« 2012年8月19日 - 2012年8月25日 | トップページ | 2012年9月2日 - 2012年9月8日 »

2012年9月 1日 (土)

普通の韓国を探して3907 正品(正規品)を買い求める良心 信頼を受ける大韓民国

486

 右下、「偽造商品申告 局番なしで125」とあります。さぞかし忙しい電話になっているのではないかなぁ。日本人観光客がいいお客になっているのも事実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月1日 カルメギサルのとんかつ?

007

 カルメギサルのとんかつかな?と書いた餃子の王将のとんかつ。そんなキーワードでこちらへ来てくれる方がけっこうおられましたが、昨日行ったら終了していました。結局ヤキメシと餃子をいただきましたが、もう一度食べたかったのになぁ、というところです。写真は8月初めから配られたスタンプカードにハンコを20個もらって交換できたぎょうざ倶楽部のカード。テイクアウト含めけっこう意識して食べていましたのでちょっと嬉しいです。ラーメンはちょっと好みに合いませんでしたが、餃子、それと中華鍋系はけっこう美味しく、また営業努力もすごい食堂だと思っています。

 忙しい土曜日です。でも、明日は休み。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とうちゃんの自転車日記666 大島村 板山不動尊

033

 ここも行ってみたかった場所です。旧大島村の板山不動尊。立派な橋ができていて、その際から小さな流れに降りて行き、杉林の中を少し歩くとありました。


034


035


036


037


038


039

 ご覧のとおり、森の中、でも、窪地になっていて空気はひんやりしています。自然の岩屋の中に石像がたくさん。大昔から不思議な場所として信仰を集めていたのでしょう。岩屋の前の地面、いつも濡れているのでしょうか、歩道から外れて写真をと思ったらズブりと靴が泥にもぐってしまいました。駐車場には新しいきれいな公衆化粧室があり、また、地元の人に愛されている清水もあります。車中泊にいい場所だなぁと思いました。軽トラックに乗った地元のおじさん、じいちゃんが集まって泉の前で談笑、なかなかいい風景でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3906 140番のバスに乗って3

340

 地下鉄とは違って、バスだと景色が見えるのが何より楽しいものです。ちょっと乱暴な運転で、揺れはありますが、車窓風景、お楽しみください。100番台のバス、多くは高麗大前から京東市場、城東区庁前を通って江南へ行くのだと思っていましたが、140番はソウル大病院の表を通り、南山を通るのでした。1、2枚目は南山の上りです。


341

 アンバサダーホテルが見えています。


342

 これはトンネルを抜けた先かな?

344

 漢江の橋を渡って、


346

 江南地区に入ります。


347


348

 この辺はもう下車した後。新ノニョンのあたりだったと思います。


349


351


352

 赤茶色のビルは新しいランドマーク、教保江南タワー。ここで地下には大型の書店があります。キムギチャン先生の写真集、「コルモクアン風景全集」を見つけたのもここでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

とうちゃんの自転車日記665 県道13号線 桜坂峠

023

 桜坂峠と言っても新潟県民、1%も知らないのではないかと思います。柏崎市の折居というあたりから吉川町に越える峠で、かなりの難路です。もちろん冬季は閉鎖。そんな道を自転車で行けたらいいな、と思って下見をしました。1枚目は峠の頂上から吉川町側へ少し下ったあたり。工事の車が少しだけいました。


024


025

 もう少し下ると尾神岳方面への林道の分岐がありました。舗装されてはいますが山の中腹を行く細い道です。道標があるもののこんな状態。前はハンググライダーなどの施設があり、大学の先輩がそこの常連だったりしました。80年ころの話ですのでバブル期にさしかかる景気のいい時代。降りて、また道具を運び上げるのは誰がやるのでしょう?贅沢な遊びですよね。


026

 またも分岐。後で地図を見てわかったのですが、右へ下るのは吉川町の一番奥の集落川谷への道。左が大島村へのやはり下りの道。けっこう利用されているようで、右の道を上ってきて左の道へまた下る車がありました。私も左へ行きます。正面の山は前に紹介した浦川原村の小麦平方面だと思います。高山ではありませんが、山深さにかけてはかなりの場所です。


030

 動物のフンがありました。同じ場所にやる習性があるのは何だったかな?狸かなんかでしょうか?


031

 振り返れば尾神岳。このあたりの下にも吉川町の集落がいくつかあるのです。無駄にガソリンを使うのには反対の私ですが、この辺だと車が無いと暮らせないのかなぁ、やはり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3905 コエックス早朝ウォーク

7221

 90年代の完成時には世界最大の地下街だか、そんなふうに言われていたコエックスです。でも、当時は半分くらいしかテナントが埋まっていませんでした。映画「白磁の人・朝鮮の土になる」を見に出かけた時のものです。やはりマイナーな作品だったのか、ソウルでの上映館は数館。また時間も日に1~2回だったり。朝の8時台の上映に合わせての江南行でした。面白い椅子があるな、と思ったら・・・


7231

 ロッテ免税店の広告を兼ねたもの。なかなか粋です。


7241

 フードコートも誰もいません。ここ、ガラス張りの床が何だか苦手です。そんなに太ってはいない今でも。


7251


7261


7271


7281


7291

 開店前の店。広告を兼ねて灯りをつけっぱなしにしているところもあるのかな?大体ここ、何時に開くのでしょう?浮浪者がいないことを考えると、やはり夜は閉めているのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3904 140番のバスに乗って2

334

 誠信女子大学前あたりかな?太極堂という、やはりパン&菓子の店がありました。仏光洞にもあったけど、奨忠洞の店とは別に、いくつかソウルにあるみたいです。


335

 漢城大入り口の島式停留所。そろそろソウル市の中心部に入ってきます。


336

 ソウル大学校医科大学、歯科大学、看護大学の病院の正門です。たぶん日帝時代の建築と思われる旧医科大学本館はまだあるのかな?しかしこのバス、普通の江北から江南へ向かうバスとは異なり、ソウルの中心部を通って行きます。


337

 鍾路4街。広蔵市場の西の端です。


338

 これが鍾路。


339

 退渓路4街から退渓路に入り西へ。どうやら南山の下を通るようです。なかなか面白い路線ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

とうちゃんの自転車日記664 柏崎市野田

161

 最近下調べと称して新しい車でさんざん走っているあたり、柏崎市の野田という集落です。東から渋海川の谷、主に小国町、鯖石川の谷、柏崎市と高柳町、鵜川の谷、柏崎市、3つの谷が平行しているのです。前に、悪田村の源之助作の石像を見に、宮ノ窪の不動院を尋ねましたが。その道が鵜川の谷です。1枚目、宮ノ窪のちょっと先、野田からの西方向、柿崎との間の小村峠方向の写真です。山肌を蛇行して登っていく道が見えるでしょうか?歩きか自転車できっと、と思う道です。


017

 これは同じあたりからの黒姫山。かなり大きな山です。


151

 集落の中心近くにあった鵜川神社。一回りして車に戻りました。夏はいいけれど、この辺も冬は豪雪地帯。空き家も結構見られました。柏崎というと、新潟県民にとっては海辺の町で雪は少ないイメージはありますが、高柳とかこんな鵜川の谷の奥は豪雪地。松代町と一緒です。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

とうちゃんの自転車日記663 刈羽三山

012

 日本人は3が好き?なんとか三景とか、三山、三大なんたら、いろいろあります。あとは、八かな?中国のしょうしょう八景が元でしょうが、近江八景だの、8もまぁ、縁起のいい数字なんでそんなのがあるのでしょう。で、今回は刈羽三山。柏崎とか西山、刈羽村、高柳町、そのへんの3つの目立つ山、名山ってことですが、1枚目、刈羽パーキングエリアの上の道から見た米山です。高速道路、すいているのは都会の人が見たらびっくりかな?

 米山、新潟県人が思っているほど有名じゃないかもしれませんが、柏崎と柿崎の間の海岸に聳える三角形の整った山容を持つ山です。こっちからだとちょっと傾いた感じに見えてしまうのがちょっとした難でしょうか? 昔は毎週仕事で行っていた柏崎の人の自慢は水。この米山の山懐に柏崎の水源地があります。


013

 これは刈羽黒姫山。米山よりもちょっと低いですが、やはりこの辺では群を抜く感じの山です。少し前に書いたように方向により見え方が違い、長岡辺りから見ると整った三角形の鋭鋒で、米山と間違う人も多いと思います。やはり信仰の山で周囲にいくつもの黒姫神社があります。これは曾地から安田へ向かう県道からのもの。自転車でも走った道です。


014

 最後は八石山。柏崎と小国町の間の山で、前記2つの山に比べると整っていないというか、ちょっと影が薄い感じです。3つくらいのピークがあり、標高も前の2つよりも低め。電車の駅から直接登れるという山です。自転車、歩き、いろいろやっていますが、この3つの山、できるだけ早く登ってみようと考えています。涼しくなったら行動開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

2012年8月29日 アルパカ

054

 暑いので中越方面をドライブ。最後は山古志村のアルパカを見て戻りました。山古志はやはりそれほど高くない山が延々と広がる場所に集落が散在する山村。その一番奥の栃尾へ越える道のそばにアルパカの家がありました。入場料なし、自由に見られます。


058


059

 ガチャの機械に100円入れてえさを買うと、もう覚えているのか寄ってきて餌をねだります。手から直接あげるのですが、ぜんぜん怖くありません。こりゃぁかわいいです。いい休みになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

普通の韓国を探して3903 140番のバスに乗って

330

 左の建物、昨日の記事のモテルです。フェニックス(フィニクス)モテルというキルムのモテルなのでした。


331

 吉音と言えばミアリテキサス。今はどうなっているのでしょう?「青少年通行禁止区域」のビラビラが見えていますが、まだ残っているのかな?


332

 これで誰にでもわかります。吉音駅の地下鉄入口。


333

 その先、ソウルの北部を回る道路を越えるとミアリコゲ。アパートの向こう側は高麗大、そんな山になっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記662 刈羽黒姫山とさらに山奥のほう

045

 鯖石川の谷と渋海川の谷の間、昔からたくさんの峠がありました。すでに歩いて往来する人がいなくなり、木々に埋もれてしまった峠もあれば、似た経路で新しい道ができている峠もあります。そんな中の一つ、田島峠に鯖石川側から上がってみました。峠の頂上手前、ちょっと展望が開けた場所で車を止め、山を見ます。ひときわ目立つのは刈羽黒姫山でした。方向により見え方は変わりますがこちらからは整った三角のきれいな山容です。

 高速で長岡方面へ向かうと、三条を過ぎたあたりからこの刈羽郡の山が見えてくるのですが、米山かな?と思ってしまうことがあるのがこの方向からの黒姫山です。その後でずっと右に米山が見えてきますが新潟方向からだと米山はちょっと傾いた三角形みたいに見えてしまうのです。米山、黒姫山ともに信仰の山。いつか上ってみたいものです。


431

 少し望遠を効かせてさらに左、南寄りの山々を撮りました。1枚目の左手前に見えている小高い尾根がこちらでは右手になります。松代町方面の山々ですが、ちょっと名前はわかりません。何度か書いているように高い山は無いけれど低い山がたくさん。小さな集落とそれらを結ぶ峠もたくさん、そんな地域になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 KE764便 7時間半遅延予定

040

 またまた暑い夜でした。台風15号、どうかな?と思ったら韓半島の西岸をなぞるように北上しそう。韓国、大変そうです。大きな被害がないことを祈願します。

 飛行機はどうかな?と思って新潟空港のHPを見てみたら9時半発予定のKE764便、到着地の天候不良ということで17時発に変更になっています。7時間半の遅延です。それでも、飛べば運賃の払い戻しは無いのが飛行機、今日行く予定だった人はたいへんです。 また、同じ飛行機で飛んでいること、このブログでも前にお知らせしましたので、今夜のKE763はどうなるんのでしょう? 17時発だと仁川到着は19時20分くらい。急いで整備、片付けしても、仁川出発は可能でしょうが新潟空港は遅い時間はやっていなかったと思います。今日帰る予定だった人は帰れないのかな?ともあれ、天候に関しては前にも書いたように誰にも、どうしようもありません。割り切って仁川空港新都市で楽しむしかありませんね。

 

 今日はオープンデイですが、けっこう予約が入りました。エアコンのある部屋での就寝にかえても、やや疲れが残り気味。でも、今日頑張れば明日は休み。ゆっくり身体を休めることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

普通の韓国を探して3902 標語好きな韓国の人たち

713

 読める方は読めますよね。ソウル城東警察署、と下にあり、「酒暴をもうやめよう」とあります。日本同様、酒飲み天国、そこらでしょっちゅうオーバーイート(ゲロ)を見かけるし、道で寝る人も多い韓国、酒に酔っての暴力行為、家庭内暴力とか、やはり多いのでしょう。そんな酒の上でのケンカ、暴力をやめましょうという広告、韓国らしいなと思ってシャッターを切りました。


712

 地下鉄に国鉄、大事なバス路線も集まるターミナルである往十里の駅前に城東警察署、そして城東区庁があります。そんな駅前の角にもこんな大きな垂れ幕広告がありました。警察のものはほぼ一緒、

酒暴予防と健全なる飲酒文化の造成(?)に、みな一緒に同参(辞書を見ました。日本語の賛同みたいな感じの言葉のようです)しましょう。

区庁のほうのは

駐車難を解消しましょう。建築物付設駐車場を解放しましょう。

とあります。建築物付設駐車場ってのは?アパートの余裕の駐車場とかなんかかな?ともかく、人も車もモノも多いソウル、車の置き場所も大変なのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3901 韓国가고싶다.

716

  2号線三成駅です。旧市内からこの辺へ行くとき、いつも迷います。ぐるっと2号線で回っていくか、3号線で南へ行って教大で換乗するか?渋滞が心配だけど景色の見えるバスで行くか? 案外駅と駅の間が狭い古い路線、一駅ごとの所要時間も短いので2号線を選ぶことが多いかな? この時は映画を見るために、朝の電車でやってきました。


717

 この景色、ご存知の方も多いでしょう。初めてソウルへ行った95年、ちょっとびっくりした覚えがあります。まだ地下街も半分くらいしか埋まっていなかった時代でしたが、その広さにびっくりしたものです。


718

 まだファストフードの店も閉まっていたり。ポスターは何ていう人だろう?そういう方面にはうとくて困ります。もっとも、人の顔を覚えるのが上手でないのは昔からでしたけど。


719

 ふりかえって後方。パークハイアットの外が見える風呂には興味がありますが、値段を考えるとその分、他に使った方がいいと思ってしまいます。


7201


7211

 大体の方向を見定めて、コエックスセンター地下街を歩き始めました。こういう場所に魅力を感じる人もいれば、どうも落ち着かない私みたいなのもいます。でも、お金があったとしても、やっぱり江南は苦手、泊まるなら旧市内、そう思ってしまう私です。毎年行っている秋夕前後のソウル。初ソウルも9月初めの秋夕直前でしたが、そろそろそんな時期になりました。最近田舎は歩いていないし、のんびり韓国の農村風景を見ながら汽車に乗ってみたいです。韓国へ行きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記661 古いものを大事にする気持ち

022

 旧頚城村だったと思います。町の中心のあたりから山へ入る道になってすぐ、こんなのがありました。道路のいい新潟県、車は少ないものの上下1車線ずつの広い道の脇です。2つの石造物を守るようにそれよりも大きな石を立てて囲んでありました。車を迷惑にならない場所に停め、歩いて戻っての撮影でした。薄暗い森の中なのでストロボ発光しての写真です。


023

 だいぶ摩耗、風化してしまって、何の像だかわかりませんがだいじにされているのはわかります。村に悪いものや悪い人、病気なんかが入ってこないようにと置かれたものなのでしょうが、多分道路の整備の時に拡幅にかかって新しい道の際に移動されたのだと思います。古いものを大事にする気持ちが嬉しく感じられました。でも、コンクリで下が固められているのはちょっと興ざめ。しかし、こういうのを持って行ってしまう人がいるのでその対策なのかもしれません。

 今朝も6時ころに愛犬と散歩をしましたが、だんだん成熟してきた私の住む町、大きな家だと石灯籠なんかもあったりします。庭に灯篭や石塔を置いて楽しむ、石造物には確かにそういう魅力があります。最近わかってきました。でも、田舎の村のこういうのを盗む人はどうなんでしょ?野にあってこそいいのだと思うのに、自分で盗んできて自分だけで見て嬉しいのでしょうか?それとも、どこかへ売ってしまうのでしょうか?罰当たりとはこういうことです。骨董、古美術品の世界、そのへん、どうも胡散臭く感じてしまう部分もあるような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3900 古いけど地図に掲載される有名な宿

329


 この写真でどこだかわかった方は相当のソウル通。ソウルのとある繁華街のはずれにあるモテルです。相当古いと思いますが、地図にも名前が掲載されるような宿の一つです。

 新沙洞のピンク荘、蚕院寄りのハイウェイ荘、、あとは、私が知っているのは少し前になくなってしまった南山パーク、ここは場所がいいので観光の人もいましたね。 あとは、スユリの白雲パーク、ブラウンホテル向かいのユニオン荘、、、観光客には縁がないところがほとんどですが、中央地図のソウル道路地図に昔っから出ているソウルのモテルがたくさんあります。

 この場所も三角形に大通りに囲まれた街。後ろの方にアパート群が見えるように、半分くらいは再開発されています。大昔、地下鉄にしか乗れなかった時代に、重たい鞄をぶら下げてここの前をずっと歩いて、途中の薬局で筋肉痛の薬、「エオシンシンパス」というのを買ってさらに歩いて、この町の向こう側の裏通りにあったぼろっちいモテルに泊まったのでした。ここ、どこでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

普通の韓国を探して3899 台風15号 韓国への影響

368

 「台風15号+韓国への影響」、なんて検索をすると、何か見苦しいサイトがトップにずらり。人のせいにしたり相手の不幸や失敗を願うなんてのは日本人として情けない気持ちになります。韓国側だって似たようなのもたくさん。無記名で悪口を書くのは無視しましょう。

 ともあれ、沖縄県、大韓民国への被害が少ないことを祈願します。 この私も3度ほど台風で飛行機が飛ぶかどうか心配したことがありますが、機材があれば遅れてでもきっと飛ぶのが韓国です。まぁその辺、航空会社も普通に運行したいわけですが、天候ばかりは人間の力が及ばないこと、なるようになるしかありません。

 

 今回は前回、7月の帰国日の朝のテレビ画面ですが、予想より早く、また弱まって本土上陸し、お昼前には日本海へ抜けて、というカヌン台風のニュース画像です。


369


371


372


376


382


389


393


395

| | コメント (0) | トラックバック (4)

普通の韓国を探して3898 弘大前 「コプチャンチョンゴル」

690

 2度ほど行こうと思って行けなかったホンデアプの懐古音楽酒場「コプチャンチョンゴル」、この夏、やっと行けました。釜山大に行っていた友人がソウルで就職、前に紹介したミノフェの後、江南の教育保険文庫経由。弘大駐車場キルから奥へ入っての場所、知ってる人は知っている店なのでした。


691

 かなり前の韓国語ジャーナルの付録CDで紹介されていて、それ以後、ずっと行きたかった店、念願がかなった嬉しい夜でした。前記CDによれば、「来たい人だけ来てほしい」ということで看板の灯りも点いていなかったとか。この時は確認していませんが、その後移転して大きくなった、そんなだそうです。半地下ですがかなりの奥行があり、DJブースにはものすごい数のLPレコードがあります。一部ダミーもあるという話ですが、70年代、80年代の音楽が中心。9時からはリクエストも可能ということで、私もいくつか頼みました。

692


693

 カウンターもあれば、テーブル席もあります。最初は2人だったのでカウンター。その後延大に通っているという彼の友人も合流してテーブルへ。さらには隣の席の韓国人アジョシ4人とも一緒になっての大酒宴になりました。私だけ前半の計算を済ませ、早めに上がりましたが、また行ってみたい、いい店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3897 ソウルソウルソウル 

730

 ソウルの写真、西向きの1枚です。どこだかわかりますか?東大門区庁前です。左右に走る大通り、右へ行けば京東市場、紅波初等学校前から高麗大学前、鐘岩洞、ミアサムゴリ。左へ行けば馬場洞、往十里、舞鶴女子高校前をへて鷹峰サムゴリ、ソウル森公園だの、そんな重要な道です。まっすぐ行けば新設洞ですね。


731

 同じ場所からですが南方向。この写真だとわかる人も多いはず。清渓川路の東の端のあたり。清渓川高架道路は無くなりましたが、内部循環路の高架道路が見えています。


732

 続き写真ですが、早朝、東大門区庁前のホームプラスに買い物に来た帰りです。タクシーで来たのですが、帰りは公共交通機関でと思い、歩いてチェギ洞方向へ向かいました。バス通りは歩きでも、バスでも、タクシーでも何度も通った道ですので1本西側の裏手の道を北へ歩きます。アパートが多い=再開発された街、ということで広くてまっすぐな道でした。

733

 でも、一部、東側にはこんな一角も残っています。


734

 西側はこんなです。


736

 北には、東医宝鑑タワービルがどかんと見えています。北から見た人は多いはず、京東市場前交差点にそびえるあのビルです。博物館もあるのでしたっけ?韓方医学の。


737


738

 またちょっと古い町が残っている部分がありました。最後の写真は郵便局。鍾路の続きの大通りはもうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とうちゃんの自転車日記660 旧川西町大白倉

122

 県道326号線、倉下山付近から西側の風景です。東側はけっこう深い山になっていますが、稜線の西、小白倉、大白倉という集落のある側の渋海川のほうはかなり高いところまで田んぼがあり、今も現役のようでした。軽トラックとかは上がれる道があるのでしょうが、すぐ下に見えるのにこの道からはかなり急な崖になっています。遠くの山は八石山。いくつかのピークが並ぶ山で、刈羽三山の一つです。


123

 もう少し左、同じ場所からの風景です。こっちの山は割合近くの立派な山が黒姫山、遠くの三角のピークが海岸部にある米山。刈羽三山の残り2つが見えました。やはり田んぼがすぐ下までありますが、その先は人里は見えない感じ。でも、大白倉集落がそこらへんにあるはずです。 このあたり、渋海川、鯖石川、鵜川という3つの川の谷沿いにたくさんの山村集落がある地域。何とかうまく生き残ってほしい、そんな場所です。どんどん人が減り、集落が無くなり、田んぼも荒れ放題というのではなく、という意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月19日 - 2012年8月25日 | トップページ | 2012年9月2日 - 2012年9月8日 »