« 2013년1월20일 keybord의 문제 | トップページ | 2013年1月21日 行きたい場所、食べたいもの »

2013年1月21日 (月)

普通の韓国を探して4109 韓国の降雨日数

466

 合計すれば1年くらいは韓国にいたことになると思います。昨年、今年と3度ほど台風にぶつかって、帰りの飛行機が飛ぶかどうか気をもんだことがありますが、それ以外は雨で行動が制限されて、という経験はほとんどありません。2000年か、それ以前、一度だけソナギというのでしょうか、夏の大雨にぶつかり、傘を差しても靴の中までびしょびしょに、という経験がありますが、韓国、やはり降雨、降雪日数、少なくともわが新潟市よりもずっと少ないように思えます。

 最近は必要なくなったのか、少し減ったようにも思えますが、ソウルでも電車に乗っていると個人のお宅の屋上に水色のタンクがあったりしました。記憶にあるのは今は新線になったかもしれませんが、昔の中央線の線路沿いとか、釜山の街。釜山ではそういう個人用水道水タンクの専門店まで、釜田駅のあたりにあったと思います。 日本では、これもちょっと前の話になりますが、沖縄県で、そういう個々の家の水のタンクがあるなぁと感じました。やはり、韓国、そして沖縄県、昔は雨が降らないでの水不足があったのかなぁって思っています。

 森林を保護しようという運動がありますが、山もハゲ山になっては水を保ち、貯める能力が低下すると言われています。木がたくさん茂った山はダムのような機能を持つということです。あまり高い山が無い沖縄県。岩山が多く、大きな木が茂った山が少ない韓国、そういう点で水不足になりやすいのかもしれません。前にも書きましたが、韓国、やはり大陸の一部であるせいか、自然の湖がほとんどありません。そんな保水力不足を補うためか、巨大なダムがけっこうあります。新潟からソウルへ行く飛行機でも安東、忠州、縮尺の小さい地図でも大きく描かれるほどのダム湖です。近くで見たことはありませんが、飛行機から見ても巨大なダム、日本には無い水に関する苦労があるのでしょう。

 写真は昨年9月、台風サンバが来た時のソウル、鍾路3街から楽園商街東口へ行く通りです。人通りも少なめです。もしかしたらすでにアップしたかもしれませんが、好きな1枚です。

|

« 2013년1월20일 keybord의 문제 | トップページ | 2013年1月21日 行きたい場所、食べたいもの »

コメント

雨が夏期に集中される韓国の場合,
多目的ダムは洪水防止のための水量調節がその一番目の目的です.
その次に発電及び潅漑などです.

先生が見たその水槽はたぶん都市再開発などで家具数が急増しながら地下に埋設された既存の細い水道管の水圧が弱くなったことに対する補完手段で使われます.

太い水道管で入れ替る工事が進行されるによってだんだん消えている屋上の水槽です.

投稿: 권병기 | 2013年1月26日 (土) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/56590528

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4109 韓国の降雨日数:

« 2013년1월20일 keybord의 문제 | トップページ | 2013年1月21日 行きたい場所、食べたいもの »