« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月10日 (土)

2012年3月10日 本日は早仕舞いです

Img_3974_2

 午後はのんびり働いて、早く終わりました。具合がわるかったスタッフ1名含めもう上がってて院長ももうすぐ帰ろうと思います。朝は雨でしたが昼間は上がってて、また夕方になり小雨が降ってるようですが、自転車を持ち帰ります。明日は嬉しい休みの日曜日、できれば身体を動かしたいものです。天気はどうかなぁ。

 老犬ですがおばぁさんには見えない我が家の愛犬です。温かくなるとこんな姿で寝ることもあります。キヨプチ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3679 용산역 오전5시

097 098 099 100 101 102 103 104

 5時過ぎの龍山駅です。忙しい土曜日、午前は超多忙。続きはちょっとゆったりの午後に書きます。1枚目、長い長いエスカレータで上がった駅の入り口からの1枚ですが、国際ビル、本当に朝早くから煌々と明かりが点いています。働く人はものすごく働く韓国です。

 2枚目は商街ビルの間の通路。左側は電気製品ばかりの建物です。よくあれだけ同じ業種の店が集まったものだと思うほど。他にも電子商街の建物、線路の向こう側のいくつもあるのが龍山です。3枚目、やっとKRの入口、初めにあるのが電鉄線の入口で、もう少し進んで右へ入ると4枚目。高い吹き抜けの列車線の龍山駅になります。地べたビューですのでフォーカスばっちり、きれいに撮れました。

 KTX始発の木浦行きの切符を買って、なにもない改札を抜けてホームへ。湖南線、全羅線のKTXですので、多くは新型の純国産「山川」車両ですね。7枚目は確か長項線の始発だったと思うムグンファ号列車。時間があれば通常の在来線の汽車の方が座席が広いし、ごとごと豪快に走ります。最後は私の席。時刻表を見ながらこの先の行動計画を練ります。どこへ行くかは行き当たりばったり。でも、行き先を決めたら効率よく、そんなのが私のスタイル、、とちょっとカッコつけておきましょう。

 午後はゆったりのんびり。スタッフの1人、具合が悪いので早く上がってもらいます。それでは、皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3678 まだまだ掴めていない釜山

Img_7990 Img_7991 Img_7992 Img_7993 Img_8515 Img_8516

 1~3枚目はほぼ同じ場所、南浦洞あたり。4枚目は自分でもどこだか忘れてしまいましたが、5枚目はムルマンゴルから帰ってきたマウルボスの終点である釜山市庁前。そして6枚目はお昼を食べるのに歩いた南浦洞の飲食店の多い裏通りです。

 1枚目、これ、タオルって読むのでしょうか?道路っぱたに置いてあるポリタンク。たぶん屋台関係のもので場所取りを兼ねているのだと思います。2枚目「萬Wのスルジャン」、最近日本でも増えているといううんと安い居酒屋でしょうか。3枚目、マクドナルドでもありますがロッテリアの配達バイク。日本より先に韓国、ハンバーガーの宅配をやっています。他にもいろいろ便利な配達の食事があるので負けてられないというところでしょう。中華、チキン、ポッサム、ピザ、配達文化がとても発達した国です。

 4枚目はほんと、どこでしょう?道路の名前が出ていますがまだまだよく知らない釜山です。5枚目、お得意の標語が見えています。「強くて大きな釜山」、心意気が感じられますね。最後の写真の道を行ったり来たり、結局ミルミョンをいただいたのでした。冷やし中華のようなミルミョン、昨年から大好きなメニューの一つになりました。焼肉屋でも肉の後にミルミョン、そんなふうにも親しまれているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

すばらしい韓国の食事654 仁川→新潟 KE763便機内食

Img_8941 Img_8942

 これも、縮小して準備してあった写真です。帰りの763便、果物が付いているのが特徴です。あとは、左上、オイチャンアチ(きゅうりの漬物)か、この写真のムゥマルレンイ( 切干大根の漬物)も帰りの便の目印ですね。

 メインのおかずは、牛肉煮込みかな?いくつかバリエーションのある中の韓国風、カルビチム風かもしれません。大食いの人なら1分で食べてしまいそうな軽食ですが、温かい状態でのサービスですのでまぁまぁありがたいと言えましょう。

 車無し生活ももうすぐ2カ月。先日はたと気付いたのですが、韓国へ行く時はどうしよう?ということ。自転車でも空港へは行けますが、荷物があるときついです。タクシーだと往複で6000円ちょっとかかります。空港バスの出る駅まで重荷を抱えて歩くのは大変だし、前夜に家内の車を借りて駅に近い医院まで大きなカバンだけ運んで置くというのがベストかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月9日 ウォーキングの成果?

Img_8913

 前の記事で書いたとおり、昨日の休みは自転車に乗りつつ、時には歩いてという方法でちょっと離れた町なんかを見に行きました。自転車の速さをうまく利用して、細かく見たい部分はじっくり歩きで、この春、そんなやり方を続けてみます。

 面白かったのは昨日の夜。自室でパジャマに着替える際、ベルトを緩めて綿パンを脱いでと思ったらするりとズボン、そのまま脱ぐことができました。上のボタン、ファスナーをいじらないでもズボンが脱げる、かなり画期的な事、嬉しさと面白さでにやにやしてたことでしょう。水曜にはスーパー銭湯に久々に家内の車を借りて行ってきましたが、湯上がりに計ったら68キロ台。4キロくらい痩せています。1ヵ月半でです。ウォーキングの効用、大したものです。食事は普通にしていますし、酒も普通に飲んでいます。こんなに苦労の無いダイエット方法があったとはびっくりです。

 温かくなるこの時期、皆さんもちょっと多めに歩いてみてはいかがでしょう。最初の15分くらいは何だか調子が出ず、遅さにもどかしく感じるかもしれませんが、てくてく着実に歩けば2キロやそこら、やはり徒歩の距離だと思いますよ。

 写真はやはりブログ用に縮小した写真の在庫整理。ソウルの幹線バスの島式停留所です。どこだかわかるかな?まぁ、わからないでも問題無し。ソウルの大通り、こんなふうにバスが活躍しています。10台以上の青いバスが連なってやってくる様子は壮観です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3677 韓国観光のがんばり 

005 115 403

 日本でも韓国でも何度も話し、ここにも何度も書いている話ですが、韓国にとって観光は大事です。日本同様、資源を輸入し、いい製品を作ってそれを売ってお金を稼ぐ国でもありますが、観光、資本があまりいらないのが良い点です。たとえば車を作るには鉄の工場から車の工場、いろんな部品工場も必要です。でも観光は国がそのまま資源になる。あまりお金をかけずにできる産業と言えます。

 ソウルの明洞あたり、日本語が通じる店、エステ、土産品店とか、「観光でお金を稼ごうとする姿勢」が行き過ぎて「よくないな」と思う部分もあります。これもあちこちで話しています。でも、その反面、じつにマメに観光産業の育成、推進にがんばっている部分、いい所もたくさんあります。

 1枚目、観光パンフレットですが、左は尚州の北川戦績地記念公園のもの。右は江景のものです。日本語のではないですが、英語併記のこういうパンフレット、本当にあちこちに備えられています。日本だと案内所くらい。あとは空港とか駅かな?でなければ役場へ行かないとなかったりもします。また、日本以上に細かく網羅されたこういうのが外国人観光客なんて来ないんじゃないの?と思われる場所のものが作られています。

 ずいぶん前、東京の木場の方の会議場というか展示場でそういう韓国観光の展示会があり、見に行ったことがありますが、今でもほとんど日本人が行かないであろう市、郡、邑のもの、実にたくさん日本語の小冊子、パンフレットが韓国にはあるようです。残念ながら、前記の通り10年とか経過した今でも日本人観光客はめったに行かない場所なのに、たぶん田舎の町の邑事務所などに行けば日本語のパンフレット、きっとあります。英語のはもちろんあります。

 「どうせだめだろう」、「予算がかかる割に効果が疑問」、「こんな田舎に外国人など来ないだろう」、そんなふうに考えず、いいと思うことはまずやってみる、そんな韓国人の思考方式、観光立国を掲げ始めた日本も見習うべきだと思っています。

 2枚目は、、どこか書いてあるかな?湖南線の終点の駅の駅前広場です。3枚目は派出所の表示が見えるかな?前記、論山市江景のものだったと思います。普通の韓国の地方を歩く日本人が増えています。日本も昔からの観光名所だけでなく、普通の日本を旅する外国人が増えて行くことでしょう。新潟市もがんばってほしいものです。

 写真の在庫整理のため、こんな記事になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

2012年3月8日 まぁまぁいい天気、温かくいい日でした

 昨日、久々にライブを聞きに行ってきました。CDとか、録音、製作時にやはりいろいろいじるのかな?完璧さとかは別にして、ライブにはライブの良さがあります。結構高いチケット代も非日常への一時的な脱出の費用と考えると、好きな音楽のコンサート、充分な効果がありました。

 

 終了後、ちょっと飲んで歩いて帰りましたので昨日の歩数計は29662歩。久々の3万越えかとも思いましたが、別に数字自体には意味がないのでおとなしく寝ました。コンサートの感想をちょっと酔っぱらって家内に話し、敬遠されてしまったのは失敗失敗。

 で、その酒場のご主人の話で、いいなぁと思ったのが自転車押してのウォーキングなんです。実は2号機であったビアンキROME(初代だけこの綴りで、2年目からはROMA。後者はなんだか有難味が無い感じがします。)を安く譲った友達でもあります。「乗ってる?」と尋ねたら最近は歩いてるという答え。一緒一緒、なんて言って話を聞いたら、休みの日の運動、乗ったり押して歩いたり、そんな風に楽しんでいるとか。これ、いいな、と思いました。

 

 何度か書いているように、自転車はいわば座っての運動。歩いたり、走ったりとは使う筋肉が全然違います。この1か月半、ほとんど歩きで通勤し、足が少しは丈夫になった感じ。自転車に乗っても、前よりよく回せる感じでうれしいです。でも、やはり自転車は速くて便利で楽ちん過ぎ。30キロ以上で走り続けるとかは別ですが、たらたら乗る分にはあまり運動にはなりません。そこで、主には自転車を押して歩き、疲れたら自転車に乗って、そんなふうにしているとか。こりゃぁいいと思い、天気が良かった本日、真似してみました。

 現在の歩数は8177歩。これでも結構市内をあちこち回っての数値です。楽をしたくて結構自転車に乗ってしまった感じ。次回はもっと歩きを含めて「歩き&自転車」、楽しみたいです。さて、ウォーキング+サイクリング、サイクリングではなくポタリングかな。2つ合わせて、なんかうまい言葉、できないでしょうかね。「ポタウォーク」はベタ過ぎ。気の利いたネーム、考えましょうか。

 さて5時、今夜はカクテルを自作してみる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

2012年3月7日 休みです

008 009 010

 曇り時々雨という予報でしたが、今の新潟市、青空も見えていて日差しもあります。休みの朝、家内の車を午前中だけとことわって借りて出てきました。荷物の発送があるのと、久々の沐浴湯(スーパー銭湯)、医院雑貨の買い物などをする予定。やはり晴れだと気分も良くなりますね。得した気分です。

 何度か書いていますが、新潟と大阪を結ぶ急行きたぐに、来週半ばでおしまい。結局なんだかんだ用事があり、電車寝台に乗ることはかないませんでした。ちょっと残念です。でも、今月はちょっと遠くと、割合近くに出かける予定が2つ。昨日の昼間、いろいろ手配をしましたが、出かけるの、楽しみです。周囲に迷惑にならない範囲で、自分の使えるお金の中で、できるだけ動いていたいと常に考える私です。

 写真は我が家から割合近くにある踏切。信越本線、白新線、あとは何だろう?6本も線路がある幅の広い踏切です。ちょうど北越製紙の製品を運ぶ貨物列車が来ました。どなたかからコメント頂いたように、前はワム80000というえらく昔からある有蓋車だったのがコンテナ車にねっています。ともあれ、ディーゼル機関車にけん引された貨物列車、嬉しくなってしまってカメラを出しました。2月末の写真です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3676 ちょっと言い過ぎじゃないかなぁ?

088

 仁寺洞のモテル、世林荘の客室の浴室洗面台にあった歯磨材です。ペリオという昔からある製品ですが、「キャビティケア」という英文とその下にう歯と맞서는(ここ、わからない)活性フッ素がなんたら、とか書いてあります。

 キャビティというのは日本語だと「か洞」、まぁ簡単に言えば虫歯の孔のこと。活性フッ素という言葉もあまり日本では使われません。いくらすばらしい成分でも穴があいた虫歯は、やはりダメです。悪い所を除去してきっちり別の材料で充填しないといけません。

 昔からあるやつなので大手メーカーのものでしょうが、穴になった虫歯にも効くというのは、ちょっと言い過ぎだと思う日本の一歯科医師です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3675 普通のソウルの町 鐘岩洞

Img_8915 Img_8916 Img_8917 Img_8918

 ここでも頻繁に紹介していたソウルの鐘岩洞。1、2枚目は鐘岩警察署前、3、4枚目はすぐそばですが少しだけ高麗大前に歩いたホリディイン城北ソウルの前あたりです。もう10年もソウルへ行く度に通った感がある町ですし、90年代にもこの辺、歩きました。ホリディインではなく、マーガレットホテルという別のホテルだった時代です。

 初めてのソウル、2度目のソウル、翌96年、ソウルからの脱出というと大袈裟ですが、夏に議政府へ行ってみました。今にして思えば1号線で1時間もかからない場所。今やソウルに取り込まれつつあるような街ですが、初めてのソウル以外の町への移動、なかなか新鮮でした。

 当時は今よりも基地が多く、特に米軍がもっともっとたくさんいました。電車に乗りながら北漢山や道峰山の岩峰を初めて見て驚いたのもこの時です。到着した議政府、今では賑やかな西口も区画整理されたばかりの新しい町で、半分くらいは空き地だったような気がします。昔からの東口の町を歩きましたが、当時は韓国語もほとんどできず、読みもゆっくり時間をかければ何とか可能というレベルでした。まずは宿を、と思いましたが、1号線の線路沿い、どぶ川に沿って並ぶモテル群。当時はまだまだ何も知らなかったのでどうもモテルに抵抗があり、決めることができずじまい。結局また電車でソウルに戻り、倉洞で4号線に乗り換え、ミアサムゴリ下車。さんざん歩いてこの鐘岩洞へ。4枚目の中央右手に見えるアパートの裏あたりにあった市場のさらに裏手のわびしいモテルに泊まったのです。

 エアコンはあっても音だけで冷風は出ず、しょうがないので扇風機を回すと首振りの度にガチッ・・・ガチゥ・・・と大きな音。さらにトイレは一度流すと水が出ず、しょうがないので自分で洗面器で何杯かタンクに運んで流すもの。浴槽はなんだか底がぬるぬるで、お湯を貯める気にならず、シャワーで。そんな宿。気の弱い方だと元気がなくなってしまうような宿でした。

 2000年頃話題になった鐘岩警察署の金康子署長。すぐそばの彌阿里テキサスの未成年買春の摘発に力を入れ、その後の売買春防止特別法の制定のきっかけを作ったことで有名ですが、90年代のミアリテキサス、かなりの広さの塀に囲まれた地域だけでなく、その南側、大通りを隔てた場所にもそう言う店。上記の今はなくなったと思う市場の中にもピンクの灯りがともる店、たくさんありました。15年も前のソウルの話ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

2012年3月6日 雨のOpen day

008_2

  今日はオープンデイ、研究日です。どうしても今日にという方の予約が少しだけ入っていますが自由に使える日。お昼から世話になった先生へのお礼を手配に伊勢丹へ。点心(점심=お昼ごはん)はちょっと奮発して回らない寿司のランチのセット、美味しかったです。

 3時半現在での万歩計は12250歩。これから夕方まで仕事して帰れば16000か17000は行くでしょう。そんなに高いものではないので、この春からウォーキングを考えている方、是非とも使ってみるとよいでしょう。1ヵ月半で3キロくらい痩せましたよ。

 写真は我が家の愛犬。夜の撮影で、ストロボを使っての1枚ですのでちょっとヘンかな?でも、14歳には見えないと方々で褒められる凛々しい美人犬です。イェップジョ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3674 韓国 ソウルの普通の町 倉洞つづき

033 034 035 036 037 038

 モノがたくさん、人もたくさん、車もたくさん、ソウルを人に紹介する時、よくそう言います。店も露店を含め、たくさんありますね。小さな自営業もたくさん。チェーンの食堂もたくさんあります。

 友人から聞いた話で、よく言われていることですが、韓国の会社、大企業でも40歳くらいで解雇されることが多いとか。会社側からみればおじさんを雇い続けると給料は増やさないといけない割に、働きはよくない。かえって仕事量というか、会社への貢献度は低下する・・・まぁ、中高年には耳が痛くなる話題。そんなこんなで、若くて働ける人を新しく入れ替えるため、40歳くらいで一定以上の地位に達していない人を切り捨てるとか。もちろん退職金は大会社ならそれなりに出すけれど、放り出された側はしょうがない。それを元手にチェーンの商売なんかを始める。でも、うまく行くのは10人に一人。変な文章になって済みませんが、そんなことがあるのだそうです。

 日本でも10年か20年前からリストラという言葉が一般的になりましたが、それでもまだまだ、会社に入れば給料は維持、簡単にクビになることもめったにない。年金もしっかりもらえるし・・・自営業者から見るとうらやましい状況です。でも今後はどうなるか??わかりませんよね。

 とりとめのない話になってきましたが、韓国の人、よく働きます。8時間労働、週休2日なんて半分もいないと思います。上記の通り、父ちゃんは40歳で放り出されて退職金をつぎ込んで始めた商売も失敗。結局給料の安い、他人に使われる仕事に。子供はまだ大学を出ていない一番お金がかかる時期。そこでかぁちゃんが食堂に勤めたり、露店の果物商売を始めたり、ポジャンマチャを始めたり、地下鉄の出口でキムパプを売ったり・・・ なんか、タフというか、やる時はやる、という感じです。別にそんなに安くない露店商。果物なんかは、最近はそんなアジュマの露店で、と決めている私です。

 う~む、今回はめちゃくちゃな話。お恥ずかしい。でも、給料がたくさんでなくたって明るくがんばって働く韓国の人たち、大好きです。

 2枚目は再掲。昨年後半からノート機の調子が悪く、更新を考えているので写真は準備してあったのを使いきってと考えています。ネタ切れではないですよ。昨年9月の釜山・慶南あたりから、整理しきれないのが山積みです。四捨五入すると30日も韓国へ行っていた2011年でした。ソウルの普通の町、チャンドンの写真をお楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3673 韓国と日本 海産物は一緒、でも淡水魚は結構違うかな

056

 私の大好きな韓国の食べ物、天然産の小さな牡蠣だの、ケブル。なかなか一人では食べにくい刺身。やはり九州北部のものとほぼ共通しています。一度だけ釜山から福岡への飛行機に乗ったことがありますが、本当に近いと感じます。水平飛行に移る高度に達する前にもう降下し始める感じ。機内サービスも飲み物だけ。大袈裟に言うと20分で着く、そんな感じがする距離ですので当然かもしれません。

 でも、かなり違うなと思うのが淡水魚。珍しい、貴重な魚であるソガリ(コウライケツギョ)が新潟市の水族館で中国満州の魚として展示されていた話をしたと思いますが、韓国でも、たぶん北韓でも、美味しい珍味とされているのです。海から上ってくるウナギ、鮭などは一緒ですが、他の淡水魚はやはり大陸系、そんな感じがします。

 今では日本全土で見られるライギョは外来魚。タイワンドジョウという名前も、カムルチーという名前もありますが、韓国でもカムルチと呼ばれ、ソウルの京東市場入口の淡水魚専門店でもでかいのが売られています。オイカワも外来魚でしたっけ?韓国でもピラミと呼ばれて、やはりメウンタンの材料。昔多摩川の狛江、和泉玉川の辺でよく釣りましたが大きいのはいないし、小骨が多い感じ。どうも美味しそうに見えない魚でした。

 あとは、前にここでも紹介しているタウナギ。九州とか西日本ではいるらしいけれど、韓国ほど一般的ではないでしょう。小さい頃から魚が好き。理学部に進んでさかなくんになる可能性もあった私、図鑑を飽きずに見ていましたが、掲載されているのに実際に関東ではいない魚もたくさん。今回の写真もそんなクチで、上がたぶんカマツカの類。ちょっと角ばった頭が特徴です。下の水槽、底にいるのはナマズで、これは日本とほぼ一緒にみえますが、中層を泳いでるのはたぶんギギの仲間。魚採集に行った中部地方の湖で小さなギギを見つけて、その愛きょうのある姿に喜んだ経験はありますが、こんなでっかいのは見たことありません。「オオギギ」という種類があるのかもしれません。 そんなわけで、やはり九州とかに近い韓国の淡水魚構成なのかもしれないけれど、東日本出身の魚ファンには韓国の川魚料理店、市場の淡水魚専門店、かなり面白いと言えます。

 今回の話、間違いもあるかもしれません。九州、西日本の淡水魚に詳しい方、コメントお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

普通の韓国を探して3672  2、3枚目の写真が特徴 どこだかわかるかな?

015 016 017 018 019 020

 ソウルの北部、4号線と1号線の乗り換え駅、倉洞の西口です。4号線、ここから先は地上の高架線を走るため、1号線の地上駅の上を走ります。少し前に通路の写真をアップしましたが、出口は東西の端、真ん中辺で1号線のホームに降りる形ですので、えらく離れた西口、出てすぐの町です。看板の文字など無しでわかる方は相当のソウル通でしょう。

 駅のあたりはけっこう賑やかな商店街。まぁ、ハングルが読めなければどこも一緒に見えてしまう韓国の町ですが、5枚目、Eマートもあるし、ソウルの大型マートの走りである農協ハナロマートが東口にあります。2階建てですが、ものすごい広い敷地。当時は日本では見られなかったような大型の買い物カートをそのまま運べる緩やかなエスカレーターには90年代、驚いた物です。

 ソウルの普通の庶民が住む普通の町の商店街でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月5日 早起きの楽しみ

012_2

 おはようございます。新潟市は雨。雪を溶かしてくれる雨です。公式の積雪量は10センチちょっとになりました。除雪されていない場所の雪の量ということになります。除雪によって集められた雪の山は各所に残っていますが、交通事情はほぼ回復。春を待つ時期になりました。

 昨日も仕事だったのですが、5時ころに起きました。布団にもぐったまま、テレビかラジオをつけます。休日なら最高なのですが、仕事のある日。うとうとしながらテレビのニュースを聞いていましたが、みんなの党が歳入庁だか、税金だのを集めるのの専門の部署を作る法案を提出という話。ここで浮かんだのが「みんなの党」という名前。そのまま直訳すると「ヨロブネ党」=「皆さんの党」なのかな?ということ。韓国には確か「ウリ党」というのがありました。言葉ののニュアンスで行くと「ウリ」のほうが適切です。「皆さんの~」というとちょっと迎合し過ぎ。「みんなの党」だって目指す所というか、言葉の意味としては「我々みんなの党」というのが本当でしょう。韓国語の우리、よく使われる固有語ですが「我々みんな」という意味。なかなか便利で、いい言葉だと思いました。

 次に見たのは桂三枝さんが司会をする番組。漫才一つ、落語一つ、そして対談があるのですが、落語、新作(?)でしたが桂文三という方の「動物園(移動動物園?」という噺、面白かったです。最後のオチは見事。自室で声を出して笑ってしまいました。新作は嫌い、というか、敬遠していた私ですが、調べてみると基はイギリスの笑い話だったとのこと。機会があればお聞きになってみてください。検索でも見つかりますが、しないで聞いた方が笑えます。

 本日は夜間診療。院長は雑務。診療室、待合室を温めて患者さんを待つという役目もあります。さぁて、春はもうすぐ。楽しい事を考えて、笑って暮らしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

普通の韓国を探して3671 高霊の町の中心部へ

1179

 池山洞というのでしたっけ?町の西の端にある尾根に連なる大伽耶国の古墳群、近くまで行きましたが尾根の下から眺め、ここまで披露してきたような家々の間の小さな畑を観察。山登りはせずに町の中心部へ戻ります。畑の作物、昔の日本と一緒です。唐辛子がやたら多いのを除いては。 と、ここで思うのですが、韓国の農産物で特徴的に消費量が多いのは唐辛子のほかににんにくがあるはず。案外ニンニクの畑は見かけない感じです。

 5月頃、苗を買ってきて、簡単に育てられる唐辛子に対して、ニンニクは栽培が難しいのでしょう。家庭でちょこっと、というのはたぶんあまり無いのだと思います。

 右の分かれ道の木は桑かな?日本でも韓国でも60年代くらいに一気に廃れてしまった養蚕です。今や名物ポンデギもみんな中国産。カイコのさなぎを輸入する国は韓国くらいかも。 アチャム!日本は釣りえさの材料で輸入してるでしょうね。

 すみません、桑じゃなかった。左は荏胡麻とサツマイモかなぁ?


1180

 バスが走る道に戻ったあたりかな? 韓国、絵が描いてある家が多いです。タルトンネとかのアートもちょっと流行りすぎ。住んでいる人はどう思っているのでしょう。


1181

 バスを降りたあたりまで戻りました。こんな田舎町にもボウリング場があります。知り合いでもいますが、マジにボウリングをやってる人の割合は日本より大会もしれません。

 今日は午後は早く上がって自転車で帰宅。運動のため、歩きとバスで繁華街、古町と万代シティへ行きました。好きな食べ物を買って帰宅。5時から一杯やり始めています。珍しくカクテル、といっても「なんちゃってブラッディマリー」。トマトジュースと25%の焼酎のカクテルです。ちょっと塩を舐めて豪快に。なかなかうまいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事653 セビョクの龍山駅前 幌張馬車でウドンを食べた

091 092 093 094 095

 5時過ぎの始発KTX木浦行きに乗るためにタクシーでやってきた龍山駅前です。零下10度とかそれ以下とか、うんと寒い日はお客も来ないので露店商、幌張馬車(ポジャンマチャ)なども臨時休業になるところが多いようで、この朝も前に行った「辛そうに見えないのにかなり辛いウドン」の店。一番龍山駅前に近い小さな店でと思っていたのですがやっていません。他の店もほとんどたたんだままの状態で真っ暗。たくさんあったガラス窓もピンクの灯りは見えず、取り壊し進行中がたくさん。しょうがなく、大通り近くの開いていた店に入り、うどんを注文。先客1人も食べ終えて出て行ってしまったので客は私だけでした。

 こういう店、朝までやっています。人が交代して昼間もやる所もありそう。ガラス窓でのつとめを終えたアガシなんかも昔はたくさん来たりしたかもしれません。聞いてみようかとも思いましたが、なんとなく切り出せず、黙ってうどんを食べて駅へ向かいました。ごく普通の、冷凍麺を既製のスープで、もしくはオデンクンムルでという韓国のウドン、時期、場所、状況によってかなり感じ方が違います。記憶に残る1杯のウドンの中のひとつになりました。4、5枚目、暗いけど・・・わかるかな?

 アップして写真を見ました。1枚目、冷蔵ケースには大きな張り紙で「水はセルフで」とあります。近年、けっこう立派な食堂でも「ムルンセルプ」という店は増えてきました。あれこれは言いませんが、やはりハングル、少しは読めたほうがいいでしょう。観光掲示板の「サービスが~」だのいう書き込み、誤解や、読めないがために面倒かけたり、身勝手を押し付けたり、そんなのもありそうです。

 4枚目はソウル駅前の通りでもあるあの大通り。5枚目は龍山駅。サウナのネオンだけが煌々と明るく光っていました。

 さて、昼飯、写真出し、午後ちょっと院長だけ仕事です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3670 釜山ぶらぶら歩き 3669の続き

Img_7982 Img_7983 Img_7984 Img_7985 Img_7986 Img_7987 Img_7988 Img_7989

 前回の写真の最後、地面の敷石に「PIFF」とありましたが、ガイドブックにも出ているけれど「釜山国際映画祭り」の略称。この辺には映画館がたくさんあり、そんな映画祭の会場だということでPIFF広場という名前もあります。基本的にハングルが読めることを前提に書いている(面倒なので)のですが、やはりほんと、読めると韓国旅行、ずっと楽しくなりますよ。

 今日の午前は超多忙。午後はスタッフの希望で休みですが院長はトリマー下の第2石膏トラップの掃除をするのでお昼は外食。何を食べるかなぁ・・・と、その前に忙しく働きます。

 1,4枚目、横断幕は「全国ノレチャラン中区編の誘致成功」だか。日本でいうNHKののど自慢に相当する長寿人気番組です。司会のハラボジはまだ変わっていないかな?日本の番組そっくりですが、特技の披露とか、割合出演者数を絞ってじっくり、という感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »