« 2012年6月3日 - 2012年6月9日 | トップページ | 2012年6月17日 - 2012年6月23日 »

2012年6月16日 (土)

2012年6月16日 新潟県庁 電気自動車の急速充電スタンド

004

  率先して省エネ(最近使われなくなってきた?)、エコを実践しないといけないお役所、いつの間にかこんなのができていました。水曜のサイクリングの朝の写真ですが、どうやって使うのだろう?また、料金はどう支払うのでしょう?この春買った新車はEVでもハイブリッドでもありませんが、よく走ります。でも、一番資源を使わないのがこの自転車。ダイエットにも効果があるし、市内ならバスよりも速いくらい。信号が多い経路では車にも負けません。この夏もたくさん運動して汗をかくつもりです。

 忙しかった午前の仕事。午後もつい先ほどまでばたばた働いていましたが、ちょっと途切れました。夕方までひと頑張りして夜は歯科医師会関係の会議に出ます。最後の患者さんの診療を終えたら上着を着てタクシーで出発予定。明日も仕事ですのであまりのんびりできませんが、リフレッシュの機会になればと思います。

金泉

金堤

金海

 こんな地名は김と読むのに

金村は금촌なんですね。他に「金」を「クm」と読む地名はあるのでしょうか?つかまんさんのHPの旅行記を見ていて気づきました。地名、人名の場合は「김」なのだとばかり思っていたので新鮮な気持ちです。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

普通の韓国を探して3824 金浦市の大明浦口(大明港)に着きました

260

 休みの日にはたくさんのドライブのお客さんでにぎわうのでしょう、大きな駐車場があります。でも、平日ですのでがらがら状態でした。広場の北側には公園があり、海軍の艦艇が展示されています。ずいぶん前に辺山半島の格浦港での写真を紹介していますが、あそこと同じような古い揚陸艦のようでした。


261

 艦橋見えるかな?この軍艦の他、飛行機なんかも展示してあるようですが、有料の施設のよう。今思えば入ってみればよかったと思っています。


262

 ワタリガニ(コッケ=花蟹)を獲る籠です。この中に魚の頭だのを入れておくと入り込んで、でも、出られない。そんな漁です。何度も書いていますが韓国の西海、すごい豊かな海なんです。見事なサイズのワタリがたくさん。小さいのはうんと安く、ですので名物カンジャンケジャンができたのでしょう。


263

 これは再掲。でも、江華島をバックにして干潟に停まっている漁船、いいでしょう?


264

 これは渡ってきた草芝大橋。草芝は江華島側の地名です。昔の陣地の名前にもなっています。

 しかしこの晩、宿で地図を見たりしたら、この大明浦口、仁川空港へ向かう空港高速道路の空港大橋に割合近いのです。帰りによく見たら、この草芝大橋、遠くに小さく見えていました。帰国前でしたが、あそこへ行ったのだよなぁ、と思うと感慨も深かったです。江華島も海産物で有名ですが、その行きかえりにこの大明港で見物&食事、おすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記607 新潟安田自転車道と信濃川

025

 13日水曜日の尻が痛くて引き返したにいがつぃ西蒲区サイクリングの帰り道です。2番目に海に近い、旧産業道路という名前のバス通りに入り関屋分水を渡ってから自転車道というか遊歩道に入ります。右手は関屋分水と旧国道116号の橋。重なっててよく見えませんが越後線の鉄橋もある場所です。正面の看板には「新潟安田自転車道」の表示。私の家のそばもその経路なのですが、いったいどういう道でどこから始まっているのか?私もわかりません。

 平日の昼間ですので走っている人、歩いている人も少ないため、ここから最後の5キロ。萬代橋までかなりとばして走りました。5キロを約12分。25キロ平均は私の限界かもしれません。


026

 1枚目の写真の道は少し先に新潟大堰。来るときはそっちから信濃川を渡ってきましたが、帰りは信濃川左岸の遊歩道を行きます。ずいぶん前にも同じ場所の写真をアップしましたら、広い風景、天気が良ければ気持ちのいい道です。1周15キロの新潟島周回コースの一部でもあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

