« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

2012年11月30日 明日から12月

016

 最近禅の勉強を続けているのですが、日常生活上でのいいヒントになってくれています。座禅をするとかでなくても禅のマインドに基づいた生活をする、、、そこまで行かなくてもそれに近づこうとするのは少しずつではあれ自分にプラスになっていると感じています。

 たとえば、誰もいない医院に出勤してきて、靴を脱ぐ。誰もいないからいいや、なんて思って脱ぎ散らかしていたのが、2秒ほどの時間を使って自分でそろえる。そんなのも自然に習慣になってくれました。 また、禅では食事も大事です。別に精進料理をというのではなくても、心の中でいただきますを言って、「美味しいなぁ」と感じつつ食べる。それでいいのだと思っています。美味しい食事だけでなく、いい景色を見て感動する、きれいだなぁと感じる、面白いものをみつけて喜ぶ、少し良くなった自分に気づいて喜ぶ、禅は愉しいもの、そんなふうに考えています。

 写真は今月初めだったか、信越本線北長岡駅すぐの踏切。大好きな旧国鉄色の183系が来てくれました。こんなのにも感謝の気持ちを持てるのが嬉しい。そんなです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4033 東豆川の駅前通り

168

 こちらの古い記事でも2000年代初頭のここの写真、あったはずです。当時は1時間に1本、近郊型DCが走る田舎の駅という感じでした。泊まったのは1度だけですが、何回か来ているソウル北郊の都市。米軍のいる街です。


167

 すぐ左手にある体育館のような建物。これには見覚えがありました。だいぶ錆でいますが、何に使われているのでしょう?右端は高架化された防音壁のある電鉄線です。


169

 没個性の新しい東豆川中央駅。いつ名前が変わったのかはわかりません。昔はここがただの東豆川でした。

170

 駅前通りを昔のメインストリートに向かって歩きます。前に歩いていますので旧市街の地理は大体つかめているつもりです。ただ、昔からの道、新しい街の脇を通る道の他に、さらに新しいバイパスができていたりする韓国です。


171


172

 中華の店がありました。たぶん昔からの店です。韓国全土にある韓式中華の店、長く続いている店はどこでもそこそこ美味しいと思います。群山であれ、楊口であれ、道高温泉であれ。


173

 これが昔からのメインの通りです。バスターミナルが街の中央にあったのですが、そこは無くなってしまっています。でも、前に泊まった宿をちょっと見に行ってみます。まずは宿を決めて、また歩きますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4032 10月17日 群山内港と浮き桟橋

419

 

 10月17日の写真、順番に紹介しています。前に、「ここはどこでしょう?」でアップした1枚ですが、近くに群山空港があるのでこんなジェット機がしばしば飛んでいます。昔、金浦からの群山行きに一度だけ乗ったことがありますが、今は済州便が少し飛んでいるだけで、主に空軍、米軍の空港になっているはずです。派手な色なので実戦用ではない練習機でしょうか。


420

 どういうものだかわかりませんが、並行して引かれてるたくさんのレール。この辺、日帝時代は倉庫が並んでいた場所なのですが、、、どういうふうに使われたのでしょう?


421

 チンポ展示場というのがあり、こんなのも置かれています。ちょっと楽しみです。


422

 これも「ここはどこでしょう?」で使った1枚。群山駅から群山港への引き込み線です。遠くのビルは群山フェチプ。ここも群山の友人に一度だけ連れて行ってもらいました。韓国全土で有名な刺身屋です。


423


424


425


426

 浮桟橋の見学。こういうのも日帝時代に確立された方法なのだとは思います。手前の取り付け部分が回転して潮の満ち干による水面の高さの変化に対応するようになっています。直接船をつけると干潮時には乗り上げてしまうので、ある程度深さのある沖に浮桟橋を儲けて作業をしたのでしょう。

 天気も良くなってきたし、水の見える風景、いいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

普通の韓国を探して4031 목넘김って?

001

 鍾路2街の裏手にあるポジャンマチャ、「カタルシス」でうどんを食べて焼酎を飲んでいた時に、スナック菓子8袋入り大型ギフトパックをもらった話はすでに書きましたが、その時に一緒にくれたウェットティシュです。焼酎会社の営業マンが飲み屋や屋台を巡り、自社の製品を飲んでいる人にプレゼントという、日本では考えられないサービスなのですが、ここで「モkノmキm」という最初の言葉にあれ?!と思いました。

 後に続くのは「좋다」ですので、「モkノmキmがいい」って書いてあるのですが、小学館の辞典でも出てきません。また教学社の現代日韓辞典というので想像した言葉「喉越し」というので引いてもありません。ところが、ハングルで検索すると「モkノmキmがいい」を英語で言うと何てなりますか?なんて質問が最初に来ます。 韓国語に詳しい方に尋ねてもご存知なく、たぶん新語だろうとのご意見。

 목 は喉とか首という意味。넘다は超える、越える、過ぎる、そんな意味。それが名詞になってノmキm? 韓国では縄飛びの事、줄넘김というのですが、多分日本語で言う「のどごし」なんだと思います。 これ、きっと日本でも割合新しい時期にできた言葉のように思えますので、韓国語でも新語として割合近い時期にできたのがモkノmキmなんでしょう。日本語の「喉越し」由来というと怒られてしまうかな??


002

 とまぁ、そんな小ネタでした。日付は韓国では普通の製造年月日。食品でもそうですから、よく観光サイトの掲示板で賞味期限と勘違いしての文句がよく出る原因です。やはり外国、また、日本でも見直しが検討されていますが賞味期限は自分で判断するもの、というのが韓国式なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4030 10月17日 群山税関資料館から群山内港へ

407

 

 群山近代歴史博物館、たぶん昔の倉庫の後とかに作られたものだと思います。割合近い時期にここへは来ていますので。で、すぐ隣が旧群山税関の建物。資料館になっています。


408

 前に来たときはここ、前の道が狭く、この建物全部をカメラに収められなかった記憶があります。ちょっと斜めなのはコンパクトディーカの限界か、私の写真の腕か、ご勘弁ください。


409

 すぐ隣、錦江側に現群山税関があります。


410

 錦山女子高等学校のトンアリのみなさんは横断幕を持って記念撮影。シャッターを押すのは若い美人の先生です。しかしこの時点でもこの横断幕をしっかり見ないでいた私。とんだところに日本人が紛れ込んでしまったことに気づいたのはもう少し先の訪問場所なのでした。


4131

 昔の都市計画図でしょうか?


4121

 マンホールのふた。「群山府下水」とあります。少し前に全州とここ群山を結ぶ道路が韓国最初のアスファルト舗装道路だったこと、書きましたが、この計画都市群山は下水もあったようです。日本でも下水整備なんてのは大都市の一部だけだったはず。なかなか日帝もこの群山市建設には力を入れていたのがうかがわれます。館内には歴代所長の写真があったり、カスタムの制服を着て記念撮影ができたり。高校生たちはそんなのも楽しんでいました。

 また「~府」というのは知りませんでした。大阪府、京都府の府と同格だったのでしょうか?それくらい日本、大日本帝国にとって大事な場所だったのかもしれません。


415


4171

 その後は徒歩で群山内港へ移動。博物館で紹介されていた浮桟橋を見に行きます。


416

 港への道はこんな。ちょっと「ん」と思ったのは博物館で見学していた、多分日本人の若い女性1人旅の人がやはり同じ道を歩いていたこと。韓国地方旅行を楽しむ人が増えてきたのは私にとっては嬉しいことです。きっと、日本人だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

普通の韓国を探して4029 電鉄線東豆川駅

164

 逍遥山までの電鉄化の後では初めて行った東豆川駅です。町自体はバスで訪問していますが、電車では初めて。ずっと高架化されている新しい電車の駅です。ソウルの北郊ですので軍人さんも目立ちます。


165

 自転車の電車利用はかなり一般化されているよう。ここまででも自転車を押したアジュマが下りたりを見かけています。


166

 階段の端には自転車用のレール部分。混まない時間とかの自転車、日本でももっと考えてくれたらと思います。割合簡単にできることかとも思いますので。

223

 新しい東豆川駅。ガラス張りで、韓国では良くあるタイプ。韓屋を模したきれいなラインの屋根を持つ駅はどれだけ残っているのでしょう?ちょっと寂しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4028 10月17日 群山近代歴史博物館3

401

 このあたり、韓国お得意の映像で日帝時代の搾取とかの解説をやっています。遅れていた韓国の近代化に寄与した、なんて話もありますが、勝手に人の家に上がりこんでもともとの住民を追い出し、家を改築したようなものだと思いますので、決していいことではなかったと考えています。


402


404

 ここでも出てきました、コンナムルコゲ。追い出されたり、集められたりした朝鮮の人はこんな家に住んでいたという模型。容器にぎっしり栽培された豆もやしのように傾斜地に貧しい家が集まって建っていたという写真もあります。


406

 こちらは計画都市としての群山。西初等学校のあたりでしょうか?今も面影が残っていますし、道路はほぼそのままでしょう。


405

 これはちょっと興味深かった群山駅の時刻表。1時間に1本というと、長項線直通化前の群山線よりも密なダイヤだったことになります。どんな列車が走っていたのかな?


403

 これは浮桟橋の模型。干満の差が大きい韓国西海岸。船への荷物の積み込みのため、右端の部分は回転できるようになっていて、左端の部分は浮いている桟橋です。この後、実際に今も残る施設の見学がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

普通の韓国を探して4027 鍾路 冬の朝の写真

1219

 

 今年の初め頃のほぼ同じ場所、普通に立っての撮影と地べたビュー写真です。ソウルの鍾路、仁寺洞キルから楽園商街の裏に抜ける東西に走る道で、左の店はセブンイレブン。この先左手角が鍾路トッkチプ。歩いたことがある方も多いと思われるソウルの中心部です。


1218

 宿所はホテルソンビだったか、世林ホテルだったか忘れましたが、朝食を兼ねての早朝散歩。前夜、いくら夜更かししていても韓国の朝は早起きしてしまいます。ソウルの街というか韓国へ行くと元気をもらえる、そんな気分、わかっていただける方も多いはずです。

 寒くはなりますが、大雪が降ることはまず無いし、新潟に比べれば天候は圧倒的にソウルのがいい冬。飛行機代が最安値、食べ物がおいしくなる季節。12月か1月、一度は行きたいと考えています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4026 10月17日 群山近代歴史博物館2

391

 

 この群山近代歴史博物館、検索してみると新しいけれど、1年以内くらいにできた様子。内装工事は手直しなのでしょう。失礼しました。しかし群山の近代史→日帝強接期の蛮行ってなってしまうのですよねぇ。この群山シティツアーバス、日本語のHPに出ていないのはその辺に気を使ってのことなのかもしれません。知っておかないといけないのは日本人のほう。韓国の人にはあまりに過度の刷り込みというか、強調されてしまう感じかな。

 展示物よりも2階の裏のほう、錦江河口の群山内港の景色のほうに興味があります。


392


393

 しかし錦江の水量はすごいです。80年代まで結構な大きさの船が塩辛材料を運んで江景まで数十キロさかのぼって運行していたと言いますが、ダムで勢いをそがれた日本の皮とは違う、大陸的な大きさを感じます。

 せっかくのいい立地なのですから川の景色を積極的に取り入れればいいのになぁと感じますが、新潟市のぴあ万代も一緒ですね。


394

 いよいよ近代史の展示室です。


395


396


397


398


399

 日帝時代の日本人町の模型。中国人の店もあるようです。昔あった中華小学校、今回見かけた中華基督教会。日帝時代にも日本人独占ではなく、中国、台湾の商人の活動も許されていたのでしょう。ちょっとそこらへんにも興味がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記697 大阪を歩いてみた

015

 知らない街を歩くのが好きです。「旅行」とまでいかなくても、住んでいる市の知らない場所を訪問するのはそれぞれ興味と面白さがあります。前畑先生との待ち合わせはお昼前。それまでの時間、大阪の普通の街を歩いてみました。芦原橋という駅のそばの1枚です。案外公園が多いなぁって感じましたが、清掃なんかは今一つ。でも、気持ちのいい朝でした。


017

 まずはなんば、南海電車のなんば駅を目指します。道路にゴミ。ふっとソウルを思い出してしまいますね。ただ、ソウルの街だと朝から人が多いし、道路清掃ももっと行われているはず。少し前の「ワンルームマンションが余ってホテルに」という話がありましたが、人口が減少傾向にあるのかもしれません、この辺。


018

 人通りが少なめ。なんか空虚な感じもあるみたい。


019

 ありました。スーパー玉出。大阪市の南部、どうしてこんなに?と思うくらいあちこちにある地元系スーパーです。24時間営業で、確かに安いようです。和歌山県産コウイカ400円とか、出先でなければ買いたいなぁと思いましたもの。


021

 ビデオ屋?天幕看板の意味がちょっとわかりません。上はワンルームなのでしょうか?自転車がたくさん。もしかして泊まっている人がいるのかなとも思います。前に火災事故がありましたから。


023

 大体の目星をつけて東へ歩きましたが、やっと南海難波駅の上のスイスホテルが見えてきました。昔、大阪へよく来ていた頃は高層ビルはまだ少なめ。その頃からあったミナミの目印でした。山手線より小さい環状線。どこか高いところに上がると、あそこが大阪駅前の丸ビルで、あそこが上本町、あそこがミナミで、なんてすぐそこという感じに見えたものです。


025

 少し北東に方向を変えてなんば駅方面へ。これ、何を撮ったと思います?

 1Fの店の雑誌のスタンド。昔は雑誌の類、そこらの店の前にこんなふうに置かれて、漫画なんかを買ったものです。時にはこそこそちょっとHな本も。今はコンビニにとって代わられたのでしょうが、懐かしい風景だと感じた1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

とうちゃんの自転車日記696 知らなかった・・・

128

 サントリーのHPを見てみました。南アルプス、奥大山、阿蘇、地方によって水の採取地が違うのですね。大阪駅で買った水は「南大山」なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4025 普門洞早朝散歩

550

 9月の訪問の時の写真です。ブラウンホテルに飛び込みで宿泊。台風の中を歩いた日の翌朝、朝飯を兼ねて散策に出かけました。前にもユニオンモテルに泊まっていますので、また何度も通っている場所なので土地勘はあります。


554

 まぁ、ソウルの普通の街です。


555

 ただ、特徴は川があること。左は普門市場の一角です。


556


557

 お決まりの遊歩道。歩く人、走る人、自転車の人、インラインと呼ばれるスケートの人、韓国の人は運動好きです。


558


559

 台風の大雨による濁流も消え、澄んだ水。見えるかな?川魚がたくさん。さすがにここで釣りをする人はいなさそうです。


560


561

 アスレチックの施設含め、運動で健康増進、というのはソウルに限らず韓国中で推進されている感じ。平均寿命の長さをいたずらに誇るより、元気に年取ってできればコロっと、というのが理想です。人間は、歩いて、話して、食べる動物。その一つでもできなくなったら、私個人的には生きててもしょうがないなぁと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4024 10月17日 群山近代歴史博物館

381

 日帝時代中心に群山市の近代の歴史関係の展示を集めた博物館、昨日書いたようにできたばかり。まだ一部内装の工事中という部分もありました。


382


383

 良かったのはこれ。群山の昔の航空写真です。

384

 地下鉄駅にもあるようなタッチパネルの機械。


385

 周囲には旧日本建築を移築する一角も計画中のようです。


387

 日本アジョシには縁が遠い機械。韓国の女子高校生はさっそくあれこれいじって遊んでいました。


388


389

 やはりここも展示の空きを埋めるためか陶磁器も置かれています。こういう博物館クラスだとなかなかいいものも多いのでしょうか、ちょっと欲しい気持ちも湧く感じです。


390

 何でしょう?後で調べようと思って撮りますがめったに辞書を引きませんなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

普通の韓国を探して4023 議政府電鉄駅から議政府LRT駅へ

111

 新世界の「さぼてん」でお昼を食べたあと、LRTに乗るために西口から歩きました。300m弱という感じでしょうか、それでもちょっと離れた場所にLRTの駅がありました。


112

 街中を走る高架は良く目立ちます。角の建物は礼式場かな?昔は高級ホテルでの結婚式は禁止。人が集まりやすい繁華街に「礼式場」という結婚式専門のブッペを備えた施設があり、いいランドマークになっていました。


113

 これは韓国でよく見かける工事中の通路の敷き布。不織布だったりすることもあります。田舎でも江南駅前でも一緒なんですよね。

114

 LRT駅前。比較的昔から開けたモテル街のようです。


115


116

 しかしこの15年くらいで、本当に議政府市、変わりました。もともと1号線の電鉄があったので新都市ではありませんが、周囲は明らかにそんなふう。ソウルのベッドタウンなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4022 10月17日 群山の日本人町と近代歴史博物館

372

 国と名前、そして農産物を奪われた日帝時代の痕跡を残す群山の旧市街中心部です。これは中華基督教教会。前は中華学校もありましたが、今もあるのかな?


373

 これは洞事務所。区の出張所みたいなもの。


374

 解体中の家も日本家屋です。


375


376


379

 錦江沿いの旧倉庫跡地にできた近代歴史博物館。開館したのか?プレオープンなのか、まだ一部は工事中のようでした。日本ではありえない話ですが韓国ではこれも有りです。


380

 近代のはずなのに、もっと前の石塔も移設されています。まぁ、ケンチャナヨなのですが。

 倭色チットゥン(濃い)近代史の街群山ですが、日帝時代の遺物を積極的に利用しようという方針が明らかです。前はそのままそのままという感じでしたが、日本建築をこの辺に移築してという動きもあるとガイドさんは言っていました。しかしこの群山シティツアー、ほぼ日帝時代の痕跡をたどる旅なのでした。そして、錦山の女子高校生のグループも、「韓国近代史の痛みを振り返る」だか、そんな集まりなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

とうちゃんの自転車日記695 ドーミーインなんば

039

 今回の出張の宿、佐世保の前畑先生に予約してもらいました。ミナミのほうが面白そうということで、なんば駅周辺でというリクエストだけして、とってもらったのがここ、ドーミーインなんばという宿です。大阪のかなりの街中ですが1泊5000円。全室シングルで23平米、というビジネスホテルです。1枚目の写真の真ん中やや左のビルなのでした。

 ここで。ん?!と気づいたのですが、話には聞いていた「ワンルームマンション型」のホテルのよう。「全室シングル23平米」というのも普通じゃないし、ベランダが各部屋ごとにあります。大阪のこのあたり、景気にかげりが見え始めたころからワンルームをそのまま改造したホテルがあるとは聞いていたのですが、まさにそれです。 でも、韓国でもアパートを予定して建築したというホテルPJの例もありますので面白そうって考えないといけません。


123

 前畑先生と合流して軽くお昼を食べ、チェックインしたのがこの部屋。入ると左手に化粧室と浴室が別々に。そしてちょっと見えますが簡単なキッチンが付いています。


124

 23平方というと7坪。高級ホテルだと30平米以上はざらですが、安いビジネスホテルにしては広々しています。


125


126

 外の風景はこんな。すぐそばに浪速区区役所がありますし、なんば駅まで徒歩で10分くらい。ちょっと歩けば賑やかな繁華街です。


129

 翌朝の出発時の写真ですが、部屋の外はこんなです。でも、まぁ、いい宿でした。10階には大浴場もありましたし、また機会があれば泊まってもいいな、と思えるホテルです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記694 大阪行ってきました

301

 

 一度乗ってみたかった京都大阪線の高速バスに片道だけ乗ってみました。新潟を10時に出て京都には6時、大阪は7時過ぎに着くのです。旅慣れた感じの女性が多い夜行バス、寝られないのはやはり男性という感じ。うとうとしつつ寝不足で向こうに着きました。

 到着後、まずはトイレへと思って大阪市内某所の駅の化粧室の個室へ入ったら、ゴミ箱にワンカップの空き瓶が・・・ どうしてトイレで酒?なんて思いますが、やはり公衆の面前で飲むのは、という意識があるのかなぁ。でもこの後、ミナミの繁華街だのでは昼間から立ち飲みの店もたくさん。また酒屋の前の自販機でという御仁もごく普通に見かけられます。「自分の欲望に率直で包み隠さない、我慢しない」というのはある意味ストレスをためない人生の秘訣かもしれません。


371

 ミナミの写真です。広い細長い空き地、最初は川を埋め立てたのだと思いましたが、少し後で地図を見てすぐに気づきました。関西本線の湊町駅への線路の跡のようです。昔から面白いなと感じていた湊町駅。今はなんばCATになっているのでしたっけ?このあたり、ちょっとさびしい感じがしないでもないですが、大阪もどんどん変わっています。 この後訪れた南海のなんば駅前もかなりきれいになっていました。昔はすごい荷物をリヤカーに積んで、犬まで飼っている浮浪者がいた場所。いろいろ厳しく規制されるようになってきたのでしょう。


1141

 電車のドア。標準語でしょうか?「指をつめる」って。大阪、関西、面白いなぁって思うことがたくさん。ちょっとソウルにも似たところがあるかもしれません。

 関西で目に付いたのはパナソニックの工場の多さ。今年はシャープとかパナソニックの営業不振が伝えられていますが、そういう大手の景気が悪いと当然子会社、下請けにも影響が出るでしょう。ひいては地域全体の景気にも影響が及ぶかもしれません。関西人の元気で、そんなこと、吹っ飛ばせればいいのですが、大丈夫かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

2012年11月22日 テレビも来ていた、7年間の工事期間を経てのグランドオープンだって

102_2

 こんばんは

 昨日の9時半くらいの写真です。場所は、わかる人はわかる阪急百貨店の地下鉄からの入り口。ちょっと買いたいものがあって、セミナーの前に行ってみたらガードマンが出ていて行列の整理をしていました。何度も行っている阪急デパートですが、こんなのは初めて。へんな日に来ちゃったなぁと思いつつも、買いたいものがあったため、行列に加わりました。ほとんどが女性。いかにもお金持ちの若奥様みたいな感じの人もたくさん。男子はほとんどいません。飲食店でも何でも、待つのが嫌いな私でしたが、この後のセミナーの時間があったため、しょうがなく待ったのです。

 行列に並ぶ・・・ 空港のチェックインで並ぶのが一番に思い出されますが、あとはまず、ありません。すぐに思いついたのは、もう10年も前でしたでしょうか?東京の人気ラーメン店である東池袋大勝軒というのに並んだのくらい。 「何だかなぁ・・・」と思いつつも、ここまで並んだのだから最後まで、って思ってしまいます。結局30分近くも並んでぞろぞろ入店。すぐに案内所へ行き、買いたい品物の売り場を尋ねて、無事2つ買うことができましたが、行列する必要はぜんぜん無かったようでした。 まだ開けていませんが、この私が30分も待って買ってきた品。美味しくなかったら、ちょっと残念、というところです。

 うちは21、22、23の3連休。眠いので今夜は早く寝て、明日はゆっくり英気を養うこととしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

とうちゃんの自転車日記693 大都市の魅力

411

 去年の写真ですが、日矯大会で行った名古屋です。高層ビルって何階以上をいうのでしたっけ? わが新潟市にも数本、のっぽのビルがありますが、ソウルとか東京、その他の大都市、やはり人が多い、会社も多い→税金がたくさん集まるし、お金もたくさん使われる、そんなことによるメリットが多いのだと感じています。 街の街灯の本数、明るさ自体、新潟市と東京都では大きな差があります。そんな大きな街にたまに行くこと、いい刺激になると考えています。


414


416

 本日はオープンデイ。院長はタイヤ交換だの、お歳暮の手配だので外出が多くなりそう。そして夕方に帰宅後、ちょっとしたセミナー参加のため、夜のバスで大都市へ行きます。人が多い中、歩くこと、田舎者はくたびれてしまいますが、ウォーキングづいてるここ最近ですので、たくさん歩いてきたいとも考えています。そして大都市から元気をもらえれば、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4021 日本家屋の話のついでに

551

 ソウル市城北区普門洞です。台風一過、9月の朝の写真ですが、裏通りを歩いて朝ごはんの場所を探しました。「イバトヘ2000」ではなく、ここでは「一方通行」って読めました。


552

 左に見えていた赤レンガ造りの建築。立派だなぁ、と思ってたら、2つの店が入っているのですが、看板の下に昔の文字が見えました。


553

 荒物屋さん、韓国では鉄物チプ、~カゲって言うみたいですが、「店」の字が見えます。また中央の入り口にも、くずした字体で読めませんが、ハイカラな建築の名前が刻まれています。やはりこれも日帝時代の建築のよう。江南には無いと思いますが旧市内、特に城内とその周辺には今でもたくさんの日本建築が残っていますが、こんなポムン洞、当時は郊外だった場所にもあったとは・・・とちょっと意外に思っての撮影でした。

 ソウル、日本建築、なんてキーワードで来てくれる方も多いですが、それこそたくさん。もしかしたら1%くらいは日本建築なのでは?なんても思ってしまいます。他ならぬ鐘岩洞プルティナをやっていたチングアジュマの家も黄鶴洞の日本建築だとか。寒くて冬は暖房費がかかるって言っていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4020 10月17日 群山の日本人町2

362

 故郷である東京よりも頻繁に訪れていた時期のある全北群山の旧市街です。日帝時代に大きく発展した町であることは知っていましたが、市内中心部、道路等も計画的に設計された都市であること、この時に知った感じです。 同じように日帝時代につくられた都市としては大田が有名ですが、こちらのがこぢんまりしている分、そういうのがよくわかります。道路が広めで、格子状に走る古い町。何だか不思議な感じがします。

 もともと朝鮮の家屋はいくら大きくても平屋が基本ですから、古い木造家屋、コンクリート造りの建物の多くは日帝時代の建築だったりします。ソウルの古い町でもそうですね。


363

 立派な2階建ての家。重たそうな屋根、やはり日本家屋でしょう。

364

 何の店だったのでしょう?意匠を凝らした建物です。


365


366

 この辺、日本人町の中心だったのでしょう。昔の市庁があった場所。最初に行った97年には建築もありましたが、その後すぐになくなって駐車場。さて、今はどうなっているのだろう?と思いましたが、今回のツアーでは通りませんでした。とにかく、群山の港から南の平らな場所はほぼ日本が作った都市計画都市だったようです。 光復後、韓国戦争の被害もあまり無かったのかもしれません。昔の繁華街だったため、ハングルが読める人はお気づきでしょうが、歓楽街になって、それがまた寂れてしまった。そんな感じの旧日本人町です。


367


368

 朝は雨だったけど、日ごろの行いのおかげか、お昼には晴れてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

普通の韓国を探して4019 議政府の街

066

 仁川空港から空港高速を走り、金浦の手前でソウルへの道と分かれて高養方面、山を越えればすぐに議政府です。これは拘束を降りてすぐのあたり。


067

 ソウルの北、道峰あたりからの高速もできているため、非常に便利に、感覚的に近くなった議政府市です。


074

 と?! 高速ではない高架があります。のっぽのビルは市庁だったかな?とにかく、この議政府にもLRTができていたのです。

085

 議政府駅前で降りました。新世界ができてたのにも驚きましたし、鉄道好きの私、LRTにも乗ってみたいので、東豆川まで直行せず、お昼をここで食べることにしました。


086


089

 路線図です。右端、KR電鉄線議政府駅は直接の接続はありません。少しソウルよりのフェリョン(回龍)駅で1号線と接続しています。


090

 駅の下をくぐる道路もできています。


091


092

 とにかく、久々の議政府。車とかで通過はしていましたが、すっかりソウルの一部のようになっていました。何度か書いていますが96年ころの西口はほとんど建物が無い、そんなかんじでしたのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月19日 忙しい月曜日

015

 技工だの、給与計算、手続きなどで院長は雑務があり、今日も早朝から出勤です。晴れ間が見えていますが、夕方から雨の予報。でも、自転車で出てきました。少し前から軍手をして乗っていますがそろそろちゃんとした冬用の手袋でないと手が冷える、そんな新潟です。ヨーロッパ車のためちょっと部品を取り寄せしたりしなければならなかったスタッドレスタイヤも準備完了。明日昼間交換の予定。年賀状の準備もあるし、忙しくなる11月後半です。

 禅の基本は「今」、そして「行動」。まずは給与計算から始めましょうか。

 写真は小千谷市の道路。河岸段丘上にある市街地なので、こんなちょっと無理した道路もありました。ちょっと韓国を感じた風景です。

9時10分追記 給与計算、技工ができました。歩いて銀行へ行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事733 美味しかったカルククス

356

 

 カル=刀、包丁などの刃物。ククス=麺。で、カルグクスは手切りうどんです。どんなガイドブックにも出ていますが、注文するとビニル袋などにこねてあった生地を取り出して薄くのばし、その場で切って茹でる。案外カルククスに関しては律儀な韓国です。日本同様、茹でてあるうどんもありますが、それよりもやや高級な一品という感じの料理になります。

 しかしこのカルククス、2度目のソウル、95年11月の最初の昼食の明洞有名店、その最後の日のお昼にも金浦空港前の空港カルククスで食べたりしましたが、量が多くて持て余す感じ。また、有名な割にそれほどでもないよなぁというのが率直な感想でした。その後も南大門市場の4号線の駅そばのカルククス横丁なんかでも食べましたが、やはり「それほどでもないよなぁ」と思っていたのです。でも、これ、群山の日本人町で女子高校生8人組と一緒に食べたものですが、美味しかったです。

 限られたお昼の時間、あまり遠くへ行く余裕はありません。話を聞かせてほしいのでおごりますからと先生1名含む8人と一緒に入った店なのですが、お客は私たちだけ。マンドゥクッ、とカルグクスをそれぞれ4人前、5人前注文して出てきたのがこれなのですが、海産物のだしが効いていて麺も美味しいんです。これは美味いって思ってカルククスを食べたのはこれが初めてでした。


357

 アサリの他に、ハマグリ、それとペクハプという貝も入っています。中国産じゃないだろね?とも思いつつの食事でしたがとにかく、麺もスープも最高。若い女性と一緒というスパイスもあったかもしれませんが、いいお昼になりました。計算は45000W。価値あるお金の使い方です。でもちゃんと予算があったとのことで、最後に寄ったパン屋で、お返しをもらってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4018 10月17日 群山の日本人町

352

 向こうに見える大正建築が旧群山税関。前にもここで紹介しています。でも、その向かい側に新しい施設ができていました。群山港に近い、このあたりの旧日本人町を日帝時代の遺跡として整理、保存しようという動きがあるようです。

 ともあれ、午前の予定はここまで。45分くらいでお昼を食べてまたここに集合、近代歴史館だったかな?そんな博物館の見学からスタート予定ですということで解散しました。


353


354


355


358

左手角の立派なお宅、前はファミリーマートだったのがこの秋から新しいブランドのコンビニに変わっています。韓国全土で一気に看板が変わったのかな?ちょっとニュースにもなっていますね、ずるいとか。


359

 この辺の話はすでに他の方のブログなどでもたくさん紹介されていることと思います。そのまま写真をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

普通の韓国を探して4017 ソウル市庁舎前 プレジデントホテル

1045

 スイートルームに変更という幸運の日、早起きして散歩です。下半分はオフィスビルというプレジデント。これが4度目くらいの宿泊ですが、改装後は初めて。全体の配置は一緒でもかなりきれいになっていました。これがエントランスです。


1044

 前の通路は地下駐車場入り口でもありますが、ホテルのビルの地下もあれば、こんなふうにウェスティン朝鮮の駐車場の入り口も兼ねているよう。土地が少ないソウルらしい風景です。


1046

 特2級でしたっけ?ムクゲマークは5つです。


1047

 これは表に出て市庁の新しい庁舎。


1048

 同じくソウル広場地下道入り口方向。


1049

 模範タクシーがお客さんを待っています。


1050

 会議があるみたい。検索してみると女性の権利がどうの、そんな団体のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4016 10月17日 李永春家屋 セブランス病院を作った人

345

 次の観覧地は李永春家屋というところ。さっき行ったチェマンシク文学館の蔡萬植さんに比べると有名でないらしく、高校生に聞いたら知らないと言っていました。延世大学校医科大学のセブランス病院を作った人だとのこと。日帝時代、日本で医学を学んだお医者さんの別荘だとのことでしたが、その前身はやはり日本人の金持ちが贅を尽くして建てた和洋折衷の別荘建築だそうです。


346


347

 群山看護大学の敷地内にあるようで、この大学も同じ人の創立なのかもしれません。


348


349


351


350

 中も入れますが、どうも、日本人が日帝時代に土地を奪った韓国でお金を儲けて・・・という場所、何か日本人には居心地があんまり。早く次の場所に行かないのかな?と思いつつ先に外に出てしまいました。

 曜日によってコースが2つあるこの群山シティツアー、こちらのコースはどうも倭色濃い群山市の日帝遺跡を中心に巡るツアーのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

すばらしい韓国の食事732 新潟ソウル線 KE764,763便機内食

036

 今年になってやっと知ったKE764便、新潟交通系列の万代シルバーホテルが担当する機内食です。10月のこの時は鮭ご飯。パンもなかなか美味しいです。最近の新潟ソウル線は9割以上が日本人。円高のせいか、それとも竹島問題がこじれているせいか、どうも韓国人のお客さんが少なくてつまらない私ですが、韓国の人はこんな食事、どう感じているのでしょう?やはり韓国製の763便のほうが美味しいっていうか口に合うのでしょうか?興味のあるところです。


037

 マクロで1枚。どうもこの缶詰か冷凍かのグリンピース、あまり好きではありません。鮭は優しい味で煮付けたものです。


038

 何度かここでも紹介していますが、アルミホイルをナイフで切って開けると食べたあともこんなふうにすっきりきれいに片づけてもらえます。こうすると客室乗務員さんのウケもよくなって微笑みのサービスが2割増し、、、になるかどうかは保証できませんがスマートなことは確かです。えっへんっっ。


786

 こちらは韓国担当、帰りの763便の機内食。牛肉煮込みご飯でした。特にニンニクがきついとかはありません。かえって左上のチャンアチのほうがきつかったりするかも。そして最近は大韓航空マーク入り、両班のりが付きます。これはたいていデイパックに突っ込んで持ち帰り、日本での朝ごはんでいただきます。

 新潟ソウル仁川線、もう何度も乗っていますが、まぁまぁなんじゃないでしょうか、機内食。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4015 ソウル 鍾路3街 簡易刺身屋の店内風景

793

 鍾路3街の「デドンウォンフェチプ」の店内です。早めの時間なのでそんなに混んでいません。通常、韓国の刺身は活魚が当たり前。1匹ずつの販売ですのでどうしても量が多く、最低2人以上。また、多くのツキダシが出てきてメインの刺身が出てくるまでにお腹いっぱいにならないよう注意が必要なのです。でも『簡易刺身屋」と書いたように、1万か2万Wで気軽に、1人でも食える店、ちょっと見つけて嬉しく思います。もちろん、ここでも新鮮さは一緒。注文を受けてから魚をさばきます。季節ものの銭魚もあるし、酒代含め2万Wくらいで刺身を楽しむことができます。 またきっと行くことでしょう。

 この店、チェーンなのかもしれません。この鍾路3街の店の他にも東大門寄りの乙支4街のへんにもあったと思うし、新設洞あたりでも看板を見かけたような気がします。通常の刺身屋のように膨大な量のツキダシは出ませんがその分安く気軽な店、重宝しそうです。

 本日は忙しい土曜日。簡単に記事をアップしました。余裕があれば追加します。皆様よい週末をお過ごしください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4014 10月17日 群山市郊外に残る日本人農場の蔵

334

 もう一つの日帝遺物とは、新校舎の裏にあるこれです。


336

 裏側に回ってみた写真ですが、半地下含め3階建ての頑丈そうな蔵でした。 実は奇しくも前日の夜、ソウルは南営駅前のレインボウホテルの部屋でこの蔵の映像、テレビで見ていたのです。翌日どこへ行くかも決めずに出発して群山へ来て、たまたま駅前に泊まっていた群山シティツアーバスに飛び入りして、ここへやって来るとは、不思議な縁を感じました。テレビでは日帝時代専門家の大学教授がここをテレビの人とともに訪問し、100年以上持つ建築であり、陶磁器などのその家の大事なものを納める倉庫だと説明し、永久に韓半島を支配するつもりだったことの象徴だかなんだか、ちょっと大袈裟すぎるとも思える話をしていました。しかし、大きな富を得て、好き勝手やっていたのは事実です。


337


338


340

 読める方は読んでください。


341

 鉢山初等学校に残る日帝遺物を見て、次の観覧地へ向かいます。


342

 群山市の郊外、田んぼが広がる中に、小高い丘が点在しています。象潟のように、それが群山の地名の由来なのでは?とも考えていますが、どこかで見た風景、山形とか秋田にあってもおかしくない田園風景でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

普通の韓国を探して4013 議政府駅から電鉄に乗りました

088

 90年代から何度も来ている議政府ですが、どんどん発展して、新世界百貨店までできていました。食堂街でとんかつのお昼を食べ、移動です。


093

 新世界の入り口と向かい合う駅の入り口です。


141

 昔はここから先は電鉄線ではなく、非電化区間で、1時間に1本くらい近郊型DCが走っていたのですが今はかなり先まで電鉄化。ほぼ高架線を走ります。


142

 電車の中に自転車が。坂の少ない郊外では別に珍しくもない風景なのでしょう。


145


147


148

 田んぼがまだまだ残っていますが、新しいアパートもできていたり。どんどんソウルのベッドタウン化が進む議政府市です。わが新潟県の新発田市と姉妹都市ですが、締結したころには同じくらいの規模だったのでしょうか?あまり人口が増えていない新発田市の数倍の規模の都市になってしまっています。


149

 昔は韓国戦争(朝鮮戦争)で、6月25日に北が進軍してきた経路ですから「怖い」というイメージで敬遠されてきたソウルの北郊ですが、もう今更攻めてくる力も無いだろうというのか、どんどんアパートが作られている地域なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4012 10月17日 群山市開井面鉢山里 鉢山初等学校の裏庭

325

 日本人農場主があちこちから持ってきて自分の家の庭に置いて楽しんだという石塔などがたくさん。一番奥に見えるのが、私がここを知ることとなった「踏査旅行 全北」の中に掲載されていた石塔でした。あれも、国宝の一つです。


330


331

 そんなに広くない場所にたくさんの石造物。どこから持ってきたのか、わからなくなってしまったものもありそうです。全く乱暴なことをしてしまったものです。일ではなく、짓ですね。


332


333


335

 さらにこの後、もう一つの日帝時代の遺物を観覧するのですが、続きは次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

2012年11月15日 晴れたり降ったりやんだり、、、

013

 とにかく天候がコロコロ変わる新潟です。今日は家内がいろいろ用事のあった日で、特に私は出かけずじまい。でも、じっとしてると脚がくさってしまうような気がしますので、家の近くをできるだけ歩くようにしました。 特記すべきはランニングを始めたこと。数十キロ歩くのはできるな、と確認できていますので、少しずつ走りを入れて行きます。とはいえ、ちょっと走ると息が上がる始末。家の近くの人通りの無い細い道で、150m走って、同じ道を歩いて戻る、そんなのを10本くらいやりました。歩数計は充分1万をオーバー。5000歩歩かない日があると脚が痛くなります。寒くなりますが、降っていない休日はできるだけ身体を動かしていきます。少しずつでも始めれば、きっと走れるようになる。そう考えています。

 写真は先週のもの。仕事を終え、新幹線乗り継ぎで寿司を食いに行った柏崎駅前です。急な大雨、タクシーはしっかり稼げたことでしょう。私は乗りませんでしたけど。

 明日明後日、がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4011 鍾路3街 気楽な街

285

 大通りは鍾路。最近は横断歩道が増えてだいぶ楽になりました。90年代のソウルを知っている方は自動車優先、歩行者は地下道を、っての、お分かりですよね。とにかく、ソウルの中心部、地下道を降りたり上がったり、時には違う場所に出てしまってガックリだの、よくあることでした。 一度だけ泊まった「ヌヌホテル(ヌヌモテル)」が見えている鍾路3街と2街の間のあたりです。左端に見えている通りを行けば飲食店が多い中を過ぎて楽園商街東口、5号線の鍾路3街駅のところです。タプコル公園も見えませんが左に行けばすぐ。よほどの悪天候の日を除けば人がたくさん歩いている、そんなソウルの古い繁華街です。角の大韓補聴器がいい目安になる、そんな場所です。


286

 これは1枚目の横断歩道を渡った場所。物乞いのハルモニが地べたに座っています。いろいろご意見はあるでしょうが、できるだけ1000W札1枚、あげるようにしています。今のレートで70円くらい。とにかく無理の無い範囲で大好きな韓国の困っている人を喜ばせることができる、そう思って、韓国ではしばしばやってることです。


287

 これは前記、5号線の鍾路3街の楽園商街側の出口のへん。建物の向こうにホテルキャッツが見えています。このあたりの裏通りはモテルだらけ。ヌヌホテル、キャッツホテル、旧エメラルドモテルにも複数回泊まっています。仁寺洞ではないのに、「仁寺洞クラウンホテル」って名乗っている雑居ビルを改装したホテルにも泊まりました。60年代くらいの鍾路3街はソウルでも有名な私娼街だったという話で、韓国人歯科医師の先生方にはちょっと驚かれたこともありますが、気楽な安宿が多い街、そんな風に考えています。

 次回、マイレッジを使おうかな?と考え中。前にも一度行っていますが、大統領選挙、見てみたいのです。過去には片道の使用で向こうでノーマル航空券を購入するのに一度。普通に往復で一度、2回使っていますが、先日問い合わせてみたら、燃料代と空港税は別にかかるのでした。でも、大韓航空に貸しを作っているようなもの。家内といつか一緒に、って思って2人で往復できる分、持っていますが、家内は行かないでいいって言っているし、積極的に使おうかなと考えています。次回は12月19日を含む日程で、航空券代が安く済むのでちょっといいホテルを取ることも考えています。でも、やっぱり江南じゃなくてこっちのソウルが好きだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

2012年11月14日 真っ暗な朝です。

007

 休みの朝です。お昼過ぎまで出かけてくると家内に言って医院に出てきました。少しだけ技工をやって、そのあとは、理髪所、スーパー銭湯。少しドライブしてお昼を食べて戻る、そんなふうに考えています。

 今朝は4時ころ、雷と大雨の音で起きました。今も時折雷がなり、強い雨が降ります。気温は6度。最高気温も11度くらいの予想。ちょっと前の予報では明日が大荒れで初雪か?と、言っていましたが少し早くなったのかもしれません。気温は低いけど天候はいいソウルの冬のがずっとよく感じる。そんな季節がやってきました。

 写真は今月初めの西区巻漁港。冬の日本海です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4010 10月17日 鉢山初等学校の裏庭へ

318

 本校舎と新校舎の間を通って裏庭へ行きます。鳥致院の女子大生2名、錦山女子高等学校の高校生7名、先生1名、それと日本人の私にガイドさん1人の一行、本日のメインイベントという感じの場所です。


320

 ここがその裏庭。本校舎が右に見えていますが、石造物がたくさん。これ、みんな本物です。

321

 2つ、国宝級があるのですが、これがその一つ。私も初めて見ましたが、見事な石塔です。保存も最高。


322


323

 で、ここが日帝強接期の遺跡って昨日書きましたが、大正初期、韓国の農民の土地を奪ってできた日本人経営の農場がここにあったのでした。経営者の家は無くなっていますが、この鉢山初等学校の校舎は、当時の頑丈に作られた倉庫兼事務所をそのまま改修したものなのです。そしてこのたくさんの石造物は農場主が勝手に全北各地の寺、寺の址などから持ってきて、自分の家の庭に飾ってあったものだとのことです。


324

 韓国の本、「踏査旅行 全北」を読んで、群山近郊の村に日本人の金持ちが盗んできた文化財、特に石塔などが置かれた小学校があるとは知っていましたが、群山シティツアーバスの遊覧地にそこが入っていたとは・・・私にとっては幸運でした。

 骨董好きの農場主、当時は官憲の保護も厚かったと思いますので、いろいろ賄賂だのを使ったのでしょうか?あっちこっちの文化財を勝手に自分の家へ持ってきてしまうのは、やはり良くないことだと感じます。有無を言わせない日帝支配下の乱暴な行為と言って差し支えないでしょう。 次回、もう少しここの写真を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

すばらしい韓国の食事731 はちみつとポンデギ 似ています

781


 写真は再掲になってしまってるかもしれませんが、鍾路3街の簡易刺身屋のツキダシ。手前が蚕のさなぎを蒸したもの、ポンデギです。長野県の一部では今でも普通に売っているという話ですが、ちょっとクセのあるにおいがするので、見た目を含め、韓国ファンの方でも食べられない人が多いかと思います。

 で、このポンデギの匂い。どこかで嗅いだことあるよなぁ、と思っていましたが昨日気付きました。それがはちみつです。

 少し前のテレビだったかな?はちみつの成分に関する話をやっていました。ミカン、レンゲ、アカシア、ソバなど、花の時期に合わせて巣箱を移動して、その地域ごとのというか地域の花ごとの密を採取するのがはちみつ。元の花により、色や香り、味が違うものですが、純粋な花の蜜以外の、ミツバチ由来の成分がけっこうたくさん含まれているとのことでした。

 虫が苦手な人も多いでしょうが、はちみつは、ハチの身体に由来する成分が多くても、たいていは大丈夫でしょう?知らないで蜂の身体からの分泌物を皆摂取しているわけです。

 やっと結論になりますが、近所に住む家内のお母さんが身体にいいということで、よくキウイのはちみつ漬けを届けてくれます。昨日、それを食べながら、気づいたのですが、キウイを漬け込んだハチミツ、どこか、そのまんまの味以外にわずかな匂いがするなぁって前々から気づいていたのですが、あれ、このポンデギの匂いに近いのです。もちろん、虫そのまんまのポンデギの匂いがずっと強力ですが、日ごろ何の気なしに食べている蜂蜜にも虫の身体の成分、けっこうあるってのは本当なんだろなぁ、と思った一件でした。

 

 朝、果物を食べるのはいいって言います。今朝もリンゴ半分、バナナ1本、ミカン一つ、そしてキウィの蜂蜜漬けを1個分くらい食べてからご飯を食べて出てきました。そろそろお腹がすいてきたオープンデイ。午前は一人だけ予約があります。その後は雑務で外出、早めのお昼をいただくことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 新潟市は小雨が降る暗い朝です

047

 これは昨日の朝の写真。けっこう雨が降っています。紅葉はもうすぐ盛りという感じです。暗いのでシャッタースピードが遅くなり、車がブレて写っています。


063

 これは若葉の季節、今年の5月7日のもの。


004_2

 これは、10月27日。2週半ほど前。欅の紅葉が始まってきたころの写真。


888

 で、これは昨年の12月26日。もうすぐこんな季節がやってきます。青空が見えていても2~30分あとは真っ暗な曇り空になり、急に大粒の霰が窓をたたき、あっという間に路面が真っ白になったり。この写真でも陽光は見えているのに上空は分厚い雲が、なんて状況だと思います。木曜日は初雪が降るかもしれないという天気予報を聞いて出勤しました。日本海側の冬型気候、そろそろ始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4009 10月17日 群山市ケジョン面パルサン里へ

313

 전라북도 군산시 개정면 발산리の 발산초등학교です。チェマンシク文学館も私にはあんまり興味がなかったのですが、次の訪問地は群山市内を通り抜けて隣町にありました。もらったパンフレットもよく読まないでいたのですが、群山の郊外の初等学校??ということで、うすうす昔読んだ本の記事を思い出していました。踏査旅行「全北」という韓国語の本です。地味ですが、面白いシリーズで、今でも大きな本屋へ行けば地域ごとの本が並んでいます。韓国の地方旅行をディープに楽しみたい方にはお勧めのシリーズですよ。

 

 群山市沃溝邑の紫泉台という儒教の郷校へと思っての遠足、予定変更でこの群山シティツアーバスに参加。でも、ここ、ずっと前から来たかった場所なのです。


314

 何のことはなさそうな韓国の田舎の小学校。体育倉庫かな?キースヘリングのコピーでしょうか?ま、ケンチャナヨであります。


315

 ガイドさんに連れられて構内に。韓国の小学校、地方でも山の中でも大きさの差はあれ、きちんと整備されています。プールが無いのが日本と違う点です。植木の整備とかは日本よりもしっかりやっていますね。


317

 昔からのメインの校舎。


341

 新しく作られた校舎で、こちらは食堂なんかもあるようです。左手の屋根付きの通路は1枚目の写真左に見えている小さな体育館への通り道です。

 さて、この全北群山市開井面鉢山里の鉢山初等学校、どんな場所だかご存知の方、いったい日本にどれくらいおられるでしょうか?1000人はいないのでは?と想像していますが、この小学校全体が日帝時代の大事な遺跡なのでした。また、国宝級の石造物がたくさんある場所でもあるのです。これでヒントになったかな? それでは続きは次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

とうちゃんの自転車日記692 田舎の駅

014

 こんばんは 夕方には雨も上がり、無事自転車で帰宅できました。町乗りの通勤車は別に高い自転車ではありませんが、置いて帰るのは何だかかわいそう。よかったです。

 写真は県内のとある信越線の駅のホーム。先日、仕事の後に寿司を食べに行った町の写真なのですが、ゴミ箱になんか障害物が設置され、貼り紙がありました。


015

 新潟市近郊ではない、割合列車の本数が少ない駅であるためか、こんなこと書いてあります。人がいない時間に、カラスがゴミ箱を漁りに来るのでしょう。人が少なくなった街で、カラスはかえって増えているのかもしれません。


016

 最近は、昔の特急型電車を利用した快速が増えています。特急と停車駅も大差が無い列車もあったりします。時間がある休日に電車の旅。いかがでしょう?飲めるのがいいんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4008 「小(ソ)コプチャン」

656


 소곱창は 牛の腸を焼くホルモン料理。豚の丸腸、生の腸を焼くのも美味しいですが、牛のホルモンも牛の味がして美味しいものです。看板屋さん、経営者の方、「牛(固有語)」と「小」、同じハングルなので、ケンチャナヨなのかなぁ。 南営駅そばで見かけた小ネタです。

 13日朝に追記です。

 

 記事を書いた後に自分でも考えたのですが、소コギ(ソコギ)という言葉が普及していますが、正しくは 쇠コギ(セコギ)ですと、教育院の金洪晩先生に教わった記憶があります。漢字語でも「和牛」というのに対する「韓牛(한우=ハヌ)」という言葉があります。

 オマケですが、日本だと「黒毛和牛」だのになるのに、韓国では在来の韓牛は茶色いので「黄소(ファンgソ)」という使われ方もありました。漢字+固有語の言葉、たくさんありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月12日 予報通り雨の新潟です

040

 6時ころ、犬の散歩に行ったときは路面も乾燥。東には晴れ間も見えていました。朝ごはんを食べて7時ころ自転車で出勤です。天気予報では午前は雨、午後から曇りという話です。なぁんだ、降っていないじゃん、と思っての自転車でしたが、途中、コンビニに寄って出てきたら雨がパラパラ。慌てて自転車をとばし、医院まで来ました。

 

 「自転車なのに雨になってしまった。困った。」と思うより、雨が降ってきたけど濡れないですんで良かった、と思う方がいいでしょう。夜間診療ですので帰りの9時ころに雨が降っているかどうかは誰もわからないのですから、心配してもしょうがありません。 とまぁ、冬型になってきた新潟市、天気がコロコロ変わるのでした。

 1枚目は歩く日に決めた木曜日。家から徒歩でジパング展を見に行った万代島の朱鷺メッセからの新潟西港です。傘は持ってきましたがここまでは降られることなく、歩けました。


041

 佐渡汽船ターミナル方向。水が見える風景は、気持ちが和みます。042

 ところが、ジパング展を見て、美術館エントランスに出てきたら、こんなでした。時間にして30分弱で、遠くが霞んで見えるくらいの大雨です。朱鷺メッセではお医者さんの学会大会をやっていましたが、初冬の新潟の天候変化の速さにびっくりしたドクターも多かったことでしょう。


043

 元から歩きの私でしたので、ちょっと小降りになるのを見計らって歩き出し、万代シティに向かいました。この日は風は大したことありませんでしたが、これからの季節の新潟市、風は強いし、雨や雪は降るし、ちょっと出歩きにくい日が多くなりますが、できるだけ身体を動かしたいと考えてる私です。まずは銀行、ヨドバシカメラ、9時になったら行動開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4007 久しぶりの南大門市場

1141

 9月の時、帰国日の朝、チェックアウト後、荷物を預けて散策&早いお昼ご飯です。プレジデントホテルのスイートルームに泊まった後でしたので、ベルデスクのボーイさん、何だか丁重に扱ってくれたような気がしています。布製の中くらいのカバン一つでしたが。

 北倉洞の繁華街を抜けて、アイリンホテルとか、新しいホテルの前を過ぎ、地下道で南大門市場へ入ります。本当に久々です。

 しかし最近のソウル、上記アイリンホテルもそうだと思いますが、普通のビルを改装してホテルに、というケースが目立ちます。初めからホテルとして建てられていないビルですので窓が無い部屋がけっこうあったり、内装は新しいからきれいではあるけど狭かったり。防音とか心配ですし、火災などの場合の非常用の設備、施設、そして非常用の通路とか大丈夫なのかなぁ?と思っています。消防法とか建築基準法、どうなっているんでしょう?

 ややケンチャナヨな部分もある韓国。もともとしっかりホテルとして設計、施工された建物とは違う、そんな新しいホテル、いくら場所が良くてきれいでもちょっと私は泊まりたくありません。


1142

 これはメイン通路の西の端。ゴミの改修施設、こんなの、いつできたのでしょう?どこへ送られて貯蔵され、どうやって回収するのか?かなり興味があります。超大型ディスポーザーみたいなものでしょうから。

1143

 復元中の南大門。いつできるのでしたっけ?昔は道路の真ん中で行けなかった施設。横断歩道で誰でも近づけるようになったのは良かったけど、それで不満を持ったハラボジが火をつけてしまったのです。完成後、どういうふうに管理されるのか、これも興味があります。

1145

 これは東の端。すぐ新世界本店というあたり。江陵チプってのはチェーンの食堂でしたっけ?2階ですが家賃が高そう。まさにソウルの中心です。


1146

 この1枚のメインの被写体は向こう側のアジュマ。日本人向けの海苔などの土産品店の人なのですが、日本人男性とみるとバイアグラ、シアリス、いかがですか?なんて声をかけてきます。薬局で売るのもたぶん処方箋なしでは違法なのに、ほんとにホンモノを扱っているのか?ちょっと危ない感じもします。そんな抜け道があるのも韓国ではあるのですが。

 1枚目にも写っていますが赤いシャツを着たガイドさん。それぞれ、日本語、だの中国語だの、できる言語の表示をつけています。


1147

 これは新世界前。南山方向。まだあまり人が出ていない9時ころの写真だったと思います。ここから南山ケーブルカー駅へ行って、道路を歩いて南山公園へ行った最終日の朝でした。

  写真を見て思い出しました。遠くの、南山の中腹、ちょっとしたビルがあるでしょう。あそこへ行ってみたのです。小学生向けの教育施設になっていて、安重根義士紀念館のついでに寄る小学生がけっこういたのです。またあとで紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4006 10月17日 蔡万植文学館?

306

 群山シティツアーバス、錦江渡り鳥展望台、展示館の次の行先は재만식さんという小説家の記念館というか文学館でした。食べ物の本、旅行の本など以外はほとんど韓国の本を読まない私。ぜんぜん知りませんでしたが、「濁流」という小説、かなり有名なようで、一緒に回った女子大生、女子高生はみな知っている様子。案内の人に質問などしながらしっかり見学していました。


309


308


307

 私がへぇ?!と思ったのはこんな昔の群山の写真です。「コンナムルコゲ」という文字が見えるかとも思いますが、日帝時代になって大きく発展した群山の街、日本人の家、日本人の施設は平地に計画的に建設されたけれど、動員された韓国朝鮮の人たちは今も名残が残る山の街の小さな家に住んでいた、という話です。左上の方に見える家々の屋根、昔の韓国の茅葺屋根、藁ぶき屋根の小さな家が円筒形の容器で栽培された豆もやしの豆のようにぎっしり並んで見えているという写真なのです。この話、この後に行った博物館でも出てきて、みすぼらしい藁小屋の小縮尺の模型までありました。 昔から「倭色が濃い」と表現された群山市、「日帝時代の象徴の一つ」として、そんな教育のための施設が多いようです。


310

 早稲田大学の除籍証明書です。「親日派」だったのですか?なんて質問も女子高生から出ていました。「チニルパ」、知ってはいましたが、こんな言葉が女子高校生の口から出るのを聞くのは初めて。でも、この日の午後、どういう集まりなのか知って、ちょっとびっくりしました。


311

 屋外の公園部分。移設されてのものでしょうが、群山港の引き込み線の線路が置かれています。この辺も昔はコメの倉庫だったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

普通の韓国を探して4005 高麗大アpから普門洞へ

527

 清涼里で夕食をとり、歩いてブラウンホテルまで戻った台風の日の夜です。すでに東海へ台風は抜けたので、雨もほとんど上がっています。知らない街を歩くのは愉しいもの、あちこち見ながら歩きました。

528

 これは普門洞の川。清涼里から普門洞までは2つの川を渡ります。


529

 

 これは何の店かな?きっと撮った目的があるのでしょうが、今はわかりません。


530

 靴下専門店。左の赤い文字は「スターキンg」。これ、ストッキングの韓国式の表記です。


531


532

 もうすぐホテルというあたり、ノレ(歌謡)酒店がありました。昼間は目立たないけど夜にはこんなです。ルームサロンよりは安いけれどかなりお金がかかるという話。一度だけ、厨房アジュマに会いに入ったことがありますが、麦酒基本でまずは入場料が数万W、そんなだったと思います。まぁ、個室のカラオケがある飲み屋ですね。


534


535

 ホテルの手前でちょっと寄り道。また川の方へ戻ります。この「韓屋チプ」という店、一部で有名なようで、鮑料理とか龍鳳湯とか、そんな高級な食事の店のよう。ちょっと行ってみたい店です。


537

 川が流れる街、普門洞の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4004 10月17日 錦江チョルセ展望台ラスト

271

 階段を歩いて降りる途中からもけっこう遠望が効きます。遠くの煙突は長項の亜鉛精錬所。日帝時代、できるだけ公害を拡散させるため、小高い山の上までパイプを引き、さらにその山頂に大煙突を立てたものです。まだ現役なのかな?


272


273

 楽しみにしていた昆虫館ですが、買ってきたもの、とりあえずそこらで捕まえてきたものを展示しているふう。系統立てたものではありませんので、ちょっと期待はずれです。


274


275

 さらにはハムスターだのモルモットまで飼われています。「渡り鳥博物館」+「鳥類動物園」を作ろうとしたのはわかりますが、スペースを大きく取りすぎて展示物が足りない。そこで、とりあえず空間を埋めるために魚(うまく写真が撮れませんでした)、虫、その他の動物をもってきて、飾った。そんな感じです。あまり計画とかしない・・・そんなままに作ってしまった感じがします。


281


282


283

 屋外にも鳥の飼育舎があり、身近な鳥、外国の鳥などかなり見ることができますが、これも、がんばっていろいろ集めて来た感じ満点。わざわざ行くほどでもない、というのが済まないけど正直な感想でした。来週は国際渡り鳥祝祭のはずですが、どれくらいの人が集まる「国際」なのかなぁ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

とうちゃんの自転車日記691 車にも自転車にも乗らない日

002


 帰宅しました。タイトルどおり、今日は全ての乗り物に乗らずに歩くことにしています。朝食の前に、犬の散歩。その後、家から往復で50分間、速足で散歩。帰宅してトイレに行ってすぐ歩きで医院へ出てきて雑務の後、ヨドバシに写真を出して歩いて帰宅。11時23分時点での万歩計は15861歩、13.78Kmです。お昼は今日は家で天ぷらそば。ちょっといい茹で麺に店よりも豪華に天ぷらを添えて楽しむ予定。 さて、その前にもうひと歩きしてきましょう。歩いていると自転車がいかに優れた、効率のよい乗り物であるかを実感しますが、前にも述べたように、体重が脚にかからない、いわば椅子に座っての運動です。やはり歩きも大事でしょう。

 写真は今日ではなく、少し前の新潟市中心部。午後から晴れの予報、時間があれば行ってみるかもしれません。

 12時過ぎに出発、万代島美術館でやっているジパング展というのを見てきました。もちろん歩きです。途中、かなりの雨で雨宿りも何回かしましたが、3時45分ころ帰宅。それから犬の散歩でした。歩数計の数字は35103歩30.42Kmです。筋肉の疲れというより、足首などの痛みが出てきてしまうのが情けないですね。やっぱトシです。

 追記です。結局夕方からはほとんど歩かず、35798歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 無い

505

 最近、禅をやっているのですが、あまり形式ばったものではないのだな、と理解しています。行動あっての禅でもあるけど、「さりげない」が大事なのだと気づいたのです。「さりげ」があるようではまだまだ。修行修行とがんばるものでもありません。あくまで自分が自然に行動する、それが禅の心なのでしょう。

 上にあげた「さりげなさ」の、「さりげない」、そんな 「~ない」という言葉、日本語でもたくさんあるし、韓国語でも「~없다」という感じで、けっこうあるのではないかなぁ?と今朝歩きながら思いました。元は名詞「何なに」が「ない」という言葉の「が」が省略されたものでしょうから、最初の名詞はそれだけで存在するものであるはず。でも、今は単独ではめったに出てこない言葉であることも多いのでしょう。

「みっとも」+が+ない

「さりげ」+が+ない

「とんでも」+が+ない

「面目」+が+ない

新しい、たぶん間違ってる言葉で

「半端」+が+ない、ってのもありましたね。正しくは「半端」ではない、かな。

 韓国語で思いつくのが、ハングルの綴りが不確かなのでカタカナで書くけど

「サガジ」+オpタ

「ジェス(財数)」+オpタ

 あとは何がありましたっけ? どうも、「あったほうがいいもの」が無いという感じでマイナスっぽい意味が多いような気がします。後には「セッキ」とか「ノm」が似合いそうですから。

 写真は鍾路5街。日本人も最近多くなった広蔵市場側でなく、北側の街です。ちょうどお昼時、前を歩いていた女性会社員風のグループが誰かから聞いた「美味しい店」目指してやってきたのだけど、その店が見当たらない。「ない」、という動きのある写真です。 本日はスタッフが親族の結婚式で、ということで休診。午前中は石膏トラップの掃除だの、技工だのに出てきました。明日は仕事です。さりげなく、がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

普通の韓国を探して4003 東豆川夕景 トッカルビ屋を探して

247

 外国人観光特区から普通の東豆川の街へ戻ります。来るときに歓迎してくれた犬。帰りはストロボ発光での撮影です。韓国、いったいこういう小型の雑種犬、どれくらいいるのでしょう?


248

 まだまだ町はずれのあたり、果たして何を撮った1枚なのでしょう?写真を見たらわかるかな?

249

 街の南の端にあったトッカルビの店。このブログの最初の最初にアップした美味しい店を探しました。昔からの街の南端には市場があり、その先に大アパート群ができていました。表通りだったと思うのですが、見つかりません。しょうがなく、1本裏手の道をまた北へ戻りました。


250


251


252


253

 よく、韓国の治安は?なんて質問をあちこちの観光サイトで見かけますが、まず安心。東京の一部、大阪の一部のが危ないように思えます。少なくとも男性であれば全く問題はなさそうな国です。


254

 もうすぐ中心部というあたり、「ヤンキー市場」という一角があります。軍装品、払下げとかでしょうか?そういう店が結構集まっています。これはその中の店の一つの前につながれていた犬。何ていう種類でしたっけ?顔中しわだらけの夏は大変そうな犬種。日本でも見たことがない実物を韓国で見かけました。もう少し行くと「24時間青少年通行禁止区域」というあたり。この辺もでも、広い新しい道ができていました。バスターミナルも無くなったし、どんどん変わるのは地方都市も一緒の韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4002 ソウルの知らない街

235

 在庫整理です。ずいぶん前に縮小してあった写真。一度アップして写真を見てから、文章を書きましょう。

 知っていました。1枚目、低い広い建物、南部ターミナルでした。夏にミノ(オオニベ)を食べに行った時のものかもしれません。瑞草洞に位置する市外バス用のターミナルで、慶南とか全南とか、すごく遠いところへの路線は来ていなかったと思いますが、けっこう利用するターミナルです。忠南あたりから戻るときにここへ、ということが私は多いかもしれません。


236


237

 南へ行くとすぐに山になり、芸術の殿堂だのがある場所ですが、北側はかなりの繁華街になっています。観光客の多いホテルはあまりない感じですが、ホテルセントロというのがこの辺だったはずです。ものすごい歓楽街の真ん中にあるホテルです。


238


239

 こちらは交差点の南東側。昔は真露流通センターだか、デパートみたいなのもありました。ちょこっと見えるXiの高層アパート、一時は李準圭先生も職住接近だとか言って住んでおられましたが、すぐにまた城南は盆塘の広大な一戸建てに転居されました。もしかして、お城のような建築でしたので、建築中の仮住まいだったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4001 南営駅前 ホテルレインボウ

041

 あるのはずいぶん前から知っていましたが、市内中心部とは言えない場所。初めて南営のレインボーホテルに泊まってみました。観光サイト経由で5000円。値段なりの古いホテルというか、、、モテルに毛が生えた感じの宿でした。でも、日本人、中国人で混んでいます。


040

 部屋の様子。2階の一番奥の京釜線側の部屋です。広さはまぁまぁです。窓は韓国の古い建物らしく小さ目でした。


039

 浴室。安っぽいプラスティックの設備。この写真では見えませんが浴槽の底が平らでなく、お尻が置かれる部分がへこんでいるタイプ。韓国の古い安い宿にしばしば見られるタイプで、どうも侘しくなってしまう私です。


067

 テレビは大画面液晶なのですが、窓の方にへんな線が走りカバーが付いています。


066

 後付けのケーブルテレビの配線でしょうか?この辺、ケンチャナヨなんでしょうねぇ。それほど邪魔になるわけではないし、まっすぐ引こうとこうなったのでしょう。


068

 廊下の様子です。2階でしたので遅くて混みがちなエレベーターは使わず、もっぱら階段で出入りしました。古い建物でしたが、清掃等は必要充分だったと思います。まぁ、それも担当の人によるのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

とうちゃんの自転車日記690 3等車 中途半端?やり過ぎ?

006

 火曜日の夕方、信越本線長岡駅です。ホームに下りるとなぜか旧型客車。ずいぶん前に新潟へ来たころによく乗ったような木造のやつです。


007

 

 先頭にはDL。ごく普通のDE10でしょうか? しかし何で?と思ったら・・・


009

 最後尾にタンク式機関車がいます。写真を撮ってる鉄道ファンもいます。


010

 ぶれていますが、手ブレではありません。C11がDLに引きずられて行く姿です。

 実は先週土曜日にもこっちへ来ました。信越線の下りで、何だかカメラを持った兄ちゃん、おじさんが目立つし、小千谷駅では傘さして線路を見ている親子連れなどを見かけました。その後下りの普通列車に乗っていたら越後滝谷付近で茶色い客車列車とすれ違いました。酸っぱい石炭の匂いではなく、重油中心の匂いでしたが蒸気機関車です。 その後知ったのですが、栃木あたりから借りてきて信越線、飯山線でC11牽引の特別列車がこの週末走るとか。その練習というか試運転を盛んにやっているようです。

 思わぬ、蒸気機関車との出会いは嬉しかったけれど、磐越物語号のC57同様に、機関車に引きずられて回送される蒸気機関車はどうも好きじゃありません。それに、1枚目、3等車のしるし?この3本線を入れるなら赤いのも入れないといけないのでは?小さいころ、1等2等があって、その後、もっと前の1、2、3等というのを知りましたが、オハ47、そのまんまがベストじゃないかなと思う私です。

  すみません、オハ47ではなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

とうちゃんの自転車日記689 冬支度

011

 昨夜の長岡駅での写真です。除雪用の機関車のようですが、DDなんたら、というような普通の機関車由来ではないみたい。初めて見ました。


012

 B-Bのちょっと小さめの機関車のようです。雪の多い地方ではもうタイヤを交換してる車も多くなってきたし、テレビではスタッドレスタイヤの宣伝がしょっちゅう流れています。私も買わないと。明日あたりちょっと見に行ってみましょう。やはり外国車のため珍しいサイズで高いなんてネットの記述がありましたけど、冬には欠かせませんから。

 修正しました。写真を見たらパンタグラフがありません。ちょいと細身のDLのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

とうちゃんの自転車日記688 さびしくなった東三条駅前

027

 11月3日の東三条駅前です。なんかがらんとしてるなぁと感じました。確か昔の記事にあったよな、と思って自分とこを検索してみると、

 とうちゃんの自転車日記128、2008年6月12日の記事にほぼ同じ場所からの1枚がありました。「東三条 レンタサイクル」で一般的な検索をしたほうが早いかもしれません。お手数ですがご覧ください。

 大きく変わったのは4年前に右手にあった2階建ての大きな建物がなくなって更地になっていたこと。バスは、来るときは来るでしょうから。


028

 駅前広場の反対側もこんな空地。むこうにスクラップ置き場があります。今でも北越号は日に何回か停車しますが、昔のL特急ときの時代から考えるとえらく寂しくなってしまいました。今は車の時代、新幹線の燕三条駅前のほうに大きなショッピングモールができています。まぁ、地方都市の在来線の駅前、どこも一緒かもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事730 カムジャタン屋の作法 ピョダギヘジャンクッ編

568

 台風一過、朝ごはんにカムジャタン屋に行きました。ブラウン観光ホテルの少し北にあった大きな店です。けっこう多くが24時間営業だったりするカムジャタンの店、1人でしたのでカムジャタンは頼めず、1人用のカムジャタンジャガイモ抜きであるピョヘジャンクッを頼みました。


569

 まず出てくるのがこれ、焼酎メーカーがくれるデキャンタの水です。


570_2

 で、こんなのも出てきます。作法などと大げさに書きましたが、右手の3つの器の話です。


571

 こんなふうに並べて、カムジャタン、もしくはピョダギヘジャンクッkが出るのを待つのです。一番奥の深いボウルは食べかすの骨を捨てる容器。手前の広く浅い器は肉付きの背骨を鍋から取っておくためのもの。その左の小さな器は、ワサビカンジャンのたれを入れる器です。

572

 いろいろ内装に凝ったりする韓国の食堂らしい風景。


577

 さて、出てきました。本来カムジャタンは鍋料理で、煮ながら食べてスジェビだのを後から握って入れたりするのですが、ピョヘジャンクッはトゥッペギで出ますのでせめてもの気持ち。熱々をどうぞということでしょう。ご飯は雑穀ご飯です。


579

 こんなふうに取り出して、ここで少し解体したりして、ワサビ醤油につけたりしていただきます。


588

 残った骨。貧乏性なので、きれいに食べたと、よく褒めてもらえます。解剖学も得意な博士ニムでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4000 10月17日 錦江渡り鳥展望台のつづき

261

 別の展示物です。ん?!って思うでしょう。たぶん、施設を大きく作りすぎて、この錦江河口部にやってくる渡り鳥の話ではとても館内が埋まらず、とりあえず動物関係、なんだかんだ持ってきて空間を埋めようという努力の跡のようです。


262

 わざわざやってきて見るほどの物ではけっしてありませんよね。


263

 韓国の観光地でお決まりのようになっているアレもありました。日曜とかはどうなんでしょう?対岸すぐ、車なら5分で行ける長項にもあったことはすでに紹介しています。


264

 1段降りて回転家族休憩室へ行ってみます。


265


266


267

 韓国のコーヒーショップにありそうなやたら分厚くでっかいソファがぐるっと並んでいます。しかし誰もいません。観客は我が群山シティツアーバスの女子大生2人組と私の合計3人。入り口の事務室に男性1人、女性の案内アジュマ1名、そしてシティツアーのガイドアジュマ1名。他に階段で降りる途中掃除のアジュマ2名がいましたので、館内にいる人間は客が3人、その他で5人。多分そんなところです。したがって回転もしていませんでした。


268

 さらには館外に鳥専門の動物園もあるのです。本当に日曜日とか、連休とか、どれくらい賑わうのかな?と全北関係者ではない私が心配になる施設でした。この11月21日から25日には第9回群山国際渡り鳥祝祭が開催されるとのことですが、成功を祈願いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3999 10月17日 錦江渡り鳥展望台 ん~ん ちょっと下手

2491

 チョルセというのは渡り鳥の事。チョルセ展望台の展示館なのですが、メッテジと言われるいのしし、ちょっと肥りすぎでは?? 韓国の干支だと猪(亥)は豚と一緒のテジですが、どれくらいいるのでしょう?しかしこの剥製、やはりパンパンな感じでしょう。


2501

 狸とアライグマ?やはりパンパン。


2511

 豹の類でしょうか?どうも剥製屋さん、テキトーな感じがします。詰めときゃいいや、という感じで、生きている動物の基本的な形を無視している感じがします。大体韓半島にこんなのがいるの?とも思います。韓国の渡り鳥、そして野生動物だけでは館内が埋まらずガラガラになってしまうので、とりあえず何でも持ってきた、そんな感じを受けました。


256

 展望台は良かったです。晴れていて、ガラスがもっときれいだったらなぁとも感じましたが、これは錦江の下流、長項線と自動車が渡る橋を兼ねた錦江河口堰です。


257

 すぐ下の駐車場。前にも書いた通り平日ですのでガラガラ状態。


258


259

 上流方向の写真です。白村江というのはこっちのほうだったのでしょうか。カラムシの織物で有名な街とか、JSAの撮影地となった葦の原も確かこの忠南南部だったはず。田んぼに鳥の絵は今流行りのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

すばらしい韓国の食事729 キムパプ天国南営駅前店でモドゥムキムパプ

104

 

 2000年ころから爆発的に増えた24時間営業の食堂チェーン、「キムパプ天国」ですが、ちょっと人が集まる場所にはきっとある、そんな感じです。キムパプは最初は1000Wというのが売りでしたが、諸物価値上がりのため最近は1500Wとか2000W。家賃の高そうな場所の店では初めから一番安いシンプルなキムパプがメニューに無い店もあったり。でも、日本式テンジャンのテンジャンクッkもしくはスープと、簡単なおかずが無料で付いてくる手軽で安い店と言えましょう。

 これは南営駅の前、KRガードの駅から見て向かい側にある店です。軽めの夕食を早い時間にとって、その後ちょっと遊んできた帰り、ホテルに戻る直前にちょっと食べたいなと思っての訪問でした。 一番高いモドゥム(全部、盛り合わせ、そんな意味です)キムパプ3000Wを注文。「包装(テイクアウト)で」と頼むと早速アジュマが作り始めてくれました。


105

 宿の暗めの部屋でのマクロ撮影発光禁止ですのでちょっと暗いですが、左上からタクアン(タンムジ)、ニンジン、一段下がってケランマリ(卵焼き)、ツナ缶、ちょっと見える黒っぽいのが牛蒡の煮たのと茹でた青菜。そして一番下がヘム(ハム=集成ハム)かな。

 前にも書きましたが、海苔の幅というか長さが決まっていますので、こういう具の多い高めのやつだとご飯が少なめになります。そんなのがよくわかる最高級モドウムキンパプの断面図でした。 巻きはけっこう緩めですので、1本は軽食としてちょうど良いくらいの量です。昔はなんだかつまらない感じがしていましたが、慣れるとキムパプ、なかなか美味しいもんです。まぁ、みなさんもご存知でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月5日 長岡へ行ってきた

011

 予報は曇り時々雨。自転車ではちょっと不安だったのでえちごワンデーパス利用でウォーキングに行ってきました。1500円で県の半分くらいの地域のJRが乗り放題。長岡往復だけで2220円かかりますので容易に元が取れる嬉しい切符です。1枚目は旧17号線と大手通りの十字路。長岡の市外の中心と言っていい場所です。角の果物屋さんはまだ頑張っていますし、ますや三郎兵衛という居酒屋もずっと前からありますね。


012

 同じ交差点の東京方向。角は昔はおばさん、ばぁちゃん向けの服屋だったと思いますが、今は塾かな?左が長岡駅です。


010

 この交差点のすぐそばにある中華の店。私も入ったことがありますし、昔からの長岡市民なら知らない人はいないであろう人気の店でした。開店前の写真です。


013

 通りを渡った場所。サンキュー祭りという、やはり長岡では有名なお菓子屋さんの感謝祭。シュークリーム10個390円という催しの行列。もうすぐ開店という時間です。


014

 新しい市役所前の広場。休みの日には何かしら行事が行われるようで、この日は金魚、特にランチュウの展示会でした。青空が見えますが、この後も雨が降ったり。そろそろ日本海側の冬型気候の日が多くなってくる新潟県です。

 話は変わりますが、巨人、勝ちましたね。最近はあまり野球のテレビを見なかった私も最後のゲームは見ました。昔、家の近所に元巨人の選手の方が住んでおられ、野球の切符をただでもらえたりして、神宮なんかへ行っていました。案外狭く見える野球場ですが、ナイターはきれいだし、やはりライブならではの面白さがあります。今年はいろいろあった原監督はじめ巨人軍のみなさん、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3998 清涼里からブラウンホテルへ

519_2

 清涼里でなかなか美味しいチャジャン麺を食べ、宿へ戻ります。タクシーでも安いのはわかっていましたが、歩いてみることにしました。車ではたぶん通っていますが歩くのは初めての道です。清涼里の北の方の街、ここらへんにも「洋酒・焼酎」という表示のちょっとHな雰囲気の小さな酒場が並ぶ通りがありました。


520_2

 内部循環路とその下の川です。チェギ洞の川と言った方がわかりやすいでしょうか。日頃は水が無く、石がごろごろ。しかし台風の後でしたのでかなりの水が流れています。


521_2

 この道、詳しい地図で見ると악령사길とあります。アンニョンサって読むのかな?お寺の名前なのかもしれません。清涼里の北から安岩5ゴリ、通称高麗大ロータリーへ行く道です。


522_2


523_2

 急に明るくにぎやかになる高麗大ロータリーを渡ったあたりアナm洞の道です。


524


525


526

 本トシラクという店がありました。本粥の仲間の弁当屋のようです。本ビビムバに本トシラク、そして本業の本粥。いろいろ手広くやっているチェーンのようです。配達もあるのですねぇ。

 この後、広いバス通りから1本北側の道を進みます。雨も小降りになってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3997 10月17日 錦江湿地生態公園&渡り鳥展望台

229

 最初の目的地は鳥の公園です。錦江河口堰の少し上流。山すそにあり、広大な駐車場を備えていますが、平日なのでがらがら。4人でバスを降りて歩き出します。


230


232

 前を行くのがガイドさんと、同じ列車で群山に来た女子大生2人組。どこから来たの?と聞いてみると鳥致院とのこと。一度京釜線で天安まで上って長項線に乗り換えて、と、かなり早起きしてきた様子です。


233

 まずは展望台の下部にある博物館というか展示館から。


234

 ほぼ貸切状態です。鳥にはあんまり興味が無い私。急ぎ足で観覧し、展望台へと急ぎました。


2541


255

 ハングルの開設は省きますが、回転家族休憩所と昆虫展示館はちょっと興味があります。階段で上がった3階あたりに展望塔行きのエレベータがありました。釜山の龍頭山タワーもそうですが、少しの入場料がかかっても天気がある程度いい場合はこういうタワー、上がってみるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

すばらしい韓国の食事728 통감자 本物より有名なスナック菓子

003

 

 今年になって、「トンカムジャ」というキーワードでこちらを見に来てくれる方がかなりいました。逆検索でグーグルへ行ってみると、どうも私が何度かアップしている高速道路の休憩所などでのトンカムジャではなく、スナック菓子のようで、なかなか評判がいいみたい。日本国内での通販のサイトもたくさん出てきます。本物のトンカムジャを知らない人が、スナック菓子でそんな言葉を知る。そういう方が私のところを見に来てくれるのもなんだか面白いです。

 どこのメーカーか、ちょっと今は覚えていませんがこれは、セブンイレブンの企画商品のよう。韓国の菓子を買ってきてもあまり喜ばない家族にもまぁまぁ好評でした。でも、やっぱり本物の、韓国のジャガイモで作ったトンカムジャのが何倍も美味しいと思います。


004

 高速バスで地方旅をされる方、休憩所でぜひトンカムジャ、お試しください。大小がなく、大だけだと1人ではもてあます量かも知れませんけど、素朴な美味しさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3996 10月17日 群山シティツアーバス

223

  群山の新しい駅です。もう4~5年は経っているのでしたっけ?人里離れた山中に移転してからは初めての乗降になります。思ったとおり何も無い場所です。市内バスがいくつか停まっていましたが、情報の無い外国人には苦手なもの。ターミナルとかにはきっと行くとは思いますが、すぐに出そうなのはいません。


222

 

 左手のほうに目に付いたのがこれ。ちょっと見に行ってみました。


224

 群山シティツアーとあります。ソウルとか、アとは順天だったかな?他の方の記事を見たことがありますが、公的機関が運行する主要な観光地をめぐる便利なバスのよう。

228


225

 行き先は1日おきに変わるようで、市内の日帝時代関係の場所を回るコースと、新萬金の防潮堤、干拓地、そしてその大事業の資料館を回るコースがあるよう。最初に行きたかった紫泉台はまぁ、いつでも行けるしということで、ガイドさんらしきアジュマに外国人観光客で予約とかしていないのだけど乗れますか?と尋ねたらオーケーだとのこと。10時から一日回って5000Wと料金も安価です。予定変更、これで久々の群山を効率よく回れそうです。


226


227

 観光公社のサイトではこの群山のは出ていないので新しい時期に運行を始めたのかもしれません。お昼は自由に食べていいとのことですし、楽しい1日の始まりです。郡山駅から乗ったのは前回の写真にも移っていますが女子大生2人組み。この後、最初の行き先である渡り鳥展示館みたいなところで、9人合流とのこと。日本語の説明はありませんが、韓国の方との一日、期待は高まるばかりでした。しかしこのときはまだ、10箇所の訪問地のうち8箇所が日帝強接期に関する場所であること。また、最初の渡り鳥公園で、合流する人たちがどういう目的で群山を訪問するのか。知らなかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

2012年11月2日 忙しい金曜日です

 

 東京でした。新潟へ戻ったら寒いし雨風はひどいし。もうすっかり冬型の気圧配置。関東がうらやましくなる季節になりました。医院前、けやき通りの紅葉も始まっていますが、この風ではどんどん散ってしまいそう。週間予報でも曇のマークと傘が並んでいます。例年であれば大韓歯科矯正学会大会に行く11月初めですが、今年はあまり長い連休になっても困りますので残念ながら不参加。来年初めに会費納入がてら事務局に顔を出しに行きましょう。

 今年は車を替えたのでスタッドレスタイヤも買わないといけません。雪国ならではの余計な出費です。でも、走るのがまた好きになった車ですので、ちょっといいのを奮発するかな?この日曜はノーマルタイヤでの最後のドライブに出かけるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3995 小公洞から北倉洞

1135

 ソウルのど真ん中の写真ですね。田舎も好きだけど街も好き。でも、あまりに観光っぽい、観光客と観光客向けの店が多い町は好きじゃない。ということでそうしても鍾路方面に泊まることが多い私でしたが久々の小公洞でした。大体この辺、地下道を通らないといけないとこがあったり、歩きにくいんです。大きな建物はウェスティン朝鮮。泊まったことはありません。あまり団体は入らない伝統ある高級ホテルです。向こうに見えるタワーがプレジデント。古いですがきれいにしてる、いいホテルだと思います。


1136

 中央、薄っぺらいのがプラザ。いろいろ経営が変わっているみたいで、大昔、空港の案内所で3割ディスカウントするから、ということで泊まりましたが今思えば空き部屋を埋めるだけ、高い宿賃でした。


1137

 南大門市場へ向かう北倉洞の通りです。チキンの店。この辺、夜はサラリーマンの憩いの場所なんでしょう。お昼も人が多いです。


1138

 ビルの一角にあった郵便局。普通の人があまり住んでない繁華街なので、ちょっと不思議な感じでした。


1139

 ここにも「プマシ」という食堂がありますね。夜はにぎやかな通りです。昔はHな飲み屋が多かったイメージがありますが、何だかそういうのも減ったような気がします。一人で入る店ではないので行ったことはありませんが。


1140

 もうすぐ南大門市場の通りというあたり、新しい、観光HPでは見ていたホテルがありました。この辺も多分新築ではなく、普通のビルを改装して観光客向けの宿にしたのでしょう。上下はいいとして、2次元的にはパーティションに毛が生えたようなもの。防音に問題がありそうな・・・です。

 次回はいつ行けるかなぁ。選挙前日、当日、見てみたいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3994 基地の街東豆川

236

 向こう側は街の西側を走るバイパス、さらに先は川です。東豆川市保山洞の外国人観光特区、旧基地村のそばです。中途半端な空地にこんな鍵をかたどったモニュメント。周囲は排水機場だったり。まぁ、こういうよくわからない物も韓国の地方歩きの楽しみです。


237

 へんな場所でしょう?向こうの高架は京元線保山駅のあたりになります。店の看板はやはり英語です。



234

 北側はこんな。米軍の施設の一部だったりします。佐世保の前畑満雄先生によれば、米軍の軍人、将校クラスはみなちゃんとしているが、普通の一般の兵隊はとんでもないヤツが多いと言います。別の友人の話だと軍隊は一種の失業対策事業だなんて話もあります。なんだっけな、アメリカには3種類、カリフォルニアと、ニューヨークと、その他、そんな話もありますが、沖縄同様、韓国でも米軍によるトラブル、けっこうあるのでしょう。和訳されたそんな本も出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事727 胃袋と土鍋の共通点?

046

 先日の昼食、鮑料理専門店「真面目なあわび」でのアワビ海物トゥッペギ注文後、最初に出てきたのがこれです。あわび粥。 李準圭先生に連れて行っていただいてる日式の店でも最初にお粥が出るのが決まりなのですが、「酒を飲む前に食べると胃の粘膜を保護して悪酔いを防ぐ」という効能があるとか。 どろっとはしていても単なるコメのでんぷん主体の液体。他の水分と混じれば薄くなってサラサラになると思うので、本当かな?というところ。

 よく土鍋のひびの修復にはお粥を煮るといいとかいいますが、それに似た話のようにも思えてしまいます。プラシーボ効果もあるのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »