« 2013年2月9日 ツいてる!って思いましょう | トップページ | 普通の韓国を探して4144 東子洞の放し飼いの犬 »

2013年2月10日 (日)

普通の韓国を探して4143 ソウル夜景 黄鶴洞から東廟へ

6001

 知り合いの店に行き、あいさつ程度にコプチャンソグムクイを食べ、宿へ戻る道です。中央市場北口から清渓7街への道、屋台は激減、というか壊滅しましたが右側はずっとこんなコプチャンクイの店が並びます。店の前の屋外でも食べることができます。その程度なら、オーケーなのでしょう。少し先の丸い建物はロッテキャッスルの一部です。昔は高架道路がありましたが、それもなくなり、斜面に広がる家々もなくなり、高層アパート群になりました。ずっとこの15年くらい通っている街です。


6011

 清渓川の橋の上から。オートでとっていますので手前のガードレール(?)にピントが合ってしまっています。ひときわ高いのはドゥーサンタワーかな?


602

 この辺も広義の東大門市場と言えます。眠らない街、荷物を満載したバイクが東大門方向へ走ります。ガードレールでなく、植込みのフェンスのようでした。
 

605

 清渓川路を渡ると、ちょっと寂しくなります。昼間は古物商、古本屋、ガラクタみたいなのを売る店だの、けっこうにぎやかなのですが。でも、治安のいい韓国、ソウルは明るいし、全然不安なく歩けます。


606

 右手に東廟があるあたりまで来ました。大通りはもうすぐです。


607

 東廟の脇。ウォーキングをするご夫婦かな?清渓川路もそうですが、中浪川、牛耳川だの、少し前に紹介した普門洞の川だの、ちょっとした川には歩行者と自転車の専用道路ができています。朝昼夜、運動をする人たちの姿を見ることができるソウルです。


6091

 夜の写真、手持ちでもうまく決まるときれいなもんです。発光禁止でも今のデジカメ、けっこう手ブレ補正が働いて手伝ってくれます。天気が良かったら、カメラを持って散策してみましょう。

|

« 2013年2月9日 ツいてる!って思いましょう | トップページ | 普通の韓国を探して4144 東子洞の放し飼いの犬 »

コメント

5,6枚目、東廟のここらあたり昨秋朝散歩しました。
かささぎが優雅に公孫樹の落葉を踏んで、私には初めてゆっくりしたソウルの朝でした。ソウルの秋はホントに素敵でした。夜歩ける位道がわかるといいんですが方向音痴な私は帰れなくなりそうで無理かな。でも夜ちょっとコンビニまで出ても不安な感じは全くない街ですよね。

投稿: かがり | 2013年2月10日 (日) 10時49分

コメントありがとうございます

 昼間はがらくた市みたいな感じで人が多かったでしょう?こういう歴史的文化財とかが普通の町と共存してるみたいなのもソウルの魅力の一つかもしれません。

 しかしこのドンミョ駅ができたときにはなんだか邪魔な感じでしたが、黄鶴洞へ行くのに2号線に乗り換えるのが面倒なとき、よく使っています。

投稿: おとう | 2013年2月10日 (日) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/56733185

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4143 ソウル夜景 黄鶴洞から東廟へ:

« 2013年2月9日 ツいてる!って思いましょう | トップページ | 普通の韓国を探して4144 東子洞の放し飼いの犬 »