2012年6月15日 小ネタ 韓国と日本の似ているところ

005

 新潟大学の記事を書きましたが、3年生から6年生は市内中心部の病院に併設された校舎で勉強します。大学を卒業して医局に残ってという頃、しばらくはあったと思うのですが、今の市役所前、昔は県庁前のバス停留所の前には古い果物屋がありました。坂を上れば医学部の大きな病院がある場所。住んでいる人に売るというよりも「入院見舞いに果物」という感じの店でした。

 なんでそんな話を思い出したかというと、研究のためのサル、ニホンザルを飼育していた時期があり、古くなって傷んできて売れなくなった果物をその店でもらっていたことがあったのです。大学を離れて開業、いつの間にかその果物店はなくなっていましたが、昔からある大きな病院の前に果物屋、そういうの、かつての日本ではけっこうあちこちで見られた風景なのだと思います。

 ちょっと話が長くなってしまいましたが、ソウルの恵化洞の丘の上にあるソウル大学校医科大学病院の入り口には今も果物屋が2、3軒あったのをこの春見て、「あ~」やっぱりあるんだ、って思ったのでした。

 作ってあげたという気は毛頭ありませんがソウル大学も昔は京城帝国大学。医学部の病院の前の果物屋、これも日本と似た文化なのだろうなぁって思ったのでした。とてもよく似た2つの国、仲良くしないといけません。

 写真は信濃川。関屋のあたりの対岸に古い「官」の船が係留されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記606 新潟大五十嵐キャンパスから寺尾、小針

019

 昭和51年に入学して2年通った教養部のある五十嵐校舎です。当時はまだ木々も少なく「砂漠」と呼ばれていましたが、緑が増え、大学らしくなっていました。当時は車を持つ学生なんてほとんどいませんでしたが最近は増えたのか、大学構内への車の進入が厳しく制限されています。第1食堂で何か食べようかと思っていましたが朝の限定メニューしかなく、やめました。


021

 来年度から構内完全禁煙だとか。すごいですねぇ。昔は建物の中の各所に灰皿がありました。


022

 車の多いバスが走る道を避け、地図を見つつ古い曲がった道を走ってみました。初めて通る道、新鮮でした。寺尾中央公園という立派な公園も初めて見ました。このあたり、戦後の混乱期から昭和40年代くらいまで、韓国、朝鮮の方の不法占拠の家々が集まっていたという話を聞いてしましたので名残があるかな?と期待していましたが、わかりません。戦後も遠くなったものです。しかし、こんな海が見える気持ちのいい場所、、、と思っていたら

023

 階段は崖で途切れています。私が通っていた50年代、ぞくぞく家が建ってという場所だったようですが、今は若者がいないじいちゃんばぁちゃんだらけの街という感じでした。当時は一面田圃だった内陸の平地の方に新しい町ができているのです。


024

 海が見えるのはいいのですが、道が昔のまま。車がすれ違えない道のが多い、そんな寺尾台、西小針台の古い道、自転車にはなかなかいい町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3823 大明浦口の刺身屋村

253

 海岸沿いに北へ10分ほど歩くと小さな川を渡って大明港です。左へ、海の方へ行くと刺身屋村の入り口ですが「江景塩辛百貨店」なんてのがありました。前にここでも紹介した塩辛の名産地の一つですが、運んできて売ってるのかな?何でも本場の名前を付ければいいってものではないと思うのですがねぇ。


254


255

 北の丘の麓には刺身屋が並びます。


256

 だんだん核心部へ入って行きます。


257


258

 この大明港、ワタリガニ、ペンデンイ(さっぱ、ままかり)の他にウナギという看板もあったし、「ワンセウ(王様海老)の天ぷらも名物のよう。大小のそんな店がたくさんあります。


259

 もうすぐ直販場というあたりの公衆化粧室。90年代、韓国の田舎のトイレはきれいでないところも多かったですが最近は観光地の公衆化粧室もすごく改善されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

とうちゃんの自転車日記605 内野漁港へ初めて行ってみた

038

 新川の河口にある内野の漁港です。冬から春、大きいものでは20キロだのもある大型のミズダコが獲れ、その場でゆでたのを買うだの、毎年ニュースになりますが、初めて行ってみました。


039

 ずっと遠くには佐渡の山並みも見えています。


040

 釣りのおじさん。数は出ないそうですが、昨年生まれのハゼを狙っているそうです。ハゼも魚屋には出ませんが非常に美味しい魚です。


041

 

 もう一度、堤防と佐渡。あまりに尻が痛いのでこの後は懐かしの新潟大学五十嵐キャンパスを見て帰ることにしました。軟弱なサイクラーですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記604 西川に沿って内野町へ

034

 昨日の写真の2、3枚目、遠くの右手に見えていた水門のところまで来ました。信濃川を上ると弥彦とはちょっと違う方向になってしまいます。ここで、土手を一度下り、西川という川に沿った遊歩道を走ることにしました。広大な越後平野を蛇行して流れていますので遠回りですが排気ガスを吸わずにのんびり走ることができる道です。ところどころdr大きな道路と交差する部分、横断歩道を迂回しないといけませんが、急ぐ道ではなし、のんびり気持ちのいい道のがいいでしょう。


035

 新潟の田舎、たぶん、他の県の田舎にもある、明治天皇の休憩場所の記念碑です。


036

 こんな道をのんびり走ります。天気はいいし、川沿いの道は平らなので疲れないし、いい気持ちの朝です。

037

 ちょっと走って内野町へ。ここから新川という、江戸末期にできた人口の分水路で海に出て見ます。この辺から尻が・・・痛くなってきました。

 今朝も3時間半ばかり走ってきました。尻も昨日ほど痛くないし、何と言っても脚がよく動きます。昨日走ったおかげです。自転車乗りの言葉で、「3日休めばただの人」というのがあります。バリバリの健脚のレーサー乗りでも、ちょっと乗らないでいると脚がすぐ弱るという意味。毎日練習しましょう、ということです。まぁ、もともとそんな脚もない私ですが、昨日乗ったせいで、今日はずいぶん調子がよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

とうちゃんの自転車日記603 信濃川風景

029

 新潟県庁の裏の辺りから見た上流方向です。弥彦山と角田山が見えています。あの向こうまで行くつもりでした。


030

 新潟大堰の取り付け部分からの上流方向です。右端が弥彦山。


031

 同じあたりかな?


032

 ズームを効かせましたが手持ちの上、縮小したのでうまく見えませんが、左の爆裂火口になってるのが守門岳、右の三角錐は越後三山の一つ越後駒だと思います。


033

 これは関屋分水を渡ってからの1枚。ちょっと目立つ山は三条の奥の粟ケ岳。新潟平野の盟主みたいに目立つ山ですが、山好きの人以外にはあまり名前も知られていません。

 自転車で弥彦まで行って弥彦競輪を見物、という企画の2回目のつもりで出発しましたが、最近遠乗りをしていなかったため、旧新潟市を出るあたり、西川町の手前で尻が痛くなってしまいました。半分近くは走りましたが、帰りもあります。ということで計画変更、新潟大学五十嵐キャンパスを見学し、できれば生協の食堂で懐かしい食事を、ということになってしまいました。帰りは市内の知らない道を選んで走り、11時過ぎに帰宅。4時間ちょいのサイクリングでした。ウォーキングともまた違った疲れですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事695 あわびってそんなに美味しい?

803

 

 写真は昨年秋、チャガルチで釜山大の先生と飲んだときのもの、トリミングして再掲です。前回の訪韓時、食いしん坊の韓国ファンの方と食べながら話したのですが、アワビって、結構高くてしょっちゅうは食べられないから美味しく感じるだけで、実は大して美味しくないのでは?という話題が出ました。

 

 美味しいって感覚は各個人で違うし、好き嫌いもありますので絶対的な評価はできません。前にここでも書いたサンマの刺身、さばの刺身と本マグロのトロの比較ではないですが、「たまにしか食べられないので美味しく感じる」ってのはきっとあります。食べる貝で思いつくのは、

 あさり、しじみ、はまぐり、ばかがい(アオヤギと小柱)、牡蠣、いわ牡蠣、ホタテガイ、ホッキ貝、たにし、カワニナ、平アサリ(正式名知らず)、シロガイ、さざえ、あわび、ツブ、バイ(赤、白、大)、タイラガイ、ヒオウギ、トリガイ、ミルガイ、アカガイ、イシガキガイ、ムラサキイガイ、、アカニシ、と、まぁ、そんなところですが、アワビは採取しやすくて、貝の中では抜群に歩留まりがよく(重さの中の食べられる部分の比率)、食べ出があるので古墳時代とかからもポピュラーだったわけで、いわば、食べやすい貝だったのでしょう。ところが、海が汚れ、人口が増え、そこらの磯で簡単に採取できるものではなくなって、高くなったから毎日とかは食べられない、だから美味しく感じてしまうのではないでしょうか?

 上に挙げた中では私の好みだと、二枚貝ではアカガイ、ミルガイあたりのがアワビより味があると思いますし、巻貝で比べても大バイの刺身なんか、アワビに負けない甘さがあります。アワビは大して美味しくない、たまにしか食べないので美味しく感じるだけだ、そう思いませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

とうちゃんの自転車日記602 내일은 쉬는 낟 . 어디 갈까요?

888

  大体同じ感じで撮影しましたが、これは4月初め。まだあられが降ったりする寒い春の1枚です。


063

 こちらは5月、1か月くらい前でしたか、けやき通りの木々が芽吹いてだいぶ茂ってきたころのもの。今日はもっと濃い緑になっています。

 明日は休み。明後日も休みですが、この春から家内が今までのスポーツクラブに加え、その中の水泳の教習コースに通い始めたため、丸々とうちゃんが遊べるのは水曜日になります。4月5月、散々歩いたのに、ここんとこちょっと運動もお休み。明日こそは体を動かすぞ、と考えています。新潟市とその近郊はこの数年間で、自転車でほぼ走った感がありますので、えちごワンデーパス利用の田舎ウォークを予定。午後の空き時間、地図と時刻表を見ながらコースを考えましょう。

 夕方、ちょっと忙しく働いて、休日。楽しい気分で過ごしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 ちょっとショックだったこと

029

 日曜日の学会、特別講演は東京都町田市の舩木純三先生の話でした。スマイルの重要性とそのためのトレーニングが主題でしたが、面白かったです。前に日本歯科医師会雑誌でも紹介されていたのですが、日本人はスマイルが苦手、でも、トレーニングで改善できるというような話とその方法なのですが、昨日の空き時間、鏡を見ながらちょっと教わったこと、やってみていたら・・・  右眉毛の中の1本が15mmくらいに伸びていたのを発見しました。

 ずいぶん前の村山首相の眉毛は有名でしたが、失礼ながらじいちゃんの特徴でもあります。行きつけの日本の理髪所のご主人の話では「耳の穴の周囲の毛」、それと、「眉毛」が発達するのだそうです。たったの1本でしたが、急いで鋏で切りそろえました。

 人間の男性、老化により髪の毛は減少、時には消失。そうでなくても細く、また曲がってくるのが老化です。だのに、眉毛と耳の毛は伸びてくる。ホルモンの関係でしょうが、本当に不思議です。髪の毛の方はまだまだ大丈夫、と思ってはいますが誰しも避けられない老化はひそかに忍び寄ってくる。できるだけ抵抗するつもりです。

 前述のスマイルトレーニングでも若さを保てると舩木先生、言っておられました。確かに15年以上も前に泊まり込みの講習会でご一緒させていただいた時と変わらない感じ。見習いたいものです。

 写真はウォーキングの途中で見かけたがけっぷちのシダ類。いろんな葉っぱのバリエーションが豊富で、観察するの、好きなんです。楽しさの閾値は低いほう。テサロニケの手紙ではないですが、「恒常キッポハラ(いつも喜んでいなさい)」というのも若さを保つのにはよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3822 全羅北道長水郡長渓面 ターミナルと邑内

520

 市外バス、経由地が違っていたりすることもありますが、その町、村の中心部にはたいてい停まります。小さなターミナルがあることもあれば、売票所という表示のある旧道沿いの街の真ん中に停留所があったり。最近は地方もバイパスが発達していますので、広い道から狭い道に入る=もうすぐその村の中心部の停留場に着く、そんなのがわかります。

 ここは、多分長渓の小さなターミナル。それでも、ちゃんとお客さんがこのあたりの中心都市、全州行きのバスを待っています。ソウルという表示も見えています。ここ始発ではなく、長水とか、もしかしたら南原あたりからこんな小さな町の停留所を経由するソウル行きがあるのかもしれません。やはり韓国の地方交通の主役はバスですね。


521

 

 ターミナルの一部だったかな?PC房の看板。韓国らしい風景です。


522

 一角にはこんな小さな食堂も。でもここは全羅道、きっとおかずが10皿近くも出る白飯が5000Wとかで食べられるのでしょう。ソウルのガイドブック店、ネット店よりも美味しい可能性50%以上はあると思います。


523

 ターミナルを出て、少し町の中心部、昔の国道を走り町の外でバイパスに戻ります。


524

 この長渓で西に進路を変え、次は天川、そして馬耳山の麓鎮安を経て全州へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3821 草芝大橋金浦側取り付けから大明浦口へ

245

 でっかい、目立つ看板で、少し前の写真にあった海鮮料理食堂コンプレックスの中の一軒のもののよう。「無尽蔵 活魚膾(フェ=刺身) 長魚(うなぎ)」、下の段は「コッケ(わたりがに)湯(鍋物) ペンデンイ(サッパ、ママカリ)…」最後はちょっと今の時点では読めません。とにかく、ソウルから割合近いドライブコース、すでにここでも何度も紹介している仁川の蘇来浦口、安山市の烏耳島(実は蘇来もすぐそば)、始興市だったか、月串浦口、そして華城のほうの済扶島なんかと一緒の魚を食べる場所です。 しかし、向こう側の建物は空き家になってだいぶ経っているふう。簡単に商売を始めて、だけならすぐ止める韓国らしい風景でしょう。


246

 これも、たぶん廃業した食堂。海のものを扱っていたのだと思われます。相当デザインに凝って作ったけど経営がうまくゆかず、というところでしょうか。韓国って食堂に限らず、空きテナントがすごくたくさんあります。何か、人口の割に、経済規模の割に、無理をして建物を作ってしまう、そんなところがあるように思えます。ソウル近郊にどんどんできる新都市、そしてアパート群も、がら空きのところ、きっとあるのではないかなぁ。


247

 左側、浅い干潟の海の方はずっと鉄条網のフェンスが続きます。突き当たりの低い建物が集まる場所がどうやら大明港とそこに集まるフェチプ村のよう。大抵は車で来るこんな観光地、遠回りのバスで来て一人歩いてやってくるなんて韓国人ではまずいないでしょうし、日本人でも少ないものと思われます。これこそ「普通の韓国歩き」の醍醐味です。

249

 トリミングしようかと思いましたが、韓国の現状をお見せしたくてそのまんまのアップです。左右に見えるのは鉄条網の下のフェンスの鉄枠です。遠くに見える陸地は江華島の一部です。

 干潟の、ちょうど干潮で干上がった海に残された船なのですが、これも昔は船上食堂として使われた廃船のようです。日本ではあまりなさそう。香港は行ったことないけれど、船の食堂がありましたよね?何でもよさそうだと思うと簡単に真似して、まずやってみる、そんな点は韓国の長点でもあり短点でもあります。「失敗して成長する」、失敗してもめげない(くじけない)所は見習わないといけません。

 今回の4枚、割合面白い写真だと思います。いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

2012年6月11日 新潟市のバス到着案内システム

005

 昨日は新潟市で小さな学会があったため休診にしました。雨模様だったので医院まで車で行き、あとは新潟駅南口からバスで会場へ。少しだけ知っている先生の特別講演、なかなか面白く、勉強になりました。

 写真は会場の歯科医師会の前のバス停。一部の路線ではこんなのが取り入れられていました。次に来るバスがどの辺にいるかを表示するものです。最後の表示は左上に「間もなく到着」と出るのですが、真中は2つ前の停留所。でも、肉眼でも見えるんです。この機械の下には普通の時刻表があります。2路線で1時間に多くて5~6本のバスですのであんまり役に立っているとは思えません。どうしても大都市ソウルと比較してしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3820 全州駅前繁華街歩き

601

 かなり大きな有料ゴミ袋です。各自治体ごとに売られているようで、色や大きさ、いろいろです。こういうやり方、たぶん日本より韓国のが先に普及しました。まぁ、税金みたいなものですね。


602

 按摩施術所です。繁華街にはきっとある、そんなです。黄金の島を探しに船で世界を駆け回ったイギリス人、スペイン人、ポルトガル人。アガシを求めて韓国の普通の街を駆け回る日本人。こちらを訪れる検索キーワードで最近多いのが龍仁+チケットタバン。逆にたどるといろいろ出てきますが、自動翻訳と韓国サイトの写真を組み合わせているふう。本当にそんな場所があるのか?怪しいものです。

603


604

 再活用ゴミの分別収集場所。ちょっと管理が・・・というところです。


605


606


607

 ぶらぶら歩いて、また全州駅前の線路と平行する大通りに出てしまいました。少し歩いてまた戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3819 鍾路3街 もうすぐ鍾路

109

 おなじみ、タプコル公園東入り口の前です。昼間はじいちゃんだらけの場所ですが、朝はがらんとしています。この入口、最近は閉鎖されているのでしょうか?先日ここから入ろうかと思ったらだめで、鍾路側の表口まで歩かされました。時間とかもあるのかな? 何故か床屋が多いし、無料の露店理髪もある場所です。


110


111

 このラッキー割引マート、案外安いです。最近の観光客、デパ地下でなく、ソウル駅なんかの大型マートへ大挙して押しかけているよう。私はそんな話を聞くと敬遠してしまうほうなので、東大門区庁前だの、そんなでしたが、この店、入ってみたらかなり安かったです。ロッテのキシリトールガム、韓国式だとジャイリトールコムをたくさん買いました。日本では売っていないピンクミントというのがありますので、おすすめです。


112

 ゲームセンターの入り口、ネットゲームの盛んな韓国、こういうところでもできるのでしょうか?入ったことないのでわかりません。キャラクターの女性アニメ、顎がとがってる感じでしょう?韓国男子の好み、昔の宝島ムックかなんかでアンケートの結果を見ましたが、今でいうと田中麗奈さんとか、ああいう感じ、小顔系で顎がきりっととがった感じの顔が人気だか。そういう好みは今もいっしょなのかもしれません。


113


114

 もうすぐ鍾路の大通り、大韓補聴器の店がある角です。最後の1枚は湯級の洋酒屋さん。日本同様、昔は洋酒は高根の花だったのですが、今はどんどん安くなってきています。しかし、こんな外国高級洋酒の店、まだけっこう見かけるのです。よく商売が成り立つものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

普通の韓国を探して3818 草芝大橋から大明浦口へ

238

 江華島第2の橋、草芝大橋です。右手に大明浦口の刺身屋村らしきものが見えてきました。


239

 韓国の西海岸、干潟が発達した豊かな海です。運転技士さんに頼んではおきましたが、自分でボタンを押して下車します。


240

 降りて、横断歩道を渡って北側へ。渡ってきた草芝大橋の取り付けです。右手に小さな、何ていうのだろう?トーチカまでいかないけど銃撃を避ける陣地があります。江華島に上陸した北韓軍を食い止める重要な地点なのでしょう。


241

 この建物はたぶん海兵隊の詰所。検問所とかバリケードもあります。


242

 これはおなじみ、消火栓のガード。


243

「パダイヤギ」とありますが、道路に近い部分の刺身屋コンプレックス。でも目的の大明浦口まで、まずは歩いてみます。


244

 左手、海岸というか海峡の水路に面した側は厳重なフェンスと鉄条網。北に近い韓国、間諜の潜入に対しての設備でしょう。昔の日本のように間者という言葉もあるようです。武田方、とかの時代みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3817 鍾3早朝風景

103

 配達用のかご付きのバイクとゴミ袋。道路は清掃のあとのようできっちり掃き清められています。


104

 「即席キムパプの名家」と名乗る「金家ネキムパプ鍾路3街店」。チェーンのキムパプ屋でしょう。配達もやっているようでやはりバイクが停まっています。最近は出前を取るなんてこともなくなり、せいぜいピザか宅配寿司くらいの日本と比べると配達の食事の選択の幅がとても広い韓国です。同業者同士のサービス合戦も厳しい韓国、セットメニューやらオマケやら、いろいろ工夫されています。


105

 やはり鍾路、「宝石学院」なんて看板がありますね。貴金属、宝石、そんなのの店、同じようなのが数百もあるこの町です。


106

 前に紹介したプルコギ冷麺の店。調べてみるとそういうオマケサービスの冷麺店、他にもいろいろあるようです。チェーンの食堂も多い韓国です。


107

 これは、何かの工事用の資材の運搬。人や車の多い昼間にできないことを早朝に、そんな様子です。


108

 右に手書きで「クヮメギ、ヤンミリ」とあります。いずれも東海岸の冬の珍味というところでしょうか。でも、この写真は4月。そのまんま貼ってあるのか、それとも冷凍ものなのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月3日 - 2012年6月9日 | トップページ | 2012年6月17日 - 2012年6月23日 »