« 普通の韓国を探して4063 漢陽公園はオーケー | トップページ | とうちゃんの自転車日記706 六日町の雲洞庵 »

2012年12月20日 (木)

普通の韓国を探して4064 까치がそこらじゅうにいる韓国

1169


 カチとはカササギのこと。秀吉の戦争のときに捕虜とともに連れてきたのか?佐賀県あたりではいるらしいですが、結構大きな、目立つ鳥です。そんな韓国の国鳥、田舎でも高い木々に枝を集めて作った巣が普通に見かけられますし、ソウル市内でも普通にいるのでしょう。これは、ロッテホテル前。大通りに降りてなんか食べています。朱鷺は増えていると言っても皆元は中国のもの。お金をかけて増やして、というの、ちょっと無理があるように思えます。

|

« 普通の韓国を探して4063 漢陽公園はオーケー | トップページ | とうちゃんの自転車日記706 六日町の雲洞庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/56355618

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4064 까치がそこらじゅうにいる韓国:

« 普通の韓国を探して4063 漢陽公園はオーケー | トップページ | とうちゃんの自転車日記706 六日町の雲洞庵 »