« 普通の韓国を探して3730 たまには失敗もします | トップページ | すばらしい韓国の食事668 日本人は間違っちゃう名前のキノコ »

2012年4月16日 (月)

普通の韓国を探して3731 타로 & 사주

681

 타로???って思いましたが、次の사주で、すぐにわかりました。日本語で書くと「タロット&四柱」です。

 

 場所は釜山の北部、釜山大前です。昨年9月、ロンドンオリンピック2次予選、韓国対オマーン戦を昌原蹴球センターへ観戦に行った時の待ち合わせ場所です。 前に紹介した「釜山大名物三段トースト」もこの辺。似たような店が数件ありました。

 占いが好きな韓国の人たち、老若男女、占いをするのかな?普通の住宅街にもそんな占いの先生の事務所があったりしますし、繁華街に小さな占いの部屋が並ぶ場所があったり、時にはテントの占いの場所があったり。黒田福美さんの本でも彌阿里の占いコルモクが紹介されていたり、日本人には考えられないほど、日常的なものなのかもしれません。私娼街を舞台にした映画「大韓民国憲法第1条」でも、選挙戦(これがまた日本では考えられない大騒ぎ。もちろん、映画としての脚色もありますが、実際もかなり派手です)の参謀としてオカマみたいな占いの先生が出てきて(これも韓国の人に聞くと、本当らしいです)、いろいろ支持をする場面がありました。また大きな事業をするとき、子供の名前を決めるとき、結婚を考えているとき。韓国人の人生のかなりの大事なポイントで占いが登場するのでしょう。

 店頭には友人が占ってもらってるのを待つ人?それとも、自分が占ってもらうのを待っている人?女子学生が多数。ソウルの繁華街の占い村なんかでは高校生がたくさんだったりもしますが、とにかく韓国人、特に女性?占いが好きなようです。

|

« 普通の韓国を探して3730 たまには失敗もします | トップページ | すばらしい韓国の食事668 日本人は間違っちゃう名前のキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54483572

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3731 타로 & 사주:

« 普通の韓国を探して3730 たまには失敗もします | トップページ | すばらしい韓国の食事668 日本人は間違っちゃう名前のキノコ »