« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2012年1月21日 (土)

普通の韓国を探して3611 ブルーリボンサーベイにも出ている居酒屋「肉じゃが」

163

 ここ数年、韓国でも日本語の看板、多くは日本式をうたう居酒屋なんかが増えています。写真はコエックスの中、オークウッドプレミアというホテルの地下なのですが「肉じゃが」という名前の店がありました。隣りは歯科ですね。

 面白い名前だなぁと思っての1枚でしたが、居酒屋ではなく、日本式「ティギム」の店という看板。要は天ぷら屋なのですが、店名は「肉じゃが」、どうもそんなミスマッチ、わざとなのではないかな?なんても勘繰ってしまいます。

 しかしさらに驚いたのは先日買ってきたブルーリボンサーベイ「ソウルのレストラン2012」の70ページに、この店、紹介されているのです?ぱらぱら見ていたら、「肉じゃが」とあり、まさかあそこじゃないだろうと思ったら、この店でした。「肉じゃがは長崎地方の飲食で肉とジャガイモを入れた煮ものです。」とあります。長崎名物?じゃがいもの生産量が多いのは大昔に習って知っていますが、肉じゃが=長崎料理、これも、日本ではあまり聞いたことないですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3610 鍾路1街早朝散策5

120_2 121 122 123 124 125 126 127 129

 区庁脇の通りを北へ。曹渓寺の手前の道を入ってみました。5枚目からの場所は初めて通る道です。9枚目は曹渓寺の食堂?開店準備中のようでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

普通の韓国を探して3609 木浦魚市場 ホンオ専門店

201 200

 木浦市でのお昼、ヨンポタンを食べた「三鶴島漁夫マウルフェチプ」の美人アジュマの紹介で連れて行ってもらったホンオ専門店の店内です。ご覧の通りのホンオの山。調理台では若いお姉さんが前掛け姿でせっせとホンオを切って箱詰め中。店の中全体がアンモニアのにおいで、目にも喉にもぴりぴり来ます。悪い細菌が死ぬので身体にいいというのは本当かなぁ?と思いつつ、説明を聞いて、ソウルへのお土産を一箱購入しました。 残念ながら今回は私自身は食べませんでしたが、ホンオサムハプ、次回は是非とも食べたいです。

 最高級の黒山島産はキロ7万から10万Wとのことですが、他の輸入物のように切ったのでは売ってくれませんので半身とか1匹。最低60万Wとのことでした。一番いいというチリ産の他、アメリカ、豪州、ニュージーランド、それに日本産もあるとのこと。いったいどう味が違うのでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3608 金海市外バスターミナルで見かけた乗りものたち

Img_8143 Img_8162 Img_8171 Img_8172 Img_8173

 お昼休みです。今週末のいくつかある診断の準備、資料分析をやっています。医院HPにも書いたように、100人の患者さんがおられたら、治療計画も100通り。患者さんの性格なんかまで予想してあれこれ考えているとなかなか進みません。似たようなケースがあって簡単に治療方針が決まるのはごく一部。まぁその辺が矯正歯科専門医の仕事です。ちょっとブレイクして頭を休めます。

 写真は金海ターミナル。1枚目のような4輪のバギー、韓国ではよく見かけます。田舎などではリヤカーを引いている姿もたまに見ます。まぁ、何でもアリの韓国らしい乗り者です。2枚目はターミナルの中、ビーチクルーザーとも違う、ちょっと面白い自転車がいました。アメリカンタイプのバイクをモチーフにしたもののようですが、ちょっと実用的には無理がありそう。こぎにくそうです。

 3~5枚目はホンダのバイク。韓国ではライセンス生産の暁星なんかの125ccが主流だと思っていましたが、こんな原型そのままみたいなホンダ、珍しいなと思って写真です。大昔、バイクに興味を持ち始めた頃、実用車はベンリィ、スポーツタイプはドリームという名前でそれぞれいろんな排気量のがあったはず。「ベンリィ」という表示が懐かしく思えての1枚です。そういえば、世界中で走っているスーパーカブ、韓国ではあまり見ないような、、、どうなんでしょう?>バイクに詳しいかた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 うろ覚えですが、岡本太郎さんの言葉

Img_7905

 本で見たのか?ラジオかなんかで聞いたのか忘れてしまいましたが、岡本太郎さんの言葉として、「今が大事」というのがありました。奇しくも尊敬する親友である前畑満雄先生も同じことを言っておられます。

 過去のことをどうのこうの言うのは先の無い老人だか。老人がいけないわけではないけれど、昔はああだった、こうだった、そんな自慢話ばかり、どうしてもお年寄りはそういう傾向があると思います。岡本太郎さんも相当年をとってからの言葉でしょうが、とにかく、過去のことを語るのはあんまりだそうです。

 未来のことをどうの、というのもダメなんだそうで、怠け者の言葉なんだとか。まぁ、実現すればいいのでしょうが、確かに、これからは~なんてばかり言っている意志の弱い人間もたくさんいそう。私もその一人かもしれません。

 で、大事なのは今、そして今日一日。忙しい週末仕事の準備、時々次の連休の楽しい計画なんかも考えつつ、岡本さんの元気を見習いつつがんばりましょう。写真は釜山の夜。夜行バスで大阪行ってフェリーで釜山往復、行ってみたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3607 鍾路1街早朝散策4

113 114 115 116 117 118 119

 前の項、南原食堂の先の再開発地域への立ち入りを禁止するような感じで小路関係の方が立っておられたので引き返しました。清進洞の通りを北へ、鍾路区庁の通りへまた戻ったのです。その後はここでも何度か紹介してる区庁脇の駅角に入る道、「プマシ食堂」の道を北へ向かいました。曹渓寺の裏通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

2012年1月19日 昨日今日といい天気です

 こんにちは

 

 1月16日の記事、ここはどこでしょう?の1枚目、釜山は西面の地下街でした。ロータリー下の地下鉄駅から、かなりの規模の地下街が広がっています。写真の場所は西のほう。緩やかに傾斜した通路を進むともうすぐ左手にロッテデパート釜山西面店の地下の入り口です。 通路自体が坂になっている地下街というのは日本でも珍しいのではないかな?

 今日は休み、忙しい週末の準備もやらないといけないのですが、体調回復のため、家でおとなしくしています。ねぎをたくさん入れて、うどんでも作ろうかな?と考えています。テレビでも報道されていますがインフルエンザの流行が始まったとか。皆様も風邪などには充分お気を付けください。

夕方です、こんばんは

 新潟にしては穏やかだった冬の木曜日、午後はほとんど留守番で家にいましたが、5時を待って(少々フライング)、休日の1杯を始めています。

 ここでも報告している通り、先週の木曜日、ソウルの朝、突然の変調。まずは仕事第一の私、ずっと酒を飲まないでいました。前にも似たような話を書いた記憶がありますが、元気であればたいていは飲んでいるのに、具合が悪くての禁酒、1週間にもなるのは珍しいことです。 何とか明日は普通に行けそう、ということで、家内と入れ替わりに夕方外出、ソーダ水1本とスコッチ(ブレンドですが好きな銘柄)1本を買ってきて、ソーダ割りの1杯をスタートしました。

 

 1週間も飲まないなんてめったにないこと。最初の1杯、きっと美味しいだろうと、うれしい日にだけ使うずいぶん前に買ったバカラのトライアド。オールドファッションタイプなので本来はロックに使うものですが、病み上がりということでソーダ割りでケンチャナ。あまり使わぬグラスでも、いつも綺麗にしておいてくれる家内にも感謝です。

 肴は、まだ手を付けていませんが、新潟産の毛蟹(1960年代から続く、うち流の包丁の入れ方があります。明治生まれで東京に毛蟹を伝えた(?)先駆者とも思う祖父の包丁です)。そしてブリの時期なので申し訳ないくらい安い新潟産のワラサ(青少年ブリ)を刺身と3分の1くらいは我が家流のヅケで用意しています。

 効きが速いソーダ割り(ハイボールというのは何だかおじさんには気恥ずかしい。昭和40年ころのハイボールを知ってる先輩方なら笑って許せるのでしょうけど)、1週間飲まなかったアジョシは、簡単にいい気持ちになってしまいます。でも、明日からがんばるぞ、という気持ちも湧いてきます。いい酒(値段じゃないよ)を楽しみたいものです>おおる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3606 京畿道パジュ市広灘面の邑内

002

 キョンギ道パジュのクヮンタン面の中心部です。韓国の田舎、ちょっとした町だと、○○サゴリだの、○○農協前だの、○○市場だの、いくつかの停留所があり、不慣れな旅行者はどこが中心部なのかわかりません。周囲の街の賑やかさ、下車する人の人数、そんなので判断してバスを降ります。このときは広灘サゴリという停留所だったと思いますが、町の中心部、だいたい当たりでした。

003

 すぐそばにあった派出所で地図を見せてもらい、町の大体の道路をつかみます。


004

 派出所前の道、新しい大きな道と旧道があるようです。


005

 反対側に少し歩くと、やはりこの辺が町の真ん中。市場がありました。昨日の野菜の店の写真はここの中です。


006

 町の裏手には川が流れています。こんな田舎ですが、河川敷の整備、公園化が行われています。ちょっといじりすぎ?とも思える韓国の最近の流行です。


007

 市場の前のあたり、大きい中華の店がありました。長く古くやっていそうなので、きっと美味しいでしょう。町中に配達していそうな、そんな韓式中華の店、かなり田舎でもちゃんとあるのは大したものです。

 

 結局、ソウルからのバスはここからみなパジュ市中心部方面へ行くようです。そこら辺のアジョシに法院里方面へのバスの停留所、バスの番号を聞き、寒い中、バスを待ちました。韓国の田舎、結構な系統のバスが走っていますが、地元の方、よく路線番号を知っておられるなぁ、と感心します。

 本日は休み、家からのアップです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3605 鍾路1街早朝散策3

107 108 109 110 111 112

 1、2枚目の斜めに走る路地、鍾路区庁前の通りから清進洞へ抜ける道の一つです。昔は複数あったのが、再開発でここしか残っていません。2枚目、クルビペクパンの朝食を紹介したことがある食堂は健在でした。

 3枚目は清進洞の通りです。ヘジャンクッコルモクだったのが残るは興進屋のみ。その他の食堂も廃業、もしくは移転してしまってます。懐かしいと感じる方も多い通りでしょう。

 4~6枚目は美都旅館のある小路。ここでも何度か紹介しているクルビペクパンの南原食堂はまだがんばっていました。でもこの先、左側(鍾路側)は再開発工事中です。

 ソウルで一番古い繁華街、朝鮮時代からのソウルの中心地である鍾路もどんどん姿を変えつつあります。この鍾路1街は半分くらい。2街の里門ソルロンタンあたりもすでに移転、再開発街。割合古い街並みが残る鍾路3街も時間の問題かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

普通の韓国を探して3604 野菜にも毛布を掛ける真冬の韓国

008

 1月10日の朝の写真です。場所は京畿道パジュ市広灘面の邑内。「邑内」というのはウmネと読みますが、特定の集落の名前ではなく、その面、その邑の中心となる場所のこと。邑事務所やら、農協、派出所、そしてバスの停留所だのがあるところです。

 前にソウルの中央市場での写真をアップして紹介していますが、零下10度以下、時には20度以下にもなる韓国の北部では、野菜の凍結を避けるため、屋外に置くときはこんな風に毛布とかを掛けて売っています。逆に魚や肉なんかはそのままでも冷凍みたいなもの、かえって凍らせたくないものを温めておかないといけません。

 今朝の新潟市は零下4度。この冬一番の冷え込みということで、新潟県内でも零下10度くらいまで下がった地域もあるようです。でも、今はいい天気。やはり気温よりも天候のが冬の厳しさに与える影響は大きいように思えます。

 

 午前中は銀行へ行って、いつもの理容の店へ行って、そのあとに風呂。珍しく家でお昼を食べて、午後は私が留守番です。次はいつ行けるかな?韓国、という気持ちが湧いてきたので体調も戻ってきたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3603 鍾路1街早朝散策2

105 106

 夜の写真も好きですが、少しずつ明るくなっていく早暁の写真もいいものです。起動したては機械の調子が悪く2枚だけのアップになってしまいましたが、1枚目の光の感じ、大好きです。早起きした者だけにしか見られない光のマジックというと大袈裟かな?街灯の灯りと自然の空の色の対比、この時間にしか無い1枚です。

 今日は休み。お腹の調子、鼻、のどの調子はまだまだですが、給与計算の準備に出てきました。これから銀行へ行って、その後はソウルで行けなかった理髪。その後は久々のスーパー銭湯の予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

普通の韓国を探して3602 鍾路1街早朝散策1

097 098 099 100 101 102 103 104

 宿から変な道を経て郵政局路へ。そこから鍾閣交差点のほうへ行き、1枚目、公平ビル(コンピョンビル)交差点です。鍾路区庁のほうへ横断歩道を渡ると、、、

 あらま、中央地図文化社のビル、1Fを賃貸に出してパンチプ、コーヒーショップだったか、とにかく家賃収入を少しでもということでしょう。地図専門の会社、どうにも地味な仕事だし、ネット時代、スマートフォンしか売っていない韓国ですので、しょうがないのかもしれません。でも、ちょっと残念。2階に移った店、次回は行ってみたいです。昔は25000分の1地形図とか、旅券を見せないと買えませんでしたが、今でもそうなのかな?

 3枚目以降は清進洞の方へ行く路地。再開発の工事用フェンスがちょっとなまめかしい感じを醸し出しています。5枚目は古い食堂「南原チプ(ナムォンチプ)」、他にも孤軍奮闘という感じの食堂が残っています。

 まだ元気だった日の早朝の写真たちです。木曜朝に具合が悪くなって、、、今日はやっと「昨日よりよくなってきたかな?」と思う程度になりました。明日明後日の休み、ゆっくり休んで週末激務に備えたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事646 韓式中華の店の「ウドン」を食べてみた

030 031

 何度も書いている通り、韓国は休戦中の国です。間諜に対する警戒も厳重で間諜申告されてしまったりすると何日かにわたる厳しい取り調べを受けることもあるそうです。古いガイドブックにはしっかり書いてありましたが、空港や駅などでの写真も本来は禁止。地下鉄駅の中も禁止。また戦車や装甲車はもちろん、町中で見かける軍用車両も撮影してはいけません。

 でも、乗り物好きの男子、珍しい車があったりするとどうしても興味が集中。触ったり、写真を撮ってみたくなったりしてしまいます。

 韓国の自動車メーカー、現代、キア、サムソンルノー、まぁ、いろいろありますが、四駆が得意な双龍という会社があります。ごっついかっこうのムッソーというのがまだまだたくさん走っていますが、新しいタイプだとレクストンという、ちょっと丸い、なかなかカッコいいデザインの四輪駆動車があるのです。ソウルの北のとある町を訪問した際、初めて見たのですが、迷彩色に塗られた韓国陸軍のレクストンがありました。長いアンテナをたたんでいますが、昔からある四角っぽい四輪駆動車とは全く違うデザイン。軍用レクストンです。

 たまたま停まっていたのが中華の店の前。時間は11時半。どう見たって軍人さんがお昼をとっている模様。まずは私もその中華の店に入ってみたのです。割合空いている時間、やはり2人の軍人さんがいました。一人はポックムパプ、もう一人はチャムポンを食べています。そこで隣りの席に着き、私はウドンを注文して、話しかけました。

 安寧ですか?

 前に停まっている車、軍人さんたちのでしょう?

 レクストンですよね、かっこいいですね。

 でも、写真を撮ったりしてはいけないですよね、軍用車だから。

 まぁ、そんな感じ。やはり写真などもってのほかとのこと。でも、ごく普通に町の中において昼飯を食べている。そんなギャップがおかしく感じられました。

 肝心のウドンですが、手打ちと銘打っているだけあって、麺がまちまちの太さ。柔らかいながらもちょっと面白い歯ごたえがあり、なかなかです。スープはダイコン、ネギ、ニンジン、そんなのに、海老とホンハプがたくさん。これもなかなか。しかし初のうどんで思ったのは、こりゃぁ「辛くないチャンポン」だなということ。ちょっと持て余すくらいの量でお腹いっぱいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3601 面白いお土産

078 077

 懐中電灯、好きなんです。大型電気店などに行くとけっこうファンがいるのか、いろんな種類のが置いてあったりします。いつもカバンに入れてあるのがGentosスーパーファイアSF303Xという細身のもの。単3を3本使いますがかなりの明るさです。

 で、1枚目、中国製のあまり高性能とはいえそうにないものですが、パジュ市法院邑法院里の軍人百貨店「용사의 집」という店で購入しました。まだ電池も入れていませんが、胸のポケットに差せるようになっています。3500Wだったかな?まぁ話の種的な土産ですが、本物の魅力はあると考えています。

 2枚目は、、、最初は私も何だかわかりませんでしたが、演習、実戦時に顔に塗るカムフラージュ用の化粧品です。3種類くらいありましたが、韓国製と大きく書いてあるのを選びました。韓国陸軍、演習時には部隊長、中領(中佐)とかでもこれを顔に塗ります。

 写真撮影は旅館の部屋の寝台上。でも、はたと考えました。買ったはいいけれど、日本に住む私はいつこれを塗るのだろう?と。まだ開けてもいませんが、何色かを使えるようになっているようですが、自転車乗る時に塗るとまだらに日焼けしそうだし、、、これも話の種で終わってしまうかもしれませんね。

 韓国、特にソウルの北へ行くと部隊がたくさん。軍人さんが休暇でソウルへ戻る時かんかに使うターミナルのある町なんかにはきっと軍人百貨店があります。江華島とか海に近い場所は海兵隊関係が充実していたりします。常識的な範囲でなら、土産として買うことも可能。韓国ミリタリー用品がお好きな方、是非ソウルを離れて北へ行ってみましょう。ただし軍関係の施設、車両、駅、鉄道、そんなのの撮影は厳重に禁止されています。「看板が読めなかった」なんていいわけは通りませんので行動には充分注意してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3600 行きつけの店 幌張馬車

049_2 047_2 048 050 051

 まず4枚目、緑の屋根が鍾路1街裏手、公平ビルからマクドナルド本社のほうへ入る裏通りのポジャンマチャ、「カタルシス」です。3つ並ぶうちの一番マクドナルドより、インサドン寄りの店です。

 入るとすぐに出てくるのが3枚目、オデンクンムルのサービス。酒は焼酎にしました。奥にメニューが見えていますがほぼ一品10000W均一と言っていいでしょう。うどんだのはもっと安いです。酒は焼酎が3000W、ビールが4000W。マッコリはありませんが、すぐ裏の、5枚目に見えるコンビニに買いに行ってくれて3000Wです。4人で行って料理を1品というのは非常識ですが、2人で一皿でもオーケー。料理を一つとって焼酎2本、2人で16000W、そんなで飲める良心的な屋台です。

 つづく

 1枚目は裏通りからの三星証券ビル、通称鍾路タワー。ちょっと甘かった1枚。2枚目はマクドナルド前から鍾閣駅へ向かう古い道の入口にあるポジャンマチャ。で、3,4枚目がカタルシスの写真です。

 何度か書いていますが、自由に食べ物を持ちこんでも許してくれていた行きつけのホプが閉店。しょうがないので、もう一つのホプ、孔陵洞店へ行ってみたのですが、何とこちらも閉店。チョゲクイの店になってしまっていました。1、2杯の生ビールを頼んで、もちろんお土産は持っていきますし、持ち込んだ料理も半分以上進呈するのですが、そんな私の台所みたいな店がなくなってしまったのです。

 自由がきくという以外にも、もう15年近い付き合いになる黄鶴洞コプチャンポジャンマチャで出会った仲間に簡単に会えなくなるのはとても寂しいです。「あーあ」という気持ちで、今回、清涼里の「スグレハルモニチプ」、この鍾路の「カタルシス」を尋ねましたが、どちらも今までの店のような自由、甘えは効きそうにありません。旅行の最後で体調を崩したこともありますが、ソウル、韓国への気持ちがしぼんでしまった理由は、そんな店がなくなったということもあるかもしれません。

 スグレハルモニチプのみなもいい人だけれど、どうも料理に飽きがきそう。自由が効きそうなのはこのカタルシスのほうですが、次回、チョッパルの包装でも持ち込んでみようかなぁ。酒と、料理一品を頼んで、ご主人や周囲のお客さんにも分けて食べるのなら許してくれそうかなぁ。しかし、何でも持ちこめて、時には賄いの夕食まで一緒に食べさせてくれる鐘岩洞「プルティナ」に勝る気楽な店は無さそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

普通の韓国を探して3599 경기도 파주시 광탕면 용미리석불입상

364 366 368 370 371 374 375

 京畿道パジュ市広灘面龍尾里石仏立像というタイトル、90年代にソウル以外を歩き始めた最初の頃に訪問した場所、10数年ぶりに行ってみました。

 昔は仏光洞の小さなターミナルから小さなバスで行ったのですが、今はソウル駅からも直行、ブルーボスの703番1本で行けます。一応、技士ニムに「ヨンミリ石仏立像のところで下ろしてください」と頼んでおいたら、お寺の真ん前が停留所です。ほとんど覚えてない林の中をお寺へ上がり、さらに左上の方へ階段を上ると見えてきます。

 こういうのでも磨崖仏というのかな?自然の石に胴体というか衣を線状に刻んだ上に別に作った仏さまの頭を載せてあるのです。

 まずは一回りしてぐるっと見てからお参り。2枚目に見える石の壇上のお参りする台は石でできていますので靴を脱ぐととても冷たく、手早くお願いしておきました。今でも大したことないですが、韓国の石造物、石塔やら石仏に興味を持つきっかけになったのがこの龍尾里石仏だったと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3598 韓国あっち行ったりこっち行ったり

Img_7902

 何度か歩いている場所、行ってみたらすぐに土地勘を取り戻せました。日本人もたくさん歩く、そんな場所です。さぁて、どこでしょう?

500

 今までよく行っていた場所なので、前々からの読者の方はすぐにわかるかもしれません。ここも、今や個人旅行をする日本人がたくさん行っていると思われる場所です。

Img_8514

 さて、一番難しいと思われる場所で、私自身もこれだけ見せられたら降参という所。2度目くらいにしかならない風景です。でも、その都市の住民の方にとってはえらく当たり前な場所になると思います。詳しい方なら旗で一発かも。どこでしょう?

 アップして写真を見たら地名が書いてありました。読める方なら一目瞭然でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事645 美味しかった牡蠣のムチム

199

 一度牡蠣でやった人は生は食えなくなるって言います。書きましたっけ?私が日本国内で食べた牡蠣で一番美味しかったのが佐渡は両津の加茂湖のもの。先輩の先生に頼んで買ってきてもらったのを医局で受け取り、思う存分生で食べました。しかしその後、私自身がその病院への出張で行くようになった時、歯科のスタッフに美味しいよね、と話したら驚かれ、大丈夫でしたか?と言われて慌てた経験があります。店でも絶対に生では出さないのをその時に知りました。でも、剥きたての牡蠣、美味しかったんですよね。さんざん殺菌して灌流された生食用のものなんか足元にも及ばぬ美味しさでした。

 しかし牡蠣とか、同じ袋のものを一緒に食べても個人差があるのです。ユッケの事件でもそうでしたが全く平気な人もいるというわけです。まだまだ熱感、寒気があり、頭が重く、足腰が痛いのですが、薬を飲むためにも食べなきゃと思ってサンドイッチをちょっと食べました。美味しいなと思えるだけ、回復してきたのでしょう。

 牡蠣をはじめとする貝類、ユクフェ、レバ刺し、まだまだ食べるぞ、という気持ちが起きてきましたので大丈夫だと思います。どうも御心配かけました。この写真のも、生のをささっとヤンニョム(合わせ調味料)で和えただけのもの、すごく美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3597 ソウル ブルーボス150番の新型車両

036 037

 スユリから鍾路4街まで乗った幹線バス150番、前半部の席が横向きで、かつセパレートされたタイプでした。左右ともホイールチェア(車いす)を固定できるようにとの設計のようですが、初めての配置。私の乗った停留所のすぐ後で乗ってきた子供連れの家族の男の子も「わぁ!こんな席だ」と大声で言っていたので、やはり珍しいのでしょう。でも、急発進、急停車が多いソウルのバス。やはり進行方向に向いていた方が乗り心地は良さそうです。

 外観、特に正面の行き先表示などどんどん変わるソウルのバスですが、中身もどんどん変化するからソウルって面白いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3596 ソウル 郵政局路

091 092 093 094 095 096

 朝の写真です。宿の前から隣のビルの敷地みたいなところを通って西へ。鍾閣交差点を南北に走る郵政局路に出たあたり。まだ暗いのに出勤を急ぐ人がけっこういます。寒さは写真には写りにくいですが充分零下の冬の朝、ソウルの中心部の写真です。

 2、3枚目、曹渓寺が近いので仏教関係の店が並んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »