« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012年5月19日 (土)

とうちゃんの自転車日記591 動くものには飛びつく男子

016

 やはり今週のウォーキングの時の写真。これは羽生田駅かな?EF81が主流だった信越線、羽越線の貨物列車ですが、だんだん新型のEF510でしたっけ?交代が進んでいます。性能はいいのでしょうが、どうも好きになれません。「レッドサンダー」と大きく車体に書いてるのも何だか軽薄な感じがして良くないなと思ってしまう古い鉄道ファンです。 この日、田上駅まで電車で移動中、新津で濃い茶色のEF64を見かけました。昔のEF15とかの茶色よりも濃い、黒っぽい色。あれはいいなぁって思いました。


030

 羽生田を過ぎてもうすぐ加茂市に入るあたり、旧道は山沿いを離れて田圃の際を通ります。踏切の音に気づいて1枚。これは普通の115系電車です。


035

 旧道を進み、加茂市内に入ってきて、新しい道にクロスし、加茂市街に入っていくあたりの踏切。なるべく使わない望遠での撮影でした。電車を見るとついつい撮ってしまう私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記590 金精様がありました

058

 先日の田上加茂保内三条旧道ウォーキングの時の写真です。場所は加茂市から保内へ向かう山沿いの旧道です。道端にお地蔵様。雪が多い地方ですので簡単な屋根が設けられています。赤い衣装に花も供えられています。こういうのが大事にされている集落、なんとなくいいですよね。


059

 近くに行ってもう一枚。2つの大きなお地蔵様のほかに、小さな石像もあります。よく盗まれてしまうなんて話も聞きますが、自分の家に置いてどうするのでしょう?罰当たりとはこのことです。あっと思ったのは真中。地蔵像の間に、棒みたいなものが見えますが、簡単な彫りではありましたが、多分男根を模した金精様のよう。新潟にもあるんだなぁと思っての1枚です。子宝祈願なのでしょうが、果たしてかなったのかな?きっとかなったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 3連休

933


 昔、民団の教育院のスピーチ大会で、先生が直してくれた文章、「休暇が3日以上あれば韓国へ」なんて文句がありました。再来週、月末にスタッフの希望で連休ができてしまいました。理髪もしないといけないのでソウル、パスカルで買えるかな?と思ってやってみたら満席。女性ファンの多い韓国便、平日も満席だったりします。

 韓国がダメだと、国内で、と、どこか出かける場所を検討中。できるだけお金をかけないでと思うと、最近マイブームの徒歩旅行も考えています。ただ、安定して歩ける距離は日に35キロくらいかな?と思っています。あとは、何かテーマがほしい感じ。そこで、比較的料金の安い高速バスで移動して、知らない街を歩く。そんな方向になりそうです。

 

 今週末はずっと仕事。合間にそんな楽しい計画を考えていきたいと思います。皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3778 早朝散歩 仁寺洞から楽園商街

1218

 どうも旅行の時って気分が高揚してるのか元気になります。ソウルは特にそう。早起きして朝ごはんを兼ねて散歩したり。前の晩にけっこう飲んでしまっていても早く起きてしまう。ソウルってそんな街です。


1219

 仁寺洞の通りも人通りはまばら。寒い朝です。


1220

 韓国の街で早起きの仕事。餅屋さんと、粉食屋さん、あとは沐浴湯と掃除の人。冬は湯気で気づいたりします。


1221

 楽園商街の東側の道。アグチム屋とか、前に紹介したウナギ屋なんかがある細い道。ここにも餅屋があります。


1223

 楽園商街東口。何度この辺に泊まったことでしょう。ソウルの代表的な繁華街と言っていいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3777 忠南 錦山市外バスターミナル

452

 すでに、書いていますが、思ったより開けたクムサンの町、碁盤の目のように整備された町はあんまり歩きたいとは思えませんでしたので、そのまま茂朱へ行ってしまいました。ソウル江南を一番のバスで出発してきたので、トイレを借りて水を補給。ムジュへの切符を買って次のバスを待ちます。


453


454


455


456


457

 前にもアップしたかもしれませんが、犬を飼っています。ターミナルの空きテナントで犬を飼育していることもある韓国、はたしてこの犬たちも、次に行ったら違うのになっている可能性もあります。


458

 忠南と全北の境界近い町。行政上は忠南ですが、前にも書いた通り有力な政治家のごり押しで忠南になったという錦山、詳しい話は知りませんが、韓国では有名な話なのかもしれません。


459

 初めて行くムジュ。どんなところでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

普通の韓国を探して3776 기사님はつらいよ 2

460

 またまた韓国の市外バスの技士ニムの乗務予定表です。右下に長水とあるのが帰る場所。時刻はすべて出発時間です。韓国の詳しい地図をお持ちの方は一緒に見ながらお読みいただけるとわかりやすいかとも思います。

 

 最初の乗務は6時。リンゴと名妓論介の生まれ故郷で有名な全羅北道の長水発で、道庁所在地の全州まで走って全州発は7時10分。馬耳山の麓である鎮安まで走って鎮安発が7時55分。そこから山の中のダム湖のある顔川という町が8時15分発。そして山越えで忠南の錦山へ行って錦山発は9時。茂朱まで走って茂朱発は10時。また錦山に戻って錦山発は11時。茂朱発が12時20分。ここでちょっと食べられるのかな?

 午後になって、茂朱からまた顔川へ行って顔川発が12時45分。次は鎮安へ行って鎮安発が13時05分。全州へ行って全州発が14時58分なのでここでお昼のちょっと長い休みのよう。

 ここで全州からは今までの山の中ではなく、湖南平野を扶安へ。扶安を16時50分に出て、全州は18時発。次は山越えで鎮安へ行って鎮安発は19時。そこから長渓へ行って長渓発は20時。これで、元の長水へ戻って20時半くらいに上がり。

 朝の6時から夜の20時半くらいまで、お昼の休憩以外はまともな休み時間はありませんので、乗務時間は実質12時間以上でしょう。日本でも関越の事故以来、一人で走る距離の規制だの、2人乗務だの言っていますが、韓国のバスの技士さん、本当に大変です。イライラしてしまう運転技士さんがいるのも無理はなさそうな勤務のようでした。

 我々が安い料金で韓国の地方旅をすることができるのも、こんな技士さんの過酷な労働条件のおかげかも。もう少し値上げしてでもゆっくりした勤務体制にしたほうがいい、そんなふうにも思えます。まぁ、タクシーの技士さんの勤務も同じようなのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記589 歩きならではの嬉しい発見

110

 「三条市 辰ノ口清水」で検索してみてください。けっこう出てきます。でも、同じ県内とはいえ全然知りませんでした。 前回歩いた田上駅をスタート、旧道を選んでのウォーキングです。もうすぐ三条市街というあたり、こんな道を歩いていました。右へ下る細い道があり、辰ノ口清水という小さな札があります。急ぐ旅ではなし、降りてみることにしました。


111

 右が歩いてきた旧道、左がその下る道です。


112

 ちょっと下ってみると、また階段で上にあがるようになっていて小さなお堂が見えます。


114

 これが辰ノ口清水です。お地蔵様に手を合わせてから冷たい水をいただきました。奥は木の根っこが半分に割れたような状態。不思議なところから湧き出ている泉です。


115

 右の石塔は馬頭観音。江戸時代、もしかしたらもっと昔からこの越後の旧街道を行き来した人々、もしかしたら荷運びの馬も、この水で喉を潤したのだろうと思うと水の味もひときわ美味しく感じました。


116

 これが泉の湧水口。気候により増減はあるようですが、どんどん湧き出ています。子供のころ、「泉の水を飲む」なんて話が童話の中などに出てきましたが、実際に自然の湧水や沢の水を飲んだのは高校で山岳部に入ってからのような気がします。泉という言葉の持つロマン、ありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事691 日本語追放、、、じゃなかったの?

537

 仁川空港のパリバゲットの売店での1枚です。「ドラヤキ」は日本語だと思うのですが、いいのかな?

 同じ菓子の分野で「화과자」というのはデパート地下でも使われていますが、「和菓子」ですよね。「最中」を「최중」と韓国式の漢字読みで表した表示も見たことがありますし、奨忠洞の太極堂の名物は「アイスモナカ」とそのまま日本語。

 タンムジとタクアン、ウドン、あとは何があったっけ?オデンもあった。市民に根付いた言葉、無理しないのが一番だと思います。

 菓子の話に戻りますが、江南は瑞草洞、キムヨンモ菓子店でいろいろ買ってきても美味しいとは言わない我が家の女性軍、このパリバゲットの10000Wくらいのケーキはこれなら食べられると言ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3775 古いガイドブック

089

 アリゾナでの李準圭先生との出会いは89年。その後に独学を始めましたが、なかなか上達しません。NHKのラジオ講座、テレビ口座のテキスト、4、5,6、7月あたりまでを毎年のように買って、ちゃんとやらないのですぐについて行けなくなる、そんなのの繰り返しでした。ガイドブックも買いました。88オリンピックで韓国を訪問する人が増え、韓国関係の本も増えてきた時期でした。


090

 ただ、医院の開業、開業直後の忙しさから、なかなかソウル行きは実現できないまま、年賀状のやり取りだけしていましたが、95年、初ソウル、一目惚れとはこのことでした。その後、年に2~3回が年に4~5回、多い年には7~8回という感じになり、今に至っています。昨日書いたように、普通の観光客が行くような場所で行ったことが無いところがあります。「初心」という言葉は韓国にもあります。眼鏡の調子があんまりなので、南大門市場の行きつけの店にも顔を出して新調して、、、王宮や博物館を見て、普通の安めのホテルに滞在して、そんな2泊3日、やってみるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事690 韓国ミニッツメイドのオレンジジュース

354

 KEの機内でサービスされるオレンジジュースが美味しいという話を前にアップしましたが、先回、4月の時はミニッツメイドではなかったです。いろいろあるのかもしれません。でも、コンビニで買って味を見てみました。


356


355

 どこの製品かと思ったらやはり韓国でもコカコーラがやっています。味は、普通。機内食の時にはブリックパックなんですが、違うのかな?まずくはないけど普通の、日本と同じようなジュースだったのです。成分表示に「食塩 日本産」とあるので、日本と同じ製品を詰めているのかなとも思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3774 京東市場で朝ごはん

744

 みなさんご存知のソウル、京東市場です。


745

 韓薬材料の市場として有名ですが、果物、野菜、乾燥野菜、乾物、鮮魚、川魚、肉、まぁ何でもあります。


746

 早起きして東大門区庁の隣、龍頭洞のホームプラスでお土産を購入、歩いてここまでやってきて朝ごはん。左に見える配達アジュマのあとを追って地下食堂街へ行きました。


748

 早朝なのですいています。話し相手になってくれそうなアジュマの店に決め、前に紹介したテンジャンの朝食です。


749

 テンジャンの元、メジュが何気なく置いてあったり。

755

 食事を済ませて地上へ。バス停に向かう道ですが、リード無しの犬の散歩。たぶん韓国でも禁止なのでしょうが、小型の、他人に危害を与えないようなカンアジの場合は黙認という感じ。実際犬も幸せそうに飼い主の周囲を遊びながら散歩しています。地方都市の信号無視同様、法律ぎちぎちでない部分があるからこそ、韓国がうまくいっている、そんなのもありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

普通の韓国を探して3773 そろそろ普通の観光旅行をしてみようか?

292

 たいていは安売り航空券、もしくは正規割引のパスカル。でも、団体の料金に一人部屋割り増しを払っても、ツアーのが安かったりします。 仁川空港に着いて、到着出口。ガイドさんに合流して、他のお客さんを待って、ワンボックス車で、ソウルへ。車内では旅券を預けて、いろんな割引券をもらったり。そして東和か、ロッテの免税店に寄ってホテルへ。高いホテルのほうが早めに開放される感じ。まぁ、これは、位置的な問題かもしれません。

 韓国観光というと、南大門市場、慶福宮などの古の王宮、スタッフとの医院旅行ではそんな経験もありますが、どっちかと言えばそんな観光コースを敬遠していた感がある私の訪韓。でも、昌徳宮と秘苑、宗廟、水原民族村、そんなとこにもちょっと行ってみたくなりました。 安さで言えば、ツアーの一番安い宿のほうが、一人部屋割り増しを払っても安かったり。別に古い付き合いのアガシに案内してもらう旅行でもなし、「普通の観光」、ちょっとやってみたくなりました。

 KE764便の仁川到着は12時前。免税店に寄るとホテルは3時か4時。その日に行けるのは・・・と思うと、思い当たるのは南山の安重根義士祈念館かな? 2泊3日の中日(なかび)には昌徳宮、秘苑か、水原民族村でしょうか?3つは無理かな?幸い新潟行きのKE763便は夕方発。何なら宿に荷物を預けて市内中心部の王宮巡りは最終日にも可能かも。でも、ガイドさんの迎えの時間がありました。 一人で参加するには何か面映いけど、全てコースになったツアーも一度やってみるのもいいかも。

 2泊3日の短い日程で、永登浦乗車のKRで、慶南まで駆け回る旅行もしましたが、そこそこのホテルに泊まってソウルとその周辺の観光名所を回る。ちょっとやってみたくなりました。写真は0時過ぎ、乙支路6街の飲食店の前のごみバケツ。豚のえさにするのかな?昔母親の話で豚に唐辛子は厳禁と聞いたような気がしますが、日本だけの話かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3772 韓国の食事、のほうがいいかな?

526

 これ、見ただけでわかれば結構な韓国通です。コップは写真のために私が置いたものですが、看板のように置かれている木の根っこがメインです。場所は鍾3、タプコル公園東通りのジューススタンドです。

 韓国暦は結構長いほうだし旅の密度では現地に住んでる人にも負けないぞと思う私ですが、発音、まだまだだなぁと思う経験がしょっちゅうあります。先月の写真ですが、ここでもさんざん「チッk1000Wオチ、一杯ください」というのが通じず、何度も言い直して、「アァ~。チッk」と言う言葉とともに、アジュマ、PETボトルの茶色い液体を紙コップに注いで渡してくれました。

 韓国ヤクルトなどからアルミパックの日持ちのする製品も出ていて、沐浴湯でも大人気のこの、チッk、何のことはない、日本でもそこら中に生えている葛の根を絞ったジュースです。酒飲みの必需品、これを飲めば悪酔いしないし二日酔いも迅速に改善するといいますので、私も見かけたら飲むようにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 ただいま休養中

046

 

 写真は信越本線田上駅。連休の最初に「歩いて護摩堂山登山」をやった帰りの写真です。かなり車が多い国道403号線はあんまり面白くないということで、いろいろ検索してみたところ、このあたりにも旧道があったことを知りました。どこへ行こうか?いろいろ考えた結果、前夜までの雨で山登りは滑りそう、ということで、この田上駅から先を歩いてみようと考え、自転車で新潟駅へ行きました。

 あまり考えないでの行き当たりばったり旅行、改札口へ行ったらちょうど5時17分の長岡行きの発車ベルが鳴っています。しょうがないので、次の6時5分だったかな?電車で田上駅。どこまで行くかも決めずに、でも、遠回りで時間がかかってもいいから旧道でとだけ決めてスタートです。

 結局、田上、羽生田、加茂、保内、東三条、三条と5駅分。JRの切符の値段で320円分を5時間弱で歩きました。メモを見ると、6時40分田上駅出発、7時35分羽生田駅。8時45分加茂駅。9時40分保内公園入り口、10時45分中小企業大学校入り口、11時34分三条駅で、31556歩。えちごワンデーパスを買っていたので、長岡まで行き、川西屋の酒饅頭と、飛詰の肉屋のコロッケ、メンチカツを買って夕方早めに戻りました。長岡でも歩いたので40547歩、たくさん歩いた一日でした。 次回はあまり暑くならないうちに、残りの三条から長岡まで、やはり山沿いの古い道をたどって歩くつもりです。

 ということで、今日は本当の休養日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

すばらしい韓国の食事689 デリマンジュ

666

 人形焼の生地でクリーム入り。行動食にはなかなか適しています。むき甘栗とともに重宝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記588 県道357号線で峠越え5

033

 

 この道だ、と思って進んだ左の道が普通で敗退。舗装道路の終点まで引きかえし、念のため右の道へも行ってみました。休耕田の脇を進む明るい道です。


034

 

 昔は稲を植えた田んぼ、好き勝手に雑草が生えています。


035

 ここから戻ったのですが、休耕田の先、一段高くなった場所のむこうには地図に寄ればやはりため池。その先は岩記号のむこうで小千谷市との境界の稜線です。行こうと思えば行けそうなのはこちらの谷ですが、足元は普通の運動靴、やはり戻ることにしました。

 帰宅後に検索しましたが、小千谷側は稜線まで、ゴルフ場経由の道があるみたい。下りで越えた方が楽なような気もします。しかし5月初めだからのこんな状態。これからどんどん草、藪、歩きにくくなる季節です。


036

 下り始めての休耕田です。


036_2

 あっれ、同じ写真、ごめんなさい。


037

 帰り道、代掻きの休みの地元の人に話を聞きながら歩きました。70年代とかその辺までは自転車を押して小千谷へ行った道だとのこと。一番歩きやすいのは3月、雪が締まった状態なら、どこでもいけるなんて言っていました。

 25000図の塚野山と地図帳をもっての訪問でしたが、今日、その下の法末というのを買いました。八石山も行きたいし、武石峠の旧道も行きたいし。今夜じっくり見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3771 충남 금산시외벼스터미널

452

 近いからいつでも行ける、そう思っていかないでいた場所の一つです。高麗人参で有名な場所の一つ、錦山。大田からもすごい高速道路ができていました。でも、走る車はほとんど無い状態。ちょっともったいない気もしました。


453

 高速を降りてちょっとした町で停車のあと、錦山へ。碁盤の目のように整備された思ったより大きな街です。じっくり歩かないで評価することはできませんが、なんだか期待外れ。後で聞きましたが昔は全羅北道だったのに、有力な政治家のごり押しで忠南になったといういわれ因縁のある場所だそうです。面白くなさそうなので、ここは素通りでした。


454


455


456


457

 ターミナルの端では犬が飼われています。今まで、長湖院なんかでも見ましたが、食用犬の飼育かもしれません。違ってたら未安ですが。


459

 到着早々、茂朱への切符を買い、次の道界越えのバスを待ちます。最近、大田、錦山、全州なんて検索でいらっしゃる方が多いのですが、大田からここ錦山までは本当に頻繁に、また錦山から茂朱、長渓、鎮安経由全州行きもかなりあります。でも、全州までは最短経路での早いのと、小さな村を経由する3時間近くかかるのと、2種類あるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

普通の韓国を探して3770 駅のホームで自転車走行

909

 日本でもたまに見かけますが、長いホームを持つ鉄道駅、駅員さんの個人のものでしょうか、自転車が置いてあることがあります。でも、実際にはなかなか走っているところは見たことがありません。 時には鉄道用地に自家用車が置かれていたりもする韓国ですが、実際にこんなふうに自転車に乗ってホームを走行しているのを見ました。

 制服かというと違います。手には包みをぶら下げてゆっくりとホームを走るアジョシ、いかにも韓国の地方都市らしい風景です。低めの、列車用ホーム、遠くにはヤードが見えます。改札が事実上なくなった韓国ですので早めに入場して入れ替えなどを見ていた時の1枚です。いいでしょう?

 さて、ここ、名前を聞けばかなり多くの方が知っている都市です。何駅でしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記587 ルアー釣りがなんとなくわかる

022

 連休の「新潟から歩いて護摩堂山登山」の時のものです。場所は新津の田家というあたりかな?新津駅から裏通りを歩いて国道403号線に出る手前、踏切の音が聞こえたので、急いでポケットからカメラを出しての1枚。磐越西線の快速だったか、その前の普通だったか、110型DCが轟音を上げて追い越して行きました。


038

 これも同じ日、もうすぐ田上町というあたりだったか、やはり踏切の音に気づいてカメラの電源を入れました。あまり好きじゃない新型のELです。この他にも貨物列車を見ましたので案外頻繁にここらへん、走っているのかもしれません。


041

 これは先週の休み、県道357で峠越え、の時のものですが、塚山駅にさしかかる特急か、快速くびき野号です。

 どうも鉄道好きの男子、踏切の音が聞こえたり、走行音、汽笛が聞こえるとついついデジカメの電源を入れてしまう、そんなのってありそうです。うまく撮れなくてもとりあえず撮っておく、撮りたい、動くものに食いついてしまう肉食魚の気持ちがわかるような気がします。

 今週の休みはどこを歩こうか?もしくは走ろうか?やっと連休しわ寄せ激務がひと段落した今日、考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事688 焼肉にはマヨネーズのサラダ

1202

 20年近くも前の話で、すでにちょっと書いたかもしれませんが、うちの子の幼稚園友達で、お父さんが大韓航空新潟支社の方がおられました。羅徳吉さんというのがお父さん。上の子も下の子もそちらのお子さんと同期でいろいろ教えてもらっていたのです。家内がお母さんから聞いた話で、焼肉の時にはポテトサラダなどマヨネーズ味のサラダをきっとつけないといけないのだそうです。社員の部下を家に呼んでのご馳走の際にポテトサラダを出さなかったので旦那さんが怒っただか、そんな奥さんの愚痴の話です。

 その後韓国へたくさん行くようになりましたが、確かに焼肉のおかずに、こんなサラダ、たいてい出てくるような気がします。時にはジャガイモでなく角切りのリンゴだったりしたこともありますが、焼肉にはこういうサラダ、付き物なのかもしれません。まぁ、20年も経てば多少の趣向の変化はあるのかもしれませんが、これは今年の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3769 釜山大学校前

678

 韓国の大学、山にあるってことになっています。修行や勉学は山で、というのは儒教と関係あるのかな?ソウル大、延世大、高麗大、漢陽大、成均館大、ソウル女子大、西江大、大小の差はあれ、そのあたりの高くなった場所にあるのでした。この釜山大学校も一緒で、金井山の麓の斜面にあります。

680

 男子学生が好きな撞球場、ピザの店なんかが見えます。


682

 韓国お得意の標語。まぁ、ごみを道に捨てるなってことなのですが、文句を読んでみてください。向こう側の占いの店は前に紹介しています。


683

 日本語の看板、ここ数年激増したと言ってもいいでしょう。1年行かないでいると浦島太郎状態になってしまう韓国です。


684

 正門わきの建物、YBM時事の外国語学院もあるみたい。映画館もあったかな?


685

 ここも三段トーストでしょうか?軽食のテイクアウト店です。


686

 これはずいぶん前に紹介したハルモニの三段トースト屋台。店ごとにサービスを競っているのでしょう。それだけお客さんの学生が多いということでしょうが、うらやましいです。


697

 チャンジョン洞の方へ行く通りです。


698 

 ここにもコーヒーの店。ここ5年かそこらで本格コーヒーの店がすごく増えています。4000W基本という感じですが、どこもけっこう繁盛していたり。400Wとかのあの半分くらいしか出ないカップの自販機は減る傾向にあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記586 県道357号線で峠越え

025

 ついに道じゃない杉林に突入です。下は杉の葉だの小枝が積もってフカフカ。時々足がずぼっと潜ります。手袋と長袖は用意してきましたが、靴は普通の運動靴、歩きにくいことこの上ありません。道の跡を探しながら登りますが、皆無と言っていい状態でした。春の雪解けの季節で、雑草が少ないのが唯一の助けです。


027

 稜線に出れば道があるはず、と思い、やみくもに明るいほうへ上ります。できるだけ明るいスカイラインが低い場所を狙って歩き、やっと小千谷との境界の稜線?と思いきや、なんと池がありました。


029

 水鳥がバタバタと驚いて離陸します。小国町の山の中の誰も知らない池を発見、と思いきや、こんな山の中なのに、後で聞いたら人口のため池なのでした。けっこうな大きさがあり、その先にまた稜線までの斜面があります。結局ここで小千谷への峠越えは断念。戻ることにします。


030


031

 来た道とは違う少し北側、別の谷からの峠道が地図に記載されている方へ降りてみようと思うと、またも小さな池があります。不思議な地形です。


032

 道のない山の登山、下りのが気を使います。落ちやすいのも降りるときです。携帯電話はとっくに圏外。怪我をしないよう注意して下り、やっと杉林の入り口付近まで戻りました。見えるシダはみなコゴミです。伸びすぎていますが、雪のそばにはちょうどいいのもありました。山菜取り禁止、とあるのは前にも書いたように、お金になるゼンマイの事と言っていいのでしょう。コゴミなんて言い方は悪いですがゴミが語源なのでは?と思うくらいに生えている中越の春の山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

すばらしい韓国の食事687 鍾路3街 こういう店もよさそうです

032

 鍾路の3街、大通りの南側にこんな店がありました。「大동원회시장」とあります。「大東原膾市場」かな? ドンウォンというのはチャムチ、ツナ缶だのコルベンイの缶詰を出している韓国を代表する食品会社ですが関係あるのかどうかはわかりません。単に海産物、ということでちゃっかりドンウォンの名前を借りてるだけの可能性もあります。

 

 間口は狭いけれど、100席完備とあるように奥行はけっこうありそう。また午後早目の中途半端な時間でしたがハラボジ中心にけっこうお客が入っています。左のお辞儀するマネキンみたいなのは最近流行りだした広告の人形。韓国の事ですから案外安いのかもしれません。

 下の写真、ショーケースを見ると、見本の蝋細工ですが、上の段左から順番に

活魚フェ(刺身)15000W  ヘムルモドゥム(盛り合わせ)20000W 活魚フェ10000W

ナクチ10000W ヘサム(海参)10000W モンゲ(ほや)10000W コルベンイ10000W

フェトッパプ5000W アルタン5000W ソデリタン5000W テグタン5000W

ヘムル盛り合わせはどうやら中段のナクチ、ヘサム(なまこ)、モンゲ、コルベンイのセットのよう。下段のメニュー、フェトッパプ以外は1人前の値段で、サンプルは3人前という感じです。

 数年前に出たソウルの飲食店のガイドブックで、筆洞のほうのこんな店を紹介していましたが、どうもガイドブックの後を追いかけるのは悔しいし、ということで行ったことはありませんが、ソウル、案外こんな店も多いのかもしれません。タプコル公園も近いので、ハラボジ密度が高い町、公園周囲は激安の店が多いけど、ここは大通りでもう少し値が張るようですが、2人で刺身10000W,焼酎2本で16000W、そんな店なのでしょう。

 これなら一人でもいけそうな値段のようです。次回、ちょっと早めの酒にでも行ってみようかと思っています。


033

 知らなかったソデリという単語、久々に小学館を見てみました。ウシノシタ、とあります。舌平目の類なのでしょうが、安いですね、韓国。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事686 キムチはすごい

1205

 インフルエンザの予防効果があるという報告があったこの冬、一部のヨーグルト、乳酸菌飲料が品薄になったと聞いていますが、いい乳酸菌というかいい腸内細菌叢を持つことは健康維持にはきっといい、そう思います。

 

 写真は、豚の焼き肉の店のおかずで出てきた白菜キムチ。もっとも代表的なキムチの一つですが、これも、乳酸菌の塊と言ってもいい健康食の一つです。よく韓国へ行くと、そんなに韓国に来ていて、韓国の食事の中では何が一番好きか?と聞かれます。最近の答えは「テンジャンチゲ」ですが、もっと細かく聞かれた時には「カッギムチ」と答えています。

 主に全南地方のものとされていますが、カッというのは韓国の高菜。根元に近い茎が太く発達した野菜です。日本のものは幅広の茎が特徴ですが韓国のはちょっとちがたっタイプ。でもアブラナ系の芥子菜類、青いままだとちょっとピリッと辛い大型の菜っ葉。山形の青菜、広島の広島菜、そして九州の高菜、新潟のたい菜、そんな感じの菜っ葉のキムチ、とても美味しいのです。

 昨年11月の訪問で買ってきたのを正月頃に楽しみましたし、この4月の訪問の時のは今食べています。どうも日本向けの真空パック、発酵が進んでいないものが多く、また薄味です。そのまま食べてもあんまり面白くないので、賞味期限を過ぎるまで置いておいて開封し、自家製のセウジョッやら、ぬかみそ漬けの野菜なんかをくわえて酸っぱくなるのをまってからいただきます。連休ころからちょうどおいしくなってきました。やはり普通に韓国のアジュマが自家用に、また食堂用に漬けるもののが美味しいので、それにできるだけ近づけるという感じです。

 

 今までのベストは、ソウル、中央市場東の食堂コルモクにあるケコギの店「珍島食堂」だったかな?そこのスユクのおかずで出たかっぎむち。でも、うちのもそれに似たレベルになってきた感じで、少しずつ楽しんでいます。自前のシール容器を持ってって美味しい食堂を見つけたら有料で分けてもらうとか、やってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3768 晴れてくれた2日目の朝

058

 久しぶりに雨に降られたソウルの初日でしたが、2日目は予報通り晴れ。気持ちのいい日になりそうです。


059

 鍾路3街の裏通りにあるサンシャインゲストハウスの窓からの風景です。向こうの建物の先が楽園商街東口の通り。国楽器の店が並ぶあの道です。


060

 日本でも電車からの風景なんかは似たようなもの。見えない部分はケンチャナヨです。


061

 部屋にいるときはテレビをつけっぱなし。聞き取り練習のためです。この宿、コップはありません。洗面所にプラスティックのがあったかな?紙コップは各階のウォーターサーバーのところにあるので、それでマッコリを飲みました。


062

 一応枕には1000Wを。でも、帰ってきたらタオルの交換とゴミ箱の片づけだけで、ベッドはそのまま、1000Wもそのまんまでした。


063

 さて出発。これは踊り場から2階の廊下。冷凍庫があり、開けてみたら誰が置いて行ったのか、アイスクリームのバケツ型だのが入っていました。長期滞在する欧米人とかが多いのかもしれません。日本人だと、誰かに盗られないかなんて心配してしまうかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記585 県道357号線で峠越え3

018_2

 一休みした分かれ道です。右の道は広い谷、でも、地図を見るとそっちは尾根の下の崖記号です。多分だ左だろうと予想して左の道を進みます。


019

 砂防ダムが2、3個あります。


020_2

 砂利が敷いてあった道の終点。でも、まだ軽トラックが入ったような轍の跡があるので進みます。


021_2

 谷の向こうは平地があり、もとは田んぼだったのかなとも思えます。


022_2

 姿のいい広葉樹。もしかしたら昔はこの辺に人家があったのかもしれません。


023

 道形はさらに怪しくなります。この先は左に回り込むようにして進みます。


024

 すると杉林に突き当たりました。ここで完全に道らしいものはなくなってしまいました。さて、どうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »