« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

2012年6月 2日 (土)

普通の韓国を探して3802 전라북도の安城 ご存知でしたか?

502

 茂朱から全州へのバス、経由地が違うものがいくつかあるようで、それによって所要時間が違うのです。でも、本数はそれほどないため、来たのに乗るのが一番早い方法。ちょっと時間がかかる全州行きに乗りました。市外バス、なんとか邑とかなんとか面の中心地にはきっと停車します。新しい道から旧道に入って、町の真ん中の中型のシュポの前だったり、農協の前だったり、そんな場所の停留所の場合もあれば小さな小さなターミナルだったりもします。

 これは安城(アンソンg)という町(面)のターミナル。到着時はこの1枚目です。これから乗降口に私が乗ってるバスが入ります。

510

 これはバックして出るとき。いつ来るのかわからないバスを待つハルモニ一人。2枚の写真の間隔は6分くらいあるのですが、まるで彫刻のように同じ姿でバスを待っていました。すまないのですが、即身仏という言葉が頭に浮かんでしまいます。

 日本人の中では抜群と自分でも思う韓国地図好き、でも、全北安城というのは頭の中に全くありませんでした。京機道の安城は有名。「安城マッチュム」、「安城ユギ」、「安城タンメン」でも有名な場所。農心の工場もあります。泊まったことはありませんが、2度、中心部にあった旧ターミナル周辺、東の郊外に移った新ターミナル周辺、自分の足で歩いています。全羅北道のこんな山の中の安城、知らなかった地名です。安城ハルモニ、オレオレ安寧に、というところです。

 後日写真をアップしますが、小さな旅館もある茂朱郡の安城面、ちょっとまた行ってみたい場所が増えてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記599 仙台市の繁栄

007

 結局翌日は大幅に時間を早めて新潟へ戻ることになり、予約の変更、患者さんへの連絡も済ませ、やっとお昼です。まずは東口で目についた牛タン焼きの店で食べました。遅い時間だったのですいていました。私の他はサラリーマン風1人客2人、学会で来た医局員風4人組、そして私。一番基本の定食とグラスビール。早く食べないと堅くなって美味しくないというのでさっさといただきました。まぁ、名物とはいえ牛のタンは牛の舌の肉。焼肉屋のタンとあまり変わりません。スープも韓国同様、どこか既製品の味を感じます。まぁ美味しかったです。


008


009

 こちらは表口。名称はわかりませんがもともとの仙台駅です。歩行者通路がえらく発達。下のバス乗り場も多数。人も多数。ビルの広告も多数。わが新潟と比べるとえらく差がある仙台駅前です。人口の差以上のもの、、、福岡でもそうでしょうが、その地方の中心という強さを感じました。


011


012

 こちらは繁華街の一番町。ここも立派で人が多いです。餃子の王将は昨年秋に新潟にもできて常時行列という状態だった人気店。きっとうまくいくという市場調査の上での出店でしょうから、この昔からの繁華街の強さを感じます。新潟古町は撤退撤退、閉店閉店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3801 全羅線 全州駅前

574

 昔のままの全州駅舎です。とても広い駅前広場があります。そういえば韓国の駅前、バスが入れませんのでがらんとした感じです。郊外からのバスも最終目的地はたいていは駅ではなくターミナル。駅前という停留所はあっても終点であることはまずありません。ですので駅からバスでどこかへという場合、ちょっと歩いて表通りにある停留所まで行き、そこから、もしくはそこからターミナルに行ってまた乗り換えという感じです。実際この日も、鎮安からのバス、駅には寄らず、ずっと南原寄りの街中で降り、タクシー基本料金でここまでやってきました。順天に行くというアジュマと相乗り。タクシー代を払わせてもらいました。話せて、お礼を言ってもらえれば充分です。

 


575

 正面方向、今の中心はずっと行って左へ向かった方になります。広い新しい道の他に、この先左へ斜めに入る昔からの道が近道です。


576


577

 横断歩道を渡って振り返っての1枚。慶州駅が昔のままと書きましたが、ここもこのままの方がいいのにな、って思います




578


579

 まずは昼飯。街中まで行って有名店という線もありましたが、ビビムバッpもコンナムルクッパpも何度もこの町で食べていますので駅前で済ませようと、歩いてみました。すぐ右に見えるソウル会館という普通の食堂のビビムバッpはすでに紹介済みです。左はバス停。古都らしくちょっと凝っています。全州駅前の停留所はここなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

とうちゃんの自転車日記598 仙台駅東口到着 仙台空港へ

003

 新潟と仙台、直線距離的にはそんなに離れていませんが、ちょっと行きにくい位置になります。最速は新幹線の大宮乗換え?しかし「V」字型に新幹線に乗ることになりえらく遠回りです。初めての仙台は入局して2年目の学会だったかな?同期の仲間と車で、ほとんど高速ができていない状態での山形経由でした。 次は90年代、仙台クラス3セミナーという研修会でしたが、この頃は新潟空港から小型の飛行機が飛んでいたので話の種で行きは飛行機。帰りは新幹線での訪問でした。今回は、往復ともバス。鉄道好きですので、米坂線経由、山形経由でも考えましたが、今回は東北道の景色を楽しむつもりで安価なバスでの往復になりました。

 

 前回の記事のとおり、途中、高速道路の閉鎖区間があり、40分ほど遅れて仙台駅東口へ到着です。運転手さん、ご苦労様でした。


004

 東口のバス案内所で、空港行きのバスについて尋ねたところ、今はみんな電車ですとの返事。結局バスがあるのかどうかも分かりませんでしたが、親切で教えてくれたのでしょうから、駅へ急ぎます。ぎりぎりで空港鉄道の快速に乗ることができました。2両編成と短い電車ですが、トイレもあり、荷物置き場もあります。


005

 快速の停車駅は東北本線の分岐である名取駅だけ。あっという間に仙台空港駅に到着です。昨年の地震の映像を覚えていましたので、あの空港だ、と思いつつ、亡くなられた方のご冥福を祈ります。どの辺まで津波が来たのかな?とも思いましたが、横倒しになったトラックが1台見えたくらいで、このあたりはほぼ片付いている感じ。新しい住宅団地もどんどんできている感じです。がんばれ、としか言えません。


006

 空港駅のホームです。この辺で留守番の家内からのメール。少し前に装置をセットした患者さんの装置のトラブルです。のんびりのはずが急にバタバタに。連絡を取りつつ次の電車で仙台駅へ戻り、帰りの予定を変更することになりました。離れた場所であわててもしょうがないとは思いつつ、できるだけ早い解決を考えないといけません。結局明日の予定を変更、早く帰ることになってしまいました。まさにトラベル≒トラブルです。しかし空港バスとか空港鉄道、どうしてあんなに高いのでしょう?あれも空港税の一環なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3800 3800回目も普通の韓国

083

 楽園商街東口です。前日が雨にたたられてあまり動けなかったので、嬉しくて嬉しくて、鍾路の裏通りの風景を見つつ、撮りつつ、どうしても歩く速度がゆっくりになってしまいます。


084


085

 朝の斜めの光線の中で、仕事してる、また、仕事に出かける、そんなソウルの普通の人たち。サランヘヨ。


086


087

 やっとこ楽園商街。ここで左に、横断歩道を渡って鍾路へのあの道へ。


088

 振り返って、あ、これはもしかしたら再掲ですが、前に「捕鯨船」という鯨料理専門店を紹介したけど、いつの間にかベトナム料理かなんかの店になっていた2階のテナントを1枚。簡単に商売を始めて、だめなら簡単にやめる、韓国の人の長点でもあり短点でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3799 江華島 遠くに見えるのは北韓?

197

 山道を迂回した金浦大学校から普通の国道に戻り、もうすぐ江華島への橋です。


198

 わかるかな?海岸への出入りが禁止されていて高いフェンスと上にはぐるぐる鉄条網が捲かれています。

199


200

 橋の途中、やはり両岸は高いフェンスで立ち入りが制限されています。24時間監視中かな?本土と島の間の細い海峡は1Kmもあるかないか。夜中にこっそり半潜水艇でなんてのが可能な距離、地形なのでしょう。遠くの山はもしかしたら・・・なんても思いました。しかし10数年前にも来ているのにあの時はぜんぜんこういう施設に気づきませんでした。韓国力が向上したのかなぁ。微妙な話題ですが、KTXの車内雑誌なんかでもこの江華島の海岸部の監視塔なんかが紹介されていますので、その辺をご高配いただいて、ご勘弁願います。 観光客の我々もこんな場所での行動には注意が必要、韓国の安全保障に協力しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 (木)

