« 2012年9月4日 恵みの雨 | トップページ | 普通の韓国を探して3911 COEXのMEGABOX »

2012年9月 5日 (水)

とうちゃんの自転車日記670 大沢峠

049

 だんだん超ローカルな話題になってきています。大沢峠という名前の道、日本全国にはいくつかありそうですが、小国町の大沢峠、今は歩いて越える人などいないでしょうし、その名を知る人数は30000人いるかいないか。小国町の山野田という集落と高柳町の大沢の間の峠道です。今の行政区画では柏崎市と長岡市になってしまっていますが、何かおかしいなぁ、と思う大合併です。1枚目、大沢からの上りの途中ですが、風景の開けた場所がなく、ちょこっと見えた黒姫の頂上付近です。


050

 これが大沢峠の頂上付近。大沢から来た道をまっすぐ行くと旧川西町の小白倉へ行くようになっています。そっちのほう、渋海川の橋があるのか無いのかわかりませんので、小国方面へ行かないといけません。


051

 左が上ってきた道。小国町方面へは鋭角に戻るように左折して峠のてっぺんを越えて行かないといけません。

 この辺の2.5万図、最初に持っていたのが塚野山と片貝の2枚。これは20年も前のものでしたが、最近になって1枚ずつ買い集め、ほぼそろってしまいました。少し前に書いたように私が山をやっていた頃の2.5万図、戦前の測量のいいかげんなものしかなかった場所も多いのですが、今は正確なものが全国分あるようです。歩くには2.5万図がいいのですが、全体をつかんだり、ルートを考えるには5万図がいいように思えます。やはりずっと前から持っていた5万図岡野町に加え、先日5万の松之山温泉を買いました。この2枚で最近興味を持っている刈羽奥、妻有、東頸城の山村地帯、ほぼカバーできますので常に持ち歩いて眺めています。

 小国町の小さな峠、越後の山村の話、これでひと段落です。見ていただいた皆様に感謝いたします。

|

« 2012年9月4日 恵みの雨 | トップページ | 普通の韓国を探して3911 COEXのMEGABOX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記670 大沢峠:

« 2012年9月4日 恵みの雨 | トップページ | 普通の韓国を探して3911 COEXのMEGABOX »