« 普通の韓国を探して4038 冬のソウル 楽園商街の朝 | トップページ | 普通の韓国を探して4040 南部ターミナルからムジゲアパートへの道 »

2012年12月 4日 (火)

普通の韓国を探して4039 10月17日 次の観覧地は群山旧市街中心部

464

 日帝によって計画的に作られた群山市の中心部。道路は碁盤の目のように整備され、主要な道路はかなりの広さがあります。チンポ海洋テーマ公園から市内へ入り、バスを降りて次の観覧地へ歩きます。向こうの山は月明山の続きの稜線。この先、やはり日帝時代につくられたトンネルもあり、その先は錦江の河口部になります。20回は行っていると思う群山ですが、こんな大型のアパートもできていました。


465

 錦山女子高等学校のトンアリ(クラブ、部活)の高校生たち。


466

 2人は同じ無窮花で群山新駅に来た鳥致院の女子大生です。


467

 日本家屋が残る道を歩いて行きます。


468

 路地を覗き込んだり。奥の古い家も大きな日本家屋のようでした。


469

 高銀さんという、有名な作家だか詩人の生家の跡地です。


470

 この先、右手が次の観覧地。ここも、本で見て知ってはいましたが初めて来る場所。群山の日帝遺跡を知るにはこのシティツアー、とても効率がいいようです。

|

« 普通の韓国を探して4038 冬のソウル 楽園商街の朝 | トップページ | 普通の韓国を探して4040 南部ターミナルからムジゲアパートへの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/56248597

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4039 10月17日 次の観覧地は群山旧市街中心部:

« 普通の韓国を探して4038 冬のソウル 楽園商街の朝 | トップページ | 普通の韓国を探して4040 南部ターミナルからムジゲアパートへの道 »