« 普通の韓国を探して3973 東豆川市ポサン洞 外国人観光特区2 | トップページ | 普通の韓国を探して3975 ソウル 鍾路 寛勲洞 センターマークホテル工事中 »

2012年10月20日 (土)

普通の韓国を探して3974 清涼里 北京飯店が閉店

491

 清涼里青果物市場への入り口です。もうすぐキムジャン。この奥の荷卸し場には白菜を満載したトラックが朝早くからたくさんやってくる、そんな市場。京東市場の一部とも言えそうですが、鍾路の続きの大通りの南側に広がる市場です。もう夜なのでほとんど閉まっている状態でした。


492

 入り口付近は鮮魚を扱う店が多かったり。ピンクの照明は精肉店です。


493

 この先が荷卸し場。右斜めむこうへの道を行くとヨン様も一時住んでいたことがあるという龍頭洞の町を抜けて東大門区庁、龍頭駅へ行けます。左へ行くとここで前に撤去されたことをお伝えしたピンクの明かりが灯る小路だった場所、清涼里駅の方になります。


498

 ガードをくぐってきたバス通りに出たところ。聖パウロ病院前の停留所です。90年代はこの道沿いにもピンクの灯りがともるガラス窓の店がたくさんありました。ちょっと驚いた記憶があります。


499

 聖パウロ病院裏の通り。まっすぐ行けばニューブーリムホテルの裏に出ますがこの道にはピンクの灯りがいくつか。気の弱い私は冷やかしになってはすまないので大通りを歩いて清涼里へ向かいます。


500

 駅側からの清涼里588入り口。なんかピンクの灯りが前よりも増えたような気がしました。この9月の写真です。


501

 ロッテの旧駐車場の脇を抜けて派出所前の雑居ビルへ。目的地は何度も紹介しているチャジャンの美味い店、北京飯店でしたが、ついに再開発開始で閉店。残念ですが、もうチャジャン麺、セウポックムパプを食べられません。無くなってがっくりきたソウル市民、軍人さんも多いことと思います。でも、さて、どこで夕食をとろうか?駅前にまた出て、バス換乗センターを抜けてロータリーを渡り、現代コアの方へ行ってみました。

|

« 普通の韓国を探して3973 東豆川市ポサン洞 外国人観光特区2 | トップページ | 普通の韓国を探して3975 ソウル 鍾路 寛勲洞 センターマークホテル工事中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/55931549

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3974 清涼里 北京飯店が閉店:

« 普通の韓国を探して3973 東豆川市ポサン洞 外国人観光特区2 | トップページ | 普通の韓国を探して3975 ソウル 鍾路 寛勲洞 センターマークホテル工事中 »