« とうちゃんの自転車日記677 はたしてどれだけ正しく利用されるのだろう? | トップページ | 普通の韓国を探して3949 仁川国際空港 面白いでしょ?これ »

2012年9月29日 (土)

2012年9月29日  面白さの閾値が低いのは幸福です

053

 これ、朝の秋田駅です。初めての秋田新幹線、秋田側から乗るとは思っていませんでした。何も知らずに新潟で買っておいた特急券は立席と表示。こまちって全車指定席というのを知りませんでした。幸い盛岡まで座って行けましたが、時には40キロくらいでごとごと走る新幹線、なかなか新鮮な気分でした。

 重たいので地図を持っていかなかったので大曲駅でのスイッチバックには戸惑いました。方向が変わるのはアナウンスされていましたが、てっきり逆方向、北に入って南へ戻るものだとばかり思ってたので、しばらく方向感覚がおかしくなりました。岩手県に入ってからは大きな山体の岩手山にびっくり。飽きない1時間半になりました。

 さて、この写真ですが、何で面白いと感じて撮影したか、おわかりでしょうか?写真をよく見るとすぐわかります。

|

« とうちゃんの自転車日記677 はたしてどれだけ正しく利用されるのだろう? | トップページ | 普通の韓国を探して3949 仁川国際空港 面白いでしょ?これ »

コメント

右側の赤信号の下に「幹下」、左側の下に「幹上」とありますね。
新幹線の「下り出発信号機」と「上り出発信号機」が同じ方向にある。
違いますか?
本文でも触れていらっしゃるように、大曲駅じゃないですか?

投稿: モハ52形 | 2012年9月29日 (土) 22時25分

コメントありがとうございます


 深読みしすぎです。線路の幅が違うなぁ、と、それだけなんです。

 ウィキペディアで勉強しましたが複線のように見えても実は単線の区間があるとか、、、途中駅で降りてみたかったけど、本数が少ないのでそれもできず。最大130キロの新幹線の旅でした。

投稿: おとう | 2012年9月30日 (日) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年9月29日  面白さの閾値が低いのは幸福です:

« とうちゃんの自転車日記677 はたしてどれだけ正しく利用されるのだろう? | トップページ | 普通の韓国を探して3949 仁川国際空港 面白いでしょ?これ »