« とうちゃんの自転車日記726 すしざんまいの鮪赤身 | トップページ | 普通の韓国を探して4106 普通の韓国人が住む普通のソウルの町が好き »

2013年1月19日 (土)

とうちゃんの自転車日記727 新潟市冬景色8

047

 古町通8、9番町の境界、板内小路を西堀通りのほうへ行きます。また秋吉の看板が見えます。左手角、小黒館というのは古いステーキ屋さん。学生時代に奮発して仲間と行ってみたことがありますがそれっきり。前にちょっと紹介した名門クラブ「ツル」はその2階だったかな?「ジンロック」という店は一つ上の学年の先輩たちがよく行っていた店と聞いています。40人の1学年、クラスごとに行きつけの店というか、集まる店がありました。わが12期は古町まではあまり行かなかったような気がします。


049

 1枚目の写真の右側のビルの入り口です。「野ぎく」というのは今はありませんが、看板はそのまま。韓国の店でした。古き良き時代に韓国で遊んだ裕福な日本人ハラボジたちが集まる店という感じで、1人で行っても2万円以上かかりました。


050

 西堀通りのイタリア軒角です。角の寿司屋さんは割合リーズナブル、何度か行っています。「青島」という看板はやはり有名な長岡に本店のあるラーメン店。普通っぽいけどなかなか美味しいラーメンを出します。秋葉原にも支店があるとか。頑張ってほしいものです。


052

 イタリア軒向かいの飲み屋のビル。ここは一度も入ったことがありません。写真に男性2人が写っていますが、こちら向きの人、この直前にひどく凍結した歩道で横にすっころびました。ホストかな?薄着で、相当痛かったでしょうが、平気なふりをして起き上がりました。酔っ払っていたのかもしれませんが、雪で転ぶ、かなり恥ずかしいので、たいていの人は「ぜんぜん平気ですよ」という様子で立ち上がります。相当痛いときでも。


053

 こんな小路も通れます。その名の通り古い古町、西堀、東堀、なかなか趣のあるいい街です。

|

« とうちゃんの自転車日記726 すしざんまいの鮪赤身 | トップページ | 普通の韓国を探して4106 普通の韓国人が住む普通のソウルの町が好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記727 新潟市冬景色8:

« とうちゃんの自転車日記726 すしざんまいの鮪赤身 | トップページ | 普通の韓国を探して4106 普通の韓国人が住む普通のソウルの町が好き »