« 普通の韓国を探して4151 ちょっと飲んでの夕食の後の楽しみ | トップページ | 普通の韓国を探して4152 どこへ行こうか? »

2013年2月17日 (日)

とうちゃんの自転車日記744 直江津町歩き1

019

 200キロを大きく超える海岸線を持つ新潟県。一番北の市は村上市ですが、そこから山形県境まではまだ数十キロあります。北東から南西に、新発田市、そして県庁所在地の新潟市、加茂市、燕市、三条市、長岡市。ここで東京へ向かう道とは分かれて、柏崎市があって、けっこう離れて上越市。ここで長野へ行く道を分けて、けっこう離れて糸魚川市が最後の市ですが、そこから富山県境までも40キロ近くあります。ですので、新潟市に住んでいても普通の人はめったに上越市とかは行きません。 先週の、偶然できた休み、一番安い高速バスで上越市へ行ってみました。

 1枚目は直江津駅前。古い旅館であったいかや旅館、新しく立て直してホテルセンチュリーイカヤになったのだったかな。糸魚川市に「えびや」旅館があることは前にもここで紹介しました。


038

 いかやの前で振り返っての直江津駅。ハイカラな橋上駅になっています。豪雪で知られる上越地方ですが、ここは海辺。たとえば長岡とか柏崎でも海岸部はほとんど雪がないのに、山間部、旧小国とか旧高柳では2m以上の積雪なんてことになります。基本的に海辺は雪があまり降りません。


020

 駅正面の通りを歩き始めます。この先、標識のところを左へ行くとイトーヨーカドーとか、軍ちゃんという人気海鮮居酒屋がありますが、今日は古い繁華街のほうへまっすぐ進みます。


021

 左側にあった八坂神社というお宮。参道の周囲、境内だったと思われる場所が飲み屋街になっています。昼間でしたので閑散としていましたが夜はそれなりに賑わうのかも。


022

 地方都市の常で、ど真ん中だったと思う場所に大きな駐車場を持つコンビニができていました。元はけっこう大きな店だったくらいの敷地です。


023

 その先、もしかして三業地?そんな名残のようにも思える門の残骸があります。大昔このあたりの料亭のお嬢さんが患者さんだったことがありますが、いくつかそんな店もあるのかもしれません。上越市中央という町です。


025

 前の写真の門のあたりで振り返った写真。「オッパ」という韓国居酒屋がありました。こんな、というと失礼をお詫びしないといけませんが、地方のそんなに大きくない都市にも韓国の店がある。やっぱり、日本人も韓国人、韓国料理が好きなんじゃないの?って思ってしまう私です。まだ時間が早く、やっていませんでした。いつかどんな店なのか、行ってみたいです。たぶん、ビザに問題の無い日本人の旦那さんと結婚したアジュマがやってるのでしょうが、韓国の人と話せるだけで幸福な私ですので。

|

« 普通の韓国を探して4151 ちょっと飲んでの夕食の後の楽しみ | トップページ | 普通の韓国を探して4152 どこへ行こうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記744 直江津町歩き1:

« 普通の韓国を探して4151 ちょっと飲んでの夕食の後の楽しみ | トップページ | 普通の韓国を探して4152 どこへ行こうか? »