« 2012年4月23日 安寧におやすみください | トップページ | 普通の韓国を探して3739 昌原サッカーセンターで »

2012年4月24日 (火)

とうちゃんの自転車日記564 歩きマラソン8 妙法寺から出雲崎へ

085

 旧116号線、昔車で何度も走った道ですが、新しいバイパスがかなりの区間でできていて、旧道は日中はほとんど車が走っていません。数年前に自転車でも走っている道、のんびり歩きます。自転車でもそうですが、行く道の長さにめげてしまうのが困ります。歩いていれば(こいでいれば)いつか行ける、と信じて歩くだけです。これは道路わきの酒屋さん。今は営業していない様子です。


086

 道路わきの神社です。まだまだ歩かないといけませんので石段の下で参拝。この手前で農作業の準備をしていたおじさんに道を尋ねました。まぁわかっている道ではありますが、旅の中のスパイスです。すると、「ゼンリンの方ですか?」なんて聞かれました。地図帳と地形図を持っていたからでしょうか? 日頃学生見たいだの言われる私ですが、ちゃんとした会社の人に見られたような気がして嬉しかったです。


087

 

 こういう道は、車道を歩かないといけません。


088

 左が旧116号。右は、多分、その前の116号。もしかしたら国道の名前はなかったかもしれませんが、富山街道の旧道です。こういう分岐、何回もありました。時には旧道を選んで歩いたりもします。しかし車が少ない道です。サイクリングにも最適でしょう。


091

 実はこの日、新しい詳しい地図帳の他に、ずいぶん前に亡くなった家内のお父さんのかたみの地形図、昭和35年のものを持っていきました。この旧116号もなかった時代の地図です。この写真も旧旧道と旧116の合流点ですが、すぐ先に見える小高い森の部分も旧旧道は左へ、森を南へ巻くようにして曲がって走っていたようです。車が通るには十分ですが、擦れ違いには狭い道、今は集落の人だけの道になっています。


094

 しかし車が走っていません。


102

 

 昔は1ケタ国道の8号線と並ぶ幹線だった旧116号です。


103

 いざというときにエスケープを考え、バス待ち小屋の中の時刻表を見ました。日に3本しかありません。こりゃぁ、自力で歩くしかなさそうです。次の町は出雲崎、島崎に続き、割合大きな町です。

|

« 2012年4月23日 安寧におやすみください | トップページ | 普通の韓国を探して3739 昌原サッカーセンターで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54546936

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記564 歩きマラソン8 妙法寺から出雲崎へ:

« 2012年4月23日 安寧におやすみください | トップページ | 普通の韓国を探して3739 昌原サッカーセンターで »