« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

普通の韓国を探して4126 南営洞から厚岩洞へ3

725

 

 普通の観光にはほとんど役に立たないこちらを見に来ていただいてありがとうございます。このシリーズ、写真を順番通りにアップしています。ソウル駅の南、南山の麓に人がる古い町。昔は日本人が多かったと聞く普通の町を歩いた時の写真です。

  赤レンガに2階部分も窓が小さ目。ガラスが高かった時代、日帝時代の建築かもしれません。


726

 学校かな?緑の上下は清掃員さんの冬服なのかもしれません。


727

 

 山の麓ですので傾斜もある街です。ちょっと面白い階段ですよね。


728

 学校のそば?「保護区域」とあります。


729

 前にもアップした幼稚園。ここのための保護区域かな?

 最近HPとか雑誌のムック、ガイドブックで城北洞あたりが良く出ています。日本人観光客が普通に住む韓国の方の迷惑にならないか、やや心配です。観光に行く場所ではないと思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事739 久しぶりに黄鶴洞でコプチャンソグムクイ

583

 

 孔陵洞のホプを閉めてから一時は消息不明になっていた知り合いアジュマ、偶然夏にこの黄鶴洞でみつけ、小さなコプチャンクイの店をお母さんと始めたのを知りました。その日は食べたあとなので、挨拶だけ。その次の次の10月の時に行きましたが、またも食事の後。でも、せっかくなので3分の1もいらないから、と頼んでソグムクイと長寿を頼みました。


586

 町のあちこちで日本と同じ看板を見かける韓国リンナイ、がんばっているようです。台所用のガス器具だけでなく、暖房用のボイラーもやっているようで、「キトゥラミ」という韓国生え抜きの会社とともに根付いた仕事をしています。


585

 おなじみ長寿生マッコリ。いろんな地方の、あれこれ能書きが多いマッコリもありますが、基本的にはこれで十分。新鮮さが命という部分もあるので、流通がいいために美味しいってのもあるでしょう。その日に瓶詰されたのを飲めることも多いのですから。


588

 3分の1もいらない、と言ったらお母さんハルモニ、これくらいを出してくれました。別のとこで大体焼いて、鉄板の上にアルミホイルを敷いたとこに玉ねぎ、エリンギを載せたさらに上に載せて出してくれます。野菜やたんみょん(ハルサメ)とともにコチュジャン主体のたれで焼くのもありますが、丸腸(コプチャン)自体の味を楽しめる塩焼きが好きです。

591

 この時はもうちょっとあってもよかったな、と感じてしまいました。マシッケポイジョ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記732 雪国 越後川口から十日町へ

014

 

 なるべくお金をかけないで旅行をする、ということで今回もえちごワンデーパス1500円を利用しました。上越線方面で行けるのは小千谷まで。そこから先は乗り越しして十日町市へ行ってみました。アルバイトで毎月行っていましたので車では何度も通っている場所です。でも、自分の足で歩いたことはほとんどない、そんな中魚沼郡の中核となる都市です。新潟から電車で長岡。上越線越後中里行に乗り換えて越後川口。そこからまた飯山線に乗りかえます。1枚目は越後川口駅。線路と線路の間にはこんな雪の山ができていました。地下道を通って向こう側の飯山線のホームに出ます。珍しく3両と長い編成の110型DC。後でまた写真をアップしますが新潟市近郊のとは違うタイプのもの。長野のディーゼルカーでした。


025

 飯山線最初の駅がこの内ヶ巻。小さな無人の駅舎は雪が落ちるようになったタイプのものですが、その周囲の積雪量を見るとこの地方の雪の多さがわかります。車窓風景の半分は雪の壁、そんな状態でした。この日も飯山線、除雪のために一部の列車が運休という案内があったくらいです。


045

 こちらは十日町市内。家は雪下ろしをしないと潰れてしまうので元の状態ではありません。空地の雪がこのあたりの積雪量です。2トントラックの屋根の高さは2mちょっとでしょうか?最近はそんなに降っていないので3割くらいは雪が締まって潰れていますので一時は250センチくらいはあったものと思われます。あいにくの小雨でしたが、あちこちで雪下ろしをしています。ここらあたりに比べれば新潟市の雪は大人と赤ちゃんくらいなもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

普通の韓国を探して4125 新しいタンゴルカゲ

582

 夏に偶然見つけた知り合いのアジュマの店です。最初に会ったのは90年代末。中央市場裏手の馬場路にあったコプチャンポジャンマチャをやっていた時期。その後、歌謡酒店の厨房アジュマを経てチェーンのホプを孔陵洞で開業。何年やったのかな?果実チャンサアジュマの鐘岩洞の店に比べ、行きにくい場所ですが何度か訪問。その後2年ほど前に店を閉め、また昨年夏に自宅そばでこの店をオープン。亭主の浮気で離婚して2人の子供をがんばって育てた、たくましい寡婦アジュマです。


592

 入店時、メインのテーブルには若者のグループ。江原道方面へ遊びに行く相談をしながら飲んでいました。


593


594

 店内はこんな。でも、一生懸命商売しようという姿勢がひしひし伝わってきます。


581

 私の席はここ。入り口の脇に仮設の床を作った2人席。何を食べたかは次回のお楽しみです。

 もちろん、何億もお金をかけた店もたくさん。でも、こんなささやかな商売もあり。自営業者の多い韓国です。次回もきっと行ってみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

普通の韓国を探して4124 心の余裕?

6141


 韓国の公衆化粧室、写真の順番、時間で見ると、多分地下鉄1号線東廟駅のものです。少し駅間距離が長めだった東大門と新設洞の間に、6号線との接続も考慮して新しくできた駅なのでまだきれいです。で、わざわざ撮ったのは小便器の上に小さな額の絵が飾られていること。もちろん韓国の全部の公衆トイレにこんな絵があるというわけではありませんが、地方のバスターミナルなんかでもけっこう見かける光景です。

 昨年秋にここでも紹介したコエックスのシネコンのように小さな鉢植えを置いてあったり、利用する側への小さなサービスの心が感じられて嬉しく、微笑ましく感じます。遊び心にも通じるかもしれません。

 全体として社会の施設の整備、インフラというのかな?やはり日本のが一歩前を進んでいます。でも、韓国のほうが、遊び心というか心の余裕を持っている、そんなふうにも思えます。相変わらず小便中にカーッ、ペッ!!と痰を吐くアジョシ、ハラボジがいて、便器の上にそんな痕跡があったりすることもありますが、着実に韓国は、日本に追い付いてきていますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事739 ほぼ日本食(ハングルの解説は省略)

098


 ソウルの中心部、マルンネキルの明洞寄り、白病院とかあるコルベンイ通りのあたりの1枚です。

 

 上から牛丼、うどん、オデン(魚肉練り製品の総称)うどん、ざるそば、おにぎり、というラインアップ、全部日本由来のというか、気軽な日本食です。これも日帝残滓?でも、完全に根付いた食事でしょう。やはり切っても切れない2つの国だと思います。

 牛丼、日本の有名チェーンが何度か乗り込んだけどダメだったと聞いていますが、こういうオリジナルの店のもの、どんな味なのでしょう?一度食べてみようかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月29日 今日はのんびりです

071


 おはようございます

 

 冬型もひと段落という予報ですが、少しだけ雪が舞う曇り空の新潟です。予約は少なめですが、テナントの契約の用事、月末なので支払関係。確定申告前の会計の用事。それとちょっと母校、新潟大歯学部に出かけるかもしれません。

 明日明後日は休み。年初めに1泊2日20230円だったか、すごく安いツアーの広告が出てて、どうしようかなぁ、、、と迷っていたらさすがに売り切れてしまいました。東京往復の新幹線代でも2万円くらい。それで外国へ行って2人一部屋とはいえ1泊2日の旅行。安いですよねぇ。申し込めばよかった、と思っても今からは無理ですので、水曜一日出かけるよ、と家内に言って、明日は小旅行を考えています。空いてる時間、時刻表、地図、そんなのを見るのも楽しいものです。

 

 お金をかけて遊ぶのは簡単。あまりお金をかけないで楽しむ技術を身に着けたいものです。

 写真は秋の学会の時の帰りの特急いなほ号。JRもたいへんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して4123 南営洞から厚岩洞へ2

720

 新潟韓国教育院で「福徳房」という言葉を教わりました。日本で言う不動産屋さんのことです。でも、最近では韓国でもそんな看板、だんだん減ってきたような気がします。左角の店、「~不動産」という看板をあげています。 前の訪韓のときにも歩いた道、逆に南営駅の方から歩いています。南山の麓に広がる町です。


721

 眺めがひらけた交差点などでは南山とソウルタワーが見える、そんな街です。偶然ですがここでも左に「不動産」の看板。再建築とか再開発の予定されている地域では不動産屋さんが増える韓国です。


722

 もと学校の建物のようにも見えますが、教育施設管理作業~だか見えますね。ともあれ、三叉路のある昔からの道を歩くのは愉しいものです。


723

 ここも三叉路。効率優先で考えられた新しい街の道路では意識的に公園のように作られた場所以外は道路は直交。でも、見通しが効いていない道を歩く方が楽しいと思いませんか?


724

 何でもないソウルの町の写真でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

普通の韓国を探して4122 東廟アプから黄鶴洞へ

572

 大ドンウォン膾(刺身)市場(대동원회시장)、鍾路3街の店で食べた話はすでに書いていますがチェーン店なのかもしれません。同じ名前の同じような店がドンミョアプ駅のそばにもありました。膨大なツキダシを省略して刺身だけ食わせる気軽な店。流行っているのかも? あのたくさんの食べきれないツキダシ、たくさん食べてしまうと肝心の刺身が出てくるころには腹いっぱいになってしまうツキダシは韓国の方でももったいないって思ってるのかもしれません。

 知り合いのアジュマがまた黄鶴洞、中央市場北口のそばでコプチャンクイの店を始めたのでそこへ行ったときの道です。


573

 このあたり、ドンミョアプ駅の北にも、黄鶴洞、清渓7街にも立派なアパート、ロッテケッスルがあります。これは鍾路のほうかな?だとすると「ロッテキャッスル天地人」というアパートになります。3棟の高層マンションがそれぞれ天地人なのでしょう。


575


576

 東廟の東の路地。ソウルには少なくなった旅館がある小路です。地べたビューも決まってくれました。このあたりまで中心地を外れると裏通りはちょっと暗いです。でも、治安のいいソウル、ぜんぜん不安なく歩けますよ。


577

 これは清渓川に出たあたりかな?なかなか変わらない信号を待って横断歩道で渡ります。


578

 清渓川と清渓川路を渡れば黄鶴洞。左手にはロッテキャッスルベネチアが聳え立っていますが、我がホームグラウンドです。路上の商売がかなり規制されましたがコプチャンクイ専門の店はまだけっこう残っています。急に明るくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4121 今度は南営洞から厚岩洞へ1

716

 淑大入口駅からまた古い道を歩いてみました。少し前にシリーズでアップしたあたり、今度は逆方向から歩いてみたのです。古そうな教会。いつごろからあったのでしょう?


717

 南山を望む、気持ちのいい街です。

718

 これも気に入っている1枚。尖塔の先がちょっと切れてしまいましたが、ソウルの秋らしいきれいな青空に、、、何ていうのかな?構図がばっちり決まった1枚です。黄色いのは家庭用の水道タンクかな?


719

 バイクの店だったかな?こんな広告写真を見るとアジョシはぎくっとしてしまいますよね。これも、いいなぁと思っての1枚。いいなぁ、ってのは韓国らしいってことですよ、言っておきますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

普通の韓国を探して4120 鍾路2街夜景

854

  東京もそうですが、家を離れてどこかへ行くといい刺激になります。人が多い→歩くだけで疲れる、と、地方に住む者はそんなでもありますが、何だか元気をもらえる感じ。やはり韓国好きだからか、東京以上にこんな街を歩くだけで、気分が高揚する感じです。


855


856


857

 次回の予約があります。宿はやっぱり鍾路沿い、でも初めての安い宿。元気に歩いて、さらなる元気をもらって来たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4119 やっぱり鍾路が好き

847


 光化門広場から始まり、再開発で大きく変わった北側の清進洞、南側は瑞麟洞、武橋洞があって、鍾閣の交差点。2街に入ると北は公平洞、寛勲洞、仁寺洞、南側は貫鉄洞。YMCA、タプコル公園、仁寺洞入り口を過ぎて楽園商街東通り(私が命名)を過ぎれば鍾路3街。時事YBM、国一館を過ぎると世運商街の北の端。麦畑があった場所。4街の右折専用車路のある交差点を過ぎるともう広場市場の西の端。薬局の多い町、鍾路5街駅を過ぎるともう広義の東大門市場になります。

 狭義の東大門市場とも思える東大門綜合市場を過ぎるといつも渋滞していた東大門の交差点。そして1号線東大門駅、新しくできた東廟駅の北は昌信洞。朝鮮族とか外国人の店が目に付いてきて、昔は人力市場があった町。その先は新設洞のロータリーがあって、いつも水の無い川、頭上の高架道路(内部循環路)を過ぎると祭基洞駅。地図を見ないでも映画、「将軍の息子1,2,3」の舞台になった鍾路は大体頭に入っています。

 映画の中で、「ソウルの心臓」、「韓国の心臓」、まぁ、そこを日本人に蹂躙させてはいけない、なんて話だった訳ですが、やっぱり鍾路あたりが好きです。でも、東側はどこらへんまでを鍾路というのでしょう?まだわかりません。やはり散々歩いている黄鶴洞の北は清渓川7街とか8街と呼ぶのに、鍾路は東大門を過ぎれば。6、7、8街とは言いません。となると、正式にはソウル城郭の内側、すなわち、東大門の手前、6街かな?そこまでが鍾路なのかな?と思います。 例に挙げた清渓川路は日帝時代以後に川を暗渠化して新しくできた道だから7、8街がある。ダニエル黄さんでしたか、退渓路も計画的に新しく作られた大通りだと教えてもらった記憶があります。鍾路は光化門広場から東大門手前の6街まで、なのかもしれません。

 写真は、、、ありきたりの観光客だと行かないかな?いわゆる鍾路の一番賑やかなあたり、2街の南の一角です。明洞は11時くらいになれば人通りも少なくなり、タクシーで買い物から戻る大きな袋をいくつも抱えた日本人チョルムニ、アジュマ、ハルモニが目に付くくらい。でも、その北約500m、乙支路と清渓川路、2つの大通りを越えて行った鍾路はまだまだ夜はこれから。そんなソウルの本物の繁華街の1枚です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月27日 ちょっと用事で出てきました

603


 消毒(滅菌と消毒は別なんです)した器材の片付けに出てきました。けっこう風が強く一時的には吹雪いた昨夜から今朝ですが新潟市の積雪自体はそれほどでもなく、車なら凍結に注意すれば楽々、そんな状態です。これからヨドバシ行ってガソリン入れて、ちょっと雑貨の買い物をします。

 「ブラウン観光ホテル+バス」というキーワードが最近目立ちますので、すぐ前を頻繁に通る利用しやすい系統の路線図をアップします。152番、なかなか便利そうな路線です。と、でも、上にちょっと見える103番のが普通の観光にはいいかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

普通の韓国を探して4118 「普通の韓国を探して1987」の場所

 괭이부리마을という町が保存されるとか、そんなニュースを見つけました。仁川駅の北、萬石洞の訪問、そしてこちらでの記事、2005年秋とか2006年の頃のものをちょっと検索してみたら、「普通の韓国を探して1987」の古い町がちょこっと残って、その向こうは再開発でできたアパート群、そんな写真の場所のよう。その後、タルトンネ博物館の紹介も比較的日本では速くやったほうだと思っていますが、またまた仁川の古い町。前に歩いた工場の多い地区、海、そんなのを再訪するのもいいかな、なんて考えています。

 

 何度も書いているとおり、このブログの一番よかった時期は最初の1年くらい。1987はそれよりも後の記事ですが、韓国の普通の町がお好きな方、一番最初から1000くらいまでも記事をご覧いただけると楽しんでもらえると思います。 右手のバックナンバーから行けますので、この週末の夜などにいかがでしょう?

 雪はそれほどでもありませんが、午前2人、午後も2人変更で手が空きました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事738 마포옥 설렁탕 특 15000원

683

  食事は普通は日に3回、どうしてもネタが少なくなります。同じ店ですが今回は麻浦屋(マポオク)のソルロンタン特です。15000Wでした。今は5000Wという店は少なくなってきかかもしれませんが安い店の3倍もする一杯。でも延世大歯大口腔生物学教室の鄭教授ニムも常連という名店、流石の美味しさです。


6841

 たいていは朝食でいただくことが多い私、この日も一番乗りです。ソウルにその名をとどろかせる名店、清掃なんかもほぼ文句なし。


6851

 で、特はいい肉が入っているので15000W。普通が1万、チャドルタンが2万だったかな?行き始めて結構経ちますがけっこう値上がりしています。韓国本にも紹介されてか日本人を見かけることが多くなってきました。

687


688

 肉2点。普通はヤンジというのか、脂の無いぱさぱさした肉が中心。スープのだしにはいいのでしょうが、肉として食べると、やはり脂のある部位、結合組織が含まれる部位のが美味しいです。

 ソウルへ行けばきっと1度は行く店。いつもの朝番のアジュマは元気かなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4117정안は「正安」、天安論山高速道路の休憩所

562

 韓国の高速道路網、この15年くらいでものすごく発達しています。昔は京釜高速、中央高速、嶺東高速、湖南高速、そして高速道路じゃないとか全羅道差別の象徴だとか言われる88高速、それくらいでした。そこに、湖南方面へ行くものだけでも、天安論山高速ができて、西海岸高速ができて、忠州、聞慶、店村へ行くのができて、不便だった江原道北部へも洪川のあたりまで高速ができて、他にも、、、網の目と言っても差し支えない感じで高速道路ができています。

 昔は群山、全州、光州、みな京釜高速で大田の手前まで行って、そこで湖南高速に入りましたが、天安論山高速ができてからは天安で別れて論山で湖南高速に合流したり、群山あたりは西海岸高速経由の時期もあったような気がしますが、最近は新しい高速で公州あたりへ行けるのかな?さらには田舎の報恩、錦山あたりも高速がどんどん。ほんとすごいです。

 写真は天安論山高速のジョンアン休憩所。ジョンアンは漢字で正安だったのをさっき知りました。これは確か群山からの帰りだったと思います。休憩所も上記のとおりバス路線の変化で昔は京釜の竹岩だったはず。大体3時間を超える路線では一度10分から15分くらいの休憩時間をとる高速バスでした。


563

 おなじみ軽食の売店が外に並んでて。


567

 女性専用に別に化粧室があるのかな?日本でも混むとたいへんと聞いています。まぁ新潟県ではそんなことありませんけど。


568

 ホドカジャ(くるみ菓子)の売店がありましたが、この辺の名産なのか無花果の売店もありました。天安名物호도과자、今でも汽車の中での販売はあるのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月26日 気温が低くて地吹雪状態の新潟です

001


 忙しい土曜日です。新潟市の積雪は数センチですが、気温が零下2度と低めのため、道路は凍っています。仕事の準備を忘れていたのでいつもよりさらに早く出てきました。新しい記事、コメントへのレスは後で、時間があるときにアップします。

 皆様、좋은 주말을 지내세요.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

普通の韓国を探して4116 まだまだ知らないことがたくさん

571


 日本語での検索ではほとんど出てきません「常春園」。私も全く知りませんでした。場所は多分鍾路のあたりだろうと思うのですが(もしかしたらドンミョアp駅のあたりかもしれません)、3・1独立運動の関係の記念碑のよう。3号線独立門駅に掲げられている長大な独立宣言書も最初と最後だけ読んで、けっこう漢字が多いなぁと感じてそのまんま。でも確か最初の方にあった言葉、「公平」だけ覚えています。国籍とか人種とか、そんなのだけで人を判断し、差別してはいけません。神谷丹路さんの本などで、日帝時代に、朝鮮人にも日本人にも公平に接し、仕事をした先生とかの事が少しだけ書かれています。私もそうありたいと考えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月25日 夜中は大雨でした

031

 5分ほど前のヤフーの天気予報はこんなです。昨日のテレビの天気予報では今日の夕方までの24時間で最大70センチくらいの雪が降るかも、とされていた新潟県。でも、新潟市では雨と風です。 天気予報をする側も、「今回の寒波は大したことはなく、雪もそんなに降らないでしょう」と報じて大雪になり、あとで不評を買わないよう、大げさにというか、派手目の予報をするのだと考えています。大したこと無ければ「よかったね」で済みますから。


032

 同じ時間の実際の外の風景です。ちょっと小降りにはなっていますが、雨が続いています。これが雪に変わるのかな?大雪にならないことを希望しています。

  そういえばアイリスオーヤマという会社が韓国から「ケンポナシ茶」を輸入していますね。マツモトキヨシあたりで見かけました。韓国で2年ほど前から流行りだした酒飲みの肝臓にいいお茶、日本でもウコンだのさんざん宣伝していますのでもしかしたら普及してくれるかもしれません。10時23分、外は雪になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4115 座席バス

770

 ソウルの周囲に計画的に作られた新都市、ぱっと頭に浮かぶのは盆塘、一山、山本、東灘、あとは龍仁とか水原のあたりの盆塘の先の方とかですが、群を抜いて便利なのがお金持ちの街盆塘のように思えます。昔から1005-1とか、座席バスが早朝から深夜までソウルとの間を走っていたのに驚きましたし、地下鉄もあったのに、さらに1年ほど前に新しい速い電車ができたり。 けっこう離れているのにとても便利だし、盆塘の地域内でもかなり店ができています。前は見なかったはずのこんな座席バスも最近見かけるようになりました。


771

 こちらは前からあるタイプ。李準圭先生のお宅があったので、何度も乗っています。上に挙げた新都市でも、他は地下鉄は1本だと思うし、バスは頻繁に走っているのでしょうが、やはり盆塘がかなり優先されているというか群を抜いて発展している感じがあります。新しいものばかりの街、私はちょっと馴染みにくいって感じてしまいますね。ただ、交通の便は、すごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4114 お茶を濁す

611

 お茶を濁すという日本語の表現、どういう起源かは知りませんが、適当に済ます、そんな意味でしょう。大きなサイズの写真をコンピュータに取り込み、ブログ用に選んでサイズを小さくして専用の3つの場所に準備しているのですが、昨年の訪問の文も整理がつかなくなってきてしまっています。たぶん1万枚以上の写真がここにあると思いますが、すでにアップしたのかしていないのか、老化が進んだアジョシにはごっちゃになってしまっています。それで、今日はちょっと「お茶を濁す」です。一連の写真は順番通り、プラザホテル、新しいソウル市庁舎がありますので場所はおわかりですよね?


612

 一度だけ泊まったプラザホテル。90年代の話ですが、宿を決めないで行って空港の案内所で3割引きにしてトゥリゲッスmニダ、と言われて泊まりましたがそれでも20万Wくらいだったかな?部屋は狭めでしたし、高いなぁという記憶ばかりが残っています。その後内外装を改修したようですが、どうなのでしょう?まぁ場所はいいけれど。


613


614

 ソウル広場とソウル市の新庁舎です。ソウル駅、釜山駅、西太田駅、ガラス張りが好きなのかな?


615

 まだ写真が小さいのですが、続きですとたぶん乙支路。韓国の信号灯、切り替わり間隔がたぶん日本よりも長めですので、方向ごとにこんな差が出てきます。ロッテもプレジデントも複数回泊まっていますが、ツアーで泊まるなら割合安いのでしょう。韓国旅行初歩者にはお勧めの宿です。

 きれいな写真を並べたけど、お茶、濁ったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

普通の韓国を探して4113 韓国の人も「日常からの脱出」が好き?

407

 新設洞の北、普門洞か崇仁洞のあたりです。オレンジ色の看板、「脱出ノレ酒店」とあります。一度だけ、黄鶴洞で知り合いのアジュマが厨房で働いてた店に行ったことがありますが、地下で、個室があるカラオケです。やはりホステスさんを呼べるのでしょうが、それもせず、一人カラオケも面白くないのでビールを飲んで帰りました。以後行ったことはありませんが、まぁ、男性の遊び場です。

 

 面白いのは「脱出」。日常からの脱出と言いつつ遊びに出る男性が多いのでしょうか、そのまんまのネーミングでした。私も一時はけっこう外で飲みましたが最近はめったに出ません。「禅」だから、というわけではありませんが、日々これ修行、歩くのも、食べるのも、みな禅の気持ちで、と思うと脱出する必要性をあまり感じなくなりました。強いて言えば韓国へ行くのが、、、でもこれも、脱出ではなく「行」かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記731 2013年初ポタ3

074

 柾屋小路に出て、今度は本町通を下手へ走ります。これは10番町あたり、古い薬局の建物が残っています。相当昔のもののよう。市の保存文化財とかかもしれません。やはり周囲は駐車場になってしまっています。

076

 さらに下に行くと下本町市場。お年寄りばかりの町ですが、それなりに賑わっています。


077

 本町の一番下手。14番町は新潟遊郭でした。今はその名残を残す建物もほとんどありません。その入り口に第四銀行の支店があったのですが、閉店したのか空き地になっていました。ちょっと前にも通ったので、今年になってとかなのかもしれません。ここの他にも閉店もしくは統合した第四の支店、新潟島にはいくつもあります。

 空き地の向こう、細い路地の先に質屋と旅館の看板が見えます。何年か前、その先の路地で自転車で転倒。めがねを壊して肋骨を折った事故をやりました。今でも胸部レントゲン撮影で骨折痕あり、と出るのですが、よくわかるものです。


078

 古町に戻って上手方向へ。10番町と11番町の間ですが、角に食堂があります。10時からやっていて麺類、丼物、何でもあり、安くて美味しいいい店です。


079

 古町9番町です。左は田舎家というわっぱ飯の有名店。何回か行ったことがあります。このあたりから雲行きがまた怪しくなり雨が降ってきました。屋根つきの古町でよかったです。自転車を押して、行ったりきたり、運動を続けます。


080

 

 これはその雨宿り中の写真。8番町の角にある果物屋さん。大きな店で水商売関係、飲食店などが主な客筋でしょう。2階部分、かなり凝った装飾があるのに初めて気づきました。


081

 これも雨宿り中のもの。8番町の大竹座ビル1階にある。おにぎりの「越後屋」。前は近くの別の場所だったような気もしますが、夜遅くまでやっているおにぎり専門店。夜の店なので安くはないけど美味しいです。15個食べると無料というサービス、今はやっていないそうですが、まだ成功者の名札は残っていました。かぁちゃんと結婚する前、早起きしてドライブするのにこの店に5時ころ来ておにぎりのテイクアウトをしたことがありました。結構古い店だなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記730 2013年初ポタ2

067

 東堀通り1番町かな?長岡に本店を持つ青島ラーメン(青島食堂)東堀店です。食券の自販機が外にある店で、カウンターが7席かそんなだったか、狭い小さな店内ですが、人気のあるラーメン店です。平日の10時過ぎの写真ですが、車、少ないでしょう?


068

 もう少し下って4番町あたり。


069

 5番町です。


070

 5、6のとこで、左へ。古町通りに出る手前の蕎麦屋さんです。山文山文と呼んでいましたが「山形屋文吉」というのは新潟に来て36年、初めて知りました。昨年秋にスタートした天ぷらそば食べ歩き、ここはまだ行っていません。確か1600円って店頭のサンプルにありましたが、新潟市最高価格かな?寂しかったら怒りたくなる値段ですね。近日中に行きましょう。

 午前中、3時間半ほど乗って帰宅。家で電話番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記729 2013年初ポタ1

058

 

 医院での雨宿りの後、自転車で出発です。幸い青空が見えています。1枚目は万代橋東詰め。右のビルが新しい新潟日報本社です。ずっと値上げしていないのに広告料がしっかり入るのでしょうか?新潟市でも指折りの立派なビルになる予定です。

059

 

 1枚目からちょっと進んで万代橋。何度もここでアップしています。石造りの立派な橋で、最初は新潟交通の電車線を路面電車で通す予定で幅を広く作ったと聞いています。新潟地震でも大丈夫だった丈夫な橋です。


060

 上流方向。遠くに見える新潟県庁の左に雪をかぶった角田山が見えていました。


061

 新潟島に入って、古町どおりを上へ。少し前までは建物があった場所がこんな空き地になっていました。古町3か4、その辺りです。


063

 同じ場所からの上方向、白山神社のほうを望みます。このあたり、「上古町」と称して新しい店がいくつかできていますが、なんかニセモノ感を感じてしまいます。雑誌やマスコミも後押ししているのでしょうが、果たして人通りが復活するかどうか、静観しています。


064

 1番町まで出て、東堀に入ります。数年前まで、この広い道が一方通行でした。本当はいけないのでしょうが、ちょっとなら車を置けた感じ。ここも、昔はもう少し店とかあったはずですが、今は朝夕の時間を除くと車も人も少ないです。一方通行の時代のがよかったなぁと感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月24日 雨宿り

039_2


 午後は家内が美容室、とうちゃんの休みは午前中ということで、久々に自転車で出てきました。ところが、あっという間に空が暗くなり、雨。とりあえず医院まで少し濡れて到着し、雨宿りです。お茶をわかして飲んでいるうちに晴れてくれればいいなぁ。

 写真は昨年秋の物。展覧会を見に行ったときに、水と土の芸術祭だかの展示場の脇にあった古いポンプのような機械です。もともとここは港の魚を水揚げする場所でしたから。名のある人、無い人のよくわからない芸術作品よりも、私はどっちかと言えばこういう普通の物、でも、ホンモノのほうに興味が湧いてしまいます。そういう気持ち、わかるでしょう?

 

 9時15分、お茶を入れたら晴れてきました。午後から崩れるという予報ですので、市内をポタリングするくらいになりそうですが、もうすぐ出発します。東堀8番町にある加島屋の本店、確か火曜と木曜だったか、鮭のあらの昆布巻を店頭販売します。通常売っているパック詰めされたものよりも薄味で、でも美味しいんです。新潟に平日いらし方にはお勧めです。買えるかな?今日は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

2013年1月23日 メロクイとテンジャンチゲ

536


 昔は無かった「ギンダラ」という魚が流通し始めてもう30年くらいになるでしょうか? 回転寿司屋の「えんがわ」しかり、昔は流通にのらなかった魚が結構今は売っています。写真は仁川空港だったかな?日本での通称「メロ」の焼き魚とテンジャンのセットがメニューにありました。ギンダラという名前には慣れましたが、メロはどうも・・・あまり美味しそうには聞こえない名前です。でも、韓国でも同じ名前で利用されてきてるのが面白くての1枚です。

 ちょっと調べたら「マジェランアイナメ」とも言うそうで、でも、アイナメ(韓国名ノレミ)の仲間ではないとか。英語名では「アンタークティックトゥースフィッシュ」、「南極の歯の鋭い魚」とありました。 写真、見えますかな?こちらでは「パタゴニアントゥースフィッシュ」、「パタゴニアの歯の鋭い魚」でした。南米大陸の南端、マゼラン海峡のあたりで獲れるのでしょう。人生一度きりなのですから、メロも食べてみましょうか。

 今日は休み。でも、医療機関勤務者に年に1度義務付けられている胸部レントゲン検査(結核ではないか?)を受けに行きました。その後は取り寄せを頼んでおいた、医院の紫外線滅菌器の紫外線ランプを受け取りに行き、ちょっと買い物して帰宅。久々に何も降りそうに無い休日ですので、自転車に乗ってみようかとも思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

普通の韓国を探して4112 ドアを閉めていただけませんか

783

 ソウル駅の南、南営駅そばにあるホテルレインボウ、レインボーホテルのドアです。日本人と中国人が主に泊まる安宿ですが、韓国の人たち、まずこのような宿泊施設を知りません。逆に日本人観光客、中心部と江南中心部以外の普通のホテルを知りません。少し前に書いたソフィアホテルなんかも観光公社のムクゲマークがあったのに、場所の点から観光客はほとんど行かなかったでしょう。2002年以後くらいから観光客が激増し、それまで日本人が行かなかった場所の安いホテルにも回されることが増えましたが評判はかなり良くなかったようです。

 私が泊まった中では踏十里のシティパレス。往十里の田豊観光、東大門のサムホ、天池。今は無くなった大和、ミアサムゴリのビクトリアは一応1級でまだ使われてるかな?漢江ホテルなんかも場所についての文句がよく言われていました。

 で、本題ですが、ドアの張り紙、韓国語では「コッ」が入っているので「ドアを必ず閉めてください」、英語は「ドアを閉めてください」、日本語だけちょっと丁寧に「~いただけませんか」となっています。なんか日本語だけ丁寧語になってるのが面白くて1枚撮った写真です。

 前にも書いたかもしれません。昨年秋からの断捨離で処分してしまいましたが、鷺沢萌さんの本で、韓国のホテルのフロントでかたことの日本語で対応する韓国のホテルマンの日本語を日本人の男性客がばかにして真似てふざけたのに鷺沢さんが憤慨した話がありました。外国語を仕事のためとはいえ勉強して、おかしな発音とかはあったとしても問題なく通じる日本語を話したのに、それを韓国語が全くできないような日本人が馬鹿にするのは許せない、ということです。私も全面的に同感。話せるからえらいとかではなく、人と人とのコミュニケーションの重要な手段である言葉。問題なく通じる程度になるまではかなりの努力が必要です。個人的には、日本語が通じるような場所にはあまり行きませんが、どんな場であれ、日本語を話してくれる、それだけでも感謝すべきことだと考えています。

 韓国語を学ぼう、日本語を学ぼう、という裁判官の方のHPがありました。私も同感。中国語に押され気味かもしれませんが、もうしばらく韓国語をやるつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4111 前にアップしたかもしれませんが

1164


 ソウルを自分の足で歩いたことがあるかたならすぐわかる場所。新世界百貨店本店の退渓路側です。昔はロッテや現代の陰で、ちょっと押され気味のように思えたシンセゲの本店、大改装、拡張で世界的な高級ブランドの店もかなり充実、東京のデパートにも負けない規模の大型店になりました。南大門市場側の駐車場入り口ではサモニムと呼ぶにふさわしそうなアジュマが高級外車で続々乗り付ける様子が見られます。で、これ、たぶんベンチなのでしょうが、前衛的というかなんというか・・・腰掛はしませんでしたが冬はお尻が凍傷になりそうだし、夏はアチチっ、てなりそう。半ば、アクササリーというかオブジェなのかもしれません。

 これも、かなりお金がかかっていそうです。なんたって特注でしょうから。韓国、変なところにお金をかけるなぁって感じることがよくあります。ちょっとしたビルの庭などにあるオブジェやモニュメントもそう。まぁ、人のお金ですので本人が良ければ何に使ってもいいのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4110 ハミョンデンダ

604


 ソウルの城北区にある安いホテルであるブラウン観光ホテルの脇です。タワー型の立体駐車場がありますが、車を入れる入り口、ちょっと高い場所にあり、短いけど傾斜のあるスロープで入庫するようになっています。

 これ、思うに、ただの平面の駐車場に立体の機械を設置する際、簡単に工事を済ませるために、機械のベース部分をそのままの地面に設置したためだと思われます。本来は多分、地面を掘って機械を設置し、平面で入庫させる形式だけど、穴を掘ったりの基礎工事は面倒だ、ということで、こんなふうに「ただ置いた感じ」になったでしょう。地震がまず無い韓国だからこその工事です。

 タイトルの「ハミョンデンダ」は日本語で言えば「やればできる」。似たようなのに、ここの古い記事にある仁寺洞の世林ホテル(世林荘モテル)のエレベータがありました。世林荘の記事ではなく、ホテルソンビから裏手へ回ってみた、だかいう記事の写真にあったと思うのですが、古い4階建てくらいのモテルの外側に後付けで小さなエレベータがあるのです。 

 うんと前に作った建物で、階段しかない→でも、今の時代、エレベータが欲しい→でも、中に新しくエレベータを作るには工事も大変だし、客室をつぶさないとスペースも無い→それなら廊下の突き当たりの壁を壊して穴をあけ、外側にエレベータを作ればケンチャナ→いい考えだ、それでヘポジャ。セリムホテルに泊まったことある方ならおわかりですよね。1階の突き当りにあるとても狭いエレベータ。ドアの動き、昇降の動きも、フロントアジョシが手回しでやっているのかと思うくらい遅い、あのエレベータ、外から見ると完全に建物の外壁にくっつけた細長いステンレスの函なのでした。

 既成の概念にとらわれず、多少は法律違反になっても、まぁ、とにかくやってみよう。そんなのも韓国のいい点でもあり、よくない点でもあります。前にちょっと書いた普通のビルやオフィステルを改装してホテルに、というのが市内中心部でこの数年やたら見られますが、ああいうのも一緒かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

2013年1月21日 行きたい場所、食べたいもの

628

 A4版の大きめの大学ノートをいつもメモ代わりに持ち歩いています。「禅」のことで思いついたことを書いたり、行きたい場所や買いたいものを書いておいたり、どこかへ出かけたときの記録もそこに書いているし、次の旅行の時の計画なんかも書いています。

 買いたいものの項に今書いてあるのは

*登山用具

*ラジオ

*デジカメ

*靴

*ディレクターズスーツ

*ハンコ

 

 すぐには買わず、少し考えて本当に必要か?本当に使うか?を考えるための、メモでもあります。

 

 行きたい場所にピックアップしてあるのは

*京都

*佐世保

*金沢

*天童

*高知

*成田

*建功寺

*雲洞庵

*市川大門+はんこ

 

 そんなです。金沢と雲洞庵はそれぞれ11月と12月に行っていますのでペケマークがついています。親友の前畑先生はこの春から自転車での四国八十八か所参りをスタートするそうですし、自分のお金と休みで無理のない範囲で、いろんな場所、見てみたいものです。

 「モノより思い出」、これも禅の精神です。写真は全北全州の駅前通り、横断歩道からの1枚でした。

 追加です。食べたいもの、「美味しく感謝して食べる」のも禅の大事なポイントなのですが、全南か慶南の地方の町で美味しいカルビチムを食べたいのでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4109 韓国の降雨日数

466

 合計すれば1年くらいは韓国にいたことになると思います。昨年、今年と3度ほど台風にぶつかって、帰りの飛行機が飛ぶかどうか気をもんだことがありますが、それ以外は雨で行動が制限されて、という経験はほとんどありません。2000年か、それ以前、一度だけソナギというのでしょうか、夏の大雨にぶつかり、傘を差しても靴の中までびしょびしょに、という経験がありますが、韓国、やはり降雨、降雪日数、少なくともわが新潟市よりもずっと少ないように思えます。

 最近は必要なくなったのか、少し減ったようにも思えますが、ソウルでも電車に乗っていると個人のお宅の屋上に水色のタンクがあったりしました。記憶にあるのは今は新線になったかもしれませんが、昔の中央線の線路沿いとか、釜山の街。釜山ではそういう個人用水道水タンクの専門店まで、釜田駅のあたりにあったと思います。 日本では、これもちょっと前の話になりますが、沖縄県で、そういう個々の家の水のタンクがあるなぁと感じました。やはり、韓国、そして沖縄県、昔は雨が降らないでの水不足があったのかなぁって思っています。

 森林を保護しようという運動がありますが、山もハゲ山になっては水を保ち、貯める能力が低下すると言われています。木がたくさん茂った山はダムのような機能を持つということです。あまり高い山が無い沖縄県。岩山が多く、大きな木が茂った山が少ない韓国、そういう点で水不足になりやすいのかもしれません。前にも書きましたが、韓国、やはり大陸の一部であるせいか、自然の湖がほとんどありません。そんな保水力不足を補うためか、巨大なダムがけっこうあります。新潟からソウルへ行く飛行機でも安東、忠州、縮尺の小さい地図でも大きく描かれるほどのダム湖です。近くで見たことはありませんが、飛行機から見ても巨大なダム、日本には無い水に関する苦労があるのでしょう。

 写真は昨年9月、台風サンバが来た時のソウル、鍾路3街から楽園商街東口へ行く通りです。人通りも少なめです。もしかしたらすでにアップしたかもしれませんが、好きな1枚です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

2013년1월20일 keybord의 문제

004

 「寄る年波には勝てない」という言葉の通り、誰でも老化は避けて通れません。歯に来て眼に来て、3番目はアソコに来ると言いますが、早い人だと40代から歯とか目が悪くなります。私は割合遅い方だったとは思いますが、仕事用の眼鏡も2つを使い分けて働いています。

 

 また、年をとると物忘れが増え、物覚えが悪くなるのもしょうがありません。けっこう記憶力には自信があったのに、最近ではぜんぜんダメ。ハングルの字母もこんなふうにマジックで書きこんでいること、前にも紹介しました。でも、これ、けっこう薄くなっているでしょう?自分ではそこそこ覚えているつもりで速く打つと、やはり間違いだらけ。権さんへのレスなどもけっこう間違ってしまいます。


005

 そこで先ほど、空き時間にささっとまた書いてみました。ローマ字入力のアルファベットはブラインドでも打てるつもりですが、マジックでこう書くとついつい太字のハングルの字母が目に入りすぎてついつい通常の日本語のローマ字入力もペースが乱れてしまいます。困ったもんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4108 東豆川→揚州→議政府→ソウル

388

 

 雨の中、Gバスはソウルへ向かって走ります。これは楊州駅。法院里の帰りに前年も来ています。電鉄化されて新しい高架線の駅になっています。この近くの仏国山というのかな?すごい格好の岩山はきっと行ってみたい、そんな場所です。ただ、確か麓に部隊があるので、写真とか、気を付けないといけなさそうです。


390

 議政府市内です。ソウルへ直行と思いきや、ちょっと市内の主な場所、市場とかターミナルとかを経由しました。前にここで紹介したLRTの中央駅も通りました。議政府はけっこう大きな街だったのが、さらにアパートが周囲に激増。まだまだよく知らない場所のままです。


391

 道峰山の岩峰です。ソウルの山でもあり、議政府の山でもあります。


392

 で、やってきたソウル。この写真は再掲ですが、泊まりたかったソフィアホテル、GMシボレーの自動車屋になっていたのでした。


393

 旧ソフィア観光ホテル遠景です。放鶴洞とか、双門洞、倉洞、そんなソウルの北部の町です。


394


395

 さて、まずはこの日の宿を決めないといけません。幸いずっと土砂降りというわけではないので少し歩いて、電気屋の屋根のある部分で無料の観光地図を見て電話。安いホテルの空きと値段を聞いてあたります。結局普門洞。ブラウン観光ホテルに75000Wという予約をしました。ホテルに荷物を置いて、半ズボンに着替えてお昼を食べてソウルを歩く、そんな予定です。結局普門洞から新設洞まで歩いて、ちょっと銀行で両替、バスで市庁前。高麗参鶏湯でお昼、独島体験館、鷺梁津水産市場と台風の大雨の中を歩いたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記728 新潟市冬景色9

055

 古町9番町の路地です。人か、自転車なら通れる程度の細い道、このあたりはたくさんあります。店の入れ替わりもしばしば。もっとも、全体としては飲み屋は減少傾向にあります。この総称古町としての繁華街でも私が行ったことあるのは1%以下。でも、ぼったくりの店がいくつかあると聞く駅前とは違い、どこも普通に飲める店だと思います。


056

 古町9番町のビル。こんなふうにスナックなんかがたくさん入っているビル、昔は20くらいもあったと思いますが、今ではテナント空きだらけのビルも多いことと思います。ここは場所がいいので埋まっているほうでしょう。


057


058

 古町8、9番町の間の「無料紹介所」。世の中、うまい話はありませんので、バックがあるはず。よほど不慣れな他から来た人は使うのかな?こういう場所も昔は商店でした。


059

 古町7、8番町の間です。ネクスト21の賑わいもできて10年持たなかったかもしれません。左に見える蕎麦屋、もしかしたら昔は学校町にあった店かな?だとしたらお昼を食べにしばしば行っていた店です。


060

 古町7番町の裏通り。N-1はパチンコ屋。もうすぐ柾屋小路というあたりです。ネクスト21の手前に見える看板が消されたビルは旧大和新潟店。金沢に本店があるデパートでした。こちらに向いて開いた「コ」の字型です。「コの字」の内側を買って改装、拡張したかったけれど、頑固な個人の店主が応じず、おかしな形のまま営業していたと聞いています。金沢に対する新潟の無意味な対抗意識が・・・なんて、マスコミの意見もありましたが、この大和の閉店も古町の衰退に拍車をかけた感じでした。

 上手の5、6番町はもともと商店の町で、飲み屋はそんなにありませんでした。古町で飲むというとやはり8、9番町。駅前、駅南とかよりもやはり値段が高めですが、美味しい店、いい飲み屋が多いと思っています。やはり今でも私は、飲みに出るなら古町です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

普通の韓国を探して4107 2012年9月17日 台風サンバ韓国上陸

369

 昨年の9月17日の写真です。東豆川のシーマホテルをチェックアウト、すぐ近くの旧市外バスターミナルバス停へ行き、ソウルへ向かうバスに乗りました。確かGバスの36番だったと思います。この頃から雨が強くなります。ラッキィっ、とも思いましたが、この日韓半島南部に上陸して北上中の台風サンバに突撃するような移動です。おまけにソウルでの宿がありません、というか決まっていません。この時点ではソフィア観光ホテルというのを考えていましたが、予約しようと電話しても通じず、「えいままよ」と思ってソウルへ向かいました。


370

 まだ東豆川の市内ですが、どんどん雨脚が強くなってきます。


372


374

 写真に写る雨って相当なもんです。この辺は東豆川の南部の新しい街です。


375

 ロッテマートの東豆川店か、、、もしかしたらすでに楊州市に入っているかもしれません。とにかく、昔は議政府を過ぎたらただの田舎だったのが、今はアパートだらけです。こういう大型マートも人口の増加に従い韓国各地にできつつあります。


376


377


378

 ちょっと遠くが見えない土砂降りです。ううむ、大丈夫かな?と思いつつバスに乗っていました。濡れても乾きやすいスニーカー(換気の穴だらけ)を履き、カバンの中にはパンパジ(半ズボン)も用意しての韓国訪問でしたが2012年だけでも2回、台風にぶつかったことになります。 つづく

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4106 普通の韓国人が住む普通のソウルの町が好き

396

 9月の写真ですのでたぶん道峰区かその辺だと思いますが、どこだかわかりません。今日の午前は大忙し。おまけに昨夜、レントゲンの現像機のトラブルがあり、早く出てきて仕事の準備です。現像液、定着液のタンクを洗って新しい液を作って、入れて。午後は割合余裕があるので、また来ます。

 コメントへのレスもしばらくお待ち願います。ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記727 新潟市冬景色8

047

 古町通8、9番町の境界、板内小路を西堀通りのほうへ行きます。また秋吉の看板が見えます。左手角、小黒館というのは古いステーキ屋さん。学生時代に奮発して仲間と行ってみたことがありますがそれっきり。前にちょっと紹介した名門クラブ「ツル」はその2階だったかな?「ジンロック」という店は一つ上の学年の先輩たちがよく行っていた店と聞いています。40人の1学年、クラスごとに行きつけの店というか、集まる店がありました。わが12期は古町まではあまり行かなかったような気がします。


049

 1枚目の写真の右側のビルの入り口です。「野ぎく」というのは今はありませんが、看板はそのまま。韓国の店でした。古き良き時代に韓国で遊んだ裕福な日本人ハラボジたちが集まる店という感じで、1人で行っても2万円以上かかりました。


050

 西堀通りのイタリア軒角です。角の寿司屋さんは割合リーズナブル、何度か行っています。「青島」という看板はやはり有名な長岡に本店のあるラーメン店。普通っぽいけどなかなか美味しいラーメンを出します。秋葉原にも支店があるとか。頑張ってほしいものです。


052

 イタリア軒向かいの飲み屋のビル。ここは一度も入ったことがありません。写真に男性2人が写っていますが、こちら向きの人、この直前にひどく凍結した歩道で横にすっころびました。ホストかな?薄着で、相当痛かったでしょうが、平気なふりをして起き上がりました。酔っ払っていたのかもしれませんが、雪で転ぶ、かなり恥ずかしいので、たいていの人は「ぜんぜん平気ですよ」という様子で立ち上がります。相当痛いときでも。


053

 こんな小路も通れます。その名の通り古い古町、西堀、東堀、なかなか趣のあるいい街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

とうちゃんの自転車日記726 すしざんまいの鮪赤身

039


 昨日の午後の写真です。東京行きの帰りは高速バスを利用してみました。池袋駅まではちょっと面倒ですが、景色が見えるのと安さが魅力。急がない旅ならオッケーです。

 ご存知の方も多いと思う池袋駅東口西武百貨店本店前。すしざんまいという店がありました。正月のニュースで何度も出てきた1億5000万円の鮪を買った会社の池袋店です。24時間営業で年中無休。大資本だからできるのでしょう。でも、毎年最初のせりの鮪を高く買うスタンドプレー的な話題性を追う宣伝で、あんまり好感は持っていませんでした。高速バスは新潟まで5時間20分。すでにアンパンを買ってデイパックに入れてはいましたが、ちょっとしっかり食べたい気分。話のタネにという感じで入ってみたのです。

 お昼の時間はかなりすぎていましたがほぼ満席。幸いカウンターに空きがありすぐに座れました。周りは若い女性の2人連れなんかも目立ち、安心して入れる感じです。メニューを見ると800円台からのランチセットがありましたが、1つずつでも頼めるようなのでお手並み拝見、いろいろ食べてみることにしました。最初に頼んだのは中トロ、赤身、活き赤貝、しめサバ、蒸し海老、しゃこだったかな?一つずつでもいいというのは嬉しいサービスです。

 すぐに握ってもらって、まずは中トロから。なかなか美味しいけど、まぁ1つ298円なら相応。新潟でもちゃんとした店なら同等です。次に食べたのが赤身。これで、まずは驚きました。かなり大きく切ってあるネタの鮪でしゃりは小さ目。一口でほおばると、とても美味しいです。けっこういい感じの脂のノリもあり、中トロとしても出せなくはない感じです。他のネタも標準以上。最近食っていないよなぁ、なんて思いつつ最初の注文をぺろっと食べてしまいました。

 

 もう少し食べたいなと思って頼んだのはやはり鮪赤身。128円でこれは素晴らしい値段、そしてサービスです。どうもランチのセットに入っている赤身とは違う感じですが、128円という値段が信じられないくらいの味と脂のある赤身を2つ。これも美味しいなぁと思いつつぺろり。さらに最後に鮪赤身1つとひもきゅう巻を頼んで上がり。2000円くらいで美味しい寿司を楽しむことができました。

 

 上にも書いたように、パフォーマンス的な宣伝をするだけの店というイメージがあったのに、128円の鮪赤身でがらっと考えが変わりました。新潟の全部の店で食べているわけではありませんが、あれだけのいい鮪を1つ128円で出す店はまずあり得ません。大資本で、時には損をしつつもたくさん買うことにより、いい仕入れができる大きな店の強さを実感しました。この128円の本鮪赤身を12個とか頼んだら多分赤字ではないかな?でも、そうしてもいいくらいに美味しい鮪です。全体のバランスをよくして儲けている上手な商売、いい店だと思います。大都市のいい店のすごさを思い知ったお昼になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 月曜日に降った東京の雪

025

 17日のお昼前の写真です。14日に降った東京の雪、世田谷のこの辺ではまだけっこう残っていました。都心とは違い降った量も多めだったのかも。大通りとか、細い道でも車の轍部分はありませんが、それ以外の場所はがりがりの雪が残っている感じ。気温も低めだったのでしょうが、こんなに残っているとは思いませんでした。車の人、大変だったでしょう。ノーマルタイヤでは。左手は昔駒沢学園という女子高校があった場所で、今はマンションになっています。大きな木があり、クスサンのでっかい毛虫がたくさん。そして網状の繭がまた面白くて。そんな道を小学校に通いました。


026

 少し進んだあたり。分かれ道正面の建物は入居時に数千万円かかると聞く高級老人ホーム。ちょうどお昼前でしたのでいい匂いがしていました。優秀な調理師さんが作るお昼なのでしょう。遠くの高層ビルは三軒茶屋のビル。小学生の頃は遠い街というイメージでしたが大人になるとすぐ。私の場合自転車ですぐ、そんな感じです。


027

 昔蛇崩川だった歩道。自転車の道と歩行者の道が分かれています。地下鉄の便もあるのですが、混むし景色が見えません。帰りはバスで渋谷に出ることにした時の写真です。けが人が1000人? 東京の弱点ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4105 旧バスターミナル停留所 東豆川

368

 多分朝鮮時代から日帝時代、韓国戦争当時を通じてソウルから北へ行くメインの道、東豆川の中心部を通っています。90年代には小さなターミナルがあり、その西側には普通の商店もたくさん、さらにはピンクの蛍光灯がともるガラス窓の店もたくさん。「24時間青少年通行禁止地域」という看板の前を初等学生が通学していた道があった場所です。

 9月の下旬、台風サンバが韓半島に上陸した日、ソウルへ向かって出発の時の写真です。


344

 この道を全谷まで走るバス。電鉄化されたとはいえ、議政府を過ぎれば本数はぐんと減りますので通勤通学、短い距離ではまだまだこんなバスが主役なのでしょう。


342


3431

 日本よりずっと早く実施され、さらに進化を続けるバスの到着案内システム。ソウル市内だけではなく、近郊の田舎でもそういうのがしっかりできている韓国、やはりバスに関しては日本の上を行く国です。

 朝の食事のとき、一度帰って荷物をまとめて出てきたときまでは幸いほとんど降っていませんでしたが、この後は大雨の中台風の方に突っ込んでいく形の移動となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記725 新潟市冬景色7

040

 東掘9番町から上方向。右手のけっこう広いコインパーキングが宝塚会館の跡地です。前にもちょっと書いた「アワネス」と書いてあるビルも左向こうのビルも昔は飲み屋で一杯だったのにいまはかなり空きがある状態だと思います。右遠くのネクスト21というビルも上の階の飲食店街、かなり空きがあるはず。水商売に厳しい時代です。


041

 宝塚会館跡地の駐車場です。長いつぎはぎの建築はかき正だったかな?かきとフグの店というかちょっと料亭っぽい店。一度同業者の会合で廉価版の方に入ったことがあります。東京とかでもそうですが、通りの側からはきれいにしていても、線路側から見た飲食店とか、どうでもいい風のとこが多い感じ。都市ってそんなもんなのでしょう。


042

 同じあたりの角。8番町と9番町の境界、イタリア軒の道の交差点です。オレンジ色の焼肉屋さんは韓国のアジュマがやっていたはず。私の知る限りでは最も古い新潟市内にある韓国食品の店でした。貸しビデオというか月々いくらという契約で見放題というのもやっていました。主にKNTVとかでやるような韓国の放送そのまんまのビデオです。地下銀行もやっていて挙げられてしまったのかもしれません。まぁ90年代末の話です。


043

 真ん中のビルに入っているマツヤという店は韓国料理店の老舗。一時はかなり混んでいましたが今はブームも去り落ち着いてるでしょう。何度か行ったことがある店です。


046

 また古町通の角に戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

普通の韓国を探して4104 ソウルのタクシー事情

606

 ここでも何度か書いていますが、タクシー技士の知り合いがいます。11時から1時くらいまでは電話をかけてくれるな、と言われています。観光掲示板でいろいろ不満、苦情が出ていますが、大事な稼ぎ時というわけです。前に12時過ぎの鍾路の写真をアップしましたが、韓国人もなかなか乗れず、交渉したり、フられたりでした。「合乗」こそほとんど無くなったと思いますが、メーターの2倍、3倍、そんなのはまだあるのでしょう。正規のタクシーでもそうせざるを得ないタクシー技士さんたちの苦しい生活事情がうかがえます。

 また李準圭先生の話では、代理運転、日本で言う運転代行もタクシーと同じくらいか、交渉次第では安い料金だとか。ますますタクシー技士ニム、大変なのでしょう。

 写真はホテルの中にあったもぐり(多分)タクシーの注意広告。こういうのは絶対いけないと思いますが、「郷に入れば~」ということばもあります。その国の事情なのですから、深夜のタクシーの近距離の乗車拒否、メーター不使用での交渉制、私はしょうがないかな、と考えており、行先を行って、時には倍くらいの支払いを提示して乗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記724 新潟市冬景色6

032

 暮れの休日に新潟市中央区、古町周辺を歩いた時の写真を紹介しています。鍋茶屋の通りの写真が続きます。下手(信濃川の河口寄り)方向、「丸伊」というのは寿司とか海産物の店。医院の忘年会などで利用したことがあります。


033

 イタリア軒前の小路(実際はここは広いです)に出たところ。讃岐っ子兼孫四郎そばの店。昔からあり、夜遅くまでやっているので、芸能人の色紙がたくさんあった店。新潟→へぎそば、で、遅くまで営業、ということで飲んだ後の〆の蕎麦の店です。


034

 反対側の角、麺亭というラーメン屋さんも古いですね。やはり遅くまでやっている店です。


037

 さらに下へ歩くとこんな感じ。


038

 この左手、「美や古」という店が唯一昔のまま残る「待合」だという話ですが、休業中だとか。

 前回書いた鍋茶屋での名物教授の還暦大宴会のときには本物の芸者さんがたくさん出てくれました。80年代の話で、すでに全員アジュマ、もしくはハルモニ。その後柳都振興という、会社形式のサラリーマン芸者さんが養成開始。こちらも医局長としてご招待での宴会で見ました。1期2期あたりはかなりの粒揃いでしたが、その後は…という話。大体、外で豪遊なんての自体が少なくなった昨今、そんな遊びをする風流人はほとんどいなくなってしまったのではないでしょうか?これも時代の流れです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2013年1月15日 (火)

普通の韓国を探して4103 全北群山 群山初等学校前 연と년

548


  全北の港湾(港口)都市、群山市の中心の交差点です。最近は郊外に大きなアパート団地ができ、羅雲洞とかそっちのほうが人が増えていると群山出身の友人が行っていましたが、日帝時代の日本人町としての群山の真ん中はこの辺です。前は市庁もこの近くにあったのでした。

 

 向こうに見える学校が都市の名前を冠した群山初等学校。一番古い小学校が、町の真ん中の一等地に。ずいぶん前に記事にしましたが世宗大王像と李舜臣像があった安東初等学校も国鉄駅の前のいい場所。日帝がいいことをしたとは言えませんが、教育を重要視し、学校をいい場所に、という方針で計画的に作られた街なのでしょう。

 面白いな?と思ったのは信号灯とは別に青い文字の表示で연중단속중と読めます。「年中団束(取締り)中」でいいのかな? よく「無人カメラ」での取り締まりをやっているという表示は見かけますが、「年中」のようです。 しかしここで、韓国語中級学習者の私は「はた」と気付きました。 年末とか、年賀状のときは연말 연하장ですが、2013年とかの時は년ですよね。どっちかと言えば個人的には1956年生とかいうふうに「ニョン」を使うことが多いような気もします。はたして、どういうときに년で、どういう場合に연なのか?と久々に辞書を引いてみました。すると、はっきりはわかりませんが、数字がくっつくときは년で、それ以外は연のよう。一つ賢くなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4102 やっぱ派手好きな韓国

274

 昨年秋に1泊した東豆川のホテルシーマの外観です。昼間は普通でしたが夜もどったらかなり派手な青い照明。ちょっとびっくりです。


275

 建物全体がライティングされています。暮れにもちょっとニュースで見ましたが、人工衛星から見たアジアの夜景の写真。北韓は平壌を除きほとんど真っ暗なのに対し韓国は全体に明るく、特にソウルは光っていました。山の多い日本よりも全体的には韓国、明るいかもしれませんが、電気、大丈夫なのかな?


277

 エレベータを降りたところもこんなです。真ん中が吹き抜けになっていて、周囲に客室が並んでいます。目が眩むような青い照明。かなり頑張って、凝った灯りなのでしょう。日本だとこんなの、多分無いのではないかなぁ?もっと無難な線で抑えると思いますよね。


272

 これはおまけ、前に全州あたりのを紹介していますが、歩道が光るやつ。江陵でもありましたね。東豆川市がお金をどう使おうと外国人が文句を言うことではありません。まさに遊び心があふれる国、韓国、って思います。ルミナリエ風の繁華街の照明も全国どこでもあるのでしょうしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記723 新潟市冬景色5

024

 昨年の暮れの休日に古町周辺を歩いてみたときの写真です。1枚目は古町9番町と10番町の境の交差点。ここから先、10番町はちょっと飲食店が減る感じです。でも、前に紹介した甘納豆製造販売の店、救世軍の新潟小隊、そんなのがある古い町です。


025

 今度は古町と東堀通りの間の道で戻ったのだったかな?裏通りは雪がけっこう残っています。


026

 やはりこんな空地もありました。みなとトンネル、柳都大橋ができましたが新潟島の繁華街の衰退は止まらない感じです。まぁこれも時代の流れ、韓国の地方都市でも一緒ですね。皆無料で車を置ける郊外の大型のショッピングセンター、モールへ行ってしまうのでしょう。わが家内も古町は駐車場が停めにくいという理由でよほどのことがないと行きません。せいぜい万代シティです。


028


030

 立派な塀と門、新潟市を代表する料亭、鍋茶屋です。長く住んでいますが一度だけ、世話になった教授の還暦のお祝いで行ったことがあります。男性用トイレの小便器が面白いかっこうだったのと、店の名前が入った日本手ぬぐいをお土産にくれたのを覚えています。古町の芸者さん総出の大宴会でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

普通の韓国を探して4101 もうこの辺は葛月洞かな

742

 厚岩市場から南営駅方面へ続く古い道です。「オリニチプ」というのは幼稚園。オリニ=子供、チp=家です。滑り台のような非常用の施設、日本でも見かけますがやってみたいって思ってしまいますよね。避難訓練でたまにやれるのかな?どうも韓国のこれ、傾斜が急な感じ。もっとも日本のやつが「本当にすべるのかな?」と心配するような傾斜なのかも。


744

 かなりハイカラな、たぶん日本家屋です。丁寧に手入れされている感じがうかがえます。


745

 三叉路のこの建物も日本風?古い町歩きの楽しみです。


746

 河ジウォンならぬ許ジウォンさんの店。美容室だったか、皮膚管理だったか。小学校が近所にあるので、道路にハンプが設置されています。日本でもやればいいのに、と思うものの一つです。


747

 もうすぐソウル駅から龍山駅へ走る大通りに合流というあたり。やはり傾斜がある街です。まっ平らな街よりも少しは起伏があった方が楽しいし、海が見えるとなお嬉しい。また遠くでもいいから山が見える街がいい、そんなふうに思う私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記722 新潟市冬景色4

018

 古町の8番町、9番町、このあたりが飲み屋街の中心です。一時は客引きがたくさん。警察や商店会の規制で、今は案内所という形になって続いています。そんなとこで紹介された店、行く人いるのかなぁ?とオジサンは思います。


020

 8番町と9番町の間。突き当りがホテルイタリア軒です。秋吉というのは北陸の方ならご存知であろう焼き鳥屋。金沢と富山で行ったことがあり、その人気に驚いたものですが、新潟市にもその後1軒できました。もう15年以上になるのでやはり人気があるのでしょう。


021

 西堀と古町の間の通りを行きます。柴木というのは市内でも指折りの高級な寿司屋さん。一度も行ったことがありません。この辺のビルはスナックだらけです。


022


023

 秋田料理の八郎津古というのも古いなぁ。何度か行っていますが、テレビ関係のお客さんによく会うような・・・気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

2013年1月13日 さいの神

023


 どんど焼き、とかどんどん焼きとかも言いますが、1月15日の行事だったはずのさいの神、最近では休みの都合で日にちが変わったようで、でも、越後平野のあっちこっちの雪原で今夜、行われるようです。

 集落ごとに正月飾りと、藁を集めて三角にくんだ材木の周りに並べて立てかけ、夜に火をつけてするめを焼いたり、餅や菓子、お金を撒いたり。田舎の冬の楽しい行事です。 大昔、家内と結婚する前、デートのドライブで小千谷市片貝の大規模なのを見に行ったことがあるきりですが、今夜高速道路を走るとあっちこっちでこれを焼く火が見られることと思います。

 たぶん新潟県だけでなく、日本中のあちこちで、こんな行事が残っている。やはり田舎はいいなぁって感じる行事の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

普通の韓国を探して4100 仮髪맞춤の店

549


 韓国語を勉強していると、同じ漢字民族である日本人、面白いなぁと感じることがたくさん。ここでも過去に何度もそういうことを書いています。日本語の音と訓、固有語。韓国語の漢字語と固有語。今はあまり漢字を使っていない韓国ですが、「日本には無い硬い感じの漢字語が残っている」としばしば思います。

 今回の写真は群山の市内中心部。日本人町の街角ですが、「仮髪専門店」、「仮髪맞춤점」という2つの看板を掲げた店がありました。前にここでも紹介していますが、韓国ではかつら(鬘)のこと、「仮髪」って言います。何となく意味はわかるでしょう?「仮の髪」。

 これも前に書いていますが新潟韓国教育院の先生、金先生だったか、チョ先生だったかのお話で「日本人は魚をたくさん食べるので長生きするが、水が悪いのでハゲ頭が多い」というのがありました。水がいい悪い、単純には判断できませんが、確かにその後韓国に通うようになって、日本人男性よりも禿げ頭は少ないかな?とは感じていました。

 でも、映画「猟奇的な彼女」でもかつらのアジョシが登場しますし、徐々にハングルの読みが上達(これも日本製の漢字語で、韓国語では向上と言います)すると、こんな仮髪の店や、頭皮管理(ハゲの予防、進行食い止め?)という看板も目につきます。 また、女性用のヘアピースはそこらじゅうで売っている感じです。

  この写真の店が、女性用なのか、男性用なのかは忘れましたが、固有語と漢字を組みあわせた「맞춤점」というのが面白いです。NHKの韓国語講座で覚えた言葉、「安城맞춤」のことはここでも紹介していますが、「ぴったり合う」とかだと思っていた맞춤に「店」をつけた「マッチュmジョm」。ん?と思って辞書を引くと「あつらえる」、「ぴったり合わせる」そんな意味なのでした。

 

 日本語以上に固有語と漢字語の連結が多いかもしれない韓国語、漢字が得意な我々にとってはハングルの壁を乗り越えることが出来さえすれば、楽しく面白い勉強(韓国語では工夫)ができることと思います。

 「배우고 쓰자 우리말 우리글.」 民団のビルにあった教育院に掲げられていた標語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 冬型も小康状態

1165

 「小康状態」という言葉、そのまんま韓国語でも「소강상태」ていう言葉があります。まぁ元は中国から来た漢字語ですので当たり前か。 ともかく、今朝は零下3度とかでしたが、少し日も差す天気で、けっこう歩道の雪も溶けてきました。でもまだちょっと自転車は大変かな?という感じではあります。

 午前中忙しく働いて、午後も前半はぎっしり。最後の方はゆったり。まぁ休みを楽しみにしてがんばりましょう。またえちごワンデーパス1500円で出かけるか?それとも、燃費の良くなった新しい車で出かけるか?とにかく楽しみです。

 写真は、けっこう多くの人が知っているはずの場所なのですが、1,2号線の市庁駅から2号線の乙支路入り口駅への地下通路です。工事中で、9月に行ったときは入り口がわからず地上に出て歩きました。10月に行ったときは工事中で狭くなっていることがわかって通れましたが、こんな状態でした。どんどん変わるソウル、次に行ったらどうなっているのでしょう?そういう変化もソウル歩きの楽しみの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記721 新潟市冬景色3

012

 

 古町通と東掘通りの間の道です。昔からある定食屋さん。朝からやっているので大学勤務時代、行っていたことがありますが、やや値段が高め。場所柄でしょうかねぇ。向こう側、茶色いビルは柾屋小路の向こう側、新潟中郵便局です。


013

 同じあたりの東堀通りからの1枚。広い空地はコインパーキングです。ビルが並んだ風景が面白くて1枚です。右手の雑居ビルの一階にやはり朝からやっているラーメン屋さん「カトウ」という店があり、やはり大学勤務時代、この東堀通りに車を置いて朝飯を食べたものです。昔は広いのに一方通行、端の車線はちょっとなら車を置けるそんな時代です。


014

 ちょっと歩いて古町の8番町。古町通りと西堀通りの間を並行する小路です。昔からの繁華街、飲み屋街です。


015

 古町側への小路。ビル階下の通路もありますが、この辺、1mくらいの小路がたくさんあるのです。


017

 西堀通り側の風景。やはりこの辺でも飲み屋は減っていて、空地になってるところも多数。多くは簡単に始められて止められるコインパーキングになっています。

 向こうのビルはホテルイタリア軒。ニューオータニ系列だったかな?新潟市でも老舗のホテルです。ちょっと古いけど、えーと、カムフォタブルというかフレンドリィというか、ホスピタリティというか、そんなので優れているホテル。飲み歩き食べ歩きにもいい場所なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4099 厚岩洞から葛月洞への古い道

736

 

 厚岩市場のあたり、ちょっと広場のような感じで道が広くなったあたりから南へ、前々から地図で目をつけていた古い少し曲がりくねった道を歩きます。緩やかに下る道、けっこう店なんかがあるソウルの普通の町です。


737

 ファミリーマートと袂を別けた新しいコンビニ「CU」。昨年夏でしたっけ?急に見たことない看板が増えてちょっと驚きました。しかし大通り沿いでもないこんな住宅街にもコンビニ。昔からのシュポというか家族経営の何でも屋、クモンカゲはあまり見かけなくなりました。ちょっと寂しいです。夜の9時過ぎとかに酒なんかを買いに行くと女子中学生が店番してたり、えらいなぁと思ったものですが。


738

 緩やかに下りつつ、曲がってる道。なんかいいでしょう?


7391


7401

 三角屋根の2階建てはたぶん日本家屋。しっかり手入れされてる感じのお宅です。


741

 これは振り返っての写真だったかな?古い道歩き、日本でもソウルでも、楽しいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

2013年1月11日 ここはどこでしょう?

739

 断捨離、最近はぼちぼちというスピードでやっていますが、捨てないで使い始めたものもあります。それはバカラのロックグラス(オールドファッションド)。2万円近くもしたでしょうか?限定のやつで、今は売っていないと思います。食器棚の奥にあったのですが、使わないといいモノを買った意味がありません。カットがすばらしく、また縁の薄さが最高。昨夜は900円くらいの焼酎でしたが、ひときわ美味しく感じます。

 元祖断捨離の本には箱に入ったままの高級ティーセットが例として挙げられていますが、そういうのも日常使ってこそそのために使ったお金が活きるのだと思います。割れたらその時はきっぱり捨てる、でも大事に使う、それが重要です。

 さて、ソウルの旧市街です。城内ではありませんが日帝時代には市電も走っていたあたり。右手には韓屋が続く街。むこうには大きなビル。ヒントは、、、このビル自体かな?前にこの辺の写真をアップしたことがありますが、あのビルの向こう側はその市電が走っていた大事な大通りです。

 ○○洞、もしくは○○のあたり、という形でお答えください。旅館で検索はダメですよ。お昼にヒント写真を追加します。

723

 写真を追加しました。上の写真の5分前くらいがここです。ヒントは高架道路と、島式バス停の名前が見えるかどうか、、、

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記720 新潟市冬景色2

007

 新潟市古町です。江戸期からの繁華街だったのですが、この15年くらいでしょうか、景気が冷え込むとともに寂れてきています。ここも昭和新道というのかな?東堀通りと古町通の間の道です。右向こうに見える窓が多い建物は旧山一證券新潟支店の跡地にできたアパホテルですね。


008

 西堀通りに出ました。ロイヤルホストの隣には新潟市、いや新潟県に最初にできたマクドナルドがありましたが数年前に閉店。非常に市場調査をしっかりやる会社だと聞いていますので、古町の衰退を象徴する出来事でした。三吉屋というのは昔からの人気ラーメン店です。大学勤務の頃にはしばしば食べていました。細い麺で、いいスープでした。


009

 これは自分でも何で撮ったんだっけなぁ?と忘れていた1枚なのですが、細い間口の道をの先に広がった空地があります。ここ、昔は小さな飲み屋が何軒かあった場所なのです。あまり外で飲むとかしなかった学生時代でしたので、行ったことはありませんが、今あればきっと行くような、そんな趣深い店が集まっていた場所、空地になってそのまんまずっと経過しています。昔は市役所もすぐそばだったのでたくさんのお客さんがいたのでしょう。


010

 同じあたりから西側。この辺も西堀通りの北側ですので、寺町です。角の空き地はなんの店だったか、、、やはり取り壊されてコインパーキングです。


011

 また戻って、古町と東堀の間のあたり、この大きめのコインパークも昔はビルが建っていました。その前は地方資本のデパートだったかな?東堀の向こう側のビルも自走式の駐車場ビル。あそこは映画館だったはず。たくさんの商店、飲食店があった新潟市の中心部、増えたのは駐車場ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4098 ソウル駅前 厚岩洞

730

 大きな道の、といってもそんなに広くない古い道の1本上の道を歩いてきましたが、坂を下るように、その本通りと合流です。急ににぎやかになりました。ソウル駅から500m圏内ですが、普通の人が普通に暮らす町がありました。嬉しい時間です。


731

 ここはどこでしょう?で、権さんにあっけなく当てられてしまった写真です。「これがソウルだ」という感じのいい1枚、三叉路の写真です。何度見てもいい、自分でそう感じている1枚です。


732

 ちょっとした平地になっていて左手には厚岩市場という市場。そして何よりも雄大な南山の風景。いい街だなぁって思います。


733


734

 振り返れば、こんな高層ビル。出産率は日本よりも低いという韓国、こんな開発はいつまで続くのでしょう?日本よりも外国人を受け入れようという姿勢は進んでいます。島国と大陸の一部という違いはありますが、日本ももっと外国人を受け入れないといけないのでは?日本語を話せる外国人であれば働ける、そんなふうにしないといけないのではと考えています。その辺、日韓の性格の違いかな。


735

 これも好きな1枚。この辺を歩くのは2度目なのですが、面白い街です。この後は前にも歩いた、地図上の曲がって走る古い道らしき経路で南へ行ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

とうちゃんの自転車日記719 新潟市冬景色1

001

 雪が降ると自転車に乗れません。実は2013年、まだ一度もサドルに乗っていません。今回のシリーズは暮れの27日、休みの日に市内中心部をウォーキングした時のもの、5枚ずつ紹介します。 1枚目は紫竹バス停。左は栗の木バイパス。昔は川だったという片側3車線の広い道。見えている道は旧49号線。会津へ向かう国道でした。バスは今もこの道を走って亀田、水原、新津などへ行きます。


002

 市内へ入って本町バス停あたり。アーケードの工事で一時的に屋根が無くなり明るい感じになっています。海に近いので雪は少ないのがわかります。


003

 前にもアップした第四銀行本店。高層ビルではないですが、けっこう大きな建物です。向こうのとがったのは旧市役所跡地のネクスト21だったかな?あまり入ったことありませんが、最初の高層ビル、、、だったはず。


004

 本町市場のアーケード内。中国の方がやっている食堂です。まだ開店前なのに商品が外に置きっぱなし。泥棒が少ないのでしょう。新潟市も。

005

 同じあたりからの上のほう。白龍権現だったか、小さなお堂があり左右に「人情横丁」と自分で名乗ってしまった小さな商店街があります。本町なんとか市場という名前があったのに、いつのまにか「人情横丁」。「人情」なんて自分で言うものではないと今も思っています。


006

 昭和新道という、まぁ、個室付浴場がある通りです。すぐ近く、東堀通り沿いにあるもつ焼きのみやこやという店は大好きです。テッポウという腸の厚い部分だけの串焼き、たれで焼くのが最高。前にアップしましたっけ?肉食文化についてはあんまりだと思う新潟市ですが、みやこやのテッポウ(白のいい部分だけ)たれ焼きは新潟市が誇れる食い物だと考えています。持ち帰りではなく、焼き立てを、、、なんて書いているだけで唾液が湧き出ますもの。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4097 東豆川 朝飯食べてぶらぶらホテルへ

357

 昨日の記事にもありましたが、韓国、こういうゲーム機、すごく多いです。前に紹介したように50回10000Wなんて設定もあったり。熱くなりやすい韓国人が多いのでしょう。「2階賃貸」という表示が見えますが、韓国全土でテナントはだぶついてるように思えます。だから簡単に商売、事業を始められるのでしょう。成功するかはまた別ですけど。


358

「勇者の家」という軍人百貨店。ソウル以北ではいくらでもあります。大抵のものは買えますが、韓国国内では装着しないほうが良さそうです。将官の階級章なんかは買えません。前、帽子を買って、「星」はありますか?と聞いたらダメって言われたけど、将官はこういう店には用が無さそう。大領、中領の部隊長まででしょうね。


359

 裏通りには「味」がある。そんな1枚です。


360

 大通りへ戻り、宿へ帰ります。


361

 宿の前のあたり。ククスの店だったかな?あまり商売っ気の無さそうな店だなと思っての1枚でした。韓国、コンピュータの画像を簡単にいろんな紙、シート、ステッカーに出力できますので食堂の内外装、看板はかなり派手な店が多いです。でも、昔から地味に、じっくり商売している店もあります。そういう店、たいていは美味しいはず、そう考えています。

367

 部屋で荷物をまとめつつ台風情報を確認。すでに韓半島南部に上陸するのは確実。ソウル直撃ではなさそうですが、大荒れになることも確実。早めにソウルへ戻り、どこか泊まるところを決めて荷物を置かせてもらわないといけません。東豆川の朝のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4096 ソウル駅前 東子洞から厚岩洞へ

7231

 ソウル駅からすぐ、南山の山麓の普通の町を歩いてみました。京釜線に沿う大通りは何度もバスやタクシーで通っていますがそのすぐ東、斜面に広がる町、案外最近まで知らなかったのでした。


724

 わが新潟市は信濃川の河口にある完全に平らと言ってもいい都市です。故郷の東京も、武蔵野台地を削って流れる川があり、平らではありません。関東平野も地図では緑ですが、案外台地の起伏があったり。新潟平野は本州ではかなりの大平野です。 藩士がそれてしまいましたが街歩きでは、多少の起伏があったほうが面白さが増すように思えます。基本点の時点でプラス10点、そんなふうに考えています。山もあり、坂もある、大きな川もあるソウル。なかなか基礎点から高い街です。


725

 1枚の写真に納まらない階段のある風景。住む人には大変でも、一時の旅行者には嬉しい風景になります。


726

 新しい再開発ビルと古い町の対比。ソウルの魅力の大きな要因だと考えています。


727

 立派なお家もあります。ソウル駅そば、昔からのいい場所でしたから。ここから南には日本人町もあったようですが、やはり再開発で姿を消しつつあります。


728


729

 ヒルトン下からトンジャ洞に入り、少し山に上っての道をフアム洞へやってきました。ここから下ったところに道路があり、その向こうはまた階段のある豪邸。それぞれ自分なりにテーマのある写真です。お楽しみいただければ幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

2013年1月7日 禅と断捨離の効用

046


 昨日の午後は早めに上がって歩いて万代シティ方面へ行ってきました。用事を済ませて、ついでに伊勢丹の地下へ。新潟駅はかなりの人がいましたが、デパートは落ち着いたのか、そんなに混んでもいません。帰りは本屋によって戻りました。

 

 医院、家の自分の部屋、かなりの物を捨てました。あちこちで書いてあることですが整理整頓という言葉の前半、「整理」というのは「捨てたり、止めたりすること」なのだそうです。なるほど、と思ったのは韓国語の「整理」。やはり、店をやめるとか、自己破産とか、そんなときに使われるなぁと前々から思っていたのです。日本語の「整理」がだんだん違った意味になってしまったようです。

 そんな「整理」をしていて少し身に付いたかな?と思うのは何かを欲しいと思った時に「本当にそれが自分にとってずっと必要なものなのか?」を考えるようになったことです。昔は、本、CD,DVD,ゲームソフトなど。また、食べ物なんかも、あまり躊躇せずに買ってしまっていました。休みの日にデイパックを背負って自転車でデパートへ行けば何かしら買っていたし、本屋へ行けば何かを買う、そんなでした。 これだけ整理をすると、買いたいと思った直後に、でも、ほんとに必要?って自分で思います。結局ヨドバシカメラ、伊勢丹の地下、駅のけんこう市場、ジュンク堂書店、何も買わずに医院に戻ることができました。もしかしたらダイエットにもいいかも?なんても思っています。

 ちなみに、昨日買いたいなぁと思ったのは5000円安くなっていたキャノンのデジカメS110、伊勢丹の果物、大安の漬物、おこわ、黒豚ロース。駅のけんこう市場では村上牛のシチューカレー用。ジュンク堂では新しい韓国ガイドムック。そんなです。

 別の話のようになってしまいますが、物を買う心がセーブできるようになると他で使うこともできそうです。中谷彰浩さんだったかな?好きなんですが、「自分が好きなことには没頭しよう」だか、そう言っておられたと思います。いらない物に使うお金を好きなことに、という意味です。 借金したり、とっておかないといけないお金でなければ、好きなことには使おう、そんなのも言えそうです。昔のニッサンのCMのコピーである「モノより思い出」だったかな?「モノより経験」と言い換えることもできそう。好きな言葉です。

 写真は元旦の東三条駅。歩いて吉田駅まで来ましたが、次の新潟方面の越後線は弥彦からの直通の電車。いつ来るのかわからないので、弥彦線で東三条まで出て、たぶん普通に運行している信越本線で帰ろうと思ってやってきましたが、雪を抱え込んで動けなくなった列車の影響で15分くらい遅れてきました。鉄道員さん、ありがとう、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4095 食堂のサンプル 韓牛カルビクイ冷麺セット

1213

 

 仁川空港の出国後の場所にある碧蹄カルビの食堂のサンプルです。食べてみたいなぁと思っているのがこの33000Wのカルビ&冷麺セット。でも、すでにここで書いたように、ソウル駅の空港鉄道のほうにあるポンピヤンの冷麺は残念ながら好みには合いませんでした。焼かれて出てくるカルビも、ビョクジェカルビとはいえ、どんなかなぁ?とちょっと不安もあります。空港ですので家賃も高そうですしね。


1214

 面白いなと思ったのはこれ、「サンプルと実際の製品は違うことがあります」だかいう断り書きと、標準提供時間があります。こういうサンプル、日本と韓国では普通でしょうが、世界の各国では案外無いのかもしれません。外国人のお客さん、サンプルと違うぞというクレームが多いので一言書いてあるのかなと思いました。提供時間はいかにも空港の食堂、というところです。


1215

 ちなみに別のソルロンタンでは、やはり少し早くできるよ、という表示でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4094 東豆川 朝飯を兼ねての散歩です

337

 東豆川の昔からの中心部です。大通りも昔からの道。今は東西に新しい大きなバイパスができています。シーマホテルに泊まった翌朝、朝ごはんを食べに出てきました。9月の台風サンバだったかな?韓半島に上陸した日の朝です。まだ雨はほとんど降っていませんが生暖かい風が強めです。


338

 ロッテリアもあったけど、できれば韓食で、と思ってもう少し歩きます。


339


340

 この辺が街の昔からの真ん中。私がいる側には昔は小さなバスターミナルがありました。写真はその反対側ですが公園になっています。もしかしたら昔は公的機関があったりとか、そんな場所だったのかもしれません。


341

 結局朝からやっていた食堂、黄色い看板の店だったかな?そこでカルビタンをいただきました。そちらの食事は前に紹介済みです。


356

 韓国の繁華街、ソウル、地方を問わず、人が集まる場所にはきっとあるクレーンゲーム。こういうゲーム機をいろいろ見て歩くのも面白そうです。前にここで紹介したように生きたロブスターを捕まえるクレーンゲームなんてのもある韓国ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

2013년1월6일 일요일 한국 가고싶다.

399


  休み明けのため、予約が少ない日曜日です。午前中の診療はおしまい。写真の用事だの、年賀状出しだの、早いお昼だのでもうすぐ外出。午後も少し働いて早上がりの予定です。

 

 起きたら数センチの新しい積雪がありましたが、犬の散歩のときは雨。その後はやんでくれて、曇りの新潟市です。車の多い道は路面が出ていますが、歩道や普通の道は白い状態。また今夜から冬型でしたっけ? あまり降ると、困りますねぇ。今年になってからずっと雪があるので自転車はまだ一度も乗っていません。9,10の休みころでも消えてくれそうにないので、しばらくサイクリングはお預けでしょう。

 タイトルは「韓国へ行きたい」。スタッフの希望でできた連休が少し先にあります。学会関係の用事がありますし、李準圭兄からも次に来るときは是非ともと言ってくれているので楽しみです。寒い時期ですのでツアーの一番安いのに一人部屋割増を加えてもかなり安いようですので、どうしようか?考え中。お昼を食べて、午後ちょっと働いて、その後は旅行社へでも行ってみるかもしれません。小嶋屋の蕎麦を須坂屋のつゆで食べられれば一番、と思う蕎麦っ食いのとうちゃん。前者のそばはいかにもへぎ蕎麦風で寒天に似た海藻の香りがします。でもつゆはやや弱い感じを受けます。ちょっと田舎風とも感じられる須坂屋のつゆにどっぷりつけて食べたい、そんなふうに思うのでした。

 写真はそんなスタンダードクラスの宿、城北区のブラウン観光ホテルです。喫茶室とか食堂を一応備えた観光公社認定のムクゲマーク付きの宿の一つ、2012年秋に初めて泊まりました。いろんな看板、ネオン、韓国らしい1枚。これも気に入っている写真の一つです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4093 群山市 錦江河口渡り鳥展望台

299

 よく、「行動しないで後悔するより、失敗しても行動した方がいい」だの、言いますよね。好きな人がいたら、フられてもいいから告白してみようとか、そんな感じ。そういう点で韓国、やはり日本に比べると行動の国のように思えます。失敗というと失礼ですが成功しないこともけっこう多いように思えますけど。

 計画して調査して、研究して、結局やらない、なんてことが多い日本とは違うと感じています。「ハミョンデンダ」、「シジャギパニダ」、お互い見習うべき点が多い2つの国です。

 群山シティツアーバスの最初の訪問地、錦江チョルセ(渡り鳥)展望台の最後のあたりの写真ですが、巨大な鴛鴦型の建築、通路を兼ねているようですが、これ、たぶん日本ではやらないでしょう。


300


303

 入り口の鳥の人形も、誰が作ったのかな?群山の普通の建築業者さんでしょうか?それとも、東大門あたりにある店舗の前に置く大型の人形だのを作る業者さんでしょうか?予算が多い場合には動く人形になっていたかもしれないなって思いました。


304

 この訪問の2~3週あとに開催予定だった錦江渡り鳥祝祭、どれくらいの人が集まったのでしょう?

305

 入場券の販売所には日本語の表示もあります。たぶん、まだ100人も来ていないと思いますが、まずやってみる、それは大事なことだと思います。ダメだったら、その時また考える。それが韓国式のように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4092 ソウル駅近くの普通の街 東子洞、厚岩洞、

714

 写真は順番です。ソウル駅前、大きな通りを南山側へ渡ったあたりの街です。このあたりも南山の山麓と言えます。新しいビル街と古い町、そんなのが一緒に歩けるのがソウルの旧市内です。


715

 南へ行く通り、やはり昔からのソウル駅前、飲食店と古い旅館とか、そんな街です。


716

 

 振り返っての1枚。教会のあたりからのもの。右手はけっこう整備された公園です。他のソウル市内の公園の例にたがわず、天気がいい日にはお年寄りだの、暇な人が集まります。


717

 と、急にこんな場所も。再開発で巨大なビルができつつある場所です。遠くの家がたくさんある山は京釜線の向こう側、チョンパ洞とかの街。萬里洞コゲのある山の町です。


718

 工事中を知らせる看板の言葉もちょっと日本とは違う感じ。読めると韓国旅行、ぐんと楽しくなりますよ。


720

 公園の横断幕。まだ写真が小さくて読めない状態ですが禁煙の公園だか、そんなのだったと思います。


7211

 公園の脇を南山側へ上ってみた場所。集合住宅が多い、そんな街です。


7221

 右手が公園。この階段を上ってきました。左側は旅館かな?沐浴湯かな?

 ソウル駅から直線で300mくらいしか離れていない場所ですが、日本人観光客はほとんど来ない場所のように思えます。ロッテマートやらサウナには日本人があふれているでしょうに、まぁ、それぞれ楽しければいいのでしょうけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

普通の韓国を探して4091 ソウルの点心時間(昼飯時)

711

 아침=固有語で、朝という意味ですが、そのまんま朝食という意味もあります。「アチmモゴッソヨ?」は「朝飯食べましたか?」です。 점심は漢字語。点心というと中華の軽食とかが日本語では浮かびますけど、昼食、お昼ご飯という意味。夕ご飯は 저녁です。で、写真は、察しのいい方はすぐわかる、右遠方にソウル駅の新駅舎が見えるので、ヒルトンから下りてきたあたり。ちょうどお昼時で近所の会社の人たちがたくさんお昼を食べに出てきたという写真です。写真で見えない右手はでっかいビル、一部、旧陽洞遊郭の古い旅館街ですが、そんな会社の人たち、やはり友人同士、何を食べようか?楽しい時間なのでしょう。

 新しい内臓肉の安いチェーン焼き肉店である「ソレカルメギサル」の看板も見えますね。ソウル駅前店とかいうのかな?ここらで唯一食べたことあるのはキムパプ天国くらいしかありません。


712

 ちょっと下ってフアム洞の方へ左に曲がると左側の一角、ここもちょっとだけ古い地域が残ってて、細い道の奥も食堂がたくさん。そんな街です。

713_2

 いやはや、何度も通っている場所ですが、昼飯時にこんなに人が多くなるとは知りませんでした。権さんはよくご存知の場所かな?新しい店もありますが、こういう場所で長くやっている店、きっとどこも美味しいのだろうと思っています。昼飯時を避けて、食べに行ってみましょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記718 2013年元旦 弥彦駅から弥彦神社

016

 弥彦線の終点、弥彦駅の駅前です。神社へはここをまっすぐ行き、細い昔からの道をくねくね行くか、左へ曲がって広い道を行くか、2つの道がありますが、20センチ以上も雪があったので大きな道を行くことにしました。


020

 駅前左手すぐは廃業したホテルのよう。車社会になったこと、海外旅行が手軽になったことなどから日本の観光旅館は経営が厳しいと聞いています。私も、もしも遠くに住んでたとしても弥彦神社しかないこの町、積極的に泊まろうとは思わないでしょう。


021

 緩やかな坂道を進み、この先を左へ曲がるのが大きな方の道です。


022

 

 左折しても道は緩やかに上って行く感じです。信号を右へ曲がると神社までまっすぐ、やはり旅館や土産物店、食堂なんかが多い道です。


023

 駅から10分弱で神社の入り口。思ったより人が少ないなぁと感じましたが、それは鉄道の駅からの道だったためでした。


024

 神社の駐車場(=競輪場の駐車場)からの入り口方面からは何倍もの人が歩いてきました。するめを竹竿に付けて焼くのは前の、自転車で来た時の写真にもありました。1本1000円かと思ったら500円。まぁ縁起物でしょう。


025

 参道を進み、階段を上がると神社の本殿です。世界中の真面目に働く皆が幸福に暮らせるよう祈願しておみくじをもらいました。小吉でしたがけっこういいことが書いてありました。手帳に挟んで今年1年持っていようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記717 アールデコ風レタリング?

017

 元旦の写真です。弥彦線の弥彦駅。トイレへ行ってから弥彦神社へ歩き出そうという時のものですが、「へ?!」って思ってしまいました。「タクシー待機場」です。かなり凝って書いたようですが、出来栄えは・・・(失礼ごめん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4090 ホテルストーリィと普門雪濃湯

605


 昔はソウル市道路地図(中央地図文化社刊)にも載っていたユニオンモテルが「ホテルストーリー」となっていました。ブラウン観光ホテルの向かいのモテルだったのですが、内外装を直して、、、経営も変わったのかもしれませんが、新しい宿になっています。ホテルと言っても観光公社の等級付き、食堂やコーヒーショップ、客室数などの基準には関係ない「自称ホテル」でしょうが、中はどんななのでしょう? 

 

 安宿旅行が中心の私、飛び込みでブラウンホテルの値段を聞いたら10万以上を提示され、35000Wだったかのこのユニオンモテルに泊まったのでした。かなり前でしたが部屋にコンピュータがあり、翌日の行動を計画、座席バスに乗って広州市の昆地岩へソモリクッパプを食べに行ったのを覚えています。

 この写真、9月の物ですが、あれれ?と思ったことがもう一つ。モテルの右に見えている小さな食堂。ここも「普門ソルロンタン」ではなく、普通の何でもありの食堂だったのです。古い記事にあるかもしれませんが、朝飯にテンジャンを食べたのです。

 日本人観光客が増え、ソルロンタンが良く売れたのでもしかしたら専門の看板をあげて名前を変えたのかもしれません。でも、ここも、経営が変わった可能性があります。とにかく、商売に関しては行動が速い韓国、特にソウル。どんどん変わってしまいますね。

 今日は午前が多忙、午後はのんびり。時間があるときにまた来ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

とうちゃんの自転車日記716 吉田町で見かけた信号機

038

 1月1日の弥彦線踏切事故、昨日の新聞にやっと出ていました。2時間半ちょっと不通になり、650人が影響を受けたとありましたが、私も651人目です。まだ足が痛いですもの。延々1時間以上歩いて吉田の町に入ったあたりです。どこもそうですが、昔からの中心部は寂れてしまってます。国道沿いの大きなショッピングセンターに行ってしまうのでしょう。アンチ車という訳ではないけど、これから車を使う人が爆発的に増える地球村、どうなるんでしょう?


039

 

 もうすぐ昔からの街の中心部というあたり。立派な古いビルを1枚。


040

 

 と、その先の交差点、信号機が真ん中にあります。昔は東京とかでもあったかもしれませんが、交通の邪魔にもなりそう。のどかな地方の町だからこそそのまま残ったって感じです。


041

 何か面白くないですか?こんな風景。新潟県でも珍しいと思います。


042

 右へ曲がるとすぐに突き当りが越後線の吉田駅。車では何度も来ていますが、郊外の国道を通過してしまうことが多い町です。自転車では何度か、またウォーキングでも一度来ていますが、元旦からの雪道ウォーク、ちょっとこたえました。事故を起こした方は富良野市の公務員男性とのこと。動けなくなって車の外に逃げたとのことですが、北海道でも雪の怖さは知られてるだろうに、、、と思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4089 ソウルの貸し家庭菜園

220

 遠くに見える山は多分道峰山。北岳山の北に連なる岩山で半分は議政府市です。ソウル市内とは思えない田舎なのですが、すぐそばには小さな、多分、昔からある初等学校もありました。


221

 目的地はここ。トッパッという言葉は知りませんでしたので小学館の辞書を引くと、家のそばの手軽な畑、みたいな意味のよう。知り合いのお宅で借りているのを見学に来たのです。

222

 アジョシは管理人さんというか地主さんのよう。たまに部外者が勝手に野菜を取りに来てしまうので、監視をしているとのことでした。


224

 年間通じて使えるようにビニルハウスになっています。韓国の食事で豊富な野菜のおかず、また焼肉のときの豊富な葉っぱがあるのもソウル近郊を初めとするビニルハウスのおかげです。少し収穫を手伝いましたが、子供の教育を兼ねて、という感じなのかもしれません。家の前の小さな菜園はじめ、韓国の人は野菜を育てるのが好き。5月頃はいろんな野菜の苗があちこちで売られています。


228


229

 ビニルハウスの裏手はすぐ川。やはり地面が岩のようで、雨の後だったのに川の水は澄んでいます。夏とかは川遊びもできそう。ソウルにもこんな場所があるのだなと新鮮な気持ちになれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

2013年1月2日 自宅、とうちゃん部屋の本棚です

001

 

 こんばんは

 この他に大きな本棚が一つありますが、ほぼがら空き。どうしても捨てたくない本、CD,DVD,厳選するとこんなくらいになりました。1万円オーバーの本もけっこうありましたが、捨てたり、売ったり。大学に入り、一人暮らしを始めた昭和50年代に買った落語の文庫本は300円もしなかったと思いますが、大事な本です。全10巻ですが、全部はなくなってしまっていますけど、残りは大事な宝物、捨てられません。見えてるラッパは信号ラッパというやつで、ピストン無しのもの。たまに吹いて家内に怒られるやつです。シェイカーは行きつけのバー、ラ・アンドレのご主人にもらったもの。まだまだ使えるプロの道具です。

 

 この写真1枚で、私の趣味、わかっていただけるかなぁ? 明日はまた服を少し片付けるつもりです。身体は一つしかないのに、人間、持ち物が多すぎるように思える今日この頃です。 明日が休みの最後。更新はお休みさせていただきます。自分なりに、有意義に過ごそうと思いますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記715 弥彦駅から歩いて吉田駅へ1

032

 吉田まで歩くと決めて出発した直後の写真です。行ったことがある人はわかる、弥彦線をくぐる道の交差点のとこにあるコンビニの駐車場に警察の車などが到着していました。簡単に復旧して、電車に抜かれるのはいやだなぁと思いつつ、雪の積もった歩道を歩きます。

034

 ちょっと進んだあたりからの望遠撮影。やっとこ処理が始まったところでしょうか。乗っていたお客さんは降りられたのかな?


035

 これはいつもの光景なのですが、弥彦神社へ向かう県道、大渋滞です。パトカーも渋滞に困ったのではないかなぁ。足跡はほとんどありません。積雪は20センチ以上ありました。


036

 行程の半分は来たでしょうか。弥彦村の役場前の大鳥居。この辺はまだ渋滞していませんが弥彦へ向かう車はたくさんいました。


037

 途中で唯一すれ違った男性。挨拶してちょっと話しましたが、やはり電車が動かないので歩いてという方。屈強な男性で、歩幅が大きく、足跡に合わせて歩くとかえって疲れるのでマイペースで歩きます。今朝になったら左足の甲がちょっと痛いので薬を貼りました。売上ベスト10に入るモーラステープです。

 14時35分に開通したという弥彦線。車でない人には陸の孤島のような場所。2時間半待たされた人はどれくらいいたのでしょう?タクシーの運転手さんはたくさん稼げたかな?また、吉田から東三条へ戻る電車、東三条駅でも弥彦へ行けないで、という方がたくさんおられました。踏切事故、もちろん、わざとやったわけではないにしても、かなりの迷惑ですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記714 2013年元旦朝の新潟市風景

005

 昨日の朝、9時過ぎの写真です。医院の駐車場に車を置くことも考えましたが、今年も歩く年にすべく、公共交通機関&歩きで過ごすつもりで長靴を履いて出発です。


006

 栗の木バイパスに出たところ。普通の日なら車が多い道路ですのでもっと雪が消えているはずが、正月のためかなりの積雪があります。


007

 渡って北へ。側道も真っ白けでした。こんなに車が少ない風景は珍しいです。


008

 南笹口あたり。ここも車が多い道ですが、ほとんど走っていません。けっこうこの時も降っているのがわかる写真。遠くが見えません。


009

 おなじみ、医院の入っているビルの前です。ここも車が少ないので積雪があります。


010

 新潟駅へ着いたら9時半過ぎ。大型電機店の初売りの行列。もともと福袋とかは買いませんが、何が入ってるかわからずに、値段だけでプラスを考えるのは、「禅」の対極にあるような行動だと思います。まぁ、買いたい人は買って楽しめばいいのでしょうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

とうちゃんの自転車日記713 12月31日の朝の写真

015

 昨日の朝の写真です。午前3時からやってると散々新聞やテレビで宣伝してるピア万代の鮮魚センターへ話の種に行ってみました。

 時間は5時過ぎだったかな?鮮魚センターの部分だけ電気が点いててそこそこお客さんがいました。みな気が大きくなってるのかな?いろいろ買っていましたが、値段も正月前のせいかかなり強気です。5割増しくらいじゃない?なんて思いました。日頃から美味しいものは食べてる我が家、鯨ベーコンを買おうかな?と直前のNTV系のテレビで長崎の正月に鯨は欠かせないというニュースを見たので思ったけど結局買わず。やはり魚は本町のほうがいいなぁと言うのが感想です。


018

 その後に向かったのがここ。


016


017

 朝飯に630円と、松屋最高値(ダブルトンテキ930円除く)のトンテキ定食をいただきました。牛めし(牛丼)280円、ソーセージエッグ定食390円しか食べたことが無かった私ですが、この冬は何度食ったことか、、、牛めしの2倍以上ですが、チリ産豚の肩ロースのソテーにニンニクソースをかけたもの。前にも書きましたっけ?よく火を通した炒めニンニクのソースですから匂いはそんなに残りません。それに輸入肉とはいえチリの豚、伊勢丹地下でグラム400円くらいで売ってる黒豚ロースに勝るとも劣らぬ美味しさです。脂の甘み、同等です。

 安いから牛丼屋へ行く時代は終わりました。美味しいからトンテキ定食を食べに行く時代です。高いってったって630円、これより高いラーメンだっていくらでもあるのですから。とにかく、これ、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記712 新年早々雪道ウォーキング

041

 こちらの古い記事にもありますが、元旦の初詣、弥彦神社に行ってきました。前の記事のときは自転車で、渋滞する車を尻目にすいすい、という話でしたが、今日は雪。明るくなるころから雪が強くなり、かなりの積雪でしたので、歩きと公共交通機関で行くことにしました。 家を9時ころに出発。歩いて新潟駅・ちょうど臨時のお座敷列車の快速弥彦行きが出るところでしたが、座席指定料金がかかるとの事でパス。10時の越後線吉田行きに乗りました。

 

 車中で時刻表を見たところ、吉田着は10時55分。しかしその後の弥彦線弥彦行きは12時40何分。1時間50分も待たないといけません。地図で吉田と弥彦の距離を見ると7キロ弱くらい?何なら歩いてもいいやと思って吉田に着いたら運のいいことに初詣のための臨時、11時7分発があり、弥彦駅11時15分着でした。結構な雪ですが。無事越後一ノ宮弥彦神社にお参りして、温泉饅頭を買って弥彦駅11時50分到着。坂道でも人より速く歩ける脚をくれた親に感謝しないといけません。

 弥彦駅で、時刻表を見るとまたまたうまい具合に臨時の吉田行きが12時20分にあります。ちょっと待つけど平常時は2時間に1本くらいしかない日中の弥彦線、幸運に感謝してトイレへ行ったりしてると、何だか駅員さんの様子が変です。走って駅舎を出て行く駅員さんもいたり。と、なぜか、ちょっと前から聞こえていた踏切の警報音がずっと鳴り続けています。折り返し12時20分発、私が乗る予定だった電車の到着なのだと思っていましたが、何だかおかしい。と言うことで、弥彦駅のホームの端から数十mしかない踏み切りのほうへ歩いていくと、、、何と電車と車がぶつかっていました。高校生なんかもたくさん集まっています。


042

 一見大丈夫なようでも。115系電車の台車と電柱の間に車が挟まっている状態。到着直前で、スピードが出てない状態だったおかげで、大した破損は無さそうですが、何て事故でしょう。雪道に慣れているはずの新潟ナンバーなのに、困ったもんです。電車の乗客も駅まで50mも無いのに降りられません。幸いけが人はいないよう。踏み切りで動けなくなって、車の人は逃げたのかもしれません。


043

 帰らないといけないので駅のほうへ戻りました。駐車場の中での撮影。事故のため動けない電車が見えています。


044

 

 同じ地点からの弥彦駅。ほんとに、ホームの20m手前という感じの場所です。警報音はずっと鳴り続け。この後、駅へ戻って、当分電車が動かないことを確認後、駅前の観光案内所でバスの便を聞いたら無いとの事。結局吉田駅まで2駅。時刻表の距離は確認していませんが、たぶん7キロ弱くらいの雪道を歩くことにしました。

 タクシー代を持っていなかったわけではありませんが、2013年、元旦早々、珍しい風景を見ることができたし、これも神のお導き。もともと歩くのは好きですので誰も歩いていない田舎の歩道を延々1時間半くらい、速足で歩いて吉田駅まで来ました。その後、乗る予定の越後線も、弥彦線直通折り返しなので、ちょうどあった電車で東三条。東三条からの信越線で新潟へ戻りました。長岡からの電車も、車庫を出るときに雪を抱え込んでとかで15分遅れ。線路に雪がたくさん積もった状態で走り出すと車体が雪で持ち上がり、車輪が空転して動けなくなることもあるのです。まったく雪国は大変です。

 ただいまの歩数計の数値は23943歩。バランタイン17年のハイボールが疲れた身体に効きはじめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »