« 普通の韓国を探して4192 鍾路5街 アミガインソウル | トップページ | 普通の韓国を探して4194 사구(サグ)って何だろう? »

2013年3月19日 (火)

普通の韓国を探して4193 ソウル 乙支路4街 韓国旅行の醍醐味

806


  やはり言葉ができると、またハングルが読めると、旅行がぐんと楽しくなります。何の変哲もないって思うかもしれない、ソウルの旧市街の路地、夕方の写真ですが、「신광시보리」という看板が見えるでしょう?右には「동 신주 양은(銅、真鍮、洋銀)」とも書いてあります。

 「絞り(絞り加工)」ってご存知でしょうか?最近けっこうある世界の先端を行く技術を持つ町工場とか、そんな番組でも出てきそうですが、金属の板を手作業で押しながら加工、成形する板金技術の事なのです。ソウルのど真ん中でそんな言葉に出会うとは思ってもいませんでした。

 いろんな本で、日帝時代の影響で韓国語の中に残る日本語の話は語られていますが、特に建築用語とかで多いと言われています。でも、こんな板金加工業というか鉄工所とかの分野でも、もしかしたら日本語の専門用語、けっこう残っているのかなと思います。

 シングヮンは新光か、信光かな?手作りで特別な金属製品を作るこの工場も日帝時代からあるのかもしれません。日本人の職人さんの技術が当時の韓国人の従業員に引き継がれ、今に至っている。何だかロマンを感じる、そんな一件です。

|

« 普通の韓国を探して4192 鍾路5街 アミガインソウル | トップページ | 普通の韓国を探して4194 사구(サグ)って何だろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/56987847

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4193 ソウル 乙支路4街 韓国旅行の醍醐味:

« 普通の韓国を探して4192 鍾路5街 アミガインソウル | トップページ | 普通の韓国を探して4194 사구(サグ)って何だろう? »