« 2012年2月5日 - 2012年2月11日 | トップページ | 2012年2月19日 - 2012年2月25日 »

2012年2月18日 (土)

普通の韓国を探して3648 韓国も外国人の入国時は指紋押捺

011 012

 昨年12月に始まったと聞いていましたが、1月の訪韓の際、初めて指紋をやりました。右の黄色いのがその説明のパンフです。時間がかかるかな?とちょっと心配でしたが、それほどでもなかったです。パスポートの持ち主本人であるかの確認、要注意人物のチェックなどに使われるのでしょう。日本に入る外国人はずいぶん前まらやっていたのでしたっけ?まぁ、こういう世の中、仕方が無いのでしょう。

 しかし2月14日から1カ月間、KE763、764便が777で運行とのこと。まだ見に行ってはいませんが、その後はどうなるのでしょう?席の埋まり具合がおもわしくなければまた737になってしまいそう。できたら777のうちに一度、行っておきたいなぁ、と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

普通の韓国を探して3647 ここはどこでしょう?

128 131 132

 白菜畑の広がるなだらかな丘の見える平地を走って行くと海が見えてきて、小さな町と港が見えました。この海、名前がつくくらい有名な場所です。1枚目の写真だけでわかる人がおられないと思いますが、2、3枚目、韓国に詳しい方、行ったことがお有りの方ならこれでわかるかもしれません。

 歴史的な豪雪のため、予約変更の電話連絡をたくさん。ほぼ連絡がつき、今日はいわゆる開店休業というやつになりそう。まぁ、自然には勝てませんし、だれが悪いわけでもありませんので、こういう日もあるさ、とのんびり行きます。夕方に写真を追加します。

133

少しの下り坂の後、 海に沿う道に入りました。ちょうど干潮だったのか、干潟が顔を出しています。韓半島の東海岸、西海岸、遠浅で干満の差が大きい海は、、、ご存知ですよね?続きはぐんとわかりやすい景色になりますので、明日アップできればと考えています。

 2月18日、写真を追加です。

134_2 137 138

 大きな吊り橋です。5枚目の写真の建築は展望台かな?6枚目の船の大きさを見ても橋の規模がわかると思います。7枚目、金日成像には負けますが、でっかい銅像。韓国人なら知らぬ人のいない歴史的英雄の像です。流れの速いこの海峡、スンオ(ぼら)のひっかけ釣りで有名です。私がここへ来るのは2度目。前は船の上からの写真を紹介しました。これで、多くの韓国ファンの方にはおわかりでしょう。 午後にもう一枚、地名が入った写真をアップします。

139

  橋を渡り終えてすぐのバス停留所です。行き先は左側。でも、来た道の方向には「海南」とあるのが何だか面白かったです。昔の渡し船の時代も、ちょっと別の場所の港から、島の方も碧波という今は寂れた港までのフェリーだったとか。やはりここ、海南郡との結びつきが強い場所なのだなぁと感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3646 行きたい所がたくさんありすぎて

Img_8183 Img_8184 Img_8185 Img_8186 Img_8187 Img_8188 Img_8189 Img_8198

 少し前に、鎮海、馬山、昌原、3つの市が合併して昌原市になったのですが、その昔からの中心地、馬山の市外バスターミナルです。数年前、江南で李準圭先生、その御友人と食事の後、深夜優等高速バスで行ってみたら予定より1時間も早く、2時半くらいだかに着いてしまったのは高速バスターミナル。あの時はタクシーでこの市外バスターミナルへ移動、寒い中、大きなカバンを抱えてうろうろして、結局始発の慶全線で密陽へ行ったのでした。

 その後、昨年は3回ほど行ったのかな?大きな都市ですのでまだまだ一部しか知りませんが、釜山と似たリアス式海岸の深い湾の奥にある港湾都市、じっくり歩いてみたい場所の一つです。検索すると出てくると思いますが面白そうなのは「新馬山」という地区。港の入口の方、日帝時代に日本が開発したので「新」という名前が付いているのですが、今はどちらかといえば寂れてしまって、でも、そのおかげで日本建築がたくさん残っている、という話なのです。

 前にも書いたと思いますが、タクシー技士さんの話では、昔は韓国の6大都市のひとつだったとか。その後、80年代、馬山自由貿易地区というのを作り、海外資本の向上なんかもたくさんできたけれど、それも90年代末からはうまくいっていないとか、そんなことを聞いている場所です。でも、その割に、港にはすごい高速アパート群ができているし、湾口部には巨大な釣り橋が造られて、、、韓国、開発のスピードが速いのは充分知っていますが、人口減も考えられる今後、どうなんでしょ?と思ってしまう港町です。

 さんざん木浦をお勧めしましたが、この馬山、もとい、昌原市の馬山地区、新馬山、きっと行ってみます。

 5枚目、前にここの「露店商出店禁止」の看板を紹介したのに、アジュマが穀物の商売中。警察も目をつぶるのか?それとも、怒られたらしぶしぶ店をたたんで移動するのか?ともかく、アジュマが強い韓国です。

 6枚目の自転車は韓式中華の出前用かと思ったらば、羊肉串焼き、朝鮮族とかそっちの満州のほうの料理の店のよう。ソウル市内、周辺では羊串という看板をよく見ますが、この馬山でも中国人の労働者がたくさんいるのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月17日 この冬最大のドカ雪、今も降り続いています。

018

 久しぶりの大雪も月曜から小康状態で、昨日の木曜日には大きな道はほぼ回復。細い道もすれ違いに苦労することはあってもなんとか普通に通れる感じにまでなったのですが、昨夜から今朝にかけて30センチくらいの積雪。午前も降り続いて私の家のほうは45センチくらいかな?一気にこれだけ積もるのは珍しいです。

 私はいつも通り歩いて出てきたのですが、車は大きな道を除いて使いにくい状態。また、消雪パイプの設備がほとんど無い新潟市の駐車場は自分で雪かきしないと使えないというとんでもない状態です。

 朝、出てきて様子を見ていましたが、今も降り続く状態で、契約駐車場のほとんどが使えそうにないことから、これから予約のある患者さんに電話連絡、変更を打診しないといけません。幸い今日はそんなに忙しくないのですが、明日明後日、どうなるか、ちょっと心配な積雪状態です。ここでも、雪の写真、沢山アップしてきましたが、本当に大雪だと写真を撮る気もおきません。早いとこ春になってほしい、切実な願いです。

 写真はイメージです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3645 木浦旧市街の普通の町11

260_2 261 262 263 264 268

 ホンオの買い物をして、KTXの待ち時間に歩いた木浦の旧市街、普通の町シリーズ、おしまいです。

 1~3枚目は「無人モテル」という新しいタイプのモテル。万国旗、韓国の人って好きですね。意味なく飾り立てるときによく使われます。決してばかにしてるのではありません。同じ傾向が面白い、そんなです。宿の人と、顔を合わせないですむモテルってことかな?出たり入ったりする旅行者には不向きかもしれませんね。

 3、4枚目はそこから左へ曲がった道。5枚目の建物なんかはすでにあちこちの本、HPに紹介されていそう。なんとか銀行旧木浦支店とか、なんとか拓殖会社だの、そんないわれがありそうです。でも、目立つこういうものよりも、普通の町に普通に残る日本家屋群んが私は好きです。

 最後は木浦駅。予想外の満席だったKTX龍山行き。KTXアガシが案内しています。京釜線にくらべお客さんの少ない湖南線、短い編成の純国産KTX山川が多く使われているようです。一時の時刻表には「山川」の表示がありましたが、最近のではまた書いていません。もしかして全部山川?とも思えます。

 木浦、いい街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

2012年2月16日 今夜からまた強い冬型という予報の新潟です

059

 今週前半は大雪も小康状態。気温が上がった日もあり、少し雪が溶けてくれましたが、まだまだ自転車は使えません。本日午前中は家内の車を使っての雑用と理髪。久しぶりの車の運転、ちょっとおっかない気持ちがしました。

 昨日はたくさん歩いてみました。8時前から1時ころまで5時間。うち、座っていたのは昼食の20分間だけ。午後は家で留守番でしたが、万歩計の数値は32258歩、24.68Kmとなりました。ちょっと嬉しい。別にそれでも脚は痛くもなんともありませんので、平らな道ならけっこう長く歩けるようになったわけです。春になったら山へでも行ってみようかなどと思いつつ、できるだけ歩こうと思います。

 写真は鳥屋野潟の弁天橋からの風景。角田山、弥彦山がよく見えました。湖岸には白鳥含む水鳥がたくさん。しかしそんな鳥たちも大雪のため、食べ物が不足して困っていることと思います。今週末の大雪、どうなるのでしょう?

 いただいたコメントへのレス、記事本文、帰宅後にアップしますので、ご勘弁ください。それではまずは床屋さんから。

 15時01分、9428歩です。やはり車は便利ですが、歩けるときは歩く、しばらくそうしてみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3644 木浦旧市街の普通の町10

252 258 259

  木浦駅前を左へ、イルミネーションのある商店街を南へ進み、少し上って、また少し下る。その辺の右手が草原シルボタウン、旧草原観光ホテル。大きな道は緩やかに右へ曲がり、新安ビーチホテルとか木浦海洋大学校のほうへ行くのですが、少し細くなる道をまっすぐ進んでいくと、また山に突き当たるような感じでT字路。正面の小山に上る階段があって上には大きな教会とお寺みたいな屋根の建物。と、そこでそろそろ駅のほうへ、と思い、左へ曲がって道なりに北へ向かう道に。それが2枚目、3枚目です。1枚目はT字路の突き当たり部分から左方向の絵です。

 しかし木浦、日本建築が多いことで有名ですが、この2枚目、3枚目の通りもほとんどがそんな感じです。私の知る「ほとんど日本建築だけの町」というと釜山はチャガルチの東の端、海苔だの乾物関係の店が集まる界隈が浮かびますが、ここもそんな感じでしょう。何度も書いていてすみませんが、木浦、1泊でも2泊でもしてゆっくり歩いてみたい街です。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3643 韓国の人の好きなデザイン

644 645 588

 大げさなタイトルになってしまいましたが、派手好きな韓国人、商業建築となると、何でもあり、という感じです。特に目立つのが1枚目、モテルの建築。まぁ日本でもお城風だの、いろいろあるようですが、新しい最近の傾向は、普通っぽいものが多い、モテルらしくないモテル、ラブホっぽくないラブホ、そんな風に思えます。まぁ、マンダリンオリエンタルだって、パークハイアットだってそういう目的で使う人はいるわけですので、韓国では私は、どこでもオッケー、新しくてきれいげなモテルってことで宿を選んでいます。

 2枚目は飲食店。こちらも派手好き、それと、装飾好き。実物大サイズの広告、マリリンモンローあり、プレスリーあり、そんな大型のディスプレイもたくさん。また、民族建築風、韓式家屋風ってのもたくさん。「らしさの追求」はとことん、そんなのが韓国じゃないかな?

 3枚目は地下鉄駅、ソウルをペッション(ファッション)都市にという広告かな?アンドレキム先生は少し前に亡くなられましたが、韓国ファッション、これからどんどん世界に進出するかもしれません。日本がホンダ、ソニーを先頭に世界へ進出したように、今やサムソン、現代、元気のいいのは韓国のほうだと思いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

2012年2月14日 もうすぐ上がりです

061

 昨日と今日は晴れ間ものぞいて温かく、けっこう雪が溶けてくれた新潟です。でも、除雪の入らないような細い道は厚く積もった圧雪が中途半端に溶けてぐずぐずのガタガタ、それに歩道も相変わらずで歩きにくいです。

 本日はもうすぐ上がり。明日明後日の休みは家から記事をアップするかもしれません。現在の万歩計の数字は12636、家まで帰れば16000弱。明日もたくさん歩ければと考えています。

 写真は先週末の新潟市中央区古町十字路です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3642 仁寺洞夜景

721 073 074 075

 零下10度近いソウルの1月、インサドンの中心部、スド薬局前です。今ではサムジーキルだの、他にもよい目標ができていますが、ソウルの人ならだれでも知っているような待ち合わせ場所がこのスド薬局だったそうです。私も大昔、知人に紹介された民族酒店へ行くのに、ここから西へ少し入った場所、なんて教え方をされたことがあります。幸い、言葉はまだまだでしたが、読みはなんとかできたので、この薬局を左に曲がって、、、と、無事に店に行くことができました。

 そう言えば、あの時はスタッフも一緒でした。古い記事に書いたと思いますが、他で食事をしてきた後だったのにサービスでいろいろ、コルベンイムチムとか高めのメニューも出してくれて、食べきれずに申し訳なく思ったのでした。

 4枚目、韓国人女性3人組、手をつないで肩を寄せてくっついて歩いています。友人なら接触をきらわない韓国の人たち、寒いのでなおさらおしくらまんじゅう気味に歩いているのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3641 木浦旧市街の普通の町9

248 249 250 251

 草原観光ホテルならぬ草原シルバータウンのところで大通りは西へ道なりに曲がって海洋大学とかのほうへ。そこから左の路へ入ってみました。けっこうこの木浦の古い町、儒達山以外にもぽこぽこ小さい山があります。だから面白いとも言えるのですが、なかなかこちらでは見られない都市風景を楽しみながら歩きます。

 山の上には大きな教会、その隣りはお寺?階段もたくさん。私が知る場所では長崎や佐世保、ソウルの古い町、階段が多い街はそれなりの風情があるように思えます。残念ながら汽車の時間があったので階段めぐりはしませんでしたが、木浦市、泊まって街や港を見る価値がある、そんな場所です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

とうちゃんの自転車日記548 富山へ行って来た11

109 110 111 112 113 114

 富山シリーズ、終わらせてしまいましょう。25日水曜日、朝の雪はそれほどでもなく、うっすら積もり始めた程度で、自転車で医院まで来たのでした。(結局それ以後置きっぱなしになっています)。その後、どんどん積もり、高速に入ったら事故車続出、除雪車も出ての渋滞で長岡まで2時間。1時間以上遅れて富山着。帰りも3~40分遅れて新潟へ戻ったらば、新潟も雪がたくさん。以後、少し溶けた日はありましたが、どんどん雪が増えて一つ前の記事のような状態になっています。

 1枚目は途中休憩の米山サービスエリア。長野からのバスも雪の中を力走してきたのでしょう。運転手さん同士、何か放していました。2~5枚目は新潟古町。バスを降りてすぐの西堀通りは三越のあたり、残りは古町通りと最後は東堀通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 車なし生活24日目 新潟市も大雪

045 044 046 052 054 057

 27890歩歩いた2月11日土曜日の朝の写真です。1~3枚目は中央区高志というあたり、車の道は除雪されていますが、その雪が歩道に置かれるので1m近く高い場所を歩くことになります。東新潟では割合整備された新しい住宅地なのですが、こんなもんです。車優先、、、しょうがないのかなぁ。

 4枚目は長潟というあたりの大通り。美容室のスタッフさんが総出で除雪中。やはり車がおけないとお客さんが来てくれないのでしょう。歩道の歩ける幅、5枚目あたりまではいいのですが、イオン新潟南ショッピングセンター、6枚目あたりになるとこんなに歩ける道が狭くなります。休みでしたのでたくさんのお客さんが訪れる場所なのですが、歩いてくる人はほとんどいないのかもしれません。

 さて、夜間診療ですので、これから外出、お昼を兼ねて自動車屋さんへ行きます。借金して車を買うのは嫌ですので、また、家内や次女が中心に乗る車になりそうなのでコンパクトなやつ、スマートな選択をゆっくり考えるつもりです。往復3キロくらいでしょうか?歩きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記547 富山へ行って来た10

092 093 094 095 097 098 099 103

 1月25日の水曜日、富山市へ日帰りで行ってきたのですが、思えばこの日が大雪の始まりだったと思います。行きほどではないけれどバスが遅れて9時過ぎに帰ってきた新潟市もかなりの積雪。日中は高速道路も閉鎖があったという日です。普通に往復できただけでもラッキーだったのでした。

 1~3枚目は地鉄富山駅。鉄道好きにはわくわくするトレインマークがたくさん。行き止まりホームには3本の電車が。前にも書いたように、地方私鉄にしてはかなり頑張っている会社です。

 4枚目は駅前の古いマンション。新潟駅の西にも似たような建物があります。残りは夕方の富山駅。新幹線開通に合わせての新駅工事中でえらく小さい感じでした。土産品店は別棟のプレハブです。長距離のきたぐに、日本海は運休。この日以後も大雪のため、半分以上運休しているはずです。7枚目は金沢行きの高速バス。乗ってみたいなと思いつつ、新潟行きのバスを待ちました。新潟を8時に出て、12時前に富山、帰りは5時に富山で、9時に新潟、そんな運行で、運転手さんは同じ方。本当にありがたいと感じた大雪の日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3640 木浦旧市街の普通の町8

242 243 244 245 246 247

 ユダル山の麓に広がる木浦市の昔からの街、普通に歩いていても飽きません。2、5枚目、山の上にお寺かな?4枚目は旧草原観光ホテル。木浦を代表する高級ホテルだったのですが、倒産して今は「草原シルバータウン」、たぶん老人保健施設になっています。景色が良さそうな場所です。いい写真に駄文は必要ありませんね。そんな場所が全南木浦と言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

2012年2月12日 ただ今13時21分で14323歩

038


 昨日の夕方に連絡があった急患の方の処置に朝は歩いて医院へ。無事仕事を終えてから、家内にメールで午前中出ていてよしという許可を得て、万代シティのユニクロへ。ちょっと買い物をして伊勢丹でお使いのパンを買って、帰りはバスで自宅近くまで。でも、少し手前の停留所、基本料金の一番先までで下車して、最後はまた歩きです。 帰宅後は夕食関係の買い物でまた歩いてスーパーへ。そんなで14000ちょっとです。

 

 少し前に過去の自慢みたいなことばかり言うのは爺さんだという岡本太郎さんの言葉を書きましたが、昔は山岳部でしたので、平らな道なら一日歩いても大丈夫、そんなでした。山道を体重の半分以上くらいの荷物を担いで何時間も歩くのが「登山」でした。数年前に自転車を始めて、脚は強くなった、そんな風に思っていたのに、歩くのと自転車をこぐのは全く別の運動。歩き始めてそれに気が付きました。同時に、自転車がいかに効率のいい、楽ちんな交通手段かもわかりましたが。

 

 高校時代の山行では、きっちりメモをつけるのが我が青高山岳部の決まりでした。最後尾を歩くチーフリーダーの指示で歩いたり休んだり。比較的軽いザックの場合は40分10分、40分歩いて10分休み。30キロ40キロとかの重荷の時は30分5分、そんなペースでした。40キロというのは、トレーニング山行でのボッカ訓練の時です。小田急線の渋沢駅そばの,普通の家みたいな店で缶入りのコーラ、ファンタなんかの段ボール箱(250㏄の30本入りでしたが鉄の缶でしたので1つ10キロくらいでした)を受け取り、それを背負子につけてバスで大倉という登山口へ行き、そこから歩き出します。大倉尾根という上り一辺倒の登山道をえっちらおっちら上って塔ケ岳、もしくは丹沢山の山小屋へ。ひと箱確か300円の担ぎ賃をもらって、羽が生えたように軽くなった背中を喜びながら蛭ケ岳のほうへ縦走したり、来た道を戻ったり。とにかく元気でした。

 

 自転車の師匠、坂下先生の言葉ですが「50を過ぎても身体は鍛えることができる」というのがあります。午後は家内が水泳に出かけて私が留守番なのですが、夜も時間があればちょっと歩くかな?と考えています。17歳18歳のころの脚が取り戻せるかはちょっと無理かもしれませんが、いくらでも歩ける脚、できれば走れる脚になりたい、そう思う今日この頃です。

 写真はソウルの楽園商街脇、川魚料理の食堂の水槽、鯰がたくさんいます。日本でもそういう傾向がありますが、韓国の淡水魚料理、元気が出る、身体にいい食事ということになっています。鰻、泥鰌、鯰、ギギ、タウナギ、鮒、オイカワなどなど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3639 용사의 집の商品です

028

  法院里の軍人百貨店、「勇士の家」の店内、こんなのが売っていました。「ソン(手)暖炉」というのですね、懐炉のこと。しかし、ちゃんとハングルで30時間燃焼だか書いてあるので結構輸出されているのかもしれません。DMZ近くの厳しい寒さの中、韓国陸軍の軍人さんも愛用するハクキン懐炉なのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3638 木浦市旧市街の普通の町7

236 237 238 239 240 241

 リテーナー関係のトラブルの急患があり、出てきました。文章、いただいたコメントへのレスは午後に帰宅して打ちます。いい写真はこちらにありますので、写真のみアップで失礼します。ちょっと買い物して、最後はバスで戻りました。万歩計は10624です。お腹がすいたので、今回の記事は簡単に。

 

 オレンジ色の屋根、日本家屋かなと思いましたが、他にもあれこれ手を加え、補修しての日帝時代建築、たくさん映っていそうです。4枚目は小山を利用した公園。上がってみたかったけれど、町歩きを優先です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年2月5日 - 2012年2月11日 | トップページ | 2012年2月19日 - 2012年2月25日 »