« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

2012年1月28日 (土)

すばらしい韓国の食事649 木浦でアイサックトースト

117_2 118 119 120 123 124 127

 よく、観光HPの掲示板などで韓国の悪口が書かれていますが、押しの強いアジュマに強引に勧められて高いメニューをなんてのがあるでしょう?あれに、まんまとひっかかった、ちょっと面白い話です。

 場所は木浦の市外バスターミナル。駅からけっこうある場所です。4時台に龍山駅前のポジャンマチャでうどんを食ったきりですので、9時ころになったらお腹が空いてきました。目的地までのバス票を買って、ターミナルの中を見回すとアイサックトーストがありました。食堂で食べるには時間が無かったのでトーストの包装(テイクアウト)をやろうと思い、「ヘム(ハム)チーズトーストゥ、甘くしないで包装1つ」と頼んだら、アジュマ、「3000Wお出しください、美味しいのをつくって差し上げますから」の一点張り。しょうがないなぁ、それだけ勧めるのだし、100円も違わないからいいか、と3000W出しました。

 しかし、韓国語が通じなかった訳ではないのに、2枚目、甘いジャムみたいなのが塗られています。そこに四角い目玉焼きを載せ、キャベツを載せ、なんかマルシンハンバーグみたいなのを載せ、5枚目で完成。壁のメニューはみませんでしたが、これが「モドゥム(全部のせ)」なのか「スペシャル」なのか、、、3000Wのトースト包装です。

 バスに乗り込んで食べ始めたのが最後の2枚。お腹が空いていたので美味しかったけれど、久々にあの甘い韓国トーストを食べました。しかし、私のあとのお客さんにもこの「サムチョノンネセヨ、マシヌンゲマンドゥロジュルケ」を繰り返し、みな3000Wずつ払っていたので、この店、そういう店なのでしょう。韓国の人、案外みな優しい従順な心を持ってるのかな?と感じた一件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3621 ソウル 仁寺洞夜景1

052 053 055 056 057 058 059 060

 世林ホテルから、裏のビルの敷地を通って鍾閣駅の方へ行く近道を行き、ホテルソンビの先が1枚目、参鶏湯屋のあるあたり、ご存知の方も多い場所です。どっちへ行こうか迷って、結局鍾路3街の方へ向かいます。2枚目からは、あのマウルボスも走る一方通行の道、6枚目からが仁寺洞の通りです。

 ちゃんとした骨董品の店なんかもあるのでしょうが、何となく観光の町、土産品屋街というイメージのインサドンキルも夜は観光客の姿が消え、しっとりした韓国人の町に戻ります。零下10度近い真冬でしたのでそれも人通りが少ない一因かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記540 富山へ行って来た2

012 011 023 024 025 026 027 028

 1、2枚目は米山サービスエリア。新潟からのバスだと1時間半くらいで着く場所ですので、長野行き、金沢行き、富山行き、みなここで休憩をとるようです。ただしこの日は2時間半以上もかかっての到着でしたので、短め、8分くらいの休憩時間でした。

 3枚目以降は富山市内。総曲輪(そうがわ)という昔からの繁華街のバス停で下車して、アーケードを東へ歩きました。4枚目は新潟から撤退した大和デパートの富山店。でも、水曜日だからか休業日のよう。のんびりしているなぁ、と思いつつ歩きます。立派なアーケードなのに開いている店は少しだけ。これは後から富山出身のスタッフに聞いたのですが、水曜日はここ、休む店が多いとのことでした。

 ずっと歩いて電車通り(6枚目)を越え、ちょっと小路を入ったところのラーメン屋さん、「南京千両」という店でお昼です。富山ブラックというのは有名ですが、富山の豚骨ラーメン、久留米で屋台をやっていただかネットにありましたが、ちょっと豚骨の臭みがある本格的な九州風ラーメン、美味しかったです。ワンタンメン650円の写真でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

