« 2013年2月23日 忙しい土曜日です | トップページ | 普通の韓国を探して4161 ソウルの散歩道 東子洞 ソウル駅前旧陽洞遊郭跡 ヒルトン »

2013年2月23日 (土)

普通の韓国を探して4160 韓国ファン、そして鉄道ファン

937


 ネタは整理しきれないくらいありますが、そろそろこのブログの容量がいっぱいになってきてしまいました。さて、どうしようか?と考え中です。デジカメの画像をコンピュータに読み込んで、その中からブログ掲載用に写真サイズを小さくして、3つあるフォルダに分けておいてあるのですが、どうしても半端なのが生じてしまい、たまに在庫整理が必要になります。

 今回の1枚もそんな中の一つ。「どこだかわかりますか?と言ってもたぶん、この近所に住んでいる方しかわからないでしょう。場所は慶北の永川市郊外です。何でこんな写真が面白いの?と大抵の方は思うでしょうがここ、線路が3方向に分かれる場所なのです。自分も汽車に乗っての写真ですが、向こうに見える踏切は中央線。永川から義城とかを経由して安東、栄州、堤川、原州、ソウルへ向かう線路。私が乗っているのは釜田から慶州経由で東テグへ向かうセマウルでしたので、テグ線。そんな分岐の踏切を撮影したのでした。

 この他にも中央線から来て永川に行かずに直接東テグ方向へ走る線路もあるので、その写真も撮ったと思うのですが、もう掲載してしまったのか?これ1枚だけ残っていました。こんなふうに鉄道が3方向から来て、どちらにも直接進める三角形になった線路、この永川の他、三浪津、大田、嶺東線のペクサン、あとは栄州、そのくらいだったでしょうか? たまにしか列車が来ない韓国の鉄道ですが、線路が三つ又になっているその真ん中で汽車を眺める、何だか面白そうだと思いませんか? 思わないかなぁ、、、

|

« 2013年2月23日 忙しい土曜日です | トップページ | 普通の韓国を探して4161 ソウルの散歩道 東子洞 ソウル駅前旧陽洞遊郭跡 ヒルトン »

コメント

おとうさん、こんにちは。

韓国の分岐駅では三角(デルタ)線を構成しているところが多いですね。使い道は主に貨物列車が方向転換をしないで直通できるようにするためのように思われます。アメリカの鉄道に似ています。日本では実例がきわめて少ないです。東北本線小山駅で、東北本線と水戸線が三角線を構成していましたが、水戸線← →東北本線大宮方向の短絡線は廃線になりました。
ご指摘されたところ以外では、ソウルの清涼里-忘優-城北で三角線を形成しています。また龍山で京元線から龍山駅へ入らずに京釜線永登浦方向(逆も可)へ進める短絡線があります。鳥致院、光州松汀、釜山の釜田、慶州も三角線があります。けっこうありますね。

投稿: コスモス | 2013年2月23日 (土) 13時38分

ありがとうございます

 他にもいくつかあるのですね。新線になって興味が薄れる部分もありますが、韓国の鉄道、まだまだ面白いです。

投稿: おとう | 2013年2月23日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/56822815

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4160 韓国ファン、そして鉄道ファン:

« 2013年2月23日 忙しい土曜日です | トップページ | 普通の韓国を探して4161 ソウルの散歩道 東子洞 ソウル駅前旧陽洞遊郭跡 ヒルトン »