« すばらしい韓国の食事758 安義でカルビチム それとも大衆屋? | トップページ | とうちゃんの自転車日記792 小千谷の町 »

2013年5月20日 (月)

普通の韓国を探して4268 汽車旅は愉し

159

 ソウル駅です。ホームは地面と同じ高さですが、駅舎は相当高い場所。3階相当くらいでしょうか?エスカレータもしくは階段で上がって駅に入り汽車票(切符)を購入、ホームへは長いエスカレータで降りて行きます。


158

 この時は平澤行き。特急に50分乗って4700W、430円くらいです。安全で正確だという日本の鉄道、やはり運賃が高いのはしょうがないのかなぁ?外国人向けのJRのフリー乗車券がありますが、アベノミクスの外国人観光客誘致、他の私鉄の電車、バスも運賃を割引を考えた方が良さそうです。2人や4人多く乗っても経費は変わりません。「面白い国だけど交通費が高い」、そんなイメージをなくせばもっと来てくれると考えています。


162

 これが私が乗る無窮花号列車。6両か7両でした。KTX開業で在来線はお客も列車も減ってしまっています、たぶん。ディーゼル動車セマウルの8+8、長大編成の16両なんてのは今はもう走っていないことでしょう。


163

 機関車を見に行ったら、電源車(?)がヘラン号のやつ。そして牽引機は新型ELです。


164

 こちらでもシブイ色のトワイライトエクスプレス専用機が別の列車を引くのを見たことがありますが、なんか得した気分になってしまう元鉄道ファンです。


165

 こちらは隣の線で発車を待っていた客車セマウル。うろ覚えですが、こちらは旧型DLが引いていたような気がします。実はこっちでもよかったのですが、時間に余裕がある後発のムグンファを選んでしまいました。お金を節約したわけではなかったのですが、本数がぐんと減ってしまったセマウル号、是非ともまた乗りたい客車です。「セマウル」=新しい村ということば、武者小路実篤さんでしたっけ?あの方の運動をも思い出してしまいます。

|

« すばらしい韓国の食事758 安義でカルビチム それとも大衆屋? | トップページ | とうちゃんの自転車日記792 小千谷の町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57421603

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4268 汽車旅は愉し:

« すばらしい韓国の食事758 安義でカルビチム それとも大衆屋? | トップページ | とうちゃんの自転車日記792 小千谷の町 »