« 普通の韓国を探して3809 江華島 春のバス旅行 | トップページ | とうちゃんの自転車日記601 六十里越 »

2012年6月 5日 (火)

普通の韓国を探して3810 昌原蹴球センター競技場 やっと入場

728

 汽車でもバスでも、韓国語では切符の事、「票」と言います。切符売り場はですので、「売票所」、まぁ、ガイドブックにも出ている話ですが、薄暗くなってきたころ、やっと売票所がオープンです。


730

 これが切符。2万Wだったかな?前に書いたかもしれませんが、韓国、サッカーのゲームの後半になると、空き席があれば無料で入れるそうです。盛り上げるためにはやはり入場者は多い方がいい、これも韓国の粋なケンチャナヨでしょう。日本もやればいいのになぁと思います。また、軍人の休暇のレクリエーション入場があるとのことで、この日は近くの鎮海からでしょうか、海軍の兵隊さんの団体が数百人、制服で観戦していました。


731

 ぼちぼち入場者が入ってきてる競技場です。サッカーセンターの名の通り、専用競技場で、コートのすぐそばまで観客席があります。


732


733

 だんだん寒くなってきました。9月の旅行でしたので厚い上着はありません。一応持っていたのを全部重ね着して試合開始を待ちます。韓半島南部の人工的につくられた計画都市昌原。たくさんの工場があるためか、周囲の山には防空のためのミサイル基地がたくさんあるとのことでした。そういう山には上ってはいけないそうです。隣の中年ご夫婦から聞いた話です。

|

« 普通の韓国を探して3809 江華島 春のバス旅行 | トップページ | とうちゃんの自転車日記601 六十里越 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/54880240

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3810 昌原蹴球センター競技場 やっと入場:

« 普通の韓国を探して3809 江華島 春のバス旅行 | トップページ | とうちゃんの自転車日記601 六十里越 »