« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

2012年7月31日 オープンデイでした

032_2

 夏休みのせいか、オープンデイなのにけっこう働きました。合間には支払だの買い物だの、自転車で暑い中走っていました。左ひざ、またちょっと痛くなってしまって困ったものです。明日は出かけるよ、と家内に言ってあるのでどこか湯治にでも行こうかなぁというところです。近郊の日帰り温泉で歩行浴槽というのがある施設が第一候補かな。

 18時に最後の患者さん。その後片づけて上がります。それじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事704 団子より話

037

 李準圭先生との食事です。何でも食べたいものを言いなさい、とのことでしたが、先生にお任せ。京釜高速を走って板橋のインターで降りて、戻るように走った南ソウルカントリークラブの入り口付近にいくつか並ぶ郊外型食堂へ行きました。ソウルの南部、良才から城南のあたり、かなり自然が残っている部分にこういう郊外型のレストラン、焼肉屋、ぽつぽつあるのです。車が無いとわからないような場所にかなりの規模の店が並ぶ場所がいくつもある。ソウルって不思議です。


038

 結局、私があまり食欲がなかったということで江原道式の韓定食の店です。軽めのコースを頼んでビールで乾杯でした。


039

 一番最初に出てきたのがこれ、トドリムッkのあえもの。テーブルで店員さんが混ぜてくれます。まぁ、身体にいいサラダというところでしょうがムッkて、それ自体はほとんど味がしません。薬味醤油で食べたり、こんなふうにドレッシングで和えたり。でも、やはりどうも味がしない、、、そう思いませんか? 山間部、江原道とか忠北、全北あたりへ行くとこのドングリを摺ってかためたトトリムッkを看板にした食堂までありますが、一種の救荒食品だったのではないかなぁ?日本でのとち餅とか、そんな部類の食品のように思えます。

 花より団子という言葉がありますが、食事よりも親友の先生との会話のが楽しいもの。結局いろいろ出てきましたが写真を撮るのも忘れて話をしていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3870 韓国の四角い建物の作り方

614

 全州市の写真です。2階建てかな?韓国式の四角っぽい建物を作っています。たくさんの支柱を立て、床になる部分に板を敷きそこにコンクリートパネルをまた並べたり、そんなでしょうか?めったに地震の無い国ですので鉄骨組みとかはあまりしないのでしょう。何だか積み木みたいです。出来上がったと思って支柱を外すと少し撓んだりとかしないのでしょうか?もしも地震があったら、と思うと大丈夫かな?と心配になってしまう日本人です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記635 旧街道で見附から長岡へ3 

055

 新しい道と合流すると道は上りになります。ちょっとした山を越える峠道です。このあたりは昔からの道を拡幅しているのでしょう。暑い中、坂道を歩きます。


057

 途中にはこんなため池もあります。魚がいるかな?カエルはいるかな?と覗き込みます。


058

 さらに道は上ります。暑いです。


059

 


060

 もう少しで峠の頂上というあたり、こんな公共施設があります。昔の学校を利用しているのかな?木造校舎みたいな部分もあります。ちょうど出勤時間なのか、バイクでやってきたおじさんもいました。


061

 もう少しで峠です。


062

 まごころ学園という施設があり、バス停もありました。峠の頂上です。ここで先ほど買ったパンを食べながら水分補給の小休止。見附駅を出て最初の休憩らしい休憩を取りました。


063

 道は下りになります。


064

 右手には石碑、石仏群。ここは前から車で通って知っていました。まだ見附市内ですが、昔はもっと細かく村があったのでその境界なのかもしれません。


066

 人里に入ります。見附市の田井という集落で、栃尾へ越える峠の上り口でもあります。3分の1来たかなというあたりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

2012年7月30日 餃子の王将のとんかつはカルメギサル? だといいな

127

 夜間診療の今日ですが、最初にちょこっと入っていてあとは7時過ぎから、ということでスタッフに留守番を任せて軽く食べてきました。最近新潟にも3店できて大人気の「餃子の王将」です。昨年秋に駅前に1号店ができたときはテレビの特別番組がありました。ベテラン店長が新潟進出を社長さんから任され、絶対成功させないといけない新しい地域の1号店の開店に向けて準備をする話。なかなか面白かったです。その後冬に2号店、この春になって3号店、いずれも食事時には待ちも出る状態を保っています。

 今日食べたのはカレーつけ麺ととんかつのセット。軽く、のつもりでしたがスタッフの話ではとても美味しいというトンカツが少しつくメニューです。彼女の話ではヒレじゃないか?とのことでしたが、さてどんなかな?と思ってかぶりついたトンカツ、メニューの写真で見てはいましたが棒状の形態なのです。ややしこしこした歯触りの美味しい肉。そして一部、こりっとした歯応えのある部分もありました。

 脂はほとんど無く、完全な赤身ですがもも肉などにあるようなパサついた感じが全く無く、しっとりと細かい線維でした。でも、太い棒状のヒレをわざわざ細く切ったものとも違う感じ。ヒレだったら火が通ればもっと白っぽくなるはずだし、ヒレ肉よりも美味しい肉です。もっとこう、肉として美味しい感じと言えばいいでしょうか、柔らかいだけのヒレ肉でもないだろうなと思いました。

 「アメリカ産玄米豚のトンカツ」、とポスターにはありますが、ロースだとかヒレだとか、ももだとかは書いてありません。細長い棒状の美味しい豚肉、どうもこれ、厳密には内臓肉に分類されるカルメギサルではないかな?と思いました。あくまで素人の舌での判断です。

とても美味しく、大好きな店。別にイチャモンつけようというのではありません。ここ数年韓国で大人気の豚の内臓肉、横隔膜(ハラミ)の付け根部分だったと思う細長い肉、カルメギサルのカツが日本で食べられるとしたら、嬉しいことです。スタッフの希望でお土産でも購入、私もまた食べてみようと思っています。餃子の王将のとんかつ、お勧めです。

 写真はイメージ、長岡市の中心部にあった韓国料理店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3869 昌徳宮後苑(通称秘苑)観覧ツアー中に見つけた派手な色の虫

284

 まずは最初に「Magnifying Glass」というすばらしいブログのご主人であるTOMBOさんに御礼申し上げます。この記事の虫が何の仲間なのか?教えていただきました。どうもありがとうございました。

 Magnifying Glass、昆虫のマクロ写真がたくさんのすばらしいサイトです。虫が好きな方、ぜひ見に行ってみられてください。

 

 「食べられないものに興味はない」とまで言っていた私ですが、ついに朝鮮時代の王宮、昌徳宮へ行ってみました。通常の観覧の他に、時間を決めてのガイドツアーでしか行けない後苑、通称秘苑の観覧にも参加してきました。天候は途中から大雨になるあいにくの状態でしたが、秘苑、よかったです。かなり森の中を歩きますので足が弱い方には難しいかもしれませんが、韓国が好きなすべての日本人に見てもらいたいと思います。

 写真はその後苑ガイドツアーの途中の、王様が日常住んでいた建物の脇の石造物なのですが、虫を見つけました。


2851

 これです。大きさは15mmくらい。保護色という言葉とは正反対の派手な色、模様です。


2861

 これが、小さな石の塔のてっぺんにそれぞれたくさんいました。虫が好きだった私、日本では見たことがないようなこの虫にひかれ、しばらく観察です。


288

 肝心のマクロ撮影。暗い曇りの日の森の中の手持ち発光禁止でしたので、フォーカスが甘いです。もっと撮って来ればよかったと後悔しましたが、すごい色でしょう?テントウムシにこんなのがいますが、ずっと大きいので迫力があります。ちょっと触ろうとするとさすがに逃げますが、走って逃げます。ご覧のとおり、、、と、これはMagnifying Glassご主人のご意見で気づいたのですが、羽根がまだちょこっとしかありません。まだ飛べない幼虫なのでした(撮影時はそうとは気づきません、成虫だと思っていました)。


289

 4つある石塔のてっぺん、この虫が数匹ずつ遊んでいるのです。

 韓国、海産物はみな同じ、淡水魚はけっこう違う。植物はかなり似ているけど種類も一部、また比率が違う、そう思っていましたが、昌徳宮で出会ったこの派手な虫、日本の虫とは明らかに違うようです。かなり嬉しかった出来事です。

 Magnifying Glass(拡大鏡?)ご主人に図々しく写真を添付してメールをお送りし、教えてもらったのですが、これはカメムシの幼虫だとのことです。前記のように幼虫だと気づかなかったのは恥ずかしいですが、みなさん、昌徳宮へ行ったらこの虫、探してみてください。カメムシだとはわからないで触りましたが悪臭は出しませんでした。とにかく派手派手でかわいい虫でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記634 旧街道で見附から長岡へ2

039

 旧街道と言っても何年か前まではしっかり利用されてきたと思われる広めの道を進みます。


043

 道の右手には用水路があり、水量豊富。各お宅には自前の橋が設けられています。手前の幅が狭いのも歩行者用の通路のようです。


044

 この公営住宅の方が道路に出る近道が左に見える小さな橋のようでした。


046

 見附はかつけは繊維の町。今もそういう関係の工場は残っており、これは大きな染糸工場のようでした。長い長い建物です。


047

 分かれ道、旧街道は左の道のようです。


048

 突き当りのように見えますが長岡への峠道は右手のはず。


050

 集落を抜けると田んぼの道。なぜか田の上をわたってくる風は少しだけ涼しいんです。


051


052


054

 ここが新しい道との合流点。やはり左手から来る旧道の路面の荒れがわかります。正面から来る新しい道と、ここから1本の主要県道になり、小さな峠越えになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3868 靴病院 靴修繕 磨き専門 靴修繕

626

 全北の全州駅前、左にちょこっと見えるのは韓屋風の屋根を持つ市内バスの停留所です。靴磨きのボックス、いろいろカットシートで貼ったり、書いたり。「~百貨店」というのは良く見かける店名ですが、修繕するから『靴病院』なんですね。

 歯をブラッシングするのもタkタ、靴を磨くのも同じ動詞で、名詞形が使われています。「~専門」というのは本当のそれ専門ではなく、「上手にやる」とか「美味しい」とか、そんな程度の言葉です。

 しかしここ、夏は暑いだろうなぁ。この春、3月の写真でしたけど。

 追加です、ボックスの左上に貼ってあるのは「キングコングナイト」の広告。大通りの向かい側、ボックスの右の方にそのナイトクラブのネオン看板が見えています。ナイト、韓国の年ならどこでもあります。踊る場所、日本で言えばディスコですが、多くは生バンドなのがすごいところです。現役歌手のショーもやったり、韓国独特の文化ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

2012年7月29日 マイ コンピュータ

014

 今日は割合ゆったり。午後も早く上がれそうです。トリマー下の第1トラップの掃除をして帰宅の予定ですが、運動を、と考えています。暑くなりそうですが昨日ほどではなさそう。いい汗をかきたいものです。

 写真は医院の私のコンピュータ。こんなふうにハングルの字母をマジックで書きこんでハングル入力をしていますが、ローマ字入力でよく使うところはすぐに消えてしまいます。長く残りやすいのは、今見てみると、

q,w,ymp,f,j,z,x,c,v, 

 そんなところかな?月に1度くらい、またマジックで書き直さないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事703 冷麺美味し 仁川空港4階にて

465

 仁川空港出発階の上、エスカレータで上がった4階は食堂街になっててけっこういろんな食堂があります。空港ですので家賃は高め、ですのでメニューも高めですし、しっかりした食堂の形を持っていますので、セルフの狭い店が多い1階や地下のの食堂街に比べてさらに高めで、すいています。最後の食事、さっぱり行こうと考えて冷麺にしました。


466

 持ってきてくれたウェイトレスアガシが鋏で切ってくれますが、「1回だけ(ハンボンマン)」とお願いして食べ始めます。そんなに混んでいなかったのにけっこう待ちましたので麺から作っているのかもしれません。普通に美味しい水冷麺でした。

 ご飯類、スープ類に比べ、おまけのおかずが少ない冷麺は割合高い食事ですが、最近よく食べています。我が家にも何種類かの韓国冷麺、盛岡冷麺のストックがあります。早く上がれそうな日曜日、早い夕方、冷麺を食べようかなぁと考えています。ちなみに、盛岡冷麺はキムチが入っていることが多いですが韓国の冷麺はキムチとあまり縁がありません。おかずで付くことはあっても、決して冷麺の器の中には入りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3867 夏から秋の韓国の風物詩 방역(防疫)

461

 何度かここでも紹介している「パンgヨk(防疫)」です。場所は仁川空港の到着階の東の端。空港での写真は原則禁止ですが、ターミナルも飛行機も写っていないのでいいでしょう。

 

 最初に見たのは全北の井邑市の夜、たしか9月後半だったと思いますが、トラックの荷台に2基のジェットエンジンのような噴射装置を積んだのでの大掛かりな街の防疫でした。その後、軽トラックあり、オートバイあり、そしてこんな人1人での手持ちの噴射装置ありで、防疫、あっちこっちで見ています。

 今の時期、田圃とかでの消毒、新潟でもしばしば見かけられますが、都市中心のこんな防疫、主には蚊を対象にするものですけど、日本では見られない風景です。ソウルでも、地方都市でも、韓国の方にとっては別に珍しくもない風景なのでしょうが、外国人である我々から見ると韓国ならではの風景になります。今頃から、たぶん11月の寒さが本格的になる直前まで、韓国のあちこちでこんな蚊の防疫、やっているのでしょう。似ているけど違う、2つの国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記633 旧街道で見附から長岡へ1

026

 見附の五日市をちょこっと見て、行動食のパンを買って、また旧街道に戻ります。ゆるやかに曲がって、でもずっと続く道、江戸時代からの古い道です。


027

 お蔵のある歴史のありそうな酒屋がありました。左手、駐車場に並んでいるのも昔使われていたようなアルコールの甕です。


028

  1枚前の写真でも見えますが、箒とちりとり、今も大事にされているのがわかり微笑ましく感じます。


029

 手前にも、向こう側にも小さなお堂がありお地蔵様が祭られています。おそらくこのあたりが昔からの見附の市街地の端だったのでしょう。出かける人は旅の安全を。帰ってきた人は無事を感謝して。また、日常生活の場である町に悪いものが入ってこないように、そんな素朴な庶民の信仰のしるしです。


030

 そろそろ町を抜けるあたりです。川の土手が見えてきました。


031

 古い刈谷田川の橋です。急に人家が途切れる感じです。


032

 上流の栃尾方向。少し上に新しい道の、車の通行量の多い橋があるはずです。


033

 見えました。昔はこの、今わたっている橋がメインだったのですが、交通量が全然違います。この刈谷田川、しばしば洪水を起こす暴れ川ですが、通常時はこんなのどかな様子です。

035

 古い橋を渡って、少し行くと最初の集落、名木野。バス停がありました。韓国でもそうですが、前には小さなよろづ屋があったり、田舎の代表的風景でしょう。


038

 もしもの場合のエスケープのために、バス停のバスの時刻表を撮影。この先、ちょっとした山を越える道で長岡へ向かいます。お昼までに行ければオーケー、暑くなりそうな夏の日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

普通の韓国を探して3866 インプラント被害急増 補償は果てしなく

699

 流行に乗りやすい韓国、まぁ日本も一緒かもしれませんが、こんなニュースがありました。


700


701

 被害急増で、インプラント関連の被害相談件数もこの数年急増中とのこと。施術する側、される側、充分な相談、説明、理解、協力が必要なのに、ケースを選ばずやってしまうのがそんなトラブルの原因、これも日本でも一緒です。ただ最終的に責任は施術する歯医者の側にあります。

 ふーんと思うのはこの画面の右下「韓国消費者院」だったかな?そういう団体が被害の相談に応じていること。日本だと概して患者さん側の立場が弱く、強力な力を持った公的団体というのは無いような気がします。韓国の進んでいる点かもしれません。

 ただ、左の2本の棒グラフに比べ右の1本が長すぎるような・・・ 韓国マスコミの短点も見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3865 速い地下鉄 新盆塘線 

047

 

 城南市盆塘の亭子駅から江南駅まで16分というふれこみの新盆塘線に乗りました。

 車内にはこんなディスプレイがあって90キロで運転しているのでしょうか、地下鉄としてはかなりの速さだと思います。ただ、駅の数が少なく、こまめにお客さんを拾うのは以前からある盆塘線に任せ、ブンダン新都市とソウルの江南とを高速で結ぶだけの目的のようです。途中駅で降りてはいませんが、人里離れた山の中に途中駅が、なんて地図では予想されました。

 

 ソウルの周囲にいくつもある新都市ですが、断然この城南市盆塘新都市がいろんな面で恵まれてて、鉄道、バス、高速道路などの交通機関の充実などに力が入ってるように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記632 見附の五日市

021

 新潟長岡旧街道ウォーキングの最終区間、見附から長岡です。地図上で目星をつけていた旧街道に入ってすぐ、新しい広い道と交差したところですが、山の方、どうも市の準備をしている様子。急ぐ旅でもないので寄り道です。

 



023

 韓国でも新潟でも、1と5とか2と7とか、そんな定期市が立ちます。珍しいものは特にない、生活に根差した市ですが、たまたまぶつかると嬉しいものです。時間は8時ころ、店を開く準備中とのことでした。

 


024


025

 一番奥まで行って、また引き返します。デイパックを背負って歩く私にも声がかかります。新潟から長岡まで歩いているんだというとびっくりされます。買う側も売る側もだんだん高齢化。こういう風景も10年後20年後にはどうなっているのでしょう?

 ジャント(市場が立つ一定の場所)の端の、自分とこで焼いているパン屋で行動食を購入、旧街道歩きに戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3864 7月19日仁川空港

446

 台風が来ていて飛行機が飛ぶかどうか心配した日の写真です。前日から済州あたりは船も飛行機もみな欠航。韓半島への影響は19日の早暁から、というニュースでした。しかし台風の速度が速くなり、すでに朝のうちに京機道に上陸、首都圏を通過してお昼には江原道の北東海上に抜けてくれて一安心。でも、機材のやりくりが、なんてこともあるので早めに空港へ行きました。

 

 出発便の案内ですが、午前中に出るはずの飛行機、かなりの遅れが出ています。やはり朝の仁川空港は閉鎖状態だったようで、定刻の到着の合間を縫って遅れた飛行機の到着があったり、出発があったり。空港の職員は大変だったでしょう。幸い、夕方のKE763は予定通り飛んでくれましたが、飛行機の整備はどこか他でやっていた様子。早めに搭乗口へ行ってみたときには飛行機が無かったのでちょっとまた心配してしまいました。

 台風、大雪、だれにもどうすることもできません。航空会社だって普通に飛んで普通に稼ぎたいのです。天皇陛下だって、エリザベス女王だってアメリカ大統領だって北の国防委員長様だって天候には勝てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事702 KE763便 韓国で作られた機内食

474

 昨日の記事で新潟発ソウル仁川空港行きKE764便の機内食は新潟交通の万代シルバーホテルが調理していること、紹介しましたが、今回は韓国で調理されたKE763便の機内食です。アルミフォイルの模様がすでに違っていますし、左上、キュウリか切干し大根、もしくはタクアンなんかの韓国式の漬物「チャンアチ」が付くのと、上中、ドールのパイナップル、もしくは済州のミカンが生で付いたりします。ドンウォンの海苔も最近よく見かけますね。


476

 客室乗務員さんが「プルコギです」と言って配ってくれました。薄切り牛肉を予想していましたが、けっこう厚みのある牛肉、たぶん豪州の牛肉の煮込みご飯で、きびご飯との組み合わせでした。雑穀を混ぜるのも韓国式です。

 昔は行きも帰りもたぶん韓国で用意された冷たい寿司とかパンだったのがこの10年くらいでしょうか、暖かいプレートごはんになり、けっこう食べられます。いくつかの種類が限られているのでしょうが、けっこういろいろありますのでアルミ箔を剥がすのも楽しみです。次はどんなおかずかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

とうちゃんの自転車日記631 夢のような田舎の風景

161

 「夢のような」というと大げさなようにお思いかもしれませんが、先日のドライブの途中、旧小国町で田んぼのずっとむこう、不思議なお堂がありました。


017

 最大倍率の望遠での写真です。周囲に何もない田んぼの中に茅葺屋根の素朴なお堂がぽつんと建っています。何だか不思議な風景だと思いませんか?


018

 こいつぁ見に行かないとと思い、公民館のような建物の駐車場に車を置かせてもらい、田んぼのあぜ道を歩きました。近いようでけっこうあります。


019

 なかなか近づきません。


020

 もう少しです。


021

 ね、不思議でしょう?鳥居が無いのでお宮ではないようですが、見事な茅葺屋根です。


022

 全部が木と草でできたお堂です。向こう側には右手の集落からのちゃんとした道がありましたが、そちらはやはり裏のようです。正面はずっと田んぼなのです。

 戻ってから検索してみましたが相野原(集落名)観音堂というお堂で馬頭観音像を納めていて8月7日にお祭りがあるとあります。新潟の豪雪地帯の田舎の広い田んぼの中にある観音様のお堂。これを見つけただけでもこの日のドライブの価値があったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記630 新潟市内ポタリングで

027

 暑かったけど休みは運動。自転車で佐渡汽船乗り場へ行ってみました。到着したフェリーからはぽつぽつ輪行のお客さんも降りてきたり。佐渡も自転車で走ってみたい場所の一つです。1枚目は8時発のジェットフォイルだったかな。ボーイング929という軍用にも使われる船ですので出港時にはなかなか勇ましいジェット音を出します。男子ならわくわくしてしまう、はずです。で、そんな写真を撮っていたら遠くに濃い灰色の目立たない船がいました。新日本海フェリーの北海道へ行く大型船のさらに向こうです。


371

 望遠を効かせて撮るとこんなです。それほど大きくないけど目立たない灰色の塗装。もしかして自衛隊の軍艦?と思い、行ってみることにしました。この辺、自転車の機動力は大したものです。港の通りを走って新日本海フェリーの山の下ターミナルを過ぎて、、、


043

 いました。後尾に「ひうち」と書かれていますが、自衛艦です。小さいけどなかなか勇ましい姿です。


044

 後方の甲板は大きく開いており、ホバークラフトとか、ゴムボートが出入りできるのかな?その辺は自衛艦ファンの方のサイトをご覧ください。

 しかし、フェンスはありますが乗り越えようとすれば簡単。川の側からなら簡単に近づけます。工作員が夜のうちに爆弾を仕掛けて沈めてしまうこともできそうなくらいの手薄な警備。というか、警備なんかされていません。

 大体韓国で、たとえば平澤港の海軍基地でこんなふうに近づいて写真を撮っていたらすぐに通報されて拘束。1泊2日の取り調べ、帰りの切符が無駄になり、日本大使館員にも多大な迷惑になるでしょう。スパイ天国と言われていますが、日本国、平和な国です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3863 往十里 ホテルビジョン807号室

562

 正午直前到着のKE764便。バスかタクシーでソウル市内へ向かうと早ければ1時過ぎにはホテルに到着してしまいます。普通のチェックイン時間は3時か、4時。でも、最悪、荷物を預けてお昼を食べに行くのもよし、運が良ければ部屋を使わせてもらえます。日本ではもっとずうずうしくならないとと思う私も韓国へ行くとフランクになれるのか、速く着いたのでいい部屋にしてください、なんて頼むこともあります。その辺に応えてくれるのも韓国のいいところでしょう。たぶんこれ、エコノミークラスのホテルですがグレードアップ、広い部屋を用意してくれました。何度か泊まっているのでえらく狭い部屋があるのを知っていましたので、嬉しいサービスです。


566

 バスルーム、残念ながらビデはなし。でもちゃんと浴槽があります。


564

 大型の液晶テレビ。テレビに関しては高級な観光ホテルよりもエコノミーホテルのが良かったりします。


567


565

 窓からの北方向。南側の部屋だと隣はミラノモテルの壁ですのでこれも嬉しいこと。馬場洞、東大門区庁、京東市場方面の眺望が開けます。相変わらず人気の韓国観光、ホテルの料金はかなり強気です。地下鉄やバスに乗れるのでしたらこの往十里、けっこう便利です。ことに、江南方面へのバスの便も最高、いい場所です。

696

 ドアに貼られた非常口の案内図です。全部の階ではありませんが、807が広めの部屋であるのがわかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3862 KE764便の機内食は新潟交通が調理

520

 想像はしていたのですが、これ、チェックインが始まる前の新潟空港、入管とかがある空港ビルの東端のゲートです。大型のトラックが厳重なゲートを抜けて空港内に入るところ、たまたま見かけました。大きなスティッカー広告を見ると新潟交通のもの、万代シルバーホテルとかのもののよう。たぶんこれ、熱々の機内食なのだと思います。


521

 その1時間半後には搭乗待合室。あの737の中には先ほどのトラックから積み込まれた機内食のワゴンが載っているのでしょう。


551

 そのまた1時間くらい後、ビジネス席のお客さんのサービスのあとで一般席の機内食が配られます。この日はビーフシチューごはん。一緒についてくるバターロールも、バターも、デザートのゼリーも皆日本製というわけです。帰りの763便の機内食とはどこか、というか明らかに違う構成、明日はその764便、韓国で調理された機内食を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

2012年7月25日 休みです

036


 雨が時折降る天候だったため、高速テストと称して車に乗ってきました。新しい車、小さいけれど安定性は抜群。値段なりのうるささはありますが、足回りはどっしりで、新幹線を運転しているとこんなかな?という気分です。いい買い物をしたという満足感、嬉しいものです。

 今もゲーム中?高校野球の決勝、テレビで見ましょうか。写真は新潟西港。信濃川の河口にある港です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

とうちゃんの自転車日記629 ますます広がる自転車熱 韓国

715

 新盆塘線の駅だったと思いますが、三千里自転車の大きな広告がありました。ソウル似通って17年、私自身が自転車に乗り始めたのは2005年くらいですが、興味を持って見ている韓国の自転車ブーム、着実に進行してると思います。東大門市場あたりで重たい荷物を運ぶ道具だった自転車がスポーツの一つとして認められてきた。とても嬉しい変化です。


043

 こちらは新盆塘線の亭子駅近く。周囲の暗さと看板の明るさの差があり過ぎて真っ白ですが、スペシャライズドショップが城南市盆塘新都市にもありました。日本だと青山の外苑前にあるのと、確か福岡市で見たことがあったと思いますが、アメリカ製の高級自転車のアンテナショップです。ソウルでは他に江南のノニョン洞あたりでも見たような気がしますが、流行に敏感な、そしてカッコつけ、見栄っ張りが多い韓国人、どんどん売れているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 九州地方梅雨明け

022

 加茂市の通称水源地、山の中の一番奥の場所です。キャンプ場があり、左手、立派な管理事務所がありました。白山周辺のヤマビルの聞き取り調査で行ってみたときの写真です。


024

 事務所の前のベンチに段ボールが置かれています。最初はわからず、整理が悪いなぁと思って片づけようとしましたが、すぐに気づきました。


025

 驚かせないように発光禁止で撮ったのでちょっとフォーカス甘目ですが、かなり大きくなった子供が巣にぎっしり。 今朝の新聞で見たのですが、人が住んでいる家にしか巣を作らないそうです。ここは昼間は人がいそうですが夜は空き家。害敵防止に人間様を利用している動物の知恵なんでしょうが、大丈夫なのかな?

 都会育ちなもので、ツバメの巣、あまり身近ではありませんでしたが生き物は好き。ずっとそういういい自然を保存しないといけません。車を減らし、木を植えないといけないと思います。

 今日は割合暇です。明日明後日は休み。天気を見て、体を動かしたいと考えています。長岡から先へ歩くか。それとも、スロージョギングというのを始めてみるか。熱中症に気を付けて汗をかきましょう。あ、高校野球県大会の決勝もあったのでした。とにかく、楽しみです。今日をがんばって、明日は楽しむ、そんなで行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事701 キムパプ天国のトンカスカレイ

411

 往十里、ホテルビジョン前のアパート入口の商街ビルです。朝ごはん、何だかチャーハンが食べたくなっていきました。セウポックムパプが希望、キムチポックムパプは酸っぱいのであんまりなんです。しかしこのチェーン、ある程度の店ごとの自由が許されているのでこの往十里店、セウポックムパプは名前はあるものの値段が無く、やっていないということでした。さて、何にしようかな?と思って頼んだのがトンカスカレイ。確か6000Wでした。

412

 無料のおかずはありがたいのですが、余りを捨てるのがアッカプタということで最近はセルフで食べられるだけという形式の店が増えています。


414

 クンムル(スープ)はアジュマがとってくれました。水はセルフです。スープではなく、日本風の店で作ったテンジャンクッkを出す店もありますので、その辺も店ごとに違うのでしょう。厨房では冷凍の衣付きトンカスを揚げています。


415

 トンカスカレイの完成、登場です。あれれと思ったのはご飯が少なく、トンカスが巨大なこと。カレーも案外少しだけです。どうもこれ、カスを食べるのがメインのメニューなのかもしれません。


416

 トンカスカレイ拡大。中身はうんと叩いて薄くした豚肉。衣との厚さの比率は2:1:2くらい。8割の厚さが衣なのが韓国の在来式トンカスです。厚い普通のカツは「日本式」と看板に出ています。カレーはぜんぜん辛くなく、この辺、日本のカレーとの対比が面白いです。他の食事は辛いのが多いのに、カレーは全然辛くない韓国でした。結局ご飯は食べましたがトンカスの3分の1ほどを残して食べ終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3861 全北全州の普通の町

612

 新潟を説明するとき、同規模だと例に挙げることが多い全州市。1枚目は街角のごみステーションです。金属製の箱は古着など布類の再活用の収集函。けっこう韓国、あちこちで見られます。ちょっと散らかっていますね、ここ。


611

 いろいろ分けて収集しようというのはわかりますが、布団だのも置かれています。ケンチャナヨの韓国、地方へ行くとさらにいい加減になる部分があります。前にも書きましたが朝の人も車も少ない時間など、だれも信号を守りません。地方歩きの際には道路横断時、信号よりも自分の目で車が来ないか判断しないといけません。ご注意ください。


613

 新しい、と言っても40年とか経過していますが全羅線全州駅の周辺ですので新しい街。道路は広く、計画的に作られた町だというのがわかります。看板は「ムジゲ(虹)クリンテック」とあります。「洗濯」という文字も見えますのでクリーニング店のようです。韓国、ドライなどに出すことが日本より多く、洗濯所は町の各所にみられます。「ラジオスター」でも出てきましたし、「パイラン」でも出てきましたね。身近にある店という感じが強くまだ残っているのでしょう。


615

 前にもちょっと紹介したドンシン初等学校の体育館かな。韓国の小学校、プールはほとんど無いけれど、地方でも建築はしっかり、お金をかけています。最近部外者の侵入に対するガードがきつくなりましたが、昔はほんと、開けっぴろげでした。日本もそうでしたよね。池田の事件で変わってしまいました。


623

 教会に、


624

 マッコリチプ。観光サイトで紹介されている街でなくてもこの全州、マッコリを頼めばアンジュ無料という店はたくさんあるのかもしれません。もっとも、ここでも紹介したモラン市場の露店の飲み屋のように、高めの酒代で料理は食べ放題という形式の商売、他にもあります。


625

 普通の家です。どこか装飾に凝りがち。ディープコリアでは真珠を入れた男性器に例えていましたが、ある程度当たっています。できる範囲で派手に、って感じです。

 今回、ソウルばかりでしたが、どうもソウルを歩くのは疲れます。単に交通機関に乗ってる時間より歩きの時間が多いせいかもしれませんが、人が多いのも一因です。ソウルの人も東京の人も、われわれ地方の人間より元気なのだと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月23日 (月)

2012年7月23日 明日が準決勝、明後日が決勝戦

018

 この1週間くらい、左ひざの痛みに始まり、腰痛も左側、韓国疲れではないと思うし、姿勢が悪いのが原因か、それともエアコンの冷えか?運動不足か?ということで昨日は野球を見に行ったり2度ほど買い物に出たり、尻が痛くなるくらい自転車に乗りました。一番困る腰痛は徐々に良くなってきています。運動しないとなぁ。


022

 これは昨日の第1試合、中越対巻ですが、巻にエラーがぽろぽろ出て、結局一方的な感じのスコアボードですが、中越もよく打つチームとは言えないなぁと感じました。残っているのは明訓、中越の私立勢、十日町と糸魚川の公立勢、途中で出てしまいましたが糸魚川のピッチャー、球速はそれほどないもののいい投手で、ひょっとしたら?なんて期待しています。

 そんなの当り前、って言われそうですが、高校野球

*ちゃんとストライクを投げる投手とこぼさない捕手のバッテリー

*エラーをしない野手

そんな基本がしっかりしたチームが強いのだと思います。フォアボールはヒットと同じだし、エラーで進塁させてしまうのもヒットと一緒です。甲子園準優勝したときの文理みたいな全員ホームランを打てるようなチームはまず普通はありませんから、守備に弱点が無いというのが勝てるチームの第1の条件のように感じました。当たり前か、、、、な。

024

 今日明日は仕事ですが、明後日の決勝、もしかしたら見に行くかもしれません。がんばれ!みんな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3860 COEXのなかにあるMEGAVOX、シネコンのトイレです

013

 日本で見た「白磁の人」、ソウルでもどうかな?と思って見てきました。上映館がソウルで4つしかなく、また、日に1回だったり2回だったり。これはホテルのフロントのお姉さんに調べてもらって三成の朝の上映、8時40分というのに出かけて行きました。日本よりは入っていましたが、それでもまぁ、がらがら。ちょっとがっくりでしたが、見た人の評判は向こうのサイトで見る限り上々のようです。

 

 見終わって行ったトイレなのですが、


014

 サボテンの類でしょうか?小便器の上のところに、こんなのが置かれていてちゃんと生きています。韓国の方、特にオルシン中心に観葉植物は大人気。窓があるベランダは洗濯機と観葉植物で一杯だったり、そんなです。花好きなことに関してはここでも何度も書いていますが、映画館のトイレにこんなのが置かれてて、ちょっと韓国人の趣向のいい点を見た感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事700 往十里 トソンサゴリ 진국설렁탕

053

 2002年ウォルドカップ、韓流、それ以前からソウルの安宿によく泊まっていました。この往十里も今はなくなった田豊ホテル、ホテルビジョン、最近はアモーレックス、何度も歩いている街です。その中で気になっていた店、今回初めて訪問してみました。トソンサゴリというみたいですが、東大門運動場から中央市場裏手を走る馬場路と東大門区庁から城東区庁へ南北に走る大通りの交差点の手前です。いつもタクシーが停まっている、そんな店です。


054

 ソルソンタンは6000W。特とかはありません、あとはスユクとか、そんな。シンプルなメニューのソルロンタンチプです。肉は上に数切れ乗っていますが、茶色い紡錘形のがわたしがちょっと苦手な脾臓、チレです。


056


055


057

 テーブルごとにボウルが置いてあるねぎを自分で入れていただきます。あ、塩ももちろん入れます。味は付いていないのがソルロンタンですので。

 で、味ですが非常に淡泊。マポオクのように牛のうまみたっぷりというわけではなく、シンソンソルロンタンのようにどこか人工的な旨味もありません。とにかく、牛の臭みを究極まで取り去ったスープで、私には物足りない感じでした。95年から数年間、ソルロンタンばかり食べていたのですが、あまり面白くない料理だと思い、豚骨スープのスンデクッkに興味が移ってきた時代のような感じ。そんなスープです。

 しかし思うに、たとえば日本のラーメンでも、店ごとにいろんなスープがあり、麺があり、好みによって選べていいのでしょう。連続して朝食にマポオクという経験はありますが、1週間続けたらもしかしたら飽きるかもしれません。毎日食べても飽きない、そんなソルロンタンがこういうやつなのかなぁと思った次第です。お客はけっこう多いし、かなり長く続いていて韓国のサイトでも見かけたり、韓国の本でも見かけたり。ソルロンタン、いろんなのがあっていいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事699 ユソン食堂のミンオフェ(オオニベの刺身)

614

 ソウルの江南、ソチョ3洞です。李準圭先生のオフィスがあるムジゲアパートから見ると西の方、最寄の駅は3号線南部ターミナル駅でしょうか。そこから西へ緩やかに下り、芸術の殿堂からの広大な道路を渡ってすぐの1本裏手にあります。待ち合わせ時間に余裕があったので、ちょっと歩いてみて、場所を確認、開店時間も確認して、結果的に開店時間の5時半に2人ということで予約をすることになりました。

 5時に待ち合わせでまた同じ道を歩き、開店直後の時間に入りましたがすでに先客4人が食べ始めたところ。他のテーブルにもスチョと湯呑茶碗(水用)が並んでいます。この後驚いたのはこの店、ほとんどが予約で一杯なのです。予約なしで来て断られるグループ、短い時間に4組もありました。


664

 壁のメニュー、右端のミノフェは時価です。基本的に刺身の店のようです。


663

 厨房です。店は思ったより広くないのに厨房は広々。いい店の一つの特徴かもしれません。


668

 まずはパンチャン、それほど多種ではありませんがみな美味しかったです。南道の店なのかな、やはり。


669


6701

 2人なので10万Wのミノフェは多すぎると話して出してもらった6万W分です。大きく切った身の部分の上に、ウロコをとった皮を残した部分も少しのっています。一言で言うと上品な脂がある甘い刺身でした。もちろん美味しいです。刺身というといつも結構残すのに2人でみな平らげました。


680

 電話を受ける多分店主と思われるアジュマですが、その後ろの黒板というかホワイトボード、ごちゃごちゃにかいてありますが、みな予約です。8卓くらいだったかな?我々が出るころには満席。前述のように入れないで諦めるグループ多数でした。韓国の夏の大人の保養食なのでしょう。美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

すばらしい韓国の食事698 チョコチュジャン(チョジャン)が苦手な私でしたけど

147

 これ、瑞l草3洞の南道料理の店で「時価」のミンオフェ(ミノフェ)を注文したときに最初に出てきたやんにょむです。韓国では関西風の辛くない青葱が多いかと思っていましたが、辛い白葱、それに、味噌みたいなのと白ゴマ、そしてチャムギルム(ごま油)です。

 すっぱいチョジャン、(チョコチュジャン、韓国の刺身の代表的な味の元になる調味料)苦手なんですけど、と思ったら、これ、テンジャンだそうです。有名なホンオフェも主にテンジャンだとのこと、ちょっと嬉しくなってきました。


153

 ケコギスユク(犬肉の茹で肉)でも、最初に出てくるつけだれというかヤンニョムを混ぜて料理が出るのを待ちます。これは、箸でしっかり混ぜた状態。テンジャン(味噌)ということでしたが、調味されててやや甘い味がします。これならイケそう、と期待です。


148

 その後、アジュマ、こんなのも出してきてくれました。「日本のお客さんですので・・・」と言いながらでしたが。これも私にとってはありがたい配慮です。一緒に行ったのは韓国在住暦4年目の先生。私も合計すれば1年分くらいは韓国にいますが、前述のとおり、刺身にチョコチュジャンはちょっと苦手。期待しつつ、メインのミノフェが出るのを待ちました。

 夏といえば、参鶏湯とかケコギが有名な保養食。でも、ちょうど行くときの機内で呼んだ韓国新聞でも、それ以上の保養食としてミノが紹介されていました。木浦港を出港する漁船の写真です。別に元気が出るものを食べてどうしよう、という予定はありませんでしたが、初物を食べると75日といいます。期待期待のミノフェでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月22日 曇りですが雨は大丈夫そうです

135

 おはようございます。休みの日曜日です。高校野球県大会も8強がそろって、今日は4試合。近くの新しい野球場で準々決勝戦です。地元と言えば地元の新潟明訓、新潟商業のゲームは午後ですので、ちょっと用事があります。第1試合の中越対巻のゲーム、これから自転車で見に行きます。残っている8校のうち、私立は2つだけですがいずれも強豪。効率の6校のうち5校が普通科だったかな?あまり強くない県の特徴かもしれません。まぁ、どこが優勝しても、甲子園、頑張ってほしいものです。

 写真は前に見に行った三条のゲーム。残念ながらこの次で負けてしまいました。勝負は水物。優勝候補筆頭だった日本文理を破った巻と長岡の雄である中越(私立)のゲーム、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月21日 (土)

2012年7月21日 やっとわかったボムネゴル聖地のこと

041

 2年半ほど前のこちらの記事でボムネゴル聖地、ボムネゴル記念館って何なんだろう?という話を書きました。統一教会の関係の「聖地」なのですね。やっとわかりました。

 今回の訪韓で、隣の席になったアジュマのグループ数名、新潟県出身でありながら、住んでいるところは南アメリカだとか。失礼ながらスペイン語や英語を話す国際アジュマには見えませんでしたが、話していくうちに今回の行先は10日ほどの滞在で清平だとのこと、それで統一教会の信者たちだということ、わかりました。こちらの検索でも「韓国 清平市」だの、韓国に詳しい人ならトンチンカンなキーワード(清平は市になるほど大きな町ではありません)だとわかる言葉で訪問してくれる人が結構います。「清平市外バスターミナル」というタイトルでそれがひっかかるのでした。また、機内での飲み物のサービスの時に「メッコールはありますか?」と聞いた若い女性のグループの事も書きました。

 しかし何でボムネゴル聖地がわかったか、というと、先日新潟駅前で本をもらったのです。文鮮明さんの自伝の日本語版です。韓国のものなら何でも好きな私、1冊もらって最近眠り薬代わりに読んでいたのですが、最初に教典をまとめ上げ、教会のような小さな場所を作ったのが釜山の山の斜面の町、凡一洞のボムネゴルだったというのがその本に書いてありました。新潟駅頭で会った女性にもらった本で、やっとわかったというわけです。

 韓国はじめ、日本、その他世界各国に信者がいて、国際結婚で海外へ行く日本人女性もたくさんというのは、昔から知っていましたので、新潟の信者さんからもらった本でボムネゴル聖地の意味を知る。なるほど、というところです。

 あの時は山から下りてきて山腹道路を歩きながらゆっくり下る途中。また上り返さないといけないボムネゴル聖地には行きませんでしたが、ちょっと行ってみたくなりました。統一教会の信者さん、多分昨年夏に尚州のミルミョンカゲで会った数人、楊口のバスターミナルで会った1人もそうだと思うのですが、皆あっけらかんとした、明るくまじめで、頭が良さそうなな女性です。

 写真は新潟市中央区、万代町通りからちょっと入った場所の賃貸マンションの名前。韓国によくあるネーミングなので、面白くて1枚、というものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3859 移り変わりの速いソウルの食堂

333


 前の項、冷やし蕎麦を食べるちょっと前の写真なのですが、이촌밀면という看板が見えます。昨年夏の尚州以来、小麦粉で作った麺の冷麺、ミルミョンが好きになり、釜山で食べたりしていましたが、ソウルにもミルミョン店があるのをパイランHPのエクスプローラさんに教えてもらいました。暑い夏の日、さっぱりしたミルミョンを食べに出かけて行ったのが龍山駅の裏の方、地下鉄駅で言うと6号線の孝昌公園の近くのヨンムン洞、ヨンムン市場なのでした。

 自前の地図帳に大体の場所をマークしてあったのを持参、けっこう賑わってる在来市場の中をぐるぐる歩き、北側を走る大通りの1本南の道にあるのを見つけました。でも、残念ながら閉店してしまったようで、テーブルは片づけられて隅に置かれ、食器類も重ねて端に置かれています。当然ドアも鍵がかかってて誰もいません。ソウルではやはりミルミョンは人気が無いのか、、、バスを乗り換えて元暁路まで行ったのに残念です。

 前に書いたように、楽園商街東口でみつけた鯨肉料理の店、「捕鯨船」も今年の春に行ってみたらベトナムサルククス(米の麺)の店だかになっていました。この「捕鯨船」、最新版の2012年韓国版ブルーリボンサーベイにもしっかり掲載されているのですが、取材時はあったのに発行された頃には無くなってた、そんなです。 「シジャギパニダ」で始めたはいいけど、だめだと思ったら簡単にあきらめて閉店。韓国人の長点でもあり、短点でもありますが、こんなケース、もっともっとあるのでしょう。

 江戸時代から何代も続く店がたくさんある日本に比べると20年も続けば看板に「伝統」の文字をつけてしまう韓国らしいお話でした。気持ちは完全に冷たい麺になっていたので、近所の蕎麦の店へ行ったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事697 モミル?メミル?どっちが正しいのでしょう?

335

 暑い日だったので早い夕食は軽くて冷たいものを、ということで냉모밀(冷モミル)というメニューです。新潟韓国教育院でも、モミルだかメミルだか、どっちでもいいと教わったような気がしますが、「蕎麦」のこと。ネン=冷ですので、冷やし蕎麦という感じかな? ちょっとすみませんが、フォーカスが甘い写真です。 

 場所はソウル、龍山駅の裏の方。初めて行った元暁路2街バス停の裏手にある龍門市場と書くのかな?ヨンムンシジャンの中の店、蕎麦粉を使った料理の店です。看板メニューはそば粉を使ったプッチム(お好み焼き)とそば粉を使ったジョン(煎=粉とか卵の衣をつけて野菜や魚、肉などを焼く料理)です。当然、蕎麦の店ですので麺もあるだろうと入ってみました。

336


337


338

 こちらはピントぴったりの3枚。氷が浮いた薄味のつゆがたっぷりで、黒めの色の蕎麦に、薬味のねぎ、海苔、3枚目に見えるダイコンおろし。好みで韓国粉わさびも入れていただきます。最近気づいたのですが、韓国の蕎麦、日本のように、こねて、打って伸ばして切って茹でるのではなく、こねた生地を冷麺式に大鍋の上から煮えた湯の中に機械で絞り出すのかなと思います。細めで均一な太さ、包丁や機械で切った感じではなく、冷麺同様、機械のノズルの形のように思えるのです。

 

 つゆは甘め、特に何のダシとかまでは気を使っていそうにないのですが、冷たくて案外イケるんですよ。ここも大きめの丼にたっぷりのつゆ、最初はけっこう量があるかな?とも思いましたが、案外麺は大したことなくて、もう少し食べたいなぁ、というところで麺が無くなりました。美味しかったです。コッペギ(大盛り)とか、替え玉(麺サリ追加)はあるのかなぁ?なんて思いながら底に残った麺を探して食べていると、、、サービスです、と言ってオマケが出てきました。


339


340

 蕎麦粉のプッチムです。柔らかめにといた生地を鉄板の上に丸く流して野菜を載せて、すぐにひっくり返して完成、そんな簡素なお好み焼きみたいなのですが、壁のメニューを見ると1500Wとあります。5000Wの冷モミルを頼んで、1500Wの蕎麦粉焼きがもらえる、韓国っていいなぁ、と思いました。でも、けっこうな量。薄いけどこれ、2枚です。オマケでだしてくれたのは何だか済まなくて残せません。しかし、全部は食べられませんでした。

 ご馳走様、と言って計算をしようと6500W出しました。せっかく出してくれたのに半分も残して、済まなくて、という気持ちですと言ったら、アジュマも受け取りません。結局5000Wだけ払って店を出たのですが、後で考えると、この冷やし蕎麦、あまりに早く出てきたので、もしかしたら、先客の注文間違いとかで作ってしまってた麺をちょうど直後に入店した私に出した、そんななのかなと思うのです。

 特に不自由なく旅行できますが、聞き取りはまだまだ弱点。30秒もせずに出てきた冷やし蕎麦、「どうしてこんなに早く出てくるの?(ウェイロッケパッリナワヨ?)」と尋ねたら、なんだかんだ、わからない言葉を言っていました。私が店の側でもありがたい客だったのでサービスに蕎麦粉焼きを、そんなだったのかなぁ?? 韓国の自由なところ、考えがフレキシブルなところ、まぁ、マイナスの面もあることはありますが、多くはプラスに働いていると思います。ケンチャナヨって、そのことです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3858 案外律儀な韓国の仕事

596

 どこだか忘れましたが地下鉄駅です。韓国の地下鉄、よく人が落ちて、誰それが線路に飛び降りて助けた、なんてニュースがしばしばありましたが、この数年で、あっという間にスクリーンドアがほぼ全部に設置され、そんな話も聞かれなくなりました。いいことはすぐやる、この辺、いろいろ会議、検討、研究、調査、そんなのが好きな日本が見習わないといけない点です。

 

 今は小さな写真しか見えないのですが、読んでみると

注意 電動車と乗降場の間隔 13㎝だか書いてあります。


595

隣、4号車の2番ドアの場所では、11cm。


597

3番ドアでは10cm。

ここまで計測して、表示する必要があるかどうか?ちょっと疑問ですが、案外律儀な点もある韓国の仕事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

2012年7月20日 スリラン夫婦と純悪質女史

743

 前の項で紹介した「コルモクアン風景 全集」、及び前に持っていた「コルモクアン風景」の1冊に出ていた88年のソウル、中林洞の写真で不思議なのがありました。

 小学校中学年?10歳くらいの少年5、6人と犬1匹が額に黒いテープを貼って写っているのが2枚あるのです。さて、この黒テープの意味は?ということで、今回何人かの韓国の方にその写真を見せて聞いてみました。

 全体をまとめると「80年代後半に流行っていた『スリラン夫婦』というテレビ番組の中に出てくる『純悪質女史(순악질여사)』という役の女性ゲグメン(お笑いの人)の扮装」、とのことです。日本語の検索でもほとんど出てこないし、ハングルでの検索でもあまり出てきませんが、大人の人ならだれでも知っている有名なキャラクターのよう。 前にここでも紹介した「モンナニ三きょうだい(兄弟だけど女の子)」みたいな大流行だったようです。

 写真集の中身をアップするのは差し控えるべきだと思いますので、公開できません。韓国の方もけっこう見に来ていただいているこのブログですが、「スリラン夫婦」と「純悪質女史」、覚えておられますか?ビデオがあれば見てみたいのですが、無いだろうなぁ。

 写真は祭基洞、東医宝鑑タワービル。こちら側の風景は京東市場へ行ったときにご覧になった方も多いことと思います。大きな太極旗が描かれているあのビルです。

ユーチューブでありましたね。純悪質女史も出ていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3857 김기찬사진집 골목안 풍경 전집

698

かなり前の韓国語ジャーナルで紹介され、日本でも一部で知られているキムギチャン先生の写真集、「コルモクアンプンギョン全集」を買いました。以前の写真集は大判のものでしたが、そんな昔の作品を小さいサイズでまとめたものです。昨年秋に発売されたのをこの春に知り、狙っていたのですが、やっと見つかりました。

 

 大きな書店をいくつか回りましたがいずれも在庫がありません。日本人ファンがいるのかな?とも思い、あまり日本人が行きそうもない江南の教保タワー地下の教保文庫で1冊。嬉しい買い物でした。 韓国ってCDとかもそうですが最初にバーッと作って、それがなくなるともう買えない。そんなのが多いので、これも宝物みたいなものです。売れてしまうと困るのでこれも実は内緒にしていたのです。ソウルの、日本人があまり行かない地区の本屋とか大きめの地方都市の本屋なんかがねらい目かもしれません。いいでしょ?これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3856 祭基洞 東医宝鑑タワー

735

 東京やソウル、大都市へ行くと人も車もたくさん。どこへ行ってもそうです。いますぐ頭に浮かんだのは夜の秋葉原と江南駅ですが、一目で1000人、そんなです。歩くにも気を使わないといけないし、階段の上下もたくさん。地方にいるときの2倍はくたびれてしまう、そんなふうに思えます。

 これは早朝の写真ですが、この時間だって向こうに見える東医宝鑑タワービルの向こう側、鍾路の続きの道のチェギドン駅周辺は人だらけでしょう。今回、3泊4日でソウルを歩いてきましたが、韓方医学の話を聞けたり、行きたかった店に行ったり、まぁ充実していたと言えば言えますが、けっこうエナジィを使いました。最終日は台風も来ていたりで、やはりソウルを歩くなら団体。でなければ地方をのんびり汽車中心で、そんな旅がいいかなぁと感じた私です。

 行きたかった店というのは数年前に下調べもせずに弘大前の繁華街をぐるぐる聞いて歩いて探したけど見つからなかった「コプチャンチョンゴル」という店です。70年代、80年代の音楽を流してという店。大昔の韓国語ジャーナルの付録CDに登場した店です。知り合いの先生が社長ニムアジョシとも知り合いだとのことで、挨拶もできました。長年の夢が果たせた気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記628 旧街道をたどって長岡へ

011

 見附市本町2丁目の路地です。詳しい地図で目星をつけてはいましたが、まずは前回の終点まで行き、そこから旧街道へ入ります。これ自体はただの路地ですが、ちょっと行くと長岡へ山沿いに続く旧道に出るはずです。


012

 古い飲み屋、大好きです。新しい店、なんたらダイニングだの、どうしても敬遠してしまう年齢になりました。


013

 路地の出口にも古い店。行ってみたいなぁ。


014

 抜けてきた路地です。


015


016

 

 振り返っての写真ですが、たぶんこれが旧街道。江戸時代からの道です。通学途中の高校生が日陰を選んでメールチェックしていました。


017


018

 右手の建物は旧農協。旧街道は緩やかに曲がって走っています。遠回りだの、寄り道だので、新潟長岡間、4回に分けてになりましたが最後の回になります。連休の柏崎52キロウォークの際に真でしまった左足親指の爪、2か月半で昨夜、ぼろっと剥がれて取れました。完全に取れていない一部分を保護するためにサンダルで自転車の出勤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

2012年7月19日 これ、食べたことある方いますか?

157

 

 韓国でミノ(ミンオ)と呼ばれる10キロ、15キロにもなる超大型のいしもちの仲間、オオニベの浮き袋と皮(うろこを取って。湯引き)です。韓国だけでなく、中国でもすごく人気がある魚、活けではないのですが、かえって甘みがあっておいしかったです。夏の保養食としては参鶏湯以上に効果があるとか。予約なしで来店して断られるグループがいくつもありました。

 家での機械なのでハングルを打てないのですが、浮き袋のことをブレということ、しっかり覚えることができました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

2012年7月16日 暑くなりそうな夏の日です

100


 おはようございます。自転車で出てきました。エアコンはあまり好きじゃない私、夏は汗をかいてこそ夏、そう思います。今日もたくさん歩いて来たいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

2012年7月15日 資金と借金

008


 

 日常生活の中で、「ふ」と頭に浮かぶのだけど、そのままになってしまうこと、たくさんあります。韓国語の勉強のことなんかでもよくありますが、そういうこと、すぐに辞書で調べてみていれば向上するのだろうなと思いつつ、なかなかできないものです。

 タイトルは「資金と借金」、日本語だとずいぶん違いますが、韓国語だと確か似ているはずと思いつつ日韓辞典を見てみると、やはりそうでした。

資金=자금

借金=차금

 どっちも日本式にカタカナで書けば「チャグm」しかありません。初歩者ではない自信がある私でも、どうも正確に区別できないであろう単語、一つ勉強になりました。でも、借金のほうは、漢字語ではなく「ビッ」という言葉が多く使われるような気もします。

 写真は見附市からのウォーキングの途中で見かけたお宅のガレージのシャッター。書きかけでやめたのでしょうか?「駐車禁止」、「小便禁止」、そのまま家にも書いてしまう韓国にちょっと近いイメージでした。もし次に行ったら「車庫につき 駐車禁止」って完成しているのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3855 ソウル 江南の夜だったかな?

717

 最近のデジカメ、本当によくなりました。一般用の最初の機械、カシオのQV10を持っていますが、今いじってみると子供のおもちゃにもなりません。20年くらいでしょうか?ものすごい進歩だと思います。

 韓国語の勉強兼日記兼メモ兼・・・そんなノートに次の出張でやりたいこと、書いてあるのですが、2人の先生との約束の他は

*理髪

*眼鏡

*昌徳宮・秘苑

*清渓川

*民俗村?

*お墓参り?

*映画(백자의 사람)?

 なんて書いてあります。 その右の列には

*真국ソルロンタン

*ソコプチャン

*冷麺・ミルミョン

*野菜スンデ

*키조개の干物

*홍어

*민어

 まぁ、あまり計画計画するのは好きじゃないし、うまく行かないで自分を責めるのもいや、ということで、できる範囲での行動になります。最新鋭の体重計が示すバランス年齢は42歳(自慢!)ですが、今日で56歳になりました。いつもはスタッフの希望でできてしまう連休ですが、今回は私の希望で誕生日記念休みです。でも、56かぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記627 今度は見附駅から本町2丁目へ

003

 朝の見附駅です。通学の高校生がたくさん電車に乗り降りしますが、それが行ってしまうとこんな感じ。大人たちはみんな車なのかなぁ?と思います。確かに楽で便利だけど、この先何十年、ガソリンとかどうなるのか?それが心配でもあります。


004

 前回の旧街道歩きの終点、見附市本町2丁目、第四銀行角まで、できるだけ旧道を選んで歩きます。暑くなりそうな夏の日です。


005

 道端にザリガニのバラバラ死体がありました。こんな市内でもザリガニがいるのはうらやましいけど、だれがやったのでしょう?烏かな?


006

 もうすぐ旧市街中心部というあたり。右手の道でやってきたのですが、直進方向、やはり長岡へ通じる古い道のようです。でも、もっと古い、江戸時代からの道を歩くのが目的ですので、遠くてもそっちへ向かいます。


007

 ここも不思議な分岐点。右の道のが古そうだなと思って進みましたがすぐに左の道に戻りました。


009

 話には聞いていたアイスの専門店。長岡市にも夏の時期、アイスキャンデーで有名な菓子店があります。それ以外の時期も酒饅頭で有名な川西屋という店です。皮が美味しい素朴な饅頭です。この日も帰り、家への土産に買いました。


010

 本町2の交差点です。右手、見えませんが第四銀行見附支店があります。昔からの見附市の真ん中だと思われる交差点。ここから旧街道歩き、再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

普通の韓国を探して3854 ソウル 中部市場

671

 ガイドブックにも出ている乾物中心の中部市場です。乙支路側にも入り口がありますし、マルンネキル、有名冷麺屋が集まる古い道の側からも入れます。明洞と東大門市場の間にあるとも言えますので買い物に来る日本人もけっこう多いのではないでしょうか。

 このブログでも紹介してるタコスルメ、国産最高級チィポ(チッポ、カワハギの干物)、あとは扇形に包装されたファンテ、スケソウダラの開き干し、昔話に出てくる鬼婆が持っているような分厚い曲がった刃の在来式包丁なんかを買っています。あと、目立つのはクルビとか、ミョルチ。でもいずれも比較的大きな単位でしか買えないので最近はあまり行っていません。カバンに入れて持ち帰ることを考えたり、量的なことを考えるとやはり大型マートのものが手軽に感じてしまいます。在来市場の衰退、私も進めてしまっているのかもしれませんね。

 写真、手押し車に大きな箱が高く積まれているのはたぶん軽い軽い海苔でしょう。海苔もあんまり喜ばれないし、、、土産物に関してはあまり関心のない私です。木浦だの全羅道方面でたまに見かけるコウイカのするめ、先回大明港で買った大型の子持ちハゼの干物、先日ネットで見つけたタイラギ(タイラガイ)の貝柱の干物、そんな持ち帰るに足る、自分へのお土産を探しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 ウォーキングの途中の楽しみ

088

 ただの田んぼの写真のように見えますが・・・


089

 遠くの信越線、上りの貨物列車が走って行きました。

 新潟新津間はかなり昼間も頻繁に電車が走っていますが、新津から長岡の間は朝夕の通勤通学の時間帯を除くと1時間に1本という感じです。そんな旅客列車の間を縫って日本海縦貫線のコンテナ貨物列車がけっこう走っていることを最近知りました。電車のように100キロは出さないけれど停車駅は少ない貨物列車、見かけると嬉しいものです。こんなちょっとしたことでも嬉しいと感じる、そんな気持ちを持ち続けたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3853 忠南錦山から全北茂朱への道

461

 韓国の地方を旅行したことがある方ならご存知でしょうけど、平地に白樺?白い樹皮のけっこう大きな木がたくさん見かけられます。一番印象深いのは原州のへんの中央線の沿線。丹陽とかからの汽車が大きくカーブを描いて原州に下って行くあたり、たくさんの白樺らしき木の森があります。今回はムジュの手前ですが、やはり低い場所に白い木がたくさん。やはり寒いから、亜寒帯の植生なのでしょうかねぇ。


462

 大田から錦山、茂朱を経由して、長渓経由で南原方面へ行くバスもあるでしょうし、鎮安経由で全州へ行くバスもあるでしょう。山の中なのにけっこうな頻度で市外バスが走る韓国です。

463


464

 あとは、高速道路網の発達。この10年くらい、特に新しい路線ができてきて、どんどん地方旅も速くなってきています。


465

 ただ、一般国道をブッ飛ばす市外バスの運転は、まぁ、技士さんにもよりますが、ダイナミックです。


468

 茂朱の町が見えてきました。前にも書いたけれど、広々して開発開発という感じの錦山に比べ、のどかな感じで大きさも適度。でも、住んでいる人にとっては有力政治家のごり押しでいつの間にか忠清南道に繰り入れられた錦山がうらやましい、そんなのもあるのかもしれません。

469

 ムジュ市外バスターミナルに着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記626 見附市街から見附駅へ

153

 何度か書いてきたように、山沿いを走る旧街道と田んぼの中を走る信越本線、近い場所で1キロ、遠いところでは4キロ近くも離れています。見附の市外の中心地から見附駅まで、最後のひと頑張りという気持ちで歩き始めました。昔は織物だので栄えた町の一つ、立派なお宅もそこここに見られました。


155


156

 ただ、空地も多い感じです。昔は繊維関係の工場とかもたくさんあったのでしょう。どこか韓国の木浦の街に似た雰囲気を持っています。明るいのだけど、どこか空虚な感じもある、そんなです。


157

 こういう分岐はうれしくなります。左が旧道、右が新しい道のよう。

158

 2キロ以上の歩行、ちょっと足が痛くなってきたので、けっこうこたえました。なかなか駅が見えてきません。


160


164

 やっと「見附駅」という標識。あと300mでこの日のゴールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

2012年7月13日 6月末の写真です

025

 朝の7時過ぎに三条駅を歩きだして30分くらい?田んぼの中の道です。デジカメの通常の焦点距離だとよく見えませんが、肉眼ではちゃんと見えていたんです。


026

 最大倍率での同じ場所、同じ方向の1枚ですが、集団登校?田んぼの中を私とは逆の方向に歩く小学生がいました。この辺も冬は雪が降ります。地吹雪状態になると視界も無くなってしまう、そんな時期もあるのでしょうが、こんな夏の朝はいい気持ちでしょう。何だかいいなぁ、と思っての1枚です、あ、2枚です。

 この水曜日に見附駅からまた徒歩で本町2丁目交差点。旧街道をゆっくり歩いて長岡まで、新潟長岡ウォーキング、4回に分けでですが完成です。まっすぐ国道を行けば2日で行ける距離ですが、あちこち寄り道しての道中は愉しかったです。でも、この水曜日の気温は長岡市では33度以上。いくら水分補給に注意しても体調を崩しうる気温。夏の間は何か別の運動を考えることにしましょう。

*1周15キロの新潟島を歩く?もしくは自転車?もしかして、走る?

*早朝、もしくは夜の軽いウォーキング、ジョギング。でも夜は飲みたくなってしまうんですよねぇ。

*山登り。 やはり木陰とか、そんな場所を歩きたいなぁ。

 ともかく、老化は脚からとも言いますので、無理なく汗をかければと考えています。スーパー銭湯は好きですが、運動しないで汗だけかこうなんて甘っちょろい考えのサウナは大っ嫌いな私です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記625 見附の中心地に到着です

143_2

 左は山、右は平地、三条市の郊外からずっとそんな旧街道を歩いてきました。大昔の新潟平野は水浸しだったようで、人が住むのも、道を作るのも山の際だったのでしょう。


145

 古い町をゆるやかに右へカーブしつつ、見附の中心部へ進みます。


147

 ここは来たことがあります。見附からさらに山奥の街、栃尾へ行く道の分岐です。小さな峠を越えて、道は栃尾市へ向かいます。


148_2

 左が栃尾、右が道なりに見附の街です。


149_2

 

 緩やかなカーブでほぼ90度、右へ曲がってゆきます。雁木通りになってきました。もうすぐかな?


150_2

 こんな店、まだあるのですね。もっとも雨の時の傘は、涼しいし持たないでいいので両手が空くし、なかなか役に立つものです。雨合羽のフードは視界を妨げますが傘は大丈夫です。


151_2

 直線になって、前に自転車でも何度か来ている見附の繁華街が見えてきました。


152

 ここが本町2丁目の交差点。見附の真ん中と言っていいでしょう。でも、前にも書いた通り、このあたり、信越線の駅までまだ2キロくらいも離れています。一休みしつつ、どうやって帰るか?考えました。とにかく、新潟から田上、田上から三条、三条から見附、3区間でここまで歩いてきました。長岡まで頑張るにはちょっと時間が遅いし、とりあえずこの日はここでウォーキング、おしまいにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3852 新村市外バスターミナルがあったあたり

148

 この辺に貨物線の踏切があったんだよなぁ、と思うあたりに来ても道路の右手にあったはずの江華行きバスターミナルはありません。あまり下調べして計画を立ててという旅行はしないクチなのですが、この時は調べておけばよかったなぁと思いました。


150

 階段のある古い町、路地から出てきたアジュマに道を尋ねました。「ターミナルはなくなった」とのこと。新村のロータリーの方へ行ってまた聞きなさい、というアドバイスをもらい、引き返します。


151


149

 これは引き返し始めた道の写真、野菜だの、苗だのを売る店です。仮小屋というか、でも、もしかしたらここで寝泊まりして商売しているのかなぁ?とも思います。小さな美容室の一部屋の隅をカーテンで仕切って、店で寝泊まりして商売しているアジュマの店、いくつか入ったことがありますし、果物露店をやっていた黄鶴洞のアジュマ夫婦も店を閉めるのは明け方、仕入れに行くときだけだとか。単に貧しいとかでなく、韓国の庶民のがんばり、大したものだなぁ、って思うこと、よくありました。ヒルトンから歩いて駅へ戻る途中にも小屋のような、、、小屋よりももっと開けっ放しの露店で寝泊まりしているハルモニがいますし、なりふり構わずという商売、韓国ではけっこうあるのです。それぞれの居場所でがんばる韓国の庶民を応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

2012年7月12日 高校野球が始まりました

136

 休みの今日、ちょっと高校野球を見に行ってきました。家を出たころは降っていなかったのが野球場の近くは大雨。でも、野球場のある方角の空が明るかったので行ってみると、ちょっと降った後という感じでゲームが普通に始まっていました。500円の入場券を買って入ります。


137

 椅子は濡れた状態、手で水滴を払って座ります。まだ1回戦ですので、すいています。


155

 応援してた三条高校、前半はヒットが出ませんでしたがやはり地力に勝る感じで、順調に得点。家内が出かける木曜日なので8回表で出てきましたがその時点で5対0。帰宅して速報を見たら7対1で勝っていました。どの高校も懸命に練習を積んで出てくるのですが、やはり応援してたほうが勝つと嬉しいものです。

 12時前から新潟市は大雨。県内4会場、天気はどうなのか?ちょっと心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

2012年7月11日 ウォーキングに出かけていました

114

 ちょっと前にウォーキングから戻ってシャワーを浴びました。暑いです。


115

 5月に新潟市からずっと歩いての護摩堂山登山。次は田上駅スタートで旧街道を三条駅。そして前回、三条駅からまたも旧街道で吉野屋集落の朝日トンネルなどを見ながら歩いて見附駅。今回は最後の区間、見附まで電車(6時5分新潟発長岡行き普通)で行って前回の最終地点である本町2丁目の第四銀行の角までまた歩き、旧道歩きをスタートしました。

 まずは地図で目星をつけておいた旧街道を見つけて歩き出しましたが、見附の五日市にぶつかったので、ちょっと寄り道。地元のパン屋さんで行動食のパンを買って歩き始め、名木野という集落から小さな峠を越えて田井。そこからは新しい道で椿沢、桂、浦瀬と長岡市へ。最初は旧道を山沿いに悠久山までと考えていましたが、あまりに暑いので浦瀬から北長岡駅方面への道に入りショートカット。でも、新潟から長岡まで、山沿いの旧街道をずっと歩いてというウォーキング、今日で完結しました。

 帰りの電車ですねの辺りを触るとじゃりじゃりします。今日は半分以上、車の走る道だったので、汗でぬれたとこに砂埃が付いたのだと思って払ったけどなかなか落ちません。よく見てみると白い塩の結晶でした。汗がすね毛に結晶していたのです。行動中、家から凍らせて盛って行った2本に加え、途中で買った2本、合計4本の500ml。PETボトルを飲みましたがそれでも脱水気味か、ちょっと頭痛がしたり。炎天下のウォーキング、夏場はちょっと休んだほうがよさそうです。

 写真は前回の三条から見附のしりーずのもの。そちらが終わったら最後の見附から長岡への旧道歩き、紹介してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

とうちゃんの自転車日記624 見附の昔からの街に入りました

133

 お寺の入り口に古い実用車が置いてあります。こういう自転車もいいなぁと思う私です。


134

 さて、また交差点。だんだん家が増え、農村風景ではなくなってきました。三条を出て最後の信号から3時間半くらいでしょうか?ずっと信号のない旧街道を歩いてきたのです。


135

 これは振り返っての一枚。細い道ですが、昔はこれで十分だったのでしょう。牛や馬が引く荷車なんかが通れればよかったのでしょうから。


136


137


138


139

 見附市街に入ったようです。町のはずれには魔物や病気が入ってこないようにでしょうか?それとも道中の安全を祈るものでしょうか?お地蔵様やら石碑がたくさんありました。こういうものの数はまたその集落、もしくは町の経済力をも表します。昔から織物で栄えた見附、小千谷、お寺だのなんだのも立派だったりします。


140

 旧街道歩きの醍醐味でもありますが、こんな鉱泉旅館がありました。新潟生活36年、主な道はみんな車で走ったと思っていた地図好きの私も知らなかった旅館というか湯の宿です。この先、右へ回りつつ見附市の中心部です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3851 江華行き市外バスターミナルがあったあたり

142

  新村の大きなロータリーの南東から南へ走る通りです。緩やかな下りで、昔は貨物線が走ってた踏切があったはず。今はどんどん変わってしまって貨物線の下は空港鉄道の地下鉄部分が通っています。


143

 西側にわたって南へ歩きます。この先すぐに江華行き市外バスだけの小さなターミナルがあったはず・・・なのでした。


144

 こういう風景があるからソウルは愉しいんです。廃品回収、「白い服、紙、再活用」だったかな?お年寄りが商店なんかの段ボールを集めたりして小遣い稼ぎをやっていたり。ケンチャナヨの国ですが、資源の再生に関してはけっこう昔からがんばっていると感じています。


145


146

 さて、この辺にターミナルがあったんだよなぁ、というあたりまで来ましたがありません。「学院」とあるのは就職のための予備校のよう。日本同様、就職難が続く韓国です。コネもかなり通じるようですが、そんな「背景(バック=親の力とか、親戚の力)」がない普通の人は大変です。不景気になると公務員が人気になる、とは90年代にも新潟韓国教育院の先生が言っておられましたが、その辺、日本も韓国も一緒です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月10日 不思議に思うこと

042

 どこか知らない街へ出かけるとき、どうしても美味しい店とか、検索してしまいます。でも、上位に出てくるのは大手のそういう飲食店紹介サイトの記事ばかり。もちろん、個人の報告という形ではありますが、何だかなぁ・・・と思ってしまいます。 お金を出して上位に出てくるようにできるのは知ってはいますが、あまりに露骨だとかえって逆効果なのではないかな?とも思います。消費者だってもう、それくらいわかっている時代ですから。

 ずっと下がって出てくる個人のブログ記事なんかはまだ信用できると思いますが、明らかに身内のマーケティングみたいな記事もあります。少し前には大手のサイトでのやらせ事件もあったり、その後、いろいろ業者も改善策を取り入れてはいるようですがあまりにネット露出が大きな店は眉にツバをつけたくなってしまいます。「口コミ」、という言葉はありますが、「ネットの口コミのような記事」は全く別物ではないでしょうかねぇ。

 また、思うのは、まえにもちょっと辛口のコメントをいただきましたが「ブロガーは常連にとっては迷惑」という話。確かに、「ここはすごくいい店です」と紹介することによってお客さんが押し寄せてバタバタしてしまって、でも、一度きりの人ばかりで、元来の定着したお客が離れてしまって結局ダメになる。そんなのもありそう。先日、行きつけの店で話を聞きましたがこの新潟でも、そんな例が実際にあるそうです。

 目立たない場所だけど、美味しい魚を出してくれる小さな店。遅くまでやっていて、何でもあって、水商売の人たちが仕事の後でご飯を食べに行く場所だった店。そんな店が有名になってしまい、「荒れる」というと言い過ぎかもしれませんが、昔の落ち着いた雰囲気がなくなってしまった。雑誌だの、ネットだの、どう利用しようと自由ではありますが、紹介する側、利用する側、消費者の側、おせっかいのようですが、節度が必要だと考えています。

 

 本日はオープンデイ。記帳資料の提出だの、銀行の用事だの、雑貨の買い出しだの、あれこれ雑務を行います。先週後半から痛くてまいった左足もほぼ復調。できるだけ歩ければと考えています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

すばらしい韓国の食事696 건키조개なんてあったんだ?!

718

 今度行ったら食べたいもの、なんていうメモもあります。まぁ、お決まりになっているものもあるのですが、ちょっと紹介すると

*ソコプチャン  牛のホルモンの鉄板焼き、ジャガイモなどの野菜添え。レバ刺し、センマイ刺しはフリー

*冷麺 本来は冬のものだというけれど、美味しい水冷麺は美味しい

*ミルミョン 釜山名物、小麦粉で作った麺の冷麺 これも最近大好きに

*チャジャン 清涼里の北京飯店があるうちにできるだけ通いたい

*野菜スンデ 中身のあんが最高 12時から営業で、夕方になると品切れに

*진국ソルロンタン 何度かここでも外観を紹介してる馬場洞そばの店、未訪

*건키조개 タイラガイ(タイラギ)の干物、ネットで見るとこんなのがあるみたいで、釜山のサイトばかりひっかかる。流石は何でも干物にしてしまう韓国。鷺梁津にあれば좋겠는데.

*홍어삼합 これも高いし、一人では難しいけど、是非また食べたいと思う不思議な韓国の美味の一つ

 ソコプチャンは一人では食えないので向こうの先生と一緒の食事にという目論見。こちらの最初のころに紹介したジャガイモなんかと一緒に浅いけど厚い鉄板で焼いたをのもう一度、と考えています。まぁ、ソコプチャンが美味しいという店、ソウルのあちこちにあるのでしょうが、縁というものを考えての計画です。

 前にも書いたように、食事では「一緒に食べる人」も大事です。どんなすばらしいご馳走だって嫌な相手とだったらいい食事にはなりませんから。 まぁ、あまり計画計画しちゃうと、うまく運ばないときに自責の念がわいてしまったりもつまりません。ポイントを押さえて、でも、できるだけ的確な行動をって考えています。

 写真は瑞草洞にあるキムヨンモ菓子店本店の紙袋。ちょっとした小さなパッケージのクッキー単品なんかも15000W、20000Wとかします。私はまぁまぁ美味しいって思うのですが、家族にはどうも・・・評価してもらえません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月9日 菊水?

011

 日本の国の花は桜でしたっけ?天皇陛下の紋は菊でしたよね。先日、車でちょっと出かけた旧村松町、白山という山の麓にある慈光寺というお寺の入り口にこんなのがくっついていました。菊を半分にした下に流しそうめんではないですが、逆S字型の線が描かれた紋章、「菊水」というやつです。新潟の菊水というと新発田の日本酒が有名ですが、本来の菊水は戦前の日本史スーパースターの1人である楠正成の紋だったはず。うろ覚えですが天皇家のために奮闘したので菊の半分を使うことを許されただか、そんな話を聞いたことがあります。


010

 その脇、庫裏のある側にも、これは昔の瓦かな?やはり畏れ多くも菊水の紋章が・・・

 この後、寺のいわれを読んでへぇ、と思ったのですが、このお寺を作ったというか最初のお坊さんが楠公のお孫さんだか、そんな関係で、ここ慈光寺は菊水の紋なのだそうです。村松町の中心地から10キロ以上?かなり山の奥に入って、駐車場に車を置いてさらに徒歩10分ちょっと。冬はものすごく雪が積もるであろうこんな山の中に、かなりの規模の禅寺がある。新潟の歴史も面白いなぁと感じた一件でした。 しかしこの時の目的はヤマビルの聞き取り調査。白山周辺、雨の日にはそれこそどこでもヤマビルが出て人や動物の血を吸いに来る地域。また機会があれば観察に行ってみます。

 痛くて参った左ひざ、昨日は結局家の風呂場で湯治をしました。自分なりの診断で温めて、という治療、かなり良くなったなぁと今朝思いましたが、歩いてみると今日はふくらはぎ外側の筋肉の痛みになっています。自転車は先週からこちらに置きっぱなしなのでバスに乗りました。そして温熱用のペス(貼り薬の韓国語)を貼って様子見です。ねん挫とかの急性のものではなさそうなので温めて治す、もう少し続けてみます。

 6時ころに朝ごはん。もうお腹がすいて大変です。身体は充分元気なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記623 新潟県見附市新潟から見附市街へ

114

 旧道歩き、神社やお寺、そんなのも楽しみの一つです。なかにはけっこう街道から山に入る神社もあったりしますが、そんなのは飛ばします。しかし、ここ、新潟県見附市の新潟には新潟神社というのがありましたので、ちょっと山に入ってみます。 韓国式の旗竿支柱がありますね。


115

 階段の先は雑木林の中の登り道です。蜘蛛の巣、蚊がちょっとじゃまです。


116

 しかし思ったより広い道。まだまだ大事にされていて参詣者も多いお宮という感じです。


117

 ありました。でも、虫がうるさいのでここで頭を下げてお参り。旧街道に戻ります。


121

 左は山、右は田んぼ、そんな古い道。少し曲がったりしながら進みます。ずっと先、右手に見附市の中心部が見えてきました。信越線の見附駅からかなり離れた場所に昔からの見附の街があります。やはり鉄道が嫌われた時代の名残なのかもしれません。


123

 池の跡みたいなところもあったり。


127

 でも、ちょっとした交差点に出ました。見附市の市街地の入り口という感じです。交通整理のアジョシに道を聞いて(知ってはいても)進みました。7時過ぎに三条駅を出て、トンネルやら寄り道しながらのウォーキング、長岡まで行くか、じっくり見附を見るか? ちょっと足も痛くなってきたので後者を選択。でも、近道ではない旧街道を通って見附市の中心部、見附駅へ向かうことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3850 新村ロータリーあたり

134

 江華島、大明浦(大明港)へ向かう朝、まずは鍾路3街からバスで新村へ向かいました。待っている間に停留所の路線案内を見て目星をつけ、来たバスに乗ります。新村とかの重要な経由地はバス本体にもきっと表示があります。また、ソウルの地図は大体頭に入っていますのでバス会社の営業所のある出発地もしくは終点の名前でも大体目星はつきます。 これは新村に着いたところ、のはずです。


135

 人、車、会社が多い韓国、もちろん空きテナントもありますが、とにかく、何でもたくさんある、そんな感じのソウルのビルです。大きな通りでは幹線バスは島式の停留所ですので信号が変わるまでの間にも町を観察、そんな1枚です。


136


137


139

 広大な新村ロータリー。地下鉄駅の地下道を利用しないといけない感じでしたが最近は横断歩道も、待ち時間は多いけれどかなり使えるようになってきました。


140

 南側に渡ったあたり。傾斜地にがんばって建物があります。このブログでも最初のころにアヒョン洞から老姑山の頂上経由で巨亀荘の脇へ降りて新村というソウル歩きの記事がいくつかあったと思いますが、アヒョン、梨大、新村。大通りの北も南も山になっています。


141

 モテルの看板。こういうところだって普通に旅行者が泊まったりもする、それが韓国です。

 さて、江華行きの小さなターミナルへ、と歩き出しましたが、前年に廃止になっていたという話は前に書きました。ちょっとだけ新村の写真、続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

普通の韓国を探して3849 按摩施術所のある風景

608

 手押し車、いいでしょう?新品ですのでペンキの塗装もぴかぴか。誰が買って、どこで使われるのか?そんなことを思いながら1枚です。いくらくらいするのかな?それほどたくさん売れるものでもなし、たぶん中国製とかではありません。屋台文化の発達した韓国、ソウルの黄鶴洞あたりにもオーダーメイドで屋台のリアカーを設計、製作する店はたくさんあります。そんなのの一環で(?)こんなのもホイホイ作ってしまいそう。全州の駅前を走る道での写真です。


609

 小さなビルの屋上には赤色で「按摩」のネオン。夜になると赤く光るのでしょう。周囲は特に飲食店が多い歓楽街とかではありませんが、按摩施術所、ちょっとした町なら必ずある韓国の風俗です。ここは、2、3、4階かな?ソウルなんかだとビルの1フロアとかでも営業してしまうのでしょうが、沐浴湯としての施設もあるので、水漏れとか大丈夫なのかな?と心配になってしまいます。


610

 同じあたりのビルの入り口。「ヨンジュコル・ノレ酒店」とあります。「龍珠コル」でしょうか?まさかパジュ市の地名?

 一度だけ、黄鶴洞のポジャンマチャアジュマが店をやめた後に短期間、厨房アジュマとして勤務した店に行ったことがありますが、個室のカラオケで、ホステスさんを呼べるところです。基本は数万Wですが、女性を呼んだりとかすると高くなるのでしょうか?なかなか一人で行ける店ではないのでよくわかりません。まぁ、こんな遊興酒店も韓国、田舎の小さな町にもあります。一度、うんと小さい町に泊まったら、韓国の夜遊びを経験してみたいですね。良くない商売はできないのが小さな町でしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月8日 다리가 아파요.

732

 

 梅雨らしい天候が続きます。今は降っていませんが、一昨日から昨日、けっこうな量の雨が降りました。場所によっては高速も通行止め、まだそんな状態が続く新潟県です。この6月は観測史上最低の降雨量だったとかで田んぼの水がちょっと心配だったのですが、これで何とかなるでしょう。

 そんな中、左膝の痛みがこの数日、出てきてしまいました。天気が悪いための運動不足かな?それとも、エアコンの冷気による冷えかな?なんて思っていますが、困ったもんです。自転車は金曜あたりから医院に置きっぱなしだったので歩いて出勤、と思った今朝も、足の痛みのため、結局車で出てきました。整形へ行ってもお決まりのように数枚、痛い部位のレントゲンを撮って塗り薬と張り薬ってなりそう。レントゲンで明白にわかるような異常はそんなに無いはず。少し早く上がれそうな今日は自分の判断で日帰り温泉にでも行って温めてみましょう。

 写真はソウル、チェギ洞駅そばの東医宝鑑タワービルを南側、東大門区庁のほうから見た1枚です。裏側にも大きな太極旗が描かれているのは最近まで知りませんでした。

 もう少ししたらレントゲンを上げてあがりです。最後のあたりの高校生の患者さん、デイパックに「이동해」と書いた名札を付けています。同じもの、何度か新潟駅なんかでも見ていますので、診療後、「イドンヘって何なの?」と尋ねてみたら、スーパージュニアというグループの中の1人の名前だとのこと。「どうして読めるの?」とびっくりした風でしたが、読めないわけはありません。少しだけでもそんなきっかけで韓国語、そしてハングルに興味を持ってくれたら嬉しいなぁと感じた一件です。明日の夜間診療もちょっと忙しいです。今日は早く寝ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

普通の韓国を探して3848 KAOのインターネット学会消息

001

 電子大国韓国、大韓歯科矯正学会の学会消息もいつの間にかネットで送られてくるようになりました。学会誌とは別に年に4回、小冊子が郵送されてきて各大学、研究会の報告、学会大会の予定などが知らされるようになっていたのですが、いつの間にか来なくなったなと思っていたら、こんな風になっています。


003

 もともとケーブルテレビ回線で接続されることが多かった韓国のネット、スピードは日本の比ではありませんでした。こちらのADSLだとけっこう待たないと絵が出ません。


004

 こんなふうにマウスで捕まえてページをめくる学会消息、「消息」というのは単なる「知らせ」という意味で日本で言うほどの大げさな「消息」ではありません。英語のニュースレターというの言葉が一番的確かもしれません。


005

 学会の登録も今やネットのみといっていい感じ。外国人会員のために紙での申請、登録も残してほしいのですがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月7日 忙しい土曜日です

002

 大雨になるという昨日からの予報ですが、これからかな?小雨の中、犬の散歩をして出勤しました。今日は車です。今日明日、忙しく働きます。 夜には新潟大学歯学部同窓会関係の会議があったり。「あ~大変だ」となるべく考えず、「忙しいは愉しい」くらいに思って生きてゆきたいものです。「ハミョンデンダ」、「シジャギ半ニダ」、「ナヌン、ハルスイッタ」です。

  8時35分追記 大事な仕事の準備、2つ片づけました。やればできる、ですね。これから朝ごはんを食べます。マクドナルドかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記622 見附市でまた旧道へ

095

 前回の写真の最後、旧栄町と見附市の境界の小さな峠の頂上で、また旧道の道型を見つけました。左の細い道、集落へ入っていく道です。


096

 振り返っての写真、左が新しい道の峠。右が昔からの道のようです。


099

 当然、車の少ない旧道へ入りました。



101

 左は山、右手は田んぼ、少し曲がりながら山裾を走る旧街道です。


103

 またこんなため池が。やはり魚がいそうかな?と思いつつ眺めてしまいます。


105

 このあたり、一見のどかですが、土砂採取場に行き来する大型ダンプカーの通路になっていて、しばしば遭遇。


113

 新幹線からも見附の手前、山を崩している箇所が見えますが、あそこの麓を歩いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

普通の韓国を探して3847 ベンベンサゴリからムジゲアパートへ

702

 良才駅から江南大路を北へ戻り、ベンベンサゴリを渡って左折。李先生のオフィスへ向かう道です。道路の向こう側にはポドナムチプ。ソウルを代表する高級焼き肉店の一つです。昔は左の建物だけだったと思うのですが、今は右の低い方も買って同じ店になっているよう。3回くらいしか行ったことがありません。客単価10万W近い店ですので、お客さんも裕福な人が多いのでしょう。車で乗り付ければ駐車場アジョシがキーを預かって車を置いてくれます。


703


704

 こちらはその向かい側のスターバックス。新潟には無かった時期にもあった店で、私が初めて入ったのもここ、ソウル瑞草洞の店です。


706

 この辺、夜はけっこう飲み屋も目立つ街で、場所柄かルームサロン、ビジネスクラブなんて看板も目立ちます。どんな店なのかはわかりません。


707

 これがムジゲアパート。手前に見えるL字型の商街に李先生の診療所があります。同じ建物に何と歯医者も3軒。ソウルも厳しそうです。1階にはキムヨンモ菓子店の本店もあり、3階、李歯科の並びに工場があり、いつもいい匂いがしています。


708

 江南の比較的古い町の夕暮れ時の写真でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記621 やっと見附市に入ります

080

 あまり車が通らない旧街道歩き、天気もいいし、いい気分で歩きます。遠くにはやはり弥彦山。


081


082

 カーブミラーの麓には小さな石碑。すでに摩耗してしまって何の碑なのかもわかりませんが、大事にされているのがわかります。


084


086

 何かおしゃれな建築の先で、残念ながら大きな道に合流してしまいます。旧道を拡幅してそのまま使っている部分。まぁしょうがありません。


091

 行く手に小さな峠の切通しが見えます。あそこを越えれば見附市になります。かつて自転車でも走った道、歩いて訪れるとは、感慨深いものがあります。


090

 振り返ればやはり弥彦山。新潟平野の平坦さがわかる写真です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月6日 すごくいい本 「となりの韓国人」 黒田福美著

622

 2003年に講談社から出た黒田福美さんの本、「となりの韓国人 傾向と対策」というのを読み返してみました。90年代、韓国を好きになって「韓」と付く本はみな買っていた感じがある私。でも、2002年のワールドカップ前にかなりいい加減な、他の本の内容をパクってまとめたようなのがたくさん出てきて、そんなのをやめました。そんなのの後で買った1冊、医院の本棚に置いてあったのを今朝から読んでいたのですが、とてもいい本です。今も売っているのでしょうか?ここでも紹介し、推薦している神谷丹路さんの本と同様、すべての韓国好きの方に読んでもらいたいと感じました。

 

 内容はかなり豊富。でも、みな、正直に、いいところ、悪いところ、ちゃんと書いてあります。悪いところ、あまりありません。それが本当なのだともうすぐ韓国通い20年にならんとする私も同感します。最後のほう、229ページをちょっと引用させてもらいますが、

 「もしも、あなたが因縁をつけられるようなことに出くわしたとしたら、よっぽど運が悪いか、あなた自身に重大な問題があると思ったほうが良い」

 

 これ、本当だと思います。自分が直接やったわけではないけれど、いじめを行った側である私たちを普通に受け入れて、親切にしてくれる懐の広さ、大きさ、本当に感謝しなければいけません。おたがい見習うべき点が多い、2つの国、もっともっと仲良くしましょう。

 写真は全州駅近く、東新初等学校のそばの古いアパートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

2012年7月4日 暑くなってきました

147

 暑くなりそうな朝だったので今日はちょっと車で出かけてみました。旧村松の白山周辺へまた行ってみて、見かけた人ごとに、ヤマビルに関する聞き取り調査をしました。自分でも少し山道へ入ってみたりしましたが、いい天気で気温も高めだったせいか、取り付いてきてはくれませんでした。中には、ここは昨日やられたんだといって首筋の血を吸われた痕を見せてくれたおじさんもいて、登山以外の日常の仕事の中でもヤマビルに襲われる危険があることを知りました。やはり多いのが雨の日に多いという話、天気の悪い休みの日に新しい遊びができた感じです。また見に行きます。


148

 今日の写真はアメリカザリガニ。農薬の使用が減り気味になったのか、また用水路で見かけられます。美味しそうだなぁ、と思ってしまう私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

普通の韓国を探して3846 ん!? ロボット?

705

 ここんとこちょっと写真を紹介しているソウルの江南地区、瑞草区瑞草洞の夕方の写真です。南の方、ここも前にちょっと写真をアップした永東中等学校の方向にこんな建物が見えました。なんかロボットの顔みたいにも見えます。

 今地図で見たら、このあたりにある高層建築は?というと롯대캐슬주피터の3棟のよう。昔の韓国のアパートというとみな同じ形の高層建築が多かったけど、ここ10年くらいでしょうか?ひとつひとつがちょっとずつ違ったりという個性的な建築も増えてきています。また、京釜高速沿線の新しいアパートなんかに多いですがタワーのてっぺん付近にいろんな照明というかネオンが付いた建築も面白いです。ここもロッテキャッスルというとやはり高級なほう。場所が場所ですからかなり高そうです。

 

 先日、けっこう江南を歩く機会がありましたが、旧市街同様、どんどん変化しています。10年前の地図なんかとはだいぶ変わってきています。もともと新しい地区と言われていた江南ですが、古い建物を壊しての再開発、すでに始まってきています。江南駅角の三星電子本社、もすこし北の教保タワー、いつの間にあんなにでっかいビルができたんだろう?なんて思いつつ歩きました。高速ターミナルの周囲も、昔は古い低層アパートがたくさんあったのに、どんどん新しい高層アパートに再建築が進んでいます。人口5000万とはいえ日本同様出産率は世界最低クラス。アパートのだぶつきとかは生じていないのでしょうか?

 ヘタクソな写真をたくさん並べて駄文を書くよりも、1枚のちょっと面白い写真でさらっと韓国を語る、そんな記事が目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記620 大面(おおも)の町へ

069

 こういう三叉路、古い道(右)の証拠です。しかし三条市から歩き始めて、次は旧栄町、私が新潟に来たころは栄村でしたが、「栄」という名前、どうも新しいもののようです。たぶん平成の時期でなく昭和20年代の合併ブームの時にできた名前のよう。それ以前は田舎にはえらく小さな村がたくさんありました。何でこんな話になるかというと次の集落、大面というところ、昔は一つの立派な村だったのではないか?そんな感じがしたからなのです。別に歴史を調べたわけではありません。


070

 この辺が大面の入り口になります。


071

 集落に入っていくと、道が広めで、家々が古いけど何だか農家ではない感じがします。


072

 古いオートバイが置かれた自転車、バイク屋さん。昔は花形だった仕事でしょう。


073

 何か、ただの農村ではないという感じ、おわかりでしょう?


074

 料理屋さんというか仕出し屋さん、法事とかもできそうな店があります。


075

 中心部の先には明治天皇が休んだ場所と、水を飲んだ井戸。


076

 この辺でおしまいですが、大面という集落。小さいながらもこのあたりの中心地、和島村の島崎だののように、江戸期とかからの街道沿いの重要な町だったのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3845 日本で流行れば韓国でも一緒

536

 全北の山里、馬耳山の麓鎮安の市外バスターミナルです。待合室との間のガラスに貼ってある広告、あ~と思いました。読める方は読んでください。

 左側、上から

全国 最高価 買入 下段括弧内は銀スチョ(箸とスプーン)、名品時計

 右側上から

ゴールドピア(店名)金去来(取引、商売)所、24K,たぶん見えない所は18K 14K、ダイア。

 ここに、ルイビトンなら汚れててもOKとかがあれば全く一緒。貴金属だのの買い取り商売の広告なのでした。しかしこんなというと失礼になりますが、田舎の町に、、、と思います。

 前に露店のトルネードポテト、城南市の市場の写真をアップしましたが、隣り合う2つの国、こんな商売の流行も一緒です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記619 旧道を南へ

061

 旧栄町吉野屋の集落の南端です。ちょっとだけ新しい広い部分がありますが、すぐにまた旧道が分かれていました。新潟平野の南部になってきましたが、低い山に沿った昔からの街道を歩きます。

062

 少し高くなった旧道から後ろを見ればやっぱり弥彦山。新潟からも、新津からも、三条からも、見附からも、長岡からも新潟平野の中央部の海辺にある弥彦はとても目立ちます。神様の住む山として信仰が集まったのもうなづけます。


063

 明治天皇一行も通ったはずの道、車も少なく、気持ちよく歩けます。


064

 一時は車の道としても重要だったのでしょう、カーブミラーもありました。



065

 後ろを振り返るとこんな道です。緑は気持ちを落ち着かせてくれます。


067

 古い道の特徴は、お寺と神社を備えた古い集落があること。地図に寺と神社のマークを赤マジックでチェックすると古い道が浮かんできます。面白いですよ。


068

 道路わきの溝にはカワニナがたくさん。食べたいと思うのは韓国ファンだけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

2012年7月2日 今年も後半です

001

 7月になりました。2012年も後半です。恒例の源泉税特例納付をやらないといけません。所得税は安くなったけど住民税は上がった?まぁ、国のため、県のため、きっちり納付しましょう。

 今朝は朝ごはんを食べないで出てきました。これから近所のファストフードかどこかで食べます。毎日だと飽きてしまいそうですが、たまに食べると美味しいですよね。よくできた商売のシステムだと思います。しかし店内、店外の広告というか見本の写真とけっこう違うことがあるなぁ。前に韓国の飲食店での話を書きましたが、日本も一緒ですね。「そういうふうになっている」、そんなです。さて、今週も、今日も、がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3844 江南大路 良才からベンベンサゴリへ

690

 少し前にここはどこでしょう?をやった3号線良才(ヤンジェ)駅から江南大路を北へ歩きました。アウトバックステーキハウスがありました。日本のファミレスよりももう少し高級な、1人2万Wは使ってくださいって感じのチェーン店です。車道も歩道も、韓国の新しい街、広いです。


693

 個人経営かな?テジカルビ、キムチチゲの店。家賃はすごく高いでしょう、この辺。ただ、お昼を食べたり、退勤時にテジカルビで一杯、なんてお客さんの収入も多いのではないかな。


694

 ベンベンサゴリの島式の幹線バス停留所。思うのですが、実際のベンベンサゴリ近くには作れないのか、かなり南にはなれた場所です。ベンベンサゴリへ行くには一つ手前の宇成アパートで降りても歩く距離は同じくらい。急ぐときには手前で早めに降りて進行方向へ歩いたほうが目的地には早く行けます。何度か李準圭先生のオフィスへ行っていますのでそんな知恵も身に付きました。


695

 同じ場所からの北方向ですが、角にRのあるビルのあるところがベンベンサゴリ、ベンベンファッションの交差点です。けっこうあるでしょう?


696

 キティのでっかい像が。これだけ堂々と見せているのでちゃんとライセンスはとっているのでしょう。韓国でもけっこう若い女性に人気がありました。


699


700


701

 ここがベンベン(BANGBANG)サゴリ。右手のビルがベンベンペッションの発祥地なのでしょう。昔からの有名な地名になっています。李歯科のあるムジゲアパートへはここから西へ。南部ターミナル方面へ曲がります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記618 旧栄町 旭トンネル入り口

050

 栄町吉野屋集落の最後の家を過ぎて、3mあるかないかの細い道を進みます。地図だともっと近く見えたのですが、案外距離がある感じ。坂道を歩いて上ります。


051

 この先、トンネルは通行止めという案内。トンネルの先に1軒だけ家があるという話ですが、別の林道を使って行き来しているのでしょうか?


054

 なかなか着きません、トンネル入り口。


055

 やっと見えてきました。やはり通行止めのよう。


056

 薄暗い森の中、谷底でもありますので、自動で撮影したらストロボが発光してしまいました。上には送風のファンがあります。トンネルの中は曲がっているのか真っ暗です。一応自転車用の強力なライトEL540というのを用意していきましたが、通り抜けるのはやめておきました。前々からこんなところにトンネルが?と地図を見て不思議に思っていた場所。今やネットでは同好の士による報告もたくさん。立ち入り禁止を冒してまで自分で探索しないでもいいので、ここで戻ります。


059

 入り口にはこんな表示。ガスの濃度、酸素の濃度、工事で入る人の名前だの、いろいろトンネル工事ならではの規定があるようです。5月の爆発事故がありましたが、やはり危険を伴う仕事なのでしょう。ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

とうちゃんの自転車日記617 ちょっと一休み

049

 今日は新潟大学歯学部歯科矯正学教室の同門会のため、休診です。

 旧栄町吉野屋集落の奥からさらに山を越えて行く旭隧道を見るために、谷に入ります。脇には小さな流れ。元は釣り師でもありますので、港や海、川、池、水があれば何か生き物はいないかな?釣れそうかな?と覗き込んでしまいます。もう、水量も少ないので魚はいないだろうな?とは思いつつ、歩きながら流れを観察していると淡水のハゼの仲間を見つけました。

 昔々、相模川だので淡水のハゼ、多くはヨシノボリというやつを捕まえて家で飼っていたりしましたが、それよりも大型のやつ、美味しそうだな、と思ってしまいました。泥をかぶっていますが、生きていそう。急ぐ道ではないので小石をそばに投げ込んで生きているのを確認しました。


048

 ちゃんと生きていました。探せば同じ流れにもっといそうです。しかし山奥の小さな沢で、繁殖しているのかな?どこで生まれてどれだけ生きているのか?そんな事にも思いをはせます。生き物はすごいなぁ、と思いつつトンネル入り口へまた歩き出しました。

 昨日のJ1アルビ、無勝負(韓国語)でした。けっこう危ない場面もあれば、チャンスもあり、なかなか楽しめた試合でした。結局順位はそのまま、びりから2番目ですが、今後に期待が持てそうなゲームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »