« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2012年8月25日 (土)

すばらしい韓国の食事707 郊外型レストランでオリ燻製クイ

205

 ソウルの北郊、道峰山駅の近く、登山口の一角にあるレストランです。世話になったお家のアジュマが今年初めに亡くなり、墓参りにと連れて行ってもらった帰りの昼食でした。李準圭先生との食事も城南市の山の中のレストラン街。こちらは登山口ですが、やはりいろんな業種の食堂が集まっています。옛골토성、昔の村の土の城?、まぁ、小さなお城ということでしょうが、登山帰りの人たちで混んでいました。 友人同士で登山に行き、下山してご馳走食べて一杯やるとか、かなりポピュラーな遊び方なのだと思います。中には登山口までは行くけど登山はしないで昼間から一杯やって帰るなんて話もありますから。


211

 オリコギの燻製クイです。オリ=アヒル、コギ=肉、ちょっと燻製にしたのを温める程度に軽く焼いて野菜とともにいただく料理です。もちろん、センコギ、生肉を焼くのもあるのですが、小食の私ですので、余ったのを包装にしてもらえる燻製クイになりました。


219

 食べ終わって、店の前。向こうの山は反対側の水落山とかの方向。ちょっと向こうは線路です。すべての人がそうだとは言えませんが、ソウルの余裕がある人たち、外食にけっこうお金を使う感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3896 鍾路の裏通り8

473

 ぐるっと回って、また都園脇の十字路。出前バイクがたくさんの24時間営業の韓式中華の店の前です。24時間営業というのもすごいし、出前のバイクの数もなかなか。知る人ぞ知る鍾路の人気店なのでしょう。機会があれば行って味を確かめたいと思います。


474

 また旧梧珍庵前のホテルイビスインサドンの工事現場。ここから左へ路地を入ります。


477

 路地の中にもかなりの数の飲食店があります。昔からの店も多いでしょうし、料理上手のアジュマが店を始めるなんてのが珍しくない韓国です。


478

 芸術的とも言えるガスの配管。地味ですが何度も書いている通り、韓国写真の面白い題材です。


479

 「中古時計サmニダ」、これも動詞の変化の勉強になります。


480

 楽園商街のそば、でも、裏通りにあるサンシャインゲストハウスに戻ってきました。日本人だらけの明洞、南大門市場なんかよりもずっと歩きやすい、面白い街、それが鍾路です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とうちゃんの自転車日記659 旧小国町八王子から石川峠へ

050

 昨日の記事の続きです。1枚目は私が越えてきた旧道の峠道。新しくできた立派なトンネルも長さは100mちょっとくらいですので、峠の頂上はすぐそこです。道は曲がっていますがトンネルが必要なのか?ちょっと疑問に思うくらいの峠です。


051

 集落の中にはさらに旧道と思われる道が今のメインストリートに並行して走っています。立派な神社とマリア地蔵というののお堂があります。


052

 これが旧道の石川峠方向。新しい道は左側を走っています。かなり大きな集落ですが、空き家も多い感じでした。よく聞く話ですがいい道ができるとかえって人口が減少してしまう、そんなのもあるようです。


054

 マリア地蔵堂の下の段にあった道祖神いくつか。新潟県、下越地方ではあまり見かけませんが中越の西部にはけっこうあります。ことにこの刈羽柏崎あたり、昔から石屋さんも多く、豊かな地域だったのかもしれません。たくさんの石造物が残されています。


055

 さらっと八王子集落を見て、西へ。石川峠への道を進みましたが、田圃もある割合なだらかな道でした。急坂もそれほどなく、石川峠の頂上です。昔からの石川峠はもう少し北にあるのですが、こちらは車道の石川峠。昭和の時代に開削された車道の峠です。頂上はこんな小さな切通しになっていました。


059

 

 全く期待していなかった大展望です。柏崎、高柳を流れる鯖石川沿いの平地と集落が見え、左には米山の雄姿、右手遠くには柏崎の市街と日本海が見えます。モモンガを見ることができたこと、この石川峠の大展望を見ることができたこと、それだけでも十分意義があるドライブになりました。


058


057

 最後の写真、山肌をうねうねと走っている柏崎側の峠道が見えます。小国側は割合緩やかで峠の頂上近くまで田んぼがあったり、集落があったり。こちらの鯖石川の谷は急傾斜になっている。そんなのがわかりました。ブレーキに気を遣いながらの下り道に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 빠쁘다 바빠요.

033

  今週末はずっと仕事。今日の午前は大忙しです。午後はちょっとは余裕があるので新しい記事はその時にと思っています。

 昨夜はエアコンのある部屋で就寝。でも、しめ切って稼働させていると寒すぎたり、自動で切れるようにして切れて時間がたつとまた暑くなったりで、やはりずっとぐっすりとは眠れませんでした。エアコンかけてしっかり布団をかぶってというのもあほらしいし、まぁ、もうしばらくの辛抱でしょう。写真は佐渡汽船の新潟港ターミナル。夏の繁忙期が過ぎたら佐渡も行きたい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年8月24日 (金)

とうちゃんの自転車日記658 旧小国町 八王子トンネル上の旧道

046

 少し前に行ってみた旧小国町の八石ステーキハウス、その時に通った道をまた走ってみました。田中角栄さんのお膝元、道がいいのが中越地区です。小国町の中心部から旧高柳方面へ越える峠道の途中に、同じ小国町の八王子集落への道があるのです。直接八王子へ行く道は前に湧水の泉の写真を紹介した細い道なのですが、こちらは立派な道。さらには短いながらも立派なトンネルがありました。 でも、今回はこの写真の左手に見える旧道の峠で八王子へ行ってみます。もう稜線はすぐですし、短いトンネルなので旧道も大丈夫だろうとの予想で左折です。


047

 山の畑へ行くとか、そんな用事がある人もいるのかしっかりしたいい道。幅はやや狭めですがぜんぜん普通に走れます。


481

 車を止めてトンネル入り口を撮影。左に分かれてここへ上る道も見えています。


049

 峠の頂上を越えて下りに入ったあたり、少し路上に落石がありましたが、よけて通行。八王子集落の中心へ無事到着です。

 ここ最近、このあたりの山里に興味を持っていろいろ見ています。高い山はありませんが、それ故にたくさんの集落が散在し、それらをつなぐ峠がたくさん。すでに歩いて越える人がいないために廃道になった道もあれば、立派な車道が整備された峠もあります。道路地図、2.5万図と一緒に寝ていると言ってもいいくらいです。昔、登山をやっていたころは日本全部にはちゃんとした2.5万図がなかったような記憶があります。このため、場所によっては5万分の1が主流でしたが、今はきれいで正確な2.5万図が入手できます。やはり歩いたりにはそっちのがいいのですが、一緒に見ている古い5万分の1の地図のほうがこのあたり、地域の概観をつかみやすいような気もしています。 魅力的な山村、峠道、涼しくなったらまた行ってみます。できれば自転車で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3895 鍾路の裏通り7

4651

 ふぐ料理の店、ピンデトックの店、細い道に昔からの飲食店がたくさんある鍾路です。しかしうろうろと昔泊まったことのある鍾路苑を探しましたが、やはりありません。そんなに敷地の広い宿ではなかったのでいつの間にか消えてしまったのかも。まぁ、ここは韓国、ソウル。仕方がないのでしょう。


4661

 なんかハイカラな名前の現代なんとかっていう商業ビルの裏と電話で教えられて尋ねて行ったのだよなぁ、、、と思いつつ歩きました。右がその下が商店、事務所、上はアパートのビルです。


467

 モテルだの、欧米人向けのゲストハウスはありますが、鍾路苑、みつかりません。


468


470

 一回り歩いて入り込んだ路地。猫の写真はここです。旅人宿の看板。まだ現役なのかな?いくらなのでしょう?1泊。実はここ、都園の通用口なのです。いくらかかるのでしょう?料亭って。


471

 建物から出たコードがそのまんまぶら下がっています。これもケンチャナヨですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3894 ソウルサラムでも大変な深夜のタクシー

408

 2012年の4月27日、午前1時過ぎの写真です。場所は・・・自分の足でソウルを歩いたことのある方ならご存知かと思う場所。インサドンの南口、タプコル公園脇の鍾路です。まだ走っているバスもあるみたいですが、道路上(歩道ではありません)に出てタクシーを捕まえようとするソウルの人たち、たくさんいました。


410


4111


412

 空車もあまり無いみたいです。


413

 やっと停まってくれたタクシーでも、何やら話している風。やはり深夜のタクシー、メーターでは行かないのかもしれません。交渉決裂で走り去る車もいました。


414

 オットケハルカ?なんて話しているのかな?若い女性3人組。

 ソウルの人でも大変なのですから、ソウルの深夜のタクシー、言葉もできない日本人は載せたくないのでしょう。稼ぎ時の深夜、わけのわからない観光客につかまって文句を言う技士ニムの気持ちも何だかわかるような気もします。まぁ、だれでも歩きやすい、治安のいい韓国だからそんなこと言っていられるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

とうちゃんの自転車日記657 早起きドライブで見た新潟県の野生動物

009

 中越の山の中を車で走っていると道路上に小さな動物が寝ていました。車を停めてみると、あわてて飛び起きて木に飛び上がりました。リスかな?とも思いましたがかなり小さいです。そして細長い感じ。


010

 じっくり観察しようと思いつつ次のショットを狙ったら木の幹の向こう側へ。リスでしょうか?それとも、ももんが? いい景色にも出会えたし、こんな動物を見たし、嬉しい休日になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年8月22日 (水)

とうちゃんの自転車日記656 塚山峠の頂上付近の映像です

025

 塚山峠と言ってもご存知の方は少ないかもしれません。旧越路町の塚山と柏崎市の広田というか、長鳥の間の峠です。しっかり整備されているとは言えませんが舗装はきちんと。また交通量が少ないので車なら走りにくくはない峠です。峠の下を信越本線がトンネルで通っているので検索すると鉄道ファンの方の関係のサイトが結構出てきます。私も何十回と走った道。途中で車を止めて蕨を採った道、久々に走ってみました。1枚目、頂上から柏崎方面の風景です。


024

 何でこんなところに行ったかと言うと、頂上から西へ、広田峠という江戸時代からの峠、その先も稜線を通って金倉神社という山の上のお宮の方への道があるのを地図で見たのです。峠の標高は200mくらい?そこまでがんばれば、稜線を走る林道があるようです。この2枚目、そんな西への林道の分岐です。広いとは言えませんがしっかり舗装、整備された道です。


026

 車を邪魔にならない場所において、広田峠方向、ちょっと歩いて上ってみました。6%か7%の坂道です。しかし地図を見るとずっとのぼりが続くのでもない道、この峠まで頑張れば面白いサイクリングが楽しめそう。

 今日の新潟は35度以上。新津よりの我が家は36度以上だったかも。でも、少し涼しくなったら電車輪行で、こんな長岡、柏崎方面の山道を走ってみたいと考えています。塚山峠、広田峠、金倉神社、新潟の田舎に興味がある方は検索してみてください。私も相当、田舎趣味ですが、それ以上の方がたくさんおられるのには驚きます。

 明日は早起きしてまた車で山道を下見します。どこへ行くかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記655  本日休診

003

 北越紀州製紙の新潟工場の貨物線です。構内にあった自前の小型DLによる入れ替えの線路はなくなり、私設踏切みたいなのも撤去。少し延伸された貨物線でのコンテナ車専門になりました。線路内に入るな、という注意書き、いかにも昔のお役所言葉風。また、カタカナ多用というのが今の時代、面白く感じました。


002

 とはいえ、DL牽引の貨物列車が毎日運行というのは鉄道好きには何だか嬉しいのです。やはり鉄路はいいもんです。

 今日は休みですが家内が出かける用事があり、朝だけ自由時間。床屋へ行きます。前回は往十里、コアテルシェルビルだったかな?ホテルビジョン裏の再開発ビルの中の美容室でした。今日は、新宿へ行く時間も無いため、新潟市内です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

普通の韓国を探して3893 鍾路の裏通り6 嬉しい1枚

469

 事務の準備、ってって、給与計算とその書類の準備なのですが、終わりました。これから診療準備なのですが、嬉しいので特別アップ。 意識しないで撮った写真にこんなハプニング、とても嬉しいものです。旅行の神様のおかげでしょうか? いいでしょう?猫。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月21日 夏バテ防止法、もう一つ

209

 今日は珍しく午前が忙しいです。また、月末の事務的な仕事もあります。診療前にそんな事務仕事を片づけて、診療準備、診療。その後は銀行へ行ってお昼を食べて、午後は車の定期点検。その後はゆったりです。

 夏バテ防止法、酒を飲み過ぎないようにして、ご飯はしっかり、で、そこで野菜をたっぷり摂るのが大事です。人間は基本的に草食寄りの雑食動物。腸内の細菌叢をうまく維持するんはやはり野菜多めが大事です。自転車の師匠である坂下先生も「基本は野菜、肉は楽しみとして月に2~3回」と言っていました。写真は韓国のオリコギの店の野菜。大ぶりのミツバがたっぷりの一皿です。燻製アヒル肉にぴったりでした。

 さぁて、頑張りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3892 鍾路の裏通り5

460

 都園の前の通りです。少し先、右手の工事現場は旧梧珍庵敷地に建設中のホテルイビスインサドン。来年夏にオープン予定であること、前にも紹介しました。この辺、古い韓屋、そして古いモテル、古い食堂、料亭、そんなのが集まる鍾路の北寄りの街です。案外あっけなく再開発されてしまう可能性も考えられますが、昌徳宮など旧王宮がある場所でもありますので、一気に高層アパート群というふうにはならないこと、期待しています。


461


462

 この辺を歩いたのはこちらの古い記事でも紹介したゲストハウスというかバックパッカー用のモテルである「鍾路苑」を探してみたのです。ピンク色の小さなモテル建築だったと思うのですがいつの間にか無くなってしまったような感じです。ソウルの街、変化が速いです。


463

 ぐるっと回ってまた都園のあたりまで戻りました。やはり無い、そんなでした。


464

 ここはブルーリボンサーベイ韓国版ソウル編にも出ていたと思う南道料理の店、목포집(モッポチプ)です。トッkカルビとかホンオ、そんなのの店のよう。通りから少し入りますがけっこう大きな店のようで、行ってみたい食堂の一つです。こんな店も早く行った方がいいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記654 東頸城郡浦川原村上猪子田 小麦平

043

 小麦平集落、ぽつぽつと数軒の家が残る小さな村です。道路はしっかり狭いながらも整備されています。こんなふうに分かれて谷に下る道もあったり。古い地図だと下の方にも家があったようです。左の道を降りてきたのですが、右への道も車道として地図には出ています。軽トラックならなんとか、という感じですよね。


044


045

 数十mの谷です。

046

 奥から2軒目のお宅です。


047

 玄関は開いていて網戸になっています。どうやらこちらは居住者がおられるようです。


048

 少し先、通行を妨げない場所に車を止め、歩いて戻り、ごめん下さい、と声をかけるとおばぁちゃんが出てきてくれました。25年ほど前にここへ来たこと、新潟大学時代の友人のお父さんの故郷であることなど話すとまさにそのお宅でした。夜中に急に訪問したのに上がらせていただいてお茶をご馳走になって話をしたこと、よくは覚えておられないようでしたが、嬉しい一件でした。


049

 お暇して細い道を下ります。国道から細い道を数キロ入った小さな村です。冬の雪を考えると簡単には言えませんが、自分たちの食べる米と野菜を作ってのんびり暮らす。そんな老後もいいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

2012年8月20日 いつまで暑いのだろう?

005

 写真は新潟西港、漁船が着く埠頭の氷の積み込み機です。木浦港も新潟港も一緒ですね。

 さて、今週もけっこう忙しく働きます。水木の休みが楽しみ。その後は日曜もずっと仕事。そろそろ自分へのご褒美を考えたい夏休み終盤です。少し涼しくなったら自転車輪行での山歩き、もしくは徒歩での山村歩き、再開したいものです。残暑の季節、皆様ご自愛ください。

  午後に追加です。

 ここ数年はあまり感じなかったのですが、夏バテ、40代後半とか、けっこうつらかったです。暑い盛りよりも夏の最後から9月頃が一番きつかった記憶があります。昼寝をしないと午後は大変だったりとか、そんなでした。自転車に乗るようになったここ7年くらいは大丈夫だったのに、今年はちょっと何だかキツい感じがします。自分なりに防止法を考えてみると・・・

*適度な運動をする

*飲み過ぎない

*しっかり寝る

*ちゃんと汗をかく

*ちゃんとした時間にちゃんと食事する

 

 そんなところでしょうか? 今日から8月も下旬、もうひと頑張りで秋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記653 旧浦川原村 小麦平へ

036

 柿崎から旧吉川町、頚城村。玄僧という集落を抜けてまた吉川町の長坂。ちょっと下ってさらに山の中へ入る道で吉川町山直海。吉川町上名木というあたりがこの1枚目です。初めて走る道は車でも自転車でもわくわくしますが、すごい山の中となると道がちゃんとあるのか?もしも行き止まりだったら車を方向転換できるのか?そんな心配も心をよぎります。左の道から上ってきて、右折してちょっと広い場所で車を止め、この写真を撮りました。


037

 左の道が進行方向。右下は上がってきた道。いずれも基本的にはすれ違いできませんが舗装状態はしっかりです。


038

 少し進むとさらに上への道が分かれていてこの上にも集落があったのかお寺と神社のマークがあります。停車している車は地元の方のもの?


042

 ここが峠の頂上。吉川町上名木と浦川原村上猪子田の境界。道路を管理する役所の管轄の境界でもあるようです。


039

 集落の入り口にまずあったのはこの石碑。解読できませんでしたが、この村のいわれとかなのでしょうか?


040

 浦川原村上猪子田の最奥、通称小麦平の最初の、というか一番奥の家です。今住んでおられるのかわかりませんが廃屋っぽさはありません。ここから細い道を下って、小麦平の集落です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3891 鍾路の裏通り4

456

 大通りの1本手前の道を北へ進みます。モテルの看板「貸室(日本で言う休憩?)10000W」は前にも紹介しました。


457

 ちょっとした交差点に出ました。この角の石造りのビルも日帝時代の建築かも、と前にアップしています。3階建てで古いけどしっかりしたビル。なんとなく新聞社、出版社、そんな関係のものだったように思えます。たくさんのバイクは、、、どうやら24時間営業の韓式中華の店の配達バイクのよう。


458

 前記のビルです。けっこう立派でしょう?またこんな場所に大きな中華の店がったのは前は気づきませんでした。ちょっと北へ行けば安国キル、現代ビル、そんな人口も多く会社も多い場所ですので配達がすごい店かもしれません。


459

 これが、唯一鍾路に残る?料亭都園です。かつての梧珍庵よりも敷地は狭く、庭園とかはありそうにないのですが、かなりお金をかけた建築であることはわかります。こんど勇気を出して入ってみようかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

とうちゃんの自転車日記652 車で一回り

023

 

 自転車か歩きで行こうかな?と思っている場所を車で下調べしてきました。すごく暑いのに自転車で走っている人もかなり見かけます。みんながんばるなぁ、と尊敬しつつエアコンの効いた車で走ってきたのです。1枚目は前に自転車で走ったことのある刈羽村から柏崎への道から見た米山。なぜか県内で一番最初に稲刈りが始まるのはこの辺なんです。もう黄色くなってきた田んぼもありました。


029

 こちらは小千谷市の薬師峠の入り口。なかなか景色のいい場所です。行きたい場所はこの2枚の写真の間の地域にあります。秋になってからになるかな?お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »