« とうちゃんの自転車日記796 初夏の新潟散策2 | トップページ | 普通の韓国を探して4317 こんなのも한국어공부になります »

2013年6月11日 (火)

普通の韓国を探して4316 延世大歯科大の教授ニムに連れてってもらった店

113

 結構あちこちにあるみたいで、たくさん報告がみられる「カンホドンペクチョン(ペッチョン)」という焼肉の店です。ここは新村店。延世大学校歯科大学の先生が設けてくれた会食、教室員のほとんどを引き連れて総勢20人近い席で恐縮してしまいました。しかし「白丁」という名前、日本だとそれに相当する名称を焼肉屋の名前にというのはまずできません。韓国の大らかさ、懐の広さのおかげかな。


116

 3階の全部を借り切りです。


115

 この人は有名。


114

 フルーツポンチに大島麻衣さん、こちらは知りませんでした。


118

 2日前の瓶詰。まぁ合格です。売れない店だと1週間10日前のものが出てきたり。完全に沈殿してしまってるとあんまりです。


120

 で、これをいただきました。韓国は豚がうまい、これ当たっています。

|

« とうちゃんの自転車日記796 初夏の新潟散策2 | トップページ | 普通の韓国を探して4317 こんなのも한국어공부になります »

コメント

物凄い厚みの肉ですね。二枚目のテーブルに下がっているパイプ様のものは煙を逃がすものですか?

投稿: かがり | 2013年6月12日 (水) 23時35分

はい、排煙のための装置で、焼くときにはひっぱってコンロのすぐそばまで降ろして吸引します。

サムギョプサルというと薄いバラ肉を油が落ちるまでカリカリに焼いて、というタイプが多かったのですが、最近はこういう厚めのが流行りなのかもしれません。

投稿: おとう | 2013年6月13日 (木) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57567650

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4316 延世大歯科大の教授ニムに連れてってもらった店:

« とうちゃんの自転車日記796 初夏の新潟散策2 | トップページ | 普通の韓国を探して4317 こんなのも한국어공부になります »