« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2012年5月12日 (土)

普通の韓国を探して3767 韓国だって外国なんだ

046


 

 タイトルは自戒をこめての言葉です。よく韓国観光サイトに飲食店だの商店の店員さんの対応に関する文句が書かれていますが、何でそこで抗議せずに帰国してから、日本人だけしか見ていないような場所でうじうじとひどい悪口を書くのかな?って思います。

 基本的に日本人には居心地がいい韓国、治安はいいし、食事は美味しいし、とにかく似ている国です。 日本に先駆けて観光立国を目指していますので、一応体制あげての宣伝、対応をしてますが、個人個人ではやはり徹底していない部分もあります。5000Wや6000Wの安い飯で1時間半粘って、だの、日本の店だっていい顔しないはず。率直でストレートな韓国の人が期限悪くなるのは無理ありません。

 3回や5回、いや10回や20回行くと、何かベテランになったような、通になったような気がしてしまいますが、あくまでそこは違う文化を持つ外国、簡単に文句を言ったり悪口言ったりできないと思うのですがねぇ。

 写真は、とある大人気の食堂のお昼過ぎ、混雑もひと段落という時間です。店の中はこんな状態。これだって、この店のルールなんでしょう。クニャン、受け入れないといけません。嫌なら行くべきではないし、行って食べて、文句を言う正当性はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 寒い

054

 午前中は雨という予報でしたが、幸い降っておらず、自転車で出勤です。新潟地方、かなりの寒さで、家でも医院でも暖房が必要なくらい。冬みたいな服装で出てきました。

 依然、連休のしわ寄せで、本日も大忙し。予約ノートは真っ黒です。スタッフともども、がんばって夕方まで働きます。

 明日は休みの日曜日、天気はまぁまぁという予報ですので、また歩くつもりです。4月のころはくるぶしやひざ、ももなどの関節の痛みや足のマメなんかが大変でしたが、徐々に適応してくれているようです。50を過ぎても身体を鍛えることができる、というのは本当のようです。積極的な運動を心掛けたいものです。

 しかし、歩いていて思うのは、自転車のすごさ。地球環境を汚さずに、楽に速く移動できる、その効率は大したものです。ただ、私のように、早起きして電車で移動というやり方で、途中で高校生の通学ラッシュの時間にかかると、自転車の持ち込みはかなりの迷惑になりそうなこと。8時ころに長岡駅へ着く電車の混み方は、最近まで知りませんでした。かといって、車で自転車を運んでというのはあんまり意味がないようにも思えます。やはり基本は歩きなのかもしれませんね。

 写真は長岡市宮内の旧街道。ここも車が少ないいい道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3766 ソウルの街を歩く

365

 最近でこそ、ウォーキングでたくさん歩くようになりましたが、自転車や車での生活、地方都市に住んでいると案外歩かないものです。万歩計の数値、車で通勤した昨日は5029歩、その前の日は休みで留守番だったので4064歩。その前日、9日は塚山ウォークだったので33028歩。意識して歩かないと電車通勤とかの都会の人に負けてしまうのではないかと考えています。

 ソウルへ行くとでも、たくさん歩きます。都会人になったように。バスに乗ったり、地下鉄に乗ったり。ソウルへ行くと運動になる、という方は私以外にも多いのではないでしょうか。1枚目、空港鉄道孔徳乗り換えで光化門駅。歩いて鍾路1街、そんなあたりです。


366

 「韓国訪問の年委員会」が入っているアルパビル。鍾閣駅のすぐそばです。歩道が広いですね。さすがソウルの中心、韓国の心臓と言われる鍾路です。


367

 同じ日の写真なのですが、鍾閣から乙支路6街まではタクシーに乗ってしまいました。カバンがあったもので。東大門市場の南、国立医療院の向かい側、訓練院公園の近所、タクシー技士さんにいろいろ説明しましたが、結局一番通じたのが乙支路電話局、現KT乙支路支店でした。距離にして2キロちょっとかな?もっとあるかな?荷物が無ければ歩ける距離です。


368


376


380

 3月の時の宿所になったニュー天池ホテルの周辺の写真だと思います。北から、鍾路、清渓川路、乙支路、退渓路と大通りが東西に走るソウル旧城内。西から1街、東は6街が東大門、大体の地理的感覚をつかめればとても歩きやすい都市です。

 アップして写真を見てみました。最後の2枚は天池ホテルから忠武路駅へ行く道でした。なかなか便利な場所で、旅慣れた方ならリーズナブルに使える宿だと思います。どこへ行くにも便利ですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記584 県道357号線で峠越え2

008

 小国町鷺ノ島集落で国道404号から左折。県道357号線に入ります。日陰には残雪も出始めました。残雪の周囲にはふきのとう。売っている奴はすでに花が見えていたりするのもありますが、本来のフキノトウは筆の先のような感じの小さいものをいうのだと思っています。開き始めたら2級品、という感覚を持っています。ですので、採るというよりは残雪の端をスコップで割って雪をどけ、雪の下のをちょこっとちぎる感じです。


009

 田圃の代掻きの真っ最中。平場は連休に田植えなのに、1週間以上遅いようです。遠くに見えるのが渡ってきた渋海川の橋のひとつです。


010

 丸木橋、一本橋という言葉の通りの橋。流された時のためか縄でつないであります。


011

 分かれ道には山菜取りの入山禁止の立札。歩くだけならいいだろうと思って進みます。


015


016

 結構奥まで現役の田圃があり、農家の人たちが田植えの準備中。思ったより人が多い中の歩行になりました。流れから田圃に水を引き込むやり方がいろいろあるのを学びつつ上ります。


017

 途中で、コゴミ採りのハルモニに道を聞くと通れないという返事。でも、行ってみないとわかりません。地図にはちゃんと道が記載されているのですから。最後の1枚は舗装道路の終点。道が二手に分かれます。ここでちょっと休憩。水を飲みました。右へ行くか左へ行くか?一休みして考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

とうちゃんの自転車日記583 県道357号線で峠越え

002

 朝の電車で長岡へ。短い接続で直江津行に乗り換えて塚山駅。旧越路町です。駅前の自販機で水を1本買って歩き出します。国道404号だったかな?何度も車では走っている道を南へ。長谷川邸という豪農の館の駐車場で一休み。見事な大木がありました。


003

 その下には小さなお堂と道祖神。下越ではまず見られないのですが、ここ中越から長野県にかけてはけっこうあるみたい。しかし何百年にもわたってこういうのを作る慣習があったのに、ここ数十年は途絶えている感じ。もう新しいこういうのは作られることが無いのかなぁ?と思うとちょっと残念に思います。


004

 これはたまたま停まっていた自治体のバス。越後交通に委託しているのでしょう。ここ塚山と越路町役場があった来迎寺を日に数本、結んでいるようでした。お客さんは誰もいませんでした。


007

 長谷川邸の見学も?とも思いましたが歩くのが目的。おまけにまだ開館時間前でしたのでパスして、旧小国町方面への国道を歩きます。この川は渋海川(しぶみがわ)。なくなった父の故郷である長岡市深沢の川でもあります。父の生前の話では、上流に松之山温泉があるせいか、信濃川のアユはこの渋海川には上らないのだそうです。雪解けの時期でもあり、かなりの水量でした。

 

 蛇行する渋海川の橋を2つ渡ると旧小国町。割合開けた谷に広がる田舎の町です。山間にあるためか田植えの時期も平場より遅いようで、田圃の準備中でした。目的の道は県道357号線。小国の鷺ノ島という集落から東へ、小千谷方面の峠に向かう道です。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 雪国の春

038

 旧小国町、鷺ノ島という集落です。道端の消火栓、3段になっていて、冬の雪の多さをしのばせます。干してあるのはぜんまい。やはり9日水曜日の写真ですが、あちこちの家でぜんまいを干していました。

 

 山菜の中でも保存が可能で商品価値があるのがぜんまい。この季節だけ、仕事のようにしてゼンマイ採りをする人の中には日に10万円とかも稼ぐ方がいるとも聞いています。よそ者の山菜取りを禁止する訳がわかります。

 しかし思うのですが、山菜って、そんなにありがたいかな?ということ。「食べても死なない」、「食べようと思えば食べられる」、という野草なわけで、特別美味しいとも思わないものがほとんど。季節性、それと、珍しさで人気がある部分が大きいような気がします。普通に年中スーパーで売っていたとしたら、安くない限り、わざわざ食べたいとも思わないのですが。最近、よく見かけるコゴミ(コゴメ)など、何の味もしません。昔は誰も採らなかったのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3765 ロッテワールドのフリーパス

001

 韓国訪問の年委員会から送られてきた賞品の、ロッテワールドの入場券です。期限は8月いっぱい。どうも、遊園地に行く年齢ではないし、一人で行くことが多い私ですので、世話になっている知り合いの食堂アジュマに贈呈することにしました。普通に買うといくらくらいするのでしょう?3万Wくらい?旦那さんと子供と、休みの日に行ってくれればと思います。 ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記582 見たことない塗装のディーゼルカー

057

 5月9日、水曜日の写真、場所は信越本線と上越線の分岐になる宮内駅、長岡市です。新潟方面へ戻ろうと思って駅に入ったら、見慣れない色のDCがいました。郡山所属、東北地方の車両のようです。


058

 こちらは見慣れた新潟地区の色。あまりいい趣味だとは思いません。


059

 そんな気動車が2両連結。回送列車のようですが、只見線に使う車両のようです。地震の影響で、確かいまだに只見線、新潟県側と福島県側、山の中で不通になっていたはず。通じていれば、本来の路線で運べたであろうに、しょうがなく新潟経由で持っていくところなのかもしれません。


060


061

 しばらくして、発車。ダイヤの合間を縫っての回送でしょうが、今の上越線、昼間は1時間に1本あるかないかの状態ですので線引きも簡単なのではないかな?新潟駅にもDCの列車はけっこう入りますし、飯山線、只見線、磐越西線、羽越本線、米坂線など、まだまだ普通に活躍している新潟県です。

 ちょっと気動車のこと、ネットで見てみました。私が小さいころのラインナップはキハ18、キハ20あたりが普通列車の主役。新しいタイプという感じでキハ35。急行用はキハ28とキハ58。特急用は東京住まいだったもので、ほとんど見たことが無かったし乗ったこともありませんが、キハ81、キハ82。新型のキハ65が出たころには鉄道趣味から離れてしまっていました。小海線、米坂線などの山の路線では「のろいなぁ」と思って乗っていたものですが、蒸気機関車時代に比べればそれでも格段に速かったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

2012年5月10日 死ぬ前にもう一度アメリカへ行ってみようかな

003

 こんばんは

 写真は先月末の新潟空港。小千谷蕎麦の須坂屋が店を閉めていました。小粟田原の須坂家と同じ店かどうかはわかりませんが、家賃の高い空港ビルの店、経営は大変なのでしょう。

 変なタイトルですが、行きたいところ、大判の大学ノートにメモしています。多くは日本と韓国。でも、欧米だと大英博物館と、Nyのイントレピッド博物館の2つがあります。ちょっとマニアックな後者は、やはりKEの機内雑誌で知った場所。でも、久々に増えた行きたい場所です。

 ずいぶんアメリカにも行っていませんが、LAのコリアンタウンとともに、NYも死ぬまでには行っておこうかなと考えています。お金は使って初めて生きるもの、無理の無い範囲で、あちこち見ておきたいものです。

 

 安寧にお休みなさい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記581 歩きマラソン24 ゴールの柏崎駅へ

428

 30分くらいかけてお風呂に入り、また出発です。でも、45キロ以上も歩いてきて疲れたところでの入浴。どっと疲れが出た感じ。足もかえって痛くなったような気がします。でももう知った道。柏崎駅まで歩くだけです。この辺は柏崎の旧遊郭があった場所。前にも自転車日記で紹介していますが、道路の区画、方向がここだけ違っている、東京の新吉原とおなじような感じが今の地図でもわかります。


429

 これも振り返っての1枚ですが、その旧遊郭の一番奥にあるお宮です。


430

 

 左へ曲がって寂れた(?)飲み屋街を進みます。原発は何十年もかけた事業。昔は建設関係の人がたくさんいたという柏崎ですので、飲み屋街が発達したのでしょう。ここの他に昔からの商店街と駅の間にもかなりの数の飲み屋があります。


431

 東柏崎駅の入り口で右へ。ここも昔は栄えたと思われる諏訪町という商店街を行きます。この先で、自分へのご褒美、ラーメンと餃子を食べました。ビールは、飲むと気持ちがたるんでしまうような気がしておあずけです。


434

 柏崎の人が思うほど他の県民は知らない閻魔堂というのが街中にあります。お祭りというか縁日で有名、だという話です。


436

 最後は古い商店街を越え、坂を下って行くと、毎週来ていた柏崎駅。歩きマラソンといいますが結局旧道を寄り道したりで50キロ以上歩きました。休憩、お昼、入浴、夕食を含めて11時間半。どうやら歩きならマラソンコースは行けそうな事がわかりました。

 

 この次の週に新潟市から全部歩きでの護摩堂山登山、昨日は旧道の峠を訪問、なんて、自分でちょっとしたテーマを決めてウォーキングを楽しんでいます。次はどこへ行きましょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記580 歩きマラソン23 柏崎市内中心部へ

418

 西中通駅を過ぎると、けっこう大きな川の橋になります。これはその上から下流方向の写真。越後線の鉄橋が見えます。この辺は平地が無く、また、この辺の川、暴れ川として有名だったようですので、田んぼもありません。比較的新しい時期にできた町なのではないかな?


419

 またも越後線の踏み切りなのですが、ここでもカラスが道路にクルミを置いて車に割らせてというのを見かけました。同じ日に3回、ということは、クルミの木のある田舎ではごく普通に見られる光景なのでしょう。朝見たときは「すごいものを見た」くらいに思っていましたが、別に珍しくもなんとも無いようです。


422

 日帰り温泉方向へ、ちょっと方向転換。源之助の後裔の石屋さんがあるほうの国道に出ます。ここはよく知った道、何度も通っている道です。この辺の昔の地名が悪田村。前記の通り、川がしばしば氾濫してということで付いた名前でしょうか?でも、住んでいる人には済まないような地名ですよね。


424

 

 国道を横切って海のほうへ進みます。すでに6万歩くらいだったかな?もう少し行けば休める、なんて思い筒の歩行です。


425

 着きました。ソルトスパ潮風だったかな?夕方の日帰り温泉、仕事を終えた方も多いのか、結構お客さんがいました。海のそばの地下水ですのでしょっぱい塩味のお湯です。最終目的地柏崎駅まではもう2キロくらいの場所です。6時15分に旧大河津駅、現寺泊駅を出発してから10時間以上。でも、思ったより早い到着です。まずは風呂風呂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事685 日式チプのフェモドゥム(刺身盛り合わせ)

714


 韓国独自に発達したジャンルである「日式」、まぁ、宴会の和食のコースに近いと言えば分りやすいでしょうが、何でも出てきます。この1枚は李準圭先生に連れて行ってもらった瑞草洞の「漁夫」ですが、刺身もこんなふうに、まぁ、日本式に取り混ぜて出てきます。

 何度か書いていますが、これが「フェチプ(活魚刺身屋)だとこうじゃありません。もちろん、多数のツキダシが出てくるのは似ていますが、基本は活魚の1匹買い。しばらく待ってメインの活きづくりが出てきます。でも、韓国人が好む白身の魚、生きていたのを殺してすぐだと身が柔らかく、味も・・・あんまりしません。白身の場合、しめて少し冷蔵しておいたほうが美味しくなるものが多いのです。新潟名産のアラなんかもそう。クエだってそうです。まぁ、チョコチュジャンをつけたり、チョコチュジャンで和えた野菜の細切りと一緒に葉っぱで包んで食べるとかだとなんでもいいのだとは思いますがどうも日本人の魚好きにはもったいない食べ方だと言えます。

 こんな風にして出てくる日式の店の刺身、もしくは前にちょっとアップしましたがランチのテグタンのおまけに出てきたほんの少しのひらめの刺身、どうもそんなほうが活魚よりも美味しい、そんなふうに思います。この時の刺身も、いずれもかなり美味しくいただきました。

 韓国のフェ、まぁ話の種には面白いかもしれませんが、味は日式カゲのが勝つかな?と思っての紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3764 ケンチャナヨ、警察官だってお腹がすく

679

 釜山市の釜山大学校正門前です。いくつかある釜山大名物三段トーストの屋台に若いお巡りさんが並んでいました。普通は2人だと思うのですがもっと多いグループです。研修中?まさか団束?

 日本だと警邏中のお巡りさんが屋台でちょっと腹ごしらえなんてのは禁止されているでしょう。うるさい市民に通報されてしまうかも。韓国ならではの風景、そんなのいいじゃん、と私も思いますよ。いい意味でのケンチャナヨです。

 日本でも制服でない刑事さんとかは割合自由が利くはずです。いつもご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記579 歩きマラソン22 柏崎市内へ

251

 刈羽丘陵の西の端のあたり、低くなってきた最後のあたりの小さな峠です。前にも書いたように、仕事でも、遊びでも何度も来ていた柏崎ですが、このあたりは知らない町です。


252

 峠の頂上付近の駐車場でしょうか、杉の木が崖と一緒に崩れ落ちています。ほったらかしのようです。


253

 下りにかかります。ここを降りれば柏崎の市街地の一角に入る、はずです。道は狭く、やはり刈羽村のがそういう都市基盤は整備されています。


254


255

 お宮にお参りしつつ、下って下って



256


257


258

 やっと平地に。越後線西中通駅の近くになります。とうとう柏崎市の市街地まで到達しました。この先、日帰り温泉に寄ってから柏崎駅のゴールを目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

2012年5月9日 どこへ行こうか?まだ考え中

223

 いつも通りに早起きして、自転車で出てきました。バスに乗るか、電車に乗るか?はじめから歩くか?まだどこへ行くか決めていません。歩きマラソン的にウォーキングを中心にするか? 駅レンタサイクルを活用するか? 美味しいものを食べることを中心にするか?これから駅まで歩く間に決めます。夕方まで楽しんできて、明日は留守番かな?

 写真は1月下旬の富山駅です。

  こんばんは

 夕方に戻りました。どこへ行こうか決めない旅。信越本線の塚山へ行こうということだけ決めただけで、長岡行きの電車に乗りました。車では散々行っている塚山駅。鉄道で訪問するのは初めてでした。この時点でもどっちへ行くかは未定。塚山峠を越えるか、小国方面へ行くか?それとも墓間の湯だの、東谷だの塚山を深く見るか?

 結局決めたのは小千谷への山越えです。しっかりトンネルがある国道、県道はつまらないので、通じているかどうか不明の(地図により書いてあるものもあり)県道357号を歩いてみることにしました。塚山駅から塚野山の中心を過ぎるとすぐに小国町。渋海川の橋を2つ渡って鷺の島集落。そこから東へ。小さな谷を遡ります。山間地とあって、まだ残雪もあり、田んぼを起こしている段階。結構農作業やちょっと前の水害の復旧工事の車が入っている谷を徒歩で上流へ。

 この先は別にまた写真を添えてアップしますが、結果は敗退。靴が簡単なものだったこと、長袖と手袋は用意したものの、山登りは考えていない軽装でしたので、引き返しました。来た道を戻る途中、地元の方の数人に話を聞きましたが、3~40年前までは小千谷へ越える現役の道だったとのこと。自転車でも、一部押して歩く区間があったものの、小国町の人が小千谷市へ行くのに盛んに使った道だったそうです。

 谷の中では携帯が通じず、無理できない状況でしたが、地元の方の話では残雪期、締まった雪がある時期なら簡単にいけるという話でした。こんなことに興味を持つ方は少ないかもしれませんが、県道357号の小千谷への峠越え。いつかまたトライしてみるつもりです。がんばって歩いて小千谷へ出て美味しいそばをと思っていたのですが、同じ道を塚山まで戻り、長岡へ出ました。万歩計は32000ちょっと。25キロくらいですが、とんでもない藪漕ぎ、木々につかまっての下りもあり、おおいにくたびれた一日になりました。

 横にならないと眠れない私が帰りの電車ではうとうと。帰宅して夕食、一杯やった今は、横になれば20秒で眠れそうです。思い切り疲れるくらいの運動、たまにはいいものです。皆様もいかがでsでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事684 最近好きになってきた(=慣れてきた?)タンスユク

950

 韓国人が大好きなメニュー、韓式中華のタンスユク(韓国式酢豚)です。チャジャンを食べによく中華の店へ行きますが、韓国の人たちもやはり多くはチャジャンを注文。でも、今日はちょっと…という感じで2人で一つ、もしくは3人でひとつ、このタンスユクを頼んで皆でつつく、そんな風景がよく見かけられます。

 あまり脂のない豚肉をほとんど下味なしでから揚げにしたものに、甘酢のソースをかけて、という料理で、日本人の普通の感覚でいくと甘過ぎであることが多いのですが、最近これ、ちょっと好きになってきました。店によっては少し下味をつけたり、また酢が黒酢だったり、野菜の具にもちょっとバリエーションがあったり。なかなか面白いなと感じています。

 食べきれなければ最近の韓国、もったいないので包装に、という運動が普及しつつあり、頼めば持ち帰り用に包んでくれますので、普通の観光的韓国料理を一通り食べたよ、という方、中華の店へ行ってみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

普通の韓国を探して3763 韓国訪問の年委員会からのDHL

071

 昨日の夕方、国際宅配便?のDHLというので韓国からの荷物が届きました。先日報告した中央日報のコラム、「外国人が惚れた韓国」の謝礼です。メールで事前に知らせは頂いていたのですが嬉しかったです。ありがとうございました。


083

 パッケージを開けると、こんな封筒。


084


086

 立派な箱に入ったものは、表に「螺鈿」とありましたので何だろう?と思って開いたら韓国風の袋に入った16Gのメモリー?デザインに力を入れ過ぎてか、差し込めるスロットが限られてしまいますね。でも、うれしい。


087

 これは、スマートフォンなんかの画面のクリーナー。韓国訪問の年のロゴ入りです。この他に写真を撮り忘れたのですが、ロッテワールドの入場券2枚が入っていました。どうもありがとうございます。

 中央日報からは原稿の謝礼として20万Wを頂ける、ということだったのですが、海外送金の手数料はものすごく高いのです。銀行に儲けさせるのもなんなので、そのお金は「誠金(寄付金)」として、韓国の不遇な方とかへの基金に、とお願いしてあります。大好きな韓国のために役立てば、それ以上の幸福はありませんので。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月8日 本日はオープンデイ

222

 日曜やった週の火曜日はオープンデイ、研究日なのですがやはり連休のしわ寄せでか、今日はけっこう予約が入っています。空いている時間を有効に使いましょう。

 今日は荷物があるので車で出勤。途中で聞いたラジオでダイエットの話。BMIというインデックス、体重÷身長(m)÷身長で、18から24までが正常範囲とのこと。前にもやったことありますが計算してみました。40歳過ぎから人間、身長が縮み始めます。昔は173あったはずなのに、医院の身長計(成長中の患者さんは全員毎月身長を計測、記録します)で測ると171㎝。69と1.71で計算すると23.6.ぎりぎりセーフです。そのラジオでは、20歳の時の体重と今の体重の真ん中までは減量できる、それ以上は難しいと言っていました。20歳というと、山をやっていた元気な時代。57キロとかそんなだったはず。最大で84まで行って、自転車を始めて今は何とか70以下を保っている状態。69と57の中間は63キロ。ちょっと難しそうですが、日ごろの運動は続けてみましょう。でも、酒をやめた方が早いかもしれませんね。1か月くらい禁酒生活をしてみようかな。

 明日明後日は休み。ここ数年、自転車をやり始めてからは休みの日の天候が気になります。この2か月くらいはウォーキングが中心。木曜はちょっと天候が崩れそうなので明日は歩くよ、と家内に言って出勤しました。昨日書いたように車の排気ガスを吸わずに長く歩ける気持ちのいい道を探します。 幸い、ここ数年間、自転車で走って覚えた田舎のいい感じの道、いくつかストックはあるのですが、どこへ行こうか?楽しみです。早起きして駅まで自転車、それから電車で郊外へ移動して歩き始める、多分そんなふうになると思います。

 写真は1月末の富山駅、夕刻。今年の大雪が始まった日です。雪と言えば、高速バスを使って六日町とか十日町、残雪の山々を眺めつつの魚沼ウォーキングもいいかもしれませんね。

060

 オマケ 4月中旬の柏崎歩きマラソンの時に痛いなぁと思っていた左足の親指の爪、内出血で真っ黒です。いつかボロッと剥がれるのかな?今は全く痛くないのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3762 どんどん変化する街 ソウル特別市 楽園洞東

088

 下に見える石の構造物は5号線鍾路3街駅の3番出口前の換気口です。楽園商街の東口、前に、ソウルでもクジラ料理の専門店が、と紹介した「捕鯨船」という店、前の記事にあるのですが、1年も経っていないと思うのに「ポーシージュン(四季)」だかいう、たぶんベトナムサルククス(コメの麺)の店(?)になっていました。正面2階です。

 浦項だの、ウルサン、釜山あたりではけっこう鯨肉の料理の専門店があるのですが、ソウルにもあった!高そうだけどいつか行こうとおもっていたのですが、この3月には別の店になっていました。写真は4月のものですが、1月の時はどうだったかな?ともかく残念です。 この「捕鯨船」、前に紹介した韓国ブルーリボンサーベイ「ソウル版」にもしっかり掲載されていたのに、1年もしないで閉店。いかにも韓国にありそうなことです。日本だとそんな有名本に出る店、まぁ、ずっとではなくても2~3年は持つだろうに… あんまりだとわかるとすぐにやめてしまう、そこが韓国の長所でもあり、短所でもあるのでしょう。

 3万とか4万Wの一皿になりますが、鯨の肉の茹でたのの盛り合わせ、日本ではなかなか食べられないし、もっと高いでしょう。こちらの検索ワードでも「韓国 レバ刺し」、「韓国 ユッケ」なんてのが最近多いのですが、鯨肉も韓国、安くておいしいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記578 歩きマラソン21 刈羽村 荒浜駅からついに柏崎市へ

243

 古い道、江戸時代か、それ以前からの街道を歩きます。越後線の踏切を渡ると道なりに左へ。もうすぐ荒浜駅です。


244

 荒浜駅。やはり無人でごく簡単な駅舎だけ。しかし初めての場所、うれしい気分で歩きます。


245

 ここからは今までの県道よりもさらに古い旧道と思われる道を進みます。越後線の線路に近い曲がった道です。


246

 神社の前を過ぎ、道がカーブすると、地図では湿地の印がある場所へ。地図好きには湿地って興味があるものです。いったいどうなっているのか?水がどれくらいあるか?実際行ってみるとただの原っぱだったりもありますが、湿地のマークは大好きです。


247

 期待通り、湿地というより水鳥の遊ぶしっかりした池があります。嬉しい一瞬です。


248


249

 簡単に整備された公園のようになった池を過ぎ、少し上りの道になります。


250

 深い部分は養魚にも利用されているようです。けっこう上って、県道と合流。小さな峠を越えていよいよ昔は毎週アルバイトに来ていた柏崎市に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事683 ソウル 鍾路5街 冷麺が美味しい店

500

 鍾路5街の食堂が並ぶ通りにある冷麺の店です。夜は冷麺だけでは商売にならないのか、焼肉の設備もあるようです。焼肉の後の冷麺というのも韓国では普通ですから。右向こうのテーブルでは会社員風のアジュマが一人で待っていました。


501

 けっこう待って出てきた水冷麺、ここは6000Wだったと思いますが、ボウルもでっかく、麺の量も充分ありそうです。氷が浮いたスープが美味しそう。


502

 拡大です。肉系の具はなく、ヨルムキムチの古漬けと大根の甘酢漬け、細切りのキュウリ、そしてゆで卵半分が載っています。


503

 卵をよけるとヤンニョムがのっています。酸っぱいと困るな・・・とやや不安になる一瞬。私のやり方ですが、鋏は一度だけ。店のアジュマに頼むと十字に2回、鋏を入れることが多いし、周囲の韓国人も2回が多いと思います。でも、せっかくの麺料理、あまり短いと最後に残ったのが食べにくいこと、麺を食べてる気分があまりしないことから、1回と決めています。


504

 鋏を入れた部分のマクロ撮影。美味しそうです。実際、この店の冷麺、かなりの量で、大食い男性にも充分という感じ。また、麺が長く、上のように書いた私も途中でまた鋏を使ってしまいました。冬に暖かい部屋で、とも言いますが、やはり暑い季節の冷たい麺、美味しい韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

すばらしい韓国の食事682 ミルミョンもネンミョンも好きになりました

497

 この1枚で、どんな料理か、韓国ファンの方ならおわかりですよね。

 場所は鍾路5街かな?薬局がたくさん並ぶ通りからちょっと入った食堂の多い通り。ホテルリースソウルの通りと言った方がわかる方はわかるかも。あの通りの冷麺屋さんに入ってみました。お昼には早い時間でしたが先客2組。後からまた2組。会社だのが多い場所ですので案外お昼ご飯に人気の店なのかもしれません。4月にしては暑いくらいの日でしたので冷麺でも・・・という人も多かったのかもしれません。


498

 これも、冷麺の出るときのお決まり、液状の芥子(キョジャ)と酢(食酢=シkチョ)です。九分九厘水冷麺を頼む、酸っぱいのが苦手な私にはいりませんが、さらに酸っぱくしてというお客さんもいるのかも。

 昔は「主役にはなれない料理」というイメージで、あまり食べることが無かった冷麺ですが、最近、とみに美味しさがわかるようになってきました。最低でも5000W、その割にパンチャンはダイコンの酢漬けだけだったり、他の韓食のメニューに比べると割高感がありますが、美味しい冷麺はかなり、美味しいものです。日本で本格的な、大鍋に機械で絞り出す方式の冷麺を出す店がほとんど無いのが残念な私です。

 これからレントゲンを上げて帰ります。続きは明日の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月7日 遠くへ行きたい

231_2


 いい天気です。うちは昨日から仕事ですが、どこかへ行くとかではない4連休、私にはちょっと長すぎです。おまけに、連休のしわ寄せで今日は大忙し。できるだけお待たせせずに予定の仕事をきっちりやりたい性分の私にはプレッシャーになってしまいます。まぁ、がんばります。

 昨日申請があったのですが、月末にスタッフの希望で休みが発生し、3連休ができてしまいました。さて・・・と考えてしまいます。チャンスは来た時に掴めとも言いますが、流石に行きすぎか?という気持ちもちょっとあります。そこでこの4月から始めたウォーキングでの小旅行を考えています。ただ、2回実行してみて思ったことですが、車の多い国道なんかを歩くのはあんまり楽しくないこと。でも、山の中だのだと途中でアクシデントがあった際のエスケープルートに関する問題があります。車の少ない田舎の道を、でも、効率よく日に50キロくらいずつのペースで歩いてみたい。いいコースがないかぼちぼち検討しようかと思っています。

 そんな時に浮かぶのが旧街道。同じような趣味の方のサイトもけっこうあります。四国のお遍路さんというのも興味がありますが、韓国行くよりもお金がかかってしまいそう。金をかけずに楽しいことを見つけるのは大事な才能の一つ。老後に備え、そんなのも身に着けられればと考えています。どこか歩いて楽しい道、探しておきましょう。

 

 そういえば先日の帰り、空港鉄道の仁川空港駅まで自転車そのまんまで乗ってきた韓国人の男性がいました。韓国の鉄道、けっこう自転車の持ち込みが許されている路線があるようです。土日に限る、というのもありますが、いざとなれば畳んで輪行も可能。天気が問題ですが、仁川から江華島とか、自転車で韓国を旅するのも私の夢の一つです。

 写真は西山町の石仏というか石造物。自転車でも行きましたし、徒歩でも行った場所です。左の真っ黒い石は柏崎市内のねまり地蔵とかにも使われていた石のよう。堅そうなわりに耐久性はちょっと足りないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3761 普通のソウル歩きは愉しい

435

 ソウル特別市中区乙支路6街の路地です。ニュー天池ホテルのそば、印刷関係の町工場が多い路地ですが、最近のデジカメ、手持ちでもうまくいけばこんな1枚が撮れます。


757

 同じ場所の昼間の1枚。一人での訪問ばかりの私、夕食で一杯、コンビニで少しまた酒を買って、宿の部屋でちびちびやりながらその日の記録をまとめたり、テレビで聞き取りの練習をしたり、翌日の天候を見たり、どこへ行くか考えたり。たいていそんななのですが、1枚目みたいな写真を撮るのも楽しそうです。

 さて、次の訪問、いつになることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3760 ソウルの普通の街 スユ里から双門洞、倉洞あたり

382

 ソウルの北部、スユだったかな?地下鉄駅の出口です。最近のブルーバス、幹線のバスは島式停留所で専用車路(車線)を走るので、かなり早く目的地へ行けます。地下鉄駅から離れた場所へはバスへの乗り換えが有効だったりもします。まぁ、すいていればタクシーが一番ですが。


383

 道峰保健所入り口だったか、そんなバス停。


384

 ソウルから議政府へ向かう大通り、どんどんバスが来ます。日本のように距離制で細かく運賃が決まっていて整理券だのを取るのとは違い、さんざん乗っても1000Wだったり。韓国の交通費、えらく安いのです。運転技士さんの長時間労働に支えられてる感じです。


386

 とにかく、バスはたくさん走っています。どんどん来ます。


387

 病院の建物と、その中の歯科医院の看板。病院もたくさんあるし、歯科医院もたくさん。日本で起きたことは10年すれば韓国でも、と言いますが、歯科医院の過当競争はすでに始まっています。


388

 通りの向こうには北漢山、道峰山。


390

 ノコギリみたいなぎざぎざの山は道峰山です。どこにいても山が見えるソウル。これも魅力の一つだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記577 歩きマラソン20 刈羽村歩き

234

 柏崎市とともに原発の膝元、刈羽村です。いろいろ原発の下請け関係の企業がある感じです。県道369号線を歩きます。こちらが昔からの道です。


235

 刈羽中学校だったかな?西山町は角栄マネー、刈羽村は原発マネーのおかげでしょうか、ここもかなり立派な学校でした。


236

 三叉路の真ん中にこんな石造物が。何の石碑だろうと思ったら個人のお墓のようでした。私有地なのかな?ちょっと面白い風景です。


238


239

 数年前の地震で閉店した大型スーパー。またオープンという話を聞いていましたが、ちょうど開店準備中でした。116号沿いではない県道沿いに、かなりの大きさの店です。


240

 川を越えてもうすぐ荒浜駅。


241

 山王神社というお宮です。多分、江戸期から続く道。芭蕉も歩いた道でしょう。


242

 山の方を望む風景。原発から東京へ電気を送る超大型の送電線、「新新潟幹線」だったかな?「新潟新幹線」って読めてしまった名前です。もうすぐ荒浜駅。道路標識で「荒浜」という名前は何度も見ていますが、海岸沿いの352号でもなく、116号でもなく、初めて通る県道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記576 歩きマラソン19 西山駅から刈羽駅

221

 西山駅の手前、工場か倉庫みたいなところにジープがたくさん。今の現代的になってしまったのは好きではないですが、こういう古い小さいのは置く場所があれば欲しいなと思います。数少ない欲しいものですな。


2221

 越後線西山駅。ここも無人ですが、列車の交換があるのか、跨線橋があります。


2231


224

 昼間は3時間くらいも間隔が開く電車です。


2251

 線路の向こう側は現116号、2車線+2車線の道ですがそんなところを排気ガスと埃を浴びて歩くのは御免なので、旧街道に入ります。刈羽村滝谷というほうへ山裾を走る道です。この辺も前に自転車で走ったことのある道になります。


228


232

 のんびり歩くと刈羽駅入り口。ここも一応駅に行ってみます。


233

 トラックで来た作業服のお兄さん3人が自販機の飲み物で休憩中でした。まだ10キロ以上あるのかな?案外西山町の中心部、礼拝あたりまでくれば柏崎はすぐというイメージを持っていましたが、思ったより距離があります。最後の15キロという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

普通の韓国を探して3759 鍾路 サンシャインゲストハウスの自転車

4351

 板塀に囲まれた庭には自転車がありました。


4371

 これにはSRAMという部品がついています。


4381

 

 こちらはシマノの部品。いずれもちゃんとしたもののよう。欧米人も多い感じなのでフロントにいた兄さんに、貸自転車をすると利用者は多いんじゃないの?と進言したら、1台は自分ので、通勤用。残りは調子が良くないんだという回答でした。多少の保証金を預かったとしてもソウルで自転車に乗りたいと思う観光客は多いはず。どこかの宿で考えてくれませんかねぇ。

 帰国後こちらで検索したら自転車貸出しありという話がこの宿に関する記事でありましたが、今はダメなようなのでご注意ください。


4391


440

 黄色い花はヤマブキ。「蓑ひとつも無いのが悲しい」とかいうあのヤマブキです。原産はどこなのでしょう?外国で日本にもある花、木を見ると少しうれしくなってしまいます。


441

 これは門の内側、ドアの前の分別ごみの入れ物。部屋に捨てるよりもここで捨ててもらった方が宿の側も楽なのかもしれません。

 鍾路3街5号線の4番出口だったかな?30秒はきついけど1分以内に行ける好位置の宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記575 歩きマラソン18 田中角栄さんの地元です

208

 これが西山中学校。なんか大学みたいな感じで校庭も2つ以上あるようです。地元へのひいき、今でこそおおっぴらにはできなくなったでしょうが、昔はすごかったのでしょう。


209

 お不動様かな?こういうのにも目が行くのが歩きの効果です。


2121

 

 国道116号線に出てしまいました。このあたりから柏崎市まではかなり昔からすばらしいバイパスができていて、片側2車線。大昔、私など右折の際に対向車線に入ってしまい、中央分離帯があるので、しょうがなく次の交差点まで逆走したことがあります。80年代初めの話ですが、早朝で車がいなかったのでそんな失敗をしました。


213

 ずっとこんな道を歩くつもりはありませんでしたので、地図で目星をつけておいた旧道に入る予定でした。少し行くと踏切があるはずなのです。


214

 数年前の地図で見ていたのですが、踏切がなくなってしまっています。目的の旧道は線路の向こう。ということで、めったに来ない昼間の越後線。線路を横断です。


215


216

 うまいこと渡れて大昔の街道に入れました。


218


219


220

 と、ちょっとしたら上り電車がやってきました。もうすぐ西山駅というあたり、やはり旧道歩きが楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3758 ソウル夜景 乙支路6街裏通り

427_2

 前にちょこっと、同じあたりの夜の写真をアップしたのの続きです。ちょっと東大門運動場駅の方へ歩けば歓楽街と言っていい界隈もありますが、裏通りは印刷関係なんかの工場街、ぽつんぽつんと立つ街灯がいい雰囲気を出しています。


428


429

 表通りに出るとこんな。不夜城みたいなファッションの街。


430


431


432


433

 最近のデジカメ、ほんとうによくできています。あまり欲しいものがないと書きましたが、もっと夜景に強いデジカメがあれば欲しいかな?

 今日から仕事で午前は忙しいため、ちょっと力を抜いた更新でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記574 歩きマラソン17 また車にクルミを割らせるカラス君

201_2

 旧116号は礼拝駅の手前で踏切になり、越後線の南側を走るようになります。これはため池。刈羽郡のこのあたりから柏崎市の山裾にかけて、農業用のため池がかなりたくさんあります。地図好きの方はご覧ください。

202_2

 と、道路の真ん中に何かありました。


2021_3

 よく見るとまたクルミの実です。


203

 上を見ると、やはりいました。車が通って割ってくれるのを待っているカラスです。


204

 こんな構図です。


205

 ちょっと離れて見守ります。こういうのは歩きならではの面白い出来事です。

206


207

 しかししかし、クルミの位置が真ん中過ぎて何台か車が通りましたがみなまたいで通過してしまいます。カラスはこの後、どうしたかというと、この場所を諦めてクルミをくわえてどこかへ飛び去ってしまいました。

 

 置くというのではなく、空中から落っことす感じですので、時にはこんなふうに車線の中央に転がってしまうと、こんなこともあるのでしょう。もう一度置き直すのかと思いきや、別の場所でまた転がすのでしょう。いい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »