« とうちゃんの自転車日記679 羽越本線車窓風景1 | トップページ | とうちゃんの自転車日記681 羽越本線車窓風景3 »

2012年10月 3日 (水)

とうちゃんの自転車日記680 羽越本線車窓風景2

025

 海の色は空の色。曇っていたり、雨だったりすれば、灰色になってしまいます。


026

 港にかかる橋です。今はここ、いい道になりましたが、昔はすれ違えない素掘りのトンネルがあったり、難路と言ってもいい国道でした。


027


028_2


029

 最後の方は山形県に入ってから。県境を越えるとまず気づいたのは屋根の瓦の色。山形県は真っ黒い瓦をよく使うようです。1、2枚目の写真の家々の屋根と比べてみてください。


030

 ずっと海岸線を走ってきた羽越線、鶴岡の手前で急に小さな山を越えて庄内平野に入ります。今は山中今は浜、という童謡はこの羽越線をテーマにした、という話を聞いたことがありますが、村上から鶴岡までの約1時間、飽きずに過ごせる汽車の旅です。

|

« とうちゃんの自転車日記679 羽越本線車窓風景1 | トップページ | とうちゃんの自転車日記681 羽越本線車窓風景3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記680 羽越本線車窓風景2:

« とうちゃんの自転車日記679 羽越本線車窓風景1 | トップページ | とうちゃんの自転車日記681 羽越本線車窓風景3 »