« とうちゃんの自転車日記589 歩きならではの嬉しい発見 | トップページ | 普通の韓国を探して3777 忠南 錦山市外バスターミナル »

2012年5月18日 (金)

普通の韓国を探して3776 기사님はつらいよ 2

460

 またまた韓国の市外バスの技士ニムの乗務予定表です。右下に長水とあるのが帰る場所。時刻はすべて出発時間です。韓国の詳しい地図をお持ちの方は一緒に見ながらお読みいただけるとわかりやすいかとも思います。

 

 最初の乗務は6時。リンゴと名妓論介の生まれ故郷で有名な全羅北道の長水発で、道庁所在地の全州まで走って全州発は7時10分。馬耳山の麓である鎮安まで走って鎮安発が7時55分。そこから山の中のダム湖のある顔川という町が8時15分発。そして山越えで忠南の錦山へ行って錦山発は9時。茂朱まで走って茂朱発は10時。また錦山に戻って錦山発は11時。茂朱発が12時20分。ここでちょっと食べられるのかな?

 午後になって、茂朱からまた顔川へ行って顔川発が12時45分。次は鎮安へ行って鎮安発が13時05分。全州へ行って全州発が14時58分なのでここでお昼のちょっと長い休みのよう。

 ここで全州からは今までの山の中ではなく、湖南平野を扶安へ。扶安を16時50分に出て、全州は18時発。次は山越えで鎮安へ行って鎮安発は19時。そこから長渓へ行って長渓発は20時。これで、元の長水へ戻って20時半くらいに上がり。

 朝の6時から夜の20時半くらいまで、お昼の休憩以外はまともな休み時間はありませんので、乗務時間は実質12時間以上でしょう。日本でも関越の事故以来、一人で走る距離の規制だの、2人乗務だの言っていますが、韓国のバスの技士さん、本当に大変です。イライラしてしまう運転技士さんがいるのも無理はなさそうな勤務のようでした。

 我々が安い料金で韓国の地方旅をすることができるのも、こんな技士さんの過酷な労働条件のおかげかも。もう少し値上げしてでもゆっくりした勤務体制にしたほうがいい、そんなふうにも思えます。まぁ、タクシーの技士さんの勤務も同じようなのかもしれませんが。

|

« とうちゃんの自転車日記589 歩きならではの嬉しい発見 | トップページ | 普通の韓国を探して3777 忠南 錦山市外バスターミナル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54740668

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3776 기사님はつらいよ 2:

« とうちゃんの自転車日記589 歩きならではの嬉しい発見 | トップページ | 普通の韓国を探して3777 忠南 錦山市外バスターミナル »