« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2012年7月 7日 (土)

普通の韓国を探して3848 KAOのインターネット学会消息

001

 電子大国韓国、大韓歯科矯正学会の学会消息もいつの間にかネットで送られてくるようになりました。学会誌とは別に年に4回、小冊子が郵送されてきて各大学、研究会の報告、学会大会の予定などが知らされるようになっていたのですが、いつの間にか来なくなったなと思っていたら、こんな風になっています。


003

 もともとケーブルテレビ回線で接続されることが多かった韓国のネット、スピードは日本の比ではありませんでした。こちらのADSLだとけっこう待たないと絵が出ません。


004

 こんなふうにマウスで捕まえてページをめくる学会消息、「消息」というのは単なる「知らせ」という意味で日本で言うほどの大げさな「消息」ではありません。英語のニュースレターというの言葉が一番的確かもしれません。


005

 学会の登録も今やネットのみといっていい感じ。外国人会員のために紙での申請、登録も残してほしいのですがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月7日 忙しい土曜日です

002

 大雨になるという昨日からの予報ですが、これからかな?小雨の中、犬の散歩をして出勤しました。今日は車です。今日明日、忙しく働きます。 夜には新潟大学歯学部同窓会関係の会議があったり。「あ~大変だ」となるべく考えず、「忙しいは愉しい」くらいに思って生きてゆきたいものです。「ハミョンデンダ」、「シジャギ半ニダ」、「ナヌン、ハルスイッタ」です。

  8時35分追記 大事な仕事の準備、2つ片づけました。やればできる、ですね。これから朝ごはんを食べます。マクドナルドかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記622 見附市でまた旧道へ

095

 前回の写真の最後、旧栄町と見附市の境界の小さな峠の頂上で、また旧道の道型を見つけました。左の細い道、集落へ入っていく道です。


096

 振り返っての写真、左が新しい道の峠。右が昔からの道のようです。


099

 当然、車の少ない旧道へ入りました。



101

 左は山、右手は田んぼ、少し曲がりながら山裾を走る旧街道です。


103

 またこんなため池が。やはり魚がいそうかな?と思いつつ眺めてしまいます。


105

 このあたり、一見のどかですが、土砂採取場に行き来する大型ダンプカーの通路になっていて、しばしば遭遇。


113

 新幹線からも見附の手前、山を崩している箇所が見えますが、あそこの麓を歩いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

普通の韓国を探して3847 ベンベンサゴリからムジゲアパートへ

702

 良才駅から江南大路を北へ戻り、ベンベンサゴリを渡って左折。李先生のオフィスへ向かう道です。道路の向こう側にはポドナムチプ。ソウルを代表する高級焼き肉店の一つです。昔は左の建物だけだったと思うのですが、今は右の低い方も買って同じ店になっているよう。3回くらいしか行ったことがありません。客単価10万W近い店ですので、お客さんも裕福な人が多いのでしょう。車で乗り付ければ駐車場アジョシがキーを預かって車を置いてくれます。


703


704

 こちらはその向かい側のスターバックス。新潟には無かった時期にもあった店で、私が初めて入ったのもここ、ソウル瑞草洞の店です。


706

 この辺、夜はけっこう飲み屋も目立つ街で、場所柄かルームサロン、ビジネスクラブなんて看板も目立ちます。どんな店なのかはわかりません。


707

 これがムジゲアパート。手前に見えるL字型の商街に李先生の診療所があります。同じ建物に何と歯医者も3軒。ソウルも厳しそうです。1階にはキムヨンモ菓子店の本店もあり、3階、李歯科の並びに工場があり、いつもいい匂いがしています。


708

 江南の比較的古い町の夕暮れ時の写真でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記621 やっと見附市に入ります

080

 あまり車が通らない旧街道歩き、天気もいいし、いい気分で歩きます。遠くにはやはり弥彦山。


081


082

 カーブミラーの麓には小さな石碑。すでに摩耗してしまって何の碑なのかもわかりませんが、大事にされているのがわかります。


084


086

 何かおしゃれな建築の先で、残念ながら大きな道に合流してしまいます。旧道を拡幅してそのまま使っている部分。まぁしょうがありません。


091

 行く手に小さな峠の切通しが見えます。あそこを越えれば見附市になります。かつて自転車でも走った道、歩いて訪れるとは、感慨深いものがあります。


090

 振り返ればやはり弥彦山。新潟平野の平坦さがわかる写真です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月6日 すごくいい本 「となりの韓国人」 黒田福美著

622

 2003年に講談社から出た黒田福美さんの本、「となりの韓国人 傾向と対策」というのを読み返してみました。90年代、韓国を好きになって「韓」と付く本はみな買っていた感じがある私。でも、2002年のワールドカップ前にかなりいい加減な、他の本の内容をパクってまとめたようなのがたくさん出てきて、そんなのをやめました。そんなのの後で買った1冊、医院の本棚に置いてあったのを今朝から読んでいたのですが、とてもいい本です。今も売っているのでしょうか?ここでも紹介し、推薦している神谷丹路さんの本と同様、すべての韓国好きの方に読んでもらいたいと感じました。

 

 内容はかなり豊富。でも、みな、正直に、いいところ、悪いところ、ちゃんと書いてあります。悪いところ、あまりありません。それが本当なのだともうすぐ韓国通い20年にならんとする私も同感します。最後のほう、229ページをちょっと引用させてもらいますが、

 「もしも、あなたが因縁をつけられるようなことに出くわしたとしたら、よっぽど運が悪いか、あなた自身に重大な問題があると思ったほうが良い」

 

 これ、本当だと思います。自分が直接やったわけではないけれど、いじめを行った側である私たちを普通に受け入れて、親切にしてくれる懐の広さ、大きさ、本当に感謝しなければいけません。おたがい見習うべき点が多い、2つの国、もっともっと仲良くしましょう。

 写真は全州駅近く、東新初等学校のそばの古いアパートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

2012年7月4日 暑くなってきました

147

 暑くなりそうな朝だったので今日はちょっと車で出かけてみました。旧村松の白山周辺へまた行ってみて、見かけた人ごとに、ヤマビルに関する聞き取り調査をしました。自分でも少し山道へ入ってみたりしましたが、いい天気で気温も高めだったせいか、取り付いてきてはくれませんでした。中には、ここは昨日やられたんだといって首筋の血を吸われた痕を見せてくれたおじさんもいて、登山以外の日常の仕事の中でもヤマビルに襲われる危険があることを知りました。やはり多いのが雨の日に多いという話、天気の悪い休みの日に新しい遊びができた感じです。また見に行きます。


148

 今日の写真はアメリカザリガニ。農薬の使用が減り気味になったのか、また用水路で見かけられます。美味しそうだなぁ、と思ってしまう私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

普通の韓国を探して3846 ん!? ロボット?

705

 ここんとこちょっと写真を紹介しているソウルの江南地区、瑞草区瑞草洞の夕方の写真です。南の方、ここも前にちょっと写真をアップした永東中等学校の方向にこんな建物が見えました。なんかロボットの顔みたいにも見えます。

 今地図で見たら、このあたりにある高層建築は?というと롯대캐슬주피터の3棟のよう。昔の韓国のアパートというとみな同じ形の高層建築が多かったけど、ここ10年くらいでしょうか?ひとつひとつがちょっとずつ違ったりという個性的な建築も増えてきています。また、京釜高速沿線の新しいアパートなんかに多いですがタワーのてっぺん付近にいろんな照明というかネオンが付いた建築も面白いです。ここもロッテキャッスルというとやはり高級なほう。場所が場所ですからかなり高そうです。

 

 先日、けっこう江南を歩く機会がありましたが、旧市街同様、どんどん変化しています。10年前の地図なんかとはだいぶ変わってきています。もともと新しい地区と言われていた江南ですが、古い建物を壊しての再開発、すでに始まってきています。江南駅角の三星電子本社、もすこし北の教保タワー、いつの間にあんなにでっかいビルができたんだろう?なんて思いつつ歩きました。高速ターミナルの周囲も、昔は古い低層アパートがたくさんあったのに、どんどん新しい高層アパートに再建築が進んでいます。人口5000万とはいえ日本同様出産率は世界最低クラス。アパートのだぶつきとかは生じていないのでしょうか?

 ヘタクソな写真をたくさん並べて駄文を書くよりも、1枚のちょっと面白い写真でさらっと韓国を語る、そんな記事が目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記620 大面(おおも)の町へ

069

 こういう三叉路、古い道(右)の証拠です。しかし三条市から歩き始めて、次は旧栄町、私が新潟に来たころは栄村でしたが、「栄」という名前、どうも新しいもののようです。たぶん平成の時期でなく昭和20年代の合併ブームの時にできた名前のよう。それ以前は田舎にはえらく小さな村がたくさんありました。何でこんな話になるかというと次の集落、大面というところ、昔は一つの立派な村だったのではないか?そんな感じがしたからなのです。別に歴史を調べたわけではありません。


070

 この辺が大面の入り口になります。


071

 集落に入っていくと、道が広めで、家々が古いけど何だか農家ではない感じがします。


072

 古いオートバイが置かれた自転車、バイク屋さん。昔は花形だった仕事でしょう。


073

 何か、ただの農村ではないという感じ、おわかりでしょう?


074

 料理屋さんというか仕出し屋さん、法事とかもできそうな店があります。


075

 中心部の先には明治天皇が休んだ場所と、水を飲んだ井戸。


076

 この辺でおしまいですが、大面という集落。小さいながらもこのあたりの中心地、和島村の島崎だののように、江戸期とかからの街道沿いの重要な町だったのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3845 日本で流行れば韓国でも一緒

536

 全北の山里、馬耳山の麓鎮安の市外バスターミナルです。待合室との間のガラスに貼ってある広告、あ~と思いました。読める方は読んでください。

 左側、上から

全国 最高価 買入 下段括弧内は銀スチョ(箸とスプーン)、名品時計

 右側上から

ゴールドピア(店名)金去来(取引、商売)所、24K,たぶん見えない所は18K 14K、ダイア。

 ここに、ルイビトンなら汚れててもOKとかがあれば全く一緒。貴金属だのの買い取り商売の広告なのでした。しかしこんなというと失礼になりますが、田舎の町に、、、と思います。

 前に露店のトルネードポテト、城南市の市場の写真をアップしましたが、隣り合う2つの国、こんな商売の流行も一緒です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記619 旧道を南へ

061

 旧栄町吉野屋の集落の南端です。ちょっとだけ新しい広い部分がありますが、すぐにまた旧道が分かれていました。新潟平野の南部になってきましたが、低い山に沿った昔からの街道を歩きます。

062

 少し高くなった旧道から後ろを見ればやっぱり弥彦山。新潟からも、新津からも、三条からも、見附からも、長岡からも新潟平野の中央部の海辺にある弥彦はとても目立ちます。神様の住む山として信仰が集まったのもうなづけます。


063

 明治天皇一行も通ったはずの道、車も少なく、気持ちよく歩けます。


064

 一時は車の道としても重要だったのでしょう、カーブミラーもありました。



065

 後ろを振り返るとこんな道です。緑は気持ちを落ち着かせてくれます。


067

 古い道の特徴は、お寺と神社を備えた古い集落があること。地図に寺と神社のマークを赤マジックでチェックすると古い道が浮かんできます。面白いですよ。


068

 道路わきの溝にはカワニナがたくさん。食べたいと思うのは韓国ファンだけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

2012年7月2日 今年も後半です

001

 7月になりました。2012年も後半です。恒例の源泉税特例納付をやらないといけません。所得税は安くなったけど住民税は上がった?まぁ、国のため、県のため、きっちり納付しましょう。

 今朝は朝ごはんを食べないで出てきました。これから近所のファストフードかどこかで食べます。毎日だと飽きてしまいそうですが、たまに食べると美味しいですよね。よくできた商売のシステムだと思います。しかし店内、店外の広告というか見本の写真とけっこう違うことがあるなぁ。前に韓国の飲食店での話を書きましたが、日本も一緒ですね。「そういうふうになっている」、そんなです。さて、今週も、今日も、がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3844 江南大路 良才からベンベンサゴリへ

690

 少し前にここはどこでしょう?をやった3号線良才(ヤンジェ)駅から江南大路を北へ歩きました。アウトバックステーキハウスがありました。日本のファミレスよりももう少し高級な、1人2万Wは使ってくださいって感じのチェーン店です。車道も歩道も、韓国の新しい街、広いです。


693

 個人経営かな?テジカルビ、キムチチゲの店。家賃はすごく高いでしょう、この辺。ただ、お昼を食べたり、退勤時にテジカルビで一杯、なんてお客さんの収入も多いのではないかな。


694

 ベンベンサゴリの島式の幹線バス停留所。思うのですが、実際のベンベンサゴリ近くには作れないのか、かなり南にはなれた場所です。ベンベンサゴリへ行くには一つ手前の宇成アパートで降りても歩く距離は同じくらい。急ぐときには手前で早めに降りて進行方向へ歩いたほうが目的地には早く行けます。何度か李準圭先生のオフィスへ行っていますのでそんな知恵も身に付きました。


695

 同じ場所からの北方向ですが、角にRのあるビルのあるところがベンベンサゴリ、ベンベンファッションの交差点です。けっこうあるでしょう?


696

 キティのでっかい像が。これだけ堂々と見せているのでちゃんとライセンスはとっているのでしょう。韓国でもけっこう若い女性に人気がありました。


699


700


701

 ここがベンベン(BANGBANG)サゴリ。右手のビルがベンベンペッションの発祥地なのでしょう。昔からの有名な地名になっています。李歯科のあるムジゲアパートへはここから西へ。南部ターミナル方面へ曲がります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記618 旧栄町 旭トンネル入り口

050

 栄町吉野屋集落の最後の家を過ぎて、3mあるかないかの細い道を進みます。地図だともっと近く見えたのですが、案外距離がある感じ。坂道を歩いて上ります。


051

 この先、トンネルは通行止めという案内。トンネルの先に1軒だけ家があるという話ですが、別の林道を使って行き来しているのでしょうか?


054

 なかなか着きません、トンネル入り口。


055

 やっと見えてきました。やはり通行止めのよう。


056

 薄暗い森の中、谷底でもありますので、自動で撮影したらストロボが発光してしまいました。上には送風のファンがあります。トンネルの中は曲がっているのか真っ暗です。一応自転車用の強力なライトEL540というのを用意していきましたが、通り抜けるのはやめておきました。前々からこんなところにトンネルが?と地図を見て不思議に思っていた場所。今やネットでは同好の士による報告もたくさん。立ち入り禁止を冒してまで自分で探索しないでもいいので、ここで戻ります。


059

 入り口にはこんな表示。ガスの濃度、酸素の濃度、工事で入る人の名前だの、いろいろトンネル工事ならではの規定があるようです。5月の爆発事故がありましたが、やはり危険を伴う仕事なのでしょう。ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

とうちゃんの自転車日記617 ちょっと一休み

049

 今日は新潟大学歯学部歯科矯正学教室の同門会のため、休診です。

 旧栄町吉野屋集落の奥からさらに山を越えて行く旭隧道を見るために、谷に入ります。脇には小さな流れ。元は釣り師でもありますので、港や海、川、池、水があれば何か生き物はいないかな?釣れそうかな?と覗き込んでしまいます。もう、水量も少ないので魚はいないだろうな?とは思いつつ、歩きながら流れを観察していると淡水のハゼの仲間を見つけました。

 昔々、相模川だので淡水のハゼ、多くはヨシノボリというやつを捕まえて家で飼っていたりしましたが、それよりも大型のやつ、美味しそうだな、と思ってしまいました。泥をかぶっていますが、生きていそう。急ぐ道ではないので小石をそばに投げ込んで生きているのを確認しました。


048

 ちゃんと生きていました。探せば同じ流れにもっといそうです。しかし山奥の小さな沢で、繁殖しているのかな?どこで生まれてどれだけ生きているのか?そんな事にも思いをはせます。生き物はすごいなぁ、と思いつつトンネル入り口へまた歩き出しました。

 昨日のJ1アルビ、無勝負(韓国語)でした。けっこう危ない場面もあれば、チャンスもあり、なかなか楽しめた試合でした。結局順位はそのまま、びりから2番目ですが、今後に期待が持てそうなゲームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »