« 2012年5月2日 今日は墓参りドライブへ | トップページ | とうちゃんの自転車日記571 歩きマラソン14 石地の町、駅へ »

2012年5月 2日 (水)

普通の韓国を探して3751 ソウル 鍾路 サンシャインゲストハウス

013

 今回のソウル行きは、行く場所も宿も決めないでの出発。ソウルへ着いたら雨だったので空港の案内所で市内中心部の安い宿を紹介してもらいました。ホテルの案内所は別にありますが、皆観光公社の1級クラス以上。3割ディスカウントして差し上げますとか言われても日本での観光サイトの値段よりだいぶ高いのです。

 5番出口前の案内所の女性に紹介、連絡してもらったのは鍾路のサンシャイアンゲストハウスというところ。1泊38000Wとのこと。どうもゲストハウスというと欧米人バックパッカーのイメージがあり、男性同性愛者が多いと聞いているため、何度も個室であることを確認してから決めました。初めてのゲストハウスです。

 場所は鍾路3街、5号線の4番出口から30秒とあります。パンフレットをもらいましたが、よく知ってる界隈、そんなのあったかな?とまだ少しの不安を持ちながら空港鉄道孔徳乗り換えで行ってみました。何度かここでも写真が出ているファミリーマートの1本先の小路をちょっと入った場所。曲がっているのであの国楽器屋の多い通りからは見えませんが、古いモテルだった感じの建物。こんな中庭がありました。天気がいいと欧米人がビールでも飲むのかな?と思いつつチェックイン。


014

 入り口の木の門。向かいは安い食堂です。このあたり、ソウルの裏路地のもっとも発達した地域のひとつで、3000Wくらいで食える食堂がたくさん。後は、鍾路ハルモニカルグクスのそばでもあります。この木戸、12時に閉めますが、宿泊者はキーに部屋のの他にこの木戸のキーも貸してもらえます。


023

 ドア正面の階段。地下は簡単な朝食が取れる食堂があるという話ですが一度も行ってません。エレベータなしの4階建て、私の部屋は303号でした。


022

 1つの階に5つの部屋。1階には3つかな?小さなモテルだったのでしょう。フロアは木製です。


015

 部屋は、4畳半プラス1坪の浴室プラス1畳の玄関で、5坪弱。まぁ1人なら十分です。タオルは普通サイズの上、スポーツタオルサイズが日に2本です。


017

 古い韓国の建物ですので窓は2重で小さめです。エアコンは冷房専用です。


016

 テレビと冷蔵庫。左に見える小さなテーブルは簡易テーブルで重いものは置けません。


018

 浴室は一応浴槽あり。お湯もちゃんと出ますが、シャワーの水圧は弱めです。石鹸が教養。シャンプーは大ボトル。まぁ安宿はそんなです。


019

 暖房はオンドルプラス補助の電気ストーブがありました。4月のソウル、微妙な気温の季節です。前記、テーブルの脚が弱そうなのがわかります。とまぁ、こんな宿。清掃は十分でしたが、2泊の1泊目はゴミ箱の片付けとタオルの交換だけ、ベッドはそのままでした。まぁ、それもケンチャナヨです。

 この宿、日本人は見かけませんでしたが、白人の女性、アジア系の女性が多数。外国旅行慣れしてないひ弱な日本人女性は文句を言いそうですが、世界の若い女性、なかなか元気に韓国を旅行しているみたいでした。男性3人が交代でフロントをやっています。フロントのコンピュータで何でも調べてくれます。38000Wは約2750円?簡単な朝食というのがどんなかは知りませんが場所は最高にいいです。説明しにくいけれど。

 追加ですが、ここ、全館禁煙です。これはいいことですね。

|

« 2012年5月2日 今日は墓参りドライブへ | トップページ | とうちゃんの自転車日記571 歩きマラソン14 石地の町、駅へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54612287

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3751 ソウル 鍾路 サンシャインゲストハウス:

« 2012年5月2日 今日は墓参りドライブへ | トップページ | とうちゃんの自転車日記571 歩きマラソン14 石地の町、駅へ »