« とうちゃんの自転車日記799 新潟港貨物線 軌道撤去 | トップページ | 普通の韓国を探して4321 好きなホテル »

2013年6月14日 (金)

普通の韓国を探して4320 駅三洞 江南の普通の町

227

 カルビチム、カルビタンの大衆屋を探して歩いた時の写真です。駅三初等学校の角の交差点でタクシーを降りて歩き始めました。この道、少し向こうへ歩けばビルが立ち並ぶ江南大路です。1ブロック東へ入っただけでだいぶ雰囲気が普通になります。95年の初ソウルの時にもルネッサンスホテル裏の荘旅館に泊まりこのあたりを歩いた記憶があります。夜なのにテコンドの道場(体育館)に通う子供がたくさんいました。 右のトラック、長寿マッコリの配送車ですね。ここらへんのはどこの工場の製品なんでしょう。


228

 ノルブの店。数少ない大成功したチェーンです。


229

 シブウォンチプ?どこかで聞いた名前だと思ったら韓国観光サイトにも紹介されている食堂でした。いくつかの支店があるみたいです。


230

 さらに1ブロック東へ来た通りです。ここで左折、テヘラン路方向へ行きます。


231

 純福音教会、教会らしくないビルですが、こんなところにもあるのですね。


232

 70年ころから形成された江南の町。道路は広く、規則的です。


233

 大衆屋はこの辺のはずだけど、、、と思って行ってみたら改装工事中でした。残念。


236

 ボンヒソルロンタンというのも聞いた事がある店。やはりチェーンなのかもしれません。さて、何を食べるかな、とお腹を空かせて歩いていた頃の写真です。


237

 結局また江南大路方向への道に入り、乙密台の冷麺を食べてちょっとがっくり来たお昼でした。


238

 参鶏湯の専門店。ガイドブックや韓国観光サイトで紹介されていなくても美味しい店はたくさんあるはず。鶏は鶏ですものね。でも、やはり、私は鍾路あたりの町歩きのが性に合ってるなぁって思います。

|

« とうちゃんの自転車日記799 新潟港貨物線 軌道撤去 | トップページ | 普通の韓国を探して4321 好きなホテル »

コメント

오늘 중앙일보에 한.일의 동갑내기 친구 이야기가 기사로 실렸습니다. 35년 전 25살의 나이에 친구가 된 두 사람의 이야기를 일본인 친구인 노마 히데키氏(60. 일본 국제교양대 객원교수)가 책으로 펴낸답니다. 쿠온출판사가 8월에 출판할 이 책 제목은 <한국의 智를 읽다>입니다. 친구의 나라와 언어를 사랑하게 된 일본인 학자가 서로의 앎을 바탕으로 펼쳐내려는 두 나라의 삶이라는 ブックレビュー가 있네요.

토우쨩, 8월에 이 책이 출판되면 한 권 구해주시면 고맙겠습니다. 사례는 맛있는 저녁 대접으로 하지요. wink

投稿: 河霜 | 2013年6月14日 (金) 10時57分

本の紹介ありがとうございます。

 8月後半には行きたいと思っていますので、探してみましょう。お時間があればまた一緒の食事をお願いします。

 日本は雨が降らず、とても暑いです。農作物の被害も心配されています。

投稿: おとう | 2013年6月14日 (金) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57588895

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4320 駅三洞 江南の普通の町:

« とうちゃんの自転車日記799 新潟港貨物線 軌道撤去 | トップページ | 普通の韓国を探して4321 好きなホテル »