« 普通の韓国を探して4065 どんどん変わるソウル 消えたもの | トップページ | 2012年12月22日 『できることからまずやってみる』 三浦雄一郎さん »

2012年12月21日 (金)

とうちゃんの自転車日記707 昔は有名だった石打駅

022

 実は第一目的地は雲洞庵ではなく、石打の関興寺でした。禅の本をいろいろ読んでいますが、曹洞宗のお坊さんの本はどこか堅苦しく感じてしまいます。関興寺へ行ってから雲洞庵と思っていましたので石打へまずは行ってみました。数多くのスキー場がある石打、乗降したことはありませんが、昔のスキーをやる方なら誰でも知ってる、そんな駅です。1枚目、駅前の様子です。誰もいません、車もいません。


025

 電話で呼んでくださいというタクシーの料金目安表。グリーンピア津南まで行く人、いるのでしょうか?


024 

 ちょっと韓国を感じた男子トイレ。便器の間隔が狭いのは往年のスキー全盛時代の名残でしょうか?南部ターミナルみたいです。


023

 駅入り口の表示。すぐに新設されないのが、この町の現状を感じさせます。このあと、関興寺へ向かいましたが、残念なことにすでにこの冬の参拝はおしまい。3月一杯まで、おやすみとの事でした。

|

« 普通の韓国を探して4065 どんどん変わるソウル 消えたもの | トップページ | 2012年12月22日 『できることからまずやってみる』 三浦雄一郎さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記707 昔は有名だった石打駅:

« 普通の韓国を探して4065 どんどん変わるソウル 消えたもの | トップページ | 2012年12月22日 『できることからまずやってみる』 三浦雄一郎さん »