« 2013年2月13日 「蕎麦屋で昼酒」と洒落こんでみました | トップページ | 普通の韓国を探して4146 東豆川旧市街の在来市場 »

2013年2月14日 (木)

とうちゃんの自転車日記741 アユの口唇をうまく表現した看板

017

 信越本線高田駅のホームにあった看板です。鮎正宗という日本酒の会社の広告ですが、鮎の唇というか、口のところ、うまくデフォルメしてあるいい絵だなぁと感じました。大きめの口で口唇のようになった部分があり、そこで岩に着いたミズゴケをかきとるのです。鮎のいる川の目印にもなるし、鮎の大きさの目印にもなります。最初にこの絵の原画を描いた人の腕、なかなかのものだと思います。

|

« 2013年2月13日 「蕎麦屋で昼酒」と洒落こんでみました | トップページ | 普通の韓国を探して4146 東豆川旧市街の在来市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記741 アユの口唇をうまく表現した看板:

« 2013年2月13日 「蕎麦屋で昼酒」と洒落こんでみました | トップページ | 普通の韓国を探して4146 東豆川旧市街の在来市場 »