2012年1月27日 早起きの私

086 087

 こんばんは

 仕事が終わり、8時までいちおう電話番して上がります。車無し生活、1週間になりました。歩いて帰宅予定です。

 いつも早起きの私、5時ころ目が覚めることが多いかな?流石に今年になって掛け布団を出しましたが、ちょうどよく平衡状態になった朝の布団の中、まさに天国です。灯りをつけずにラジオをつけることが多いのですが、早朝、お年寄りの視聴者が多いせいかな?宗教関係の番組が多かったりします。

 今朝のBSNラジオでは、創価学会のやつ→東本願寺のやつ→ネンポウシンギョウ?のやつ→また創価学会のやつ→カトリック教会のやつ、とやっていました。まぁ、宗教ですのでみないい事を言います。うんうん、そうそう、とうなづきながら聞いていました。私も年をとったせいかな?いい話だなぁ、と、よく思います。今朝もメモをとったりしたのですが(韓国語で)、

 愛、 愛することは自分の幸福でもあり、周囲の人の幸福でもある、いつも世の中に「愛」がたくさんあることを祈願、心の余裕と愛、尊敬する人、愛する人がいるのは幸福なこと、恒常キッポハラ、大滝えいいち、なんて、、、

 明日は忙しいです。特に午前中、新しい記事は午後になると思います。さて、雪の中、帰ります。皆様、よい週末をお送り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記539 富山へ行って来た1

005 006 007 008 009 010

 1月25日の写真です。韓国の話も、その他の項も、わざと順番通りにしていないのですが、今回のシリーズは順番で行きます。

 いつも通り早起きして自転車で医院へ。ちょっと歩いて新潟駅。朝の時点では積雪は5センチくらいの新雪。まさか大雪だとは思わず、前日に買っておいた切符で富山行きの高速バスに乗ります。1、2枚目は新潟駅万代口のあたり。3~5枚目はちょっと万代橋方向へ歩いた県外行き高速バスの乗り場です。県内行きの高速バスは2枚目の駅前ターミナルから出ます。3枚目は先発の、、高崎前橋行きだったかな?4枚目は行き先別の時刻表、読めますか?

 富山地方鉄道だといいなぁと思いましたが1日2本の富山線、同じバスで往復するのか、新潟交通でした。思った通り帰りも同じ運転手さん、予定では3時間45分くらいなのですが、行きは5時間ちょっと、帰りも4時間半近くかかりました。プロのドライバー、本当にありがたい仕事です。

 6枚目は途中の車窓風景。長岡まで2時間、まぁ、新潟市は大丈夫だろう?と思っていましたが最終編、戻ってきた夜の新潟の写真をお楽しみに。

 思いだしました。6枚目、長岡市の手前ですが雪で道路の幅がわからなくなって、道路外にはまって動けなくなった真ん中の車を前後の2台の人が押して道路に戻してあげている所なのでした。雪国、お互いさまで動けない車がいたら助け合う、そんなのが普通になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3620 またまた韓国の小型犬、やはり雑種かな?

265 266 267

 「ケ」というのが「犬」、それと別に「カンアジ」という言葉がある韓国、一般的に小型の愛玩犬、子犬のことだと思っていた後者ですが、やはり家庭内の愛玩犬、特に室内で飼っている場合はうちのあさこのような中型犬でも、「カンアジ」と呼ぶようです。

 またまた韓国の放し飼いの犬ですが、けっこう可愛いやつです。この子は逃げずにフレームに収まってくれました。何?なんかくれるの?という3枚目、かわいいでしょう?前にも書きましたが、犬も飼い主に似るとか言います。たまに目つきの悪い犬なんかいますが、ついつい紐を持っている人を観察してしまいます。いつもいい顔でいたいものです。

 場所、行ったことがある方ならすぐわかるかな?ソウルではない、けっこう大事な駅の駅前広場です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3619 パジュ市クヮンタン面ヨンミ里の龍岩寺2

355 356 357 358 359 361 362 363

 広灘面ヨンミリ石仏のお寺、続きです。1枚目はゴミ焼却炉かな?やはり論山の灌燭寺にもこういうのがありました。零下の朝の韓国の寺。7枚目は「広告募集中」みたいなものかな?田舎を歩いているとけっこうお寺の看板があります。名もないお寺を訪問してみるのもなかなか面白いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

2012年1月25日 大雪警報をなめたらアカン

こんばんは

 朝のバスで富山へ行ってきました。家から新潟駅までは新雪を踏んでj自転車。ここまでは何とか、走れましたが、バスは大変。駅から女池インターまで45分。長岡まで高速で2時間。5分ごとにぶつかってる車(なぜかほとんどホンダ車)を眺めつつ、富山まで1時間15分遅れの5時間。滞在時間4時間で、帰りは30分遅れ。やはり除雪車の後ろのノロノロ運転、規制通りの50キロで走る警察車両のおっかけをしつつ戻りました。新潟も富山も大雪。さすがは大雪警報発令中。プロでさえ緊張するであろう道路状況でした。トーシロが自家用車で行かないでよかったと思う1日旅行でした。

 途中、財布を落とすは、お腹をこわすは、波瀾万丈でしたが、予定の行動をほぼ終えてのリフレッシュ旅行、いい一日でした。

 

 きたぐに、日本海は初めから運休。強い冬型の日本海側の気候を満喫する一日でした。超大型ノカミナリにも遭遇。冬の日本海側ではフツーなのですが、とにかくいい一日でした、、、と思わないといけません。明日は歩いて自転車を取りにいかないと、、、車なし生活3日目でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

2012年1月24日 車の無い生活2日目

004

 日曜夜に、愛車が引き取られて行きました。自損事故です。昨日見積もりが出ましたが、直すのには簿価(もうすぐ丸7年)の2倍くらいのお金がかかります。愛着が無くはないけど、冬場はリッター5キロ以下の韓国車。どうしようか?考え中です。家には家内の小型車がもう一台あるし、冬場の天候が悪い日はつらいと言えばつらいですが、昨日も徒歩で出勤、帰宅。今朝はつるつるの道を半分は押しながら自転車で出てきました。

 車が無いと困るのは大きなものや雑貨たくさんの買い物などの時。そんなのは家内の車を借りればよし。あとは、天気さえよければ自転車で可能です。市内だったら自転車のが早いくらいです。唯一つ、回数券がたくさんあるスーパー銭湯にはちょっと行きにくくなってしまいます。まぁ、期限はないのですが。

 一家に車2台。2台同時に使うことがあまり無いのであれば、ひとつでいいかなぁとも思います。でも、乗って面白い車に乗るのも、また楽しいかなとも思います。ともかく、しばらくは車無しの生活をやってみるつもりです。

 明日の休みは小旅行をと思っています。今までは5時ころ車で出てきて医院において駅へ行きましたが、朝の天気はどうかな?それがちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3618 韓国の仏教寺院 広灘面龍尾里 龍岩寺

346 348 349 350 351 352 353 354

 食べられない物には興味が無いという感じだった私ですが、年のせいか、食べられない物でもいいなと思うものが増えてきました。韓国の石仏、石像もその一つです。13年か14年ぶりの訪問だった龍尾里石仏立像のお寺の写真です。

 ソウル駅から15分おきくらいに普通の乾癬バスが走るパジュの田舎のバス停を降りるとすぐに寺の入り口。短い参道を上るとお寺です。どこのお寺も「丹青」という塗りで面白くないと思っていましたが、これも韓国のやり方。25年に一度かな?塗り替えるのが本式。だんだんその職人さんが減って、と大韓航空の機内誌だか、KTXの雑誌で読みました。

 しかし不思議なのが8枚目。お寺の、庫裏というのかな?坊さんがクラス建物の脇に地下へ通じる階段が。これって、前の記事、論山の灌燭寺の境内にもあったのです。古いものではなく、新しいもの、地下に宝物の倉庫でもあるのでしょうか?詳しい方、教えてください。これ、何でしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3617 飼っている人も元が何なのか知らない小型雑種犬

202 203 204 205

 久々、そこらの普通のトンネの小型雑種犬です。排便中に失礼させてもらいましたが、飼料のせいか白っぽいウンコ。まさかバリウム飲んだわけないし、韓国にはそういう餌があるのかもしれません。しかしなかなかこっちを向いてくれず、用を足すとスタスタあっちのほうへ。ちょっと追っかけましたが顔は撮れませんでした。

 ブロックレンガの並べ方、放し飼いの小型雑種犬、なんかの容器を再利用した家庭菜園。キムギチャン先生の写真集にもこういう犬、こういうトンネがたくさん出てきますが、ゆるい韓国、力が抜けた韓国ののほうが、江南なんかの高層ビルの街よりも好きな私です。

 余談ですが、前にも書いたかな?初学者の頃は「エサ」=「ミキ」というふうに覚えていました。「家で飼ってるケにミキをやって散歩させて~」と言ったらば、「ミキ」じゃなくて「サリョ」が正しいと直されました。魚釣りとかの餌は「ミキ」、男を陥れる色仕掛けのための「女性」は「ミキ」でいいのですが、可愛がって飼っている愛玩犬の餌は「飼料(サリョ)」なのだそうです。日本語とはちょっと違った使い分けです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

普通の韓国を探して3616 旅情 龍山駅午前4時30分

811 821 831 841 851 871 881 891

 韓国を個人で自由旅行するときにはやはり必需品とも言える月刊観光交通時刻表、一番最初がKTXのページです。手元の11月号を見てみると、

ソウル駅発

5時30分KTX釜山行き101列車 釜山8時15分着

5時15分KTX馬山行き401列車 馬山8時8分着

龍山駅発

5時20分KTX木浦行き501列車 木浦8時39分着

5時40分KTX麗水エキスポ行き701列車 麗水エキスポ9時20分着

ソウル定着と決めた冬の旅。どれに乗ろうかな?と検討して結局木浦行きを決めた私でした。鍾路の宿からタクシーで龍山駅。いつものポジャンマチャでうどんの朝食でもと思っていましたが、寒さのせいかやっていません。ちょっと大通りの方へ歩いて、結局別の屋台へ行きましたが、6枚目、国際ビルはいつもどおり煌々と明かりがついています。また、7、8枚目、昔からあったガラス窓のアガシの店のピンクの明かりも皆無。撤去が始まっていました。懐かしく思う韓国ファンも多いのではないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事648 ソウルでバーガーキング

325_2 324 329 327 328

 5枚目の写真、島式のバス停留所の文字が見えるでしょうか。仏光のソウル西部市外ターミナル前のバーガーキングでの朝食でした。売り出し中の炭火焼ガーリックステイクボゴだったかな?大判サイズのワッパーではなく、ほとんど値段は一緒なのですが、小型サイズのを食べました。

 炭火焼というけど、なんか煮たような感じのニンニクがごろごろ。でも、加熱してありますのでそんなに臭いを気にするほどではないようです。まぁ、ファストフードですのであまり過激なニンニクもできないのでしょう。全体に甘いなぁというのが私の感想。やはりボゴキンでは、直火焼きの普通のワッパーをお腹が空いた時にいただくのがベストなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3615 露店商は原則不法行為

Img_8201 044 045

 1枚目と2、3枚目、400キロくらい離れた場所の写真ですが、関係あるので一緒に紹介です。

 先日、韓国で具合が悪くなっての帰国日の話を書きましたが、鍾路からタクシーでソウル駅西部駅、空港鉄道の入口の向かい側まで移動しました。タクシー技士さんと話す程度の元気はあったのでいろいろ話しながらの乗車でしたが、ソウル駅の西側、塩川橋を渡って西部駅へ向かう道路に韓国経済新聞社だったかな?そんな新聞社の建物があり、そのへんからソウル駅西口までの歩道上、昔はずっと露店の市場になっていたのです。「なくなりましたねぇ」と話すとやはり露店商は不法だからしょうがない、という返事でした。

 何度か書いているように、韓国の露店商、ごくごく小さな、ハルモニの店とかで全部売れても30000Wくらいなのでは?という規模のものから大きなものまで様々。でも、基本的には1枚目の写真のように不法で、取り締まりの対象になるはずです。通行の邪魔と言えば邪魔ではありますが、外国人観光客の私たちから見ると、そんなごちゃごちゃした街を歩くのも楽しいもの。そうでしょう?

 90年代の名画、アンソンギとパクジュンフンの「トゥーカップス1」に、成績優秀で新任成ったパクジュンフンが、不法と言えるもの、ポジャンマチャとか、露店商、按摩施術所、成人娯楽室、そんなのをみな取り締まって大混乱、そんな場面がありましたが、いい意味でのケンチャナヨな部分が無いと、韓国らしくない、そう思います。

 韓国の方から、よく「先進国だと思うか?」という質問を受けます。私は先進国、一等国だと思うと答えていますが、決まり一辺倒ではなく、いい意味でのフレキシビリティがあるのが韓国のいい部分だと思うのです。日本と韓国、「お互いに見習うべき点が多い2つのよく似た国だ」とも言っていますが、杓子定規に法律法律なんて国にはならないで欲しいなぁと考えています。

 1枚目は見てお分かりのように昌原市の馬山、2、3枚目はソウル2号線新堂駅あたり、中央市場入口周辺の歩道の様子です。そういえば、、、馬山では露店商をあまり見なかったような、、、気もします。広くて人が少ないからかもしれませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

普通の韓国を探して3614 仁寺洞 世林荘モテル

581 591 601 611 741 751 076 077 078

 宿は?というコメントをいただいたのでアップします。行政上は寛勲洞、イメージ的には仁寺洞の真ん中へんから少し西へ入った場所。ホテルソンビのすぐ裏でもある場所にあるセリムホテルです。

 1月とは言え、ソウルの宿は日本人で混んでいて、また、強気でもあります。ソンビの半分くらいの値段でほぼ同じ位置にという初めての世林荘でした。

 1~4枚目はチェックイン直後。5~9枚目は翌朝の出発時、4時台の写真です。まぁ、典型的な韓国のモテルの廊下、そして階段踊り場の写真ですね。掃除等は必要充分。まぁ、その部屋担当のアジュマによりますが、合格点。3千円台の宿としてはリーズナブルな部屋でしょう。壁のハンガーが、、、いかにも韓国趣味です。

 最後の2枚は宿の前からのインサドンキル、そして夜明け前のスド薬局前だったかな?鍾路の方に歩いてタクシーを捕まえて龍山駅まで向かった、そんな朝です。

 唯一、この宿の短点は、エレベータがすべて遅い事。ボタンを押しての反応、ドアの動き、そして昇降機の速さ、とにかく遅いのです。フロントアジョシが手回しでやってるの?と冗談を言いたくなる遅いエレベータ、日本韓国を通じて初めてのものでした。出発時の廊下の写真があるのは、めんどうなので階段を駆け降りたためなのでした。 でも、あとは、いい安宿だと思いますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3613 鍾路1街早朝散策6 曹渓寺の南側の道

130 131 132 133 134 135 136

 曹渓寺の南の通りを抜けてまた郵政局路へ。やっと明るくなってきました。寛勲洞の旅館を出て、中央地図、清進洞、鍾路区庁、曹渓寺、ほんの30分くらいの冬の朝の散歩でしたが、やうやうあかるくなっていくソウルの古い町、なかなかいい感じでした。6枚目mたいな斜面の氷、冬のソウルでは注意しないといけません。3年か4年前に清涼里で滑って転んで打った右ひじはまだこぶがあります。

 スタッフの希望でできた2月の連休、さて、どうしましょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事647 高級料理「ユサンスルパプ」を食べてみた

040 041 042 043 441 451

 知り合いの店、何でも料理なんかを持ち込んで、一緒に食べられる気安い店が2つなくなってしまったこと、すでに何度か書いていますが、ちょっと一人旅の寂しさを感じて、韓国への気持ちが落ち込み気味です。とはいえ、私のような旅をする人はそんなにいないだろうし、、、誰かと一緒の旅、エスコートを頼む?そんなのもちょっと浮かんでしまったりもした夜の食事です。

 場所は鍾路3街。楽園商街の近くの中華の店です。ちょっと元気を出すために奮発、と思って個人向け単品では一番高い10000Wのユサンスルパプを頼んでみました。やんじゃんぴ、ゆさんする、そんな内容のわからない韓式中華の大皿、たくさんあるのです。

 ユサンスルの最初の「ユ」はもしかしたら「リュ」なのかな?などと韓国語学習者以外にはわからないことなど考えつつ10000Wのユサンスルご飯を待っていると、まずはタマネギとタクアン、そしチャンポンクンムルが出てきて、メインの大皿が登場、かなりのボリュームです。細めに切った野菜と豚肉、そして韓式中華の「三鮮」、エビ、いか、干しナマコを甘めの味で炒めてあんかけにしたものがご飯の上に乗っています。5枚目のとおり、乾燥ナマコも本物がしっかり入っています。しかし私にはいかにも甘め。そして量が、、、最後はがんばって、食べ終えました。普通のポクチャミョンあたりにしとけばよかったな、というのが感想です。

 しかしこの店、場所が場所だけあって、夜なのに光化門、鍾路1街2街、仁寺洞、そんな方面への配達で忙しそう。出前の人も3人はいそうです。地方から出てきたのかソウル中心部の鍾路の地理がわかっていないハラボジ、たぶん朝鮮族の、高級たばこなんか買わずに節約しろとアジュマに諭されてる青年、、、中華の店の配達、映画にもよく出る職種ですが、たくさんのお金はもらっていないのだと思います。でも、この店のがんばってるみんな、そしてソウル庶民のの人間模様を垣間見た感じで嬉しかったです。バイクに乗れたらこの鍾路かいわい、私のが詳しいかもなぁ、、、配達アジョシで雇ってもらえるかな?なんても思った夕食でした。

 6枚目、「新羅飯店」ですね、この店。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3612 釜山金海ライトレール沙上駅周辺

Img_7994 Img_7995 Img_7996 Img_7997 Img_7998 Img_7999 Img_8000 Img_8001

 プサンキメLRTに乗って馬山方面へ行くべく、チャガルチのヘリム荘を出発。大通りを渡った側からタクシーを奮発しました。地下鉄で西面乗り換えはけっこう遠回りの感じがします。朝の早めの時間、ショートカットすべく西への道をタクシーで走りました。

 昨年は3度行ったとはいえ、まだまだ地理がつかめていない釜山です。バスの系統もソウルとは違ってちょっと「伸びていない感じ」がします。前夜一緒に刺身を食べた釜山大の先生も釜山大あたりからチャガルチまで来るバスは無いって言っていました。とんでもない距離を縦横にバスが走るソウルとはちょっと違うなと感じた一件です。

 2枚目以後が新しいLRTササン駅。ちょうど折り返しの線路に電車がいました。駅前にはド派手なモテル。ササンのバスターミナルの方、川にかけての地域は大モテル村ですが、ちょっと離れたこのモテル、がんばって目立つ色にしたんでしょう。でも、日本だったら、反対運動が起きそうな建物ですよね。カップルだけでなく、親子も、会社員も、そして坊さんも泊まる韓国のモテル。新しくてきれいなとこ、というとどうしても派手派手系統になってしまうこともあります。ターミナル周囲、町中、どんなモテルに当たるかも、普通の韓国旅も醍醐味の一つかもしれません。案外、いい家族が皆でやっている楽しいモテルもありますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »