한번 감사를 드리며 아침은 이만.

        다카토우 마코토

おはようございます。 土曜で午前中はとても忙しいので新しい記事、いただいたコメントへの回答はお昼休みか、午後の空いた時間に書きます。ありがとうございます。マッコリの写真、昨年初冬にも載せたと思います。左の少し古い日付のはけっこう沈殿の跡がありますが、当日の製品である右の方はまだ沈殿しきっていない、そんなのがわかる面白い写真です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

普通の韓国を探して3724 これも・・・ ケンチャナヨ?

1085

 場所は全南珍島郡、珍島邑の邑内です。バスターミナルから郡庁とかがある町の中心部の方へ歩き出すと、歩道全部が店になっていました。屋根がありますが、露店と言っていいでしょう。周囲にずらりと服が並んでいます。

 トラックでの露天商、野菜、果物、干し柿、トンタクやホドカジャだのの食べ物の店もあれば、釣り道具。登山用具や雑貨類、そしてトロットのカセットテープやらCD、何でもありで、韓国の地方、都市を問わず車や人ががたくさん通る場所ではきっとあるという感じ。ここも市外バスターミナルへ行く人は必ず通る場所ですので、商売には一等地なんでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月13日 1泊2日の出張でした

015

 昨日は東京で講習会。佐世保の前畑先生も一緒でしたので、空港から近い下町に宿をとりました。早めについてお昼を食べ、宿のそばへ。地図で大体の場所を調べていったのに、道が複雑で私にしては珍しくちょっと探してしまいました。この写真はその途中の1枚。公園の中の公衆化粧室です。なんか張り紙があるなぁと思って近づいてみたら・・・


016

 思わず写真を撮りたくなる内容でした。この町、どこか大阪の深南部、天王寺とか新今宮、あっちのほうに似た雰囲気と匂いを持っています。前畑先生にも気に入っていただけた選択となりました。

 

 今日は夜間診療、かなり忙しいですし、今週はずっと仕事です。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3723 釜山 チャガルチ埠頭

558


561


562


563

 

 周囲にクッションのための古タイヤを装備した小型の船は、大きな漁船の入港、出港を助ける「押し船」なのでした。上手に梶を取って大型の船をコントロールする様子、見ていて飽きません。しかし仕事の代金はどうやって授受するのかな?と思います。ちゃんと記録されていて月ごとに精算されるのでしょうか? この釜山、チャガルチ、本当に一日いても飽きないのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3722 瑞草区瑞草洞 ムジゲ綜合商街2

259


262


263


264

 

 親友というか兄貴分である李準圭先生の診療所が入っているムジゲアパートの中のショッピングセンターです。たくさんの店、食堂などのほか、地下にはけっこう大きな中型スーパーがあります。キムズマートという看板が見えていますが、前は別の名前だったような気もします。経営が変わったのか、大手のチェーンに加入したのか?ともかく店の名前もコロコロ変わるのが韓国です。「30年伝統」なんて看板の食堂がたくさん。日本だともっともっと何代も続く店があるのでしょうが、韓国は仕事を簡単に替えてしまう。その辺、似てる国でありながら違う点でしょう。


265

 最後のこの1枚は3階の、李準圭歯科のあるあたりからの風景。南部ターミナル方向になります。どんどん大きくなっているキムヨンモ菓子店の工場もこの3階にあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

2012年4月11日 じゃぁ、行ってきます

328


 誰の文章だったかは忘れましたが、ビジネスホテル泊まり、いい解放感があります。遅く帰っても家族に迷惑がかかることはないし、「家に帰らないでいい」というのも気楽です。だいたいの予定を決め、自由に都市を歩く。そのまんま楽しい時間になります。

 新潟市も目的地もこれから雨という予報ですが、天気のことは心配してもしょうがありません。「みんな一緒」です。自転車で駅のそばの医院まで出てきました。最低限の準備をして出発します。写真は名古屋市のビジネスホテルからの風景。今回の行先とは関係ありません。それじゃ、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

普通の韓国を探して3721 カルビの店「慶福宮」で最初に出てきたもの

262

 勝手に言いますが、全席個室のフュージョンカルビチプ、「慶福宮」の最初の品です。頼んだのはセンカルビ(生カルビ=味付けしていないカルビ)なのに、いろいろ変わったおかずが運ばれてきます。これは、まぁ、普通っぽい部類です。

 

 真ん中の緑っぽい白いのはお粥。メセンイ粥(チュッk)です。ほのかに海苔の香りが・・・と、じゃぁ海苔でいいじゃんと思われてしまいそうですが、髪の毛より細い栄養満点の海藻の入ったお粥です。 ちょっといい韓国の食事、たとえば日式の店なんかでも最初に出るのはお粥。飲む前に胃の粘膜の保護を、だの書いてある本もありますが、空腹だと身体に良くないので、乾杯の前にささっと食べてしまうものなのかもしれません。

 そして、右は、とんちみ?ダイコンの浮いた水キムチの椀です。一時は日本の味噌、醤油、豆腐だの、流行っていたと思いますが、それに勝るのがキムチかも。世界を席巻するのは、キムチのが早いかもしれません。その土地の野菜で自由に作れますからね。

 家からのアップ。明日は早起き、早出です。目覚ましをしかけて寝ます。目覚まし時計、韓国語では「自鳴鐘時計(チャミョンジョンシゲ)」と言います。なんか、微笑ましい、可愛い言葉だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 いい天気です

312


 昨日はこの春で、初めて「暖かいな」と感じることができた日でした。東京の桜はもうおしまい?新潟市はまだまだ。来週中には咲き始めるかな?というところです。スタッフのインフルエンザでばたばたした昨日も何とか切り抜けることができました。やればできるもんだ、そんなふうに思っていましょう。今日はのんびり。昼間はちょっとウォーキングもできそうです。

 

 明日明後日の休みはちょっと講習会で出張です。早めに行って、明日はフリー。佐世保の前畑先生も一緒ですので楽しみです。大村(長崎)空港からくる前畑先生と落ち合うまでの4時間をどう使うか?あれこれ考えています。美味しいお昼を食べて、ホテルに荷物を置いて、買い物するか?美容室へ行くか?あまり計画計画してしまうと面白くありません。「旅行も食事も、大事なことはどこへ行くか?何を食べるか?ではなく、誰と行くか?誰と食べるか?が重要だ。」と言います。よく遊びよく学ぶ、で行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事666 ムルギムチ(ムルキムチ)

1204

 おかずシリーズ、フュージョンカルビチプの「慶福宮」ではない、別の焼肉屋のパンチャンです。かなりの確率で最初に出てくるのがムルギムチ。米由来とかのでんぷんを少し含む水に野菜を入れて低温で発酵させて作るもので、生きた乳酸菌を摂取するためのもの。うちでも何度かやっています。一度煮たてて雑菌をやっつけて漬け込むのがポイント。でも、夏の生ゴミに似た味というか匂い、味わいもあり、前はあんまりでした。しかし、スッカラッkで普通にこの汁をすくって普通に飲む韓国の人を見ているうちに慣れてきたという感じです。

 細菌による食物の変化。有用なものを発酵、役に立たないものが腐敗と呼ぶわけですが、まぁ、もとは一緒です。この冬、インフルエンザの予防にとヨーグルトが大流行。また、いろんな食品会社などで乳酸菌のタブレットなどが健康食品として出されています。

 わざわざお腹の中にサナダムシを蓄えてる先生もいらっしゃったりしますが、今の日本人、確かに「細菌慣れしていない=清潔過ぎ」という欠点があるように思えます。昔はアトピーとか、ほとんど無かったはず。誰だってお腹の中は細菌だらけなのです。人間だって動物の一種、周囲の細菌と仲良く共存して生きていくべきだと考えています。乳酸菌だらけのキムチの国韓国の食生活、見習うべき点はたくさんありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記555 セントレアから半田、そして名古屋へ 

313

 新潟からの飛行機でセントレア。まずは名古屋の前に知多半田の久木田先生にあいさつに行きました。時刻表にも載っている空港バスですが、まるで路線バスですね。


314

 運転手さん、暇そうです。韓国式に一応確認して乗車します。


315

 しかし空港に乗り入れる電車、バス、どうして高いのでしょう?橋の特別料金とかあるのでしょうか?


316

 空港出発時にはお客は私だけでした。橋を渡って常滑市内。そこからはこの路線、完全に普通の市内バスです。お医者へ行くおばちゃんだの、ばぁちゃんだの。トヨタのおひざ元ですので、若者はみな車なのでしょう。平均年齢のやけに高い路線バス状態で知多半田です。


317

 何度か久木田先生のオフィスを見学に来ている半田。名鉄の駅前はやけにこぎれいになっていますが、あまりにぎやかな感じはありません。JRの駅が別にあり、そっちのほうの昔からの街のがいい感じです。


318


319


320


321

 久木田先生の診療所を訪問した後、駅へ戻り電車で名古屋を目指します。単純な塗色の名鉄電車が旅情をかきたてます。昔のパノラマカーでしたっけ?あれもギョロ目。小田急のNSE車に比べ武骨な感じがしましたが、今も名鉄の電車。あまりデザインに凝らないというか、昔の韓国のバスに似た豪快さがあるように思えます。西鉄や阪神電鉄に通じるところがあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3720 ソウル特別市瑞草区瑞草洞 ムジゲアパート

254

 李準圭歯科のあるソチョ洞のムジゲアパートです。もうけっこう古くなってしまいましたが場所がいいので、やっぱり高いのでしょう。また、再建築だのの予定があるのかわかりませんが、ソウルの江南のアパート、中流以上のお家なんでしょう。これは、南部市外バスターミナルからのマウルボスを降りて反対側に渡ったアパートの入り口です。


255

 後方を振り返った写真。向こうへ行けば京釜高速道路をくぐって南部ターミナルになります。おもしろい格好の建築は教会だったかな?


256

 中に入りました。守衛さんはいますが別に普通のかっこの普通の人なら出入りは自由です。車がたくさん。ちょっと置き場に困っている感じもうかがわれます。


257


258

 江南の広い規則的な道路の一角全部がムジゲアパート団地になっていて、その南東の角にこんな商街(サンgガ)があります。歯科医院も李先生のところを含め複数。テコンドの教室もあれば不動産屋さんもいくつか。さらにはキムヨンモ菓子店の本店もあったり。食堂も韓食、中華、いくつも入っています。美容室も複数あったかな?

 最後の写真の向こう側のアパートは結構広い通りの向こう側になりますので、別の団地です。瑞草洞ウソン(宇成?)アパートで、やはりけっこう高級なのではないかな?その向こうは江南大路。ルームサロンだの高級な食堂だの、たくさん店がある地域です。

 でも、やはり私はごちゃごちゃした雰囲気のある江北、昔からのソウルの街がいいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

2012年4月9日 新潟駅の新潟庵でお昼を食べてきました 

894

 駅のヨドバシに写真の用事で、すぐその脇にある新幹線西口前、「新潟庵」でお昼を食べることにしました。駅の立ち食いそばです。少し前に書いたようにダイエットにもまぁまぁよさそうな軽い食事になります。看板のながもそばはアカモクと書いてありますが、ホンダワラの新芽という説もある、まぁ、海藻で、ギンバソウという名前のがポピュラーじゃないかな?


895

 で、食べたのは天玉そば450円。薄めの味のつゆもまぁまぁ身体によさそう。「新潟庵」という名前の店は駅の内外にいくつかあるようですが、たいてい私はここです。上品ではないし、蕎麦の香りが~とかではありませんが、空腹時には一口でウマいって感じられるひと品です。昔はもっと関東風というか醤油の強いつゆだったと思うのですが、健康志向でか、一口目は薄いって感じ。でも、食べてゆくうちにこれでいいんだと思えるのでした。

 

 中学生のころ、あちこち蒸気機関車の写真を撮りに旅行を始めたのが私の立ち食いそばの食べ始め。普通の店に入るにはちょっと気が引けてしまう少年には食べやすい食事でした。何となく大人になったような気持ちになった。そんな記憶があります。今でも土日のお昼など、ここを通りかかると新潟市へ遊びに来たと思われる中学生が数人で食べていたりします。彼らもちょっとそんな気分なのかなぁ?なんて思いながら通り過ぎています。

 ほんとうに軽めの食事ですので、お腹がすいた時のためにバナナも買って戻りました さぁて、忙しい夜間診療に備えてできる準備は院長がしておかないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記554 プロペラ機も愉し

302

 昨年秋の名古屋行きの写真です。新潟からは名古屋、距離の割に交通の便がよくなく、昔はえらく時間がかるDC急行「赤倉」とかもありました。今はそんなのんびりした直通列車もありません。また、東京での新幹線乗継も大変ですから飛行機が日に数本飛んでいます。あまりメジャーな路線ではないためか小型のプロペラのある飛行機でした。ジェット機に比べ低い空を飛ぶためか天気がいいと地上がよく見えます。当たり前ですが地図の通り。地図好きにはうれしい窓側の席です。これは松本市の南部。ゴルフ場が見え、その裏山の上は高ボッチ高原というのかな?左下の小山は中山という山です。自転車で松本から頑張ってこの山の裏を1周しました。右上には諏訪湖が光っています。


303

 もう少し南へ進んでからの諏訪湖です。ここもさかしたさんの自転車を借りて1周しました。軽いサイクリングコースです。当たり前ですが湖1周ですので上下がなく楽ちんなコースでした。


307

 富士山が見えます。やはり群を抜いて高い、大きな山です。山をやっていた方はご存知でしょうが、5万分の1の地図。富士山は確か6枚にわたるくらいの大きさがあったと思います。たとえば北アルプスなんて言うけど、穂高から剣くらいまでが一つの山になったくらいにすそ野を含めた富士は大きいんです。

 今週は出張があり、楽しみですが、スタッフ1人をインフルエンザで欠くため、がんばらないといけません。ファイティン!>自分、というところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事665 チャジャンモッコシプタ

954


955

 あまり食べたことがない方にはおいしそうには見えないビジュアルですが、最近は行くたびに一度は食べている、そんなメニューがこのチャジャン麺です。一番安いタイプは初めから麺にあんがかかっています。ちょっといいやつだと別添えのあんを麺の上にのっけて、結局全体が同じ色になるまで混ぜていただきます。玉ねぎなどの具はどうもうまく混ざりませんので最後に、これは韓国では行儀が悪い食べ方なのでしょうが、皿を持って、残ったやつをかき集めて口に運びます。

 一番ぜいたくなのが、エビ、いか、ナマコを入れた三鮮チャジャン麺。店によっては10000Wとか、まぁ、普通のそこらの店では7000か8000Wのやつ。一人でテーブルを占拠する肩身の狭さから三鮮を頼むことが多い私です。次はいつ食べられるかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3719 珍島市外バスターミナル

1076

 全南のそのまた最南部、珍島のバスターミナルです。木浦からさらに1時間ちょっと。埋立地の工業地帯、ゆるやかな丘に広がる畑、急に表れる珍島大橋を越えてやってきました。かつて、珍島大橋がなかった時代に海南郡からフェリーボートで来るしかなかった時代の港である碧波(ビョクパ)港に続き珍島の地面を踏むのは2度目です。


1077

 乗ってきた市外バスかな?東ソウルだのソウル江南だの大きなターミナルでは別に降車場が設けられていますが、ここは端に着きました。


1078

 これから出るバス。どこ行きかな?


1079


1080

 ターミナルの中です。直行高速バス時刻表というのがあります。ソウルまでどれくらいかかるのでしょう?どっちかと言えば汽車が好きな私ですので、長距離は汽車ということが多かったです。長く乗ったバスというと、、、まず、ソウルプサン線は乗ったことがありません。時間的に長かったのは東ソウル発の海雲台行きという変わった路線。あとは、、、ソウル江南から馬山行きの深夜優等高速。ヨンドクからサムチョクの東海岸も時間がかかりました。1週間くらい休めたら、ゆっくり田舎をバスで旅したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

すばらしい韓国の食事664  カルビの店「慶福宮」 まだまだご馳走が出てきます

269

 結局9時過ぎから留守番の本日、脚が退化しそうでまいった日になりました。さらには、ちょっと困った知らせの電話がお昼過ぎに。スタッフの一人がインフルエンザです。とても忙しい月曜日・・・でも怒るのはマイナスのエナジー。それに好きで病気になる人はいませんから頭に来ても全く意味はありません。現実を認めて、泣くなら泣いて、今からできることをやるしかありません。日本一働く時間が少ない歯医者だと思うのに・・・まぁ、残りのメンバーで頑張るしかありませんね。

 午後6時、転送電話を切って、一杯やり始めます。明日には明日の風が。Let it be.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月8日 寒い日曜日です

191

 今日は休診。医院への電話は転送機能で自宅で受けられますので、初診相談の予約、予約変更、装置トラブルの連絡等は9時から18時まで可能です。時には私も家内も外出という可能性もあります。そんなときは一時的に転送を切りますので、急用の際は時間をおいてかけなおしてみてください。

 さて、写真は大雪だった2月末のものですが、整理をしていたら「CLUBツル」という看板が写っていました。場所は新潟市中央区西堀通り8番町。ホテルイタリア軒の前のあたりです。

 ノンベのとうちゃんですので、一時はけっこう古町へ通っていました。やはり駅周辺とは格が違う感じ。昔からの花街の風格というか落ち着きがあります。私なんかまだまだ小僧っこですので、古い店のご主人から昔の古町の様子など教えてもらったり。そんな中で知った店の一つがこの「クラブ ツル」なのでした。今は店はなくなり、シャッターが下りていますが新潟古町ナンバー1の格式を誇る名店だったそうです。地方紙でも取り上げられたことがあったと思います。さて、どんなママがいて、どんなホステスさんがいたのだろう?って想像するだけですが、「和田バー(バー和田」)とともに、できれば一度行っておきたかった店なのでした。

 「クラブ ツル」で検索しても店自体、ほとんど出てきませんが、古町にはいくつか、このクラブ「ツル」のホステスさんが独立して始めたスナックが残っているようです。私が知っているのは1軒だけですが、年配のママは水商売のプロ。もちろん、いい意味でです。店のホステスさんに対しても実にしっかりした姿勢で厳しい方ですし、客に対しても何というか…厳しい人です。「そのママを見るとかつてのクラブ「ツル」の凄さと良さを感じられる」、そんな方なのです。最近はずっとご無沙汰ですが、お元気なうちにまた行って、「ツル」の話を聞かせてもらおうかと考えています。

 さて、今日はのんびり留守番といきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3718 京釜高速道路ジョンアン休憩所

318

 高速バス、もしくは市外バスで旅をしたことがある方ならご存知でしょうが、3時間オーバーくらいの路線では途中で休憩時間があります。トイレへ行ったり、飲み物、軽食を買ってきたり、身体を伸ばしたり。かなりのお客さんは外へ出る感じです。全羅道方面へ行くことが多い私。昔はたいていこのジョンアン休憩所での休憩でした。大田の手前、燕岐郡のあたりかな?ソウルから1時間半ちょっと走ったあたりです。 ところが、2000年代になって天安論山高速道路が開通。益山、全州、群山、光州、木浦、そっち方面のバスはそっちを通るようになりました。この写真は前回の錦山行のバスでのものでしたから本当に久しぶりのジョンアンヒュゲソでした。


321

 バスの旅に、水と軽食は欠かせません。ちびちび水を飲みながら乗っていますのでまずはトイレです。


319

 そして、軽食。前に紹介したトンカムジャクイ3000Wを購入。緑色のでんぷん爪楊枝をもらい、塩は自分で振り掛けます。今思い出しても食べたくなる、素朴な味の一品です。日本でもあればいいのになぁ、トンカムジャ。


323

 停車前に運転技士さんが○○分まで、と言いますので、遅れずにバスに戻りましょう。一応、発車前には人数を数えますが、遅れてはみなに迷惑ですので。この時は早朝でバスが少なかったけど、昼間とかは同じ色のバスがたくさん停車します。乗ったバスを覚えておかないといけません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事663 コレハ・・・サラダ?

267

271

 「慶福宮」というオシャレ過ぎなカルビチプでのおかずです。牛の冷しゃぶ風のサラダですかねぇ。いろんな野菜を使ってて、まぁモメチョッタなのでしょうが、やはりこれも、「普通のがいいなぁ」という気持ち。でもここ、けっこう人気があるのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

すばらしい韓国の食事662 メセンイの酢の物

1200

 結構前に全南長興の食堂で食べたメセンイクッだったか、メセンイタンの紹介をしましたが、これはソウルのとある店のパンチャン、メセンイの酢の物でした。一番最初にこの海藻を知ったのは一番古いころの記事にある有名店、「プロカンジャンケジャン」でケアルビビンバを食べたときに、メセンイクッkの張り紙があり、何だろう?と思った、なんて話ですが、冬場はソウルの市場なんかでも見かけます。

 海苔でもない、モズクでもない、非常に細い繊維の海藻で髪の毛の何分の1かの太さ。スープになると底に沈まず全体が一つの液体という感じになるほど細かいものです。ここではそのまま酢の物で出てきましたがカルシウム豊富な栄養満点の植物だとのこと。でも、韓国最高の海藻と言われているのは、なんだったっけ?珍島名物なのですが、何のことはない、対岸の長崎県あたりでもとれる短いタイプのひじきなのでした。けっこう日本にも輸出されていると聞いています。

 本日午後は少し早く終わりました。、もう少ししたら帰ります。それじゃ、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月7日 遠くへ行きたい

322

 昨年の矯正学会で行った名古屋です。有名な「大名古屋ビルジング」でしたっけ?「大」と自分で名乗る自負に敬服です。新潟人にもそんな物怖じしない元気がほしいです。


323

 地下鉄で移動した市内中心部。100m道路でしたか?真中が公園だのバスターミナルになっていたり。


326


327

 航空会社のパック旅行で選んだ安いビジネスホテル。テレビでは前に見たことがある韓国ドラマをやっていました。キムアジュンさんが主演のやつだったと思います。

 

 今朝起きたらNHKの「小さな旅」で千葉の夷隅線のことをやっていました。房総半島の内陸を走るローカル鉄道。あっちの方だと、久留里線はまだありましたっけ?行ってみたいなぁ。東京から近いのに乗ったことがない路線です。時間もかかってしまいそうですが、千葉の山の中、いったいどんな景色があるのかな?って思います。

 むかし、「遠くへ行きたい」という番組もありましたが、どこか出かけたくてしょうがない私です。今日は晴れだけど仕事。明日は休みの日曜ですが、ちょっと家の用事で午後は留守番をしないといけません。次の休みは11日と12日。ここはちょっと出かける予定があり準備していますが、楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3717 お土産好適品をもう一つ

760

 ご存知の方も多いでしょうが、参鶏湯セットです。京東市場で買いました。1つ1000W。軽いのでこれも面白いお土産です。参鶏湯に入れる韓薬類をセットにしたもので、棗とか人参は鶏の中にもち米と一緒に入れるのでしょうが、もっと簡単に、別に煮てもペクスクというのになります。1500Wのやつにはそんなための布袋もついていました。見えるようにもろに「木切れ」みたいな材料も見えます。いくら煮ても人間には食べることができなさそう。やはりガーゼかなんかで包んで煮出して、そこに鶏を入れるタクペクスクのがお手軽でしょう。

 

 新しい機械、セットアップはできましたが、写真の読み込みなど、まだです。忙しい土曜日、この辺にしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3716 「韓国・精力剤」というキーワード

761

 ニフティのブログ、いろいろ解析というと大げさかな?どういうキーワードで訪問したかとか、ブラウザの設定が何語であるかとか、滞在時間、中での動きなど、いろいろわかるのです。一番面白いのがキーワード。こちらならでは、というキーワードで来た方がおられると、役に立てたかな?とうれしく思ったりもします。 けっこう多いのが男性の遊び関係だったり、精力剤だのなんだの。韓国男性も日本男性も海外での遊びは似たようなものと聞いていますので韓国でもいろいろドリンク剤だの、精力がつく食べ物だの、がんばってる人も多いのかもしれません。

 思いつく範囲であげてみると、まずは高麗人参でしょう。これは中国人も一緒だと聞いていますが、ものすごいお金をかけている人はいるようです。生のもの、干したもの、加工して干したもの。いろいろ種類がありますし、値段もさまざま。でも、日本人から見るとどうしてこんなのに何万円、時には何十万円もかけるの?と思うことが多いです。

 あとは、ウナギ、ケコギ、蛇、チャラ(すっぽん)、鯉、植物系ではトドッk(ツルニンジン)、マ(山芋)。割合日本と似ています。でも、あまり日本では一般的でないのがこの写真のもの、松の実です。多くが中国産。料理にもしばしば使われますし、こんなふうにケースに入れてそのまま売られているものもあります。国産は京機道、加平のものが最高とされていますが、これもそれ。小さなパックで20000Wくらい。まぁ買えない値段ではありません。

 

 毎日数粒ずつ食べると、元気が出ると言われています。その効果のほどはまだわかりませんが、韓国人の間で、特に女性が旦那さんに食べさせるなんて話も聞いていますから、お土産にいかがでしょう?これも韓方の材料の一つ、あまりたくさん食べると頭がのぼせて禿るという説もあるようです。摂取しすぎにはお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

とうちゃんの自転車日記553 自転車の速度でも見過ごしてしまうもの

803


 先々週の長岡行きでの写真です。駅から旧17号を北へ。大通りばかり歩くのはつまらないので西側の裏通りへ入り、たまたまぶつかった柿川という川に沿った道を行くと「ん?!」と思ったところがありました。この写真でわかるかな? 徒歩の速度でやっとわかったので、たぶん自転車では見過ごしてしまうでしょう。車、自転車、歩き、それぞれの良さをうまく使いこなして身体を鍛えられればと考えています。

802

 答えはこれ、全く同じ場所からの写真で、望遠を最大にしたもの。カモの夫婦でしょうか?ちょっとくぼんだ場所に休んでいました。「何か丸いものがあるな」と思ったらこの2羽の鴨だったのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月6日 新潟市、雨のち雪の予報です

762


 スタッフの都合で本日も休みです。チャンスの神様は来た時に掴まないと後頭部はつるっ禿といいますが、結局遠出はしませんでした。本日は雨。犬の散歩をして朝ごはんを食べ、風呂の準備をして出てきました。新しい車で少しだけ足を延ばして日帰り温泉でも楽しんでこようかと思います。

 新しい小さい車、とてもよく走りますし、ガソリンをあまり食いません。燃費競争で今はみなそんななのかもしれませんが、なかなか燃料系が動かないのです。また、消費量も表示されるのですが、田舎道を長く走るとリッター21キロとか、それくらい伸びます。昨日はどっちかといえば内陸方面を走ったので、今日は海沿いに北上してみようかと考えています。

 写真は前回の買い物。オトゥギのステイクソース、煮干し味のだし、シイタケ味のだし。しかし韓国製品、どうも我が家では不評ですねぇ。まぁ外国なので味の好みはあって当然かもしれませんが、ちょっと残念なとうちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

普通の韓国を探して3715 仁川空港にもLRT建設中? 

644


645

 

 先回は初めてソウル駅の都市空港ターミナルでチェックインしました。先ず、直行列車の切符を買って、それを見せてチェックインカウンターに進みます。大きな荷物を預けて、身軽になって空港へ、というのは便利ですが、出発時間の3時間前までに、という条件があります。何度か書いているように早めに空港へ行く私にはでも、いい方法でした。

 さて、仁川について、ちょっとだけ、と思って空港内循環バスに乗り、ハイアットに行ってみました。だいたい12分おきに回っている無料のバスです。Eまーと前で降りると何やら道路の上には高架線が。どうもここにもLRTを作っているようです。

 完成したけど開業していない龍仁のケースもありますし、ソウル市内、計画線だけたくさんある感もありますが、LRT,どんどん作る韓国にはびっくりです。失敗を恐れない突貫精神は現在の日本人、少し見習うべきかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事661 白身魚のティギム 甘酢ソースかけ

266


270


 昨日の記事、「セントゥンシム」と書きましたが、センカルビの間違いでした。従来のヤンニョムカルビは甘めの漬けだれにつけ込んだカルビですが味付けをしないで焼くのが「センカルビ」。後者のほうが肉の味がそのままということで、上等の肉を使うのか、価格も高めです。

 しかし「慶福宮」、こんなのもカルビの前に出てくるのでした。決して美味しくなくはないのですが、普通が一番って思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3714 「故障修理中」の札

320

 「故障修理中」という言葉からまず浮かぶのは昔の電話カードが使える側面が茶色の公衆電話。今は携帯がそのまま通じますが、昔は一日2回は患者さんの矯正装置トラブルとかがないか、電話を入れていました。あの機械、今はほとんど見かけなくなりましたが、けっこう故障も多く、カードを食べてくれなかったり、中には食べたっきりで、そのまんま、で、電話も掛けられないなんてこともありました。そんな電話ボックスに常備されていたのがコイン投入口に差し込むようになっている「故障修理中」の札です。

 韓国の機械は故障が多いから、そういう故障修理中という札があちこちで準備されているのかな?というと韓国に失礼になりますが、この写真の札も、立派なものでした。場所は前にトンカムジャを紹介した京釜高速道路のジョンアン休憩所。札のほかに、絶対使わせないようにとビニル袋で小便器が覆われています。前に、全南長興だったか、バスターミナルのトイレに段ボール箱を突っ込んで故障中であることを示した写真をアップしましたが、こういうのも韓国らしいなって、感じる一件です。

 今日は休み、暴風は収まりましたが今朝はうっすら雪化粧。ということで、午前中、新しい車の馴らし運転で、ちょっと県内をドライブしてきました。小さいけどいい車です。いい買い物をした、といういい気持ちがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

すばらしい韓国の食事660カルビの店 「慶福宮」のカルパッチョ?

264


265

 家です。午後は私が留守番です。

 

 さて、ここ10年くらいでしょうか、顕著なのは5年くらいかな?「~ダイニング~」と称する店が増えてきました。多くは和洋折衷っぽく、居酒屋よりワンランク上を狙う、ちょっとオシャレな感じ。これは、私個人の印象ですが、「ダイニング」と称するそういう類の店、多くはハズレのような気がします。専門雑誌を見れば、人気のメニュー、流行のメニューなどいくらでも出てきます。材料も半既製品、冷凍ものなど利用すればどうにでも。真似と形ばかりのかっこ良さを狙っただけのところが多いような気がして積極的には「ダイニング」とつく店、どうも行く気がしません。これ、あくまで「個人の意見」として、ご理解ください。

 写真の話に戻りますが、「慶福宮」というカルビの店、大小の個室があり、完全に区切られています。そこで、生トゥンシムを頼んだらば、最初に出てきたのが何これ?という感じのパンチャン類。その中の一つがこれです。キンメダイのカルパッチョみたいですが、上にはイクラもぱらっと載っています。まぁ、まずくはなかったけど、最近韓国でもこういう店が増えてるのでしょうか? 何でも流行を追いがちな韓国と韓国人。韓国料理がヘンな方向へ行ってしまわないか、ちょっと心配になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月4日 あ~ペゴッパ

758

 休みの水曜日、朝から出てきて新しいコンピュータのセットアップです。HPからのメールの設定がなかなかうまくいきませんが、お腹がすいたので、そろそろ上がります。

 ということでしばらくの間、矯正相談をご希望の方は直接お電話で予約をお取りください。

 昨夜からの暴風はものすごく、一晩中震度3か4くらいの地震が揺れ続けるような感じでした。今朝出てくるときも栗の木バイパス沿いのポプラの巨木が旧国道49号線側に倒れて通行止め。市の関係者でしょうか、分割しての片づけをやっていました。家の被害とかはなければいいのですが・・・ 今も結構な風。雨は降ってはいませんが「歩きマラソン42195m」はちょっと延期です。さぁて、昼ご飯食べて帰ります。

 写真は「白いけど辛い韓国のラーメン」である長崎ちゃんぽんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

普通の韓国を探して3713 韓国カゴシプタ

732 075 227 682 405 Img_8419 Img_8340 Img_8342 Img_8344

 今日はオープンデイ。どうしても今日にという患者さんの予約がいくつか入っていますが研究日です。空いている午後に新しいコンピュータを設定するつもりです。

 大きなサイズの写真を縮小し、ピクチャーズフォーブログというとこに保存して、記事を書いています。今回は普通の韓国の在庫整理。この他に、動画とか、ちょっと公開できない写真もあるのですが、古い機械とともにお蔵入り。もったいないけど愛する韓国の機密ですので、しょうがありません。また新しい機械で準備をしますので、少し休みがあるかもしれませんが、「無理しないのが長続きの秘訣」、しばらくしたら復活することでしょう。コメント等、お待ちしております。

 1枚目、今年の1月、零下10度以下になった冬のソウル。清涼里在来市場と現代コアビルの間にあるポジャンマチャ群ですが、多くの店はやっていません。商売する方も寒いし、お客さんも幌張馬車では寒いので敬遠。そんなら休んでしまおうというわけです。夏には路上にテーブルを出す豚の焼肉の店も集まるこのあたり。寒い冬の夜は歩く人もまばらでした。

 2枚目は仁寺洞キル。女性3人、いかにも仲良しという感じで身体を寄せ合って寒い中、地下鉄駅かバスの停留所へ急ぐのでしょう。きりっと冷えたソウルの夜の写真です。

 3枚目はたぶん昨年の7月。鍾路2街から清渓川2街への道。マクドナルドの配達用バイクです。

 4枚目は、自分でもどこの写真だかわかりません。アップして見てみればナイトクラブの場所で大体の位置がわかるのですが。西大門区の独立門のあたりだったかもしれません。

 5枚目は、、、読めばわかりますね。江景駅の貼り紙。しかし韓国、空きビル、空きテナントの数はものすごいものがあります。貸す方は大変でしょう。そういう費用が安いから簡単に商売を始められるのかとも思います。事業の失敗を人生の終わりみたいに考えてしまいがちな日本人。人生失敗だらけ、なんて人もたくさんいそうな韓国。似ているけど、違う、面白い点です。「賃貸入札中」。「賃」って「イm」なんですね。確かに貝の上は「任」の字です。

 6枚目は釜山の旧市内。日本家屋の商店の中に見えたおっかなそうな階段。後付けのようですが、工事をした人、大変だったでしょう。でも、一段一段の大きさが違うのはいかにも韓国。でも、ケンチャナヨです。

 7~9枚目はテグの西部市外バス停留場。8枚目に看板が見える西部飯店で遅いお昼のチャジャン麺を食べたのでした。午後の暇な時間。店主アジュマの娘さんとお孫さんが店で遊んでいました。いろいろ話しながらのお昼ご飯。韓国語ができて良かったなぁ、と感じるひと時を過ごせました。もちろんチャジャンも美味しかったです。

 それじゃぁ、しばらくお待ちください。安寧!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3712 釜山 チャガルチ散歩10

Img_8415 Img_8416 Img_8417 Img_8418 Img_8420 Img_8421 Img_8422

 チャガルチ散歩シリーズ、ひとまずこれでおしまいです。「ひとまず」というのは、この市場、商店を見たものの他、港と船のシリーズがあります。まだ縮小していませんので、そちらは新しい機械で再度読み込み、また別にアップします。

 前回の最後、ロッテデパートの写真に地下鉄1号線南浦駅の入口が見えていました。わかる人はわかる「一方通行のバスが通る道」の合流部分のあたりです。西の端は忠武洞下の交差点、港湾の角の部分から始まって、東の端はここ、影島大橋のあたりまで、地下鉄駅1.5個分、1キロ位も続くチャガルチ市場。また行きたい場所の一つです。

 最後の2枚は別のものですが、コレコギ=クジラ肉の店。植木鉢に隠れてますが、1皿「小」で3万Wかな?多くは茹で肉のいろいろな部位を盛り合わせにしたもので、タマネギ入りのヤンニョムカンジャンでいただきます。ここの古い記事に浦項で食べた時のものが少しありますが、美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

普通の韓国を探して3711 釜山 チャガルチ散歩9

Img_8409 Img_8410 Img_8411 Img_8412 Img_8413 Img_8414

 90%以上が日本家屋。他にもあるのかもしれませんが、私はこんな場所、初めてでした。というか前にも数回は来ているのですが気付かなかったのです。

 塗り替えたり、相当改造したりとかはあるでしょうが、2階建てのたくさんの商店。たぶん日帝時代には日本人がここにたくさん居住し、干物、魚関係の商売をしていたのでしょう。日帝36年、もうだんだんそれを知る人も少なくなりつつありますが、ちょっと韓国が好きな日本人には複雑な気分になる、そんな場所です。

 最後の写真は新しい(?)ロッテ百貨店。何店というのかは、入らなかったので知りません。どんどん変わる韓国、ソウルも、そして釜山もどんどん新しくなるのに、こんな旧日本人町がすぐそばに残されている。うまく言えませんがこの2つの国、切っても切れない関係にあるのだと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月2日 歩いて、食べて、話すのが人間

358

 昔、自転車に関しての文章で書きましたが、家を出発して最初の20分。なぜか調子が出ません。30分くらいすると楽になって、1時間か2時間あたりが最高。その後は疲れが徐々に出る感じ。歩きも一緒です。通勤経路は30分ちょっと。通る道により3200から3400歩くらいですが、やはり医院に着くあたりで調子が出ます。 今週の休みに予定している「歩きマラソン」、どうも天気が悪そうです。まぁ、雨か雪が降るようなら(昨日もみぞれが降りました)延期して、先週来た新しい車で東北地方へでも行ってきます。楽しみです。

 さて、年のせいか早起きの私、朝食は一人で6時ころ。歩いて出てきて、9時になるともうお腹がすくので近所のマクドナルドで食べたり、用事のついでに駅のサブウェイだったり、立ち食いそばだったり。それでお昼もちゃんと食べます。3時間おきに食事ができれば、というのが理想です。けっこう最近凝っているのが立ち食いそば。もともと蕎麦は好きでしたが、お高くとまった蕎麦とはまた別の美味しさが立ち食いそばにもあると思います。「下手味」というのかな?とにかく、食べた最初の一口で「うめぇ~」と感じる美味しさ。決して「美味しい」ではありません、「うめぇ~」です。甘い揚げはちょっと苦手なので、天玉そばか、月見そばかかけそば。お腹が空いてる状態ならどれでも「うめぇ~」って感じます。これって幸福の一つですよね。本日はかけそば290円。いい脳内ホルモンもしっかり出る一食です。

 今日はちょっといい事があったというか、ひとつの区切りの日。お昼はちょっと豪華にいくつもりです。寿司にするか、肉にするか、楽しみです。10時30分現在の歩数は7603歩でした。午後からの仕事ですが、本日も超多忙。明日のオープンデイ、全部フリーの午後に新しいコンピュータに切りかえるつもりです。

 写真は韓国ソウルのコンビニの店頭。最近人気だという「赤くないけど辛いラーメン」のよう。一番上のキスミョンは違うけど、真ん中の長崎チャムポンは買ってきました。辛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3710 HONMAHA YAMASAKI 何だかんだ言って日本製品が好き?

010

 新聞の広告です。得体のしれない車、バイクがたくさんある韓国、こんなのもあるのだなぁと思って機内で撮影しました。車検とかそいうのがゆるいのでしょうか?改造し放題だし、前に紹介した原動機付きスケートボードだの、いろんな乗り物、動くやつがあって、男性には面白い国だと思います。

 商品の名前、面白いでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3709 釜山 チャガルチ散歩8

Img_8401 Img_8402 Img_8403 Img_8404 Img_8405 Img_8406 Img_8407 Img_8408

 釜山のチャガルチ市場の東端の干物屋街。ほとんど全部が日本家屋です。90年代にも2000年過ぎてからもここは訪れていますが、前は全くこんなこと、気づきませんでした。韓国に対する目というか韓国愛というか、そんなのが向上したのでしょう。

 1枚目はテングサですね。あ、良い写真に駄文は必要ありません。ゆっくりご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

普通の韓国を探して3708 釜山 チャガルチ散歩7

Img_8395 Img_8396 Img_8397 Img_8398 Img_8399 Img_8400

 魚好き、食べ物好き、韓国好きの人には宝の山とも言える釜山のチャガルチ市場です。1枚目、ここも工事中の状態しか知らなかった新しい魚屋、刺身屋の入っているビルです。4枚目の向こうに見えるロッテデパートとともに、隔世の感でした。釜山大の院生と「隔世の感」は韓国語で何だ?という話になり、「隔」の音読みがなかなか浮かばず、でも、韓国でもよく使う言葉であることを知りました。でも・・・今は出てきません。「隔」の音は何と読むのでしたっけ?

 2枚目はその新チャガルチ市場の海側からの釜山港。鳩がたくさん。やはり食べ物が豊富なのでしょう。この辺、埠頭でも東の方、影島大橋寄りにやってきました。3枚目は振り返っての1枚。4枚目のあたりで魚関係から干物関係の店が目立ち始めます。5枚目はベンチに広げて干されたホンハプ、ムラサキイガイの干物です。日本でも韓国でもいくらでも採れる安い貝。ホンハプタンはポジャンマチャのツキダシで無料で出てきますが手をかけて干物になるとちょっと根が張ります。串に刺したのとか大阪の鶴橋の市場でも見かけられますね。

 最後の6枚目は干物の店が集まるあたりの入口。この先、ほとんどの建物が日本家屋です。続きをお楽しみに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事659 全州駅前「ソウル会館」でビビムバッp

241 242 243 244 245 246

 全州といえば、ビビムバッp、コンナムルクッパp、アンジュ無料のマッコリ屋なんかで有名です。錦山から茂朱。理髪をして、ちょっと遠回りのバスで長渓、鎮安と走り全州。タクシーで駅へ行き、KTXの切符を買ってからお昼です。町中まで行くほどのこともないと思い、広い駅前通りで食堂を探しました。「ソウル会館」、すぐに見つかった1軒に入ります。

 壁のメニューを見るとごくごく大衆的な食堂のよう。ホンオチゲは臭いがありますか?と尋ねるとはい、という返答。昨年からホンオサムハプが食べたくて食べたくての私ですが、加熱するとさらに臭いがきつくなるのはあの時のホンオ唐揚げで経験済み。無難にビビンバにしました。5000か、5500?この時点では見えませんが普通の値段。ガイドブック常連の高級店ではもうすこしします。でも、ガイドブックに出ている店は美味しいのでしょうが、似たレベルの店はたくさんあるはず。ここの一食も充分普通に美味しかったです。おかずの一品一品も美味しく、ほとんど残さずに平らげてしまいました。具は地味ですが奇をてらわない普通の店の普通のビビムバッpの話でした。美味しそうでしょ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »