« 普通の韓国を探して4235 鍾路の保護樹 | トップページ | 普通の韓国を探して4237 洪城の町 »

2013年4月23日 (火)

普通の韓国を探して4236 似てるけどどこか趣味が違うかな

1099

 こちらを長くご覧いただいてる方ならわかるかもしれません。麻浦駅から漢江の橋の方へちょっと行ったところにあるモザイク模様の壁面を持つビルです。朝ごはんを食べにマポオクへ行く道ですので、何度も通っている場所。「サケモト」という面白い名前の日式カゲについても書いていると思います。

 場所は一等地。食道楽の町マポの表通り。けっこう家賃も高そうなきれいなビル。「日式サケモト」の他に見える看板は「火炉연각」 火炉炎閣?どうもカルビかチュムルロッkの店のよう。あとは新韓銀行、もう一つはちょっと読めませんが2階にはステーキのVIPSが入っています。なんとなく、「シンプルを装う派手」みたいな感じです。


689

 同じビルの裏手にあんりますが、やっぱりオレンジ색基調のちょっと目立つ装飾の入り口。左手は喫煙所のようです。

 同じ極東の国土の狭い先進国同士、街の様子、そして交通、そんなのの共通点はたくさんありますが、デザインの面では、やはり韓国、「目立つように」ってのを多くの場合考えてる、そんなふうに感じます。もちろん例外もありましょうが、お金持ちが城のような豪邸に住み超高級車で出かける。「遠慮がない」というと悪い意味のようになってしまうかもしれませんけど、喜びも悲しみもストレートに表現する韓国人、抑えて、我慢して耐えるのが美徳みたいな日本人。それぞれの感覚、やっぱり違うなぁって感じます。

|

« 普通の韓国を探して4235 鍾路の保護樹 | トップページ | 普通の韓国を探して4237 洪城の町 »

コメント

ソンビ(士)の国, 隠者の国などで美化されて来ましたが民の生は大変困窮したし, 日帝強占期, 6.25動乱を経験しながらまことに貧しい生を続いて来ました. 選択の余地もなく倹約するしかなかったが経済発展で生活が豊かになるとその間の貧乏に対する恨みを晴らす心情で誇示性消費をしました. 恨みがどのくらい解けたのか最近賢明な消費をしようとする風が生じています. とうちゃん, そんな韓国を理解してくださって愛してください.

投稿: 河霜 | 2013年4月23日 (火) 08時50分

もちろん、愛しています。自分の希望、欲望というと日本語ではマイナスの意味が入ってしまいますが、「やりたいことはやる」、そんな点、日本人が真似してもいいことだとも思っていますもの。 東京でもそうですが、人が多く、税金や企業の収入が多く上がる場所は、地方都市に住む者には立派で、派手に見えるのも当然かな?でも、ソウルのがやはり派手だな、というところでしょう。

 嬉しいメール。今週末に、もう10年以上もの知り合いである延世大歯科大の先生が来港されることになりました。楽しみです。

投稿: おとう | 2013年4月23日 (火) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57230288

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4236 似てるけどどこか趣味が違うかな:

« 普通の韓国を探して4235 鍾路の保護樹 | トップページ | 普通の韓国を探して4237 洪城の町 »