« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

とうちゃんの自転車日記597 高速バスで仙台へ

746

 一昨日、7時35分新潟駅前発の高速バスで仙台へ行ってきました。薄曇りでしたが降られることはなく、景色を楽しむことができました。新潟駅前の県外行き高速バスの停留所から乗車。40人乗りですが20人も乗っていません。始発は万代シティバスセンター。そして駅前に停車した後は仙台の広瀬通りまで無停車のバスです。予定所要時間は3時間55分ですが、途中、地震の復旧工事などで遅れるというアナウンスがありました。

 新潟からの高速バス、多くは、というかこの仙台行き以外は古町、市役所前、県庁前など市内中心部を経由して客を乗せて行きます。仙台行きは駅を出ると国道7号線に入り、すぐに栗の木バイパス、亀田バイパスと走り、亀田インターで高速道路に入るので、割合市内の渋滞に巻き込まれにくい路線です。高速バスには何度も乗っていますが、栗の木バイパス、亀田バイパスを走るのは初めて。何だか変な気分でした。

 しかし新潟からの磐越道、亀田からだとかなり西へ戻り、新潟ジャンクション経由で入るのです。素人考えですが、亀田バイパスをそのまま走って新津インターから入ったほうが高速道路を行くよりも早いのではないかなぁ。まぁ、すいてる高速、対面通行で制限速度70キロ。のんびり走ります。五泉のあたりからは加茂市の山、猿毛岳がひときわ高く見えています。新津丘陵の南の端の山で、抜群に高いのですが、新潟平野、加茂方面からだとあまり目立ちません。こちら側、五泉、安田あたりからだと群を抜いて高いのがよくわかりました。

 

 80制限だったり、70だったり、インターとかパーキングエリアの周辺の2車線部分では遅い車を追い抜きます。8時35分津川インター、8時42分から50分、西会津パーキングエリアで休憩、と、、メモにあります。何もない小さな休憩所です。この先、会津板下の辺りで片側交互通行があるので10分か15分待ちますとの案内がありました。

 しかし、会津板下の手前で停車し、待つこと30分以上。何があったのか?結局動き出したと思ったら板下インターで下りて一般道を走ります。旧道で会津坂下駅前、新しいスマートインターで、高速に戻ります。こんなんなら西会津からそのまま一般道を走ればよかったのに、と思うもしょうがありません。40分遅れで次の休憩所、松川というところで休憩です。旅行の語源はトラブルと一緒、と何度も書いていますが急ぐ旅ではなし、運転手さんに任せるしかありません。

 写真は一般道、49号線の西会津の道の駅に保存してあった昔の標識です。会津あたりまでは何度も行っていますがその先、猪苗代とか郡山、福島、そして仙台、本当に10年に1度も行っていないので景色がみな新鮮。地図を見ながらのバス旅行、楽しいものです。一番に感じたのは東北道沿線の福島県中通、そして宮城県南部、平地が少ないなぁってことでした。高速道路もカーブはもちろん、上下がかなりあります。平地が少ない=田んぼが少ないという感じで、かえって会津盆地あたりのが田んぼが広いようでした。少ししかない大事な平地に高速を作れない→高速道路は山の際に、ということであまり条件の良くない場所を走るのかな?って思います。

 宮城に入って白石という街も、ほとんど平地がない感じ。白石温麺というのが有名ですが、米が取れないから小麦で麺が名物、、、そんななのかなぁとおもいます。児捨川なんて川もありました。信州の姨捨山は有名ですが東北は児捨川。やはり悲しい言い伝えとかがありそうです。菅生スポーツランドというのも聞いていましたが、平地ではなく、農業とかには利用しにくい山の中のよう。高速沿いにはいろんな工場が多いので今は働き口はあるのでしょうが、江戸時代とか、やはりあまり豊かな場所ではなかったのかなぁ・・・って感じました。新潟県とか、平地があって米がたくさん取れるというのは、幸福なことだったのではないかなぁ。まぁ、宮城、伊達藩も北のほうには平地、田んぼが多かったのかもしれませんけどね。

 この後、仙台の手前も山だらけ。高速道路は上下がたくさん。仙台市内へもトンネルを通って、出たと思ったらすぐに街の中心部。仙台も山の麓の街なのでした。15年ぶり3度目の仙台市、いいところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 仙台行ってきました

529

 昼間はお勉強、夜は何軒かで酒&めし、残念ながら装置トラブルの連絡があり、昨日は大幅に予定を変更して新潟へ戻りましたが、楽しかったです。仙台の人口ってどれくらいでしょう?人口の倍数以上の都市の規模の差を感じて帰ってきました。

 夕食の1軒目は古い市場の中の韓国の店。2世アジュマと、その息子さんのお嫁さんの2人でやっている店です。早い時間だったため、マッコリをやりつつ、色々話せて楽しかったです。途中からはお客さんが入り始め、調理にてんてこまいでしたが、出す品々皆、見た目と匂いの判断ですが、美味しそうでした。

 仙台へ行くのは15年ぶり3度目。というか15年おきに行っている感じです。80年代初めにはごちゃごちゃしてた東口も再開発。駅前も、だいぶ変わりました。変わっていないのは街路樹とか公園の木々くらいでしょうか。

 写真は鍾路の裏通り。たぶん中国産でしょうが、ヤンパ10キロ5000W。一昨日の仙台の食堂のお姉さんも言っていましたが、中国産がなかったら食堂はできない、確かにそうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3798 ジェットコースターみたいな走行感

949

 

 鉄道線路の付け替えを昔からかなり大胆にやる韓国、これはテグ市手前のテグ線です。昔は、東テグから街中を走ってテグ川を鉄橋で渡り、空港の南を東へ走っていたのですが、今はKTXの新線を一部利用してるのかな?まっすぐに東へ高架線を走ります。慶州からのセマウル号、ずいぶん高い線路をかなりの速度で走ります。ジェットコースターみたいな景色、とてもきれいでした。


950


951


952


953

テグ川を渡りきると西へ。広大な操車場を走ります。


954


956

 これ、全部新線?と思うくらいの広々とした鉄道風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3797 鍾路の朝です

077

 

 鍾路3街の1本裏手の賑やかな道からさらに車が入れない路地を入った場所にあるサンシャインゲストハウスに泊まった2日目。打って変わって快晴の朝になってくれました。前夜、宿で決めた行き先、江華島は大明浦口(デミョンポグ)を目指して出発です。1枚目は路地から楽園商街東口の道に出る角。ゲストハウスの目標でもあるファミリーマートの角です。ハルモニはどこへ行くのかな?


078

 この辺、5号線の鍾路3街駅のすぐそば、というか5号線の地下鉄の真上にある庶民的な街です。ソウルの一番古い繁華街と言ってもいいかもしれません。


079

 楽園商街のほうを見た1枚です。夜になるとポジャンマチャがたくさん。昼間は韓国伝統音楽、国楽の楽器の店が多く並ぶとおりです。また、タプコル公園のすぐ裏ですので、昼間はじいちゃんだらけの町でもあります。


080


081

 楽園商街のほうへ向かいます。前夜のポジャンマチャの片付け中。韓国の清掃、早朝にやることが多いのです。昼間の車と人の多さが故でしょう。


082

 こういうポジャンマチャ、かなりの大掛かりな店もありますので、組み立て、片づけを専門にやる業者がいるそうです。確かにアジュマ1人ではとても組み立てられない、そんな店もたくさんですので。

 道路にごみが多いといわれる韓国ですが、掃除の人はかなりがんばっています。今の50代60代以上の男性がいなくなると、かなり改善されると思います。片付け中のごみ目当てに鳩もやってきてますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

2012年5月29日 ちょっと出かけてきます

1231

 ソウル、鍾路のクレーンゲーム機です。ぬいぐるみの人形、昔はバングラデシュで作っていると講演会で聞きましたが、今はどこ製なのでしょう。服とかは日本で売るにはかなりの精度が必要だけど、こういう安い人形は精度は多少甘くてもいいので、電圧とかも一定していない場所でもできる、なんて話でした。

 遠足の朝の早起きのように、かなり早く起きてしまい、家族を起こさぬように気を付けて犬の散歩、朝飯を食べて出てきました。スタッフの希望で今週は火曜も休み。ちょっと出かけてきます。行先は、上の写真がヒント。日本のキャラがいますでしょう?かなり前に私もファンだったやつなのですが、その原作者の故郷の県、海を見に行ってきます。それじゃ、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3796 江華市外バスターミナル

204

 新村で昔の江華行きのバスターミナルへ行ったら無かった、という話は前に書きましたが、新しい停留所を無事みつけ、3000番の座席バスで江華島の江華市外バスターミナルへやってきました。途中、金浦大学という山の中の小さな大学に寄るのが新しい発見。たくさんの大学生を降したバスはまた山を下って国道に戻り、江華島の橋。しばらく島じゃないみたいな盆地を走って左折、このターミナルに入ります。手前に人参の直販場があるのと、スンムキムチを売る露店が並んでいるのは一緒です。1枚目、ターミナルの降車場です。(ひとまずここまでアップ)


205

 座席バスでなく、Gバスの普通のバス。ソウルの青バスみたいな、近距離の路線がたくさんあるようで、かなりの乗車口があります。


206

 向こうの端は登山とかの遠来のお客さん、手前は地元の人かな?やはり島全体が大きな観光地でもあり、普通の生活の場でもあり、この江華島、かなりディープです。私もほとんど知りません。


207

 平日用と週末用で分けてありますが、バスの本数はたくさん。


208

 私が行くほうだと思うキルサン面方面も、いろんな番号でこんなに。でも、この後で案内所で聞いたのはターミナル前の停留所からの仁川行きのバスでした。


209

 

 Tマネーなど、充填式非接触型カードの普及で売票所が閉まっています。大都市近郊はみなそんなものなのかもしれません。便利なうえに安いのですからさもありなんというところです。


211

 観光案内図。右上の橋で入って、島を南下して右下の橋を渡って大明浦口(デミョンポグ)へ。けっこう遠回りですね。まぁ、急ぐ旅じゃないし、江華島の普通の村の風景を見物しながら、と思いましょう。実際、ソウルより少し遅い桜の時期できれいな農村風景でした。


210

 この時は誰もいませんが、この案内所、流石ソウルに近い観光地ということで私が聞こうとと思った時には2組待ちでした。日本語が通じるかは、、、わかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3795 鍾路の朝

066

 この4月の写真です。合計すると韓国に何日いたでしょうか?日頃の行いが良い私、めったに傘を使うことはなかったのですが、初日は珍しく雨。あまり行動できませんでした。でも、2日目の朝は晴れてくれました。神様はきっといます。(ここでひとまずアップ)


067

 初めてのゲストハウス、サンシャインゲストハウスを出て1枚。自分の影が長いです。日本よりちょっと遅い芽吹きの季節でした。


068

 この鍾路の裏通り、3000Wくらいで白飯が食べられる安い食堂が裏通りにたくさん。お昼時にはかなりにぎわうのです。


069

 北へ向かう路地。何度も歩いた道です。


071

 まさか汲み取り式のトイレの汲み取り口?さすがに鍾路ではなくなったと思うのですが、違うかな?ともあれ、ケンチャナヨな塞ぎ方が韓国しています。


073

 「楽園プンチョンジャンオ」というと、楽園商街の東脇のウナギや?ここでも食事、外観ともに紹介していますが、こんな裏手の角に、新しいウナギの店ができていました。ちょっと武骨な街灯、韓国ではよく見かけるタイプです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

普通の韓国を探して3794 1枚の写真でじっくり語るブログ

031

 へたくそな写真の羅列よりも、1枚の面白い写真でじっくり韓国の話をする、そんなブログにしたいものです。一番最初の半年くらい。その辺、お時間がある方は右のバックナンバーからご覧ください。ポジャンマチャをやっていたホプアジュマ、食堂アジュマ、中央市場裏手の仲間とかも出てきます。

 今行きたい場所、地図を見ないでも浮かぶのは群山市の南の沃溝邑とかハジェ漁港のあたり、どう変わったかな?忠南の海岸部もゆっくり歩いてみたいし、木浦市内もゆっくり見てみたい。麗水万博も見てみたい。一番手薄な慶南の海岸部も行ってみたいし、馬山の日本家屋が多い南部の市街地を見てみたい。やはり手薄な慶北の田舎を見てみたい。やはり時間とお金が欲しいかなぁ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3793 荘旅館 まぁこんなもの 神経質な方には向かないか?

998

 

 ソウル、鍾路区内の旅館の廊下、踊り場です。高級ホテルに比べればタオルの数も少ないし、シャンプー、ボディソープは業務用のボトル、場合により共用のセッケンだけ。歯磨き材はでかいチューブのが共用。歯ブラシと剃刀はフロントで手渡し。清掃する人によりいい加減なこともあり。日本のビジネスホテルと比較するとちょっと困ります。値段相応、そう考えないといけません。外国なのですから。


997

 リネン類は床にそのまま。一番下のは床に置かれていることになりますが、いつもここに山になってるのでケンチャナなのでしょう。


999

 清掃関係の資材も置いてありました。補充用の材料のボトルかな?そんなのもありそうです。余りにお手軽に行ける韓国、外国旅行に向かない人までもリピーターになっている、そんなことによる不平不満、文句も多いのだと思っています。「ケンチャナヨ」の心を理解できないと・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3792 テグ線永川駅付近 汽車旅は愉し

926

 

 慶州からセマウルで東テグへ向かった時の車窓からの風景です。9月下旬のいい秋の日、韓国の田舎の普通の写真です。


927


928


933


934

 この辺、永川の線路が三角になっているところを観察、と思ったのですが、よく見えませんね。ヨンチョン、バスでは2度訪問、ターミナルの周囲をちょっと歩いただけですが、いい町です。


935


936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

普通の韓国を探して3791 バスの中の注意書き

178

 久しぶりに小学館の辞典を開きました。昔からのは医院に、新しいのは家にと2冊目を購入、一時は一緒に寝ていたりしましたが、最近は本棚の中です。ひいた単語は「チョヨンgハダ」、もしかして漢字語?とも思って見たら。固有語のよう、漢字は出ていませんでした。

 韓国、地下鉄の中だのでの携帯電話での通話、オーケーだと思っている方が多いでしょうが、何かここ数年、遠慮しないといけない傾向があるように思えます。日本ほど禁止されてはいないけれど、あまり大っぴらに話すこと、特に日本語での通話はやめたほうがいいと思います。嫌な思いをされる方もおられるかもしれません。

 これは江華島からソウルへ戻るときのバスの中、携帯での通話を禁止するという表示がありました。

 安全運行為ハヨ、チョヨンgヒ付託ハmニダ

 handphone  使用禁止

 とあります。実際、割合前のほうで着信を受けて通話してたアジュマに対し、運転技士さんが怒って、「電話かけるなら後ろへ行ってください」と、丁寧語ではありますが語気荒く怒鳴ります。それに負けずに、ちょっと通話を続け、切ってからアジュマ、謝っていました。

 ここ10年くらい、韓国へ行く人が増えました。10回20回行っているなんて、珍しくないかもしれませんが、言葉がちゃんとできないとトラブルの際に困ります。通ぶることなく、日本にいるときの当たり前の常識的行動を維持するようにしたほうがいいですよ。

 地下鉄内、列車内など公共の場所での携帯電話の通話、特に大声の日本語ではやめましょう。「島国の猿」とか、「この田舎者の赤ん坊」とか、「この平民野郎」だの、言われる可能性があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月27日 いい天気、どこかへ行きたい。

022

 5時に起きてまずラジオ。その後、テレビにかえてNHKの落語と漫才。日本の話芸の再放送のがよかったなと思いつつ6時に下へ行って犬の散歩。6時半から自転車に乗って腹へらし。ちょっと医院に寄りました。休みの日曜の朝、いい気持ちです。

 何をしようか?考えながら家に帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3790 昌原市の普通の街

719

 昌原、韓国ファンの方でも知らない方が多いかと思います。慶南のかなり大きな都市で、近年、馬山、鎮海、昌原の3つが合併して、昌原市になりました。馬山は釜山をちょっと小さくした感じの港町。昔からの年なので有名。鎮海も海軍の街で、桜祭りで有名。何で一番新しい、伝統とかが無い昌原という名前になったのか、ちょっと理解しにくく感じます。昌原市は韓国戦争のあと、計画的に作られた新しい都市だそうで、確かに工業団地、住宅地区、官公庁があつまる地区、整然と区切られている感じの地図です。

 ロンドン五輪最終予選、韓国代表対オマーン戦を見に行きましたが、なかなか始まりません。釜山大学校の講師の先生は講義に行ってしまったので私一人で時間つぶし。少し昌原サッカーセンター競技場の周囲を歩いてみました。 1枚目、会場の敷地内は商売禁止。横断歩道を渡ってすぐの場所で露店の商売をやっています。


720


721


722_2


723


724

 確かに新しい町、道路が広くて碁盤の目のよう。古い家が集まる地区とかはありません。アパート団地はまた別にあるようで、この辺は単独住宅が多い場所のようでした。やはり韓国の街、飲食店もけっこうたくさんあります。商売、大丈夫なの?と心配してしまう日本の自営業者ですが、個人事業が好きな韓国です。


725

 昔の韓国紹介本で、韓国には無いと言われていた表示、「初歩運転」。


726


727

 ぐるっと歩いて飲み物、パンなどを買って競技場に戻ります。しかし飲み物は厳重に持ち込み禁止されていて、入場の際に預けないといけないのでした。この辺、日本より厳しいのかもしれません。熱くなりやすい韓国だからかな? 熱狂的なファンの応援で有名なロッテジャイアンツの野球の試合、一度見てみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

普通の韓国を探して3789 을지로6가야경

436

  在庫整理をやってしまいましょう。タイトルは乙支路6街夜景です。この冬、ニュー天池ホテルに泊まった時のものになります。乙支路電話局、現KT乙支路支店の脇を入るのですが、すぐそばに派出所もあります。タクシーの運転技士さんへの指示にはいい目標です。昼間は何台かのパトカーが駐車しているので遠くからもわかりやすいですよ。

 で、これは夜の写真。駐車違反の検挙用の牽引車がいました。何だか短く、寸詰まりの感じが面白くて1枚撮らせてもらいました。韓国でも道路に「この辺に停めると牽引で持って行ってしまいますよ」という警告がたくさんあります。まぁ、車に乗らない観光客にはあまり縁がない話ですが、ドラマなんかでは牽引されてく愛車を声を上げて追いかけるシーンはたまにあります。


437

 これは5号線の駅の方へ行くホテルの前の道です。「水按摩施術所」というのがありました。「按摩」をキーワードにしてこちらを訪問される方、ハングルで覚えてしまいましょう。

 

 「안마」が「按摩」です。

 たいていは一番目立つように表示されています。サウナもあるし宿泊も可能、手軽な夜明かしの場所でもあるし、ライトな風俗でもあります。


438


439

 

 退渓路5街の方へ行く道ですね。素月キルというのでしたっけ。明洞から白病院、忠武路の昔映画館があった交差点、ホテルPJ前、中部市場の南とか、冷麺通り、プサンカルビチプ、中区区庁、そんな道のほうです。

 すみません、「夜景」というタイトルでしたが、これ、セビョクと言い換えた方がいいかも。明るくなる前の冬の朝だったかもしれません。お粗末さまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月26日 ちょっとした登山靴、買おうかな?

005

 何度も書いているように、休みの日には外に行きたい私。今年はけっこう頑張って歩いたりしています。フリーアナの中田さんのブログで丹沢の塔ノ岳へ登ったなんて記事があり、おっ!と思いました。高校時代から大学の前半にかけて何度も行っている東京近辺の山です。ずっと離れていた山もいいなぁと思えてきていますし、登山道のある普通の山ではない、昔の道の峠を歩く、そんなのも面白そうです。本格的な登山靴までいかないまでも、しっかりしたソールの靴、買うかもしれません。


006

 写真は先日のドライブの時のもの。道の駅で最初の休憩をとったときの写真です。雪国の新緑、今頃が一番きれいな時期です。

 今日は土曜日、午前はけっこう忙しいですが、午後は割合楽ちん。しっかり働きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事694 肉と言えば・・・普通は豚?

1196

 テジカルビです。ちゃんと骨が付いていますね。安い店だとテジカルビと言いつつもカルビ以外の部分が多かったりもします。甘じょっぱいたれに漬けこまれた豚肉を直火で焼いて薬味やみそといっしょに葉っぱで包んで食べる、庶民的なご馳走の一つです。

 韓国で最もポピュラーな肉料理は?と前に李準圭先生に尋ねたらサムギョプサルだとのこと。次点は多分こんなテジカルビ、最近は内臓肉の付属コギの焼肉も上位に入ってきているかもしれません。日本人のイメージだと「カルビ」ってなるのでしょうが、昔の日本もそうだったように、国産牛は高いもの。今でこそ安い輸入牛で身近になった牛肉ですが、やはりよそ行きのご馳走です。 また、前にも書きましたが、牛肉料理、家でやるのはすき焼きに近いプルコギで、煙の出るカルビは外で食べるもののよう。 秋夕や旧正月の故郷への豪勢な土産の広告で最初に出てくるカルビのセットはじゃぁ、どうするの?と尋ねるとカルビチム、煮て食べるのが家庭では普通だそうです。

 よく言われるように、日本人の好みから言うと牛肉は日本が美味しく、韓国では豚肉が美味しい、平均的には当たっていると思います。でも、この私、あまりに脂が多い国産高級牛肉、そんなにありがたくなくなってきてしまいました。一切れや二切れはまぁ、美味しいと思いますが、たくさんはいらないなって思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3788 鉄道旅行の楽しみ

940

 漢字版の地図で調べてみました。「河陽」という町の駅、テグ線です。昔の貨物扱いのホーム、日本ではあまり見られなくなってしまいましたね。次の駅は清泉、手前の駅は琴湖となっています。


941

 続きの写真です。けっこうこのあたりでは大きい町、アパートも少し見えています。


942

 これも続き、駅舎が見えたので1枚、なのですが、あれ?!と思いませんか? 同じ駅なのにこの駅名票では次は東テグ、手前は永川ってなっています。日本だとこんなこと、たぶんありません。

 思うに、客扱いをしなくなっている駅が多い韓国、そんな事実上停車する列車が無い駅はとばしてしまえ、ということなのかも。手元に新しい時刻表が無いのでわかりませんが2000年前後の古いものでは全部の駅に停車する統一号がありました。今は優等列車だけみたいになってしまった韓国の地方の鉄道です。セマウル、無窮花ともに、実際は永川→河陽→東テグなのかもしれません。鉄道ファンにはちょっと面白いことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3787 ソウル 仏光洞 冬の朝

1226

 昨年秋あたりから整理してない写真がたくさん。縮小して別の場所に準備してあるなかでも古くなってしまって自分でも忘れているようなものも多いです。「ここはどこでしょう?」にしようかな?と思って選んだら地下鉄の出口、駅名票が写っていました。ソウルの北西部のちょっとした峠の手前にある仏光駅です。


1227

 道が坂になっているの、わかります。小さなバスターミナル、地下鉄駅の中の案内板で出口を確認、交差点の横断歩道を渡ってそっちへ向かいます。

1228

 歩道に広告を貼るのはソウルでは普通です。


1229

 こっちだよな、と目星をつけてちょっと歩くと、、、ありそうです。


1230

1233

 10年以上前にも来たブルグヮン洞のバスターミナル。パジュとかそっち方面へのバスが出る場所です。しかし行ってみたら建物の中はもぬけの殻。ほんの少し残っている郡内バスみたいなのの運転技士さんに尋ねたら普通の島式停留所から乗れ、しょっちゅう来る、という答え。まぁ、韓国で10年来ていないってったら、変わってるのも無理ありません。1年行かないと浦島太郎、それくらいの変化がある街ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

すばらしい韓国の食事693 韓国ドラマはよくしりませんが

1203

 塩漬けした白菜に入念に調合、準備したヤンニョムをもみこむとき。別々に調理、味付けしたチャプチェなんかを混ぜ合わせるとき。そして、こんなナムルに味をつけるとき、ビニルの一回用手袋をしたアジュマが、自分でも食べてみてから周囲の人に一切れもしくは一つまみ手で食べさせる、そんなの、実際にもよくあります。 「お母さんの手の味」という言葉がありますが、そのまんま、それでしょう。箸やスプーンでなく、人の手で混ぜる。今でも韓国ではそうしているケースが多いように思えます。

 同じ材料を使って同じように作っても、「お母さんの手の味」は格別と言います。人と人の間が近い韓国らしいあったかい表現のように思えます。これは、ただのシグムチ?それとも、コチュの間引いたやつかな?とにかく、美味しい野菜のおかず、嬉しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3786 慶州駅を出発 秋のいい日でした

913

 セマウルの車両、昔はこの水色の部分が深い緑色でした。最近はほとんどこっちになってしまったみたいです。標準軌の韓国、ぶっとい立派な客車です。


916

 慶州駅を出ると川に沿って北上。お得意の遊歩道兼サイクリングロードがあります。人口密度の低さでしょうか、ソウルだったらたくさん人がいそうなのですが、いません。


918

 左へカーブして鉄橋を渡ります。慶州、安寧!というところ。


919

 北の方です。古墳と文化財の街、慶州ですが、京都というより、広い空から奈良盆地に似ている感じです。


921

 結構大きな建築。病院のようです。


922


923

 日本より田植え、刈り入れが2~3週遅い韓国、9月20日ころの写真ですが、もう少しで収穫という黄色くなってきた田圃です。この写真でも古墳がぽこぽこ見えています。昔はもっとあったのでしょう。ゆっくり泊まって見学する価値のある場所ですが、泊まったのは学会のときの一度きり。負け惜しみのようになってしまいますが、「取っておいてる」ということにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記596 旧道歩きの楽しみ

094

 保内と三条の間だったと思います。山沿いの旧道、多分江戸時代とかそれ以前からの道を歩きました。とあるお宅の脇の原っぱに白いものが、、、と思ったら日本犬が寝ていました。口笛で起こして1枚。吠えられるかなとも思いましたが、何もしないよという私の気持ちが伝わったのか、おとなしかったです。

095

 望遠で1枚。ちょっと素朴なタイプですね。


096

 一応番犬役なのでしょう。立ち上がって私が過ぎ去るのを見ていました。かわいいやつです。家の前と原っぱの前の道は自分の縄張りなのだと思います。弱い犬ほどよく吠える、は当たっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

普通の韓国を探して3785 大明浦口から眺めた草芝大橋

264

 江華島の南東端、干潟の海にかかる草芝大橋です。草芝鎮でしたっけ?昔の朝鮮時代の陣地があった辺りの地名がついた江華島2番目の橋、今年初めて渡りました。向こう側、江華島の橋のたもと近くにも刺身屋村があり、こちら側、今いる大明浦口もかなりの刺身屋村と、直販場、干物類の直販場があります。

 江華島名物は、カブ(スンム)キムチ、高麗人参、そして西海の豊かな海で獲れる海産物、ずいぶん前に紹介したスンデ、そんなかな?ソウルから2時間弱、休みの日にはドライブやサイクリングでも賑わう手頃な観光地です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3784 あまり知らなかった面白そうな街

039

 ここ、どこだかわかります?たくさん行っている韓国、ソウル。でも、つい最近まで足を踏み入れなかった通りです。この写真は確か冬のものですが、前回、ちょっと前に紹介した大盛り冷麺を食べた店、たぶん左に看板が見える店です。

 行きの飛行機の中で隣になった女性2人組、もう何度も行っているベテランのようでした。ハラボジなんかで、「昔はさんざん遊んでね。何十回行ったよ。」なんて自慢する日本人がたまにいますが、最近の日本アジュマリピーターのが実のある旅行していると思います。日本語のできるアガシ頼りでは100回行ってもおそらくだめでしょう。彼女たち、ツアーですが、いつも一番安いクラスの宿とのこと。どこですか?と尋ねたらその時はホテルリースソウル。観光サイトなんかでその名前を聞いたことはありましたが、見たことはありません。たまたまこの冬、この写真の日に大学路方面からくる一方通行の大通りを避けて細めの面白そうな道に入ったら、そのホテルがあり、鍾路に出るべく歩いていくとこんな飲食店の多い通りになりました。

 安い時期には1人部屋割り増しを払ってツアーで行くこともある私。この辺、そして、ホテルリースもいいかな?と考えています。ちょっと歩けば薬局だらけの鍾路5街。最近観光客にも人気の広蔵市場の向かいに出ます。日本人は比較的少ない韓国人の地元の人の町、この通り、きっと美味しい店も多いことでしょう。ソウル、何回行っても面白い都市です。

  写真を見て追加です。右の赤い看板、「アッサーノレバンg」とありますが、「アッサー」は日本語で言えば「やったぁー」という感じ。花闘でいい札が出たり、いい役ができたりすると、出る言葉です。あまり学校では教えてくれない韓国語です。

 韓国語ばなしで思い出したのですが、韓国では児という漢字を「ア」って読みます。漢字が大事なとっかかりである日本人の韓国語学習者にはちょっと馴染みにくい読みだと思います。「乳児」、「児童」、「孤児」、それぞれ、ユア、アドンg、コア。何だか、「児」が「ア」、浮かんできませんよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月24日 雪国の新緑は最高にきれい

286

 新潟県でもそうですが、雪の多い地域では、田植えなんかも遅くなります。これ、昨日の写真ですが、きれいでしょう? 冬の大変さを考えると簡単には言えませんが、こんなところに住んで老後をおくれたらなんて考えました。途中の道でも目に眩しい新緑を楽しみつつのドライブ、命の洗濯ってのはこういうことかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

2012年5月23日 知り合いのお寺へ

433

 新車が来てもうすぐ2ヶ月になりますが、1000キロも乗っていませんでした。町乗りでなければ満タンで700キロ以上は走りますので給油は2回だけしかしていません。通勤はほとんどは歩きか自転車だし、どうも最近は運転してると眠くなってしまいます。でもせっかくの休み、天気もいいので慣らし運転がてら、ちょっとだけ遠出をしてみました。380キロくらい走りました。

 5時過ぎに家を出て、ちょっと走ってから吉野家で朝食。高速道路は嫌いなので普通の国道、すいている時間でしたから小さな車で大型トラックと張り合うようにしてかなりの速さで県外へ飛び出しました。行った場所は山の中のお寺。大学医局時代、毎年近くまでは行っていた場所ですが、そこは初めてです。なんというか、、、飲み友達まで行きませんが、何度も同じ店で会っていた顔馴染の坊さんのお寺です。 坊さんって酒飲んでいいのでしたっけ?日頃からお経で大声を出しているせいか、歌がうまい人が多いし、元気な人が多いような気がしています。まぁ、田舎のいい空気を吸って、いい景色を見ることができたのでよかったです。

 4時前に帰ってきて、休日の早い夕方の一杯を楽しんでいます。写真は今日のドライブとは関係ありませんがお昼はラーメンと餃子を食べました。明日は家で留守番しつつ片付け仕事です。うん、いい感じで疲れた状態での最初の一杯、よく効くし、美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

2012年5月22日 歩きか?自転車か?電車か?車か?

021

 今朝、目覚めたのは5時ころ。ベッドの中でラジオを聞きました。「ねんぽうしんぎょう(?)の時間」、「カトリック教会 心の灯」、「山本しんいちの話」、そんなのをボーっとしながら聞きます。朝の早い時間、やはり中高年を対象にした放送なのでしょうが、いい話を聞けます。やまもとしんいちは、ちょっと自慢話のようで興味が薄れますが、マリア様もお祈りの対象だということを初めて知りました。「ねんぽうしんぎょう」では、ある土地の人に親切にしてもらうと、その土地の人がみないい人、というようなイメージが生まれる。みなお互い親切にしましょう、という、昨日の話の逆みたいな話をやっていました。小中学生が全く知らない人に挨拶をするのもそんなのの一つでしょう。最近では中条町、田上町でそんな経験をしています。できるだけ声を出して、聞こえる挨拶をしたいものです。

 今日はオープンデイ。午前中はちょっとお客様が来ますが、自由に使える研究日です。明日明後日の休み、どっちかは出かけるよ、と家内に言ってありますので、何をしようか?楽しみです。

 ウォーキングの続き、三条駅から北長岡駅までを片づけてしまうか、別の場所を歩いてみるか? 久しぶりに自転車での遠出、もしくは折りたたみ車での輪行をやってみるか? 新車が来てもうすぐ2か月になるのに1000キロも乗っていない車でのドライブか?いろいろ考えるのも楽しい時間になります。

 

 写真は先々週だったかな?ウォーキング途中の新潟市役所付近の交差点、時間は午後の2時くらい。昔は交通量が多かった116号線もバイパスができたため、車が多いのは朝夕の出勤退勤時間だけです。静かな古い町もいいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3783 慶州駅2

900

 客車列車が一番趣があると思いますが、ディーゼルカーも好きです。少なくともモーターで動く電車よりも「内燃機関が原動力」という部分で「熱さ」を感じます。韓国なりに考えられたデザインなのですが、前にも書いたように「武骨」という言葉が似合う顔つきの車両です。

901

 この慶州駅、昔からの大事な駅だったのでしょう。かなりの広さがあり、何本も線路があります。釜山の伽耶駅付近、それと中央線の、、、どこだったかな?堤川の手前でしたっけ?ものすごく広い操車場がありましたが、あんなほどでは無いにしても、鉄道好きには嬉しい駅です。


902

 北の方には機関庫が見えます。これだけでもうれしい私です。あの歩道橋から写真を撮りたいと思いましたが、すでに次の移動のための切符を買ってしまっていました。


903

 タンク車です。


906


910

 7000番台のDLが行ったりきたり。そんなのも楽しい風景。


911

 と、そんなことをしてるうちに釜田駅からのセマウル、私が乗る列車が入線です。


912

 ディーゼル動車という、日本ではあまり聞かれない言葉で表される列車ですが、前後の端の車両の半分ちょっとが運転室と機関室、中の部分は純粋な客車からなっているため、先頭車と2両目以外はとても静かです。8両固定編成の客車列車と言えなくもないのですが、昔の長項線のように6両編成があったり多少の自由は利くみたい。昔は韓国鉄道の最優等列車でしたし、今も座席の広さとかはナンバー1だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記595 歩きならではの楽しみ

032

 新潟から歩いて護摩堂山登山の時の写真です。古津と矢代田の間だったか、ちょっと人家が途切れて小さな森の中を抜ける部分があります。ほんの少し水が流れる小沢があったりすると覗き込んだり。自由なウォーキングの楽しみです。春先の緑を観察していたらこんなキノコを見つけました。キノコは秋というイメージがありますが、うちのそばの公園なんかでも秋以外の季節に出るキノコがあります。暑すぎる時期、寒すぎる時期以外はそれぞれの時期に出るやつがあるようです。

 とがった傘にちょっと不気味なへこみがたくさん。食べられそうにありませんが、形を見るには面白いやつです。


033

 すぐそばにあった別の1本。同じ種類のよう。はたしてなんていう名前のキノコなのでしょう?ヨーロッパのクリスマスケーキにはキノコ型のデコレーションがありますが、何もない場所から発生してどんどん大きくなる不思議さが、神様を象徴するとか。確かにどんどん大きくなるキノコ、不思議な生物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

とうちゃんの自転車日記594 県民性ってやっぱりあるのかな?

212


 1月の写真です。富山地方鉄道に一駅だけ乗った時のもの、許可を得ての撮影、アップロードです。短い時間でしたが話し相手になってくれた兄ちゃんたち、ありがとうございます。

 

 こんな若い人たちは変わってきてると思うのですが、富山市内で道を聞いたとき、2回が2回ともぶっきらぼうに拒絶されてしまいました。

 最初は総曲輪という古い繁華街のアーケード内。「~町はこっちですよね?」と薄着で商店会の回覧書類を届けに行くみたいな感じのおじさんに聞いたらば、「わかりません、このあたりの者ではないので」と言いながらそこらの店に入っていきます。その店の人とも知り合いの様子。~町はすぐそばのはずだし、家は別の場所かもしれませんが誰がどう見てもここらの人なんです。忙しいので取り合っていられないのかもしれませんが、嘘(?)までつくかなぁ・・・って、ちょっとこちらもカチンときてしまいました。

 2回目はライトレールの中での話。やはり私よりちょっと上くらいのおじさんに、「~町のほうへ行くには○○で降りればいいんですよね」と、有名な地名をあげて尋ねたら「知らん(そのまま)。運転士に聞け(そのまま)」というかなり乱暴な言葉が返ってきました。ここでも、ちょっとプンプンという感じ。運転中の運転士さんに話しかけるわけにもいかず自分の判断を信じて、そのままでした。でもその後、何とそのおじさんもその駅で降りて同じ道を歩き出したのです。

 帰ってきてから、こんなことがあったよ、富山の人ってあまり親切じゃないんじゃない?なんて富山出身のスタッフに話したら「言葉が違うのでよそ者だと思って警戒されたんでは?」という答え。韓国の人との会話の中でも、日本人は親切だ、韓国人は親切だ、なんて話になることがよくありますが、どうも富山県、たった1日の、2度の経験で判断はできないとは思いますが、よそ者にはぶっきらぼう、そんなのがあるように感じてしまった一件です。

 富山の方、富山出身の方、いかが思われますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月21日 日食

 快晴で青空なのになんかヘンだな、と思ったら今、日食なのですね。夕方とも違う、何か少し暗い外の風景です。新潟市、快晴です。感謝です。

  月曜日は夜間診療。仕事は午後からですが、院長は月末の恒例、給与計算と手続です。介護保険の値上げなどがあり、先月引かなかった分を今月分から引いて、来月からの通常の計算もやっておいて、と、ちょっと面倒でした。

 自転車で出勤している最近、歩数計の数字は5000台。やはり便利だけど通勤程度じゃあまり運動になりません。銀行、ヨドバシなど外回りの予定がありますが、できるだけそちらは歩いて、と考えています。「万歩計」という言葉通り、できれば10000歩は歩いていたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事692 野菜のおかず

1201

 少し干したダイコンの、あまり発酵していないキムチというかコッチョリかな。焼肉のおかずの一品です。肉スープ系、それと冷麺以外の食事ではこんなおかずが数皿、多いときは10種類以上も出てくる韓国の食事、外食だけしていても野菜不足にならない健康食です。

 

 たとえば6000Wのテンジャンで、一皿日本だと400円とかもしそうなチョンガッキムチが出てきたり2~3皿のナムルでも日本だと500円の盛り合わせ分くらいあったり。そんな、日本だったら1000円以上もしそうな味噌汁定食が今のレートだと400円くらい。野菜の値段の安さ→地方の農家の苦労。そんなののおかげなのかぁと思います。

 中国産の材料も最近は増えています。また、輸入肉の安さで、安い豚、安い牛、肉料理が誰でもいつでも食べられる普通のものになったのも外国産のおかげです。日本同様、韓国でも自由化反対とかの声は盛ん。でも、一般市民にはありがたい部分もあり。どうしたらいいのかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3782 慶州駅

889

 慶州駅です。新慶州駅ができたので、こちらは古いまま。ずっとこのままであって欲しいような昔からの韓国鉄道の駅らしいたたずまいです。


890


891

 テーマパークの看板です。イヨウォンさん、「子猫をお願い」はさんざん見ています。また、ミュージックビデオの、え~と、シンハギュンさんと一緒に出演した名歌手の名曲にも出ていました。どうも物忘れがひどくて困ります。アイラブユーじゃないし、チョソンモだったかなぁ。カナダでの撮影のやつ・・・出てきません。


892

 スロープがあり、やや緩やかな階段。これも韓国の昔の駅の特徴かもしれません。


893


894


896

 日本人の感覚で見ると武骨なスタイルの無窮花型DCが停まっていました。どうも鉄道関係、パシャパシャ写真を撮ってしまう私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

普通の韓国を探して3781 茂朱市外バスターミナル2

479

  ターミナル前にはきっと見られる風景、タクシー技士さんが客待ちしています。車を降りてふざけあったりすることもしばしば。なんか大人になっても無邪気なとこがある韓国男性です。


478

 建物の端の中華の店と理髪所。前の前はここで切ってもらいました。美容室を探してというのではなく、久々の理髪所でした。先生はハラボジ。錦山が忠南になった話を最初に聞かされたのがここです。方言が強く、私の言葉はわかってくれますが、ハラボジのマルスムは聞き取れない点が多数。途中、知り合いのハラボジが遊びに来てそっちとも話しながらのカットでした。日帝ばなしにならないかちょっと心配してしまいました。


480

 結局永同じゃなく、全州へ出て初の全羅線KTXに乗ることに決め、バスの切符を購入。時間があったのでターミナル周辺を見学です。ここはターミナルへの進入路。


481

 屋上(1階建て部分の屋根の上)に上がる階段があったので上がってみました。あまり頻繁な発着があるターミナルではありません。


482


483

 町の中心部を中くらいの川が流れています。泊まってゆっくり見て歩いてみたい町。ちょうど良い大きさの町のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記593 新津 鮮香軒 行ってみたい店

018

 連休の最初に行ったウォーキングの時の写真です。5時過ぎに新潟市の自宅を出て登山口まで6時間かけて歩き、護摩堂山に登った日、新津駅で一休みしました。約14キロ、3時間以上歩いた場所です。


019

 五日毎の市が開かれる駐車場を過ぎてちょっと行くと駅の裏へ出る歩道橋の上り口に「鮮香軒」という小さな店があります。自転車でしょっちゅう走っていた場所ですので、駅前の飲み屋街のはずれにこの店があるのは知っていましたが、何となく美味しそうな雰囲気を感じます。「中華そば ホルモン焼」という古い看板はかなり年季が入っています。


020

 新津だと近いので泊まることはないし、わざわざ電車に乗って飲みに行くような場所でもありませんので、入ってみたいなぁと思いつつ何年も経ってしまっている店。時間のある時に電車で訪問するのも面白そうです。

 誰かの報告があるかな?と思ってネットで検索してみると出てくるのは飲食店の紹介サイト、電話帳的なサイトばかり。個人の行ってみましたという記事の先にそういう業者のサイトがずらりと並びます。何だかおかしな時代になったものだよなぁ、、、と感じます。

 前に、ブロガーは昔からの常連客にとっては迷惑だ、という意見をいただきましたが、確かにそうでしょう。誰でもコンピュータやスマートフォンで簡単に美味しい店の紹介を見つけることができます。行ってみようという人も多いはず。でも、そんなのに乗じた業者のやらせ書き込みが事件になったり、何かヘンですよね。

 店にとってはお客が増えるのは良いことなのかもしれませんが、それが原因で良くない方へ変わってしまう可能性もあります。私も教えたがる傾向、自慢こいてしまう傾向が確かにありますので、注意しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 九州はいいなぁ

583

 タイトルですが、九州、特に北半分は食べ物も美味しいし、何と言っても韓国に近いのがうらやましく思います。福岡とか下関とかからの船も乗ってみたいし、対馬から釜山へ船で入国というのも夢の一つですが、そこへ行くまでの国内の旅費、時間がかかるのですごく贅沢な旅行という感じになってしまいます。

 福岡とかに住んでいたら、うんと安く行ける、まぁ、近いから当たり前なのですが、日本列島の長さがうらめしく思う私です。写真は釜山のチャガルチ。未発表だと思いますが、港町釜山の明るい感じがうまく出ている1枚です。

 来週、最後の週に連休ができたのですが、安売り航空券もパスカルも満席のよう。何か韓国に負けない楽しいこと、考えないといけませんな。でも、1人なら何とかなることもあるので毎日KEのHPにアクセスしています。スカイパス番号、そらでも覚えてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3780 茂朱市外バスターミナル

470

 

 全北のムジュ(茂朱)へやってきました。忠南の錦山からは30分もかからないくらい。さらに山の中という感じですが暗い感じではなく開けた感じの町でした。田舎のターミナルの昼間、あまり人はいません。やはり韓国も地方では車の利用が多いのかもしれません。


471

 ちゃんと食堂もあります。「技士食堂」じゃなく、「技士ニム食堂」そういう名前のところも多いです。田舎とはいえ食の全羅道、錦山とここのおかずの皿数の差はあるのかな?


472

 観光案内図もあります。有名なリゾートがあり、冬はスキー場も開場する場所です。外にはお決まり、タクシーがたくさんお客を待っています。


473

 切符売り場、なんだかのどかです。奥には中華の店もありますね。



474

 この青と黄色のは忠南でよく見かける会社のバス。大田から来たのでしょうか。と思ったらソウル行きの乗り場のようです。


475

 こちらは郡内とか近郊の緩行バス。この後、どこへ行こうか?いろいろ考えたのですが、忠南の錦山、大田方面の市外バスのほか、緩行の永同行きがけっこう頻繁に走っています。永同も降りたことのない駅、全州へ行くか、ヨンドンへ行くか?悩むところです。


476

 こんな開けた盆地の町茂朱。何をしようか?と思って最初にしたのは理髪でした。


477

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記592 三条市曲渕 これ、何でしょう?

136

 田上から加茂、保内と歩いて三条市。東三条へ行くのも一つ先の山上に行くのも教理は大差ないのでひと駅分稼ごうと思って五十嵐川を渡り、土手の上を歩いて田島橋という橋のあたりへ向かいました。そろそろ駅も近いので土手から降りて、と思うと、小さな神社の境内に、何かコンクリで固められた四角いものがありました。もうゴールはすぐそこ、ということで、見に行きます。


138

 小さな階段、小さな囲いの中のコンクリートで塗り込められたような四角い物体。戦争に関係するもので、進駐軍に見つかると困る、とかで塗り固めたのかな?とも思えます。しかしその小ささが何だか面白いでしょう?朝日のマークも大正ロマン風です。


137

 

 紀元2600年とかに関連するもののようです。


139

 すぐそばにある手を洗うところ。これも、文字が何だか昔のおしゃれ風。どこかで見たデザインです。


140

 裏を見ると昭和四年四月という文字。昭和初期のものでした。土地の古老でもいればどういういわれのものか聞いてみるのですが、だれもおらず、最後のウォークに戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3779 ソウル 君子洞の繁華街

270

 ソウル特別市の東部、5号線君子駅周辺の繁華街です。ソウルは大都市、東京もそうであるように日本人だらけの明洞とか以外にも地元の人などが飲食する結構な規模の繁華街がたくさんあります。君子洞は、、、新小岩とかそんな感じかな?錦糸町ほど大きくはありませんが、夜の街はにぎやかです。


271

 地方からソウルに戻ってきて、東ソウル市外バスターミナル。どこに泊まろうかな?と思って適当に選んだ近くの街。君子洞泊まりは初めてでした。でも、ソウル、人が多い場所にはモテルがきっとあります。選択の範囲は狭くなりますが、どこでも泊まれる、そういう都市です。


272

 夕方宿を決めて、夕食に外出、少しの酒と翌朝の飲み物を買って宿に戻り、入浴とテレビ、そんなことが多い帰国前日の夜です。ちょっと在庫整理っぽい写真ですが、これもソウルの普通の街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

とうちゃんの自転車日記591 動くものには飛びつく男子

016

 やはり今週のウォーキングの時の写真。これは羽生田駅かな?EF81が主流だった信越線、羽越線の貨物列車ですが、だんだん新型のEF510でしたっけ?交代が進んでいます。性能はいいのでしょうが、どうも好きになれません。「レッドサンダー」と大きく車体に書いてるのも何だか軽薄な感じがして良くないなと思ってしまう古い鉄道ファンです。 この日、田上駅まで電車で移動中、新津で濃い茶色のEF64を見かけました。昔のEF15とかの茶色よりも濃い、黒っぽい色。あれはいいなぁって思いました。


030

 羽生田を過ぎてもうすぐ加茂市に入るあたり、旧道は山沿いを離れて田圃の際を通ります。踏切の音に気づいて1枚。これは普通の115系電車です。


035

 旧道を進み、加茂市内に入ってきて、新しい道にクロスし、加茂市街に入っていくあたりの踏切。なるべく使わない望遠での撮影でした。電車を見るとついつい撮ってしまう私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記590 金精様がありました

058

 先日の田上加茂保内三条旧道ウォーキングの時の写真です。場所は加茂市から保内へ向かう山沿いの旧道です。道端にお地蔵様。雪が多い地方ですので簡単な屋根が設けられています。赤い衣装に花も供えられています。こういうのが大事にされている集落、なんとなくいいですよね。


059

 近くに行ってもう一枚。2つの大きなお地蔵様のほかに、小さな石像もあります。よく盗まれてしまうなんて話も聞きますが、自分の家に置いてどうするのでしょう?罰当たりとはこのことです。あっと思ったのは真中。地蔵像の間に、棒みたいなものが見えますが、簡単な彫りではありましたが、多分男根を模した金精様のよう。新潟にもあるんだなぁと思っての1枚です。子宝祈願なのでしょうが、果たしてかなったのかな?きっとかなったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 3連休

933


 昔、民団の教育院のスピーチ大会で、先生が直してくれた文章、「休暇が3日以上あれば韓国へ」なんて文句がありました。再来週、月末にスタッフの希望で連休ができてしまいました。理髪もしないといけないのでソウル、パスカルで買えるかな?と思ってやってみたら満席。女性ファンの多い韓国便、平日も満席だったりします。

 韓国がダメだと、国内で、と、どこか出かける場所を検討中。できるだけお金をかけないでと思うと、最近マイブームの徒歩旅行も考えています。ただ、安定して歩ける距離は日に35キロくらいかな?と思っています。あとは、何かテーマがほしい感じ。そこで、比較的料金の安い高速バスで移動して、知らない街を歩く。そんな方向になりそうです。

 

 今週末はずっと仕事。合間にそんな楽しい計画を考えていきたいと思います。皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3778 早朝散歩 仁寺洞から楽園商街

1218

 どうも旅行の時って気分が高揚してるのか元気になります。ソウルは特にそう。早起きして朝ごはんを兼ねて散歩したり。前の晩にけっこう飲んでしまっていても早く起きてしまう。ソウルってそんな街です。


1219

 仁寺洞の通りも人通りはまばら。寒い朝です。


1220

 韓国の街で早起きの仕事。餅屋さんと、粉食屋さん、あとは沐浴湯と掃除の人。冬は湯気で気づいたりします。


1221

 楽園商街の東側の道。アグチム屋とか、前に紹介したウナギ屋なんかがある細い道。ここにも餅屋があります。


1223

 楽園商街東口。何度この辺に泊まったことでしょう。ソウルの代表的な繁華街と言っていいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3777 忠南 錦山市外バスターミナル

452

 すでに、書いていますが、思ったより開けたクムサンの町、碁盤の目のように整備された町はあんまり歩きたいとは思えませんでしたので、そのまま茂朱へ行ってしまいました。ソウル江南を一番のバスで出発してきたので、トイレを借りて水を補給。ムジュへの切符を買って次のバスを待ちます。


453


454


455


456


457

 前にもアップしたかもしれませんが、犬を飼っています。ターミナルの空きテナントで犬を飼育していることもある韓国、はたしてこの犬たちも、次に行ったら違うのになっている可能性もあります。


458

 忠南と全北の境界近い町。行政上は忠南ですが、前にも書いた通り有力な政治家のごり押しで忠南になったという錦山、詳しい話は知りませんが、韓国では有名な話なのかもしれません。


459

 初めて行くムジュ。どんなところでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

普通の韓国を探して3776 기사님はつらいよ 2

460

 またまた韓国の市外バスの技士ニムの乗務予定表です。右下に長水とあるのが帰る場所。時刻はすべて出発時間です。韓国の詳しい地図をお持ちの方は一緒に見ながらお読みいただけるとわかりやすいかとも思います。

 

 最初の乗務は6時。リンゴと名妓論介の生まれ故郷で有名な全羅北道の長水発で、道庁所在地の全州まで走って全州発は7時10分。馬耳山の麓である鎮安まで走って鎮安発が7時55分。そこから山の中のダム湖のある顔川という町が8時15分発。そして山越えで忠南の錦山へ行って錦山発は9時。茂朱まで走って茂朱発は10時。また錦山に戻って錦山発は11時。茂朱発が12時20分。ここでちょっと食べられるのかな?

 午後になって、茂朱からまた顔川へ行って顔川発が12時45分。次は鎮安へ行って鎮安発が13時05分。全州へ行って全州発が14時58分なのでここでお昼のちょっと長い休みのよう。

 ここで全州からは今までの山の中ではなく、湖南平野を扶安へ。扶安を16時50分に出て、全州は18時発。次は山越えで鎮安へ行って鎮安発は19時。そこから長渓へ行って長渓発は20時。これで、元の長水へ戻って20時半くらいに上がり。

 朝の6時から夜の20時半くらいまで、お昼の休憩以外はまともな休み時間はありませんので、乗務時間は実質12時間以上でしょう。日本でも関越の事故以来、一人で走る距離の規制だの、2人乗務だの言っていますが、韓国のバスの技士さん、本当に大変です。イライラしてしまう運転技士さんがいるのも無理はなさそうな勤務のようでした。

 我々が安い料金で韓国の地方旅をすることができるのも、こんな技士さんの過酷な労働条件のおかげかも。もう少し値上げしてでもゆっくりした勤務体制にしたほうがいい、そんなふうにも思えます。まぁ、タクシーの技士さんの勤務も同じようなのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記589 歩きならではの嬉しい発見

110

 「三条市 辰ノ口清水」で検索してみてください。けっこう出てきます。でも、同じ県内とはいえ全然知りませんでした。 前回歩いた田上駅をスタート、旧道を選んでのウォーキングです。もうすぐ三条市街というあたり、こんな道を歩いていました。右へ下る細い道があり、辰ノ口清水という小さな札があります。急ぐ旅ではなし、降りてみることにしました。


111

 右が歩いてきた旧道、左がその下る道です。


112

 ちょっと下ってみると、また階段で上にあがるようになっていて小さなお堂が見えます。


114

 これが辰ノ口清水です。お地蔵様に手を合わせてから冷たい水をいただきました。奥は木の根っこが半分に割れたような状態。不思議なところから湧き出ている泉です。


115

 右の石塔は馬頭観音。江戸時代、もしかしたらもっと昔からこの越後の旧街道を行き来した人々、もしかしたら荷運びの馬も、この水で喉を潤したのだろうと思うと水の味もひときわ美味しく感じました。


116

 これが泉の湧水口。気候により増減はあるようですが、どんどん湧き出ています。子供のころ、「泉の水を飲む」なんて話が童話の中などに出てきましたが、実際に自然の湧水や沢の水を飲んだのは高校で山岳部に入ってからのような気がします。泉という言葉の持つロマン、ありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事691 日本語追放、、、じゃなかったの?

537

 仁川空港のパリバゲットの売店での1枚です。「ドラヤキ」は日本語だと思うのですが、いいのかな?

 同じ菓子の分野で「화과자」というのはデパート地下でも使われていますが、「和菓子」ですよね。「最中」を「최중」と韓国式の漢字読みで表した表示も見たことがありますし、奨忠洞の太極堂の名物は「アイスモナカ」とそのまま日本語。

 タンムジとタクアン、ウドン、あとは何があったっけ?オデンもあった。市民に根付いた言葉、無理しないのが一番だと思います。

 菓子の話に戻りますが、江南は瑞草洞、キムヨンモ菓子店でいろいろ買ってきても美味しいとは言わない我が家の女性軍、このパリバゲットの10000Wくらいのケーキはこれなら食べられると言ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3775 古いガイドブック

089

 アリゾナでの李準圭先生との出会いは89年。その後に独学を始めましたが、なかなか上達しません。NHKのラジオ講座、テレビ口座のテキスト、4、5,6、7月あたりまでを毎年のように買って、ちゃんとやらないのですぐについて行けなくなる、そんなのの繰り返しでした。ガイドブックも買いました。88オリンピックで韓国を訪問する人が増え、韓国関係の本も増えてきた時期でした。


090

 ただ、医院の開業、開業直後の忙しさから、なかなかソウル行きは実現できないまま、年賀状のやり取りだけしていましたが、95年、初ソウル、一目惚れとはこのことでした。その後、年に2~3回が年に4~5回、多い年には7~8回という感じになり、今に至っています。昨日書いたように、普通の観光客が行くような場所で行ったことが無いところがあります。「初心」という言葉は韓国にもあります。眼鏡の調子があんまりなので、南大門市場の行きつけの店にも顔を出して新調して、、、王宮や博物館を見て、普通の安めのホテルに滞在して、そんな2泊3日、やってみるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事690 韓国ミニッツメイドのオレンジジュース

354

 KEの機内でサービスされるオレンジジュースが美味しいという話を前にアップしましたが、先回、4月の時はミニッツメイドではなかったです。いろいろあるのかもしれません。でも、コンビニで買って味を見てみました。


356


355

 どこの製品かと思ったらやはり韓国でもコカコーラがやっています。味は、普通。機内食の時にはブリックパックなんですが、違うのかな?まずくはないけど普通の、日本と同じようなジュースだったのです。成分表示に「食塩 日本産」とあるので、日本と同じ製品を詰めているのかなとも思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3774 京東市場で朝ごはん

744

 みなさんご存知のソウル、京東市場です。


745

 韓薬材料の市場として有名ですが、果物、野菜、乾燥野菜、乾物、鮮魚、川魚、肉、まぁ何でもあります。


746

 早起きして東大門区庁の隣、龍頭洞のホームプラスでお土産を購入、歩いてここまでやってきて朝ごはん。左に見える配達アジュマのあとを追って地下食堂街へ行きました。


748

 早朝なのですいています。話し相手になってくれそうなアジュマの店に決め、前に紹介したテンジャンの朝食です。


749

 テンジャンの元、メジュが何気なく置いてあったり。

755

 食事を済ませて地上へ。バス停に向かう道ですが、リード無しの犬の散歩。たぶん韓国でも禁止なのでしょうが、小型の、他人に危害を与えないようなカンアジの場合は黙認という感じ。実際犬も幸せそうに飼い主の周囲を遊びながら散歩しています。地方都市の信号無視同様、法律ぎちぎちでない部分があるからこそ、韓国がうまくいっている、そんなのもありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

普通の韓国を探して3773 そろそろ普通の観光旅行をしてみようか?

292

 たいていは安売り航空券、もしくは正規割引のパスカル。でも、団体の料金に一人部屋割り増しを払っても、ツアーのが安かったりします。 仁川空港に着いて、到着出口。ガイドさんに合流して、他のお客さんを待って、ワンボックス車で、ソウルへ。車内では旅券を預けて、いろんな割引券をもらったり。そして東和か、ロッテの免税店に寄ってホテルへ。高いホテルのほうが早めに開放される感じ。まぁ、これは、位置的な問題かもしれません。

 韓国観光というと、南大門市場、慶福宮などの古の王宮、スタッフとの医院旅行ではそんな経験もありますが、どっちかと言えばそんな観光コースを敬遠していた感がある私の訪韓。でも、昌徳宮と秘苑、宗廟、水原民族村、そんなとこにもちょっと行ってみたくなりました。 安さで言えば、ツアーの一番安い宿のほうが、一人部屋割り増しを払っても安かったり。別に古い付き合いのアガシに案内してもらう旅行でもなし、「普通の観光」、ちょっとやってみたくなりました。

 KE764便の仁川到着は12時前。免税店に寄るとホテルは3時か4時。その日に行けるのは・・・と思うと、思い当たるのは南山の安重根義士祈念館かな? 2泊3日の中日(なかび)には昌徳宮、秘苑か、水原民族村でしょうか?3つは無理かな?幸い新潟行きのKE763便は夕方発。何なら宿に荷物を預けて市内中心部の王宮巡りは最終日にも可能かも。でも、ガイドさんの迎えの時間がありました。 一人で参加するには何か面映いけど、全てコースになったツアーも一度やってみるのもいいかも。

 2泊3日の短い日程で、永登浦乗車のKRで、慶南まで駆け回る旅行もしましたが、そこそこのホテルに泊まってソウルとその周辺の観光名所を回る。ちょっとやってみたくなりました。写真は0時過ぎ、乙支路6街の飲食店の前のごみバケツ。豚のえさにするのかな?昔母親の話で豚に唐辛子は厳禁と聞いたような気がしますが、日本だけの話かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3772 韓国の食事、のほうがいいかな?

526

 これ、見ただけでわかれば結構な韓国通です。コップは写真のために私が置いたものですが、看板のように置かれている木の根っこがメインです。場所は鍾3、タプコル公園東通りのジューススタンドです。

 韓国暦は結構長いほうだし旅の密度では現地に住んでる人にも負けないぞと思う私ですが、発音、まだまだだなぁと思う経験がしょっちゅうあります。先月の写真ですが、ここでもさんざん「チッk1000Wオチ、一杯ください」というのが通じず、何度も言い直して、「アァ~。チッk」と言う言葉とともに、アジュマ、PETボトルの茶色い液体を紙コップに注いで渡してくれました。

 韓国ヤクルトなどからアルミパックの日持ちのする製品も出ていて、沐浴湯でも大人気のこの、チッk、何のことはない、日本でもそこら中に生えている葛の根を絞ったジュースです。酒飲みの必需品、これを飲めば悪酔いしないし二日酔いも迅速に改善するといいますので、私も見かけたら飲むようにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 ただいま休養中

046

 

 写真は信越本線田上駅。連休の最初に「歩いて護摩堂山登山」をやった帰りの写真です。かなり車が多い国道403号線はあんまり面白くないということで、いろいろ検索してみたところ、このあたりにも旧道があったことを知りました。どこへ行こうか?いろいろ考えた結果、前夜までの雨で山登りは滑りそう、ということで、この田上駅から先を歩いてみようと考え、自転車で新潟駅へ行きました。

 あまり考えないでの行き当たりばったり旅行、改札口へ行ったらちょうど5時17分の長岡行きの発車ベルが鳴っています。しょうがないので、次の6時5分だったかな?電車で田上駅。どこまで行くかも決めずに、でも、遠回りで時間がかかってもいいから旧道でとだけ決めてスタートです。

 結局、田上、羽生田、加茂、保内、東三条、三条と5駅分。JRの切符の値段で320円分を5時間弱で歩きました。メモを見ると、6時40分田上駅出発、7時35分羽生田駅。8時45分加茂駅。9時40分保内公園入り口、10時45分中小企業大学校入り口、11時34分三条駅で、31556歩。えちごワンデーパスを買っていたので、長岡まで行き、川西屋の酒饅頭と、飛詰の肉屋のコロッケ、メンチカツを買って夕方早めに戻りました。長岡でも歩いたので40547歩、たくさん歩いた一日でした。 次回はあまり暑くならないうちに、残りの三条から長岡まで、やはり山沿いの古い道をたどって歩くつもりです。

 ということで、今日は本当の休養日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

すばらしい韓国の食事689 デリマンジュ

666

 人形焼の生地でクリーム入り。行動食にはなかなか適しています。むき甘栗とともに重宝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記588 県道357号線で峠越え5

033

 

 この道だ、と思って進んだ左の道が普通で敗退。舗装道路の終点まで引きかえし、念のため右の道へも行ってみました。休耕田の脇を進む明るい道です。


034

 

 昔は稲を植えた田んぼ、好き勝手に雑草が生えています。


035

 ここから戻ったのですが、休耕田の先、一段高くなった場所のむこうには地図に寄ればやはりため池。その先は岩記号のむこうで小千谷市との境界の稜線です。行こうと思えば行けそうなのはこちらの谷ですが、足元は普通の運動靴、やはり戻ることにしました。

 帰宅後に検索しましたが、小千谷側は稜線まで、ゴルフ場経由の道があるみたい。下りで越えた方が楽なような気もします。しかし5月初めだからのこんな状態。これからどんどん草、藪、歩きにくくなる季節です。


036

 下り始めての休耕田です。


036_2

 あっれ、同じ写真、ごめんなさい。


037

 帰り道、代掻きの休みの地元の人に話を聞きながら歩きました。70年代とかその辺までは自転車を押して小千谷へ行った道だとのこと。一番歩きやすいのは3月、雪が締まった状態なら、どこでもいけるなんて言っていました。

 25000図の塚野山と地図帳をもっての訪問でしたが、今日、その下の法末というのを買いました。八石山も行きたいし、武石峠の旧道も行きたいし。今夜じっくり見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3771 충남 금산시외벼스터미널

452

 近いからいつでも行ける、そう思っていかないでいた場所の一つです。高麗人参で有名な場所の一つ、錦山。大田からもすごい高速道路ができていました。でも、走る車はほとんど無い状態。ちょっともったいない気もしました。


453

 高速を降りてちょっとした町で停車のあと、錦山へ。碁盤の目のように整備された思ったより大きな街です。じっくり歩かないで評価することはできませんが、なんだか期待外れ。後で聞きましたが昔は全羅北道だったのに、有力な政治家のごり押しで忠南になったといういわれ因縁のある場所だそうです。面白くなさそうなので、ここは素通りでした。


454


455


456


457

 ターミナルの端では犬が飼われています。今まで、長湖院なんかでも見ましたが、食用犬の飼育かもしれません。違ってたら未安ですが。


459

 到着早々、茂朱への切符を買い、次の道界越えのバスを待ちます。最近、大田、錦山、全州なんて検索でいらっしゃる方が多いのですが、大田からここ錦山までは本当に頻繁に、また錦山から茂朱、長渓、鎮安経由全州行きもかなりあります。でも、全州までは最短経路での早いのと、小さな村を経由する3時間近くかかるのと、2種類あるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

普通の韓国を探して3770 駅のホームで自転車走行

909

 日本でもたまに見かけますが、長いホームを持つ鉄道駅、駅員さんの個人のものでしょうか、自転車が置いてあることがあります。でも、実際にはなかなか走っているところは見たことがありません。 時には鉄道用地に自家用車が置かれていたりもする韓国ですが、実際にこんなふうに自転車に乗ってホームを走行しているのを見ました。

 制服かというと違います。手には包みをぶら下げてゆっくりとホームを走るアジョシ、いかにも韓国の地方都市らしい風景です。低めの、列車用ホーム、遠くにはヤードが見えます。改札が事実上なくなった韓国ですので早めに入場して入れ替えなどを見ていた時の1枚です。いいでしょう?

 さて、ここ、名前を聞けばかなり多くの方が知っている都市です。何駅でしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記587 ルアー釣りがなんとなくわかる

022

 連休の「新潟から歩いて護摩堂山登山」の時のものです。場所は新津の田家というあたりかな?新津駅から裏通りを歩いて国道403号線に出る手前、踏切の音が聞こえたので、急いでポケットからカメラを出しての1枚。磐越西線の快速だったか、その前の普通だったか、110型DCが轟音を上げて追い越して行きました。


038

 これも同じ日、もうすぐ田上町というあたりだったか、やはり踏切の音に気づいてカメラの電源を入れました。あまり好きじゃない新型のELです。この他にも貨物列車を見ましたので案外頻繁にここらへん、走っているのかもしれません。


041

 これは先週の休み、県道357で峠越え、の時のものですが、塚山駅にさしかかる特急か、快速くびき野号です。

 どうも鉄道好きの男子、踏切の音が聞こえたり、走行音、汽笛が聞こえるとついついデジカメの電源を入れてしまう、そんなのってありそうです。うまく撮れなくてもとりあえず撮っておく、撮りたい、動くものに食いついてしまう肉食魚の気持ちがわかるような気がします。

 今週の休みはどこを歩こうか?もしくは走ろうか?やっと連休しわ寄せ激務がひと段落した今日、考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事688 焼肉にはマヨネーズのサラダ

1202

 20年近くも前の話で、すでにちょっと書いたかもしれませんが、うちの子の幼稚園友達で、お父さんが大韓航空新潟支社の方がおられました。羅徳吉さんというのがお父さん。上の子も下の子もそちらのお子さんと同期でいろいろ教えてもらっていたのです。家内がお母さんから聞いた話で、焼肉の時にはポテトサラダなどマヨネーズ味のサラダをきっとつけないといけないのだそうです。社員の部下を家に呼んでのご馳走の際にポテトサラダを出さなかったので旦那さんが怒っただか、そんな奥さんの愚痴の話です。

 その後韓国へたくさん行くようになりましたが、確かに焼肉のおかずに、こんなサラダ、たいてい出てくるような気がします。時にはジャガイモでなく角切りのリンゴだったりしたこともありますが、焼肉にはこういうサラダ、付き物なのかもしれません。まぁ、20年も経てば多少の趣向の変化はあるのかもしれませんが、これは今年の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3769 釜山大学校前

678

 韓国の大学、山にあるってことになっています。修行や勉学は山で、というのは儒教と関係あるのかな?ソウル大、延世大、高麗大、漢陽大、成均館大、ソウル女子大、西江大、大小の差はあれ、そのあたりの高くなった場所にあるのでした。この釜山大学校も一緒で、金井山の麓の斜面にあります。

680

 男子学生が好きな撞球場、ピザの店なんかが見えます。


682

 韓国お得意の標語。まぁ、ごみを道に捨てるなってことなのですが、文句を読んでみてください。向こう側の占いの店は前に紹介しています。


683

 日本語の看板、ここ数年激増したと言ってもいいでしょう。1年行かないでいると浦島太郎状態になってしまう韓国です。


684

 正門わきの建物、YBM時事の外国語学院もあるみたい。映画館もあったかな?


685

 ここも三段トーストでしょうか?軽食のテイクアウト店です。


686

 これはずいぶん前に紹介したハルモニの三段トースト屋台。店ごとにサービスを競っているのでしょう。それだけお客さんの学生が多いということでしょうが、うらやましいです。


697

 チャンジョン洞の方へ行く通りです。


698 

 ここにもコーヒーの店。ここ5年かそこらで本格コーヒーの店がすごく増えています。4000W基本という感じですが、どこもけっこう繁盛していたり。400Wとかのあの半分くらいしか出ないカップの自販機は減る傾向にあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記586 県道357号線で峠越え

025

 ついに道じゃない杉林に突入です。下は杉の葉だの小枝が積もってフカフカ。時々足がずぼっと潜ります。手袋と長袖は用意してきましたが、靴は普通の運動靴、歩きにくいことこの上ありません。道の跡を探しながら登りますが、皆無と言っていい状態でした。春の雪解けの季節で、雑草が少ないのが唯一の助けです。


027

 稜線に出れば道があるはず、と思い、やみくもに明るいほうへ上ります。できるだけ明るいスカイラインが低い場所を狙って歩き、やっと小千谷との境界の稜線?と思いきや、なんと池がありました。


029

 水鳥がバタバタと驚いて離陸します。小国町の山の中の誰も知らない池を発見、と思いきや、こんな山の中なのに、後で聞いたら人口のため池なのでした。けっこうな大きさがあり、その先にまた稜線までの斜面があります。結局ここで小千谷への峠越えは断念。戻ることにします。


030


031

 来た道とは違う少し北側、別の谷からの峠道が地図に記載されている方へ降りてみようと思うと、またも小さな池があります。不思議な地形です。


032

 道のない山の登山、下りのが気を使います。落ちやすいのも降りるときです。携帯電話はとっくに圏外。怪我をしないよう注意して下り、やっと杉林の入り口付近まで戻りました。見えるシダはみなコゴミです。伸びすぎていますが、雪のそばにはちょうどいいのもありました。山菜取り禁止、とあるのは前にも書いたように、お金になるゼンマイの事と言っていいのでしょう。コゴミなんて言い方は悪いですがゴミが語源なのでは?と思うくらいに生えている中越の春の山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

すばらしい韓国の食事687 鍾路3街 こういう店もよさそうです

032

 鍾路の3街、大通りの南側にこんな店がありました。「大동원회시장」とあります。「大東原膾市場」かな? ドンウォンというのはチャムチ、ツナ缶だのコルベンイの缶詰を出している韓国を代表する食品会社ですが関係あるのかどうかはわかりません。単に海産物、ということでちゃっかりドンウォンの名前を借りてるだけの可能性もあります。

 

 間口は狭いけれど、100席完備とあるように奥行はけっこうありそう。また午後早目の中途半端な時間でしたがハラボジ中心にけっこうお客が入っています。左のお辞儀するマネキンみたいなのは最近流行りだした広告の人形。韓国の事ですから案外安いのかもしれません。

 下の写真、ショーケースを見ると、見本の蝋細工ですが、上の段左から順番に

活魚フェ(刺身)15000W  ヘムルモドゥム(盛り合わせ)20000W 活魚フェ10000W

ナクチ10000W ヘサム(海参)10000W モンゲ(ほや)10000W コルベンイ10000W

フェトッパプ5000W アルタン5000W ソデリタン5000W テグタン5000W

ヘムル盛り合わせはどうやら中段のナクチ、ヘサム(なまこ)、モンゲ、コルベンイのセットのよう。下段のメニュー、フェトッパプ以外は1人前の値段で、サンプルは3人前という感じです。

 数年前に出たソウルの飲食店のガイドブックで、筆洞のほうのこんな店を紹介していましたが、どうもガイドブックの後を追いかけるのは悔しいし、ということで行ったことはありませんが、ソウル、案外こんな店も多いのかもしれません。タプコル公園も近いので、ハラボジ密度が高い町、公園周囲は激安の店が多いけど、ここは大通りでもう少し値が張るようですが、2人で刺身10000W,焼酎2本で16000W、そんな店なのでしょう。

 これなら一人でもいけそうな値段のようです。次回、ちょっと早めの酒にでも行ってみようかと思っています。


033

 知らなかったソデリという単語、久々に小学館を見てみました。ウシノシタ、とあります。舌平目の類なのでしょうが、安いですね、韓国。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事686 キムチはすごい

1205

 インフルエンザの予防効果があるという報告があったこの冬、一部のヨーグルト、乳酸菌飲料が品薄になったと聞いていますが、いい乳酸菌というかいい腸内細菌叢を持つことは健康維持にはきっといい、そう思います。

 

 写真は、豚の焼き肉の店のおかずで出てきた白菜キムチ。もっとも代表的なキムチの一つですが、これも、乳酸菌の塊と言ってもいい健康食の一つです。よく韓国へ行くと、そんなに韓国に来ていて、韓国の食事の中では何が一番好きか?と聞かれます。最近の答えは「テンジャンチゲ」ですが、もっと細かく聞かれた時には「カッギムチ」と答えています。

 主に全南地方のものとされていますが、カッというのは韓国の高菜。根元に近い茎が太く発達した野菜です。日本のものは幅広の茎が特徴ですが韓国のはちょっとちがたっタイプ。でもアブラナ系の芥子菜類、青いままだとちょっとピリッと辛い大型の菜っ葉。山形の青菜、広島の広島菜、そして九州の高菜、新潟のたい菜、そんな感じの菜っ葉のキムチ、とても美味しいのです。

 昨年11月の訪問で買ってきたのを正月頃に楽しみましたし、この4月の訪問の時のは今食べています。どうも日本向けの真空パック、発酵が進んでいないものが多く、また薄味です。そのまま食べてもあんまり面白くないので、賞味期限を過ぎるまで置いておいて開封し、自家製のセウジョッやら、ぬかみそ漬けの野菜なんかをくわえて酸っぱくなるのをまってからいただきます。連休ころからちょうどおいしくなってきました。やはり普通に韓国のアジュマが自家用に、また食堂用に漬けるもののが美味しいので、それにできるだけ近づけるという感じです。

 

 今までのベストは、ソウル、中央市場東の食堂コルモクにあるケコギの店「珍島食堂」だったかな?そこのスユクのおかずで出たかっぎむち。でも、うちのもそれに似たレベルになってきた感じで、少しずつ楽しんでいます。自前のシール容器を持ってって美味しい食堂を見つけたら有料で分けてもらうとか、やってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3768 晴れてくれた2日目の朝

058

 久しぶりに雨に降られたソウルの初日でしたが、2日目は予報通り晴れ。気持ちのいい日になりそうです。


059

 鍾路3街の裏通りにあるサンシャインゲストハウスの窓からの風景です。向こうの建物の先が楽園商街東口の通り。国楽器の店が並ぶあの道です。


060

 日本でも電車からの風景なんかは似たようなもの。見えない部分はケンチャナヨです。


061

 部屋にいるときはテレビをつけっぱなし。聞き取り練習のためです。この宿、コップはありません。洗面所にプラスティックのがあったかな?紙コップは各階のウォーターサーバーのところにあるので、それでマッコリを飲みました。


062

 一応枕には1000Wを。でも、帰ってきたらタオルの交換とゴミ箱の片づけだけで、ベッドはそのまま、1000Wもそのまんまでした。


063

 さて出発。これは踊り場から2階の廊下。冷凍庫があり、開けてみたら誰が置いて行ったのか、アイスクリームのバケツ型だのが入っていました。長期滞在する欧米人とかが多いのかもしれません。日本人だと、誰かに盗られないかなんて心配してしまうかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記585 県道357号線で峠越え3

018_2

 一休みした分かれ道です。右の道は広い谷、でも、地図を見るとそっちは尾根の下の崖記号です。多分だ左だろうと予想して左の道を進みます。


019

 砂防ダムが2、3個あります。


020_2

 砂利が敷いてあった道の終点。でも、まだ軽トラックが入ったような轍の跡があるので進みます。


021_2

 谷の向こうは平地があり、もとは田んぼだったのかなとも思えます。


022_2

 姿のいい広葉樹。もしかしたら昔はこの辺に人家があったのかもしれません。


023

 道形はさらに怪しくなります。この先は左に回り込むようにして進みます。


024

 すると杉林に突き当たりました。ここで完全に道らしいものはなくなってしまいました。さて、どうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

普通の韓国を探して3767 韓国だって外国なんだ

046


 

 タイトルは自戒をこめての言葉です。よく韓国観光サイトに飲食店だの商店の店員さんの対応に関する文句が書かれていますが、何でそこで抗議せずに帰国してから、日本人だけしか見ていないような場所でうじうじとひどい悪口を書くのかな?って思います。

 基本的に日本人には居心地がいい韓国、治安はいいし、食事は美味しいし、とにかく似ている国です。 日本に先駆けて観光立国を目指していますので、一応体制あげての宣伝、対応をしてますが、個人個人ではやはり徹底していない部分もあります。5000Wや6000Wの安い飯で1時間半粘って、だの、日本の店だっていい顔しないはず。率直でストレートな韓国の人が期限悪くなるのは無理ありません。

 3回や5回、いや10回や20回行くと、何かベテランになったような、通になったような気がしてしまいますが、あくまでそこは違う文化を持つ外国、簡単に文句を言ったり悪口言ったりできないと思うのですがねぇ。

 写真は、とある大人気の食堂のお昼過ぎ、混雑もひと段落という時間です。店の中はこんな状態。これだって、この店のルールなんでしょう。クニャン、受け入れないといけません。嫌なら行くべきではないし、行って食べて、文句を言う正当性はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 寒い

054

 午前中は雨という予報でしたが、幸い降っておらず、自転車で出勤です。新潟地方、かなりの寒さで、家でも医院でも暖房が必要なくらい。冬みたいな服装で出てきました。

 依然、連休のしわ寄せで、本日も大忙し。予約ノートは真っ黒です。スタッフともども、がんばって夕方まで働きます。

 明日は休みの日曜日、天気はまぁまぁという予報ですので、また歩くつもりです。4月のころはくるぶしやひざ、ももなどの関節の痛みや足のマメなんかが大変でしたが、徐々に適応してくれているようです。50を過ぎても身体を鍛えることができる、というのは本当のようです。積極的な運動を心掛けたいものです。

 しかし、歩いていて思うのは、自転車のすごさ。地球環境を汚さずに、楽に速く移動できる、その効率は大したものです。ただ、私のように、早起きして電車で移動というやり方で、途中で高校生の通学ラッシュの時間にかかると、自転車の持ち込みはかなりの迷惑になりそうなこと。8時ころに長岡駅へ着く電車の混み方は、最近まで知りませんでした。かといって、車で自転車を運んでというのはあんまり意味がないようにも思えます。やはり基本は歩きなのかもしれませんね。

 写真は長岡市宮内の旧街道。ここも車が少ないいい道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3766 ソウルの街を歩く

365

 最近でこそ、ウォーキングでたくさん歩くようになりましたが、自転車や車での生活、地方都市に住んでいると案外歩かないものです。万歩計の数値、車で通勤した昨日は5029歩、その前の日は休みで留守番だったので4064歩。その前日、9日は塚山ウォークだったので33028歩。意識して歩かないと電車通勤とかの都会の人に負けてしまうのではないかと考えています。

 ソウルへ行くとでも、たくさん歩きます。都会人になったように。バスに乗ったり、地下鉄に乗ったり。ソウルへ行くと運動になる、という方は私以外にも多いのではないでしょうか。1枚目、空港鉄道孔徳乗り換えで光化門駅。歩いて鍾路1街、そんなあたりです。


366

 「韓国訪問の年委員会」が入っているアルパビル。鍾閣駅のすぐそばです。歩道が広いですね。さすがソウルの中心、韓国の心臓と言われる鍾路です。


367

 同じ日の写真なのですが、鍾閣から乙支路6街まではタクシーに乗ってしまいました。カバンがあったもので。東大門市場の南、国立医療院の向かい側、訓練院公園の近所、タクシー技士さんにいろいろ説明しましたが、結局一番通じたのが乙支路電話局、現KT乙支路支店でした。距離にして2キロちょっとかな?もっとあるかな?荷物が無ければ歩ける距離です。


368


376


380

 3月の時の宿所になったニュー天池ホテルの周辺の写真だと思います。北から、鍾路、清渓川路、乙支路、退渓路と大通りが東西に走るソウル旧城内。西から1街、東は6街が東大門、大体の地理的感覚をつかめればとても歩きやすい都市です。

 アップして写真を見てみました。最後の2枚は天池ホテルから忠武路駅へ行く道でした。なかなか便利な場所で、旅慣れた方ならリーズナブルに使える宿だと思います。どこへ行くにも便利ですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記584 県道357号線で峠越え2

008

 小国町鷺ノ島集落で国道404号から左折。県道357号線に入ります。日陰には残雪も出始めました。残雪の周囲にはふきのとう。売っている奴はすでに花が見えていたりするのもありますが、本来のフキノトウは筆の先のような感じの小さいものをいうのだと思っています。開き始めたら2級品、という感覚を持っています。ですので、採るというよりは残雪の端をスコップで割って雪をどけ、雪の下のをちょこっとちぎる感じです。


009

 田圃の代掻きの真っ最中。平場は連休に田植えなのに、1週間以上遅いようです。遠くに見えるのが渡ってきた渋海川の橋のひとつです。


010

 丸木橋、一本橋という言葉の通りの橋。流された時のためか縄でつないであります。


011

 分かれ道には山菜取りの入山禁止の立札。歩くだけならいいだろうと思って進みます。


015


016

 結構奥まで現役の田圃があり、農家の人たちが田植えの準備中。思ったより人が多い中の歩行になりました。流れから田圃に水を引き込むやり方がいろいろあるのを学びつつ上ります。


017

 途中で、コゴミ採りのハルモニに道を聞くと通れないという返事。でも、行ってみないとわかりません。地図にはちゃんと道が記載されているのですから。最後の1枚は舗装道路の終点。道が二手に分かれます。ここでちょっと休憩。水を飲みました。右へ行くか左へ行くか?一休みして考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

とうちゃんの自転車日記583 県道357号線で峠越え

002

 朝の電車で長岡へ。短い接続で直江津行に乗り換えて塚山駅。旧越路町です。駅前の自販機で水を1本買って歩き出します。国道404号だったかな?何度も車では走っている道を南へ。長谷川邸という豪農の館の駐車場で一休み。見事な大木がありました。


003

 その下には小さなお堂と道祖神。下越ではまず見られないのですが、ここ中越から長野県にかけてはけっこうあるみたい。しかし何百年にもわたってこういうのを作る慣習があったのに、ここ数十年は途絶えている感じ。もう新しいこういうのは作られることが無いのかなぁ?と思うとちょっと残念に思います。


004

 これはたまたま停まっていた自治体のバス。越後交通に委託しているのでしょう。ここ塚山と越路町役場があった来迎寺を日に数本、結んでいるようでした。お客さんは誰もいませんでした。


007

 長谷川邸の見学も?とも思いましたが歩くのが目的。おまけにまだ開館時間前でしたのでパスして、旧小国町方面への国道を歩きます。この川は渋海川(しぶみがわ)。なくなった父の故郷である長岡市深沢の川でもあります。父の生前の話では、上流に松之山温泉があるせいか、信濃川のアユはこの渋海川には上らないのだそうです。雪解けの時期でもあり、かなりの水量でした。

 

 蛇行する渋海川の橋を2つ渡ると旧小国町。割合開けた谷に広がる田舎の町です。山間にあるためか田植えの時期も平場より遅いようで、田圃の準備中でした。目的の道は県道357号線。小国の鷺ノ島という集落から東へ、小千谷方面の峠に向かう道です。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 雪国の春

038

 旧小国町、鷺ノ島という集落です。道端の消火栓、3段になっていて、冬の雪の多さをしのばせます。干してあるのはぜんまい。やはり9日水曜日の写真ですが、あちこちの家でぜんまいを干していました。

 

 山菜の中でも保存が可能で商品価値があるのがぜんまい。この季節だけ、仕事のようにしてゼンマイ採りをする人の中には日に10万円とかも稼ぐ方がいるとも聞いています。よそ者の山菜取りを禁止する訳がわかります。

 しかし思うのですが、山菜って、そんなにありがたいかな?ということ。「食べても死なない」、「食べようと思えば食べられる」、という野草なわけで、特別美味しいとも思わないものがほとんど。季節性、それと、珍しさで人気がある部分が大きいような気がします。普通に年中スーパーで売っていたとしたら、安くない限り、わざわざ食べたいとも思わないのですが。最近、よく見かけるコゴミ(コゴメ)など、何の味もしません。昔は誰も採らなかったのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3765 ロッテワールドのフリーパス

001

 韓国訪問の年委員会から送られてきた賞品の、ロッテワールドの入場券です。期限は8月いっぱい。どうも、遊園地に行く年齢ではないし、一人で行くことが多い私ですので、世話になっている知り合いの食堂アジュマに贈呈することにしました。普通に買うといくらくらいするのでしょう?3万Wくらい?旦那さんと子供と、休みの日に行ってくれればと思います。 ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記582 見たことない塗装のディーゼルカー

057

 5月9日、水曜日の写真、場所は信越本線と上越線の分岐になる宮内駅、長岡市です。新潟方面へ戻ろうと思って駅に入ったら、見慣れない色のDCがいました。郡山所属、東北地方の車両のようです。


058

 こちらは見慣れた新潟地区の色。あまりいい趣味だとは思いません。


059

 そんな気動車が2両連結。回送列車のようですが、只見線に使う車両のようです。地震の影響で、確かいまだに只見線、新潟県側と福島県側、山の中で不通になっていたはず。通じていれば、本来の路線で運べたであろうに、しょうがなく新潟経由で持っていくところなのかもしれません。


060


061

 しばらくして、発車。ダイヤの合間を縫っての回送でしょうが、今の上越線、昼間は1時間に1本あるかないかの状態ですので線引きも簡単なのではないかな?新潟駅にもDCの列車はけっこう入りますし、飯山線、只見線、磐越西線、羽越本線、米坂線など、まだまだ普通に活躍している新潟県です。

 ちょっと気動車のこと、ネットで見てみました。私が小さいころのラインナップはキハ18、キハ20あたりが普通列車の主役。新しいタイプという感じでキハ35。急行用はキハ28とキハ58。特急用は東京住まいだったもので、ほとんど見たことが無かったし乗ったこともありませんが、キハ81、キハ82。新型のキハ65が出たころには鉄道趣味から離れてしまっていました。小海線、米坂線などの山の路線では「のろいなぁ」と思って乗っていたものですが、蒸気機関車時代に比べればそれでも格段に速かったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

2012年5月10日 死ぬ前にもう一度アメリカへ行ってみようかな

003

 こんばんは

 写真は先月末の新潟空港。小千谷蕎麦の須坂屋が店を閉めていました。小粟田原の須坂家と同じ店かどうかはわかりませんが、家賃の高い空港ビルの店、経営は大変なのでしょう。

 変なタイトルですが、行きたいところ、大判の大学ノートにメモしています。多くは日本と韓国。でも、欧米だと大英博物館と、Nyのイントレピッド博物館の2つがあります。ちょっとマニアックな後者は、やはりKEの機内雑誌で知った場所。でも、久々に増えた行きたい場所です。

 ずいぶんアメリカにも行っていませんが、LAのコリアンタウンとともに、NYも死ぬまでには行っておこうかなと考えています。お金は使って初めて生きるもの、無理の無い範囲で、あちこち見ておきたいものです。

 

 安寧にお休みなさい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記581 歩きマラソン24 ゴールの柏崎駅へ

428

 30分くらいかけてお風呂に入り、また出発です。でも、45キロ以上も歩いてきて疲れたところでの入浴。どっと疲れが出た感じ。足もかえって痛くなったような気がします。でももう知った道。柏崎駅まで歩くだけです。この辺は柏崎の旧遊郭があった場所。前にも自転車日記で紹介していますが、道路の区画、方向がここだけ違っている、東京の新吉原とおなじような感じが今の地図でもわかります。


429

 これも振り返っての1枚ですが、その旧遊郭の一番奥にあるお宮です。


430

 

 左へ曲がって寂れた(?)飲み屋街を進みます。原発は何十年もかけた事業。昔は建設関係の人がたくさんいたという柏崎ですので、飲み屋街が発達したのでしょう。ここの他に昔からの商店街と駅の間にもかなりの数の飲み屋があります。


431

 東柏崎駅の入り口で右へ。ここも昔は栄えたと思われる諏訪町という商店街を行きます。この先で、自分へのご褒美、ラーメンと餃子を食べました。ビールは、飲むと気持ちがたるんでしまうような気がしておあずけです。


434

 柏崎の人が思うほど他の県民は知らない閻魔堂というのが街中にあります。お祭りというか縁日で有名、だという話です。


436

 最後は古い商店街を越え、坂を下って行くと、毎週来ていた柏崎駅。歩きマラソンといいますが結局旧道を寄り道したりで50キロ以上歩きました。休憩、お昼、入浴、夕食を含めて11時間半。どうやら歩きならマラソンコースは行けそうな事がわかりました。

 

 この次の週に新潟市から全部歩きでの護摩堂山登山、昨日は旧道の峠を訪問、なんて、自分でちょっとしたテーマを決めてウォーキングを楽しんでいます。次はどこへ行きましょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記580 歩きマラソン23 柏崎市内中心部へ

418

 西中通駅を過ぎると、けっこう大きな川の橋になります。これはその上から下流方向の写真。越後線の鉄橋が見えます。この辺は平地が無く、また、この辺の川、暴れ川として有名だったようですので、田んぼもありません。比較的新しい時期にできた町なのではないかな?


419

 またも越後線の踏み切りなのですが、ここでもカラスが道路にクルミを置いて車に割らせてというのを見かけました。同じ日に3回、ということは、クルミの木のある田舎ではごく普通に見られる光景なのでしょう。朝見たときは「すごいものを見た」くらいに思っていましたが、別に珍しくもなんとも無いようです。


422

 日帰り温泉方向へ、ちょっと方向転換。源之助の後裔の石屋さんがあるほうの国道に出ます。ここはよく知った道、何度も通っている道です。この辺の昔の地名が悪田村。前記の通り、川がしばしば氾濫してということで付いた名前でしょうか?でも、住んでいる人には済まないような地名ですよね。


424

 

 国道を横切って海のほうへ進みます。すでに6万歩くらいだったかな?もう少し行けば休める、なんて思い筒の歩行です。


425

 着きました。ソルトスパ潮風だったかな?夕方の日帰り温泉、仕事を終えた方も多いのか、結構お客さんがいました。海のそばの地下水ですのでしょっぱい塩味のお湯です。最終目的地柏崎駅まではもう2キロくらいの場所です。6時15分に旧大河津駅、現寺泊駅を出発してから10時間以上。でも、思ったより早い到着です。まずは風呂風呂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事685 日式チプのフェモドゥム(刺身盛り合わせ)

714


 韓国独自に発達したジャンルである「日式」、まぁ、宴会の和食のコースに近いと言えば分りやすいでしょうが、何でも出てきます。この1枚は李準圭先生に連れて行ってもらった瑞草洞の「漁夫」ですが、刺身もこんなふうに、まぁ、日本式に取り混ぜて出てきます。

 何度か書いていますが、これが「フェチプ(活魚刺身屋)だとこうじゃありません。もちろん、多数のツキダシが出てくるのは似ていますが、基本は活魚の1匹買い。しばらく待ってメインの活きづくりが出てきます。でも、韓国人が好む白身の魚、生きていたのを殺してすぐだと身が柔らかく、味も・・・あんまりしません。白身の場合、しめて少し冷蔵しておいたほうが美味しくなるものが多いのです。新潟名産のアラなんかもそう。クエだってそうです。まぁ、チョコチュジャンをつけたり、チョコチュジャンで和えた野菜の細切りと一緒に葉っぱで包んで食べるとかだとなんでもいいのだとは思いますがどうも日本人の魚好きにはもったいない食べ方だと言えます。

 こんな風にして出てくる日式の店の刺身、もしくは前にちょっとアップしましたがランチのテグタンのおまけに出てきたほんの少しのひらめの刺身、どうもそんなほうが活魚よりも美味しい、そんなふうに思います。この時の刺身も、いずれもかなり美味しくいただきました。

 韓国のフェ、まぁ話の種には面白いかもしれませんが、味は日式カゲのが勝つかな?と思っての紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3764 ケンチャナヨ、警察官だってお腹がすく

679

 釜山市の釜山大学校正門前です。いくつかある釜山大名物三段トーストの屋台に若いお巡りさんが並んでいました。普通は2人だと思うのですがもっと多いグループです。研修中?まさか団束?

 日本だと警邏中のお巡りさんが屋台でちょっと腹ごしらえなんてのは禁止されているでしょう。うるさい市民に通報されてしまうかも。韓国ならではの風景、そんなのいいじゃん、と私も思いますよ。いい意味でのケンチャナヨです。

 日本でも制服でない刑事さんとかは割合自由が利くはずです。いつもご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記579 歩きマラソン22 柏崎市内へ

251

 刈羽丘陵の西の端のあたり、低くなってきた最後のあたりの小さな峠です。前にも書いたように、仕事でも、遊びでも何度も来ていた柏崎ですが、このあたりは知らない町です。


252

 峠の頂上付近の駐車場でしょうか、杉の木が崖と一緒に崩れ落ちています。ほったらかしのようです。


253

 下りにかかります。ここを降りれば柏崎の市街地の一角に入る、はずです。道は狭く、やはり刈羽村のがそういう都市基盤は整備されています。


254


255

 お宮にお参りしつつ、下って下って



256


257


258

 やっと平地に。越後線西中通駅の近くになります。とうとう柏崎市の市街地まで到達しました。この先、日帰り温泉に寄ってから柏崎駅のゴールを目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

2012年5月9日 どこへ行こうか?まだ考え中

223

 いつも通りに早起きして、自転車で出てきました。バスに乗るか、電車に乗るか?はじめから歩くか?まだどこへ行くか決めていません。歩きマラソン的にウォーキングを中心にするか? 駅レンタサイクルを活用するか? 美味しいものを食べることを中心にするか?これから駅まで歩く間に決めます。夕方まで楽しんできて、明日は留守番かな?

 写真は1月下旬の富山駅です。

  こんばんは

 夕方に戻りました。どこへ行こうか決めない旅。信越本線の塚山へ行こうということだけ決めただけで、長岡行きの電車に乗りました。車では散々行っている塚山駅。鉄道で訪問するのは初めてでした。この時点でもどっちへ行くかは未定。塚山峠を越えるか、小国方面へ行くか?それとも墓間の湯だの、東谷だの塚山を深く見るか?

 結局決めたのは小千谷への山越えです。しっかりトンネルがある国道、県道はつまらないので、通じているかどうか不明の(地図により書いてあるものもあり)県道357号を歩いてみることにしました。塚山駅から塚野山の中心を過ぎるとすぐに小国町。渋海川の橋を2つ渡って鷺の島集落。そこから東へ。小さな谷を遡ります。山間地とあって、まだ残雪もあり、田んぼを起こしている段階。結構農作業やちょっと前の水害の復旧工事の車が入っている谷を徒歩で上流へ。

 この先は別にまた写真を添えてアップしますが、結果は敗退。靴が簡単なものだったこと、長袖と手袋は用意したものの、山登りは考えていない軽装でしたので、引き返しました。来た道を戻る途中、地元の方の数人に話を聞きましたが、3~40年前までは小千谷へ越える現役の道だったとのこと。自転車でも、一部押して歩く区間があったものの、小国町の人が小千谷市へ行くのに盛んに使った道だったそうです。

 谷の中では携帯が通じず、無理できない状況でしたが、地元の方の話では残雪期、締まった雪がある時期なら簡単にいけるという話でした。こんなことに興味を持つ方は少ないかもしれませんが、県道357号の小千谷への峠越え。いつかまたトライしてみるつもりです。がんばって歩いて小千谷へ出て美味しいそばをと思っていたのですが、同じ道を塚山まで戻り、長岡へ出ました。万歩計は32000ちょっと。25キロくらいですが、とんでもない藪漕ぎ、木々につかまっての下りもあり、おおいにくたびれた一日になりました。

 横にならないと眠れない私が帰りの電車ではうとうと。帰宅して夕食、一杯やった今は、横になれば20秒で眠れそうです。思い切り疲れるくらいの運動、たまにはいいものです。皆様もいかがでsでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事684 最近好きになってきた(=慣れてきた?)タンスユク

950

 韓国人が大好きなメニュー、韓式中華のタンスユク(韓国式酢豚)です。チャジャンを食べによく中華の店へ行きますが、韓国の人たちもやはり多くはチャジャンを注文。でも、今日はちょっと…という感じで2人で一つ、もしくは3人でひとつ、このタンスユクを頼んで皆でつつく、そんな風景がよく見かけられます。

 あまり脂のない豚肉をほとんど下味なしでから揚げにしたものに、甘酢のソースをかけて、という料理で、日本人の普通の感覚でいくと甘過ぎであることが多いのですが、最近これ、ちょっと好きになってきました。店によっては少し下味をつけたり、また酢が黒酢だったり、野菜の具にもちょっとバリエーションがあったり。なかなか面白いなと感じています。

 食べきれなければ最近の韓国、もったいないので包装に、という運動が普及しつつあり、頼めば持ち帰り用に包んでくれますので、普通の観光的韓国料理を一通り食べたよ、という方、中華の店へ行ってみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

普通の韓国を探して3763 韓国訪問の年委員会からのDHL

071

 昨日の夕方、国際宅配便?のDHLというので韓国からの荷物が届きました。先日報告した中央日報のコラム、「外国人が惚れた韓国」の謝礼です。メールで事前に知らせは頂いていたのですが嬉しかったです。ありがとうございました。


083

 パッケージを開けると、こんな封筒。


084


086

 立派な箱に入ったものは、表に「螺鈿」とありましたので何だろう?と思って開いたら韓国風の袋に入った16Gのメモリー?デザインに力を入れ過ぎてか、差し込めるスロットが限られてしまいますね。でも、うれしい。


087

 これは、スマートフォンなんかの画面のクリーナー。韓国訪問の年のロゴ入りです。この他に写真を撮り忘れたのですが、ロッテワールドの入場券2枚が入っていました。どうもありがとうございます。

 中央日報からは原稿の謝礼として20万Wを頂ける、ということだったのですが、海外送金の手数料はものすごく高いのです。銀行に儲けさせるのもなんなので、そのお金は「誠金(寄付金)」として、韓国の不遇な方とかへの基金に、とお願いしてあります。大好きな韓国のために役立てば、それ以上の幸福はありませんので。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月8日 本日はオープンデイ

222

 日曜やった週の火曜日はオープンデイ、研究日なのですがやはり連休のしわ寄せでか、今日はけっこう予約が入っています。空いている時間を有効に使いましょう。

 今日は荷物があるので車で出勤。途中で聞いたラジオでダイエットの話。BMIというインデックス、体重÷身長(m)÷身長で、18から24までが正常範囲とのこと。前にもやったことありますが計算してみました。40歳過ぎから人間、身長が縮み始めます。昔は173あったはずなのに、医院の身長計(成長中の患者さんは全員毎月身長を計測、記録します)で測ると171㎝。69と1.71で計算すると23.6.ぎりぎりセーフです。そのラジオでは、20歳の時の体重と今の体重の真ん中までは減量できる、それ以上は難しいと言っていました。20歳というと、山をやっていた元気な時代。57キロとかそんなだったはず。最大で84まで行って、自転車を始めて今は何とか70以下を保っている状態。69と57の中間は63キロ。ちょっと難しそうですが、日ごろの運動は続けてみましょう。でも、酒をやめた方が早いかもしれませんね。1か月くらい禁酒生活をしてみようかな。

 明日明後日は休み。ここ数年、自転車をやり始めてからは休みの日の天候が気になります。この2か月くらいはウォーキングが中心。木曜はちょっと天候が崩れそうなので明日は歩くよ、と家内に言って出勤しました。昨日書いたように車の排気ガスを吸わずに長く歩ける気持ちのいい道を探します。 幸い、ここ数年間、自転車で走って覚えた田舎のいい感じの道、いくつかストックはあるのですが、どこへ行こうか?楽しみです。早起きして駅まで自転車、それから電車で郊外へ移動して歩き始める、多分そんなふうになると思います。

 写真は1月末の富山駅、夕刻。今年の大雪が始まった日です。雪と言えば、高速バスを使って六日町とか十日町、残雪の山々を眺めつつの魚沼ウォーキングもいいかもしれませんね。

060

 オマケ 4月中旬の柏崎歩きマラソンの時に痛いなぁと思っていた左足の親指の爪、内出血で真っ黒です。いつかボロッと剥がれるのかな?今は全く痛くないのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3762 どんどん変化する街 ソウル特別市 楽園洞東

088

 下に見える石の構造物は5号線鍾路3街駅の3番出口前の換気口です。楽園商街の東口、前に、ソウルでもクジラ料理の専門店が、と紹介した「捕鯨船」という店、前の記事にあるのですが、1年も経っていないと思うのに「ポーシージュン(四季)」だかいう、たぶんベトナムサルククス(コメの麺)の店(?)になっていました。正面2階です。

 浦項だの、ウルサン、釜山あたりではけっこう鯨肉の料理の専門店があるのですが、ソウルにもあった!高そうだけどいつか行こうとおもっていたのですが、この3月には別の店になっていました。写真は4月のものですが、1月の時はどうだったかな?ともかく残念です。 この「捕鯨船」、前に紹介した韓国ブルーリボンサーベイ「ソウル版」にもしっかり掲載されていたのに、1年もしないで閉店。いかにも韓国にありそうなことです。日本だとそんな有名本に出る店、まぁ、ずっとではなくても2~3年は持つだろうに… あんまりだとわかるとすぐにやめてしまう、そこが韓国の長所でもあり、短所でもあるのでしょう。

 3万とか4万Wの一皿になりますが、鯨の肉の茹でたのの盛り合わせ、日本ではなかなか食べられないし、もっと高いでしょう。こちらの検索ワードでも「韓国 レバ刺し」、「韓国 ユッケ」なんてのが最近多いのですが、鯨肉も韓国、安くておいしいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記578 歩きマラソン21 刈羽村 荒浜駅からついに柏崎市へ

243

 古い道、江戸時代か、それ以前からの街道を歩きます。越後線の踏切を渡ると道なりに左へ。もうすぐ荒浜駅です。


244

 荒浜駅。やはり無人でごく簡単な駅舎だけ。しかし初めての場所、うれしい気分で歩きます。


245

 ここからは今までの県道よりもさらに古い旧道と思われる道を進みます。越後線の線路に近い曲がった道です。


246

 神社の前を過ぎ、道がカーブすると、地図では湿地の印がある場所へ。地図好きには湿地って興味があるものです。いったいどうなっているのか?水がどれくらいあるか?実際行ってみるとただの原っぱだったりもありますが、湿地のマークは大好きです。


247

 期待通り、湿地というより水鳥の遊ぶしっかりした池があります。嬉しい一瞬です。


248


249

 簡単に整備された公園のようになった池を過ぎ、少し上りの道になります。


250

 深い部分は養魚にも利用されているようです。けっこう上って、県道と合流。小さな峠を越えていよいよ昔は毎週アルバイトに来ていた柏崎市に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事683 ソウル 鍾路5街 冷麺が美味しい店

500

 鍾路5街の食堂が並ぶ通りにある冷麺の店です。夜は冷麺だけでは商売にならないのか、焼肉の設備もあるようです。焼肉の後の冷麺というのも韓国では普通ですから。右向こうのテーブルでは会社員風のアジュマが一人で待っていました。


501

 けっこう待って出てきた水冷麺、ここは6000Wだったと思いますが、ボウルもでっかく、麺の量も充分ありそうです。氷が浮いたスープが美味しそう。


502

 拡大です。肉系の具はなく、ヨルムキムチの古漬けと大根の甘酢漬け、細切りのキュウリ、そしてゆで卵半分が載っています。


503

 卵をよけるとヤンニョムがのっています。酸っぱいと困るな・・・とやや不安になる一瞬。私のやり方ですが、鋏は一度だけ。店のアジュマに頼むと十字に2回、鋏を入れることが多いし、周囲の韓国人も2回が多いと思います。でも、せっかくの麺料理、あまり短いと最後に残ったのが食べにくいこと、麺を食べてる気分があまりしないことから、1回と決めています。


504

 鋏を入れた部分のマクロ撮影。美味しそうです。実際、この店の冷麺、かなりの量で、大食い男性にも充分という感じ。また、麺が長く、上のように書いた私も途中でまた鋏を使ってしまいました。冬に暖かい部屋で、とも言いますが、やはり暑い季節の冷たい麺、美味しい韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

すばらしい韓国の食事682 ミルミョンもネンミョンも好きになりました

497

 この1枚で、どんな料理か、韓国ファンの方ならおわかりですよね。

 場所は鍾路5街かな?薬局がたくさん並ぶ通りからちょっと入った食堂の多い通り。ホテルリースソウルの通りと言った方がわかる方はわかるかも。あの通りの冷麺屋さんに入ってみました。お昼には早い時間でしたが先客2組。後からまた2組。会社だのが多い場所ですので案外お昼ご飯に人気の店なのかもしれません。4月にしては暑いくらいの日でしたので冷麺でも・・・という人も多かったのかもしれません。


498

 これも、冷麺の出るときのお決まり、液状の芥子(キョジャ)と酢(食酢=シkチョ)です。九分九厘水冷麺を頼む、酸っぱいのが苦手な私にはいりませんが、さらに酸っぱくしてというお客さんもいるのかも。

 昔は「主役にはなれない料理」というイメージで、あまり食べることが無かった冷麺ですが、最近、とみに美味しさがわかるようになってきました。最低でも5000W、その割にパンチャンはダイコンの酢漬けだけだったり、他の韓食のメニューに比べると割高感がありますが、美味しい冷麺はかなり、美味しいものです。日本で本格的な、大鍋に機械で絞り出す方式の冷麺を出す店がほとんど無いのが残念な私です。

 これからレントゲンを上げて帰ります。続きは明日の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月7日 遠くへ行きたい

231_2


 いい天気です。うちは昨日から仕事ですが、どこかへ行くとかではない4連休、私にはちょっと長すぎです。おまけに、連休のしわ寄せで今日は大忙し。できるだけお待たせせずに予定の仕事をきっちりやりたい性分の私にはプレッシャーになってしまいます。まぁ、がんばります。

 昨日申請があったのですが、月末にスタッフの希望で休みが発生し、3連休ができてしまいました。さて・・・と考えてしまいます。チャンスは来た時に掴めとも言いますが、流石に行きすぎか?という気持ちもちょっとあります。そこでこの4月から始めたウォーキングでの小旅行を考えています。ただ、2回実行してみて思ったことですが、車の多い国道なんかを歩くのはあんまり楽しくないこと。でも、山の中だのだと途中でアクシデントがあった際のエスケープルートに関する問題があります。車の少ない田舎の道を、でも、効率よく日に50キロくらいずつのペースで歩いてみたい。いいコースがないかぼちぼち検討しようかと思っています。

 そんな時に浮かぶのが旧街道。同じような趣味の方のサイトもけっこうあります。四国のお遍路さんというのも興味がありますが、韓国行くよりもお金がかかってしまいそう。金をかけずに楽しいことを見つけるのは大事な才能の一つ。老後に備え、そんなのも身に着けられればと考えています。どこか歩いて楽しい道、探しておきましょう。

 

 そういえば先日の帰り、空港鉄道の仁川空港駅まで自転車そのまんまで乗ってきた韓国人の男性がいました。韓国の鉄道、けっこう自転車の持ち込みが許されている路線があるようです。土日に限る、というのもありますが、いざとなれば畳んで輪行も可能。天気が問題ですが、仁川から江華島とか、自転車で韓国を旅するのも私の夢の一つです。

 写真は西山町の石仏というか石造物。自転車でも行きましたし、徒歩でも行った場所です。左の真っ黒い石は柏崎市内のねまり地蔵とかにも使われていた石のよう。堅そうなわりに耐久性はちょっと足りないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3761 普通のソウル歩きは愉しい

435

 ソウル特別市中区乙支路6街の路地です。ニュー天池ホテルのそば、印刷関係の町工場が多い路地ですが、最近のデジカメ、手持ちでもうまくいけばこんな1枚が撮れます。


757

 同じ場所の昼間の1枚。一人での訪問ばかりの私、夕食で一杯、コンビニで少しまた酒を買って、宿の部屋でちびちびやりながらその日の記録をまとめたり、テレビで聞き取りの練習をしたり、翌日の天候を見たり、どこへ行くか考えたり。たいていそんななのですが、1枚目みたいな写真を撮るのも楽しそうです。

 さて、次の訪問、いつになることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3760 ソウルの普通の街 スユ里から双門洞、倉洞あたり

382

 ソウルの北部、スユだったかな?地下鉄駅の出口です。最近のブルーバス、幹線のバスは島式停留所で専用車路(車線)を走るので、かなり早く目的地へ行けます。地下鉄駅から離れた場所へはバスへの乗り換えが有効だったりもします。まぁ、すいていればタクシーが一番ですが。


383

 道峰保健所入り口だったか、そんなバス停。


384

 ソウルから議政府へ向かう大通り、どんどんバスが来ます。日本のように距離制で細かく運賃が決まっていて整理券だのを取るのとは違い、さんざん乗っても1000Wだったり。韓国の交通費、えらく安いのです。運転技士さんの長時間労働に支えられてる感じです。


386

 とにかく、バスはたくさん走っています。どんどん来ます。


387

 病院の建物と、その中の歯科医院の看板。病院もたくさんあるし、歯科医院もたくさん。日本で起きたことは10年すれば韓国でも、と言いますが、歯科医院の過当競争はすでに始まっています。


388

 通りの向こうには北漢山、道峰山。


390

 ノコギリみたいなぎざぎざの山は道峰山です。どこにいても山が見えるソウル。これも魅力の一つだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記577 歩きマラソン20 刈羽村歩き

234

 柏崎市とともに原発の膝元、刈羽村です。いろいろ原発の下請け関係の企業がある感じです。県道369号線を歩きます。こちらが昔からの道です。


235

 刈羽中学校だったかな?西山町は角栄マネー、刈羽村は原発マネーのおかげでしょうか、ここもかなり立派な学校でした。


236

 三叉路の真ん中にこんな石造物が。何の石碑だろうと思ったら個人のお墓のようでした。私有地なのかな?ちょっと面白い風景です。


238


239

 数年前の地震で閉店した大型スーパー。またオープンという話を聞いていましたが、ちょうど開店準備中でした。116号沿いではない県道沿いに、かなりの大きさの店です。


240

 川を越えてもうすぐ荒浜駅。


241

 山王神社というお宮です。多分、江戸期から続く道。芭蕉も歩いた道でしょう。


242

 山の方を望む風景。原発から東京へ電気を送る超大型の送電線、「新新潟幹線」だったかな?「新潟新幹線」って読めてしまった名前です。もうすぐ荒浜駅。道路標識で「荒浜」という名前は何度も見ていますが、海岸沿いの352号でもなく、116号でもなく、初めて通る県道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記576 歩きマラソン19 西山駅から刈羽駅

221

 西山駅の手前、工場か倉庫みたいなところにジープがたくさん。今の現代的になってしまったのは好きではないですが、こういう古い小さいのは置く場所があれば欲しいなと思います。数少ない欲しいものですな。


2221

 越後線西山駅。ここも無人ですが、列車の交換があるのか、跨線橋があります。


2231


224

 昼間は3時間くらいも間隔が開く電車です。


2251

 線路の向こう側は現116号、2車線+2車線の道ですがそんなところを排気ガスと埃を浴びて歩くのは御免なので、旧街道に入ります。刈羽村滝谷というほうへ山裾を走る道です。この辺も前に自転車で走ったことのある道になります。


228


232

 のんびり歩くと刈羽駅入り口。ここも一応駅に行ってみます。


233

 トラックで来た作業服のお兄さん3人が自販機の飲み物で休憩中でした。まだ10キロ以上あるのかな?案外西山町の中心部、礼拝あたりまでくれば柏崎はすぐというイメージを持っていましたが、思ったより距離があります。最後の15キロという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

普通の韓国を探して3759 鍾路 サンシャインゲストハウスの自転車

4351

 板塀に囲まれた庭には自転車がありました。


4371

 これにはSRAMという部品がついています。


4381

 

 こちらはシマノの部品。いずれもちゃんとしたもののよう。欧米人も多い感じなのでフロントにいた兄さんに、貸自転車をすると利用者は多いんじゃないの?と進言したら、1台は自分ので、通勤用。残りは調子が良くないんだという回答でした。多少の保証金を預かったとしてもソウルで自転車に乗りたいと思う観光客は多いはず。どこかの宿で考えてくれませんかねぇ。

 帰国後こちらで検索したら自転車貸出しありという話がこの宿に関する記事でありましたが、今はダメなようなのでご注意ください。


4391


440

 黄色い花はヤマブキ。「蓑ひとつも無いのが悲しい」とかいうあのヤマブキです。原産はどこなのでしょう?外国で日本にもある花、木を見ると少しうれしくなってしまいます。


441

 これは門の内側、ドアの前の分別ごみの入れ物。部屋に捨てるよりもここで捨ててもらった方が宿の側も楽なのかもしれません。

 鍾路3街5号線の4番出口だったかな?30秒はきついけど1分以内に行ける好位置の宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記575 歩きマラソン18 田中角栄さんの地元です

208

 これが西山中学校。なんか大学みたいな感じで校庭も2つ以上あるようです。地元へのひいき、今でこそおおっぴらにはできなくなったでしょうが、昔はすごかったのでしょう。


209

 お不動様かな?こういうのにも目が行くのが歩きの効果です。


2121

 

 国道116号線に出てしまいました。このあたりから柏崎市まではかなり昔からすばらしいバイパスができていて、片側2車線。大昔、私など右折の際に対向車線に入ってしまい、中央分離帯があるので、しょうがなく次の交差点まで逆走したことがあります。80年代初めの話ですが、早朝で車がいなかったのでそんな失敗をしました。


213

 ずっとこんな道を歩くつもりはありませんでしたので、地図で目星をつけておいた旧道に入る予定でした。少し行くと踏切があるはずなのです。


214

 数年前の地図で見ていたのですが、踏切がなくなってしまっています。目的の旧道は線路の向こう。ということで、めったに来ない昼間の越後線。線路を横断です。


215


216

 うまいこと渡れて大昔の街道に入れました。


218


219


220

 と、ちょっとしたら上り電車がやってきました。もうすぐ西山駅というあたり、やはり旧道歩きが楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3758 ソウル夜景 乙支路6街裏通り

427_2

 前にちょこっと、同じあたりの夜の写真をアップしたのの続きです。ちょっと東大門運動場駅の方へ歩けば歓楽街と言っていい界隈もありますが、裏通りは印刷関係なんかの工場街、ぽつんぽつんと立つ街灯がいい雰囲気を出しています。


428


429

 表通りに出るとこんな。不夜城みたいなファッションの街。


430


431


432


433

 最近のデジカメ、ほんとうによくできています。あまり欲しいものがないと書きましたが、もっと夜景に強いデジカメがあれば欲しいかな?

 今日から仕事で午前は忙しいため、ちょっと力を抜いた更新でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記574 歩きマラソン17 また車にクルミを割らせるカラス君

201_2

 旧116号は礼拝駅の手前で踏切になり、越後線の南側を走るようになります。これはため池。刈羽郡のこのあたりから柏崎市の山裾にかけて、農業用のため池がかなりたくさんあります。地図好きの方はご覧ください。

202_2

 と、道路の真ん中に何かありました。


2021_3

 よく見るとまたクルミの実です。


203

 上を見ると、やはりいました。車が通って割ってくれるのを待っているカラスです。


204

 こんな構図です。


205

 ちょっと離れて見守ります。こういうのは歩きならではの面白い出来事です。

206


207

 しかししかし、クルミの位置が真ん中過ぎて何台か車が通りましたがみなまたいで通過してしまいます。カラスはこの後、どうしたかというと、この場所を諦めてクルミをくわえてどこかへ飛び去ってしまいました。

 

 置くというのではなく、空中から落っことす感じですので、時にはこんなふうに車線の中央に転がってしまうと、こんなこともあるのでしょう。もう一度置き直すのかと思いきや、別の場所でまた転がすのでしょう。いい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

すばらしい韓国の食事681 KE764, KE763、またも往復チキンでした

008

 

 4月25日の764便、一般席の機内食です。


009

 チキンソテーご飯と言えばいいのかな。やさしい薄味です。


542

 4月27日の763便、グリルチキンご飯とでも言いましょうか?


543

 ご飯に黒ゴマというのも3月20~22日のと一緒です。前回のほうが焦げ目が香ばしくて出来が良かったような気がしました。でも美味しかったです。

 3月はいつもの火曜から木曜、4月は水曜から金曜。いずれも777-200の運航でしたけど、2回続けて全く同じというのは初めてかなぁ。次回は、今のところ予定なしですけど、麗水万博には協力したいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3757 종로1가. 한국의 심장부 라고 해도 과언이 아닙니다

360

 仁川空港から空港鉄道で孔徳乗り換え。5号線光化門駅から歩き始めたソウルです。鍾路1街。昔からのソウルの中心、韓国の心臓部と言っても過言ではありません。日本人はいることはいますが、仕事の人とか、観光でもベテランの方が多い、そんな場所。明洞や乙支路入り口付近とは違います。


361

 この先の大きな交差点が鍾閣ですね。


362

 北方向、ここもやがて大きなビルになるのでしょう。ピマッコルのいろんな店、ナクチポックムの店が集まっていた通り、みなビルになってしまいます。前にここで紹介したイナムジャンとかもこの敷地の中かな?教保生命ビルの東側です。


363

 これは南側?まだちょっと古いコルモクが残っていますが、こちらもどんどん変わっていくことでしょう。


364

 このビルが清進洞再開発で移転した店が多く入るビル。清進屋、甘川、その他、古い伝統店が1、2、3階に入っています。でも、情緒というか風情というか、ビルの中だと失われたものも多いことでしょう。ここも禁煙ビルだったはずです。

 天気がいいのは旅行にはとてもいいこと。神様に感謝しつつ歩きました。この翌日、木浦・珍島へ行ったんだったかな?ちょっと整理が追いつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3756 ソウル 世運商街 というキーワード

037

 何だか最近、世運商街、という言葉で検索してこちらを訪問してくれる方が多いので、そんな写真を。


038

 

 ソウルの旧市街、北は鍾路から、清渓川路、乙支路、そして退渓路まで、3街と4街の間を南北に城壁のように建っている古い商業、住宅ビルの一つで、昔はすごく目立った、そんな建物群の一つです。1、2階は電気、電子関係の部品、製品、中古品なんかの店がたくさん。照明機器の店が集まる部分もあります。これは東側の1Fの写真です。やはりここでも、同じ業種の店ばかりで、よくやっていけるなぁ、と感じる場所です。


039

 清渓川路を渡る部分。3街、2街方向、韓火ビルも見えますね。あいにくの雨ですが。


040

 こんなふうなちょっと変わったデザインの大きな建物です。昔のソウルの街中では非常に目立ったのでしょう。


041

 清渓川路を4街方向へ。電球、蛍光灯、LEDの専門店。写真ではわかりにくいですが、ものすごい明るさです。夜もこんななのですから北の人が見たらびっくりでしょう。日本人も驚くような電気の使用量ですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記573 歩きマラソン16 礼拝の町へ

186

 旧刈羽郡を歩きます。右手の小高い場所に立派な屋根が見えてきました。


188


189

 昔ながらの茅葺屋根に瓦をかぶせたものと思いますが、立派な屋根です。残念ながら地震の被害かな?今は廃屋のようでした。


192

 なかなかかわいい犬です。でも雑種かな?雑種のがいいところが出るとも言われていますよね。あまりに犬種を守り過ぎるといいのも生まれる代わり、悪いところが集まった子犬も生まれてしまうとか。人間だってそうかもしれません。


194


196

 やがて町らしくなってきて、もうすぐ礼拝駅。「らいはい」と読みますが旧西山町の中心地に近い場所です。


197

 大きな町ですので、道が曲がって、川を渡ります。この辺も昔自転車で走った場所、懐かしいです。


199

 越後線の踏切から、ちょっと見えにくいですが礼拝駅。このあたり、商店もけっこうありますが、昼間はあまり人も車も見られません。田中角栄さんの地元で、もうすぐ出てきますが学校とか道路とか、ものすごく立派な施設がある自治体でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

普通の韓国を探して3755 新村の地下在来市場がなくなった

161

 地下在来市場という名前が正しいかどうかはわかりませんが、お分かりの方、おられますよね?

 

 新村ロータリーの少しホンデ寄り、大通り南側のビルの半地下みたいなところに、雑貨だのを扱うような市場と、酒を飲ませる屋台みたいな店がたくさん入っていたところ、久々に通ったら。閉鎖されていました。仁川空港からソウルへ入るときによく通る道、でも、気にも留めていなかったので気づきませんでしたが、一度あそこで食べてみたかったなぁと思いました。

 医院に本があるのですが、在日の方だったかな?ソウルの鍾路、東大門、孝子洞だの路地にある安い食堂、飲み屋なんかを手書きの絵地図で紹介していた本があります。特に私もよく歩く、また今回泊まったあたりの記事は日本唯一、たぶん韓国のサイト、ブログでも鍾路の裏通りの食堂をあそこまで詳細に紹介したのはないと思えるほどの内容の本なのですが、そういう町、これからの5年、どんどんなくなると予想しています。

 少し前に旧梧珍庵の敷地がホテルイビス仁寺洞に、と書きましたが、その南にあって、私も泊まったゲストハウスっぽい宿、鍾路苑も、何だかなくなっていたような気がします。

 一気に鍾3の裏通りがなくなるのではなく、周囲からじわじわ、というのもありそう。今回もあの辺の裏通り、ぐるぐる歩いてきました。どんどん変わるソウルですので、10年後には貴重な写真になっているかもしれません。5000分の1ソウル航空写真地図の写真、地図ともだいぶ変わってきたソウルです。

 朝からお昼過ぎまで、柏崎方面、歩きマラソンで歩いた道、じっくり車で見てきました。ワイパーを動かしての運転、疲れますね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年5月4日 昨日今日と雨模様です

162


 午後早くまで出かけると言って家を出てきました。あいにくの雨模様。ずっと降っているわけではありませんが、路面は濡れています。福島の方へ行ってみるか?それとも海岸沿いに走ってみるか? 最近車にあまり乗らなくなった私ですが、せっかくの新車でちょっとでかけてみるつもりです。先日の歩きマラソンの道をたどって柏崎まで行ってみようかな?とも思います。何といってもあの小木ノ城の峠の池にあった両生類の卵が何だったのか?知りたいのです。でも、道が混んでいるといやだなぁという考えもあり、なかなか行先が決まりません。まぁ、とにかく田舎へ走り出してみましょう。

 写真はその旧道の峠から旧116へ戻る途中の集落での1枚。かわいい日本犬です。いい目をしていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3754 全羅南道 珍島郡 珍島邑の邑内歩き

1089

 町の中心の十字路を越えて郡庁のあるほうへ歩きます。のどかな田舎の、でも、この辺の中心となる町です。本土と橋で結ばれたのは70年代?80年代?なんとなく、昔ののどさかを残す雰囲気があります。


1090


1091

 牡蠣の殻がたくさん。米も取れるし海産物も豊富。金銭的な計りだけではわからない豊かさがあった町なのかもしれません。


1092

 もうすぐ郡庁、というあたりの角の建物。かなり大きいけど古い二階建て、日本建築なのかな?とも思いました。


1093

 運動好きの韓国人、フラフープにこんなマッサージ用のボコボコをつけてしまいました。


1095

 郡庁前の広場になったような場所です。珍島初等学校というのもありましたので、大昔からの中心がここなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

すばらしい韓国の食事680 鍾路 タプコル公園東通り 三代プルコギ冷麺

106

 鍾路3街の手前、タプコル公園の東側、楽園商街の東口に行く飲食店の多い通りの冷麺屋です。三代「としましたが、漢字は不明。でも、お昼時には行列を作る人気店です。看板に見えますが、プルコギを提供する冷麺」、「炭火焼肉無料提供」とあるとおり、水冷麺、ビビム冷麺ともに、注文すると豚の炭火焼の焼肉が出てきます。冷麺の他にはマンドゥ(蒸し餃子)があるくらいのシンプルなメニューの店、でも、いい場所にある人気店のようでした。


051

 酸っぱいのが苦手な私はどうしても冷麺というと水冷麺になります。他のチゲとかに比べ、5000Wとかでもおかずが少なめ。割高で高級なイメージがする冷麺ですが、最近かなり好きになってきました。


052

 麺というからには、あまり短いと麺を食った感じがしませんので、鋏は一度だけ、というのが私のやり方です。向こうに見えるのはそのプルコギ。テジプルコギではありますが、随時厨房入り口の炭火の焼き場で焼いています。焦げ目も薫り高く、美味しいです。

054

 カウィハンボン(はさみ1回)、拡大写真です。ちゃんとした冷麺の機械で作っている麺のようです。するするっと食べてしまい、コッペギにしなかったのを後悔する味です。替え玉(ミョンサリ)もありましたが、夜でしたのでそのまま。


055

 「水(ムル)はセルプです」という張り紙はあちこちの食堂で見ますが、ここもそう。見落としていただきませんでしたが、ユクス(肉水=スープ)もセルフで、向こうに見える温水器に入っているようでした。

 2枚目以降は初日の夜のもの。1枚目は2日目朝の写真です。冷麺、主役にはなれないように思う方も多いかもしれませんが、なかなか美味しいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月3日 ずっと雨です、新潟市

545


 午前中、ちょっとだけ仕事で医院に行ってきました。午後は家内が水泳に行くのでとうちゃんが留守番です。天気がよくて外出できないのはつらい私ですが、雨ですので歩きも自転車もできませんから大丈夫です。転送電話を入れてはいますが、皆さん連休のせいか、ほとんど電話もありません。

 写真は万代橋南詰め、新しく新潟日報本社のビルを建設中の辺りの標識。「ポトナム(ポドナム、柳の木)通りです。どこからどこまでを言うのかはわかりませんが、北へ帰った人たちを送った時の記念の名前です。今ではそのいわれを知る人も少ないことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記572 歩きマラソン15 石地を出て礼拝へ

175

 石地を通り抜けます。海水浴場で有名な地名なのですが、この鉄道が走る集落は別の名前なのかもしれません。


176

 川が流れていて、けっこう平地が少ない感じ、あ、これは前にも書きましたね。


177

 道はまだまだ続きます。しかしこの旧116号国道、我ながらいい選択をしたものです。もうすぐお昼という時間ですがほとんど車が通りません。


178


179

 こういうさらに古い道との分岐、合流が何か所もあります。


180

 ちょっと変わった木でしょう?わざわざ植えられたもの。誰かのお墓かな?でも道はまだ長いのでまっすぐ歩きます。


181

 ここでちょうど12時。休日は時計を持たないことにしているので、万歩計が時計代わりです。6時15分に寺泊駅を出てもうすぐ6時間になります。半分は来ています。


182

 しかしまだまだ道は続きます。歌を歌いながら歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事679 野菜スンデのスンデクッパプ

043

 たまにコメント下さるエクスプローラさんに教えてもらった店です。野菜スンデ専門という感じで、スンデクッパプと大盛りに相当する特、2種類しかメニューはありません。12時開店で夕方には閉まるという人気店で、地元の方でいつも混んでいます。こんなふうにスッカラッkが載って出てきます。


044

 おかずはマヌル入りのセウジョッ(アミの塩辛)とカットゥギだけ。後者はさわやかな味でかなり美味しいです。お代わりはセルフです。赤いヤンニョムがたっぷり載っていますがそんなに辛くなりません。


045

 何といっても美味しいのがこれ、野菜スンデです。少し厚い腸の中の具材は野菜と内臓、それと鶏卵。前にも書いたように上等の餃子のあんという感じの野菜たっぷりの中身。他ではこんなの、食べたことがありません。私は最近はスンデだけで、と頼んで、美味しい野菜スンデを楽しんでいます。普通に注文するとスンデは4、5切れで残りは内臓。でも内臓の茹で肉も美味しいです。今回、久々に行ったら6000Wに値上げされていましたが、相変わらずお客さんが途切れない地元の人気店のようでした。思い出しただけで唾液が湧き出る一品の一つです。今すぐにでも食べたいくらいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3753 宿を出て鍾路へ

024

 サンシャインゲストハウスの前の通り、鍾路の裏路地です。車が入れない道ではバイクが大活躍。思わずして面白い写真になってくれました。前にも書いたように、このあたり、3000Wのペクパン(白飯=安い定食)の店がたくさんあります。


025

 宿の建物の側面。でもこれも、表通りからは見えません。かぎ型になった道ですので。


026

 

 国楽(韓国の伝統音楽)の楽器の店が多く並ぶ楽園商街東通りを左へ。鍾路3街の通りとの交差点、木の柱が立っている十字路です。このあたりも国楽の楽器店が多いです。


027


028

 あいにくの雨降り。韓国で雨に降られるのは本当に久しぶりでした。鍾路のほう、団成社という古い映画館のある交差点へと向かいました。ソウルの歩道、ブロックを敷いてありますが、地固めがいい加減なのか、かなりへこんだ部分があり、水たまりができています。ちょっと困ります。


029

 この鍾路3街から4街方向、宝石、貴金属の店がたくさん並んでいます。一つのフロアの中に、またいくつもの個人の店がある感じ。よくやっていけるものです。


030

 左の建物は団成社なのですが、また工事中?まさかつぶれてしまったのかな?現存するソウル最古の映画館だという話だったのです。数年前に工事してシネコンになっていましたが、向かいにはロッテシネマがあるし、鍾路の南にはソウル劇場があります。どうしたのでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

普通の韓国を探して3752 何で免税店は値札を見えにくくしてるのだろう?

540

 

 年をとると、あまり欲しいものもなくなってしまいます。テレビはあるし、車もあるし、家もあるし、服は安いのをどんどん更新したほうがいいと思うし、腕時計もいいものがそこそこあるし、カバンもいくつかの大きさの丈夫で機能的なのが揃っているし・・・体は1つ、手は2本、足も2本、頭は1個しかないのですから、そんなにモノっていらないはず、だと思うのです。

 強いて夢みたいなことを言えば空席があればいつでもソウルへ行けるフリーパスがあれば欲しいです。ソウルのオピステルに、小さなワンルームも欲しい。後は、カバンを持って付いてきてくれる秘書というか子分がいれば嬉しいなぁ。まぁ、そんなです。

 写真はソウル、インチョン空港の出国後ゾーンの免税店ノショーウィンドウ。某超高級ブランドの店に、こんなゴムぞうりみたいなのがありました。いくらするんでしょ?こんなのなら遊び気分で夏にでも履いてみたいけど、値段がわかりません。買うつもりもないのに聞くのはすまないし、でも、買えたら自分のために買ってもいいかな?とも思いましたが、結局、値段も聞かずじまい。

 「一目で高級ブランド品だとわかる品物はカッコ悪い」、最近そう思うようになっています。誰が見ても高級品だとは見えないこのぞうり、どなたか値段をご存知の方、話の種に教えてくださいませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記571 歩きマラソン14 石地の町、駅へ

324

 小木ノ城と石地の間の峠を一番古い道で越えて旧西山町の石地へ入って行きます。踏切を越えてもうすぐ旧116号に戻ります。別山というのはこのあたりを流れる川の名前のようでした。島崎川流域は広く田んぼも多かったのですが別山川の流域、刈羽郡に入ると平地が減ったのが明らかです。昔の自転車日記の記事で、西山では日本3大馬市が立ったという話を書きましたが、米がたくさん取れない分、馬の飼育、売買なんかも大事な仕事だったのかもしれません。


325

 

 ここで旧116号線に戻ります。標識を見ると柏崎までまだ20Kmもあります。5時間以上かかりますな。


328

 石地の町に入ってきました。


329

 この辺が石地の中心部。左へ行くとバイパスを横切って長岡方面へ越える山道になります。

330


331


332

 越後線石地駅。なぜか駅前広場に郵便局がありました。一等地といえば一等地。また大事な金融機関でもあります。昔はC56が引く貨物列車も走っていたという越後線ですが、今は昼間はほとんど電車が走らない、そんなローカル線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3751 ソウル 鍾路 サンシャインゲストハウス

013

 今回のソウル行きは、行く場所も宿も決めないでの出発。ソウルへ着いたら雨だったので空港の案内所で市内中心部の安い宿を紹介してもらいました。ホテルの案内所は別にありますが、皆観光公社の1級クラス以上。3割ディスカウントして差し上げますとか言われても日本での観光サイトの値段よりだいぶ高いのです。

 5番出口前の案内所の女性に紹介、連絡してもらったのは鍾路のサンシャイアンゲストハウスというところ。1泊38000Wとのこと。どうもゲストハウスというと欧米人バックパッカーのイメージがあり、男性同性愛者が多いと聞いているため、何度も個室であることを確認してから決めました。初めてのゲストハウスです。

 場所は鍾路3街、5号線の4番出口から30秒とあります。パンフレットをもらいましたが、よく知ってる界隈、そんなのあったかな?とまだ少しの不安を持ちながら空港鉄道孔徳乗り換えで行ってみました。何度かここでも写真が出ているファミリーマートの1本先の小路をちょっと入った場所。曲がっているのであの国楽器屋の多い通りからは見えませんが、古いモテルだった感じの建物。こんな中庭がありました。天気がいいと欧米人がビールでも飲むのかな?と思いつつチェックイン。


014

 入り口の木の門。向かいは安い食堂です。このあたり、ソウルの裏路地のもっとも発達した地域のひとつで、3000Wくらいで食える食堂がたくさん。後は、鍾路ハルモニカルグクスのそばでもあります。この木戸、12時に閉めますが、宿泊者はキーに部屋のの他にこの木戸のキーも貸してもらえます。


023

 ドア正面の階段。地下は簡単な朝食が取れる食堂があるという話ですが一度も行ってません。エレベータなしの4階建て、私の部屋は303号でした。


022

 1つの階に5つの部屋。1階には3つかな?小さなモテルだったのでしょう。フロアは木製です。


015

 部屋は、4畳半プラス1坪の浴室プラス1畳の玄関で、5坪弱。まぁ1人なら十分です。タオルは普通サイズの上、スポーツタオルサイズが日に2本です。


017

 古い韓国の建物ですので窓は2重で小さめです。エアコンは冷房専用です。


016

 テレビと冷蔵庫。左に見える小さなテーブルは簡易テーブルで重いものは置けません。


018

 浴室は一応浴槽あり。お湯もちゃんと出ますが、シャワーの水圧は弱めです。石鹸が教養。シャンプーは大ボトル。まぁ安宿はそんなです。


019

 暖房はオンドルプラス補助の電気ストーブがありました。4月のソウル、微妙な気温の季節です。前記、テーブルの脚が弱そうなのがわかります。とまぁ、こんな宿。清掃は十分でしたが、2泊の1泊目はゴミ箱の片付けとタオルの交換だけ、ベッドはそのままでした。まぁ、それもケンチャナヨです。

 この宿、日本人は見かけませんでしたが、白人の女性、アジア系の女性が多数。外国旅行慣れしてないひ弱な日本人女性は文句を言いそうですが、世界の若い女性、なかなか元気に韓国を旅行しているみたいでした。男性3人が交代でフロントをやっています。フロントのコンピュータで何でも調べてくれます。38000Wは約2750円?簡単な朝食というのがどんなかは知りませんが場所は最高にいいです。説明しにくいけれど。

 追加ですが、ここ、全館禁煙です。これはいいことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月2日 今日は墓参りドライブへ

185

 休日ですが早起きです。明日明後日、天気がちょっと崩れるという予報ですので、今日、長岡方面の墓参りに出かけます。電車と徒歩でとも考えましたが、掃除の道具だの花だのと思うとやはり荷物が生じるため、昨日1か月点検を済ませたばかりの新しいほうの車で出かけます。ETC、ちゃんと上がってくれるか心配です。

 墓の掃除、墓参り、お寺へのあいさつを済ませたら、夕方まで自由時間。新車の足慣らしにちょっと走ってみようかな?楽しみです。

 写真は旧西山町の田舎、本文とは関係ないのですが、まぁ同じ中越地方の田舎ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

普通の韓国を探して3750 何で今まで気づかなかったんだろう?

034

 韓国に関心を持ったのは89年、アメリカ、アリゾナ州での研修の際に李準圭先生と出会ったからです。すぐにガイドブックを買いましたが、実際にソウルへ行ったのはかなり後の95年です。今のガイドブックでは記載されていませんが、昔の韓国のガイドブック、また韓国旅行を知っている方ならご存知のように、90年代半ばくらいまで、韓国の食堂の無料の飲み物、何も言わないでも出る飲み物はやかんに準備された麦茶でした。

 水道水があまり良くなかったためと言われていますが、それは今も一緒かな?とにかく、ウォーターサーバーが普及する前の韓国の飲食店の水は麦茶だったのです。95年当時は確かにかなりの頻度で見かけたものです。「ムルジュセヨ」と言っても出てくるのは生温かい麦茶だったりしたのです。懐かしいと思う人、おられますでしょう?大きなやかんのポリ茶。

 その麦茶、しばしば目にするので韓国語では「ポリチャ」というのだとすぐに覚えたのですが、その後、特に気にもとめずに韓国語を勉強、私の頭の中では麦=ミル、もしくは漢字語の「小麦(ソメk)」しかありませんでした。でも、写真はこの4月25日、清渓川3街と4街の間、世運商街かな?その前の広場に植えられた麦畑なのですが、ここで、「ポリ」と「ミル」という立札。久々に「ポリ」の方を見た感じです。

ミルカル=小麦粉

ミルミョン=小麦麺

ウリミル、ウリサルを大事にしよう(標語)

 こちらは普通に使っていましたが、食堂のテーブル上のヤカンの麦茶が消えて以来、「ポリ茶」と「ポリ」という単語、ほとんど使わなかったのでしょう?えらく懐かしく感じ、また、「ミル」は小麦だけど、じゃぁ、同じ「麦」という意味の「ポリ」は何なのだ?という疑問が発生。たぶん小麦がミルで大麦がポリなんだろうとすぐに気づきましたが、うん、ポリ、久々に見た単語でした。

 ウリナラの農産物を勉強しようという企画なのでしょうが日本でも麦畑、知らない子供はたくさんいるはず。韓国もがんばってるなぁ、と思うとともに、ポリ茶が消えたよなぁ、と思った一件でした。


035


036_2

 今頃はもっと伸びていることでしょう、麦畑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事678 ソウル・鍾路2街 セマウル食堂の豚焼肉とキムチチゲ

403

 ネットで見ると、というか日本のネットの中ではけっこう有名らしい「セマウル食堂」という店に行きました。古いネットの知り合いと遅い夕食です。忠武路の旅館で待ち合わせ。遅い時間で地下鉄も間隔があくので歩いて鍾路2街。いわゆる鍾路の繁華街へ行きます。お客さんの入りは3分くらいでしょうか?2階はすでに閉めていて、1Fのみの営業、大きな店です。ソウルの心臓部、鍾路2街でこの広さ、家賃は相当行くでしょう。定番の豚の味付焼肉とキムチチゲを頼み、ビールで乾杯です。

 肉は冷凍のを薄く削いだ感じで、凍ったままこんなふうに出てきます。ちょっと薄いのでうまく焼けるのかな?と心配になります。


404

 パンチャンと焼いている様子です。最初は炭火が弱かったのでゆっくりでしたが、第2弾第3弾と火が起きるに従い、やはり薄いのですぐに焦げる感じです。味付けはまぁ、焼肉のたれのような甘い醤油味でしょうか。まずくはないけれどたれの味ばかりが強すぎる感じ。肉がごく薄いためにそう感じます。また前記の通り火が元気になると焦げやすいです。


405


406

 これは2人で1つ頼んで分けたキムチチゲ、七分チゲだか、そんな名前でしたが肉の切れ端をたくさん入れた酸味のあるチゲで、海苔を載せたごはんにかけて食べるというアジョシの説明でした。まぁ、美味しかったです。

 

 その古い知り合い、韓国好きの韓食好きの方にも話しましたが、肉を安くという食堂がここ数年激増している中で、ここでも紹介したソレカルメギサル、トゥンタンジとかに似たスタイルの、でも、内臓肉ではない普通の肉の店というところ。どうも私は「食ったぁ」という感じのするソレとかのが好きです。肉8000W、チゲ5000Wだったかな?ビールは普通に4000W。やはり肉はもう少し厚い方がいいかなぁ、というのが率直な感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月1日 昨日の歩数は49457歩 37.93Km

036


037


 写真は先々週の116号旧道柏崎ウォーキングのときのもの。1枚目は天然のクルミの実、2枚目は空地を埋め尽くすスギナとつくしです。昨日の歩きは全体で10時間、35キロ弱かな?でも、街中と国道403号線の歩きで、かなり車が多く、排気ガスと砂埃を浴びてのもの、やはり歩く道を選んだ方がよさそうです。しかし、思いつく道で、まっすぐ行けて車が少ない、、、国道290号線あたりが浮かびます。新潟の自転車乗りにも有名な道で、新発田から五頭山の麓を旧安田町。五泉市を経由して旧村松から加茂市の山奥。峠越えで旧下田村。また峠越えで旧栃尾市という道。自転車では行ったことがありますが、かなり上下のある、また山の中の道で、エスケープルートが皆無と言っていいでしょう。スピードのないウォーキングではちょっと不安です。やはり単調ではありますが、新潟島1周15キロだったかの遊歩道とかのが安全確実いつでもやめられて家にすぐ帰れる、そんなです。

 あとは、やはり山登りになるのかな?こんな風に長距離の道路歩きをしていると車のこない低山のが楽しいかもしれません。歩く速度はゆっくりになっても、歩く楽しさは味わえそう。今回は単なる通過点になりましたが新津あたりから山に取り付いて、というほうがいいのかもしれませんね。

 筋肉痛は思ったほどありません。マメとか、そんな足の痛みが一番困ります。最近使ってるのは軽い街歩き用のスニーカーですが、登山靴とまでいかないまでも少し底がしっかりした、またつま先を保護してくれる靴を買おうかな。もっとも、合う合わないは履いてみないとわかりませんので、テーピングなども併用してできるだけ快適に歩きましょう。 山岳部時代、もう疲れて歩けない、そんなふうに感じるほどの疲れを経験していますが、まだまだそこまで行く前に足が痛くなって・・・ もう少し慣れが必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3749 ラッキーだった出発

001

 急に空いた金曜日ができたので、前の週の土曜日に切符を購入。宿も行先も決めないでの訪問になりました。25日の朝の新潟空港、大韓航空はこんな機材も持っているのですね。知りませんでした。


002

 チェックインをして、また外へ出てみるとちょっと霧が、、、と思っているうちに「ちょっと」ではない程度になってきました。到着便の遅れ、場合により伊丹に引き返すので○○便はけっこうの恐れも、だの、これから飛行機の乗ろうとする者には不安なアナウンスが流れ始めます。まぁ、天候は誰にもどうしようもないのですけど。


004

 国内線の方、全日空の飛行機が出発を待っていますが、見えるかな?こんな状態では飛べません。大韓航空は沈黙のままですが、今までの経験から雪でもなんでも、午後になってでもソウルに帰るのが大韓航空。でも、向こうでの時間が減ってしまうのはもったいないな、と思いつつ待ちます。

005

 新潟空港資料室というのがあり、昔の飛行機の航路の図がありました。東京便は昔からあったようです。小さな飛行機だったのでしょう。でも、意外にくまなく飛んでいた、そう感じました。


006

 8時半に出国開始、搭乗待合室に入ると、ラッキー、霧が急に晴れてきました。大阪便、名古屋便も動き始めたようです。正直で日頃の行いがいいせい、と思っていましょう。


007

 3月に引き続き、またも777-200という大きな飛行機。この時は28番という一般席最前列の次の席でした。気持ち737よりも広めで快適です。さて、どこへ行くか?どこに泊まるか?機内誌や新聞を見ながら検討です。旅券と航空券、そこそこのお金と丈夫な体があれば何とかなるのが韓国。いい国です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3748 1号線釜山大前から釜山大学校へ

673


675

 

 これだけ韓国人、日本人が行き来する時代、日本でも韓国料理の店は増えていますし韓国でも日本式居酒屋、その他、いろんな日本式の食堂が増えています。ここは、ちょっと韓国式に派手になっていますがお好み焼きの店のよう。まぁ、もともと似たようなメニューがあったのですから受け入れやすいのでしょう。やたらにぎやかなのが韓国式というところです。


674


676


677


678

 山の麓に広がる釜山大学校、医科大学、歯科大学は大新洞の方に病院がありますし、最近隣の市にも新しいキャンパスができたとか。人口減が確実な韓国、大丈夫なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記570 歩きマラソン13 旧道の峠を越えました

148


149

 ここらへんが大昔の道の峠のてっぺんです。三島郡と刈羽郡の境界になるのかな?江戸時代、それよりも古い時代からたくさんの人が歩いた峠。感慨深いものがあります。


150

 舗装はほぼなくなってしまっていますが幅は十分。緩やかに下る道です。この辺で地元の方でしょうか、シイタケ栽培の榾木を採取している軽トラックのおじいさんに会い、ちょっと旧道について話しました。昭和35年の地図、いいものです。


151


152

 さらにはこんな嬉しいこともありました。右手にあった池。もしかしたら昔は田んぼだったかもしれない浅い池にイモリかサンショウウオかはたまた特別なカエルか?両生類の卵と思われる塊がたくさん。もう今頃は孵化してるはず、いったい何の卵かな?わかる方おられたら教えてください。


153

 分かれ道。左の方へはバイパスをくぐって行くと集落がありますので、ここからは今も現役の道です。右の道を進み、線路と旧116号へ戻ることにします。


154

 木を切っていたおじいさんのトラックです。


159

 ゆっくり集落に入り、踏切を越えて旧116に合流。石地の町はもうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記569 歩きマラソン12 難所の石地峠へ

135

 この時の行程40数キロの中での最難所がこの小木ノ城と石地の間の峠です。小木ノ城駅を出て酒屋で飲み物を買って旧道を確認。旧116号よりももっと古い道を昭和35年の地形図を頼りに歩く予定でした。この先、家が途切れ、ちょっとした山になります。


139

 ここが酒屋のおじいさんに確認した古い道の分かれ目。右へ行くのが今は車が激減した昔の国号116号。踏切を渡って左へ行くのが昭和35年当時の古い道路です。


140

 

 少しは家があり、道路状況はまぁまぁです。右は越後線。旧116号はその向こう側を走っています。この先、道なりに上って行きましたが、どうも間違ってしまったよう。土を採掘する現場みたいな感じだったので避けて左へ、人家のある方へ行ったのが間違いのようです。


141

 急に、今の最新の116号バイパスに出てしまいました。どう考えても古い道ではありません。広い道のわきの歩道を歩きます。しかしこんなところを歩く人間はまずいないでしょう。


143


144

 峠の頂上に差し掛かると、右に古い道が現れます。ここで間違いに気づきました。土砂採掘場の方が正しい道だったようです。間には小さな谷があり、ここでは渡れません。


145

 下から上ってきて近づく古い道です。どうしても峠のてっぺんはあちらでと思い春先であったのを幸いに、藪を歩いて向こうへ渡りました。


146

 やっと古い道、たぶん江戸時代からの道に出ました。もうすぐ頂上です。


147

 左側には山を切り開いてまっすぐ走る116号線。最新の道路が大昔の道の近くにまた戻るというのは面白いものです。昔の道がその時代なりに効率が良かったことを示しているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »