« とうちゃんの自転車日記605 内野漁港へ初めて行ってみた | トップページ | とうちゃんの自転車日記606 新潟大五十嵐キャンパスから寺尾、小針 »

2012年6月15日 (金)

普通の韓国を探して3823 大明浦口の刺身屋村

253

 海岸沿いに北へ10分ほど歩くと小さな川を渡って大明港です。左へ、海の方へ行くと刺身屋村の入り口ですが「江景塩辛百貨店」なんてのがありました。前にここでも紹介した塩辛の名産地の一つですが、運んできて売ってるのかな?何でも本場の名前を付ければいいってものではないと思うのですがねぇ。


254


255

 北の丘の麓には刺身屋が並びます。


256

 だんだん核心部へ入って行きます。


257


258

 この大明港、ワタリガニ、ペンデンイ(さっぱ、ままかり)の他にウナギという看板もあったし、「ワンセウ(王様海老)の天ぷらも名物のよう。大小のそんな店がたくさんあります。


259

 もうすぐ直販場というあたりの公衆化粧室。90年代、韓国の田舎のトイレはきれいでないところも多かったですが最近は観光地の公衆化粧室もすごく改善されています。

|

« とうちゃんの自転車日記605 内野漁港へ初めて行ってみた | トップページ | とうちゃんの自転車日記606 新潟大五十嵐キャンパスから寺尾、小針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54963860

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3823 大明浦口の刺身屋村:

« とうちゃんの自転車日記605 内野漁港へ初めて行ってみた | トップページ | とうちゃんの自転車日記606 新潟大五十嵐キャンパスから寺尾、小針 »