« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »

2012年11月10日 (土)

とうちゃんの自転車日記691 車にも自転車にも乗らない日

002


 帰宅しました。タイトルどおり、今日は全ての乗り物に乗らずに歩くことにしています。朝食の前に、犬の散歩。その後、家から往復で50分間、速足で散歩。帰宅してトイレに行ってすぐ歩きで医院へ出てきて雑務の後、ヨドバシに写真を出して歩いて帰宅。11時23分時点での万歩計は15861歩、13.78Kmです。お昼は今日は家で天ぷらそば。ちょっといい茹で麺に店よりも豪華に天ぷらを添えて楽しむ予定。 さて、その前にもうひと歩きしてきましょう。歩いていると自転車がいかに優れた、効率のよい乗り物であるかを実感しますが、前にも述べたように、体重が脚にかからない、いわば椅子に座っての運動です。やはり歩きも大事でしょう。

 写真は今日ではなく、少し前の新潟市中心部。午後から晴れの予報、時間があれば行ってみるかもしれません。

 12時過ぎに出発、万代島美術館でやっているジパング展というのを見てきました。もちろん歩きです。途中、かなりの雨で雨宿りも何回かしましたが、3時45分ころ帰宅。それから犬の散歩でした。歩数計の数字は35103歩30.42Kmです。筋肉の疲れというより、足首などの痛みが出てきてしまうのが情けないですね。やっぱトシです。

 追記です。結局夕方からはほとんど歩かず、35798歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 無い

505

 最近、禅をやっているのですが、あまり形式ばったものではないのだな、と理解しています。行動あっての禅でもあるけど、「さりげない」が大事なのだと気づいたのです。「さりげ」があるようではまだまだ。修行修行とがんばるものでもありません。あくまで自分が自然に行動する、それが禅の心なのでしょう。

 上にあげた「さりげなさ」の、「さりげない」、そんな 「~ない」という言葉、日本語でもたくさんあるし、韓国語でも「~없다」という感じで、けっこうあるのではないかなぁ?と今朝歩きながら思いました。元は名詞「何なに」が「ない」という言葉の「が」が省略されたものでしょうから、最初の名詞はそれだけで存在するものであるはず。でも、今は単独ではめったに出てこない言葉であることも多いのでしょう。

「みっとも」+が+ない

「さりげ」+が+ない

「とんでも」+が+ない

「面目」+が+ない

新しい、たぶん間違ってる言葉で

「半端」+が+ない、ってのもありましたね。正しくは「半端」ではない、かな。

 韓国語で思いつくのが、ハングルの綴りが不確かなのでカタカナで書くけど

「サガジ」+オpタ

「ジェス(財数)」+オpタ

 あとは何がありましたっけ? どうも、「あったほうがいいもの」が無いという感じでマイナスっぽい意味が多いような気がします。後には「セッキ」とか「ノm」が似合いそうですから。

 写真は鍾路5街。日本人も最近多くなった広蔵市場側でなく、北側の街です。ちょうどお昼時、前を歩いていた女性会社員風のグループが誰かから聞いた「美味しい店」目指してやってきたのだけど、その店が見当たらない。「ない」、という動きのある写真です。 本日はスタッフが親族の結婚式で、ということで休診。午前中は石膏トラップの掃除だの、技工だのに出てきました。明日は仕事です。さりげなく、がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

普通の韓国を探して4003 東豆川夕景 トッカルビ屋を探して

247

 外国人観光特区から普通の東豆川の街へ戻ります。来るときに歓迎してくれた犬。帰りはストロボ発光での撮影です。韓国、いったいこういう小型の雑種犬、どれくらいいるのでしょう?


248

 まだまだ町はずれのあたり、果たして何を撮った1枚なのでしょう?写真を見たらわかるかな?

249

 街の南の端にあったトッカルビの店。このブログの最初の最初にアップした美味しい店を探しました。昔からの街の南端には市場があり、その先に大アパート群ができていました。表通りだったと思うのですが、見つかりません。しょうがなく、1本裏手の道をまた北へ戻りました。


250


251


252


253

 よく、韓国の治安は?なんて質問をあちこちの観光サイトで見かけますが、まず安心。東京の一部、大阪の一部のが危ないように思えます。少なくとも男性であれば全く問題はなさそうな国です。


254

 もうすぐ中心部というあたり、「ヤンキー市場」という一角があります。軍装品、払下げとかでしょうか?そういう店が結構集まっています。これはその中の店の一つの前につながれていた犬。何ていう種類でしたっけ?顔中しわだらけの夏は大変そうな犬種。日本でも見たことがない実物を韓国で見かけました。もう少し行くと「24時間青少年通行禁止区域」というあたり。この辺もでも、広い新しい道ができていました。バスターミナルも無くなったし、どんどん変わるのは地方都市も一緒の韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4002 ソウルの知らない街

235

 在庫整理です。ずいぶん前に縮小してあった写真。一度アップして写真を見てから、文章を書きましょう。

 知っていました。1枚目、低い広い建物、南部ターミナルでした。夏にミノ(オオニベ)を食べに行った時のものかもしれません。瑞草洞に位置する市外バス用のターミナルで、慶南とか全南とか、すごく遠いところへの路線は来ていなかったと思いますが、けっこう利用するターミナルです。忠南あたりから戻るときにここへ、ということが私は多いかもしれません。


236


237

 南へ行くとすぐに山になり、芸術の殿堂だのがある場所ですが、北側はかなりの繁華街になっています。観光客の多いホテルはあまりない感じですが、ホテルセントロというのがこの辺だったはずです。ものすごい歓楽街の真ん中にあるホテルです。


238


239

 こちらは交差点の南東側。昔は真露流通センターだか、デパートみたいなのもありました。ちょこっと見えるXiの高層アパート、一時は李準圭先生も職住接近だとか言って住んでおられましたが、すぐにまた城南は盆塘の広大な一戸建てに転居されました。もしかして、お城のような建築でしたので、建築中の仮住まいだったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4001 南営駅前 ホテルレインボウ

041

 あるのはずいぶん前から知っていましたが、市内中心部とは言えない場所。初めて南営のレインボーホテルに泊まってみました。観光サイト経由で5000円。値段なりの古いホテルというか、、、モテルに毛が生えた感じの宿でした。でも、日本人、中国人で混んでいます。


040

 部屋の様子。2階の一番奥の京釜線側の部屋です。広さはまぁまぁです。窓は韓国の古い建物らしく小さ目でした。


039

 浴室。安っぽいプラスティックの設備。この写真では見えませんが浴槽の底が平らでなく、お尻が置かれる部分がへこんでいるタイプ。韓国の古い安い宿にしばしば見られるタイプで、どうも侘しくなってしまう私です。


067

 テレビは大画面液晶なのですが、窓の方にへんな線が走りカバーが付いています。


066

 後付けのケーブルテレビの配線でしょうか?この辺、ケンチャナヨなんでしょうねぇ。それほど邪魔になるわけではないし、まっすぐ引こうとこうなったのでしょう。


068

 廊下の様子です。2階でしたので遅くて混みがちなエレベーターは使わず、もっぱら階段で出入りしました。古い建物でしたが、清掃等は必要充分だったと思います。まぁ、それも担当の人によるのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

とうちゃんの自転車日記690 3等車 中途半端?やり過ぎ?

006

 火曜日の夕方、信越本線長岡駅です。ホームに下りるとなぜか旧型客車。ずいぶん前に新潟へ来たころによく乗ったような木造のやつです。


007

 

 先頭にはDL。ごく普通のDE10でしょうか? しかし何で?と思ったら・・・


009

 最後尾にタンク式機関車がいます。写真を撮ってる鉄道ファンもいます。


010

 ぶれていますが、手ブレではありません。C11がDLに引きずられて行く姿です。

 実は先週土曜日にもこっちへ来ました。信越線の下りで、何だかカメラを持った兄ちゃん、おじさんが目立つし、小千谷駅では傘さして線路を見ている親子連れなどを見かけました。その後下りの普通列車に乗っていたら越後滝谷付近で茶色い客車列車とすれ違いました。酸っぱい石炭の匂いではなく、重油中心の匂いでしたが蒸気機関車です。 その後知ったのですが、栃木あたりから借りてきて信越線、飯山線でC11牽引の特別列車がこの週末走るとか。その練習というか試運転を盛んにやっているようです。

 思わぬ、蒸気機関車との出会いは嬉しかったけれど、磐越物語号のC57同様に、機関車に引きずられて回送される蒸気機関車はどうも好きじゃありません。それに、1枚目、3等車のしるし?この3本線を入れるなら赤いのも入れないといけないのでは?小さいころ、1等2等があって、その後、もっと前の1、2、3等というのを知りましたが、オハ47、そのまんまがベストじゃないかなと思う私です。

  すみません、オハ47ではなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

とうちゃんの自転車日記689 冬支度

011

 昨夜の長岡駅での写真です。除雪用の機関車のようですが、DDなんたら、というような普通の機関車由来ではないみたい。初めて見ました。


012

 B-Bのちょっと小さめの機関車のようです。雪の多い地方ではもうタイヤを交換してる車も多くなってきたし、テレビではスタッドレスタイヤの宣伝がしょっちゅう流れています。私も買わないと。明日あたりちょっと見に行ってみましょう。やはり外国車のため珍しいサイズで高いなんてネットの記述がありましたけど、冬には欠かせませんから。

 修正しました。写真を見たらパンタグラフがありません。ちょいと細身のDLのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

とうちゃんの自転車日記688 さびしくなった東三条駅前

027

 11月3日の東三条駅前です。なんかがらんとしてるなぁと感じました。確か昔の記事にあったよな、と思って自分とこを検索してみると、

 とうちゃんの自転車日記128、2008年6月12日の記事にほぼ同じ場所からの1枚がありました。「東三条 レンタサイクル」で一般的な検索をしたほうが早いかもしれません。お手数ですがご覧ください。

 大きく変わったのは4年前に右手にあった2階建ての大きな建物がなくなって更地になっていたこと。バスは、来るときは来るでしょうから。


028

 駅前広場の反対側もこんな空地。むこうにスクラップ置き場があります。今でも北越号は日に何回か停車しますが、昔のL特急ときの時代から考えるとえらく寂しくなってしまいました。今は車の時代、新幹線の燕三条駅前のほうに大きなショッピングモールができています。まぁ、地方都市の在来線の駅前、どこも一緒かもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事730 カムジャタン屋の作法 ピョダギヘジャンクッ編

568

 台風一過、朝ごはんにカムジャタン屋に行きました。ブラウン観光ホテルの少し北にあった大きな店です。けっこう多くが24時間営業だったりするカムジャタンの店、1人でしたのでカムジャタンは頼めず、1人用のカムジャタンジャガイモ抜きであるピョヘジャンクッを頼みました。


569

 まず出てくるのがこれ、焼酎メーカーがくれるデキャンタの水です。


570_2

 で、こんなのも出てきます。作法などと大げさに書きましたが、右手の3つの器の話です。


571

 こんなふうに並べて、カムジャタン、もしくはピョダギヘジャンクッkが出るのを待つのです。一番奥の深いボウルは食べかすの骨を捨てる容器。手前の広く浅い器は肉付きの背骨を鍋から取っておくためのもの。その左の小さな器は、ワサビカンジャンのたれを入れる器です。

572

 いろいろ内装に凝ったりする韓国の食堂らしい風景。


577

 さて、出てきました。本来カムジャタンは鍋料理で、煮ながら食べてスジェビだのを後から握って入れたりするのですが、ピョヘジャンクッはトゥッペギで出ますのでせめてもの気持ち。熱々をどうぞということでしょう。ご飯は雑穀ご飯です。


579

 こんなふうに取り出して、ここで少し解体したりして、ワサビ醤油につけたりしていただきます。


588

 残った骨。貧乏性なので、きれいに食べたと、よく褒めてもらえます。解剖学も得意な博士ニムでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4000 10月17日 錦江渡り鳥展望台のつづき

261

 別の展示物です。ん?!って思うでしょう。たぶん、施設を大きく作りすぎて、この錦江河口部にやってくる渡り鳥の話ではとても館内が埋まらず、とりあえず動物関係、なんだかんだ持ってきて空間を埋めようという努力の跡のようです。


262

 わざわざやってきて見るほどの物ではけっしてありませんよね。


263

 韓国の観光地でお決まりのようになっているアレもありました。日曜とかはどうなんでしょう?対岸すぐ、車なら5分で行ける長項にもあったことはすでに紹介しています。


264

 1段降りて回転家族休憩室へ行ってみます。


265


266


267

 韓国のコーヒーショップにありそうなやたら分厚くでっかいソファがぐるっと並んでいます。しかし誰もいません。観客は我が群山シティツアーバスの女子大生2人組と私の合計3人。入り口の事務室に男性1人、女性の案内アジュマ1名、そしてシティツアーのガイドアジュマ1名。他に階段で降りる途中掃除のアジュマ2名がいましたので、館内にいる人間は客が3人、その他で5人。多分そんなところです。したがって回転もしていませんでした。


268

 さらには館外に鳥専門の動物園もあるのです。本当に日曜日とか、連休とか、どれくらい賑わうのかな?と全北関係者ではない私が心配になる施設でした。この11月21日から25日には第9回群山国際渡り鳥祝祭が開催されるとのことですが、成功を祈願いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3999 10月17日 錦江渡り鳥展望台 ん~ん ちょっと下手

2491

 チョルセというのは渡り鳥の事。チョルセ展望台の展示館なのですが、メッテジと言われるいのしし、ちょっと肥りすぎでは?? 韓国の干支だと猪(亥)は豚と一緒のテジですが、どれくらいいるのでしょう?しかしこの剥製、やはりパンパンな感じでしょう。


2501

 狸とアライグマ?やはりパンパン。


2511

 豹の類でしょうか?どうも剥製屋さん、テキトーな感じがします。詰めときゃいいや、という感じで、生きている動物の基本的な形を無視している感じがします。大体韓半島にこんなのがいるの?とも思います。韓国の渡り鳥、そして野生動物だけでは館内が埋まらずガラガラになってしまうので、とりあえず何でも持ってきた、そんな感じを受けました。


256

 展望台は良かったです。晴れていて、ガラスがもっときれいだったらなぁとも感じましたが、これは錦江の下流、長項線と自動車が渡る橋を兼ねた錦江河口堰です。


257

 すぐ下の駐車場。前にも書いた通り平日ですのでガラガラ状態。


258


259

 上流方向の写真です。白村江というのはこっちのほうだったのでしょうか。カラムシの織物で有名な街とか、JSAの撮影地となった葦の原も確かこの忠南南部だったはず。田んぼに鳥の絵は今流行りのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

すばらしい韓国の食事729 キムパプ天国南営駅前店でモドゥムキムパプ

104

 

 2000年ころから爆発的に増えた24時間営業の食堂チェーン、「キムパプ天国」ですが、ちょっと人が集まる場所にはきっとある、そんな感じです。キムパプは最初は1000Wというのが売りでしたが、諸物価値上がりのため最近は1500Wとか2000W。家賃の高そうな場所の店では初めから一番安いシンプルなキムパプがメニューに無い店もあったり。でも、日本式テンジャンのテンジャンクッkもしくはスープと、簡単なおかずが無料で付いてくる手軽で安い店と言えましょう。

 これは南営駅の前、KRガードの駅から見て向かい側にある店です。軽めの夕食を早い時間にとって、その後ちょっと遊んできた帰り、ホテルに戻る直前にちょっと食べたいなと思っての訪問でした。 一番高いモドゥム(全部、盛り合わせ、そんな意味です)キムパプ3000Wを注文。「包装(テイクアウト)で」と頼むと早速アジュマが作り始めてくれました。


105

 宿の暗めの部屋でのマクロ撮影発光禁止ですのでちょっと暗いですが、左上からタクアン(タンムジ)、ニンジン、一段下がってケランマリ(卵焼き)、ツナ缶、ちょっと見える黒っぽいのが牛蒡の煮たのと茹でた青菜。そして一番下がヘム(ハム=集成ハム)かな。

 前にも書きましたが、海苔の幅というか長さが決まっていますので、こういう具の多い高めのやつだとご飯が少なめになります。そんなのがよくわかる最高級モドウムキンパプの断面図でした。 巻きはけっこう緩めですので、1本は軽食としてちょうど良いくらいの量です。昔はなんだかつまらない感じがしていましたが、慣れるとキムパプ、なかなか美味しいもんです。まぁ、みなさんもご存知でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月5日 長岡へ行ってきた

011

 予報は曇り時々雨。自転車ではちょっと不安だったのでえちごワンデーパス利用でウォーキングに行ってきました。1500円で県の半分くらいの地域のJRが乗り放題。長岡往復だけで2220円かかりますので容易に元が取れる嬉しい切符です。1枚目は旧17号線と大手通りの十字路。長岡の市外の中心と言っていい場所です。角の果物屋さんはまだ頑張っていますし、ますや三郎兵衛という居酒屋もずっと前からありますね。


012

 同じ交差点の東京方向。角は昔はおばさん、ばぁちゃん向けの服屋だったと思いますが、今は塾かな?左が長岡駅です。


010

 この交差点のすぐそばにある中華の店。私も入ったことがありますし、昔からの長岡市民なら知らない人はいないであろう人気の店でした。開店前の写真です。


013

 通りを渡った場所。サンキュー祭りという、やはり長岡では有名なお菓子屋さんの感謝祭。シュークリーム10個390円という催しの行列。もうすぐ開店という時間です。


014

 新しい市役所前の広場。休みの日には何かしら行事が行われるようで、この日は金魚、特にランチュウの展示会でした。青空が見えますが、この後も雨が降ったり。そろそろ日本海側の冬型気候の日が多くなってくる新潟県です。

 話は変わりますが、巨人、勝ちましたね。最近はあまり野球のテレビを見なかった私も最後のゲームは見ました。昔、家の近所に元巨人の選手の方が住んでおられ、野球の切符をただでもらえたりして、神宮なんかへ行っていました。案外狭く見える野球場ですが、ナイターはきれいだし、やはりライブならではの面白さがあります。今年はいろいろあった原監督はじめ巨人軍のみなさん、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3998 清涼里からブラウンホテルへ

519_2

 清涼里でなかなか美味しいチャジャン麺を食べ、宿へ戻ります。タクシーでも安いのはわかっていましたが、歩いてみることにしました。車ではたぶん通っていますが歩くのは初めての道です。清涼里の北の方の街、ここらへんにも「洋酒・焼酎」という表示のちょっとHな雰囲気の小さな酒場が並ぶ通りがありました。


520_2

 内部循環路とその下の川です。チェギ洞の川と言った方がわかりやすいでしょうか。日頃は水が無く、石がごろごろ。しかし台風の後でしたのでかなりの水が流れています。


521_2

 この道、詳しい地図で見ると악령사길とあります。アンニョンサって読むのかな?お寺の名前なのかもしれません。清涼里の北から安岩5ゴリ、通称高麗大ロータリーへ行く道です。


522_2


523_2

 急に明るくにぎやかになる高麗大ロータリーを渡ったあたりアナm洞の道です。


524


525


526

 本トシラクという店がありました。本粥の仲間の弁当屋のようです。本ビビムバに本トシラク、そして本業の本粥。いろいろ手広くやっているチェーンのようです。配達もあるのですねぇ。

 この後、広いバス通りから1本北側の道を進みます。雨も小降りになってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3997 10月17日 錦江湿地生態公園&渡り鳥展望台

229

 最初の目的地は鳥の公園です。錦江河口堰の少し上流。山すそにあり、広大な駐車場を備えていますが、平日なのでがらがら。4人でバスを降りて歩き出します。


230


232

 前を行くのがガイドさんと、同じ列車で群山に来た女子大生2人組。どこから来たの?と聞いてみると鳥致院とのこと。一度京釜線で天安まで上って長項線に乗り換えて、と、かなり早起きしてきた様子です。


233

 まずは展望台の下部にある博物館というか展示館から。


234

 ほぼ貸切状態です。鳥にはあんまり興味が無い私。急ぎ足で観覧し、展望台へと急ぎました。


2541


255

 ハングルの開設は省きますが、回転家族休憩所と昆虫展示館はちょっと興味があります。階段で上がった3階あたりに展望塔行きのエレベータがありました。釜山の龍頭山タワーもそうですが、少しの入場料がかかっても天気がある程度いい場合はこういうタワー、上がってみるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

すばらしい韓国の食事728 통감자 本物より有名なスナック菓子

003

 

 今年になって、「トンカムジャ」というキーワードでこちらを見に来てくれる方がかなりいました。逆検索でグーグルへ行ってみると、どうも私が何度かアップしている高速道路の休憩所などでのトンカムジャではなく、スナック菓子のようで、なかなか評判がいいみたい。日本国内での通販のサイトもたくさん出てきます。本物のトンカムジャを知らない人が、スナック菓子でそんな言葉を知る。そういう方が私のところを見に来てくれるのもなんだか面白いです。

 どこのメーカーか、ちょっと今は覚えていませんがこれは、セブンイレブンの企画商品のよう。韓国の菓子を買ってきてもあまり喜ばない家族にもまぁまぁ好評でした。でも、やっぱり本物の、韓国のジャガイモで作ったトンカムジャのが何倍も美味しいと思います。


004

 高速バスで地方旅をされる方、休憩所でぜひトンカムジャ、お試しください。大小がなく、大だけだと1人ではもてあます量かも知れませんけど、素朴な美味しさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3996 10月17日 群山シティツアーバス

223

  群山の新しい駅です。もう4~5年は経っているのでしたっけ?人里離れた山中に移転してからは初めての乗降になります。思ったとおり何も無い場所です。市内バスがいくつか停まっていましたが、情報の無い外国人には苦手なもの。ターミナルとかにはきっと行くとは思いますが、すぐに出そうなのはいません。


222

 

 左手のほうに目に付いたのがこれ。ちょっと見に行ってみました。


224

 群山シティツアーとあります。ソウルとか、アとは順天だったかな?他の方の記事を見たことがありますが、公的機関が運行する主要な観光地をめぐる便利なバスのよう。

228


225

 行き先は1日おきに変わるようで、市内の日帝時代関係の場所を回るコースと、新萬金の防潮堤、干拓地、そしてその大事業の資料館を回るコースがあるよう。最初に行きたかった紫泉台はまぁ、いつでも行けるしということで、ガイドさんらしきアジュマに外国人観光客で予約とかしていないのだけど乗れますか?と尋ねたらオーケーだとのこと。10時から一日回って5000Wと料金も安価です。予定変更、これで久々の群山を効率よく回れそうです。


226


227

 観光公社のサイトではこの群山のは出ていないので新しい時期に運行を始めたのかもしれません。お昼は自由に食べていいとのことですし、楽しい1日の始まりです。郡山駅から乗ったのは前回の写真にも移っていますが女子大生2人組み。この後、最初の行き先である渡り鳥展示館みたいなところで、9人合流とのこと。日本語の説明はありませんが、韓国の方との一日、期待は高まるばかりでした。しかしこのときはまだ、10箇所の訪問地のうち8箇所が日帝強接期に関する場所であること。また、最初の渡り鳥公園で、合流する人たちがどういう目的で群山を訪問するのか。知らなかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »