« とうちゃんの自転車日記717 アールデコ風レタリング? | トップページ | 普通の韓国を探して4091 ソウルの点心時間(昼飯時) »

2013年1月 5日 (土)

とうちゃんの自転車日記718 2013年元旦 弥彦駅から弥彦神社

016

 弥彦線の終点、弥彦駅の駅前です。神社へはここをまっすぐ行き、細い昔からの道をくねくね行くか、左へ曲がって広い道を行くか、2つの道がありますが、20センチ以上も雪があったので大きな道を行くことにしました。


020

 駅前左手すぐは廃業したホテルのよう。車社会になったこと、海外旅行が手軽になったことなどから日本の観光旅館は経営が厳しいと聞いています。私も、もしも遠くに住んでたとしても弥彦神社しかないこの町、積極的に泊まろうとは思わないでしょう。


021

 緩やかな坂道を進み、この先を左へ曲がるのが大きな方の道です。


022

 

 左折しても道は緩やかに上って行く感じです。信号を右へ曲がると神社までまっすぐ、やはり旅館や土産物店、食堂なんかが多い道です。


023

 駅から10分弱で神社の入り口。思ったより人が少ないなぁと感じましたが、それは鉄道の駅からの道だったためでした。


024

 神社の駐車場(=競輪場の駐車場)からの入り口方面からは何倍もの人が歩いてきました。するめを竹竿に付けて焼くのは前の、自転車で来た時の写真にもありました。1本1000円かと思ったら500円。まぁ縁起物でしょう。


025

 参道を進み、階段を上がると神社の本殿です。世界中の真面目に働く皆が幸福に暮らせるよう祈願しておみくじをもらいました。小吉でしたがけっこういいことが書いてありました。手帳に挟んで今年1年持っていようと思います。

|

« とうちゃんの自転車日記717 アールデコ風レタリング? | トップページ | 普通の韓国を探して4091 ソウルの点心時間(昼飯時) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記718 2013年元旦 弥彦駅から弥彦神社:

« とうちゃんの自転車日記717 アールデコ風レタリング? | トップページ | 普通の韓国を探して4091 ソウルの点心時間(昼飯時) »