とうちゃんの自転車日記597 高速バスで仙台へ

746

 一昨日、7時35分新潟駅前発の高速バスで仙台へ行ってきました。薄曇りでしたが降られることはなく、景色を楽しむことができました。新潟駅前の県外行き高速バスの停留所から乗車。40人乗りですが20人も乗っていません。始発は万代シティバスセンター。そして駅前に停車した後は仙台の広瀬通りまで無停車のバスです。予定所要時間は3時間55分ですが、途中、地震の復旧工事などで遅れるというアナウンスがありました。

 新潟からの高速バス、多くは、というかこの仙台行き以外は古町、市役所前、県庁前など市内中心部を経由して客を乗せて行きます。仙台行きは駅を出ると国道7号線に入り、すぐに栗の木バイパス、亀田バイパスと走り、亀田インターで高速道路に入るので、割合市内の渋滞に巻き込まれにくい路線です。高速バスには何度も乗っていますが、栗の木バイパス、亀田バイパスを走るのは初めて。何だか変な気分でした。

 しかし新潟からの磐越道、亀田からだとかなり西へ戻り、新潟ジャンクション経由で入るのです。素人考えですが、亀田バイパスをそのまま走って新津インターから入ったほうが高速道路を行くよりも早いのではないかなぁ。まぁ、すいてる高速、対面通行で制限速度70キロ。のんびり走ります。五泉のあたりからは加茂市の山、猿毛岳がひときわ高く見えています。新津丘陵の南の端の山で、抜群に高いのですが、新潟平野、加茂方面からだとあまり目立ちません。こちら側、五泉、安田あたりからだと群を抜いて高いのがよくわかりました。

 

 80制限だったり、70だったり、インターとかパーキングエリアの周辺の2車線部分では遅い車を追い抜きます。8時35分津川インター、8時42分から50分、西会津パーキングエリアで休憩、と、、メモにあります。何もない小さな休憩所です。この先、会津板下の辺りで片側交互通行があるので10分か15分待ちますとの案内がありました。

 しかし、会津板下の手前で停車し、待つこと30分以上。何があったのか?結局動き出したと思ったら板下インターで下りて一般道を走ります。旧道で会津坂下駅前、新しいスマートインターで、高速に戻ります。こんなんなら西会津からそのまま一般道を走ればよかったのに、と思うもしょうがありません。40分遅れで次の休憩所、松川というところで休憩です。旅行の語源はトラブルと一緒、と何度も書いていますが急ぐ旅ではなし、運転手さんに任せるしかありません。

 写真は一般道、49号線の西会津の道の駅に保存してあった昔の標識です。会津あたりまでは何度も行っていますがその先、猪苗代とか郡山、福島、そして仙台、本当に10年に1度も行っていないので景色がみな新鮮。地図を見ながらのバス旅行、楽しいものです。一番に感じたのは東北道沿線の福島県中通、そして宮城県南部、平地が少ないなぁってことでした。高速道路もカーブはもちろん、上下がかなりあります。平地が少ない=田んぼが少ないという感じで、かえって会津盆地あたりのが田んぼが広いようでした。少ししかない大事な平地に高速を作れない→高速道路は山の際に、ということであまり条件の良くない場所を走るのかな?って思います。

 宮城に入って白石という街も、ほとんど平地がない感じ。白石温麺というのが有名ですが、米が取れないから小麦で麺が名物、、、そんななのかなぁとおもいます。児捨川なんて川もありました。信州の姨捨山は有名ですが東北は児捨川。やはり悲しい言い伝えとかがありそうです。菅生スポーツランドというのも聞いていましたが、平地ではなく、農業とかには利用しにくい山の中のよう。高速沿いにはいろんな工場が多いので今は働き口はあるのでしょうが、江戸時代とか、やはりあまり豊かな場所ではなかったのかなぁ・・・って感じました。新潟県とか、平地があって米がたくさん取れるというのは、幸福なことだったのではないかなぁ。まぁ、宮城、伊達藩も北のほうには平地、田んぼが多かったのかもしれませんけどね。

 この後、仙台の手前も山だらけ。高速道路は上下がたくさん。仙台市内へもトンネルを通って、出たと思ったらすぐに街の中心部。仙台も山の麓の街なのでした。15年ぶり3度目の仙台市、いいところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 仙台行ってきました

529

 昼間はお勉強、夜は何軒かで酒&めし、残念ながら装置トラブルの連絡があり、昨日は大幅に予定を変更して新潟へ戻りましたが、楽しかったです。仙台の人口ってどれくらいでしょう?人口の倍数以上の都市の規模の差を感じて帰ってきました。

 夕食の1軒目は古い市場の中の韓国の店。2世アジュマと、その息子さんのお嫁さんの2人でやっている店です。早い時間だったため、マッコリをやりつつ、色々話せて楽しかったです。途中からはお客さんが入り始め、調理にてんてこまいでしたが、出す品々皆、見た目と匂いの判断ですが、美味しそうでした。

 仙台へ行くのは15年ぶり3度目。というか15年おきに行っている感じです。80年代初めにはごちゃごちゃしてた東口も再開発。駅前も、だいぶ変わりました。変わっていないのは街路樹とか公園の木々くらいでしょうか。

 写真は鍾路の裏通り。たぶん中国産でしょうが、ヤンパ10キロ5000W。一昨日の仙台の食堂のお姉さんも言っていましたが、中国産がなかったら食堂はできない、確かにそうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3798 ジェットコースターみたいな走行感

949

 

 鉄道線路の付け替えを昔からかなり大胆にやる韓国、これはテグ市手前のテグ線です。昔は、東テグから街中を走ってテグ川を鉄橋で渡り、空港の南を東へ走っていたのですが、今はKTXの新線を一部利用してるのかな?まっすぐに東へ高架線を走ります。慶州からのセマウル号、ずいぶん高い線路をかなりの速度で走ります。ジェットコースターみたいな景色、とてもきれいでした。


950


951


952


953

テグ川を渡りきると西へ。広大な操車場を走ります。


954


956

 これ、全部新線?と思うくらいの広々とした鉄道風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3797 鍾路の朝です

077

 

 鍾路3街の1本裏手の賑やかな道からさらに車が入れない路地を入った場所にあるサンシャインゲストハウスに泊まった2日目。打って変わって快晴の朝になってくれました。前夜、宿で決めた行き先、江華島は大明浦口(デミョンポグ)を目指して出発です。1枚目は路地から楽園商街東口の道に出る角。ゲストハウスの目標でもあるファミリーマートの角です。ハルモニはどこへ行くのかな?


078

 この辺、5号線の鍾路3街駅のすぐそば、というか5号線の地下鉄の真上にある庶民的な街です。ソウルの一番古い繁華街と言ってもいいかもしれません。


079

 楽園商街のほうを見た1枚です。夜になるとポジャンマチャがたくさん。昼間は韓国伝統音楽、国楽の楽器の店が多く並ぶとおりです。また、タプコル公園のすぐ裏ですので、昼間はじいちゃんだらけの町でもあります。


080


081

 楽園商街のほうへ向かいます。前夜のポジャンマチャの片付け中。韓国の清掃、早朝にやることが多いのです。昼間の車と人の多さが故でしょう。


082

 こういうポジャンマチャ、かなりの大掛かりな店もありますので、組み立て、片づけを専門にやる業者がいるそうです。確かにアジュマ1人ではとても組み立てられない、そんな店もたくさんですので。

 道路にごみが多いといわれる韓国ですが、掃除の人はかなりがんばっています。今の50代60代以上の男性がいなくなると、かなり改善されると思います。片付け中のごみ目当てに鳩もやってきてますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

2012年5月29日 ちょっと出かけてきます

1231

 ソウル、鍾路のクレーンゲーム機です。ぬいぐるみの人形、昔はバングラデシュで作っていると講演会で聞きましたが、今はどこ製なのでしょう。服とかは日本で売るにはかなりの精度が必要だけど、こういう安い人形は精度は多少甘くてもいいので、電圧とかも一定していない場所でもできる、なんて話でした。

 遠足の朝の早起きのように、かなり早く起きてしまい、家族を起こさぬように気を付けて犬の散歩、朝飯を食べて出てきました。スタッフの希望で今週は火曜も休み。ちょっと出かけてきます。行先は、上の写真がヒント。日本のキャラがいますでしょう?かなり前に私もファンだったやつなのですが、その原作者の故郷の県、海を見に行ってきます。それじゃ、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3796 江華市外バスターミナル

204

 新村で昔の江華行きのバスターミナルへ行ったら無かった、という話は前に書きましたが、新しい停留所を無事みつけ、3000番の座席バスで江華島の江華市外バスターミナルへやってきました。途中、金浦大学という山の中の小さな大学に寄るのが新しい発見。たくさんの大学生を降したバスはまた山を下って国道に戻り、江華島の橋。しばらく島じゃないみたいな盆地を走って左折、このターミナルに入ります。手前に人参の直販場があるのと、スンムキムチを売る露店が並んでいるのは一緒です。1枚目、ターミナルの降車場です。(ひとまずここまでアップ)


205

 座席バスでなく、Gバスの普通のバス。ソウルの青バスみたいな、近距離の路線がたくさんあるようで、かなりの乗車口があります。


206

 向こうの端は登山とかの遠来のお客さん、手前は地元の人かな?やはり島全体が大きな観光地でもあり、普通の生活の場でもあり、この江華島、かなりディープです。私もほとんど知りません。


207

 平日用と週末用で分けてありますが、バスの本数はたくさん。


208

 私が行くほうだと思うキルサン面方面も、いろんな番号でこんなに。でも、この後で案内所で聞いたのはターミナル前の停留所からの仁川行きのバスでした。


209

 

 Tマネーなど、充填式非接触型カードの普及で売票所が閉まっています。大都市近郊はみなそんなものなのかもしれません。便利なうえに安いのですからさもありなんというところです。


211

 観光案内図。右上の橋で入って、島を南下して右下の橋を渡って大明浦口(デミョンポグ)へ。けっこう遠回りですね。まぁ、急ぐ旅じゃないし、江華島の普通の村の風景を見物しながら、と思いましょう。実際、ソウルより少し遅い桜の時期できれいな農村風景でした。


210

 この時は誰もいませんが、この案内所、流石ソウルに近い観光地ということで私が聞こうとと思った時には2組待ちでした。日本語が通じるかは、、、わかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3795 鍾路の朝

066

 この4月の写真です。合計すると韓国に何日いたでしょうか?日頃の行いが良い私、めったに傘を使うことはなかったのですが、初日は珍しく雨。あまり行動できませんでした。でも、2日目の朝は晴れてくれました。神様はきっといます。(ここでひとまずアップ)


067

 初めてのゲストハウス、サンシャインゲストハウスを出て1枚。自分の影が長いです。日本よりちょっと遅い芽吹きの季節でした。


068

 この鍾路の裏通り、3000Wくらいで白飯が食べられる安い食堂が裏通りにたくさん。お昼時にはかなりにぎわうのです。


069

 北へ向かう路地。何度も歩いた道です。


071

 まさか汲み取り式のトイレの汲み取り口?さすがに鍾路ではなくなったと思うのですが、違うかな?ともあれ、ケンチャナヨな塞ぎ方が韓国しています。


073

 「楽園プンチョンジャンオ」というと、楽園商街の東脇のウナギや?ここでも食事、外観ともに紹介していますが、こんな裏手の角に、新しいウナギの店ができていました。ちょっと武骨な街灯、韓国ではよく見かけるタイプです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

普通の韓国を探して3794 1枚の写真でじっくり語るブログ

031

 へたくそな写真の羅列よりも、1枚の面白い写真でじっくり韓国の話をする、そんなブログにしたいものです。一番最初の半年くらい。その辺、お時間がある方は右のバックナンバーからご覧ください。ポジャンマチャをやっていたホプアジュマ、食堂アジュマ、中央市場裏手の仲間とかも出てきます。

 今行きたい場所、地図を見ないでも浮かぶのは群山市の南の沃溝邑とかハジェ漁港のあたり、どう変わったかな?忠南の海岸部もゆっくり歩いてみたいし、木浦市内もゆっくり見てみたい。麗水万博も見てみたい。一番手薄な慶南の海岸部も行ってみたいし、馬山の日本家屋が多い南部の市街地を見てみたい。やはり手薄な慶北の田舎を見てみたい。やはり時間とお金が欲しいかなぁ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3793 荘旅館 まぁこんなもの 神経質な方には向かないか?

998

 

 ソウル、鍾路区内の旅館の廊下、踊り場です。高級ホテルに比べればタオルの数も少ないし、シャンプー、ボディソープは業務用のボトル、場合により共用のセッケンだけ。歯磨き材はでかいチューブのが共用。歯ブラシと剃刀はフロントで手渡し。清掃する人によりいい加減なこともあり。日本のビジネスホテルと比較するとちょっと困ります。値段相応、そう考えないといけません。外国なのですから。


997

 リネン類は床にそのまま。一番下のは床に置かれていることになりますが、いつもここに山になってるのでケンチャナなのでしょう。


999

 清掃関係の資材も置いてありました。補充用の材料のボトルかな?そんなのもありそうです。余りにお手軽に行ける韓国、外国旅行に向かない人までもリピーターになっている、そんなことによる不平不満、文句も多いのだと思っています。「ケンチャナヨ」の心を理解できないと・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3792 テグ線永川駅付近 汽車旅は愉し

926

 

 慶州からセマウルで東テグへ向かった時の車窓からの風景です。9月下旬のいい秋の日、韓国の田舎の普通の写真です。


927


928


933


934

 この辺、永川の線路が三角になっているところを観察、と思ったのですが、よく見えませんね。ヨンチョン、バスでは2度訪問、ターミナルの周囲をちょっと歩いただけですが、いい町です。


935


936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

普通の韓国を探して3791 バスの中の注意書き

178

 久しぶりに小学館の辞典を開きました。昔からのは医院に、新しいのは家にと2冊目を購入、一時は一緒に寝ていたりしましたが、最近は本棚の中です。ひいた単語は「チョヨンgハダ」、もしかして漢字語?とも思って見たら。固有語のよう、漢字は出ていませんでした。

 韓国、地下鉄の中だのでの携帯電話での通話、オーケーだと思っている方が多いでしょうが、何かここ数年、遠慮しないといけない傾向があるように思えます。日本ほど禁止されてはいないけれど、あまり大っぴらに話すこと、特に日本語での通話はやめたほうがいいと思います。嫌な思いをされる方もおられるかもしれません。

 これは江華島からソウルへ戻るときのバスの中、携帯での通話を禁止するという表示がありました。

 安全運行為ハヨ、チョヨンgヒ付託ハmニダ

 handphone  使用禁止

 とあります。実際、割合前のほうで着信を受けて通話してたアジュマに対し、運転技士さんが怒って、「電話かけるなら後ろへ行ってください」と、丁寧語ではありますが語気荒く怒鳴ります。それに負けずに、ちょっと通話を続け、切ってからアジュマ、謝っていました。

 ここ10年くらい、韓国へ行く人が増えました。10回20回行っているなんて、珍しくないかもしれませんが、言葉がちゃんとできないとトラブルの際に困ります。通ぶることなく、日本にいるときの当たり前の常識的行動を維持するようにしたほうがいいですよ。

 地下鉄内、列車内など公共の場所での携帯電話の通話、特に大声の日本語ではやめましょう。「島国の猿」とか、「この田舎者の赤ん坊」とか、「この平民野郎」だの、言われる可能性があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月27日 いい天気、どこかへ行きたい。

022

 5時に起きてまずラジオ。その後、テレビにかえてNHKの落語と漫才。日本の話芸の再放送のがよかったなと思いつつ6時に下へ行って犬の散歩。6時半から自転車に乗って腹へらし。ちょっと医院に寄りました。休みの日曜の朝、いい気持ちです。

 何をしようか?考えながら家に帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3790 昌原市の普通の街

719

 昌原、韓国ファンの方でも知らない方が多いかと思います。慶南のかなり大きな都市で、近年、馬山、鎮海、昌原の3つが合併して、昌原市になりました。馬山は釜山をちょっと小さくした感じの港町。昔からの年なので有名。鎮海も海軍の街で、桜祭りで有名。何で一番新しい、伝統とかが無い昌原という名前になったのか、ちょっと理解しにくく感じます。昌原市は韓国戦争のあと、計画的に作られた新しい都市だそうで、確かに工業団地、住宅地区、官公庁があつまる地区、整然と区切られている感じの地図です。

 ロンドン五輪最終予選、韓国代表対オマーン戦を見に行きましたが、なかなか始まりません。釜山大学校の講師の先生は講義に行ってしまったので私一人で時間つぶし。少し昌原サッカーセンター競技場の周囲を歩いてみました。 1枚目、会場の敷地内は商売禁止。横断歩道を渡ってすぐの場所で露店の商売をやっています。


720


721


722_2


723


724

 確かに新しい町、道路が広くて碁盤の目のよう。古い家が集まる地区とかはありません。アパート団地はまた別にあるようで、この辺は単独住宅が多い場所のようでした。やはり韓国の街、飲食店もけっこうたくさんあります。商売、大丈夫なの?と心配してしまう日本の自営業者ですが、個人事業が好きな韓国です。


725

 昔の韓国紹介本で、韓国には無いと言われていた表示、「初歩運転」。


726


727

 ぐるっと歩いて飲み物、パンなどを買って競技場に戻ります。しかし飲み物は厳重に持ち込み禁止されていて、入場の際に預けないといけないのでした。この辺、日本より厳しいのかもしれません。熱くなりやすい韓国だからかな? 熱狂的なファンの応援で有名なロッテジャイアンツの野球の試合、一度見てみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »