« 普通の韓国を探して3826 ソウルの古い赤レンガ造りの建築 | トップページ | 普通の韓国を探して3828 ネタ切れじゃないですよ 鍾路に出ました »

2012年6月18日 (月)

普通の韓国を探して3827 韓国のバスは便利です 大明浦口からの帰り

251

 蘇来もそうですが、浦口という地名、川の河口にある港であることが多いよう。前にどなたか韓国の方からコメントいただきましたよね。 生ものは買えないので見事なサイズのハゼの干物を買ってソウルへ戻ります。観光団地の一角にあった派出所で帰りのバスについて聞いて、小さな営業所というかバス終点へ向かいます。


250

 ここがそれ。草芝大橋のたもとまで行けばバス停があるのは来る時にわかっていましたが、帰りはここから乗ってみます。ソウルから地方へ行くとき、また地方と地方の移動の場合にはいろいろ経路を考えないといけないことがありますが、ソウルへの帰りは簡単です。とにかく、バスはソウルの方へ、そんな傾向がありますし、Tマネーであれば座席バスでも乗り換えサービスを受けることができますので。


274

 これが、バス停?と思いましたが、韓国の地方歩きに慣れた方なら「あれ?!」ってお分かりかと思います。位置的には降車場みたいなんです。右側通行ですからね。 まぁ、来たら聞けばいいやと思って待ってみました。


275

 仁川市内へ向かう9004番座席バスの案内があります。60-3は仁川市内バス。まぁ来たのに乗ろうと思いつつ待ちました。


2751

 今後大明浦口に行かれる方への情報として拡大写真。座席バスはソウル周辺、へたすると100キロ圏内くらいを頻繁に走っていますが時刻表には出ていませんし、ガイドブックの情報もほぼ皆無と言えます。結局次に動き出したのはこの9004番。思った通り、ここから乗るのではなく(ここに立っていてもバスのドアは向こう側になります)、窓を開けてた技士さんが「タセヨ」と言って停車してくれたので車両の前を横切って乗車です。もたもたしてると怒られそうなのが韓国のバス。結局金浦市内の新都市みたいなところでソウル方面新村行きに乗り換えてソウルへ戻ったのでした。

 高速バス、市外バスの利用は簡単です。市内バスも、前もって停留所の番号と経路を見ておけばTマネーで簡単。でも、座席バス、近郊の市内バス、まだまだ私もよくわかりません。でもまぁ、多少の言葉がわかれば何とかなる、それが韓国です。とにかく、たくさん、頻繁に走っていますので。

|

« 普通の韓国を探して3826 ソウルの古い赤レンガ造りの建築 | トップページ | 普通の韓国を探して3828 ネタ切れじゃないですよ 鍾路に出ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54993036

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3827 韓国のバスは便利です 大明浦口からの帰り:

« 普通の韓国を探して3826 ソウルの古い赤レンガ造りの建築 | トップページ | 普通の韓国を探して3828 ネタ切れじゃないですよ 鍾路に出ました »