« とうちゃんの自転車日記559 歩きマラソン3 旧116号へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記560 歩きマラソン4 最初の駅、桐原駅 »

2012年4月20日 (金)

普通の韓国を探して3735 閉店→転売→別の名でオープンが多いナイトクラブ

418

 

 バスの中からの1枚です。大昔にも紹介したことがあったような気がするスユリのナイトクラブ(ディスコ)「エムパイア」です。高いのがパーキングタワー。その向こうの四角っぽいちょっと変わった建物がナイトクラブです。

 韓国のナイト、ちょっとした都市にはきっとあるし、ソウルみたいな大都市には繁華街ごとに、たくさんあります。でもしばしば見られるのが新装オープンのポスター広告。一部に小さく「旧○○ナイトクラブ」と書いてあることがよくあります。やはり人気商売、たくさんお客が来ないと悪循環でどんどんダメになる業種ですので、しょうがないのでしょう。

 でもここ、ソウル市の北東部の繁華街、スユリにあるこの「エンパイアナイト」は、私がこのへんに行き始めた90年代後半からずっとずっとあります。通りの向かい側にあるモテルに泊まった朝、遊び疲れた男女が明るくなる頃出てきたり、周囲にそんなお客を相手にするポジャンマチャがあったり、まだよく知らなかった時期、どんな場所なのだろう?と想像を膨らませたものです。

 

 入場料はビール数本プラス果物一皿で数万W。洋酒基本は20~30万Wでしょうか?一度だけ「一人ナイト」をやりましたが、いたって健全。大人が踊る場所でした。ブッキングもやってみてソウルから来た町内会のアジュマのグループに加えてもらったり、まぁ、いい思い出です。

|

« とうちゃんの自転車日記559 歩きマラソン3 旧116号へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記560 歩きマラソン4 最初の駅、桐原駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54518588

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3735 閉店→転売→別の名でオープンが多いナイトクラブ:

« とうちゃんの自転車日記559 歩きマラソン3 旧116号へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記560 歩きマラソン4 最初の駅、桐原駅 »