« 普通の韓国を探して4155 桃花洞?麻浦と南営の間のあたり | トップページ | 2013年2月19日 オープンデイ »

2013年2月19日 (火)

とうちゃんの自転車日記746 直江津町歩き3

032

 上越市の直江津、中央町の名の通り昔からの中心地です。銀行や信金の支店があったり、昔からあったと思われる病院があったりします。正面の建物は富寿司の直江津店でした。高田に本店のある寿司屋さんですが、新潟市にもいくつか支店があり、駅前店、万代店にはたまにお昼を食べに行きます。回転寿司の店もある、そんなに高くないチェーンです。


033

 また八坂神社の入り口。帰りは反対側を歩きました。


034

 古いビル。ちょっと寂れた古い繁華街を歩くの、大好きです。夜の様子も見たいけど、なかなか宿泊しての探訪はお金がかかりますので。


036


037

 もうすぐ駅というあたり、菓子店が多いなぁって感じました。最後の写真の店は地方紙の夕刊にもよく広告を見かける「継続だんご」という銘菓の店。新潟では売っていないので買おうかな?と思いつつ、通り過ぎてしまいました。今思えば一番小さいやつだけでも、買ってくればよかったと思ってます。

 この上越地方、どうも菓子屋が多いように思えます。医局勤務時代、出張で毎月行っていましたが、そこの先生もご実家は菓子屋さんだとか。城下町の高田と港町の直江津が合併した上越市、昔はこのあたりの一大中心地だったのでしょう。高田の仲町通りもなかなかの繁華街です。

 

 大きな新潟県、北から城下町村上、城下町新発田、港町新潟、鉄道の街新津、織物の街五泉、金物の街三条と燕、城下町長岡、農産物、牛市の街柏崎、港町直江津、城下町高田。このうち、長岡だけは空襲で丸焼けになり、大きく変わりましたが、昔からのその地域の中心となる街、そんな普通の町の魅力がまだまだ残っています。観光に力を入れる中で、普通の町歩き、の魅力、もう少しアピールしてもいいのでは?って思います。

|

« 普通の韓国を探して4155 桃花洞?麻浦と南営の間のあたり | トップページ | 2013年2月19日 オープンデイ »

コメント

ほんと新潟県、おいしいものも景色もいいのに雪以外にもっと観光アピールしてもいいですよね。関西のほうはキャッチコピーが話題になって上手いなと思います。
小さい時に食べた刺身の味が忘れられないです。

投稿: かがり | 2013年2月19日 (火) 08時08分

 う~ん、やっぱり「美味しいもの」は旅行の必需品でしょうかねぇ。私なんぞ、そこらの古い(これは大事)食堂でかつ丼でもざる蕎麦でも、最近はあまり食べ物にはこだわらなくなってきました。

 どこかへ行くときでも「食べログ」とかでの人気店はなるべく行かないようにしています。参考にはしますが本当にいい店の常連さんにとっては迷惑だろうし、半分はヤラセというか、胡散臭さを感じてしまいます。どっちかってば「中位」くらいにいい店が多いような・・・気がしています。

投稿: おとう | 2013年2月19日 (火) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記746 直江津町歩き3:

« 普通の韓国を探して4155 桃花洞?麻浦と南営の間のあたり | トップページ | 2013年2月19日 オープンデイ »