« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »

2012年3月 3日 (土)

普通の韓国を探して3669 メモリーも安くなったものです

Img_7975 Img_7976 Img_7977 Img_7978 Img_7979 Img_7980 Img_7981 Img_7982

 昨年秋の写真です。珍しく慶南に3回か?行った年でした。この時は4泊の日程でうち3泊が釜山でしたので、ゆっくり歩けました。しかしやはり大都市。ソウルに比べればまだまだわからないことだらけの町です。写真は宿の周り、チャガルチの大通りの北側、やはりここも南浦洞?初めての釜山の時にも釜山観光ホテルに泊まってたくさん歩きましたが、もう10年以上も前のこと。土地勘は無いに等しい状態でしたので面白かったです。変わっていないのは国際市場。ちょっとシャッターを下ろした店もあり寂れ気味なのかな?と思いました。

 忙しい土日、ちょっと力を抜いてのぶらぶら歩きの8枚です。初めてのデジカメはカシオのQV10というやつ。すぐに子供のおもちゃになりましたが、本体にメモリーが入っているだけのもの。もう買っていいかなと思って買ったのがフジのファインピクス2500だったか、とても売れた機種でした。

 当時はメモリーがあの、、、何だったっけ?薄っぺらい端子丸出しのやつで、96メガのが最大の要領で、1枚10000円位もしました。1メガ100円の時代です。整理の都合上1ギガか512メガくらいが私にはぴったりなのですが、もう売っていません。2ギガももうすぐなくなりそうで、1000円くらいで買えます。2ギガ=2000メガ。1つ100円だとすると、20万円。コンピュータ本体のHDもそうですが、どんどんメモリー、安くなるもんです。日本の大きな会社がつぶれたというのもなんか理解できる、そんな競争が激しい業界なのでしょう。でも、そんなおかげで、我々はメモリー代を気にせずにバシャバシャ写真を撮れるようになったわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3668 ユニフォームの店 器用で身軽な韓国の軽工業

683_2

ソウルの写真、独立公園からソウル駅へ向かう道、右手の旧道に道路に沿ったコルモク市場があるあたり、こんな店がありました。厨房機器や食堂の内装、機材、そんなのの店が集まる黄鶴洞の町には飲食店関係の制服の店がいくつかあります。いずれも日本では見られないような派手なのが多かったりします。しかしこの店の服は食堂関係ではなさそう。もしかして・・・なのですが、ナイトクラブのウェイター、ピキの服?とも思えます。

 一般にたくさん売れる服、韓国でも日本同様に安いのはほとんど中国製ですが、こんな制服だのは今でも南山の麓あたりの縫製所なんかで作っているのかな?と思います。流行の新しいデザインのものを素早く作って売って儲ける。そんなのもまだ残っているであろう韓国です。

 東大門市場は素材の市場でもあります。そこで仕入れた布、ボタン、ファスナーなんかを使って割合町中にある縫製工場で製品にして、南大門市場、東大門市場に出す。そんなのが盛んに行われていたのは90年代前半くらいまででしょうが、小回りのきく国産、こんな分野ではまだきっとあると思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

すばらしい韓国の食事652 日本にいる韓国の人が一番食べたい韓国のメニュー

032

 日本在住の韓国人がたぶん一番食べたいと思うのはこれ、チャジャン麺でしょう。私もこんな写真を見ただけでも唾液がじゅるっと湧き出てきます。

 東京とかならこちらでも紹介した新宿飯店がずいぶん昔から美味しいチャジャンをやっていましたが、地方だとなかなか食べられません。レトルトのもあるけれど、やはりその場で打って、伸ばした麺に韓国の料理人がつくるソース、違います。昔どこかで食べたことがあるような・・・無いような・・・少し甘い不思議な味。職安通りに行くには新幹線代往復2万円。ソウル往復は温かくなってきたので5万弱。やはり通販のレトルトもので我慢するかなぁ。

 新潟と大阪を結ぶきたぐに号がもうすぐ廃止。休みの日の新潟駅には乗ってきて写真を撮る鉄道ファンがたくさんいます。今度の水木はちょっと用事があるので行けないし、広いけど天井の低いB寝台下段、もう一度乗っておきたかったです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3667 露店の八百屋さん

034

 ソウルのとある普通の町です。1月の写真ですが、ずいぶん前にも書いたように、海の中は一足先に春。ワカメが売られています。他にもいくつか海藻類が見えますが、韓国のワカメなど、八百屋が扱う品物なのです。トマトが果物屋で売られているのは有名ですが、案外知られていないんじゃないかな?ワカメの他、パレキム、メセンイ、タシマ、コムピ、海藻類も韓国、なかなか多様なよう。やはり野菜や山菜に関しては日本の一手上を行っているのではないかなぁ。

 本日は夜間診療。でも、先週からの原稿仕事で朝から出勤。残念ながら今日も自転車を使ってしまいました。もうお腹が空いてきてしまいました。まぁ、丈夫な証拠ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

普通の韓国を探して3666 高霊の町外れで見つけた珍しい作物

1177

 これって多分「ヒマ」です。大昔のアメリカのテレビドラマで、子供がヒマシ油というのを飲むのを嫌って、とか、そんな場面に登場する下剤(?)の原料となる草。オナモミに似た実で、オナモミより丸くて、と、何十年ぶりかで見たのです。


1178

 拡大写真。オナモミみたいでしょう? ずっと前にアップしたチャムケ、ゴマを収穫して干していたお宅のそばでしたが、韓国、珍しいものを作っているなぁと感じた1件です。

 本日休診。のんびりしています。しかし家にずっといるとついつい何か食べてしまうのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月1日 삼일절ですね

793

 車無し生活41日目。自転車で出てきました。カレンダーに記した万歩計の歩数は

23日17155歩、24日16320歩、25日19878歩、26日22249歩、27日15848歩、28日13093歩、29日4025歩。急に減ったのは28日の帰り。1月25日から医院に置きっぱなしだった自転車で帰宅したからです。自転車で出勤した昨日は激減。日曜日にちょっと歩きすぎたのか、左足首がちょっと痛いので、まぁケンチャナと思い今日も自転車で出てきました。

 훌륭한 분들

  1 유관순

삼월의 하늘

나는 지금

파란 삼월의 하늘을 우러러보며

유 관순 누나를 생각합니다.

독립 마네 욎치다 외치다,

옥 속에서 숨이지며

안타깝게 그려 보던 저 하늘을. 以下省略

 3月1日は韓国では三一節。日帝時代、抗日運動に立ち上がった日で祝日です。前にも書きましたっけ?手元にある韓国の初等学校4年生の国語の教科書。すばらしい人たち、というので始まっていますが最初が「3月の空」というタイトルで柳寛順さんの話。殴った方が忘れるけど、殴られた方はずっと忘れない、とまぁ、そんな日です。

 写真はソウル。踏十里でした。今でも鍾路なんかは歩行者天国になるのかな?タプコル公園なんかでもいろんな行事が行われ、沢山の人が集まります。韓国へ行く観光客の方も、どういう日なのか、知っていて欲しいものです。

 先週からやっている原稿仕事、最初に送ったのがちょっとしたことでボツになってしまい、休みの今日も出てきて準備です。今度こそ採択されるといいなぁ。発表後にこちらでもお知らせしたいと考えています。とても光栄な仕事ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

すばらしい韓国の食事651 スグレとホパの煮込み

070 071

 何度か紹介している清涼里の「スグレハルモニチプ」、孔陵洞のプルティナが閉店してたのにガックリした足で行ってみました。久々の訪問、この日は息子さんが早上がりだとのことでハルモニとお嫁さんの2人。10時過ぎだったかな?遅い時間でしたし、寒くて寒くてという夜だったためか片付け中。温かい店内でなく、いつもの外の席でいただきます。分厚いビニールテントの中で、外は零下でも中は、、、やはり寒かったです。

 スグレは慶尚道の方言で「牛の皮下結合組織」。捨てる所の無い牛1頭の中の肉より安い部分、庶民の肉だったのでしょう。ホパは牛の肺。これも、前に書いたように大阪あたりでは煮込みに入っていたりします。甘辛く煮込まれた牛の内臓です。

 この時は、ちょっと酔っぱらってた隣りの席の40歳くらいのアジョシにからまれたというか、、、日帝時代の話、補償の話など持ち出されました。昔なら困ってしまうところですが、最近は大丈夫、うまくいなして、という感じで、最後はハルモニが停めに入ってくれました。でも、そんなのも私には韓国旅行の楽しみの一つ。なんか、失礼ですが韓国人、みな子供の気持ちを持っているのでは?そんなふうにも思えます。

 酒はいつもの長寿マッコリ。やはり真冬の屋外では寒くてちょっと、と感じてしまった夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3665 진도へ

122

 少し前の記事の「ここはどこでしょう?」、珍島大橋から珍島の中心の町へ行く途中の「金骨山」という山でした。コメント頂いたk-sarangさんの「白華山」は忠南泰安の町のすぐそば、北にそびえる岩山で、ちょうど標高も同じくらい。磨崖仏で有名な山。私も2度泰安には行っていますが、やはり白い岩が樹林の中にごつごつたくさん露出した山なので、「おっ、鋭いとこ突くな」と思いました。

 写真は木浦から1時間おき位に出ている珍島行き市外バス。やはり錦湖高速です。木浦にホンオを買いに行ったついでに、ちょっとだけ2度目の珍島へ足を伸ばしたのでした。

 本日は休診ですが、先週からの原稿仕事のため出てきています。午前中に大体仕上げて写真を選び、午後は家で留守番しつつ推敲します。그럼 아침은 이만.(それじゃぁ朝はここまでで)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

普通の韓国を探して3664 大伽耶国の古都 高霊の町外れにて

1171

 食べる葉っぱです。日本だと「サムチュ」って言いますが韓国語だと「サムチュィ」とか言うみたい。どなたか韓国語の上手な方、教えてください。食べる分だけとっている感じの家庭菜園的畑です。


1172

 これは何かなぁ?小さい写真では見えません。しかしこの畑の持ち主の方に限らず、韓国人はみな野菜をたくさん食べます。世界一の健康的な食事、それが韓食です。平均寿命とかが長くても、不健康で長生きってのは楽しくないです。笑って泣いて喜んで悲しんで、で、コロッと行く、それが理想ではないでしょうか。


1175

 これは、若いネギかな?日本以上に長ネギの種類がたくさんある韓国、たとえばこれから出る春の野菜、タルレなんかもネギの一種。また、そこらで普通にある、パギムチも、日本のネギではできないと日本在住の韓国の方から聞いています。野菜王国、韓国です。

 2枚目は葉っぱの感じから判断すると、ダイコンでしょうか。日本にあるようなタイプか、カットゥギにするラグビーボール型かはわかりません。前にも書いたように、チョンガク(総角)キムチのための小さなチョンガンムゥはかぶです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3663 鍾路3街の裏通り

053 054 055

 また、少し広い道に戻ってきました。国楽の楽器屋が並ぶ楽園商街にむかうあの道です。歩道に障害をもつ方のバッテリーカーが停まっています。段差が多く地下道も多い韓国ですが、徐々にそういう方のための設備も普及してきています。地下鉄駅にはほとんどエレベータがありますので、地下鉄の車内でこういう電動の車を見かけることもあります。乗り降りの際には普通の人が手を貸したりもあるようで、その辺、人と人の間が近い国ならではの部分なのでしょう。もちろん、日本でもやっていますよね?

 また話題が逸れますが、県内の郊外、農村部なんかを走っているとリサイクルの店の店頭に、こういうのがたくさん並んでいるのを見かけます。はっきり書きますが、たぶん持ち主が亡くなられたので、いらなくなったもの。どれくらい売れるのかわかりませんが、けっこう高いものでしょうからリサイクルの利用も多いのかと思います。最近、徒歩がマイブームですが、できれば、私は死ぬまで自分の脚で歩いていたいなぁと思っています。また、犬も脚が弱くなると長くないなんても聞いています。免疫活性化の基本は歩くこと、なんて書いた本も目立ちます。たくさん歩きましょう。

 2枚目はコンビニ店頭のクレーンゲーム機。少し前にアップしたやつを昼間、全景で。3枚目は眞露の配送の車。このあたり、ソウルでも有数の飲み屋街でもありますので、毎日来ているのでしょう。韓国、1日に焼酎の360ml瓶、いったい何本消費されるのかなぁ? 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3662 전라남도와 금호고속 

116 121

 1枚目の写真でわかる通り、木浦の市外バスターミナルです。建物には「木浦綜合バスターミナル」とあります。漢字に関しては日本より厳格、でも、厳格過ぎて実際にはあまり使われていない韓国ですので、「総合」という日本で普通の単語に加え「綜合」という漢字語もたくさん使われています。日本では「面倒なのでこっちに統一」という感じで「総合」ですが、韓国だと総合=총합、綜合=종합と、ちゃんと文字が別々。事実上は韓国でもほとんど同じ意味で使われているようですが、詳しい事は私もわかりません。

 タイトルは全羅南道と錦湖高速。もしかして琴湖?とも思っていたのですが、全羅道の大きなバス会社です。昔は濃いピンク色と白だったと思うのですが、現在は赤と白。このモッポのバスターミナルでも、2枚目の写真のとおりほとんどが同じ会社、これがクムホ(クmホ)高速です。

 昔、地方旅を始めた頃は、ソウルから出かける時は汽車、帰りはバスということが多かったんですが、お昼頃の京釜高速道路。大田、天安とソウルに近づくにつれ、非常にたくさんの高速バスが韓国全土から集まってきます。まさに壮観です。その中でも、このクムホ高速のピンクのバスがたくさん目立っていました。全羅道のほとんどをカバーしていると思いますので、前も後ろも左側もピンクのバス、そんな光景がしばしば見られました。麗水、順天、救礼、南原、光州からは10分おき、全州、井邑、金堤、長城、群山、益山、そんな全羅道からのバスが連なって走る姿、たぶん今も見ることができるでしょう。

 韓国、大好きな国ですが、良くない点として地域対立があります。特に慶尚道対全羅道。大抵の人は今はもうそんなに気にしていないと思いますが、慶南男子にはごく稀にすごい全羅道嫌いがいるようです。そばで見ている外国人として、これは良くないな、絶対、と思うような発言を平気でするのを見たことがあります。知人に全羅道方面の人が多いせいか、どうも私は慶尚道の方が勝手に嫌って差別しているように見えることが多いのです。でも、全羅道の人の側からの差別されてきた、冷遇を受けてきたという感情も根強いのかもしれません。地方からソウルへ戻る時、前記の京釜高速でのクムホ高速のピンクのバスの大集団を見ると、全羅道の側の「俺たちゃ負けないぞ」という団結心みたいなのを感じていました。余談になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

すばらしい韓国の食事650 新潟発仁川行き KE764便 機内食

013 014

  食事ネタはどうも不足気味。1回の旅行で多くても10食くらいですのでしょうがありません。検索キーワードの集計でみるとけっこう「新潟 ソウル 機内食」だのいうので来てくれる方多数。やはり食事も旅行の楽しみの一つ。日本を脱出して最初の食事はこの機内食になりますので、期待もあるのでしょう。

 これは牛肉煮込みご飯かな?カルビチム(骨は無いけど)ご飯みたいなのもあったと思いますし、洋風のソースでビーフシチューご飯みたいなのもあります。ごく浅いプレートですので軽食程度ではあります。でも、朝の飛行機、早起きして空港へ行ってという感じですので10時過ぎのこの食事、まぁまぁ美味しく食べることができます。昔の冷たいサンドイッチなんかに比べればずっとイケる。そんなところです。

 アップして写真を見てみました。ビーフシチューご飯のようですね。もうすぐまた外出、速いお昼を食べて、ちょっと買い物。午後は原稿書き、手紙書きなどをやって、15時から仕事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3661 종로3가의 뒷골목

048 049 050 051 052

 綴り、合っているかな?前回の続き、「ソウル通ならわかるでしょう」は鍾路のあたりでした。春夏秋冬、いろんな時期に歩いているソウルの古い街の路地。寒い1月もソウルの人は元気いっぱい。しっかり商売、生活のにおいが溢れています。常々言っているように、各人それぞれの旅行のスタイルがあっていいと思いますが、明洞と東大門市場と梨泰院と免税店しか知らないとかって、すごく損してる、そんなふうに思います。

 徐々にたくさんの方が見に来てくれてることを考えると、普通の韓国のファンもだんだん増えているのかな?と思い、嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 ちょっと忙しい月曜日です

006

  一時、「システム手帳」というのが流行った時期がありました。まだ使ってる人はおられるかもしれませんが、確かに「流行」はあったと思います。なんとなく、「カッコいい」、「仕事ができそうに『見える』」なんては感じて、買おうかな?と思ったことはありましたが、結局毎年暮れに普通の手帳を買って、巻頭のカレンダーみたいなところにいろんな予定を書き込んでいます。

 しかし最近はそれとは別にミスしたプリントの裏、いろんなとこから送られてくる書類の裏などを使い、A41枚にその日の仕事、買い物などをメモしてポケットに入れておく、どうもそっちのが有効な気がします。やっぱりトシだなぁと思いつつ、そうしています。

 本日のメモには、「原稿」、「銀行」、「DS」、「조영철」、「医院」、「ナノE(パナ)」。9時になったら雑務のため、出かける予定です。

 車無し生活は38日目。万歩計の数値を院長机わきのカレンダーにメモしていますが、先週1週間の歩数合計は144260.1日平均20608歩。1日当たり大体14.4Km歩いていたことになります。先日、ふと気付いたのはお昼を食べて戻った後の胃薬を飲まなくなったこと。「毎日こういうのを飲んでいるのは何かよくないよなぁ」と思っていたのですが、まったく意識せずに胃薬を止めることができました。雪が無くなったら自転車も乗るでしょうが、ウォーキングの効果、体重が3キロばかり減ったこと以外にも確かにあるようです。

 写真は少し前の新潟駅南口。雪もだいぶ溶けてくれましたが、歩道の雪、細い道のすれ違いのしにくさは結構残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月26日 (日)

普通の韓国を探して3660 素敵な山がありました

147

 高校時代は山岳部。卒業後も学生時代はOBとして現役の山行についていったり、また大学同期で「週末には新潟の大自然に親しむ会」なんてのがありましたので山登り。今はぜんぜん行っていませんが山が好きです。形のよい山、見事な岩山なんか見ると嬉しくなってしまいます。

 写真は韓国の山。この道は初めてでしたので、こんな山があるとは全く知らず、でも、嬉しくてバスの窓からパチパチ撮っていた、その中の1枚です。平地にすっくと聳える見事な岩山で、なかなか日本にはこんなのはありません。写真ではわかりにくいですが、なんと中腹にはお寺もあり、岩屋もあり、新しいもののようですが磨崖仏もあったよう。時間があれば是非ゆっくり見て、登ってみたい山でした。

 ここ、どこだかわかる方、おられますか?ずっと記事を見てくれていたかたなら想像がつくかもしれませんね。 日曜日、ウォーキングの途中で医院に寄りました。午前中は歩きます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3659 ソウル やっぱり古い街が好き

042 043 044 045 046 047

 ソウル通の方、こちらの読者の方々ならわかりますよね。私もさんざん歩いてるソウルの古い街です。もちろん、建て替えられた新しいビルもたくさんありますが、計画的に大規模な再開発を受けたという場所ではありません。また大昔、朝鮮時代からソウルの中心だった町です。

 道路は不規則、狭い路地もたくさん。韓屋もだいぶ少なくはなったけど路地の奥に並んでる。そんな古いソウルの繁華街、いい味がある街です。

 50を過ぎて、自分も自営業をけっこう長くやってわかったことがあります。居酒屋とかで、長く続く古い店は大抵いい店だということ。多少内外装がぼろっちくても、そういう店は大抵当たりです。小規模で、家賃は安いか、もしくは自宅兼用で無し。開業時の借金もとっくに返し終わってるし、父さん母さん息子さん、そんな家族経営で給料の心配は無し。もちろん、生活の糧を稼がないといけないのは当たり前ですが、慎ましく堅実に暮らせれば、そしてお客さんに喜んでもらえればそれでオーケー。そんな店、まずハズレはありません。今や、内装、メニュー、スタッフの教育、はてはメニューと調理法まで、いくらでもマニュアルはあるし、コンサルタント会社のセミナーもたくさん。でも、そんな新しい店、結局どこも同じような臭いが感じられたりします。

 ただ、残念なのは、店の人たちの高齢化などでの廃業、再開発による廃業とか。社会の流れ、個人ではどうしようもないのかもしれませんが、古い、いい店が多く残る町、ずっと残って欲しいなぁ、と私は考えています。

 こんなことを書くのは、昨夜のこと、大学勤務時代によく行っていた大学病院そばの古い居酒屋へ仕事の後行ってみたのです。ところが土曜日なのに本日休業の札。前にも商会しましたね、スタッフの平均年齢80歳以上、学校町の「亀萬」という店です。しょうがないので、古町までとことこ歩き、ちょっと飲んでちょっと食べて帰宅しましたが、学校町通りも開いている店はほとんど無い状態。何だかさびしい気持ちでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »